« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

更新しました(第414版)

 今回の追加駅…吉備線 備中高松足守服部の各駅。

 実は、各駅の部分は月曜日にできていて、トップページ等のリンクを今朝、整備しまして、帰ってきてからアップした、という次第です。

 ほんとは、東総社までやってしまおうかなと思ったんですが、今日の帰りが遅くなるということもありまして、いつもどおりの3駅追加とさせていただきました。

 次回は吉備線が完成。その後は水島臨海鉄道を開始する予定です。

| | コメント (0)

2006年5月30日 (火)

5月がもうすぐ終わりますね

 と、明日は多分「更新しました」になりますので(てか、大部分はできているんですよ)、今日のうちにこの内容。

 5月、というのは3月決算の会社の経理としては最も忙しい、はずなんですが、まあ、決算自体は前職の本業でもありますし、今の会社に入る前から関わっていることでもあるんで、3月の終わりあたりから、結構用意周到に進めてきたこともあり、気がつくと終わっておりました。ただ、他のこと(毎月の処理など)が遅れているんで、やっぱり決算というものの存在は大きいのです。

 去年の5月、多分、今まで生きてきた中で、一番働いた月だったと思います。退職することが決まった、のになぜか今まで以上のペースで働かざるを得なかったということでした。まあ、その時、一番大変だったことが今の本業になっているんですが、それ以外にも何件も決算を抱えていて、どこかの資料が滞ると、別のところを全力でやって、という感じでした。

 昨年の5月と今年の5月を比べる、ということはしませんが、前職と今の職の繋がりというか、比較というか、そういうことはそのうち書こうと思っております。

 ともかく、5月の終わりに、昨年の大変だったときからもう1年も経ったんだなということを感じるのでした。

| | コメント (0)

2006年5月29日 (月)

「申告漏れ」という言葉

 よく、税務調査に入りまして、何かが見つかって、税金を追徴される、という場合、マスコミではよく「申告漏れを指摘される」なんて言いますね。最近はある方の件があったようなんですが、それはそれでおいときまして、「申告漏れ」って何なんでしょうね。

 法人税や所得税(の事業所得)、消費税の場合、売上を一つ一つ挙げて、これだけ収入がありましたよん~、で、経費は領収書を一枚一枚税務署に見せて、これいいですか?と言って一つ一つ認めてもらう、なんてことはなく、法人税や所得税(の事業所得)に関しては決算書から利益が算出されて、それに対して課税されるという感じです。

 法人税の場合は、必ずしも税法に則って決算書を作っているわけでもないんで、それに合わせるように、加減(別表4での加算・減算というやつ)をするんですが、ともかく、利益に対して税額が決まる(消費税は微妙に考え方が違うんですけど、省略。)ということです。

 で、調査でいわゆる「申告漏れが指摘される」というのは、法人税・所得税だけで言うと

 1.売上が抜けていた(計上時期の問題もあるんですけどね)
 2.仕入が多く載っていた
 3.在庫が実際より少なかった
 4.経費が多く載っていた
 5.その他の収入(収益)が漏れていた
 6.経費は経費だが、税法上の交際費・寄付金とされるものをそのように扱っていなかった。
 7.まだあるんですが、面倒なので省略。

 なんていうことが考えられまして、申告漏れ、といえばそういえなくもないものもあるのですが、これを「漏れ」と表現するにはどうなんだろう、ということもあるんです。(経費を)多く載せていたのに、何が「漏れて」いたのでしょうね、ということです。

 確かに、相続税の場合は、相続財産(遺産ね)を書き並べますし、そこから控除するものがあったり、財産の評価方法が間違っていた、ということがあっても、財産の申告が漏れている、ということもあるんで、そうなると「申告漏れ」ということになります。

 ともかく、「申告漏れ」というマスコミ用語、なんかしっくり来ないのですが、一般的には分かりやすい言葉なんでしょうね。

 ちなみに、税務署や、税理士事務所では「申告漏れ」と言わず「増差(ぞうさ)」と言います。つまり、増える方向に差額が出た、それに対して税金を払えよ、というニュアンスなんですが、そう言うと「漏れていた」「多く載っていた」ということ、全て含んでいることになりますね。でも、新聞で

 「タレントの○○氏、税務調査の結果、増差○○円、重加算税なし」

と言われても、一般的にはピンと来ないかも知れませんね。いや、ほんとはこっちの方がしっくり来るんですが…。

 なお、調査の結果、減るということで「減差」という言葉がないのは、増える場合と減る場合、全く手続きが異なるからなんでしょうね。あまり調査の結果間違っていたんで税金が戻ってくる、なんてことないですから。(これについて書くと別件になるんで省略)

 (追記)
 多分、「申告漏れ」と言われるものは、法人税・所得税について言うと「課税所得」の「過少申告」、つまり「所得金額が漏れていた」ということで「申告漏れ」ということになるんでしょうけど(というつっこみがあるかも知れないので書いておきます)、そういうことなら何となくまわりくどい表現かも知れません。

| | コメント (0)

2006年5月28日 (日)

更新しました(第413版)

 今回の追加駅…吉備線 大安寺備前一宮吉備津の各駅。

 何となく作っている本人からしてみると、満足度の高い仕上がりになっているのですが、まあ、作っている本人がいいなら、それでいいでしょう。天気もよかったです。

 ということで、何となく、桜井線に似た雰囲気がありつつも、架線の有無で、結構雰囲気が変わるものだなと、大安寺駅を見て思うのでした。

 版数が400版台になりまして、時折、交直流電車の車両形式の版数になるわけですが、今回は413。半自動扉の時のドアの軽さ、開けやすさがポイントです。

| | コメント (0)

2006年5月27日 (土)

いつまでもつか、携帯

 前の「掲示板」から御覧頂いている方ならお分かり頂けると思うのですが、私が持っている携帯、ドコモの「D209i」というものでして、未だに検索すると、発売の時のニュース、みたいな感じで残っているのが嬉しくもなったりします。といいますのも、5年半(2001年1月)、使っておりまして、発売が2000年の7月といいますから、発売からはや6年。

 携帯を持つのが割と遅かった私、実は「機種変」ということを一度もしていないわけで、未だに1台目の携帯電話です。

 電池さえ大丈夫なら、別に不便はなく、ということで、多分機種変より高いお金を払って、電池も買いまして(電池無料プレゼント、の前に力尽きていたんで)今はなんの不便もなく使っております。

 別に、写真ならデジカメで撮ればいいし、電話は圧倒的にかかってくる方が多いし。ずっとマナーモードにしているんで、着信音なんてどうでもいいし。(でも、三和音です)

 確かこの時は、カラーと白黒、どっちにする?という時代だったと思います。(ということで、かろうじてカラー)

 ただ、湿度が高いと画面が消えてしまうという欠点がありまして、これ、毎年梅雨の時期に起こる現象なのです。その時期だけはポケットに入れることができず、ずっと仕事中でも机の上に置いておき、持ち歩くときはカバンに入れる、ということになります。

 ということで間もなくその時期。これを乗りきればもう1年、使うことになるんですが、あと1年使うか、ようやく新しいものを買うか、この2ヶ月にかかっております(?)。

 一応、データーはバックアップ取ってあるんで(また、そんなソフトに金かけて…)、壊れても大丈夫なのですが。

 取扱説明書に書いてある「末永くご活用下さい」を忠実に守っているのでした。

| | コメント (0)

2006年5月26日 (金)

つつじ

 つつじの花、見頃が終わって、かなり散ってきています。

 という書き出しなんですが、今の季節だけを見てつつじの話をしようとしているのではないのです。

 結構このつつじ、街路樹のある道路で、歩道と車道の間、街路樹の真下に植えられています。そして、この時期のもうちょっと前、つつじの花が並ぶ道路も沢山あります。北陸のような中途半端な寒冷地(?)にお住まいの方ならお分かり頂けると思うのですが、そのつつじがあるところって、ちょうどよい雪捨て場なんですね。

 と、季節は冬になるわけなんですが、一度に雪が積もって、かといって本格的な雪国のように雪捨て用の水路があるわけでなく、会社の前や駐車場に積もった雪をどこに捨てるか、となると、結局、その歩道の外側にあるつつじの木のあたり。ここがターゲットになるわけです。

 そして、どんどん積み上げられて、圧縮された雪が、人間の背の高さよりちょっと低いかな、というぐらいになります。その真下には、あのつつじがあるんです。

 そうして、周囲は雪が融けても最後までつつじの上には重たい雪が残り、ようやく融けたかなという頃には、また雪が積もり、真っ先に雪が積み上げられます。その後、自転車も通れるようになり、ようやく雪から解放されたつつじは、枝が折れたり、捨てられた空き缶が絡まったりと、無惨な姿になります。

 あるいは、勢いよく水が出る融雪装置がある主要道になると、道路が凍ることはなくても、つつじの上にかかった水が凍り、ちょっとした「樹氷」のようになることも年に数回。

 でも、4月終わりから5月にかけて、やっぱり花が咲くのです。

 ということで、つつじの花を見るとき、重たい雪を思い出してしまうのでした。

| | コメント (0)

2006年5月25日 (木)

目次ページの検討

 岡山・広島地区で自動改札と「イコカ」の導入ね…。と、何となく先を越された気分になりつつ、同時に、地元には自動改札が入ってきて欲しくないなという気分にもなりつつ。いやね、朝とか、改札を通るときの、お互いのちょっとした「おはようございます」という挨拶なんか、結構いいと思うんですけどね。そういう時代でもなくなってきているようです。

 さて、昨日書いた「区間全駅」の目次ページのことについて。結局、今日、早速ネタにしてしまうわけです。

 今の形は

 1.金沢から西へ(金沢→長崎。湖西線・米原経由両方。なお、長与経由の喜々津-浦上間をやることがあれば、入るが、それ以上は入らない予定)
 2.金沢から東へ(金沢→青森。できれば函館・釧路方面ができればいいかなと)
 3.金沢から北へ(ほんとは金沢、からのつもりなんですが、津幡までは「東へ」と重複してしまうんで、津幡→穴水←蛸島。(矢印の向きがポイント))

 そして
 4.その他北陸のJR・三セク・私鉄(神岡鉄道も含む)
 5.その他

 という構成なんです。あくまで「区間全駅」というのは、路線を繋げて遊ぶとか、日本中の全駅を目指す、という意図はさらさら無く、何となく楽しそうな「区間」の全駅をご紹介してみよう、という程度のものです。これは今も変わっていません。ただし、何となくつながってきたんで、どうせなら、両親の実家の最寄り駅と、私が生まれ育った(中学校2年までいた)ところを繋げたいなということで、「金沢から西へ・東へ・北へ」という「繋がり」が存在している、ということなんです。

 といいつつも、二点間の移動に、複数ルートでの「繋がり」ができることを意識してみたりしているのですが、あくまでこれは結果なんです。でも、「目標」の一つにもなります。

 そういうこともあり、本来、各「区間」って、つながっていてもいなくても、独立したものでして、わざわざ目次できれいに並べる必要もないんです。極端な話、掲載開始順に滅茶苦茶に「区間」を並べてもいいのかなと思っています。

 ただ、まあ、不特定多数(特定少数)の人の目にも触れることですし、ある程度は「お片付け」しておかなければならないかなと思っています。

 で、よく駅をご紹介するサイトにあるのが「会社ごと」「地方ごと」ということ。ただこれ、金沢を中心として東西への繋がりを並べてしまうと、その時点でその形式、困難になるんです。また、「区間」を単位としていますので、「地方ごと」とした場合、境界線上にある「区間」の扱いにも困ります。例えば、赤穂線 相生-日生間、という設定をした場合、関西なのか山陽地方なのか、分からなくなります。

 あと「会社別」というのも、ここでは採りたくないと思っていまして、例えばわざわざ越美北線とえちぜん鉄道が違う会社だからといって、遠く離すのも抵抗があるんです。また、今、「JR富山港線」を掲載していて、これはそのまま掲載するのですが、将来的に「富山ライトレール富山港線」を掲載したとき、「JR」「私鉄」と分けていると、なんか、同じ駅(電停)を扱っておきながら、全く違う掲載になってしまいます。

 で、今後の「区間全駅」の取材なのですが、おそらく、「周遊きっぷ」や、一定範囲の乗り放題のきっぷ(「関西往復フリーきっぷ」など、往復+フリーのタイプも含む)を使うことになると思います。そのため、それらのきっぷの範囲になっている路線となっていない路線では、扱われる可能性が大きく変わってきます。
 また、「気に入っているカプセルホテル」に2連泊して、アクセスも含め3日ぐらいで集中的に、という形になるかと思いますので(先日の岡山のような形)、そういう宿の有り無しもかかわってきます。

 となると、今の「北陸」のような感じで、ある地方に集中して掲載している「区間」が存在する、という傾向が顕著になってくるかなと思います。(今も関西と岡山地区がそうですね)となると、「金沢から西へ・・・」も解体して、地域別の目次になるかなと思ったりもしますが、今のところ何となく考えている、という程度です。

 てか、「その他」の部分をちょっと整頓すればいいだけなのかも知れません。

| | コメント (0)

2006年5月24日 (水)

更新しました(第412版)

 今回の追加駅…伯備線 石蟹新見の各駅、吉備線 備前三門駅

 ということで、伯備線の倉敷-新見間は終了。同時に吉備線を開始しました。

 「区間全駅」のトップページ(もくじ)が非常に醜くなってきていることはよーく分かっております。まあ、これの検討事項はそのうちこの場で。(1日分のネタにさせて下さい)

 それにしても、岡山駅のページ、リンクが充実してきました。

 それと、新見駅まで達したため、イワシさんのところの「駅レポート」とまたもや接してしまうことになりました(結局こういう形になりましたね~)。ただし今回は、新見駅について、双方での掲載となってしまっています。そのため、今回は、岩山駅のページにリンクするのではなく、新見駅のページにリンクしまして、そちらから御覧頂き、リンクをたどると当サイトの姫路駅まで戻ってきてしまうという形に致しました。

| | コメント (0)

2006年5月23日 (火)

Edyカード

 ということで、買ってしまいました。といっても、100円なんですけど。

 Edyカード。「サークルKサンクス」の「カルワザクラブカード」なんですけど、いくらSuicaと並ぶ・・・と言っても、いつも行くコンビニでつかえる方が重要です。てか、「首都圏往復フリーきっぷ」と「関西往復フリーきっぷ」を使う私としては、Suicaなんかを使う機会が全くないんです。それはそうと、結構コンビニって、小銭が溜まってしまうんです。しかも、私の好きな前払いですし。

 ということで、1週間に1回行く温泉のプリペードカードやら、ほんのたまに乗るJRのオレンジカードを持っているよりも、ずっと使用頻度が高い、とは思うんですが。ともかく、今のところは1銭もお金を入れていないんで、明日でも入れましょう。

 で、コンビニだけなら、「サークルK」「サンクス」そして「ポプラ(金沢でも貴重品)」を交互に行っているようなもんなんで、全てカバーしております。

| | コメント (0)

2006年5月22日 (月)

寝だめ

 昨日、なんですが、5~6時間しか起きていませんでした。

 天気もよかったんで、まあ、隣の県までは行かなくても、北鉄石川線ぐらいは終わらせたいなと思っていたんですが、何か、朝、頭が痛かったりと。ということで、まあ、北鉄石川線ぐらいなら遅く出ても大丈夫やし、と思いつつ、寝て。で、朝食を食べて寝て、昼食を軽く食べて寝て。で、昼間の番組を見つつ、やっぱり寝て。で、夕方でした。

 で、夕食を食べ、サイトの更新をして、温泉へ行って、帰ってきて、やっぱり寝て・・・。

 天気がいいと、昼寝も気持ちがいいもんです。

 でー。今日なんですが、ものすごく頭が冴えているというか、しばらくあったモヤモヤ感が全く無くなっていまして、しばらく放置しておいた仕事もはかどるはかどる。

 実は私、月曜日の午前、というものが最も仕事ができる時間帯なんです。(逆に、金曜日の午後が最悪なんですが)で、飲み会だろうが、22時を過ぎるとペースダウンし、23時になると完全に無口になる、で、泊まりがけの時は誰よりも早く起きる、という感じでして。

 まあ、それはそうと、「寝だめ」ということにはならないんでしょうけど、疲れてきたり、ストレスが溜まったり、面倒になると、とりあえず寝ると、どうにかなるという体質なのでした。

 昨日の場合は極端なんですが、風邪で余計な体力も使っていたんでしょうね。(と、どうでもよい分析)

| | コメント (0)

2006年5月21日 (日)

更新しました(第411版)

 今回の追加駅…伯備線 備中川面方谷井倉の各駅。

 ということで、3駅追加。伯備線の倉敷-新見間は残り2駅となりました。

 ほんとは今日、天気がいいので近場へ出かけよう、と思ったんですが、何となく体調が悪く(ほんと「何となく」なんですが)、ほぼ1日寝ておりました。

 トップページの画像は、吉備津神社の回廊(?)の終わりの方の様子です。吉備津神社の本殿自体は改築中で、その建物自体を見ることはできませんでした。

| | コメント (0)

2006年5月20日 (土)

通帳記入

 更新をしようかなと思っていたんですが、明日にしました(キッパリ)。

 ということで、ほんとは、今日のブログ→更新しました、明日のブログ→天気がいいから多分どこかへ行くであろう、と思って何も考えていなかったんで、それを考えるだけでもえらい時間がかかってしまいました。ということで、手短に。

 仕事柄、通帳の付け上げというものは、ほぼ毎日、やるわけです。ということで、来る日も来る日もATMへ行くわけなんですが、通帳記入をするときのあの音。あれで、行数が分かるんですね。

 で、この日はこれが引き落とされるはず、あっ、その分やな。で、ページが変わって、最初の1行。おっ、それ以上にある、というときは入金があるわけでして、自分のお金ではないのですが、非常に嬉しくなるわけです。五十日でもないのに、何行も入金があると、それだけで、もう、ワクワクするといいますか。(という部分、仕事人間的な部分でもあるんですが…。まあ、この仕事、好きな仕事なんで。)今日は○日やし、○○さんからの入金もあるはず・・・やっぱりあった、という感じです。はい。

 ただ、某銀行(隣の県に本店があるやつ)って、入金元(の名称)が長くなると、二行で表示して、全部載せてくれたりするんで、見当が狂うんです。(あと、この銀行、ATMで振り込むと、振込額と手数料を分けて記帳してくれるんで、それでまた行数が増える)

 それでですね。今日、ある通帳を入れますと、ものすごく長い記帳時間。あとで見ると、約2ページにわたって記帳されておりました。

 で、今日は仕事はお休み。実はこの通帳、私の個人の、メインバンクの通帳でして、はい。昨年末に記帳して以来、ずっと記帳していなかったのでした。まあ、給与の入金と、各種引落だけ。残高も知っていたんで、心躍る記帳ではなかったんですが。

| | コメント (0)

2006年5月19日 (金)

更新シミュレーション

 ということで、ネタがなく、このことをやってある程度時間が経ってからやるこのネタ。更新(駅追加)のシミュレーションをしてみましょう。
 一応、例によってお断りしておきますが
  1.必ず、この通り更新をするということではありません。あくまで、いつまでのネタがあるかなということをチェックするだけのものです。
  2.ここに掲げた日に必ず更新をするというものでもありません。特に、平日の更新はあくまで、任意のものであるという位置づけは変わっていません。また、定期の更新は、一応、日曜日で書いておきますが、土曜日になることもあります。
  3.特に、赤穂線の日生-東岡山間終了後は大きく変わります。また、赤穂線は必ずしもこの区間設定とは限りません。しばらく保留にして、残り駅取材後、区間設定をするかも知れません。

 ということで、一応の予防線だけ張っておいて

 5月21日(日) 伯備線 備中川面 方谷 井倉
 5月24日(水) 伯備線 石蟹 新見 吉備線備前三門
 5月28日(日) 大安寺 備前一宮 吉備津
 5月31日(水) 備中高松 足守 服部
 6月4日(日) 東総社 水島臨海鉄道倉敷市 球場前
 6月7日(水) 西富井 福井 浦田
 6月11日(日) 弥生 栄 常磐
 6月14日(水) 水島 三菱自工前 赤穂線日生
 6月18日(日) 伊里 備前片上 西片上
 6月21日(水) 伊部 香登 長船
 6月25日(日) 邑久 大富 西大寺
 6月28日(水) 大多羅 福井鉄道裁判所前 市役所前
 7月2日(日) 福井駅前 木田四ツ辻 公園口
 7月5日(水) 福井新 花堂 ハーモニーホール
 7月9日(日) 三十八社 鳥羽中 神明
 7月12日(水) 水落 西山公園 西鯖江
 7月16日(日) 上鯖江 家久 西武生
 7月19日(水) 武生新
 

 といったところなんですが、思惑としては

 1.福井鉄道はあと2駅なんで、近いうちに取材。
 2.でも、その前に北鉄石川線をやってしまって、「福井県内全駅達成」の前に「石川県内全駅達成」にしてしまいたい。
 3.実はこの他に、「ここはかつて駅でした」として、のと鉄道能登線の駅が大量にある。
 4.とやっているうちに、富山地鉄富山市内線・不二越線・上滝線も出てきたりして…。
 5.なお、富山ライトレール富山港線は、ほとぼりが冷めるまで保留。(JR富山港線と、どういう兼ね合いにするか…)

 という感じで、実はこのペースでちまちまと更新していてもいいのかな?という状況でもあるんですが、集中力を考えると、1回の更新で3駅(頑張って4駅)が限界だったりするわけで、ちょっと考えております。

| | コメント (0)

2006年5月18日 (木)

曜日が変わるとね…

 「毎週必ず見るテレビ番組」の話です。

 私の場合、リアルタイムでテレビを見る、というのは「必ず見る番組」ではなく、「見ることができたら見る番組」という程度で、結果として、割と見ていても、見なかったからと言ってどおってことのない番組です。何曜日の何時に、どのチャンネルでやっているかも分からず、でも、偶然見ることの多い番組って、あるんですが、じゃあ具体的に何?と言われてもさてなんだったでしょう、という感じです。

 で、「必ず見る」という番組は、リアルタイムで見れても見れなくても、必ずビデオに撮ってみているというものでして、これ、今現在、3番組のみになっています。
 ●明石家電視台(関西ローカルといっているが、関東以外の地域でやっているところが結構あるらしい。石川県もその一つ。)
 ●笑いの金メダル
 ●爆笑オンエアバトル

 というところなんですが、下の二つ、この四月から曜日が変わったんですね。

 それで、最近、ほんと見忘れる(撮り忘れる)ことが多いです。

 日曜日の20時、なんて、「ダウンタウンのごっつええ感じ」が終わってからは、この時間、テレビを見るという習慣なんてなくなっていたんです。なんか、最近はこの時間帯、一生懸命更新の用意をしているか、それが終わっていたら、風呂へ行っているかという時間帯でして、その習慣が続いているために、気がつくと「あっ!」という状態です。

 明石家電視台が、木曜日の深夜のため、これの録画セットと同時に、金曜日の夜の分も一緒に、という習慣があったんですが(で、金曜日の朝、テレビを見るためビデオに電源を入れ、そのまま切り忘れて、録画されていなかったことも何度も。)、はい。

 それと、NHKの番組の方も、これ、土→金→土、と動いていて、また金曜日。これも土曜日という習慣があり、土曜日の夜遅くに風呂に行って、急いで帰ってくると間に合う、という感じでもあったんで、これになれているために忘れやすいと。

 ということで、こうやって書いて、頭の中に定着するようにしているのですが、さて、今週は…。

| | コメント (0)

2006年5月17日 (水)

更新しました(第410版)

 今回の追加駅…伯備線 備中広瀬備中高梁木野山の各駅

 と、備中高梁駅を挟んだ3駅。今回は特に変わったこともなく追加しております。

 今日もこのブログ、アクセスしづらい状態が続いています。さて、今日もアップできますかどうか。(今日の場合はアップできなくても問題はないんですが)

| | コメント (0)

2006年5月16日 (火)

最近行っていない都県

 今日も書き込めるかどうか…。書き込む画面を開こうとしても時間がかかるんで、とりあえず、普通のエディターで打っております。さて、これもアップできるのかどうか。
(あっ、書き込む画面が開いた…)

 ということで、今日もこんな話を書いていても始まらないので、ちょっと違うところからの、もらいネタ(ただし、原型はとどめていません)でもあるんですが「最近行っていない都道府県」を考えてみましょう。ちなみに、最も行っていない都道府県は、沖縄県、そして高知県になるはずなんですが、最近行った都道府県から順に並べてみましょう。そして、一度出た都道府県は省略します。なお、地上の通過を含むものとします。なお、いい方を変えますと、ここに書かれた年月以降、その都道府県には行っていないということになります。

2006年5月…石川県 福井県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 岡山県
4月…富山県 奈良県
ということで、今年になってから行ったのはこの9府県のみ。岡山と関西に2回ずつ行っているため、非常に偏っております。
2005年11月…岐阜県(てか、旧神岡町だけなんですけどね)
2005年10月…新潟県
2005年9月…山形県 秋田県
2005年8月…青森県
2005年6月…長野県(これも小谷村だけだったり)
と、この1年に行ったところがこれだけなんですね。15府県。しかも、8月と9月に似たような方向に行っているため、移動距離にしては行った都道府県って少ないんです。
さて、もうちょっと遡りましょう。
2005年5月…広島県・山口県・福岡県・佐賀県・長崎県
2005年1月…香川県
で、この間、山形県から福岡県の間を行ったり来たりしているんですけど、実は行った県って全て上記に含まれてしまっているんです。
2004年5月…北海道
2004年1月…愛知県

 それにしても、ここまで書いていて気づいたのが「区間全駅」を本格的にやるようになって、行く道府県が絞られてしまっているということ。長崎県~大阪府~石川県~新潟県~青森県という「連なり」にある府県ってよく行くんですが、それをはずれるとなかなかいかないようになってしまっているんですね。

 以上、ここまでで残ったのが24都県。以下、「最近行っていない半分の府県」ということになります。
2003年9月…群馬県・埼玉県・東京都
2003年7月…神奈川県

とここでもう一つ境界線ができまして、これ以下は2002年12月の「定期列車の走るJR在来線完乗」以来行っていない、ということになります。つまり、「乗りつぶし」のために行って以来ということでして、下手すりゃ、「乗りつぶし」がなければ行っていないということになります。

2003年12月…千葉県
2002年10月…栃木県・茨城県
2002年9月…静岡県(これ、イワシさんのところのオフ会で、この時初めてお会いした方も結構いらっしゃったりします)
2002年8月…岩手県・島根県・鳥取県
2002年1月…大分県
2001年11月…山梨県
2001年8月…徳島県・愛媛県
2001年7月…宮城県
2000年8月…福島県
2000年5月…宮崎県・鹿児島県・熊本県
1999年12月…三重県
1998年8月…和歌山県
と、ここで、大学生と社会人としての壁がありまして
1996年8月…高知県
1991年5月…沖縄県(高校の修学旅行)

ということになるわけです。

 意外と和歌山県とか三重県って、その近く、あと数駅で行ける、というところに今年、何回か行っていたり、その県へ行く列車を目の前で見たりということが何回もあるんですが、実は実際、足を踏み入れていたのは前世紀の話なんです。とりあえず、このへんは今年中には行っておきたいなと思いました。

 あと、私の頭の中での国土軸が北海道-青森-秋田-新潟-富山-石川-福井-滋賀-京都-大阪-兵庫-岡山-広島-山口-福岡-佐賀-長崎となっていまして、これらに該当する道府県と、それ以外の都県とでは行く頻度が全く違ってしまうということ。岐阜・長野あたりはちょこっと行くこともあるんですが、それ以外は極端に頻度が落ちます。
 例えば、上記の「国土軸」と、「X」の字では対局になる山陰-東海-東北の太平洋側という連なりになると、最近行っていないという感じでして、静岡県・福島県・宮城県あたりがちょっと悲惨なことになってしまっています。(多分、太平洋側の人になると、これらって通るだけならしょっちゅう、となると思うんですけどね)

 で、何となく行きたいなと思っているのが山陰だったり、仙台だったり、郡山だったり、高知だったり、というものと同時に、やっぱり上記の「軸」にも行きたくなるという感じです。

 ということで、ちょっと長くなりました。さっと書いて寝ようと思っていたんですが…。

| | コメント (0)

2006年5月15日 (月)

今日も重い…

 書こうと思うことを考えていたんですが、「記事の作成」画面に到達するために恐ろしいぐらい時間がかかっております。

 ということで、また書き込みに恐ろしい時間がかかりそうなんで、今日はここまでで終わります。これもアップできるかな?

 なお、気が向いたら追加するかも知れませんが、明日の話です。

 風邪も、咳・鼻は出るものの、意識は正常になってきました。

| | コメント (0)

2006年5月14日 (日)

更新しました(第409版)

 今回の追加駅…伯備線 豪渓日羽美袋の各駅

 なんか、今日の追加駅、読み方が難しい駅が多いですが、ともかくこの3駅です。

 何となく、載っている写真、木の部分がちょっとぼけている(つまり、画像圧縮の関係でこうなるんです)のが気になるんですが、かといって、画質を上げると容量が増えてしまいますし、ちょっと困っているところです。

 なお、掲載する写真については、1枚ずつ圧縮しているのではなく、その時掲載する写真をまとめて圧縮しています。1枚ずつ様子を見て圧縮をする、ということは、更新にかける時間を考えると不可能ですのでご了承下さい。(集中してやると、40分ぐらいで更新の用意をやっているんです。)

 

| | コメント (0)

2006年5月13日 (土)

1週間前である3日目

 ということで、何となく薬の力で風邪の諸症状は抑えられているんで、今のうちに途中になっていた先週の土曜日の旅行記を書いておきましょう。てか、今日もそのクリニック(一般的には医院、医療法上は「診療所」)へ行ったんですが、完全に行く目的が変わっているというかなんというか…。

 で、時刻は省略しますが、その3日目、ともかく朝起きまして、路面電車で岡山駅前へ。そして、岡山駅から倉敷駅へ。多分、岡山県に親戚も友人もなく、学校も無関係、仕事も無関係というのに、これだけ岡山-倉敷間を激しく往復している石川県民も珍しいのではないかと思いながら、倉敷へ。

 そうして、水島臨海鉄道の続き。まずは一駅で「球場前」駅へ。次の列車でその隣の「西富井」へ。西富井で交換になることが多いため、「戻って時間を稼ぐ方式」はつかえなかったのです。

 西富井から歩いて福井駅へ。この日一駅めの福井駅です。この日二駅目の「福井駅」はどこか、ご想像できると思いますんで省略。そして、この「福井駅」から、列車で一駅で浦田。ということで、水島臨海鉄道の全駅が完成しました。(この時点で9時30分)

 そうして、倉敷市駅へ戻り、倉敷から一気に大多羅駅へ(この時点で11時10分)。列車の運転間隔である30分間滞在し、西大寺駅へ。この駅で交換になるため、やっぱり運転間隔である30分の滞在。そして、西片上へ行き、伊部へ戻ります。長船を過ぎているため、1時間間隔でありまして、この「戻る方式」を使っても、30分近く、滞在してしまうわけです。

 そして、伊里駅ではどうにもならず1時間滞在。このまま日生で1時間滞在して、あとはどこも寄らずに、播州赤穂から新快速、とやっていくと、普通列車乗り継ぎで金沢まで帰れるなという計算をしておりました。そして、次は日生駅。

 ここも1時間滞在、の予定だったんですが、町をウロウロしておりまして、「港の見える丘公園」なる看板があり、そのまま登っていきました。

 下調べをしていない、というのは恐ろしいもので、ちょっとした登山になってしまいまして、頂上へ。なお、そこで撮った写真が、今、サイトのトップページにもなっています。

 結局、その山から走って降りれば1時間後の列車に乗れたんですが、とりあえずゆっくりと眺めて、そして下山。降りた港で佇んでいるうちに、1時間後の列車は行ってしまいました。

 足に水ぶくれがあるくせに、歩いて登ったら、さらにその水ぶくれがふくらんでいるという始末。ともかく、駅へ戻り、ちょっとだけおみやげを物色し、大阪から金沢までの自由席特急券も買い、しばらくホームに佇んで、結局日生に2時間いたのでした。

 ということで、赤穂線は日生で終了。西相生-寒河間は、「周遊きっぷ」の範囲外でもあるんで、18きっぷにするか、普通のきっぷをちまちま買うか(長距離のきっぷで一駅ずつ降りる、といっても、運転間隔を考えると、天和・備前福河・寒河に関しては、戻りつつ進めなければならない)ということになるわけでして、これはまた今度の話。

 播州赤穂から新快速に乗り、列車から新しい姫路駅を見て、大阪へ。それにしても、新快速電車、各駅ごとに感じされた「殺伐とした雰囲気」は、見事になくなっていました。なんか、別の列車に乗っているようでした。着いたすぐに「ドア閉めまーす」とか、そういうことがなくなっているんですね。

 大阪駅で、北陸特急のホームへ行きますと、どうも臨時のサンダーバードの乗車位置が変わっているとのこと。事情はその時書いたんで省略しますが、実は案内された乗車位置がさらに変わったりといろいろとあったのですが、まあ、個人的には楽しかったです。

 ということが1週間前の話でした。

| | コメント (0)

2006年5月12日 (金)

5年ぶりの欠勤

 岩手県ではインフルエンザが流行しているそうで。

 ということで、昨日と似たようなお話ですが、朝起きますと、やっぱりだるい。ということで、多分10年ぶりぐらいで、「風邪で医者へ行く」ということをやってしまいました。

 てか、前に風邪で行った医者って、今はもう無かったりしまして、そういえばこんなときって、どこへ行けばいいんやろ、と思いまして、結局行ったのが、5年前、腹部にできたできものを取ってもらった、外科が得意な町医者。

 そういえば、その間に行った医者って、歯医者か皮膚科だけ(あと、仕事で小児科と産婦人科ね)なんです。ということで、実はどこへ行っていいか、すぐには思いつかなかったという始末。

 ともかく、出勤前に、ちょっと遅れていくことにし、まずは医者へ。風邪の方の診察は終わりまして、5年前のカルテ(診察券はちゃんと持っていたんです)を見つつ、腹部の手術跡も見ていただいたり。

 で、私の首の下(大分類は胸部)って、小さいイボのような物が多くありまして、その5年前の時に1~2個取ってもらっていたんです。で、続きはまた来てもらえたら、ということだったのですが、そのまま5年間の月日が流れ…。で、今回、せっかくなんで、ということで取ってもらうことにしました。

 いやこれって不急不要なんですが、特に2~3個、サウナにはいるとかさかさになって痛いというものがありまして、気にはなっていたんです。

 ちょっと引っ張って、手術糸をくくりつけ、縛る。で、これを置いておくと自然に落ちていくらしいです。

 いくつかはこれで取ってもらい、残りは明日、レーザーで取るらしいです。

 それで、大きなものの関係で、化膿止めの点滴を打つことに。で、この点滴、化膿止め=炎症止め、ということで、風邪にも効くとか何とかで、風邪の治療も兼ねたらしいですが…。

 で、結局、なんのために医者に行ったかよく分からん状況になっていましたが、多分、これだけのために医者に行くということは、私の性格上、なかったことなんで、いい機会だったかも知れません。

 そうして、車を運転しつつ会社へ。道中、やっぱりだるさが強くなり、会社へ着いたものの、机の上にあった請求書数件振り込んで、現金の入金の確認だけをして、12時前には帰ることにしました。(間違えていなければいいんですが…)

 ということで、前職から現職の間に、隙間を作らなかったこともありまして、実は代休を除き、会社を休んだ(遅刻・早退も含む)って、5年ぶりの話なんです。風邪で医者へ行くのも10年ぶり。熱はないんですが、やっぱり風邪の症状に弱くなっているようです。(前は38度の熱があっても、普通にしゃべっていたんですけどね)

| | コメント (0)

2006年5月11日 (木)

今日は風邪のため

 ということで、昨日書きましたとおり、月曜日にある人に風邪をうつされまして、火曜日から風邪です。今日は早退、いや、定時に近い時間に帰ってきまして、今からとりあえず寝ます。熱はありませんが、37度以下というだけで、平熱よりはあります。

 どうも、「健康そうな顔」をしているらしく、「言われな分からんわ」ということらしいです。さらに、熱ではないんですが、熱っぽくなって、顔が赤くなると、どうも、日焼けをしたばかりのように、さらに健康的な顔になってしまうという始末。

 という余計なことはおいといて、ともかく休みます。なお、この書き込みに対するコメントは不要ですので、コメントは受け付けない設定にしておきます。

| | コメント (0)

2006年5月10日 (水)

更新しました(第408版)

 今回の追加駅…桜井線金橋駅 伯備線の清音総社の各駅。

 ということで、残り一駅で桜井線は完成。そうして残り2駅ですが、法則どおりですと、吉備線となるわけですが、そうすると総社駅の扱いが非常にややこしくなるため、先に、伯備線の倉敷-新見間を先にやってしまいます。ということで、先日の取材分を、もう出してしまうのでした。

 ということなのですが、ちょっと風邪のため(うつした人も、その時期も特定できているんですが)体調が悪い中で、更新を中止しようかと思いながら、どうにかできたのでした。そのため、隣駅の表示の間違いや、リンクのミスなど、大勢に影響のない細かいミスがあるかも知れませんが、次回更新で修正されそうなものについては、その指摘については極力ご遠慮いただきますようお願いいたします。

| | コメント (0)

2006年5月 9日 (火)

そして2日目

 ひょっとして、このやり方、ブログのネタ、ということから考えるとすごく便利なんでなかろうかと思う今日この頃。ともかく、2日目です。

●5月5日(金)

 大雲寺前電停…岡山駅前電停、【岡山】8:16発-(普通)→【日羽】8:54着、9:13発-(普通)→【豪渓】9:17着、9:33発-(普通)→【備中広瀬】9:48着、10:00発-(普通)→【美袋】10:06着、10:50発-(普通)→【石蟹】11:31着、11:56発-(普通)→【方谷】12:09着、12:54発-(普通)→【新見】13:13着、13:21発-(普通)→【備中川面】13:57着、14:07発-(普通)→【井倉】14:20着、14:50発-(普通)→【木野山】15:09着、16:13発-(普通)→【備中高梁…停車中】16:18着、16:30発-(普通)→【倉敷】17:03着、【倉敷市】17:36発-(普通)→【水島】17:59着…徒歩で、常磐・栄・弥生の各駅…【弥生】18:41発-(普通)→【倉敷市】18:57着、【倉敷】19:02発-(普通)→【岡山】19:19着、岡山駅前電停…大雲寺前電停

 と、この日の分は、この「区間全駅」の旅行記としては珍しく、時刻を復元してみました。

 というわけでして、この日、何をしようか考えていなかったんです。ともかく、吉備線で総社まで来たんで、それを「区間全駅」として、倉敷まで繋げたい、ということで、その前の日に繋いでいるわけなんですが、それだと中途半端になるんで、備中高梁まで繋げようか、と考えていました。

 そのつもりで、岡山を出たわけです。ちなみに、岡山では、駅へ行ってみるとすぐに伯備線の列車がありまして、朝食を調達する暇すらなく。ということで、空腹のまま、日羽・豪渓・備中広瀬と行きまして、美袋でようやく商店を見つけまして、そこでパンを買うことができました。実はこれを買えなかったら、昼食も危うくなるんで、こんな動きできなかったんです。

 ということで、美袋のあと、いきなり石蟹に飛んでいますが、当初の考えでは、備中高梁で降りてしまうつもりだったんです。美袋でパンを買えたからこそ、石蟹へ行けたのでした。

 で、多分、備中高梁でやめていたら、多分、鷲羽山で瀬戸大橋を眺めていたか、福山へ行って、鞆の浦へ行っていたと思います。この2ヶ所、いずれ行きたいと思っているんで、これはまたの機会に。

 そのあとは、当日の書き込みにも書いたとおり、山の中を行ったり来たり。曲線が多く、実はこの路線、酔ってしまうことがあるというか、最初に乗ったときは夜行列車明けだったんで、疲れたまま乗ったため、酔ったんですが、今回も何となくそれに近い状態になりつつありました。ということで、木野山駅での1時間を超える休憩、実は非常にありがたいものでした。で、実は、この時、当日の書き込みのコメントにもあったとおり、リンク先のkeiさんと同じ駅にいたわけなんです。

 そうして、ほんとは備中高梁で降りて、そのあと特急に乗り、「周遊きっぷゾーン券」をフル活用しようかと思ったんですが、停車時間がいい感じだったため、そのまま同じ列車で倉敷へ。

 そうして、なぜか前回、とりあえず乗った水島臨海鉄道へ。三菱自工前駅は1月に撮ってあったので、今回は水島で下車。ここから、弥生までの各駅は、高架の上に、短い駅間距離で並んでいるため、歩いて各駅を訪れました。そろそろ暗くなり、厳しくなってきたんで、この日は弥生で終了。続きは翌日、ということにしました。

 で、岡山駅で夕食。またカレーというのも何ですし、ひょっとしてこの日、美袋駅近くで買ったパンしか食べていないことに気づきました。2階から1階をウロウロすると「喫茶・軽食」なんてあるんですが、いや、今は「重い食」を食べたい気分やし、と思って、結局、1階の奥の方にある食堂で、和風ステーキ定食を。

 そうして、昨日と同じ、いや、今年3回目となるカプセルホテルで宿泊。泊まったカプセルは、昨日の斜め前の隣だったのでした。

 なお、明日は定例により「平日更新」を行った場合、「更新しました」の書き込みになりますので、その場合、続きは明後日となります。

| | コメント (0)

2006年5月 8日 (月)

とりあえず1日目だけ

 びっちりと3日分、先日の岡山への旅行記を書こうかと思ったんですが、今日は遅くなったため、1日目だけ。多分、明日も遅くなると思うんで、こんな感じに2日目だけになると思います。それでは。

 ●5月4日(木)

 【金沢】8:10発-(雷鳥12)→【新大阪】11:01着、11:15発-(こだま653)→【岡山】12:32着。

 で、結局、ものすごく早く起きるということもなく、普通に金沢を出ました。その前の日の「日記」として書いたとおり、3日はちょっと体調が悪く、どうなるかなとも思ったんですが、一応出ました。ほんとは、車で青森、ということも考えていたんですが、多分、実際にやっていたら大変なことになっていたかも知れません。
 ものすごく混むかなと思ったんですが、5分前にサンダーバードが出ていますし、金沢発の段階で、乗った車両は10人ぐらい。結局、敦賀を出ても、2席一緒に空いている、というところがちらほらとあるぐらいでした。
 その5分前のサンダーバードが、津幡付近で遅れた関係で、こちらも遅れまして、新大阪着の段階で11時12分ぐらい。

 えっとですね。新大阪駅、3分間での乗換、というものに成功してしまいました。まあ、20番のりば、という場所も階段も完璧に分かっていたこともあるんですが、「ドアが閉まります」といってから、ちょっと何かがあって、ドアを閉めていない時間がちょっとありまして、その隙に乗れたという次第です。
 いや、実はその「こだま」に乗り遅れて、あとの「のぞみ」に乗った方が、早く岡山に着いて、しかも、もう1本前の吉備線に乗れたわけなんですが…。
 とりあえず、新神戸まで、ハアハア言いながら、その後は落ち着いて、ゆったりしたシートで、岡山に着いたわけです。

 そうして、

 【岡山】12:54発-(普通)→【備前三門】12:58着、13:34発-(普通)→【大安寺】13:38着、14:07発…と、書いていると疲れるので省略しますが、大安寺駅で交換になる関係上、戻りながら時間を節約することができず、備前三門・大安寺は運転間隔と同じ30分間の滞在。備前一宮も30分の滞在ですが、ちょっとだけ吉備津彦神社へ行ってきました。

 そして、その次の吉備津。ここでは、吉備津神社へ行きまして、列車も1本見送り、1時間の滞在。吉備線、結構見どころがありまして、下手をすれば各駅ごとに何らかの観光ができてしまうという路線なんですね。何となく、「山が近い奈良」という雰囲気でして、何となく、明日香村とか、そのあたりの雰囲気がありつつも、風景はちょっと違った独特なものでした。ほんと、そのうち駅とは関係なく、純粋に観光で行ってみたいところでもあります。

 そのあとは、岡山駅での案内で、「(四国)高松」ではない方の「高松」である(と自分では思っている)備中高松。そこでも30分間の滞在。そのあと、足守・服部に関しては、吉備津での遅れを取り戻すため、備中高松→服部→足守の順に動き、2駅+両者間の移動時間を合わせて30分、という感じにしました。そうして、東総社では30分。(ここで書き込みをしました)総社に至る、という次第です。

 実は、この段階で、今回、岡山へ行った目的を果たしてしまったようなもので…。

 そのあとですが、日も落ちてきつつあったため、清音だけ行きまして、そして一気に岡山へ。
 岡山駅、工事中でして、いつも行く中華料理屋さん、なくなっていました。この前の1月はあったんですけどね。いつも行く、ということは裏を返すと他を知らないというわけで、となると、食料難民になってしまうのですね。
 結局、カレーを食べまして、路面電車に乗り、いつも泊まるカプセルホテルへ。

ということで、2日目は、多分明日になりますが、もっと時間がなかったら、別のネタを書きます。

| | コメント (0)

2006年5月 7日 (日)

更新しました(第407版)

 今回の追加駅…桜井線 三輪桜井香久山畝傍の各駅。

 ということで、今回は平日更新がなかったため、定例どおり4駅の追加とさせていただいております。てか、あと金橋駅で桜井線が完成してしまうなら、5駅追加すればいいのにしないのが、今のこのサイトの特色でもあります。

 といっても、在庫が増えてきています。「取材済・未掲載」に掲げた路線の他にも、「ここはかつて駅でした」として、のと鉄道能登線もありまして、「区間全駅」以外にも在庫はあるのです。また、季節もよくなってきたので、増えてくると思います。

 あと、トップページの画像が、昨日撮ったもの。日生で、ちょっとした山登りをした結果でもあります。デジカメが新しくなっていますが、サイト掲載用にかなり圧縮をしているため、見た目は旧デジカメと変わらないですね。

 それと、リンク集、1件削除してあります。(1年以上更新がないというグループの中。)サイトの内容が全く違う物に変わりましたので、リンク集からは削除させていただきました。

| | コメント (2)

2006年5月 6日 (土)

戻ってきました

 何となくこのタイトル、昔よく掲示板で使っていたような気がします。とりあえず題名の通り、帰ってきました。22:04金沢着の臨時サンダーバードという名の急行能登の車両です。(折り返しの列車の不具合とかで。単純に自由席が1両増えたんでめでたしめでたし。)金沢到着時、ボンネットの車両が同じホームに並びました。(急行能登)今晩は金沢駅乗換で、489系を使って大阪から上野まで移動できる日なんですね。
 ちなみに、臨時サンダーバードは、ごく一部を除いて雷鳥と同じ所要時間で走っているようなので、遅れは全くありませんでした。

 本来ならば、旅行記を書くんですが、遅くなりましたので、一連の今日の速報的な書き込みのみとさせていただきます。明日は「更新しました」の書き込みになりますので、旅行記は月曜日以降とさせていただきます。

 昨日、木野山駅から書き込んだあと、伯備線の倉敷-新見間が終了。そして、倉敷へ行き、水島臨海鉄道の弥生-水島間。暗くなってきたので岡山へ戻り、前日と同じカプセルホテルに泊。

 今日は起きてから、水島臨海鉄道の球場前-浦田間。(ちなみに、三菱自工前駅のみ、1月に取材しておりました)そして、赤穂線の東岡山(大多羅)-日生間のうち、1月に撮っていなかった駅、という感じです。

 ということで、詳しい経緯は先ほども書きましたとおり月曜日以降で。

 そういえば今回乗った列車、今日の播州赤穂-大阪間の新快速電車を除いて、全て昭和生まれの車両でした。(旧マリンライナー車を昭和生まれとみなします)

| | コメント (0)

2006年5月 5日 (金)

木野山駅にて

 そういえば、吉備線の取材をするのはいいが、総社から倉敷を、どういう名目でつなげるよ、ということになり、伯備線の倉敷ー備中高梁ということをやろうか、と思ってやっておりました。
 で、なんか、もっとできそう、ということで、新見まで行ってしまったのでした。
 この、倉敷ー新見間は、あと備中高梁駅で終わり。さっきから山の中を行ったり来たりしていたんで、1時間ほど、休憩です。

| | コメント (4)

2006年5月 4日 (木)

東総社駅にて

 ということで、雷鳥とこだまで、マッタリと岡山へ。
 吉備線の各駅を訪れ、この駅です。
 吉備線、観光になってしまう恐れがあります。一応、駅から歩ける吉備津彦神社と、吉備津神社へ。
 ということで、詳しいことは帰宅後に。

| | コメント (0)

2006年5月 3日 (水)

今日は…

 ほんとの予定では、今頃関西か、岡山から携帯でブログを書いているはずだったんです。で、今は、家におります。いつものPCで打っております。

 もともと、このGW、5月6日土曜日は休みかどうか分からなかったんで(勤務表による)、ともかく、5月2日の夜に寝台特急で青森・函館方面へ行き、ともかく5月6日の朝に帰ってこようかなという感じで考えていたんです。(結局、5月6日は休みです)

 ところが、親が四国へ行きたいと言い出しまして、昨年のこのGWも、長崎県の父親の実家へ行く途中に、一緒に尾道とか宮島に寄ったりしていたり(そして、父親の実家に私は1日だけいて、そのあとは単独行動で博多-長崎間の駅の取材をしていた)、その前の年のGWは、北海道にある母親の実家へ行くときに、現地で会って、現地で解散したりと、完全ではないのですが、近年、GWに限り親の予定に合わせてみるようになってきているんですね。

 ということで、ともかく、親は1泊2日で大阪・岡山・琴平方面、という感じなんで、2日目の岡山から帰る直前までは同行しようかなと思っていたわけです。(そしてそのあとは日程の許す限り、いつもの通りの単独行動で)

 で、なんか、直前まで父親の休みが決まらず、予定が合わないなら、車で青森へ行こうかなと思っていたりもしていたんですが、なんとか、今日あたりから休みが合うらしい、ということになってきて、そうしているうちに妹も行くとかという話になり、先日月曜日の夜に、ネット上で、一瞬出てきたビジネスホテルの空きを、2軒で3人分(つまり、私以外の3人ね)おさえたんです。

 といっているうちに、火曜日の朝、やっぱり大阪にしとこうかという話になり、きっぷは直前まで買わないことにしていたんですが、昨日の夜、結局、四国や岡山やら大阪へは家族で行かないことになりまして(経緯は省略しますんで、この件についてはコメント不要です。はい。)、結局、私だけ、岡山方面へ行くことになったんです。

 一応、私の分だけ、5月3日出発の、周遊きっぷ「岡山・倉敷ゾーン」と、行きの大阪までの自由席特急券を用意してあったのでした。

 ともかく、このゾーン券を買うのは、今年2回目なんですが、季節もよくなってきて、吉備線なんかが頭をよぎっております。また、前回とは違う感じでまわってこようかと思っております。

 で、今日の朝。何となく頭が痛いし、と思っていると、何やら、能登町(旧内浦町)まで、海洋深層水を買いに行くとか言い出しまして、まあ、岡山へいって3泊というのも、多分同じカプセルホテルで、しかも今年の1月に泊まっているところになるし、どうなんかなとも思っていたんで、ついていくことに、いや、運転して行くことにしました。

 何となく、最近、能登有料道路を運転する頻度が高いんです。しかも、今回、家族を道連れにして、比良駅(跡。以下省略)付近から、鵜川駅付近まで、海沿いの、細い県道を通りました。これも何か、最近、妙に通る機会の多いところです。ただ、違うところは、いつもは軽自動車なのに、今日は普通車だったということ。

 そういうところを通りつつ、旧内浦町小木へ。祭りの最中だったんですが、メインとなる時間帯の少し前だったんで、ともかく水を汲むことはできました。

 で、朝起きたときの頭痛。これに、自分で車を運転していたくせに、車酔いが加わって、この時点で、運転不能の状態に。いつもと車が違うため、揺れとか匂いも影響はしているんですが…。ということで、これ以降は、後部座席で、半分車酔いの状態になりつつ、いくつかまわって(旅行記でないんで省略)帰ってきたのでした。

 そうして帰ってきてから、金沢駅へ行って、大阪までの自由席特急券を、金沢→新大阪、新大阪→岡山の自由席特急券に変更して、うちの近くの温泉に入り今に至るという次第です。

 ということで、今週の「平日更新」はありません。(水曜日ですが、祝日なんで、「平日」ではありませんが)多分、土曜日の夜に帰ってきて、日曜日に更新をするという流れになると思います。

 また、このブログに関しては、携帯から書き込みができるので、なるべく一言ぐらいは書き込みたいなと思っているんですが、コメント等の確認は一切できません(というか、しません)ので、それに対するレスは、出かけている間は行いませんのでご了承下さい。

 と言っているのに、明日の夜も家にいたりして…。

| | コメント (0)

2006年5月 2日 (火)

隣の町を駅名にすると

 この話、何回か、「掲示板」(現在は運営をしていません)に書いていたんですが、ちょっと、まとめというか、残しておく意味で書いておきます。

 一応、北陸3県を見渡すと、時折、隣の町名(市町村という意味での町)を駅名にしていた(過去形)駅があります。

 一応、ここに挙げるのは合併前の旧市町村名で書いてあります。

 丸岡駅…福井県坂井郡丸岡町ではなく、隣の坂井郡坂井町にある。
 寺井駅…石川県能美郡寺井町ではなく、隣の能美郡根上町にある
 越中大門駅…富山県射水郡大門町ではなく、隣の射水郡大島町にある。

 という感じです。なお、芦原温泉駅も、坂井郡芦原町ではなく、坂井郡金津町にあるんですが、これは、金津駅から改称したという経緯があるため、省略。(ただ、これも両方の町が「あわら市」になっているんで、以下のことに該当するんです)

 うち、丸岡駅と寺井駅については、かつては、隣町にある国鉄の駅から、駅名の町まで、私鉄が通じていたという共通点もあります。

 で、これらの駅と、その駅名の町、市町村合併により同じ市になってしまったんです。
 丸岡駅…福井県坂井市
 寺井駅…石川県能美市
 越中大門駅…富山県射水市

というか、この3駅のある市、いずれも旧郡名を市名にしているという共通点もあることに、今気づいたんですが、ともかく、「隣の町を駅名にしています」という状態ではなくなってしまったんですね。

 で、ちょっと前に、合併により消えた市町村名を、駅名などで残して大事にして欲しいな、ということを書いたんですが、実はこの場合、残すとややこしくなるんですね。旧市町村名を知らない世代(「昭和の大合併前の市町村名を知らない」ということと似たようなもので…)になると、「寺井駅」があるところが「寺井」ではなく「根上」で、ほんとの寺井は能美市寺井町をはじめとした、寺井駅とは違うあたりなんや、ということを分かってもらえるのかなということを今から心配してみたりしています。

 たしかに、寺井にせよ丸岡にせよ、多分、今その名前の駅があるところが、寺井や丸岡ではない、ということは地元にいると分かるんですが、将来、どうなるのかなと。越中大門を除いて、新しい市名でも(特に丸岡駅があるところは、旧町名と一致するんで…)いいのかなと思ってみたりしています。

 まあ、これで分かるのが、隣の町の駅名を、長年にわたり抱えていた町って、今回のようなことがあると合併の話もスムーズなんかなということも感じました。(ただし、坂井町の場合は、ちょっと複雑な経緯があったようですが)

 

| | コメント (0)

2006年5月 1日 (月)

デジカメを買いました

 といっても昨日の話なんですが、先日の旅行記に書いたとおり、4年間、何駅か分からないぐらい撮ってきた今のデジカメ、ちょっと不調なため、完全に壊れる前に、新しいデジカメを買ってしまいました。

 で、日曜日の夕食後、某量販店で見ていたんですが、条件

1.一眼レフでなく、小さめのやつで、普通の電池で動くやつ
2.画素数は求めない
3.光学ズームは大きめ

 という感じだったんです。

 で、結局、キャノンのやつで、今持っているデジカメより若干小さめ(ただし電池式なので、ちょっと出っ張りがあったりするし、さほど小さくもない)のものを買いました。

 今のデジカメ、画素数が多いし、メディアを大きめにしても枚数が撮れないし、不便、と思いつつ、512MBのものを2枚買ってみたりしたんですが、実は、画質を落とすとものすごい枚数になるんですね。サイトに載せるため程度なら、結構な枚数を撮ることができます。

 まあ、同じようなもので反応の早い方を選んだんで、ちょっと使ってみたところ快調でした。

 ところで、お値段なんですが、一応、2万円を切っています。メディアは、1枚ならポイントで買えたんですが、2枚あるため、過去のポイントを使いました。ということで、2万円未満のお買い物でした。

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »