2020年2月23日 (日)

更新しました(第1139版)

今回の更新内容・・・えちぜん鉄道 越前竹原・比島の各駅を差替。また、勝山駅に画像の追加。

ということで、同一日に撮ったものをまとめて掲載ということになりましたが、えちぜん鉄道です。

ずっと北陸本線(三セク化区間含む)と湖西線を追加し続けてきたのですが、今回からそれ以外の路線になります。特に、えちぜん鉄道は基本的に2018年取材分ですので、他県よりも重点的に掲載したいところです。

なお、福井・新福井・福井口の変化については、これをやり始めると先日までの更新と同じようなことをすることになりますので、少し間を置きたいと思います。

えちぜん鉄道は「差替」が進んで行っていまして、特に永平寺口-勝山間はあと3駅差し替えると全駅差し替わったことになります。

ただ、この比島駅ももう一度行って撮ってきたいものがあるわけで、ちゃんと進むかどうかは分かりません。それと、2019年は福井~福井口以外は行っていないので、ちょっと足踏みをした状態になっています。

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

更新しました(第1138版)

 今回の更新内容・・・北陸本線 金沢駅の2018年・2019年追加取材分をそれぞれ付録ページで掲載。

 ということで、富山駅を追加してから2日後に金沢駅を2年分追加してしまうということをしてしまったのですが、更新完了。

 金沢駅に関しては、都ホテルが取り壊されて、西口にホテルが作られていって、あとはのりば標と発車案内にこだわって、下りエスカレーターとセブンイレブンの自販機・・・というあたりがこの2年間だったと思いまして、何となく1行半で済むものを2ページにわたって画像を掲載しているということになります。

 毎回通る割に、撮るものは偏ってしまったなという反省。本当はもうちょっと変わった部分もあるのかも知れません。1年に1回ぐらいはゆっくりと駅のまわりを見て撮った方がよいのかも知れません。

 ただ、人が多いと撮りにくいんですよね・・・。

 

 以上で、2019年9月取材分までの、第三セクター化区間も含めた北陸本線の取材分が終わりました。元旦更新を除いて、2019年7月以来、ずっと北陸本線(広義)と湖西線を掲載し続けてきたのですが、まあネタがあったもんだなと。

 次回からえちぜん鉄道・富山地鉄・七尾線(のと鉄道含む)のループですが、万葉線もちょっとあったかも。

 今後、3月いっぱいまでの更新で2019年9月取材分までの掲載を目指しますが、

 差替掲載→基本的に2駅ずつとしますが、時間があった場合は3駅まで一気に掲載します。また、日曜日・水曜日の一定時刻に判断をして、1駅のみとする場合もあります。週2更新を目標としますが、週1更新になる場合があります。さらに、4駅以上掲載できる余裕がある場合は一旦3駅でアップして、更新回数を増やします。

 追加掲載→状況によって4駅以上となる場合があります。

 一応、9月まで取材分を掲載し終えることを目指しますが、3月中の掲載目標から除外するものがあります。

  除外:下冨居新駅建設予定地と思われるところを撮ったもの(駅名が決まり、駅建設中の様子が撮れた段階で掲載)、富山地鉄栄町駅建設中のものを撮ったもの(栄町駅を取材した段階で掲載)、2019年7月に城川原駅を撮ったもの(10月以降取材分掲載時に同時に掲載)

 除外の可能性あり:2019年取材分で、2018年以前に撮った未掲載のものがなく、かつ、2020年に追加取材を予定しているもの(実は七尾線が全てこれに当たります)

 ということで、次回からちょっと指向が変わりますが、3月上旬までは3県交互掲載は続きます。次回は福井県で、えちぜん鉄道の駅です。

 ただし、福井・新福井・福井口の各駅の変化は、最近掲載しているものと同じようなものになるので、ちょっと間を置きます。

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

更新しました(第1137版)

今回の更新内容・・・あいの風とやま鉄道 富山駅の付録として、2019年5月4日~10月5日の様子を付録ページとして掲載。

ということで、怒濤の県庁所在地駅シリーズ第2弾、富山駅です。

何とか9月まで取材分を一気に掲載したいと思い、そして、ページ途中になるとあとから面倒なのでそれを埋める形で10月5日までとしました。

これ、前回までの富山駅って、1ヶ月の更新をまるまる使ったぐらいの分量を、週2更新でやってしまったわけで、文章的にかなり乱暴になっていると思います。

撮っているものが毎回ワンパターンなので、文章を書かなくてもいいかも知れないので、これぐらいの文章でよいのかも知れません。

ということで、アップしてから、あいの風とやま鉄道の目次ページの未修正に気づきましたが、次回以降の更新で反映させます。今日は眠いので、ここまで。これは指摘しないでください。

 

次回は金沢駅。回数が多いのと、期間が2年分になるので、平日更新ではできないかも知れません。

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

更新しました(第1136版)

今回の更新内容・・・北陸本線 福井駅に2016年7月~2018年の変化、 2019年~の変化、の付録ページを掲載。

 ということで、北陸3県の県庁所在地駅シリーズの1回目となります。福井駅でして、新幹線工事の影響を受ける割には、乗客の部分はあまり影響を受けないので、加賀温泉駅などと違って「変化」がそれほど大きくないかも知れません。また、えちぜん鉄道福井駅の変化は、えちぜん鉄道福井駅のページでの掲載としますので、そちらは省略されていますので、取材対象期間が長かったり、行った回数が多いのですが、掲載自体は1ページ半ぐらいとなりました。

 しかも、載せていても定点対比が中心で、さほど大きな変化はないなというところで、本編で変化をご紹介したものの方が大きな変化だったかも知れません。

 それにしても付録1と本編ページ。間に10年あるのに、その間、ほとんど福井駅を撮っていなかったんだなと改めて思いました。

 えちぜん鉄道も長いこと乗っていなかったような気もするので、単に通りかかっていただけだったんだなと改めて思いました。

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

更新しました(第1135版)

今回の更新内容・・・北陸本線 加賀温泉駅に2019年の変化を2ページにわたり付録ページとして掲載。
               西金沢駅の本編のページに2019年追加取材分を掲載。
               美川駅の2018年~の追加取材分付録ページに、2019年追加取材分(2枚)を追加。

ということで、ずっと平日の追加更新ができていたのですが、今回は溶連菌にやられてしまったので、早く寝ていましたので日曜日に更新となりました。

今回は石川県の回。加賀温泉駅の続き、それと少し残っていたもの2駅を追加しまして、石川県内の三セク化区間も含めた北陸本線で、2019年9月までの取材分として掲載できていないのは金沢駅のみとなりました。

同時に、三セク化区間も含めた北陸本線全区間で、2019年9月までの取材分として掲載していないのは富山・金沢・福井の各駅のみとなりました。

ということは分かりますね。次回以降、怒濤の県庁所在地駅シリーズとなります。ただし、富山駅に関しては、2019年9月までの掲載(+その後の分で、ページが埋まるまで)で一度止めさせて頂きます。

そして、富山地鉄・七尾線・えちぜん鉄道のループが始まるというわけです。

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

更新しました(第1134版)

 今回の更新内容・・・あいの風とやま鉄道 石動駅に付録として、2019年6・7月分の変化のページに7月分を追加(タイトル改題)、また、8月~10月分の変化のページを追加。
 高岡駅に付録として、2019年の変化と追加取材分のページを追加。

 ということで、今回は富山県の回。あいの風とやま鉄道の変化として、大規模なもので、石動駅と高岡駅を追加しました。

 石動駅は6月分まで追加してあったのですが、今回は7~10月分を掲載しました。12月分まで行ければよかったのですが、一応、9月分で一区切りすることにしていて、10月分でちょうど一ページの区切り枚数に近くなったので、10月分まで行ってしまいます。

 多分、11・12月分で1ページ作ることになるかなと思いますが、収まれば今日撮ってきた2月2日取材分まで行けるかも知れません。

 4月以降に、2019年取材分を掲載する時期に、この続きということになりますので、11月・12月取材分はしばらく後になります。

 高岡駅は・・・こうやって作りながら、1年分の追加取材分を毎年1ページずつ追加し続けていけるのはいいな、と改めて思った次第で。そして、本編のページの追加取材分ではない本来の部分って、今とかなり違ってきているなと改めて思いました。

 高岡駅の場合乗り継ぎでの下車というのもあり、何となく機械的に駅前だけ撮ったという回も多かったのですが、ちょうど高岡駅の中で変化している場所でもあったのでちょうどよかったかも知れません。 

 高岡駅も今日撮っていますが、こちらは「追加取材分は最新のものをできるだけすぐに追加する」という方針が実現できる時期が来なければ、来年の今頃に2020年追加取材分を1ページで掲載できればいいなと思います。

 次は石川県の回。加賀温泉駅の2019年の分、平日更新でできるのかどうか・・・。

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

更新しました(第1133版)

 今回の更新内容・・・えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの糸魚川駅に2019年~の追加取材分の付録ページを追加。また、浦本駅のページに、浦本駅~能生駅の徒歩の様子の付録ページを追加。北陸新幹線糸魚川駅のページに少し画像を追加。

 ということで、新潟県の回は、付録ページを少し追加しまして、2019年9月までの取材分はすべて掲載できました。

 実は2019年11月の分として、糸魚川駅~梶屋敷駅の徒歩(押上新駅建設予定地取材を含む、というかそれが目的)、能生駅~筒石駅の徒歩、というものがありますが、10月以降の話なので、4月以降の更新で追加とします。

 以上で、新潟県~滋賀県の各駅を順に更新で追加していったもので、滋賀県の分が終わっていましたが、新潟県の分も一旦終了とします。

 今回ですが、まずは糸魚川駅。特段大きな変化はないのですが、2019年にちょこちょこ撮った分を一旦アップしました。また、新幹線ホームの「のりば標」と整列の表示等については、新幹線の駅のページに少し追加する形にしました。

 それと懸案の浦本駅~能生駅の徒歩。実際にページを作ってみたら、撮ったものを順に並べるだけなので、むしろ楽ということが判明しました。

 実際はこの先、能生駅~筒石駅も撮ってあるのですが、その一つ前ということで。

 新幹線や廃線跡もあるのですが、いずれも北陸本線には変わりないかな・・・ということで、依然として「北陸本線」の更新がひたすら続くのでした。

 次回からは北陸3県が順に更新されますが、この3県はまだまだネタが残っています。

| | コメント (0)

2020年1月26日 (日)

更新しました(第1132版)

 今回の更新内容・・・北陸本線 南今庄駅に2018年・2019年追加取材分を掲載。敦賀駅に付録2として2018年・2019年追加取材分を掲載。

 ということで、福井県の回。残っていた南今庄駅の2018年・2019年追加分を掲載しましたが、本編のページの画像がそれほど多くなかったので、これをいれても103枚程度で、2019年追加取材分まで本編に押し込めることにしました。

 とは言っても、第三セクター化されるまでに、付録ページをつくって、それが埋まるぐらいのものを撮るかどうか不明なのですが・・・。

 実は「福井-敦賀間」(実際は両隣の駅は別区間扱いなので、越前花堂~南今庄)で、付録ページを作っているのは越前花堂駅だけで、他の駅はICOCA改札機導入前後・「のりば標」までは本編ページで扱うことができています。ただし、どの駅もこれ以降のネタができたら付録ページということになりそうです。

 そして敦賀駅なのですが、この駅は2018年・2019年追加取材分だけで100枚をちょっと超えたため、迷わず付録ページとしました。本編のページは少し余裕があるのですが、これ以降の追加分は付録ページということになります。

 敦賀駅は2020年以降も追加取材はあるはずなので、付録ページが増えていくことになります。そして、敦賀駅は「敦賀-米原間」での扱いになっていて幸いだったのですが、第三セクター化後も、今の金沢駅のページのようにJR北陸本線の駅として掲載することになるので(敦賀~新大阪ができたらどうなるか分からない)、今の本編はそのうち付録になって・・・。

 ただ、それまでこのサイトがあるかどうか、あったとしても今と同じことをしているかどうかは不明なのですが。

 ということで、福井県の回は北陸本線としてはあと一駅、福井駅が残っています。福井駅も自動改札化前後などがあるのですが、もしかするとえちぜん鉄道福井駅の変化のページとの切り分けが必要なので、後回しにする可能性があります。

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

更新しました(第1131版)

 今回の更新内容・・・北陸本線 加賀温泉駅のページに2018年の変化を2ページにわたって掲載

 ということで、当たり前のように平日更新をやっていて、しかも、普段の2倍の量を追加していっているわけですが、やっぱり計算上、2019年9月までの取材分を3月までにアップし終えるのは難しいかな・・・。

 今回は石川県の回で、加賀温泉駅。

 2017年の変化が2ページにまたがったのですが、やはり2018年も2ページへ。しかもどちらも100枚を少し超えていますので、量としては多めかなと思います。

 ちょうど仮設通路が出来上がって、それの変化を楽しめた、というよりもそれが中心になっています。

 駅舎内など、2018年の1年間というよりもちょっと確認してみたら2019年も含めて1枚も撮っていないわけで、いかに特定の場所をばっかり撮っていたかという。

 それで、いくらなんでもこれに2019年取材分を入れると、金曜日になってしまうので、今回は2018年の分だけをアップしまして、2019年取材分はまたの機会に。

 先に金沢駅の2018年分をアップしてしまうか、次回の石川県の回も加賀温泉駅にするかどうかちょっと迷っています。

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

更新しました(第1130版)

今回の更新内容・・・あいの風とやま鉄道 越中宮崎駅のページに、付録として2018年・2019年の変化と、越中宮崎駅から泊駅まで沿岸経由で歩いて行った様子の2つのページを追加。

ということで、今回は富山県の回。一連の追加取材分付録(一部本文に追加掲載)は一段落する、越中宮崎編です。

越中宮崎駅は券売機の設置とヒスイテラス、柵があり、2018年2019年で1ページ完結としました。実は東滑川・西入善と違って少し遠くなるため、行った回数が少なく、枚数が少し少ないので、次回追加取材ぐらいなら同一ページで大丈夫かなというところなのですが、付録2との時期の兼ね合いもあり、2019年5月まででの完結としました。

それと付録2は、昨年1月14日に越中宮崎駅から泊駅まで歩いたのをベースに、5月4日にトンネル跡まで歩いたものを間に挟む形で構成しているものです。

この駅間の徒歩は、泊駅から宮崎城趾経由で歩いたものを泊駅の付録ページとしていますが、経由地が違って、起点終点が真逆なので、起点駅の付録ということで、越中宮崎駅の付録としました。

ちなみに、反対側、市振駅からの徒歩は、境川を境にして両駅の本文ページの内容としている、という何というか統一感のない掲載方法となっています。

ということで、富山県の回として、あいの風とやま鉄道の9月までの追加取材として未掲載のものは、石動・富山は掲載したものより後のもの、高岡駅は2019年のものという、3駅だけになっています。(黒部・魚津は12月29日取材分がありますが、うまくいって4月以降になります)

| | コメント (0)

«更新しました(第1129版)