« 更新しました(第407版) | トップページ | そして2日目 »

2006年5月 8日 (月)

とりあえず1日目だけ

 びっちりと3日分、先日の岡山への旅行記を書こうかと思ったんですが、今日は遅くなったため、1日目だけ。多分、明日も遅くなると思うんで、こんな感じに2日目だけになると思います。それでは。

 ●5月4日(木)

 【金沢】8:10発-(雷鳥12)→【新大阪】11:01着、11:15発-(こだま653)→【岡山】12:32着。

 で、結局、ものすごく早く起きるということもなく、普通に金沢を出ました。その前の日の「日記」として書いたとおり、3日はちょっと体調が悪く、どうなるかなとも思ったんですが、一応出ました。ほんとは、車で青森、ということも考えていたんですが、多分、実際にやっていたら大変なことになっていたかも知れません。
 ものすごく混むかなと思ったんですが、5分前にサンダーバードが出ていますし、金沢発の段階で、乗った車両は10人ぐらい。結局、敦賀を出ても、2席一緒に空いている、というところがちらほらとあるぐらいでした。
 その5分前のサンダーバードが、津幡付近で遅れた関係で、こちらも遅れまして、新大阪着の段階で11時12分ぐらい。

 えっとですね。新大阪駅、3分間での乗換、というものに成功してしまいました。まあ、20番のりば、という場所も階段も完璧に分かっていたこともあるんですが、「ドアが閉まります」といってから、ちょっと何かがあって、ドアを閉めていない時間がちょっとありまして、その隙に乗れたという次第です。
 いや、実はその「こだま」に乗り遅れて、あとの「のぞみ」に乗った方が、早く岡山に着いて、しかも、もう1本前の吉備線に乗れたわけなんですが…。
 とりあえず、新神戸まで、ハアハア言いながら、その後は落ち着いて、ゆったりしたシートで、岡山に着いたわけです。

 そうして、

 【岡山】12:54発-(普通)→【備前三門】12:58着、13:34発-(普通)→【大安寺】13:38着、14:07発…と、書いていると疲れるので省略しますが、大安寺駅で交換になる関係上、戻りながら時間を節約することができず、備前三門・大安寺は運転間隔と同じ30分間の滞在。備前一宮も30分の滞在ですが、ちょっとだけ吉備津彦神社へ行ってきました。

 そして、その次の吉備津。ここでは、吉備津神社へ行きまして、列車も1本見送り、1時間の滞在。吉備線、結構見どころがありまして、下手をすれば各駅ごとに何らかの観光ができてしまうという路線なんですね。何となく、「山が近い奈良」という雰囲気でして、何となく、明日香村とか、そのあたりの雰囲気がありつつも、風景はちょっと違った独特なものでした。ほんと、そのうち駅とは関係なく、純粋に観光で行ってみたいところでもあります。

 そのあとは、岡山駅での案内で、「(四国)高松」ではない方の「高松」である(と自分では思っている)備中高松。そこでも30分間の滞在。そのあと、足守・服部に関しては、吉備津での遅れを取り戻すため、備中高松→服部→足守の順に動き、2駅+両者間の移動時間を合わせて30分、という感じにしました。そうして、東総社では30分。(ここで書き込みをしました)総社に至る、という次第です。

 実は、この段階で、今回、岡山へ行った目的を果たしてしまったようなもので…。

 そのあとですが、日も落ちてきつつあったため、清音だけ行きまして、そして一気に岡山へ。
 岡山駅、工事中でして、いつも行く中華料理屋さん、なくなっていました。この前の1月はあったんですけどね。いつも行く、ということは裏を返すと他を知らないというわけで、となると、食料難民になってしまうのですね。
 結局、カレーを食べまして、路面電車に乗り、いつも泊まるカプセルホテルへ。

ということで、2日目は、多分明日になりますが、もっと時間がなかったら、別のネタを書きます。

|

« 更新しました(第407版) | トップページ | そして2日目 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。