« 更新しました(第441版) | トップページ | 更新しました(第442版) »

2006年9月 4日 (月)

日帰旅行記:北越急行

 ということで、土曜日の旅行記。まずは日程からです。なお、例によって、時刻表に着時刻が書いていないものは、発時刻をもって着時刻として書いてあります。

【金沢】5:32発-(普通)→【富山】6:28着、6:31発-(普通)→【魚津】6:55着、7:00発-(特急はくたか1号)→【直江津】7:51着、8:15発-(普通)→【大池いこいの森】8:31着、8:44発-(普通)→【くびき】8:46着、9:30発-(普通)→【うらがわら】9:36着、10:22発-(普通)→【ほくほく大島】10:30着、10:38発-(普通)→【虫川大杉】10:43着、11:43発-(普通)→【美佐島】12:17着、12:51発-(普通)→【十日町(停車中)】12:55着、13:11発-(普通)→【まつだい】13:24着、13:57発-(普通)→【魚沼丘陵】14:23着、14:51発-(普通)→【しんざ】15:00着、15:05発-(普通)→【六日町】15:23着、15:50発-(普通)→【犀潟】16:42頃着、16:55発(柏崎方面からの普通列車が先に発車するため)-(普通)→【直江津】17:12着、17:57発-(普通)→【富山】19:53着、20:19発-(普通)→【金沢】21:17着

 ということで、またもや事前にものすごく計算したかのような、しかも、その計算の結果が魚津からの特急なのではないか、と思われそうですが、実際は現地で動きを考えております。ちょっと長時間、駅に滞在することがありますが、そのあたりで2~3駅向こうまでの動きを考える、という感じです。なお、魚津から特急を使ったのは、単に、時間の有効利用を意識したためです。直江津から1本違う→1時間違う→2駅違う、という感じになります。
 なお、使ったきっぷは金沢→魚津、直江津→金沢が「青春18きっぷ」、魚津→直江津が金沢駅の「みどりの券売機」で、買った「C制」の普通乗車券と自由席特急券、直江津→ほくほく線→直江津が「大地の芸術祭パス(1,500円)」です。このきっぷが9月10日までなんで、今回、ちょっと行ってみたのです。なお、青春18きっぷも、今回で5回目が無事終了。また、直江津-犀潟間は、有効な切符を二重に持っていたことになります。これ、もうちょっと時間があって、六日町から越後湯沢まで足をのばしていたら、この区間も二重になっておりました。(あと、かえり、長岡経由をしたら…(以下省略))

 久しぶりに、自分の家の最寄り駅へ(から)の列車がどんどん走っているところでの取材。中型の時刻表なら、ページをめくらなくても行けてしまう区間、ということで、気分的にも「ちょっと行ってきた」という感じのところでした。といっても、高速で特急が通過する区間。駅も通常の無人駅とは違う設備もあり、駅のホームにマッタリ佇むということは許されない区間。(特急が通過するときはホームには出ない)また、自然と階段も多くなる駅が続きました。

 ということで、在庫が多いため、かなり後になりますが、時期が来ればアップします。なお、六日町駅の扱いなんですが、一応、この段階では北越急行の駅として掲載します。今後、上越線の取材をすることがあれば、ちょっと移動があるかも知れません。(区間の区切り方にもよるんですけど。)

 それにしても、金沢5:32発の列車、青春18きっぷ使用開始前の7月の3連休も含め、今シーズン、3回もお世話になりました。この列車に乗るために家を出るときの空の様子から、季節は変わってきているものだなと感じました。

|

« 更新しました(第441版) | トップページ | 更新しました(第442版) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。