« 更新しました(第398版) | トップページ | 仙台・和歌山、そして本店へ »

2006年4月 3日 (月)

北陸おでかけパス

 一瞬、きっぷのご案内から消えた「北陸おでかけパス」なんですが、復活しました。「関西おでかけパス」同様、「7日前までの発売」が、「3日前までの発売」に変わりました。

 まあ、関西の例があったんで、いずれはそうなるだろうと思っていたんですが、そうなりました。

 実はこのきっぷ、出始めた頃の特別価格1,500円の時(2004年11月頃)に2回、事実上の「福井往復割引きっぷ」として使った(まあ、えちぜん鉄道の「区間全駅」をやったときで、JRとえちぜん鉄道の両方の乗り放題きっぷを持っていた)時以来、一度も使っていなかったんです。

 いや、使う機会があれば使おうと思っていたんですよ。でも、「7日前まで」というのが曲者でして、「週間天気予報」って、7日前の、割と遅い時間にならないと出ないですし、まさか、雨の日に「乗り放題」(=「降り放題」)のきっぷを買うのも、何か抵抗があるじゃないですか。

 「この日は晴れ」と分かっていて、他に予定もなければ、ちゃんときっぷを買って待っているんですけど、「天気が分からないけどとりあえず買っておこう」という気にはならないんです。

 そういうことで、地元をウロウロするときでも、「日付を入れるまではいつでも使える」という「青春18きっぷ」を使うことが多く、このきっぷは、ほとんど使うことがなかったのでした。

 ということで、3日前まで発売。一応、「週間天気予報」も、出ていて、割と見通しが付く時期でもありますし、今度は使えるのではないかなという気がしております。

 このきっぷ、長浜・青郷-中土・谷浜と、滋賀県から長野県まで範囲に含まれていて、結構いいんですよね。(といっても、限りがあるが…)

 一応、JR西日本エリアでのこの手のきっぷは「北陸」と「関西」だけのようです。「3日前までの発売」となると、他から来る場合、使えないと思います。個人的には「関西おでかけ」は、「関西往復フリーきっぷ」で代用ができるんでいいんですけど。

 ほんとは、JR東日本のように、当日まで、券売機でも買える、という手軽さが欲しいです。

 といいつつ、次の土日は、見る度に週間天気予報が変わっている、という日でして、結局、すぐには使わないのでした。

|

« 更新しました(第398版) | トップページ | 仙台・和歌山、そして本店へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。