« 信号の微調整 | トップページ | 箸2膳 »

2006年6月30日 (金)

入金したらすぐ落ちていく・・・

 お付き合いやら、その他いろいろな関係で、個人的に、普通預金の通帳だけはやたらとあるんですけど(普通預金で、10件かな~)、まあ、それだけを日常的に動かすことは、業務としてやっていても相当きついわけで、結局、今、日常的に動いているのは1件だけ、1ヶ月に1件以上動きがあるのはもう3件ぐらいかなというところです。(あとは、後ろに定期預金だけあったり、ほんとに全く動いていなかったり)まあ、他に貯蓄預金やら、定期積金もあるわけで。

 で、メインバンクは何度も書いているように某信用金庫。それとは別に、今住んでいる家を建てるときに非常にお世話になった別の信用金庫がありまして、ちょっと支店が遠いこともあり、メインバンクにはできないのですが、御礼の意味もありまして、今でも定期預金と定期積金だけはさせていただいているわけです。信用金庫というものは、銀行と違い、定期積金が「主力商品」という側面もあり、投信とか外貨預金で手数料稼ぎをしている「銀行」と違って、好感が持てる部分でもあるわけです。そういうことで、何やかんやと、銀行には口座はあっても、全く動かさず(てか、残もおいていないんですが)、信用金庫とお付き合いしているというのも、そういうことがあるかも知れません。

 まあ、定期預金やら定期積金をしたときの粗品で考えると、今のメインバンクは非常に好感がもてるんですが(笑)。

 で、そのメインでない方の信用金庫、普段は定期積金以外の動きがないため、残があればほったらかしてあるんですが、よく考えると今日は引落日。しかも、あっ、残がない。ということで、この信用金庫、最近、金沢市内の小さな信用金庫と合併して、能登地方(主に七尾・羽咋)だけでなく、金沢市内にも支店が増えたこともあり(と書くと、分かる人には分かりますね)、会社から遠からず、近からずという支店に入金をしに。

 一応、ATMは8時45分から開くわけなんですが、到着が8時40分頃。朝から、お金を入れるために、朝一番に信用金庫の前に佇む人、一人・・・。

 で、8時47分頃、シャッターが開きまして、入金。どうにか引き落ちる残+αになりました。そうして、入金が記帳された通帳が出てきました。いつ引き落ちるのかなと。経験的には(会社の通帳なんかを見て)、定期積金なんて、真っ先に引き落とされるものなんです。すぐに、出てきた通帳を再度ATMに入れ「記帳」すると・・・。見事に今日引き落とされる定期積金が落ちていっていました。

 以前、某銀行で生命保険だけ落ちる通帳(いろんな経緯があって、そうなったんです。今はメインバンクに集約しました。)に、引落日、お金が入っていないことに気づき、夜の8時にお金を入れて、その入金も含め、何行も記帳されている間に、落ちていったようで、入金のあとにすぐ引き落とされていた、ということがあったんですが、どうも自動引落って、その日一日、落ちなかったらお待ちいただいているみたいなんです。

 インターネットをみていると、ネットバンクの場合は1日2回、処理時刻があり、その時に残がなかったら終わりみたいですが、リアルの銀行(という表現は?)の場合は、どうもそうでもないらしいと。

 まあ、引落当日でも、ダメ元でとにかく入れてみた方がいいのかも知れません。なお、後日の面倒なことを避けるために、前日までに入れておいた方がいいのは確かなんですが。

 

|

« 信号の微調整 | トップページ | 箸2膳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。