« 更新しました(第430版) | トップページ | 主要駅とは »

2006年7月27日 (木)

最寄駅、と言われてもね・・・

 某、コーヒー屋さんのサイトで各店舗、最寄り駅からの交通手段が書かれていて、しかも、その最寄り駅の路線ごとに検索できたりもします。それとか、最近流行っている迷惑メールで「最寄駅から1時間以内!無料紹介・・・」と。

 何となく前にもそんなこと書いたと思うんですが、「最寄駅」が重要視されたり、「○○線沿線」という言葉が重要になってくるのは、ほんと、大都市だけのような気がするんですね。

 例えば、金沢市内で、北陸鉄道が走っている一部地域を除いて、最寄り駅が森本・東金沢・金沢・西金沢のどれになるのかって、実際、ほとんど意味をなさないことが多いのかも知れません。「最寄り駅金沢」となる地域って、金石や金沢港から、金沢中心部の香林坊・片町、そして、兼六園を抜け、小立野、さらには湯涌温泉、そして富山県南砺市との境界までずーっとそうですし(片町は野町駅が近いやろということはおいといて)、実際、私が通勤やらで動く範囲って、全部「最寄り駅金沢」なんです。(というか、最寄り駅に着く前に会社に着いてしまう)

 ということで、実際、日常生活に列車を使わないのは何も本数が少ないからではなく、使う機会がないんですね。強いて使おうとすると、V字型の移動になったりします。ということで、大阪や東京へ行くときは別として、日常的に列車を使う機会がある人って、地方では限られてくるのです。意外と、列車が使える中距離(小松やら両隣の県)へ行くにしても、実は最寄り駅まで行くのがネックで、その間に車なら下手すりゃ目的地に着いてしまうのです。

 金沢市内ですらそういう調子ですので、能登や白山麓なんかに至ってはもう、大変なところが多いです。のと鉄道の多くが廃止されたことで「最寄り駅が穴水」という地域がものすごく広くなってしまいました。

 ただし金沢市の場合は、北陸鉄道を除いて、支線などの鉄道網が発達しておらず、新潟・富山・福井の各市とは感覚が違うのかも知れません。

 そんなところに「最寄駅から1時間以内!無料紹介」と言われても、まず最寄り駅に行くために30分とかかかる世界なんで、そこから逆方向に1時間となると、1時間半ですね。地域によっては、「最寄り駅から1時間以内」に自分がいなかったりします。

 ということで、駅やら電車に対する感覚って、ほんと地方では大都市とは大きく違うと思います。ですから、人口の割に、北陸本線の普通列車の車両が貧弱でも捌ききれるのはそういう理由もあるんでしょうね。

|

« 更新しました(第430版) | トップページ | 主要駅とは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。