« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

更新しました(第448版)

 今回の追加駅…富山市内軌道線 堀川小泉大町南富山駅前の各電停

 ということで、3電停追加しまして、富山地方鉄道富山市内軌道線が終了いたしました。週1回の追加だったため、結構時間がかかりました。

 一応、昨日の段階では更新ができるかどうか未定だったんですが、今朝、続きをやりまして、更新ができました。

 さて、今後の「平日更新」ですが、ちょっとこれまでとは違う形にしていきたいと思います。それについてはまた日を改めてお知らせいたします。

| | コメント (0)

2006年9月24日 (日)

更新しました(第447版)

 今回の追加駅…呉線 忠海安芸長浜大乗の各駅

 ということで、今回も順当に3駅追加しました。

 更新履歴のページで、前回の休日更新(445版)の時に、更新履歴を貼り付けるのを忘れたため、2回分の履歴(443版・444版)が抜け落ちていました。復元して作り直したのですが、面倒なのでリンクは復活させておりません。まあ、いずれ、そのページのリンクは全部取ってしまうので実害は少ないかなと思います。ご了承ください。

| | コメント (0)

2006年9月21日 (木)

更新しました(第446版)

 今回の追加電停…富山地方鉄道富山市内軌道線 広貫堂前西中野小泉町の各電停

ということで、若干、この書き込みが遅くなりましたが、今回も3電停の追加。次回の平日分の更新で、富山市内軌道線は終了いたします。

 今回、割と同じようなものを、ちょっと望遠の倍率だけを変えて、違う説明文で載せている、というものがちょこちょこ見受けられるのは気にしないでください。「駅」と違って、結構電停って、ネタが少ないのです。しかも、この区間は結構取材時間も短かったです。

| | コメント (0)

2006年9月18日 (月)

更新しました(第445版)

 今回の追加駅…赤穂線 寒河駅、呉線 須波安芸幸崎の各駅

 ということで、赤穂線が終了。これにより、相生-東岡山間で2つのルートでたどることが可能になりました。

 同時に呉線を開始。こちらは、一旦呉で切って、三原-呉間と、呉-海田市間に分けようかと思っていたんですが、分ける手間に比べて、分けるメリットもないため、一気に全線26駅で一区間にすることにしました。そのため、「区間全駅」で設定した「区間」としては、最大の駅数になると思います。(今のところの最大駅数は金沢-福井間の全21駅。及び福鉄福武線の21駅・電停。)赤穂線と違って、一気に取材ができたことがその設定に繋がったようでもあります。

 ということで、しばらくの間、休日の更新は呉線が続きます。

| | コメント (0)

2006年9月13日 (水)

更新しました(第444版)

 今回の追加駅…富山市内軌道線 荒町西町上本町の各電停。

 ということで、今回も3電停追加。こう見ますと「まち」と「ちょう」が使い分けられています。(このあと「ちょう」と読む電停がさらに出てきます。)

 で、前回の更新時に「月曜日に旗日更新の可能性あり」とお知らせしましたが、諸事情がありまして、おそらくそれを行わないということにしました。(するかも知れません)ということで、3連休の更新は土・日・月のうちの、気が向いた日だけ1回とさせていただきます。

 また、来週より「平日臨時更新」を、現在の水曜日固定(というわけでもないんですけどね)から、「火・水・木を目標にして、用意ができたら更新をすることもある」という程度の位置づけにします。ということで、無予告で平日更新をやらないことが出てくるかもしれませんのでこれもまたご了承ください。さらに、場合によっては平日更新は2駅・電停でも行うこともあります。

 と、今のところはこのようにさせていただき、ちょっと様子を見ます(何の?)。

| | コメント (0)

2006年9月10日 (日)

更新しました(第443版)

 今回の追加駅…赤穂線 播州赤穂天和備前福河の各駅。

 ということで今回も3駅追加。赤穂線に関しては、あと一駅で完成します。これはまた来週の更新で。

 なお、来週の更新ですが、3連休は泊まりがけで外出ができない(日曜日の午前中に帰ってくるならいいんですけどね。天気次第で検討?)ということもあります。ですから、できれば土曜日・月曜日に更新をしまして、月曜日は時々やる「旗日更新」ということで、いつもと違うものをアップしたいなと思います。(ちょこっと触れていますが、アップしたいネタが少しあるんです。)

 ただしこれも検討中、というところ(まあ、そんな大げさなものではなく、当日になってやるかやらないかというだけの話なんですが)ですので、ご了承ください。

| | コメント (0)

2006年9月 6日 (水)

更新しました(第442版)

 今回の追加電停…富山市内軌道線 地鉄ビル前電気ビル前桜橋の各電停

 更新後、ちょっとこの書き込みまで時間が空きました。(ちょっとなんですけどね。)ということで、3電停追加。このあたりか、次の更新まではなんとか大丈夫なんですが、その後ぐらいから、ちょっと各電停、どのようにコメントするか難しくなってくるかも知れません。

 

| | コメント (2)

2006年9月 4日 (月)

日帰旅行記:北越急行

 ということで、土曜日の旅行記。まずは日程からです。なお、例によって、時刻表に着時刻が書いていないものは、発時刻をもって着時刻として書いてあります。

【金沢】5:32発-(普通)→【富山】6:28着、6:31発-(普通)→【魚津】6:55着、7:00発-(特急はくたか1号)→【直江津】7:51着、8:15発-(普通)→【大池いこいの森】8:31着、8:44発-(普通)→【くびき】8:46着、9:30発-(普通)→【うらがわら】9:36着、10:22発-(普通)→【ほくほく大島】10:30着、10:38発-(普通)→【虫川大杉】10:43着、11:43発-(普通)→【美佐島】12:17着、12:51発-(普通)→【十日町(停車中)】12:55着、13:11発-(普通)→【まつだい】13:24着、13:57発-(普通)→【魚沼丘陵】14:23着、14:51発-(普通)→【しんざ】15:00着、15:05発-(普通)→【六日町】15:23着、15:50発-(普通)→【犀潟】16:42頃着、16:55発(柏崎方面からの普通列車が先に発車するため)-(普通)→【直江津】17:12着、17:57発-(普通)→【富山】19:53着、20:19発-(普通)→【金沢】21:17着

 ということで、またもや事前にものすごく計算したかのような、しかも、その計算の結果が魚津からの特急なのではないか、と思われそうですが、実際は現地で動きを考えております。ちょっと長時間、駅に滞在することがありますが、そのあたりで2~3駅向こうまでの動きを考える、という感じです。なお、魚津から特急を使ったのは、単に、時間の有効利用を意識したためです。直江津から1本違う→1時間違う→2駅違う、という感じになります。
 なお、使ったきっぷは金沢→魚津、直江津→金沢が「青春18きっぷ」、魚津→直江津が金沢駅の「みどりの券売機」で、買った「C制」の普通乗車券と自由席特急券、直江津→ほくほく線→直江津が「大地の芸術祭パス(1,500円)」です。このきっぷが9月10日までなんで、今回、ちょっと行ってみたのです。なお、青春18きっぷも、今回で5回目が無事終了。また、直江津-犀潟間は、有効な切符を二重に持っていたことになります。これ、もうちょっと時間があって、六日町から越後湯沢まで足をのばしていたら、この区間も二重になっておりました。(あと、かえり、長岡経由をしたら…(以下省略))

 久しぶりに、自分の家の最寄り駅へ(から)の列車がどんどん走っているところでの取材。中型の時刻表なら、ページをめくらなくても行けてしまう区間、ということで、気分的にも「ちょっと行ってきた」という感じのところでした。といっても、高速で特急が通過する区間。駅も通常の無人駅とは違う設備もあり、駅のホームにマッタリ佇むということは許されない区間。(特急が通過するときはホームには出ない)また、自然と階段も多くなる駅が続きました。

 ということで、在庫が多いため、かなり後になりますが、時期が来ればアップします。なお、六日町駅の扱いなんですが、一応、この段階では北越急行の駅として掲載します。今後、上越線の取材をすることがあれば、ちょっと移動があるかも知れません。(区間の区切り方にもよるんですけど。)

 それにしても、金沢5:32発の列車、青春18きっぷ使用開始前の7月の3連休も含め、今シーズン、3回もお世話になりました。この列車に乗るために家を出るときの空の様子から、季節は変わってきているものだなと感じました。

| | コメント (0)

2006年9月 3日 (日)

更新しました(第441版)

 今回の追加駅…信越本線妙高高原駅 赤穂線 西相生坂越の各駅。

 ということで、昨日の旅行記追加はちょっと置いておきまして、まずは更新より。信越本線の直江津-妙高高原間は、先週、一気に進めたこともあり、今回で終了。そして、赤穂線へ。
 この区間も、駅数はあまりありません。日生まで繋がれば、赤穂線経由で相生から岡山までたどることができるようになります。

 あと、トップページ画像。先週、撮ったものなんですが、別件(何に対する「別件」なのやら)で津幡まで車を運転していたときに、ちょっと停めて撮ったものです。カバンに偶然入っていたのが、今年の春まで使っていたデジカメ。望遠の倍率が上がると、真っ白な画像しか写らないという(だから買い換えたんですね)もの。今のデジカメだと、もうちょっと内灘大橋を大きく撮ることができるんですが。

| | コメント (2)

2006年9月 2日 (土)

日帰旅行記:北越急行(現場編)

只今直江津駅です。
今回の書き込みは、一旦簡単に出先から書き込んで、明日、詳細をこの下に書き加える形にします。
 今日は、5時32分金沢発→魚津から、はくたかで直江津、なんてことをしています。
そうして、一応、くびきから六日町まで終わりました。

・・・

 以下、その翌日追記

 で、もったいぶるわけではありませんが、やっぱり1日分のネタにしたいので(薄く広くしないと毎日って持たないんです。)、この旅行記の詳しい内容、後日(できれば明日)の1日分の記載とさせてください。まあ、大したことは書きませんが・・・。
 また、タイトルも「(かきかけ」から「(現場編)」に変更させていただきました。 

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »