« それでは2日間の動きを…(2) | トップページ | 更新しました(第452版) »

2006年10月12日 (木)

それでは2日間の動きを…(3)

 と、たった2日間の話なのに、当日書いた分も含め、5日分も使ってしまうということになっています。おかげで今週1週間、ネタに困らずに過ごさせていただきました。ということで、2日目の話。

1.関西本線
 昨年の7月に、思いつきで(雨のため、何となく河内堅上駅あたりがいい感じになるかなと思って)JR難波-王寺間を始めてしまっていたんですが、正月に加茂まで続いてしまい、今回、その先をやることにしました。ちょうど、関西往復フリーきっぷの範囲でもなく、また、周遊きっぷでも該当範囲がないため、青春18きっぷか鉄道の日きっぷがないと、なかなかできない区間でもあるのです。

 一応、交換駅となった笠置駅と島ヶ原駅は運転間隔の1時間滞在。それ以外の駅は「2駅進んで1駅戻る」という、基本原則通りの動きとしました。特に昼間の時間とされているあたり(日によって運休となる時間帯)は、全く毎時、同じ時刻で走っているんで、ものすごく基本通りに各駅を回ることができるんです。

 この路線、ローカル線のように見えて、実は各駅で交換が可能、そして構内も広いということ、あと、ワンマン運転なのに、加太駅以外はすべて駅員さんがいらっしゃる(ただし改札はしない)という状況でした。そのあたりがかつての栄光が残っているところでもあり、この区間の面白いところでもあるようです。

2.その後
 草津線経由で草津まで。このあと、京都方面か米原方面か迷うんですが、京都行きの電車でもあり、そのまま乗って京都へ。そして、湖西線で近江今津乗換、福井へ。この近江今津から敦賀間を交直流普通電車に乗るのも、多分最後かなと思います。
 475系(など)の急行型電車だったんですが、出入り口の段差付近に「ホームと段差のある駅があります」という黄色いシールが床面に貼ってあったり、北陸本線の路線図が車内に貼ってあったりと、ちょっとばかり変化がありました。行き先のLED表示も含め、この電車、ちょっとずつ変わってきているようです。やっぱりまだまだ使うんですね…。

 この日、はくたかが長岡行きになってしまったり、雷鳥・サンダーバードの一部が米原経由になったりとちょっと混乱した日のようでした。そのため、特急も遅れておりまして、乗った電車が福井→金沢の最終普通電車であるため、所定の特急との接続を待って発車。でもその後ろに「しらさぎ」と「雷鳥」が控えていたため、それも先に通しての発車、ということで25分遅延。途中、加賀温泉でその「しらさぎ」「雷鳥」の待避をしなくて済んだんで、それ以降は10分遅延。そのすぐ後ろに最終のサンダーバードが来ていたようです。この普通列車からそのサンダーバードに乗れるようにしないと、そのサンダーバードが金沢→富山の最終電車でもあるんで、やっぱり都合が悪くなるんですよね。

 ということで、最後はちょっと楽しませていただきました。ほんとは24時までに着かないと、自転車置き場から自転車を出せなくなるんでそれも心配したのですがそれは大丈夫でした。

|

« それでは2日間の動きを…(2) | トップページ | 更新しました(第452版) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。