« 更新しました(第400版) | トップページ | 更新しました(第401版) »

2006年4月10日 (月)

日帰旅行記:福井鉄道・えちぜん鉄道その2

 ということで、昨日の旅行記です。実は、3日前まで「北陸おでかけパス」を買うかどうか迷っていて、結局、買わなかったのでした。そして、前日の考えでは、万葉線か、富山地鉄の富山市内線をと思っていたのでした。実は、約1ヶ月前の予定ですと、この日、ちょっとした用事(というか、付き添い。仕事とは関係なし)で、下関へ行くという予定もあったんですが、これはかなり前に流れていたのでした。(区間全駅 山陰本線 小串-幡生間、やりそこねました)

 そういうこともありつつ、その前日(土曜日)、珠洲と金沢の酒を飲んで、ちょっと酔っていたところに、野洲さんから電話がありまして、日曜日は福井で、福鉄・えちぜん鉄道に乗るということをおっしゃる。ということで、1ヶ月前に引き続き、またもや福井へ行くことになったのでした。

 9時頃福井駅あたりで、ということだけ前日、打ち合わせました。9時ということは、普通列車だと金沢発6時55分?(さらにそうなると家を出るのがその30分前)。まあ、待ち合わせ時刻を調整して、7時47分という手もあるんですが、朝、遅く起きたわけでもないのに、ちょっとバタバタし、そのうえ、自分でトースターで焼いた食パンの他に、母親が盛りつけた味噌汁まで味わうという始末で、家を出るのが8時ちょっと前。ガソリンを入れて、家の近くを出たのが8時過ぎ…。

 ということで、前回同様、車でえちぜん鉄道あわら湯のまち駅まで行くことにしました。なお、この時点で待ち合わせ場所はあわら湯のまち駅に変わっております。

 しかも、大急ぎで走るわけでもなく、車体の高い軽自動車で、風の抵抗を受けつつ、エンジンをぶん回すと燃費が悪くなる高速道路(今回はちゃんと書いておきますよ)を走らず、ひたすら燃費を気にしつつ、ふかさないように一般道を走るという始末。

 結局、あわら湯のまち着9時20分頃。野洲さんとお会いし、前回同様、福井鉄道・えちぜん鉄道共通1日乗車券(1,200円)を買い、えちぜん鉄道で田原町まで。そして、福井鉄道へ乗り換え。名鉄から買った低床車が走り出したはず、なんですが、入ってきたのは従来の車両。これで、福井駅前まで。(この動きは野洲さんの「乗りつぶし」が関係しています。)そして、えちぜん鉄道で一気に勝山まで。(この行動もさっきと同様。)

 この勝山永平寺線、越前新保あたりでは桜が満開の直前で、ちょっとした祭りのような感じで賑わっていました。やっぱり、出店でそばを食べているのが福井らしいなと。そういう春らしい雰囲気だったのですが、数十分経って、アテンダントのお姉さんの案内で白山を眺めつつ、線路の下にある水田には、ちょっとだけ雪が残っているのが見えました。当然、勝山あたりでは桜が咲く気配もなく(ただし、九頭竜川には既にこいのぼりが掲げられていましたが)。同じ線でも、数週間、季節が違うものだなと思いました。

 この線も各駅降りているため、何となく各駅の雰囲気は思い出せました。特に、山王駅から勝山駅まではレンタルサイクルで各駅に寄りつつ往復しているため、線路に沿っている細い道も、見覚えがあるものなのです。そういえばここまで来るのはそれ以来なんです。

 さて、福井駅まで戻りまして、うどんを食べました。コンコースのうどん屋さんは行列に近い状態になっていたため、なぜか入場券を買ってホームで。そのあと、駅前へ行き「時代行列」をやっているため、福井鉄道は市役所前電停まで行かなければ乗れないことは分かっていました。行こうとすると…。その「時代行列」の最中でして、まさか、行列を遮って進むわけにも行かず、大きく福井城跡(今は県庁)のお堀を迂回して、市役所前電停へ。まあ、行列をいいタイミングで見ることができたと言えばそうなんですが。

 で、市役所前電停へ行くと、電車が福井駅前へも田原町へも行けず、長い折り返し時間を過ごしていました。2本の電車のすぐ脇を行列が通り過ぎるという、面白い光景…。

 さて、またもや従来の車両に乗り、今度はこちらの「区間全駅」の取材。朝は曇っていたのに、勝山を往復している間に空は晴れていました(実はこれ、天気予報から計算していたんですが…)。ホーム切り下げの工事進捗状況を見つつ、駅名標がきちんと立てられた駅をチェックし、一旦、武生新駅の一つ前、西武生駅へ行き、そこから折り返しました。

 訪れた駅が、訪れた順に、西武生・西鯖江・上鯖江・三十八社・鳥羽中・福井新の各駅。この間、低床車に乗ることができたのは、上鯖江-西鯖江間のみでした。いや、低床車には時折すれ違うんですけど、どうも、福井での時代行列等での混雑を見越してか、定員の多い従来車をわざと多く走らせているようにも見えました。おかげで前回、「従来車に乗るのはこれで最後」と思っていたのに、今回も従来車、大いに堪能させていただきました。多分、この日走っていた分の全塗色(つまり広告)に乗ったようなのです。

 なお、この結果、花堂・ベル前・浅水の各駅を除いて、取材が終わりました。この3駅、その気になれば明るいうちに降りることもできたのですが、駅名標がまだ撤去されたままになっていることもあり、今回は対象外としました。この3駅と、駅名標写真が撮れなかった武生新、そして、人がいた関係と、時間が短かったため、駅名標写真が不完全だった上鯖江駅も含め、つつじの季節にでもまた行くことにしましょう。

 そして、田原町からえちぜん鉄道に乗り、あわら湯のまち駅へ。この段階で17時過ぎ。今から新潟県まで帰る野洲さんには申し訳ないことをしたなと思いつつ、ここで別れ、お互いの車で帰りました。

 帰りも燃費に気を使いつつ走りました。帰ってすぐ給油。結局今回は、往復134.3キロを7.15リットル(税込886円)…1リットル18.78キロ…で走りました。前回は140.7キロを7.5リットルなので、1リットルが18.76キロ。距離が短いのは、国道8号線から、あわら湯のまち駅までの経由地をちょっと変えたためです。

 ということで、ガソリンタンクの関係もあり、多分に誤差があると思いますので何とも言えませんが、若干の燃費改善。まあ、前回はスノータイヤで、今回は普通タイヤだったことと、同じように燃費に気を使っていることもありますが、まあ、誤差を考えるとそんなものかなと。ほんとはもうちょっと期待したんですけどね…。

|

« 更新しました(第400版) | トップページ | 更新しました(第401版) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。