« 平日更新 | トップページ | 更新しました(第475版) »

2007年2月28日 (水)

やっぱり心理的影響ってあるみたい

 という題名にしてみたんですが、ちょっと日付が変わるんで、一旦アップ。

 ということで、ここ以下、日付が変わってからの書き込みになるんですが、さっき、勉強をしつつ、ちょっとあるCD(例によって吹奏楽ですよ)を聴いていまして、なんか、妙に悲しくなるというか、必要以上に寂しくなるというか、将来が不安になるというか、いつ、どういう死に方をするんやろうかとか(ほんとに)、なんか、ほんと、変わった薬でも飲んでしまったんではなかろうかという感じになってしまったんですね。まさか、先日解いた問題で「1年以内返済長期借入金」とか「貸倒引当金」のところを見直していることが影響しているとか・・・。てか、決算書ってそんな悲しいものですか・・・?。

 で、耐えられずに(ほんとに。私自身、普段は精神的には安定している方だとおもっとります。)、CDを変えてみたんですね。この前書き込んだJPスーザ作曲のマーチ。するとどうでしょう。さっきの不安がすべて消えてしまい、なんか、ものすごく楽しくなってきたんですね。

 ということで、音楽の影響大ということで。ほんと、音楽の心理的影響って、あるみたいです。

|

« 平日更新 | トップページ | 更新しました(第475版) »

コメント

当事者に近い立場で物凄い思い入れと共に、その奇跡的な過程をリアルに肌で感じた後の、これまた恍惚と不安(意味不明)の爆裂的な状況の中で聞いたあるオペラの中の一節の曲は、極個人的にはすさまじい印象を残すものでした。音楽でこういった気持ちになることもあるのだなと、改めて音楽の持つ何かというものを考えずにはいられない経験をし(以下ryk

というわけで、某工業でラッパを続けることになりましたとさ。

投稿: きゅー | 2007年3月 3日 (土) 00時14分

 お久しぶりです(でもないですか)。
 ラッパを吹き続ける件については奥さんの「日記」で見ていたんですが、ともかく、おめでとうございます。(と、当事者同士でないと分からない表現にしてあります。)
 歌詞とかで何かを感じる、ということは多くあるみたいなんですが、全く歌詞のない、演奏だけの音楽でも、結構何かがあるみたいなんです。
 14年ほど前にその某工業の定期演奏会を聞きにいったんですがやっぱり何かが違うんですよね・・・。

投稿: 川口@区間全駅 | 2007年3月 3日 (土) 21時26分

この記事へのコメントは終了しました。

« 平日更新 | トップページ | 更新しました(第475版) »