« 水を飲む | トップページ | 日帰旅行記:直江津-妙高高原間 »

2006年8月 6日 (日)

更新しました(第433版)

 今回の追加駅…篠ノ井線 松本南松本村井広丘の各駅。

 ということで、昨日もちらっと書きましたが「更新予定」を書いた際、村井駅が抜けていた関係上、それも追加して、予定通りの更新としたため、4駅となりました。まあ、そんなに意地になって予定通り追加する必要もないんですけどね・・・。

 ちょっと松本駅は、うまく行っていません。ある程度規模以上の駅って私の場合、ちょっと苦手なんですね。どちらかというと無人駅の方がまとめやすいんです。そうして、工事中であることで、うまくとらえることができませんでした。

 で、「区間全駅」トップページ下部にちょこっと追加したとおり、今日もどこかへ行っております。最遠到達駅は妙高高原駅。ほんとは信越本線直江津-長野間、という切り方にしたかったんですが、1ヶ月のうちに黒姫駅以遠に行くことがなければ、信越本線 直江津-妙高高原間という切り方をしたいと思います。(ちょうど県境・支社境でよかったのかも知れません。)詳しいことは明日以降の1日分のネタとさせてください。

|

« 水を飲む | トップページ | 日帰旅行記:直江津-妙高高原間 »

コメント

信越本線へさらに、進入されましたか。新潟広しといえども、次に、完全取材完了となるのは、新潟県だったりして・・・。

投稿: あいうえお | 2006年8月 7日 (月) 10時44分

松本ですか。上高地への玄関口ですね。
松本には行ったことないのですが、観光と交通の要衝といった
感じがします。

投稿: 近藤 | 2006年8月 7日 (月) 14時15分

>あいうえおさん
 新潟県の場合は、私鉄(第三セクターを除く)がない分、やりやすいのかも知れません。一応、弥彦線・越後線・北越急行・上越線の六日町-越後湯沢あたりはそのうちにと思っております。ただし、磐越西線・只見線の存在がある以上は県内全駅は難しいのかなと思っています。
 富山県の場合は、黒部峡谷鉄道を考えなければ、ゴールが近いんです。もっとも、黒部峡谷鉄道も、「乗降扱いをする」と定義すれば3駅でいいんで、逆にやりやすいのかも知れません。

>近藤さん
 北陸からみたら、上高地へは神岡方面から・・・。
 それはそうと、長野市と張り合っている歴史的経緯もあり、かなり大きな町です。

投稿: 川口@区間全駅 | 2006年8月 7日 (月) 22時55分

この記事へのコメントは終了しました。

« 水を飲む | トップページ | 日帰旅行記:直江津-妙高高原間 »