« 更新しました(第404版) | トップページ | 更新しました(第405版) »

2006年4月24日 (月)

日帰×2旅行記:能登方面

 ということで、この土日の旅行記であるんですが、その前の週と同様、Yokochanさんがいらっしゃるということで、それをきっかけにして、のと鉄道能登線の廃駅をご案内して、いや、連れ回して(笑)来ました。

4月22日(土)

 土曜日は仕事でしたので、13時半まで会社に。昼食を食べての13時半まで、になるのが普通なんですが、ちょっとタイミングを逃して、食べ損ねまして、土曜日にしては珍しく、入金も多かったので、銀行にお金を入れてくる途中にパンとおにぎりを買ってきて、おにぎりを食べつつ、お金を数える(現金実査ですね)始末。硬貨を数えつつ、おにぎりを食べると、おにぎりが不味くなるということを発見(笑)。よい子はまねをしてはいけません。

 またもや、余談が長くなりましたが、そんな調子で13時50分頃、会社を出、途中、能登有料道路に入る手前で給油をし、そのまま能登有料道路で一気に穴水へ。そして、国道249号線で比良駅近く、県道に入り、鹿波駅跡へ向かいます。

 ちょっと細かい話ですが、今回は海沿いの岩車経由ではなく、旭ヶ丘経由で鹿波へ向かってみました。こちらも、高原にある畑、という感じでして、ところどころ農家があります。「開拓道路」という道路があるように、ちょっと独特な風景。海沿いも独特な風景なんですが、ちょっと山に行っても独特な風景です。比良-鹿波-甲-沖波のあたりって海も山も面白いところです。「トヤン高原」というのもこのあたりにありましたっけ。そんな調子で、いつもとは逆の方向から鹿波駅跡へ向かいました。

 その駅跡で、一足先にサンダーバード→のと鉄道普通→のと鉄道代替バスでいらっしゃっていたYokochanさんとお会いしました。

 そうして、詳しいことは「ここはかつて駅でした」でアップしますので、省略しますが、前回の続き、沖波・前波・古君・鵜川の各駅跡を訪れました。どの駅跡も現役時代と大した変わらない佇まい。線路へ降りることができるため、降りてみるのですが、特に古君駅跡から、ちょっと鵜川方面へ数十メートル歩いてみまして、1985年の脱線転覆事故(7名死亡)を思い出して、複雑な気分になっていました。

 さて、どうにか鵜川まで来まして、細い道の区間は終了。同時に、少し暗くなってきているので、ここでその日は終了。ここから、実は運転するのが始めてである、鵜川-比良間の、国道249号線(実は道の狭い県道か、山奥の高規格県道である珠洲道路しか運転したことがなかったんですね)を走り、穴水へ。またもや能登鹿島駅前を通り、和倉温泉でYokochanさんを降ろし、延々と国道159号線を経由し、金沢へ。なお、途中、かほく市の県立看護大ICから、終点まで、能登有料道路を使いました。

4月23日(日)

 朝6時ちょっと前に家を出て、昨日の文章にあるとおり、母親を金沢駅まで送り、そのまま国道8号線→国道159号線→能登二宮駅付近より県道→国道249号線→和倉温泉、というルート。Yokochanさんを乗せ、なぜか能登島へ。能登島1周、でもよかったんですが、通常のルートで能登島水族館前まで行き、そこから鹿波の対岸を走り、ツインブリッジのとへ。能登島水族館-ツインブリッジのと、というコース、実は初めてなんですが、かなり深い入江もあり、ところどころ集落もあり、これまた初めて見る独特な風景でした。

 ツインブリッジのとを渡り、旧中島町にある長浦の集落でちょっとだけ佇んだあと、またもや国道249号線・能登鹿島駅前を通り、鵜川を越え、七見駅跡へ。そこから、矢波・波並・藤波・宇出津・羽根・小浦・縄文真脇の各駅跡へ。

 縄文真脇駅跡から、普通に九十九湾小木駅あとへ行っても面白くないので、姫地区から、海沿いの山を越え、小木港へ。ほんと、小木の町も結構まとまった大きさなんですが、能登小木駅(九十九湾小木駅)が、その町とは離れているところにあったなと改めて感じました。

 九十九湾小木駅跡を見て、そして白丸駅跡へ。ここへたどり着くまでの道が狭いため、できるだけ複数人で訪れておきたいところだったのでした。

 そうして、時間がなくなってきていたので、九里川尻駅前跡は通過し、松波駅跡へ。

 松波まで来てしまったら、そのまま「珠洲道路」を経由して、一気に帰るにはちょうどよかったのですが、せっかくなので、珠洲まで行ってしまうことにしました。

 そのあとは駅を訪れるのは省略し、珠洲市へ。鵜飼あたりから、十数年前の記憶がよみがえりつつ、上戸・飯田・正院の町をそれぞれ通り、蛸島駅跡へ。この、珠洲市内でのことは、次回以降のブログでちょっと書きたいと思います。

 そうして、帰りは行きとは全く違う道、珠洲道路・能登有料道路を通り、能登空港にちょっとだけ寄り、それを除いて2時間ちょっとで金沢駅へ。特に行きで時間をかけているため、距離感覚が本当におかしくなってきているかも知れません。

 

|

« 更新しました(第404版) | トップページ | 更新しました(第405版) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。