« 高山方面へ(その2) | トップページ | 高山方面へ(その4) »

2007年4月11日 (水)

高山方面へ(その3)

 今日は時間がない、というか、今日中にアップできるかどうか。一応、24:00を過ぎた場合は、11日の23:59に補正して、11日のブログとしてアップさせていただきます。

 ということで、続き。引っ張ります。

(2)打保駅で何をしていたか
 えっとですね。日曜日の書き込みの、日程を御覧になっていただくとお分かりのように、打保駅で、大変な時間を取っています。というか、時間を取りたかったのでもなく、代行バスの(というか、本来この区間を走っている列車の)運転間隔からして、これだけの時間を待たなければならないことになるんです。むしろ、これだけで済んだ、という表現にするべきで・・・。

 本当は、この前に2回通って、それぞれ10分程度、「時間調整」をしていた坂上駅で、どっちか、又は両方で取材して、ここを最後にしていれば、もう20分早い、飛騨市営バス・猪谷方面行きで、晴れて早く帰れたはず、なんですが、「どうせあとで坂上駅で時間あるし」ということで、待ち時間の間に取材しなかったのもよくなかったのかも知れません。

 まあ、駅舎は封鎖されていますから、ちょっと脇からホームへ入り、ゆっくり撮っても、そんなに時間はかからないんですよね。1時間28分もかかるはずがありません(笑)。ともかく、ちょっと町を歩こう、といっても、「集落」ですから、ちょこっと住宅の脇を通り、ちょっと高台の神社から見下ろしてみたり。というか、その段階で不審人物確定ですよね・・・。それで、川沿いへ出てみたり、でもやっぱり時間がありまして、そうやっているうちにちょっとぽつぽつと雨が当たってきまして、しょうがないんで駅へ戻り、でも、待合室に入れないんで、跨線橋で雨宿り・・・。ここにいてもあと半年、列車が来ないんですよね(試運転・工事用などを除く)。

 ということで、そんな感じで1時間28分をこの集落で過ごしました。まあ、そんなに苦痛ではなかったです。結構こういうこと、慣れてしまったのかも知れません。というか、最近、そういう時間が好きになってきています。

 そのあと、ようやく(ただし定刻)来た、代行バス、なぜか酔っぱらったおじさんたちが何人も乗っていた・・・・。何でやろ。

(3)坂上駅では
 待合室が封鎖されている杉原・打保の各駅と対照に、この駅は待合室も開いていて、トイレも使えて、ホームにも自由に入れて、しかも、ホームへのドアも開いていて・・・。多分、事情を知らなければホームで列車を待つ人もいるかも知れません。

 旧宮川村、現飛弾市の広報誌なんかも待合室にありまして、結構有意義な時間でした。やっぱり、バスの停車時間中に慌てて取材をしなくてよかった・・・。

 それで、やっぱりこの話、もう1日ぐらい引っ張るかも知れません。ネタがないのかというと実は珍しく他のネタもあるんですけどね。まあいつでもいいネタなんで、もうちょっとこの話題で引っ張ります。

 ちなみに、只今0:08。アップした時刻を補正します。

|

« 高山方面へ(その2) | トップページ | 高山方面へ(その4) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167158/14649800

この記事へのトラックバック一覧です: 高山方面へ(その3):

« 高山方面へ(その2) | トップページ | 高山方面へ(その4) »