« 通帳繰越マシーン | トップページ | 4万キロ! »

2007年1月19日 (金)

次の道府県は?

 この「区間全駅」、本当は(本当に)、興味のある「区間」の「全駅」をご紹介するというだけの意図なんで、青森から長崎まで繋げるとか、石川・福井の両県の全駅をご紹介してしまうとか、同一区間に複数ルートが存在しているとか、そんなことはあくまで「結果」であって、「目的」ではないんです。

 とわざわざいうのも疲れてきたんですが、まあ、虫食い的にランダムに「区間」をご紹介しているよりも、結果として上記のようになっていたら面白いでしょ?ということで、副次的な遊びとして、上記のようにしてきているんです。まあ、これも自己満足の一つであります。

 ということで、その中で、ある「府県の中の駅が繋がっている」という状態も、半ば意図的に発生しておりまして、現在、22府県の「どこかの駅」が繋がっているわけです。(ただし岐阜県のみ、現存しない駅で繋がっていますが取材日には存在していた駅なんで、このサイトでは繋がっているとしています(決して「みなす」ではない)。)

 これも、青森県~石川県~大阪府~広島県~長崎県、という「区間全駅」上の「国土軸」が形成されているため、この軸上の17府県に、長野県・岐阜県・奈良県などが繋がって22府県になっているんです。

 まあ、これも物理的に繋がっている46都道府県を(やっと「都」が出てきましたね。)繋げようと思っているわけではなく、過半数の道府県でいいかなと思っておりまして、そうなるとあと2道県でいいのかなと思うのです。

 ということで、やっと本題に入るんですが、この繋がりの中に入れることができそうな道県を考えてみることにしましょう。

候補1:北海道…ほんとこれ、繋げたいです。まあ、3泊3日あればいいのでないか(寝台で出発して、最終日は帰るだけ)ということで、是非とも今年中にはね・・・。
 一応、油川~蟹田の10駅と、中小国・津軽今別の計12駅ができれば、2つの海底駅は「仮置き場」にあるんで、一応北海道の「吉岡海底駅」まで繋げることができますね。難易度の高い知内と、あとは木古内も加えたいところですが。
 津軽線の運転本数が少ないんですが、歩けそうな駅間も多いんで、長距離を歩く覚悟なら大丈夫かなというところです。

候補2:愛知県…といっても、間にある岐阜県が、東海道本線経由で繋げてあるわけではないんで、そこから始まるんですけど、米原-大垣間の1時間に2本なんて、今までの「区間全駅」の歴史から見れば、何てことのない運転間隔なんです。あと、意外と日帰りが可能な場所でもあり、実現には近そうですが。醒ヶ井-木曽川間で10駅。名古屋までで計14駅。
 あるいは亀山まで繋がっているものを生かすとすれば、井田川~弥富間で12駅。名古屋までで計17駅。いずれにせよJR東海では初の本格的な「区間」となります。

以上、多分上記2道県が実現に近いと思うんですが、意外とこういう県も繋ぎやすいみたいです。

岩手県…東大館-兄畑で14駅。でもこれ、車がいると思います。あと、田沢湖線経由でも北上線経由でも20駅以内で岩手県に入れますね。

福島県…東新津-徳沢で15駅。これも車で行きやすい距離、なんですが、磐越西線って特に会津若松-新津間って日没後に1回乗ったっきりなんですよね。只見線経由でも越後滝谷から15駅目が田子倉駅です。

群馬県…関東地方で唯一、可能性があるんですけど、塩沢駅から土合駅まで9駅なんですね。(だから難易度が…)

(山梨県)…上諏訪から小淵沢まで7駅、と思いきや、松本まで繋がないとダメなんです。大糸線では22駅が未取材。黒姫からなら19駅。

和歌山県…天王寺から紀伊、ではなく大和新庄から隅田まで9駅。意外と橋本まで繋げるなら、可能性があるかも知れません。

鳥取県…実は駅数だけでいうと少ないんです。布原~上石見で5駅。でも難易度が高いです。

島根県…これも布原~備中神代~備後落合~三井野原で14駅。てか、これも列車では無理。

愛媛県…海岸寺~川之江で10駅。(津島ノ宮駅を除く)でもこの区間もほんと、1回しか乗ったことがないんですよね。

徳島県…金蔵寺~坪尻駅で7駅。これも塩入駅以南はどうすればよいのやら。このまま行くと16駅目で高知県なんですけど、難易度が高いです。

熊本県…久留米~荒尾で10駅。運転本数もそれなりにありまして、繋げるだけならね・・・。

大分県…南小倉~中津で17駅。久留米~夜明で11駅。てか夜明駅は「気になる駅」にあるんで、それを援用すれば10駅だったり。

まあ、10駅ちょっとで、割と繋がる道県ってあるものですね。

なお、一応、JRの在来線のみに絞って検討しました。また、駅数の数え間違えはあるかと思いますが、ご指摘は不要です。だいたい目的が達成されましたし。

|

« 通帳繰越マシーン | トップページ | 4万キロ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。