« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

そういえば11月は…

 と、11月が終わるんですが、今年の11月、一度も列車に乗らずに終わってしまうようです。というか、今から急いで乗ることもないでしょうから、乗らずに終わってしまいます。

 まあ、趣味以外の用事で列車に乗るということは1年に数回あるかないかという世界なんで、ほぼ、ここに「旅行記」を書く用事がない限り列車には乗らないのです。普通に生活する限り、列車での移動が必要になることってないんですよね。

 例年、2月って、列車に乗ることがほぼない月なんですが、11月ですね・・・。今までは割と乗っている月でもあるんですが、最初の週末、3連休は、間に半日出勤を挟む「飛び石連休」だったんで、どこへも行かず。

 そういえば1回だけここで「旅行記」を書く日があったんですが、そういえばそれって、のと鉄道能登線の廃駅に車で行っているんで、(仮に公共交通機関を使うにしても、穴水まで列車、ではなく、金沢から一気にバスで行くところですからね)駅(ただし廃駅)へは行っているんですけど、動いている列車に乗ることがなかったようです。

 12月は11月以上に出歩くこともないんで、まさか、10月に富山ライトレールに乗りに行ったときが今年の「列車の乗り納め」にならなければいいんですが。

| | コメント (0)

2006年11月29日 (水)

更新しました(第460版)

 今回の追加駅…ほくほく線 虫川大杉ほくほく大島まつだいの各駅

 先日の日曜日に体調が悪くなって延期していた更新をどうにか平日中に行いました。そのため、今日の更新は「平日臨時更新」ではなく、「休日定期更新」の遅延分として扱います。(と、扱っても何も変わらないんですけど。)

 まあ、かつて「平日臨時更新」を行っていた水曜日にやってしまったんですが、諸般の事情を考えると、ほぼ予定されていた日とも言えます(笑)。

 ということで、3駅追加。特に変わったことが起きなければ、予定通り次回土日に更新ができると思います。

| | コメント (0)

2006年11月28日 (火)

北鉄の話

 ちょっとだけ北陸鉄道に動きがありまして

 1.12月1日から浅野川線の急行、石川線の準急の設定がなくなり、すべて普通列車になる。

 2.いつの間にやら1日乗車券発売中。

 という感じです。まあ、運転本数の少ないところで下手に快速とかやっても、時間短縮分よりも待ち時間の方が長く感じてしまうところなんで、むしろ通過駅に用事がある人の方に不便になってしまうと思うんです。そういうことで一時期、結構あった金沢-小松間の快速もなくなってしまいましたし、北鉄からも急行・準急がなくなってしまうんですね。個人的には(というか、生活上は使わない区域に住んでいるんですが…でも直線距離では浅野川線の某駅がもっとも近いらしい。実際に行くとなると金沢駅が近くなるんですが…)これでいいのではないかと思っております。

 これにより、石川県内、特別料金不要の列車で、駅を通過する列車って4本だけになってしまいました。まあ、時刻表をちらちらと見ていたら、特別料金不要の列車で、駅を通過する列車がない県もあるみたいです。(沖縄県を除く)

 あと、1日乗車券。まあ、両線を繋ぐ交通機関(バスまたはJR)は別途払わなくてはならなかったり、えちぜん鉄道みたいに片方の路線の始発から終点まで往復するだけでお得というものでもないんですが、富山地方鉄道みたいに2日間乗らなくてはならなくてしかもものすごく高いというものでもないんで、ちょっと気が向いたときに、気軽に遊べる道具ができたなと思うのでありました。

| | コメント (0)

2006年11月27日 (月)

風邪でした

 昨日、更新を延期したのは、まあ、他でもなく風邪だったわけなんですが、これ、ほんと1日で終わってしまいました。

 なんか、早朝、妙に目が早く覚めたんですが、心地よい目覚めとはほど遠い、ちょっとした吐き気を催す目覚め。なんか、微妙な表現なんですが、体の「前半身」がほてっているというか、そんな感じでした。

 それで、朝起きて、腹の調子がおかしい状態が半日続きまして(このあたりまでは食あたりの可能性もあった)、何となく熱っぽいという感じが夕方まで。そして、夕食を食べて、何となく本格的な熱という感じになってきて、というあたりが、昨日書き込みをしたあたりです。

 そうして、ともかく、昼寝もしたんですが、20時頃寝まして、朝起きまして、11時間の睡眠ですか。昼寝も入れるとすごいことになっております。それで、長時間寝た分だけ、腰が痛いとか、そういうことはあったんですが、会社へ向かうにしたがって普通になってきて、その後は体調がいいという感じ。昼食だけは脂っこいものを遠慮して、野菜・わかめサラダとか、甘いもの(あんパン・シュークリーム合わせて100円)に走りましたが(結局、カロリーは変わらないんですけどね)

 何となく昨日、そんな展開をした人が、まわりに2~3人いるようで、最近珍しい話ではないようです。ともかく、日曜日の遅くにおかしくなって、月曜日の朝に完治なんぞしていたら、医者に行く暇もないというか。下手すりゃ、薬を飲まないまま、終わりそうな感じです。まあ、今回は葛根湯を2回だけ飲みましたが、(昨日の晩と今日の朝)3回目は特に不要という感じです。

 ということで、お見舞いのお言葉も頂く暇もないまま、この冬1回目の風邪は終了したのでありました。

| | コメント (0)

2006年11月26日 (日)

更新延期

 すいません。今日の更新は諸事情により、延期させていただきます。できれば今週の平日中にひょっこりとやりたいなと思っているんですが、最悪、更新予定が1週ずつずれる可能性があります。

| | コメント (0)

2006年11月25日 (土)

今度はテープ

 ということで、先日ちょっとした手術をした傷跡、今日医者へ行きまして、一応、傷としては治ったことになるようです。

 それで、この切った跡って、ほっておくと盛り上がってくる性質があるそうなんです。ということで、顔を洗ったりとかは普通にしていいんですが、それ以外の時は、傷のところにテープを貼っておくということになりまして、ちょっとしたテープ(これって、保険が利かず、自費なんですよね。といっても190円ですが。「容器代」とかと同じ性質。)を渡されました。

 ということで、肌の色に近い、ちょっとしたテープを2週間、貼ることになります。それで、次に医者へ行くのは2週間後でいいそうです。完全に傷の跡が残るかどうか的な段階に来たようです。

 それで、3週間ぶりにサウナが復活したのでありました。その時の服装を考えますと、3週間前と気温が結構違いますね。季節は変わるものです。

| | コメント (0)

2006年11月24日 (金)

眠い

 といっても、これを書いている今現在はさほど眠くないんですが、やっぱり季節のせいですね。休みの日なんか、ちょっと前よりも眠いです。昨日は祝日で、日曜日に結構寝たはずなのに、やっぱり眠いんです。特別疲れるわけでもないんですが。朝は日の出が遅い関係からか、やっぱり眠いと。で、夜は眠られないという日がほとんどないという。

 やっぱり、人間は冬眠をするわけでもないんですが、何となく、冬になると眠くなるようです。(てか、夏は眠くないのかというとそうでもないんですが・・・。)

 と、今日はどうでもいい話題でお茶を濁しました。

| | コメント (0)

2006年11月23日 (木)

更新しました(第459版)

 今回の追加…「ここはかつて駅でした」の「のと鉄道能登線跡」 比良中居の各駅跡

 ほんとは今日、更新する予定がなかったんですが、ちょっと「別件」の方が面倒になりまして(それはそれでよくない兆候なんですが…)、急遽更新。以前「平日臨時更新」をやっていたときに追加しようとして写真の用意までやって、そのままになっていたものを使いました。ということで更新の用意自体はかなり前から途中までやっていたんです。(ついでに、写真自体は既にずっと前からアップしてあったのでした。ただし、ファイル名を知らなければ見ることはできなかったのですが。)

 それで、能登線の「ここはかつて駅でした」については、「区間全駅」と構成を一緒にしておいて、何かと使いやすくしたいため、本文ページのファイル命名も、「区間全駅」同様、蛸島方面からの「その1」としております。ということで、今回、突如その11と12が現れてしまったのは「区間全駅」に合わせているからなのです。ということで、宇出津駅は「蛸島-宇出津間」に入るため、今回追加した区間のその1は藤波駅跡になります。

 平日更新などでゆっくりとやっていても、なかなか終わらないと思いますので、どこかで一気にご紹介したいなとは思っているんですが、どうなることやら。ということで本文中にある「次回以降の更新で追加」の「次回以降」はほんとに「以降」という意味しか無いのでした。できれば、休日定期更新のプラスアルファとして、ちょこちょこ追加していきたいです。

| | コメント (0)

2006年11月22日 (水)

抜糸!

 というわけで、先日のちょっとした顔の手術ですが、今日は抜糸。これって痛いもの、と思っていたんですが、看護師さんが(今はそういう表現なんですよね)ちょこちょことピンセットを動かしているうちに終わったという感じでした。

 まあ、1週間なんで、傷はあるんですけど、さすが形成外科と皮膚科が合わさったクリニックだけあって、ほんと目立たないんです。傷自体は意外と長いんですが、よく見ないと分からない感じになりそうです。

 今日から傷の部分をぬらしてもいいようで、そういえば風呂の話ってしてなかったなと。

 今だから書きますが、ほとんどの方がご想像できたとおり、手術当日から入っておりました(笑)。しかも湯船にまともに、2回も浸かっておりました。ただ、今回は、防水対策が面倒だったんで、前回の腹部の同じような手術の時のように、銭湯へいったりとか、サウナに入ったりとかはしなかったです。(これは月曜日に書いたとおり。)

 一応、風呂に入ると血行がよくなりすぎて、傷口から出血するおそれがあるそうなんですね。どおりで、当日は風呂に入ったり、布団に入ったら何となく痛むなと思っておりました。あと、糸が付いているときはそこから細菌が入るおそれがあるとされているようです。

 ともかく、防水しても、ほんとは当日ぐらいは避けておいたほうがいいんですね。てか、一般的に抜糸まではダメみたいなんですけど。これ、敢えて風呂の可否は聞かなかったんですが、聞いたらダメと言われたんでしょうね。ということで、この文章を読んだ手術直後の方は、主治医の指示に従ってください。

| | コメント (0)

2006年11月21日 (火)

一時的に増税?

 ようやくきづいたん?と言われそうなんですが、まあ。今日、年末調整の説明会で、ぼーっとチラシを眺めておりまして、以前にも見ていた、所得税の税率が平成19年分から変わりますよという内容のもの。

 まあ、詳しいことは書きませんが、「税源移譲」で検索いただけますと山ほど出てきますが、要は平成19年分の所得税(国税)の税率が下がり、住民税(地方税)の税率が上がりますよ、国から地方に税源を移譲するためですよ(これについての話は省略)、全体的な負担は増えませんよ、というものなんですね。まあ、所得控除やら、住宅借入金等の控除でいろいろと入りくりはあるんですが、これも本筋でないんで省略。

 一応、パンフレットによりまして、給与収入500万円、夫婦と子供2人(うち一人は特定扶養親族)の場合

 平成18年まで 所得税 119,000円 住民税 76,000円
       19年から 所得税 59,500円 住民税 135,500円
 で、合計がどちらも195,000円になってめでたしめでたし、という内容です(ただし、定率減税がなくなるんで、実際は税額が増えるんですが、これはこの本筋でもないんでおいときます)

 そして、給料の手取り上は19年1月から所得税が減り(手取りが増える)、19年6月からの住民税が増え(住民税が特別徴収=給与天引きの場合は手取りが減る、つまりもとに戻る)ということで、給料が一定なら、定率減税はおいといて、何となく6ヶ月間は得した気分になる、ということなんですが・・・。

 えっと、私、このパンフレットを最初にちらっと見て、今日まで、19年の所得税が下がり、住民税が上がるのは20年の分からだと思っていたんです。で、個人的に納得していたんですが、19年からのなんですね。

 というのも、「○年分の所得税」と言ったときに、それの元になっているのがその年の所得。給与所得者なら、平成19年の所得税といえば、平成19年の給料に対してのものなんです。(平たく言うと。実際は給与が元になっている所得に対してかかっているんですけど、これもいいか。)

 そして、「○年分の住民税」と言ったときに、それの元になっているのが、前年の所得。給与所得者なら、平成19年の住民税といえば、平成18年の給料に対してのものなんです。(平たく言うと。実際は給与が元になっている所得に対してかかっているんですけど、これもいいか。)

 ということは、定率減税を無視すれば、平成18年の所得については、改正前の高い所得税と、改正後の高い住民税がかかっているということになるんですね。

 つまり、さっきのパンフレットの計算例(面倒なんで検算してません。)では、平成18年の所得について
 所得税 119,000円  住民税 135,000円 計 254,000円(実際は、所得税については定率減税がある)なんです。

 まあ、これ、法人の会計に慣れてしまって、その年の利益(実際は決算上の利益でなく、税務上の所得)に対して、法人税と法人住民税・事業税がかかって、税引後の利益、という考えになれてしまっていると、おかしいなと思うんですが、あくまで所得税はその年の所得、住民税は前年の所得に対して担税力を見いだして課税するものなんですよ、といわれると別に税負担が増えないんです。

 法人の「利益処分」としての税金、という感じで個人の「所得の処分」として税金がある、というわけでもないんですが(私はどうしてもその感覚になってしまうんで、住民税は個人で納めていたときは、一括で納めていた)、住民税は前年の所得に対してかかるものだ、と思っていると、どうも一時的に増税になっているような気がするんです。

  まあ、財政上のことを考えると、この考えで1年遅らせると、税収が恐ろしいことになるのは分かりますし、平成19年分の税金から移譲しますよ、というとこういうことになるのも分かるんですが、さて。

 これ、逆の流れの時は、当然、少ない税金どうしになるんでしょうね。というのがいつかは分かりませんが。

 でも、給与やその他所得が年によって変動のある人って、平成18年がどうだったかによって悲喜こもごもなんでしょうね。

| | コメント (2)

2006年11月20日 (月)

だらだらと…

 で、昨日は何となくだらけた日というか、久しぶりに資格試験の勉強もせず(時間0というのは10月17日以来)、かといって外出することもなく、まあ、基本的に寝ていたという日でした。ほんとは、先週の「ノルマ」を達成するには8時間ほど勉強しないとダメだったんですが、まあ、これは今週以後に繰り越します。

 しかも、病気というわけでもないんですけど、手術の影響もあり、創部が濡れることを防止するのも面倒で、どうせ抜糸予定日の次が祝日やし、その日に行けばいいわーということで、温泉やらスーパー銭湯にも行かず(土日でそういうところへ行かなかったのは多分、年単位での久しぶりな話だと思います)、結局外出は金沢市長選挙だけだったという始末。

 前の日は1ヶ月半弱ぶりにアルコールを摂取していたりするんで、何となく面倒だったんですね。飲めないわけでもないんですが、必要がなければ飲まないんで、結果、ものすごく間が空くことが多いんです。

 ということで、いろいろな「久しぶり」が重なって、結果的にものすごくだらけた日になってしまった、というのが昨日でした。結局昨日やったことは、Webサイトの更新だけでした。

| | コメント (0)

2006年11月19日 (日)

更新しました(第458版)

 今回の追加駅…北越急行ほくほく線 くびき大池いこいの森うらがわらの各駅

 ということで、呉線が終わり、ようやく新しい区間に入りました。それにしても、同じ秋とはいえ、夏に近い秋(この区間の取材時)と、冬に近い秋(今頃)は、ほんとに雰囲気が違いますね。

 なお、過去にトップページで利用した写真が2枚ほど、本文中に使われております。

| | コメント (0)

2006年11月18日 (土)

日帰旅行記:のと鉄道跡

 ということで、ちょっと懸案だったのと鉄道の駅跡へ。ちょっと前の予報では天気が悪かったんで、予定していなかったんですが、昨日あたりの天気予報からちょっとよくなってきまして、行くことにしました。ただし、結果は、「天気のよいピーク」が少し早まったようで、出るときが一番いい天気でその後、曇ってきておりました。

 それで、ともかく手術跡のガーゼ交換で医者へ行ったあと、その足で能登有料道路へ。乗る直前のガソリンスタンドで9時51分。その後、あまりスピードを出さず、途中から液体窒素を積んだトラックの後ろを付いていたんで、「追い越されることがあっても追い越すことはない」というスピードでいったにもかかわらず、蛸島駅(跡。以下略)着が12時前。ちょうど2時間なんですね。能登有料道路が能登空港まで延伸された(正確には能越道の扱い)ということもあり、さらに時間が短縮されていました。

 で、蛸島駅は4月に撮ってあったんで撮る必要もなかったんですがご挨拶代わりに。しかし、土曜日にもかかわらず閉まっておりまして、中へ入れず。まあ、列車も保存されている関係で、管理する人がいない限りは開けていないようです。ほんとは土日に公開ということなんですけどね。

 それで気を取り直して、正院駅へ。この駅付近(川尻踏切から正院駅を経て、珠洲駅の直前の踏切まで)は、既にレールが撤去されていまして、この駅は線路がなくなった状態での撮影。11月1日から線路の撤去が始まっているのです。ただし、その作業自体来年の8月までかかるようで、実際、今日訪れた駅では、この区間以外で線路が撤去されているところはありませんでした。この作業が始まったことで、ちょっと急いだこともあるんですが、一駅だけ遅かった、というところでした。

 次の珠洲駅は、この駅構内の部分は線路が残る部分でもあるんで、安心して撮影。待合室の中は販売所になっておりまして、昔よく食べたパンやら、いも菓子を購入。それと、銀杏も。この駅前、タクシーも1台停まっていたりと、ほんと駅前を見る限りは現役の駅なんですけどね…。

 そうして、線路が残っている駅を順に、飯田・上戸・鵜飼・南黒丸・鵜島・恋路と回っていきました。鵜飼駅もバスの待合室として機能しており、高校生がバスを待っており、線路も残っており、賑やかさは現役の頃と同じでした。4月に行っていた松波駅は駅前だけちょっと眺めて、最後に九里川尻駅へ。この駅付近、車を停めるところがなく、ちょっと歩きました。線路は少しボルトがはずされており、もうちょっとでここも線路がなくなってしまうんですね。ということで、それ以降の全駅は4月に撮ってあったため、今日回るときりがなくなるんで、ここで終了。サッと帰ってもよかったんですが、なるべく線路に忠実に帰ることに。

 その後、白丸の町を通り(駅へは行かず)、九十九湾小木駅・縄文真脇駅はちらっと道から見て、小浦・羽根は近くを通り宇出津へ。宇出津駅はちょっとトイレをお借りしました。バスを待つ人で駅前・駅待合室は賑わっておりました。

 そこから鵜川までの各駅をかすりつつ、ここからやっぱりあの「県道34号線」を経由してしまうことにしました。この、今は代替バスが走っていて、なおかつ列車が走っていたときは道が細いためにほとんどバスが走ったことのない県道、ほんと狭い区間が延々と続くんですが(時折広くなる)、なんかこの道、運転することに慣れてしまいました。海も近くて、結構この県道、好きなんですよね。是非一度、路線バスで通りたい区間でもあります。

 そうして、何となく紅葉を見ているうちに、あの駅が気になってしまいまして、ちょっと行きすぎたところを戻り、鹿波駅へ。いや、ほんと、今年3回目の鹿波駅です。桜の時期も素晴らしくて、紅葉の時期も素晴らしい駅でした。

 鹿波駅からは岩車の集落を通らずに、旭ヶ丘という、山の中を開拓した農地の近くを経由。何となく、ちょっと北海道のような雰囲気のある場所なんです。その後、国道に出た後は、能登有料道路を通らずに、ひたすら一般道で、穴水・七尾を経て帰宅。家に着いたのが18時半。宇出津を出たのが15時前。行きと比べて非常に時間がかかっております。

 今日の走行距離は310キロ。ガソリンは17.09リットルだったため、1リットル18.1キロ。能登にしてはよい燃費だったようです。

| | コメント (0)

2006年11月17日 (金)

課題曲

 そろそろ手術ネタも飽きてきたんで、別の話題。

 吹奏楽関係者(過去・現在)の方はお分かりだと思いますが、全日本吹奏楽コンクールなるものがありまして、県大会→地区大会(北陸とか)→全国大会とありまして、その時に「課題曲」というものがあるわけです。これ、4~5曲の中から1曲を選ぶんです。かつて(1992年まで)は、マーチとそれ以外の曲4曲、その後はマーチのみ4~5曲ある年と、それ以外の曲のみ4~5曲ある年があります。(結構端折って説明しております)

 で、現在は「聞くだけの吹奏楽関係者」である私は、一応、この課題曲集なるCD(全7枚)で、1962年~1997年のものは持っておりまして、その後は主にマーチのみの年のものを持っているわけです。

 とまあ、概略はおいときまして、何となく検索をしていて出てきたのが、この課題曲の着メロ。一時期はMIDIでこの課題曲がよく公開されていたんですが、著作権云々で最近は見なくなっていたなと思っていたんですが、こんな形であったんですね。

 ともかく、かつてのMIDIにしろ、この着メロにしろ、この「課題曲」というものは、一つのジャンルとして成り立ってしまうほどのものなんですね。知っている人の間では有名な曲のようです。

 私は、実際吹いたことがあるのは3曲だけなんですけど(1990~1992年のそれぞれ「D」)、昔のものから、去年のものまで、結構頭に残っているものが多いのです。

 ということで、本日は某資格試験の勉強をせずに、そのサイトで課題曲を聴いておりました。で、その後、駅のメロディーや車内放送のメロディーのコーナーを見つけて、そっちの方を聞いていたという始末(笑)。まあ、今週は平日の部の勉強予定時間は確保していたんで、こんな日もあっていいと思われます。

| | コメント (0)

2006年11月16日 (木)

その後

 ということで、何かイベント事があるとここぞとばかりに引っ張るんですけど、続き。術後の経過。

 ガーゼ交換に通っているんですが、何かテープがはずれやすいんですね。まあ、場所が場所なんで、しゃべったり、食べたり、あくびをしたりするだけでずれてくるんですが、ちょっと前の腫れを抑えていたときよりも明らかにはずれやすくなっているんです。

 で、これ、要は表面に出ているものよりも、水面下のものを多く取ったようで(一応、昨日のネット上での調べ。実際に取ったものは見せてもらっていません)、何となく、その切った部分が凹んでいるようなんですね。(これは実際に外して見たのでした。)

 まあ、両側が凹んでいたら、それなりにスマートに見えるのかも知れませんが(まあ、顔の一部だけではどーにもならないんですが)、いずれこれはもとに戻るんでしょうけどね。ともかく、その影響で何となくテープが取れやすくなっていて、風通しがよくなっているのでありました。

| | コメント (0)

2006年11月15日 (水)

手術!

 ということで、昨日のつづきですが、手術でした。

 前、腹(へそより微妙に上)にできたときに外科にいったときは、処置室といいますか、何となくマッタリしたところで、Tシャツをまくっただけでやったんで、そんな気持ちで、ネクタイはずすんやろーか、ぐらいの気持ちでいたら、健康ランドやサウナみたいな服に着替えさせられました。なんか、この服装、妙に落ち着くんですね(笑)。どうせならサウナパンツにはきかえさせられた方が(できれば、広島・心斎橋のグランドサウナか、岡山のハリウッドみたいなやつ)よかったんですが、まあ、顔の手術ですし。あと、薄いキャップを付けさせられました。

 そうして、緑色の布の上に寝かされ、緑色の布をかぶせられ、さらに、顔には、丸い穴の空いた布をかぶせられ。これって、手術じゃないですか(この段階でタイトルを無視)。上にある明かりも「いかにも手術室」というやつやし。ただ、リアル手術室と違うのは、隣の部屋とは天井まで達していない仕切で区切られていること。あくまで「手術室風」ということです。

 麻酔が効いてきていると同時に、何となく引っ張られている感じ。そうして、何やらごちゃごちゃやられているうちに終了。隣の部屋で着替えて、受付へ行くと、すぐに会計が終わって終了。処方箋をもって薬局へ行くと、いつもの薬+痛み止め。そうして、麻酔が効いた状態で会社へ戻り、仕事の続きをして、という感じでした。

| | コメント (0)

2006年11月14日 (火)

手術やてー

 先日からちょっと書いている、口の斜め下にある「できもの」の話なんですが、今日現在、何も貼らずに生活しております。時折軟膏を塗るのと、飲み薬を飲んでいるだけです。

 そして、その「できもの」ができたところは、しこりのようなものがあります。で、それを切らなければならないらしく(というところは前回書きましたね)、今日、医者へ行ったら「明日か来週かどっちにする」と言われ、一旦、来週(の水曜日)ということにしてきました。で、手術の同意書なんぞ書かされたりして、何となくそれだけで気持ちが悪くなるぐらい(笑)でした。

 そして会社へ戻り、ちょっと諸般の事情を考え、やっぱり明日にしよ、ということになり、ちょっと無理を言って変えてもらったんですが、そういうことで、明日、「手術」らしいです。てか、先日、「できもの」から膿を出したときもそうですし、6月頃、長年あった首の下の小さなイボのようなものを取ったときもそうなんですが、領収書の上では(つまり、診療報酬のうえでは)「手術」ということになっておりまして、そういうことを考えると、今年4回目の手術のようです。(首の下のイボで2回ぐらいやってもらってますからね)

 まあ、針と糸が出てくるのは今年初めて、で生まれて2回目。どっちも「できもの」を取るときでして、まあ、要はどこからも保険なんぞおりないというものです。まあ、前回針と糸が出てきたときは、麻酔が効いているのに自転車に乗って家に帰ったり、前回も書いたとおり糸が付いているのに、防水をきちんとした上ですが、サウナに入っておりましたからね・・・。

 何となく体質的にそういうものができやすいのかも知れません。てか、明日の天気の状況を見ると、車を運転して行くんですが、飲酒運転はダメでも、顔の部分麻酔が効いているぐらいなら運転してもいいんでしょうね(笑)。多分、化膿止めの点滴の間に結構麻酔は切れるはずなんですが。

| | コメント (0)

2006年11月13日 (月)

またもや更新シミュレーション

 ということで、この「カテゴリー」の中で、更新予定がちょっと下の方へ行ってしまったことと、富山ライトレールの取材が終わったこと、また、呉線の掲載が終わった区切りということで、毎度のこのネタ。

 といってもやっぱり前回のシミュレーション通りに進んでいるんですよね。ということでコピペ

11月19日(日)  ほくほく線くびき    大池いこいの森  うらがわら
11月26日(日)  虫川大杉   ほくほく大島    まつだい
12月3日 (日)  十日町  しんざ  美佐島
12月10日(日)  魚沼丘陵   六日町  水間鉄道貝塚
12月17日(日)  貝塚市役所前 近義の里 石才
12月24日(日)  清児 名越 森
12月31日(日)  三ツ松 三ヶ山口 水間
元旦更新 1月1日(月) 関西本線 笠置 大河原 島ヶ原
1月7日(日) 伊賀上野 佐那具 新堂
1月14日(日) 柘植 加太 関
と、ここまでコピペ。ここからちょっと手直しします。

1月21日(日)  亀山 富山ライトレール 富山駅北 インテック本社前    
1月28日(日)  奥田中学校前 下奥井 粟島(大阪屋ショップ前 )
2月4日(日)    越中中島 城川原 犬島新町
2月11日(日)   蓮町 大広田   東岩瀬 
2月18日(日) 競輪場前 岩瀬浜 大糸線 白馬
2月25日(日)  神城  南神城  簗場 
3月4日(日) 信濃木崎 北大町  信濃大町

 それで、またもや大糸線が追いやられてしまったんですが、一応見通しとして、年内にどこかの路線を取材して、一区間が完成したら、またもや大糸線が追いやられます。ただし、これも年内という限定にします。年が明けてから(正月などは可能性が高いです)の取材分は、特別珍しい区間をやらない限り、年内に取材したものをすべて出し切ってからの掲載とします。
 一応、平日に更新をする余裕があったり、休日の更新でもう1駅追加できる余裕がある場合は、「ここはかつて駅でした」や、季節を変えて撮ってある既掲載駅で補充しますので、上記のペースのまま続く予定です。ただし、正月に取材がものすごく進んだらちょっと考えますが、「越冬」を考えるとこのペースかなと思っております。

| | コメント (0)

2006年11月12日 (日)

更新しました(第457版)

 今回の追加駅…呉線 水尻矢野の各駅。

 ということで今回も3駅追加で、呉線が終了。1週間に1回の更新になってしまいましたので、追加する期間は長かったと思います。ようやく、三原-海田市間に複数のルートが出来上がったという次第で、相生・姫路-広島間で、複数ルートが出来上がっているところが、赤穂線・吉備線および伯備線・呉線と3ヶ所あることになります。こういうところが今年の成果かなと思っています。

 次回からは確か北越急行だったはずです(結構忘れるぐらい、呉線が長かったのでした)。

| | コメント (0)

2006年11月11日 (土)

今日から顔を洗ってもいいらしい

 火曜日に書いた通り、月曜日に顔にできたできものが熱を持ってきまして、医者へ行って膿を出していたんです。

 その後、今週いっぱい、ガーゼ交換のために通院をしておりました。会社が9時半からで、その医者が8時半からなんで、実は、朝一で入ると、何事もなかったように出勤ができてしまうという仕組みでした。

 で、今日告げられたことが、後からもう1回切らなければならないことと、「今日から顔を洗ってもいい」ということ。

 普通にはい、と答えたんですが、えっ、ダメだったんですか。顔どころか、普通に肩まで風呂に入って(切った当日は「下半身だけとかにしてください」といわれつつ、普通に肩まで入っていました。)、頭も洗い・・・。ただし、貼ってあるところだけは濡れないように注意しつつ、ちょっと剥がして見てみたりしてましたが・・・。

 そーいえば、昔、腹のできものを切ったときも、抜糸前に(防水のシールを貼った上で)風呂に普通に入り、それどころかサウナにも入っていました。その後に「今日から風呂に入ってもいいよ」と言われたんですが、風呂どころかね・・・。

 ということで、今日は温泉へ行ってきました(笑)。ただし、今週はサウナを自粛します。ということで、明日は別の温泉かな?。

| | コメント (0)

2006年11月10日 (金)

金沢ナンバー

 いわゆる「ご当地ナンバー」、つまり、陸運支局の設置とは別に、「域振興や観光振興等の観点から、自動車検査登録事務所の新設の有無に関わらず、新たな地域名表示を認めることと」されてしまったナンバーができてちょっと経ちました。

 そういうことで、金沢ナンバーというものも、2市2町(金沢市と河北郡市)で、始まってみたりしているんですが(だから、野々市町とか、旧松任市って対象外なんです)、そういえば見かけないな、と思っていたら、実はナンバーを見ていなかっただけで、先週土曜日運転していたら、隣も前も「金沢ナンバー」でした。まあ、画数の少ない「石川」というものを見慣れているんで、ちょっと漢字的に入り組んでいる「金沢」というものに違和感を感じつつ・・・。

 私個人的には、生まれてから石川県民ではあるんですが、金沢市民になったのはある時期からで、「石川県民」としての自覚があっても、「金沢市民」である自覚がないため(だから住所は「石川県」から書くことが多い)、実は「石川ナンバー」でいいと思っているんです。できれば次の車でも「石川ナンバー」のままにしておきたいと思っているぐらいで、でも、どうにもならないんですよね・・・。まあ、当分、車を変えることもないと思いますんで、また変えるときに考えてみましょう。

 といいつつ、その時になったらなんの抵抗も無くなっているかも知れません。

| | コメント (2)

2006年11月 9日 (木)

まだ続いております

 と、9月頃から思い出したように数年間の充電(放電?)の後、再開した、某資格試験の勉強、珍しく続いております。と書くほど、冷めた目で見つつ、実際は今のところ続いているんで、やる気があるんでしょうね(と、ここではやっぱり冷めた目)。

 過去の挫折ポイントというものがありまして、今やっている2科目(1科目は通信教育…この科目は「会社法」の絡みで、去年のものすら使えない…。もう1科目は年内は過去の教材で様子を見て、うまく行きそうだったら年明けから新しいものにする…一応、改正点は把握しているんで)とも、その過去の挫折ポイントをどうも超えたらしいのです。ということで、新しいところにようやく入ったんですね…。

 まあ、この2科目、専門学校のパンフレット上では、合格までの必要勉強時間というものが450時間+200時間(各科目、差があるんです)ですが、まあ、一般的にはその時間では受からないと言われております。ただ、過去に本気ではないんですがそれぞれ4回受けているということも加味して、9月中頃~7月終わりまでで割っていくと1週間に15時間。平日は1日1時間で、土日で4+6時間、なんて計算をしつつ、結構クリアする週もあったり、大幅に下回ったり、逆にそれをフォローする週もあったりという感じです。

 ということで、先週は土曜日半日出勤の、3連休ではなく飛び石連休だったんですが、それが功を奏してか、うまく過去の下回った分(具体的に言うと、日曜日に富山ライトレール富山港線へ行ってしまった週)をフォローしておりました。

 で、今週も土曜日出勤ではありまして、天気も悪いので、どうにかクリアしつつ、貯金もできるかも、ということで、その次の週から土日休み、というのが2週続くんで、そのあたりで1回、天気がよければどこかへ行けますかね…。てか、天気がよかったら行こ。

 そういう理由で、平日の更新はちょっとお休みさせていただいております(あと、将来のネタのストックも考えて)。ご了承ください。

| | コメント (0)

2006年11月 8日 (水)

時事ネタ

 このブログの特徴って、時事ネタが全く出てこないことも一つなんです。ということで、「その日になったら自動で書き込まれる機能」を使って、自動で書き込んでいるんでないかと思われるくらい(そして「日記的文章」は全く別の日の出来事をかいて)なんですが、実際はその日に書いています。(ただし、前日扱いで遡って書くことはまれにありますが…)

 それはそうと、まあ、私の場合、時事ネタにコメントしても、稀に全く違うことを言い出したりすることはありますが、基本的に大したことが書けないです(基本的に、結論は「どうでもいい(どっちの言うことももっともだ)」ということになってしまいます)。ということで、時事ネタを扱っているブログも多いことですし、そちらにお任せして、こちらは扱わないということにしているのでした。つまり「棲み分け」というやつです。

 まあ、得意分野とか、まかり間違って当事者になってしまった場合は書くこともあるんでしょうけど、基本的に専門外のものについては触れません。ということで、経理やら消費税の話がいろいろと出てきたら、時事ネタとして触れるかも知れませんが・・・。

 ただ、そう宣言してしまうと、実は日々のネタというのがきついのです。ということで、専門外の時事ネタを使い出したら、今日のネタ、ほんとにないんやなと思ってください。

| | コメント (0)

2006年11月 7日 (火)

昨日の医者の件

 ちょこっと昨日書きました、医者へ行った件なんですが、一応、個人的な記録として書いておきます。つまり顔が腫れまして、口の斜め下、顎の隣なんですが、腫れてきたんです。まあ、カミソリの傷からばい菌が入って、ちょっとしたできものができ、それをつぶして一件落着、と思いきや、突然腫れてきたという始末です。

 で、腫れるなんて、時々あるんで(以前、結構大きいものをやりましたからねー)、大きく考えていなかったんですが、普通に仕事をしていたら、どうもそこが熱を持ってきてしまったらしく、そのうち、ろれつが回らなくなり、そしてだるくなってきた、ということで、仕事中に皮膚科へ(今回は顔なんで、という基準で外科にしませんでした)。行ったらすぐに膿を出してくれて、その後ガーゼ交換のために通院という始末です。

 てか、麻酔とか、化膿防止の点滴って、どうも今年2回目の話であるんで、慣れてきてしまっております。まあ、事故でも怪我でもない、まして労災でもなく入院でもないという、なんの保険の対象にもならない、こういう医療費って、結構負担が増えていません?。

 ということで、多くの人(ネット上ではないです)のご指摘にありました、「饅頭の食べ過ぎ」とか「糖尿病予備軍」とか、というわけでもないんですが、意外と無関係ではないかも・・・。まあ、腫れる前日に、サウナに3回入ったことは無関係ではないのかも知れません。

| | コメント (0)

2006年11月 6日 (月)

交通事故現場

 会社へ行く途中、家の近くなんですが、交通事故が起きていまして、車が壊れていました。

 で、仕事をしていると、何か救急車の音。会社の近くの信号で交通事故が起こったようで、やっぱり車が壊れていて、パトカーがいました。

 ということで、今日は2回、交通事故の現場を見てしまったのでした。会社から家の中間地点に近いところなんか、しょっちゅう事故が起きていますし、行きも帰りも必ず花束が供えられているところがあります。

 どうも、行き帰りの道って、危険地帯が多いようなので、気をつけねば…。という今日は、普通の内容でした。(今日、医者へ行った話は、また後で。)

| | コメント (0)

2006年11月 5日 (日)

更新しました(第456版)

 今回の追加駅…呉線 天応呉ポートピア小屋浦の各駅

 ということで、更新間隔が完全に1週間に1回になっておりますが、今回も3駅追加。前回同様、「平日臨時更新をしなかったときのプラスαは、今回もご容赦ください。

 次回の追加で、ようやく呉線が終わります。

| | コメント (0)

2006年11月 4日 (土)

ホットライン

 今日は仕事でして。で、土曜日にしては珍しく、現金の入金が結構あったんで、ATMに入金に行きました。

 そうして、なかなか入っていかない1万円札はどうにか3回目でパスし、全額入金できたなと、思いつつ、左側を見るとカードが1枚。この金融機関のカードでなく、能登町に本店のある別の金融機関のカードでしたが、まあ、信用金庫どうしって、手数料がかからずに引き出しができるんで、使う側からすれば、引き出すだけなら、信用金庫というまとまりを一つの金融機関として見ることもできるんですね。という見方なら、同じ金融機関のカード。

 ということをぼーっと考えていたんですが、要は他人のキャッシュカードが、目の前にあり、防犯カメラだけに見られながらも、自由にもてあそぶことができる状況なんです。まあ、さわって眺めて、指紋が付いてしまった以上は、そのまま放置すると面倒なことになりかねない、ということで、キャッシュカードコーナーと同じ室内(?)にある、インターホンで。このインターホン、仕事でたまに使うことがあります。といっても土曜日なんでやっぱり応答なし。

 で、思い切ってATMのそばにあるホットラインで連絡。「呼び出し中です。呼び出し中です」と何回か音声が流れた後、おじさんが出てきました。(お兄さんだったらすいません)

 それで、名前を名乗らねばと思いつつ、名前を名乗ってもこの段階では大した意味がないなと思い出てきたのが

 「○○支店のATMです」

 という言葉。まあ、これでいいのかなと思いつつ、何となく通りすがりなのに、おかしいかなと思いつつ。まあともかく、状況を話し、どこのカードですか?という問いかけに「○○信用金庫さんです」と、なぜか他の信用金庫であることを意識して「さん付け」してみたり。後はカードにある番号を読み上げ、名前も読み上げ、ついでに私の名前もお知らせし。

 で、「じゃー、そのカードを持っていてください」と言われたらどうしよう、と思っていて、かといって何かのポストに投げ入れるということもなさそうだし、と思っていると、方法があるんですね。

 1.引き出しのボタンを押し、カードを入れる。
 2.暗証番号を入れる画面が出るが、何もせずにおいておく。(「暗証番号を入れてください」と言われ続ける。)
 3.そのうち機械がイヤになって、カードをはき出す。
 4.それでも放置する。(カードをお取りください、と言われつづけ、時々、怒ったように音量が上がるが、それでも放置)
 5.そのうち、機械が切れて(?)カードを吸い込んでしまう。
 6.そして、ちょっと大きめのアラームが鳴り、そして鳴りやみ、終了。

 一応、この間、誰もいなかったんですが、何もせずにこの一連のことをやっていると、明らかに怪しい人になってしまうんですが、この間は状況を電話の向こうのおじさんとしゃべりながらの操作でした。

 ということで、また一つ、ATMの機能を知ったんですが、金融機関によっても違うかも知れません。ただこれ、覚えたところで全く利用価値がないというものでした。自分のカードでやってしまったら、単に後から面倒なだけですし。ということで、実害はないだろうと思いまして、ちょっと手順を書いてしまいました(笑)。

| | コメント (2)

2006年11月 3日 (金)

時刻表の処分

 天気のいい3連休1日目、といっても、明日の午前中は仕事なんで、3連休ではなく、飛び飛びの休みなのでした。

 のと鉄道旧能登線の線路が剥がされ始めたようで、そうなると、「ここはかつて駅でした」としての未取材駅を急いで撮りに行かねば、という気持ちだけで、今日は1日家におりまして、掃除をしたり昼寝をしたり。

 明後日、廃品回収があるため、時刻表の処分。今まで、時刻表って捨てていなかったんです。それで、まあ、そんなに毎月買うわけでもなかったんで、びっくりするほど溜まっていたわけでもないんですが、一応、小さいものはすべて処分。大きいものは、1990年頃から2~3年に1冊ぐらいの割合で残して、後は捨てました。でも、それでも軽くダンボール1箱に8割程度入るぐらいのものは残ってしまうんですよね。まあ、この箱にあふれないぐらいにして、後でもうちょっと捨てていこうかと思います。

 で、中身を見ると・・・、とやっていると多分時間がなくなったと思うんで、とりあえず表紙とちょっと概要部分だけで判断して処分。それでも「七尾線電化」なんてものもあったりして、ほんとに眺めると、いろいろと楽しめるんですけどね。

| | コメント (0)

2006年11月 2日 (木)

北陸最大!

 家から会社まで自転車を漕いでいる間に金沢港から県庁、というところを通るわけなんですが、このあたり、私が高校生の時は田んぼと梨畑しかなかったところなんですけどね・・・。全く変わってしまっています。まあ、この区間(県庁より海側)に関しては、交通機関の貧弱さだけは以前と一緒ですが・・・。

 で、その中の一部分は田んぼに草が生えているだけ、というところもあったんですが、そこに看板が立ちまして何やら書店ができるようです。そういえば、この「かつての田んぼと梨畑」に、いろいろな店がオープンしている中で、本屋さんだけはなかったなと思っておりました。そして、「北陸最大」と書いているんですが、何となく「北陸最大」というものが、昔の「東洋一」というものに通づるものを感じつつ、眺めています。

 そうしているうちに、草刈りが始まり、今は砂利を敷いているようです。そこを通ると、草刈りの時は草の匂いがして、今は石の匂いがします。結局、何が「北陸最大」なのかはよく分かりませんが、看板を見ると「北陸最大 オープン」なんて書いてあるんで、単にオープニングセレモニーだけが「北陸最大」なのかなと思っています。

 敷地的に、駐車場も考えると、そのあたりの郊外型書店と大きく変わりそうにもなさそうなんですけど、はたしてどんな「北陸最大」が現れるのか・・・。

| | コメント (0)

2006年11月 1日 (水)

長袖!

 今日から11月でありますが、会社へ行くときに着ていく服(ワイシャツね)が、ようやく今日から長袖になりました、というかしました。

 まあ、実際、長袖にしたところで、ずっと腕をまくっているわけですし、そうなら別に半袖でもいいかなと思いまして、昨日まで半袖でいたわけです。家を出てから約1キロの間ぐらいは、若干寒いんですが、その後は別に半袖でも過ごせるわけで、ということで。

 基本的にずっと中にいる仕事でありつつも、結構、半径2キロ以内を自転車でうろちょろしていることも多く、日没後もうろちょろしていることがあるんで、実際は外気に触れることも多いんです。

 ともかく、本人はもうしばらく、それでいいんですが、まわりは見ているだけで寒くなるとかということで、11月にも入りましたんで、長袖にしました。といっても、家を出てから2.5キロぐらいの地点で腕をまくってからは、家に帰り着くまでずっと腕をまくっていたんですけどね。

 5月~10月まで半袖期間、としたらちょうど1年の半分を半袖にできるんで、ちょうどいいのかなと思いつつ。

 といっても、もうそろそろ、ワイシャツの上に何かを羽織って自転車を漕がなければならない季節になるかも知れません。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »