« 更新しました(第436版) | トップページ | 更新しました(第437版) »

2006年8月17日 (木)

そうして補足的に

 8月12日~14日までの分の旅行記、一昨日は日程と、「駅の取材」の概要だけ並べましたので、今回は補足的にちょこちょこと書いていきます。

●北陸本線のダイヤ混乱
 8月12日、朝は天気がよかったのに、急に雨が降って、数時間後、また晴れたという始末。これは仕事中の話なんですが、局地的に結構な雨になっていたらしく、石川・富山県境などで徐行・抑止の状態だったようです。
 そのため、サンダーバードや、名古屋行きしらさぎなど、富山へ行く特急を中心にダイヤが乱れておりまして、金沢始発の臨時サンダーバードが先にでていく始末。何も知らずに駅へ行ったんですが、ともかく、ホームはちょっと混乱していました。
 で、乗る列車は金沢始発だったため、ホームの空きや、特急の先行などのために15分遅れただけだったんですが、富山方面からの直通だと、大変なことになっていたかも知れません。
 乗ってから、各駅で、ホームが満員で、金沢駅に入れない列車(福井方面→金沢方面)がそれぞれ停車中でした。
 なお、金沢→米原方面って、普通列車の結構乗り継ぎがうまく行かないことが多いんですが、このパターンはうまく行くものでした。土曜日出勤後の流れとして、意外といいものかもしれません。

●広島まで普通列車等のみで。
 昔はよくやっていたんですが、最近は現地での駅の取材時間を多く取るために、特急やら新幹線を多く使うようになっていたのです。(でも、この3年ほど、新幹線については山陽新幹線と、上越新幹線の新潟-長岡間しか乗っていないんですよね。さらに9年遡っても、これに上越新幹線の越後湯沢-東京間が追加されるだけですが。)
 今回は、昼過ぎに出るため、早くいってもしょうがないということと、途中、赤穂線にも用事があったということで普通列車などで。広島まで特急などを使わなかったのは2年ぶりのことでした。(2年前は帰りに、普通列車等のみで帰ってきています。なお、この時は湖西線のマキノ駅に用事があったんですが。)
 やっぱり、特急の時と、普通列車乗り継ぎの時、時間感覚は完全に切り替わっているようです。どっちでも違和感を感じないんですね。(というか、停車する駅すべて降りたことがあるんで、通るだけでも全く退屈しないというか・・・)

●暑かった・・・
 そうして、各駅での取材。かなり暑いです。当たり前ですが。教訓としてはこの時期、自分が住んでいるところより暑いところへ行って、1日中、駅の取材をしてはいけないということ。毎日、水は500ml×4本買っていました。これに食事の時の水もありますし。
 それと、多少時間があっても、駅周辺を見て回ろうという気力が起きないんです。

●呉線の三原-広間
 この区間、1時間に1本という区間。そういうところを「区間全駅」で取材しようとすると、行きつ戻りつやっていって、1時間に2駅。交換駅が固定されていたら、その駅は運転間隔分(ここでは1時間)滞在しなければならない(ただし、駅と駅の間を歩かない場合)という法則があるんです。
 この区間でも、交換駅になることが多い風早駅とか、須波駅とかあるんですが、運転間隔がきっちり1時間でもないということや、「瀬戸内マリンビュー」の存在で、うまくやると、1時間滞在は避けられるみたいです。これ、下手すりゃ1時間半、滞在しなければならない事態にもなりかねなかったんです。割とうまくいったのもあくまで「結果」です。

●14日のうちに帰ってきた
 ほんとは、次の日でもよかったんです。まあ、最近、じっと休む日もなかったため、ちょっと1日ゆっくりしたいなと思ったことで、こうしました。
 次の日であっても、1日かけて普通列車乗り継ぎで帰ってくるのではなく、新幹線+特急になっていたはずなんで、結局、日没後の移動か、明るいうちの移動かということだけだったのです。
 新大阪乗換で金沢に最終サンダーバードで着く、広島駅の最も遅い出発時刻が、この19時10分なんですね。(これ、いつも広島で泊まるときは、既に宿に入っている時間です)ちなみに、京都乗換にすると、もう少しだけ遅く出ることができるようです。

|

« 更新しました(第436版) | トップページ | 更新しました(第437版) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。