« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

更新しました(第465版)

 今回の追加駅…水間鉄道 三ツ松三ヶ山口水間の各駅。

 そーいや、今回の3駅、すべて「み」で始まりますね。ということで、ブログのネタを考えているうちに、そういえば今週の定期更新、日曜日(明日)にしてしまったら、元旦更新と2日続いてしまう、ということに気づきまして、今日更新をしました。ということで今年の更新はこれで終了。来年の更新はあさってを予定していますんで、実は「今年」「来年」という壁がある割には、更新間隔は非常に短いのでした。

 ちなみに、前回追加した「森駅」は、この「区間全駅」では2駅目の「森駅」。(一つめは「仮置き場」にあります。)三ツ松駅も、漢字表記は違いますが、もう一駅既に載っています。(三松駅)

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

それで土日は…

 と、これ、「旅行記」にしてしまえばいいのかどうか迷っているのですが、ニュアンス的には「日記的文章」かも知れません。

 そういうことで、会社の「忘年会」なんですが、今年は札幌へ行くことになってしまいました。土曜日の10:35小松空港発→新千歳空港12:05着、日曜日の13:20新千歳空港発→小松空港15:00着(ただし帰りは雪の影響で2時間遅延。)という感じで、1日目の昼食と夕食以外は自由行動というものです。

 それで、1日目は札幌の路面電車に乗ってきました。一応、ちょこちょこと降りていたんですが、すすきの・山鼻19条・東屯田通・中央図書館前・ロープウェイ入口の各電停のみ撮ってきてあります。(日没が早い時期ですからね…)それと、2日目は雪が積もったんで、駅の取材は全くやっておりませんが、新千歳空港駅だけ、本体が地下にあるんで影響がほとんどないため、これも撮ってきてあります。下手すりゃ、この路面電車の電停、永遠の「仮置き場」になりかねないのですが、一応、どこかの段階で「仮置き場」としてアップします。

 今回はおいしいものを食べてきたという感じで、やっぱり一人で行動していると、手薄になってしまう「食」というものが、何人かで行くと重視されてくるものなのだなと感じました。1日目の昼ジンギスカン、1日目の夜…普通の食事→お寿司→ラーメン、2日目の朝…うにいくら丼・・・。体重が増えておりました。こういう機会でないと、「食」に力を入れた旅ってできないものかも知れません。

 それで、今回、7年ぶりの飛行機(7年前は会社の社員旅行で東京へ。その前が高校の修学旅行で沖縄)だったわけですが、なんか、雲を見ていて、そのうちに着いてしまうというのも何となく抵抗があります。手軽に行けてしまうという意味ではいいんですが(今回のこれは、往復列車だと絶対に実現しない話ですしね)、やっぱり、「札幌へ行った」と自覚するには、酒田・秋田・大館・岩木山・弘前・青森・青函トンネル・知内付近の草原・函館・内浦湾の風景…、というものが続いてこないと、やっぱり気分的に「札幌」に着かないのですね。(そういう意味で、時間をかけた船であっても、個人的には気分が盛り上がらないかも知れません)(自分より上の世代の人は「青函連絡船」なんてものが入ってくるんですが、私の場合は津軽線→蟹田→中小国から近代的な路線→トンネルでやっぱり居眠り→トンネルを抜けると北海道らしい草原がちらちらと見える、という流れがしっくり来ます。)

 そういうことで、今度はやっぱり列車で北海道へ行ってみたくなってくるのでした。まあ、目的と日程に応じて使い分けるのがいいんでしょうね。

| | コメント (0)

2006年12月24日 (日)

更新しました(第464版)

 今回の追加駅 水間鉄道 清児名越の各駅

 ということで、今日はちょっと戻ってくるのが予定より2時間も遅れまして(さて、どこへ行ったんでしょ。ちょっと「区間全駅」にも影響するんで明日書きます。)、更新をするかどうか迷ったんですが、時間的に遅くなりましたが更新しました。

 まあ、清児・名越はこの線内でもちょっと特色のある駅なので扱いやすかったのですが、森駅は写っている建物以外にちょっと特色がないのと、実はうっかりしていて、写真をあまり撮っていなかったことで、ちょっと反則的な部分もできたかもしれません。

 あと3駅、1回の更新、つまり今年いっぱいの更新でこの水間鉄道は終了します。

| | コメント (0)

2006年12月20日 (水)

差異分析

 とりあえずこのシリーズは今日までにしますが、サイト開設7周年文章の最後、前年に書いた7年目の展望的な文章と、実際の7年目の差異を見てみましょう。

まずは、昨年書いた文章の引用。面倒なんで、「>」とか、引用のタグを入れたりとかはしません。

ここから引用*****
1.「区間全駅」について

 東西のいわゆる「本線」につきまして、西へは想定していた諫早駅を越え、長崎駅へ到達しまして、今後はもしあるとすれば、喜々津-浦上間の長与経由のルートが追加される程度かと思われます。その他は、もし熊本・大分方面へ延伸するとしても「その他」の扱いとなります。

 東(北)へは、とりあえず、津軽線中小国まで、そして、海峡線の津軽今別まで延伸することにより、「北海道の駅」へ延伸させることができます。その後は、北海道へ行く時間があるかどうか、ということにかかってきますので、この「東への延伸」が、この1年で可能かどうか分かりません。

 その他、北陸に関しては、小浜線を掲載することにより、JR西日本金沢支社管内の全駅を掲載することができ、それに、福井鉄道、北陸鉄道石川線、富山地方鉄道富山市内線、及び不二越・上滝線を追加することにより、黒部峡谷鉄道を除く、北陸の全駅を追加できるのでないかと思われます。

 また、現状は区間全駅「ネットワーク」という「網の目」になった部分が少なく、特に力を入れている北陸地方の線路状況の影響もあるのですが、「フイッシュボーン」(魚の骨)という感じではないかと思います。できれば今年は、東西への延伸ができなくなってきた分、二点の駅を、複数のルートで繋ぐことができる、という部分を増やしていきたいと思います。

2.「気になる駅」について

 この「気になる駅」は、「区間全駅」ができるきっかけとなった、当サイトにとっては非常に重要なコーナーなのですが、「区間全駅」の駅が増えるに従い、本当は「気になる駅」として扱ってもよい駅を「区間全駅」の駅として、扱うようになってきました。それに従い、相対的に、従来「気になる駅」として扱ってきた駅の「気になる度合い」が低下してきております。

 そのため、昨年あたりよりこの扱いを考えてきておりましたが、今後は

 1.2002年3月以降(新デジカメ導入後)に取材した駅のうち、既に「区間全駅」との兼用ページになっている 動橋・金光・糸崎・六渡寺の各駅については、ページの構成・解説文を書き換え、「区間全駅」のみのページとする。

 2.2002年2月以前に取材した駅のうち「区間全駅」との兼用ページになっている 伏木・柏崎・高岡・有間川・名立・敦賀・熊山・上道・笠岡・前空、並びに次回更新以降の電鉄魚津の各駅については、改めて取材を行った段階で、「1」の扱いとする。なお、中滑川駅はこの先行事例です。

 3.今後、「区間全駅」に包括される可能性の高い、燕三条・脇野田・関山の各駅については、「区間全駅」に掲載後、2の扱いとしますが、できれば、再度取材をする。

 4.2002年3月以降に取材し、「区間全駅」に包括される可能性の低い天理駅・増毛駅は、解説・ページ構成を改め、「区間全駅仮置き場」とする。

 5.2002年2月以前に取材した駅で、「区間全駅」に包括される可能性の低い、夜明駅と船尾駅の扱いはおそらく「区間全駅仮置き場」とします。なお、船尾駅は駅の性質上、何らかの特別扱いを検討中。

 6.高岡駅は何らかの特別扱いを検討中。

 そのため、ちょっと再取材も絡んでいますので、1年以内にどうにかなるか分かりませんが、これらが終了した時点で「気になる駅」のコーナーは終了します。

3.前年からの継続事項

 6年間、更新を続けてきまして、第1版と扱う内容が変わってきています。その中で、サイトのコンテンツに、古いものと新しいものが混在しており、それがちぐはぐな状況になっています。そのあたりの整備と、古くからあるコーナーの再編を行っていきたいと思います。今のところ各コーナーの取扱として考えていることは…

 全体として…【このWebサイトのトップへ】というリンクが、「区間全駅」以外ではほとんど旧トップページへのリンクになっている現状、サイト名が変わっても、内容が変わっていない現状を踏まえ、このサイト全体を「二次元の旅」から「区間全駅ネットワーク」へ変えていく。

 JR各線を巡る旅の記録…特に見た目の部分を改良する。できれば置き去りになっている「詳細版」を完成させ、書庫扱いにしたいが、果たして…。このサイトの原点であるコーナーでもあるため、縮小はしないが、「完成」に持って行きたい。

 方面案内放送…現状に記事を追加するだけ。ただし、各ページごとで、駅の並び等に未整備の部分が多いため、そのあたりの改良をしたいです。

*****ここまで引用

ということで、差異分析ですね。

(1)区間全駅について
 東西への延伸は、ひょっとしたらできないかも、と書いてあるんで、ほんとにできませんでしたね。見通し通り。
 北陸については、この段階では「富山ライトレール富山港線」が開業していなかったので触れていませんでした。そして、一応、順調に進んだんですが、富山地鉄不二越・上滝線のみ未達成。ただしこれ、結構あやふやに書いてあるんで、(というか、目標の表現になっていないですね。「…を追加することにより、…北陸の全駅が追加できる」なんていう表現なんです。わざとですけど。)これが目標だったのかどうかよく分からないのですが、とりあえず進んでいるということで。
 あと、「二点の複数ルート化」については、奈良・関西本線・桜井線・福井鉄道・赤穂線・呉線というように、現実化している部分が多いので、これはその通りになっているといえるでしょう。

(2)「気になる駅」について
 詳細に書きつつも、実はほとんど現実化していないんです(ただし、これも1年間短期計画という表現でもなかったです)。上道・敦賀・脇野田・笠岡の各駅について差し替えたぐらいかなと思います。まあ、これも進行中ということです。

(3)その他
 「このサイト全体を「二次元の旅」から「区間全駅ネットワーク」へ変えていく」というのは、一応2月に実現しました。
 「JR各線を巡る旅の記録」「方面案内放送」については、体裁が変わっただけで記事の追加は一切ありませんでした。

 というあたりが、昨年書いた「1年を展望する」的文章と、現実との比較です。何となく、この1年間の流れと合致した部分もあるようですね。

| | コメント (0)

2006年12月19日 (火)

8年目は

 ということで、今日でこのサイト開設7周年を迎えました。開設当初から、「私個人の個人が見たもの・感じたものの記録を、御覧になっている方の目を強制力として充実させていく」という方針は変わっていません(表現はその都度変わってますよ)。そういうことで、続けていくことができているのも御覧になってくださっている方のおかげである部分も多いです。そういうことで改めまして御礼を申し上げます。

 さて、昨年までは「特別更新」として臨時ページを作ってやっていたこの「1年間を振り返り、向こう1年間をどうしようか考える」的文章ですが、今年はブログで行っております。昨日の「1年間を振り返り」に引き続き、今日は「向こう1年間をどうしようか」の部分です。ということで、8年目はどうやっていくのでしょうかということです。例によって若干割り引いて書いておきます。

(1)基本的には大きな変化はありません。
 逆にこれ、今サイト作成とは別に進めている「別件」(といっても何度も書いてますけどね)に対する目標でもあるんですけど、特に8月までは、基本的に「区間全駅」と「ここはかつて駅でした」に、定期的に追加していくだけにします。サイト構成の見直しや、コーナーの統廃合等は、特に8月までの間は行う予定はありません。更新の時間を短くしていますので、その短い時間は、上記2件のコンテンツ追加に集中して振り向けていくだけとします。といっても、「別件」の方が吹っ切れて、フェードアウトしてしまったら、その反動で大工事をしてしまうかも知れません。
 また、更新頻度ですが、「区間全駅」の取材に関しては、日帰りでふらっと行ってくることができるところが少なくなってしまいました。そのため、昨年よりも取材できる駅は明らかに減ると思います。平日更新等で、更新頻度を上げることは、昨年よりは減少すると思います。

(2)「区間全駅」の追加目標
●金沢から東へ
 ほんとは「金沢から東へ」の延長部分である、津軽線・海峡線・江差線・函館本線・室蘭本線・千歳線・石勝線・根室本線、と続けたいところなのですが、この1年だけで見ますと、その機会はあったとしても1~2回。その時に行かなかったら8年目もこの追加は、ないことになります。そのため、昨年もそうでしたし、来年以降もそうなのですが、この延長については、「1年間の目標」として短期目標に掲げることはちょっと無理がありますので、機会があれば、ということにします。

●北陸の路線
 昨日の訂正で、実は小浜線もこの1年間に追加したものでした(取材自体は6周年経過時点で終わっていました)。それはそうと、取材済の「富山ライトレール富山港線」を追加しますと、あと、北陸の路線で残っているのは、全駅取材が困難な黒部峡谷鉄道を除くと、富山地方鉄道不二越線・上滝線のみになっています。これはできればこの1年間で片付けたいと思います。

●北陸特急ネットワーク
 金沢発の昼間の定期列車が通る路線で、未掲載なのが東海道本線米原-名古屋、上越線六日町-越後湯沢の各区間です。これもこの1年間で片付けたいなと思うところです。(ただし、実現の保証はなし。一応この件に関しては下の「その他」に書いたことを受け、気分が乗らなかったらやりません。)

●その他
 あとは、その時々の気分や天気、日程の関係で行けたところ・行きたかったところを中心に、というところです。この1年は「繋げる」というノルマ的なものではなく、その時の気分を重視していきたいと思います。ですから、次は「どこを繋げますか?」的なお問い合わせには応じません。私でも分かりませんから。(実は今現在の気分で、地方私鉄に、一つ候補があるんですけどね・・・。)

(3)ここはかつて駅でした
 北陸の「区間全駅」が終わると、日帰りでふらっと行ってくるとすればこのネタになるのですが、「別件」との関係もありますので、充実をお約束するものではありません。ただし、今現在で結構取材済のネタもありますので、若干は充実すると思います。

(4)「気になる駅」の整理
 これは昨年も書いたんですが(明日以降でちょっとコメントします)、何となく整理したいと思いつつもそのままです。これは、「区間全駅」の取材進行の影響も受けつつ、優先順位は低いかも知れません。

(5)その他のコンテンツ
 「JR各線を巡る旅の記録」の「詳細版」追加掲載は、多分、ほんとに気分が乗らないとやらないと思います。というよりも、結構時間が経ちまして、掲載自体が困難になってきていますので、多分、この1年もそのままになります。
 「方面案内」は気になりつつもさて・・・。「思いつき!」は、ほんとに思いつき次第、というところで、目標の範囲ではありません。

 ということで、この1年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

7年目のまとめ

 ということで、今年は「○周年記念」という更新をしないことにしましたので(今、正式に決めました)、例年やっている「この1年間を振り返り、向こう1年間をどうしようか考える」的文章を、2回ぐらいのシリーズで、このブログでやってしまうことにします。時々書いていますが、このサイトでは年が変わるときや年度が変わる時ではなく、サイト開設記念日である12月19日をもって、こういうことをやっております。

 まあ、こうすることによって、ブログのネタもできて、よかったりします。

 ということで、今日は7年目最後の日でもありますので、「この1年間を振り返る」的な部分を書いていきます。

(1)「区間全駅」の充実(主に「その他」の部分)
 この1年間も、近年同様の「区間全駅」の充実がはかられた年でした。まあ、そうなるんでしょうね。
 この1年は、例年と違い、金沢から東・西(・北)へ延ばしていく、いわゆる「本線部分」の追加は一切なく、目次上「その他北陸」「その他」と表示されている部分が充実した年でした。
 特にこれにより、奈良線・桜井線・関西本線や、赤穂線・呉線のように、ある2駅間を複数のルートでたどっていくことできるようになったこと、水島臨海鉄道・水間鉄道(掲載進行中)のように、地方私鉄が徐々に増えてきたことなど、今までと違う展開になってきたのでないかと思われます。
 それと、北陸3県については、福井鉄道・北鉄石川線・富山私鉄富山市内線を追加し、石川・福井の両県については県内全駅を掲載することができました。

(2)「区間全駅」の充実(季節を変えるシリーズ)
 それとは別に、この1年についてはちょっとだけの試みでしたが、「田植えの頃の○○駅」のように、一旦掲載したものと別の季節に改めて撮ってみる、ということもはじめました。特に今後、ふらっと行って日帰りで「区間全駅」の取材をしてくるエリアがなくなってきますので、今後の展開の一つになってくるかも知れません。

(3)スタイルシート化の完成と新サイトへの移行完成
 2月頃に集中的に、既存のページのうち、手を加えていなかったページを補正しまして、全ページ「スタイルシート」を用いたものにしたことと、「JR各線を巡る旅の記録」などを新URLのサーバーに移転することにより、ようやく、全ページが「二次元の旅」から「区間全駅ネットワーク」サイトのページへと移行することができました。

(4)ブログの開始と掲示板の廃止
 掲示板の役割は以前より小さくなってきたことを感じておりまして、また、ある一時期、掲示板の様子がおかしくなってきたことや、スクリプト等によるスパム書き込みが増加したことも引き金となりまして、一旦、2月頃、掲示板が負っていた「制作者からのお知らせ」的な部分をブログに移行させて様子を見た後、4月に掲示板を廃止することにしました。
 本来は特に、制作者への気軽な接触手段としての役割(平たくいうと「はじめまして」的な書き込みをする場所)として残しておきたかったのですが、昨年夏頃からの様子を見ていると、残すことのデメリットが多いと判断しまして、廃止しております。
 今のところは、Webサイト全体の流れから見てみても、その方向でよかったのではないかと思っております。

 ということで、このあたりがこの1年間の流れです。で、ほんとは昨年書いた「7年目をどうしようか」という部分との差異を見てみたかったんですが、長くなってきましたので、これは明後日以降にさせていただきます。

| | コメント (0)

2006年12月17日 (日)

更新しました(第463版)

 今回の追加駅…水間鉄道 貝塚市役所前近義の里石才の各駅

 ということで、若干遅くなりましたが3駅追加。あと2回で水間鉄道は掲載が完了する予定です。

 さて、ちょっと前に書いていました7周年記念更新ですが、もしやるとすれば今週の火曜日なんです。と言っても何となく厳しいかなというところでして、どうせ1年間を振り返り、この後1年をどうしようか考える的な文章しか載せないんで、ブログでもいいかなと思っております。まあ、内容的には特別企画がない以外は例年と同じなんですけど、版数が変わる更新とはならないこと、また、元旦で削除されないことが違うところかも知れません。

 まあ、ブログを使っての「周年記念」も今回が初めてですから、こういう形に変えていくのもいいのかなと思っております。

 一応、今のところはどういう形になるか未定ということで。

| | コメント (2)

2006年12月14日 (木)

ブログをアップする日

 そういえば、2月15日にこのブログを初めて以来、結果的には毎日アップしています。時折例外がありまして、その日じゅうに家に帰り着かなかった日とかは、一度メールで「確保」しておいて書き換えたとかありますし、(ほんとはあとから書いて、日付を修正すればいいんですが)システム上の都合で(障害で)頑張っても、その日じゅうにアップできなかったとか、メンテナンスのときは、別のところにアップして後で転載したとか、「今日は更新ができません」だけの日とか(体調が悪い日)、そんな日もあるんですが、ちょくちょくとそういうことがありつつも、基本的に毎日アップしていたんです。

 で、申し上げておきますが、このブログ、毎日アップするなんてどこにも書いてありませんし、そのつもりもありません。はい。まあ、習慣というのは恐ろしいものなんですが、一度崩れると、そのまま消滅することもあったりと…。

 ということで、一応、今日までは、結果的には毎日アップしているんですが、あくまで結果でありまして、それは規定しているものではないということです。

 ただし、「長期休載」を防止するために、一応、努力目標として3日間空白を作らないということぐらいは心がけておきます。まあ、心がけなんで、規定でもないです。

 ということが、明日からの長期休載の前触れだったりして・・・。でも、一応、明日から変える予定もないですし、ネタがなかったらこんな感じで無理矢理作ります(笑。結局ネタがなかったんですね)。

| | コメント (0)

2006年12月10日 (日)

更新しました(第462版)

 今回の追加駅 北越急行ほくほく線 魚沼丘陵六日町の各駅 水間鉄道貝塚駅

 ということで、今日は微妙にバタバタしており(というほどでもないんですが・・・)、ちょっと遅くなりましたが3駅追加。以前にブログで予告しましたとおりの進行状況なんですが(ほんと、あの予告って、別にこの通りやろうという意図はないんですよ。あくまでどのあたりまでのネタがあるかな、というシミュレーションです)、水間鉄道を開始。一応、年内の更新でちょうど水間鉄道の全駅が終了する予定です。

 それと、本文中にも書いていますが、六日町駅について、ほんとは迷ったんですけど将来的に上越線の「区間全駅」をやる際、六日町-越後湯沢間、という設定ならそのまま六日町駅は北越急行ほくほく線としておいておきます。でも、その区間設定ですとちょっと駅が少ないため(六日町駅を除いて5駅)、もし宮内-越後湯沢間という設定(六日町駅を入れて15駅)にした場合(できた場合)は、「区間」の途中で別区間の駅を参照するのも不安定なんで(ただし関西本線に実例はありますが・・・)、六日町駅を上越線の「区間全駅」として扱う予定です。そういうことで、一応、今のところは北越急行ほくほく線としておいておきますが、将来的には移動の可能性があります。

| | コメント (0)

2006年12月 3日 (日)

更新しました(第461版)

 今回の追加駅…北越急行ほくほく線 十日町しんざ美佐島の各駅

 ということで、今日はちょっと予定がありまして(ほんとにちょっとなんですけど)、ささっと午前中のうちに更新をしてしまいます。予定通り3駅の追加としました。

 一応、有名どころの美佐島駅もあるんですが、あくまでこのサイトでは「全駅の中の一駅」ということで扱います。でも、写真が微妙に多いんですけどね。これでも、ボツにした写真って多いんです。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »