« 7年目のまとめ | トップページ | 差異分析 »

2006年12月19日 (火)

8年目は

 ということで、今日でこのサイト開設7周年を迎えました。開設当初から、「私個人の個人が見たもの・感じたものの記録を、御覧になっている方の目を強制力として充実させていく」という方針は変わっていません(表現はその都度変わってますよ)。そういうことで、続けていくことができているのも御覧になってくださっている方のおかげである部分も多いです。そういうことで改めまして御礼を申し上げます。

 さて、昨年までは「特別更新」として臨時ページを作ってやっていたこの「1年間を振り返り、向こう1年間をどうしようか考える」的文章ですが、今年はブログで行っております。昨日の「1年間を振り返り」に引き続き、今日は「向こう1年間をどうしようか」の部分です。ということで、8年目はどうやっていくのでしょうかということです。例によって若干割り引いて書いておきます。

(1)基本的には大きな変化はありません。
 逆にこれ、今サイト作成とは別に進めている「別件」(といっても何度も書いてますけどね)に対する目標でもあるんですけど、特に8月までは、基本的に「区間全駅」と「ここはかつて駅でした」に、定期的に追加していくだけにします。サイト構成の見直しや、コーナーの統廃合等は、特に8月までの間は行う予定はありません。更新の時間を短くしていますので、その短い時間は、上記2件のコンテンツ追加に集中して振り向けていくだけとします。といっても、「別件」の方が吹っ切れて、フェードアウトしてしまったら、その反動で大工事をしてしまうかも知れません。
 また、更新頻度ですが、「区間全駅」の取材に関しては、日帰りでふらっと行ってくることができるところが少なくなってしまいました。そのため、昨年よりも取材できる駅は明らかに減ると思います。平日更新等で、更新頻度を上げることは、昨年よりは減少すると思います。

(2)「区間全駅」の追加目標
●金沢から東へ
 ほんとは「金沢から東へ」の延長部分である、津軽線・海峡線・江差線・函館本線・室蘭本線・千歳線・石勝線・根室本線、と続けたいところなのですが、この1年だけで見ますと、その機会はあったとしても1~2回。その時に行かなかったら8年目もこの追加は、ないことになります。そのため、昨年もそうでしたし、来年以降もそうなのですが、この延長については、「1年間の目標」として短期目標に掲げることはちょっと無理がありますので、機会があれば、ということにします。

●北陸の路線
 昨日の訂正で、実は小浜線もこの1年間に追加したものでした(取材自体は6周年経過時点で終わっていました)。それはそうと、取材済の「富山ライトレール富山港線」を追加しますと、あと、北陸の路線で残っているのは、全駅取材が困難な黒部峡谷鉄道を除くと、富山地方鉄道不二越線・上滝線のみになっています。これはできればこの1年間で片付けたいと思います。

●北陸特急ネットワーク
 金沢発の昼間の定期列車が通る路線で、未掲載なのが東海道本線米原-名古屋、上越線六日町-越後湯沢の各区間です。これもこの1年間で片付けたいなと思うところです。(ただし、実現の保証はなし。一応この件に関しては下の「その他」に書いたことを受け、気分が乗らなかったらやりません。)

●その他
 あとは、その時々の気分や天気、日程の関係で行けたところ・行きたかったところを中心に、というところです。この1年は「繋げる」というノルマ的なものではなく、その時の気分を重視していきたいと思います。ですから、次は「どこを繋げますか?」的なお問い合わせには応じません。私でも分かりませんから。(実は今現在の気分で、地方私鉄に、一つ候補があるんですけどね・・・。)

(3)ここはかつて駅でした
 北陸の「区間全駅」が終わると、日帰りでふらっと行ってくるとすればこのネタになるのですが、「別件」との関係もありますので、充実をお約束するものではありません。ただし、今現在で結構取材済のネタもありますので、若干は充実すると思います。

(4)「気になる駅」の整理
 これは昨年も書いたんですが(明日以降でちょっとコメントします)、何となく整理したいと思いつつもそのままです。これは、「区間全駅」の取材進行の影響も受けつつ、優先順位は低いかも知れません。

(5)その他のコンテンツ
 「JR各線を巡る旅の記録」の「詳細版」追加掲載は、多分、ほんとに気分が乗らないとやらないと思います。というよりも、結構時間が経ちまして、掲載自体が困難になってきていますので、多分、この1年もそのままになります。
 「方面案内」は気になりつつもさて・・・。「思いつき!」は、ほんとに思いつき次第、というところで、目標の範囲ではありません。

 ということで、この1年もよろしくお願いします。

|

« 7年目のまとめ | トップページ | 差異分析 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。