« 更新しました(第496版) | トップページ | 上から »

2007年6月 4日 (月)

おひるね

 前回床屋へ行ってから3週間経ってしまったんで、昨日、床屋へ行きましたら臨時休業。その床屋へ行くために2つの床屋を通るんですが、どっちも開いとったし、何も違和感を感じんかったんですね。そういうことでしょうがないんでそのまま帰宅。一瞬、「安い床屋で5ミリぐらいの坊主にしてもらおっかな(前回3ミリで失敗しとるし。この前書いた文章参照。面倒なんでリンクしません。)」と頭の中をよぎったんですが、何となくこの前、短めに切ってくれたみたいで、そんなに鬱陶しくもないんで、1週間我慢してみることにしました。

 まあ、我慢できんかったら、どの日かの朝、出勤前に行ってみようかなと。その時はこのブログ、夜に書きますんで、もし朝、アップされとらんかったら、そうなったと思ってください(単に寝坊の可能性もあり)。そういうことで晴れた朝。おはようございます。

 それにしてもこの週末、ほんと眠かったんです。その前の平日の帰宅が遅かったということもありまして。まあ、私個人的にはそんなに忙しい週でもなかったんですが(逆に、その前のほうがきつかった)、基本的に「やるべきこと」と「やっていること」、そして「時間があったら是非やりたいこと」それと「忙しかったんで遅れていること」ということがいろいろとうごめいている仕事でして、それら全部やっていると、どれだけ時間があっても足りないんですね。まあ、ほんとどこまでやるかって、私の裁量内にあることがほとんどなんですけど。

 それで、一部忙しい人がいたんで、ちょっとその人々にお付き合いして、自分の仕事をやっていたんです(かといって手伝えるもんでもないし)。おかげで「忙しかったんで遅れていることのうち、早くやるべきこと」という部分はある程度解消されたかなという感じです。でもね、「遅い」といっても、前職やら、あと私が入る前のこの会社では普通の時間だったんですけどねー。慣れというのは怖いもんです。

 そういうわけで、土曜日の出勤のあと、15時頃帰ってきまして、ちょっとだけPCを触ったあと昼寝。この、土曜日まで働いて疲れて帰ってきて、夕食までの昼寝。多分ね、この流れの昼寝って、昼寝というものの中でこんなに気持ちのいいもんはない、というくらい、大好きな昼寝なんです。何て言いますか、ものすごい充実感があり、全く罪悪感のない、そしてすーっと眠れる昼寝。てか、昼寝でこんだけ熱く語る必要もないか・・・。

 そして、日曜日。いつもどおり早めに起きつつ、ちょっと長めにPCを触りつつ、遅い朝食を食べて昼寝(朝寝?)。あと1日にもう2回ぐらい昼寝をしているんですが、これは何となく「眠気」という毒素が体から出て行っているような感じがします。

 なんかね。ものすごく酒を飲んで、吐かなければならない状況になったとき(お食事中の方すません)、ちょっとずつ体からアルコールが抜けていって、でも残っている、そして時間が経ってまた吐くと、また体から抜けて、でもちょっと残っとるなー、という状況があるじゃないですか。それみたいなもんです。ここで「アルコール」という部分を「眠気」、「吐く」という部分を「昼寝」に置き換えてみると分かりますね。(分からんって?)

 そういうことで、夕方近くになって眠気という毒素が抜け、夕食を食べたあと、サウナに入りにスーパー銭湯へ行きました。帰り道、高くなったガソリンを入れ(なんでカード使えんかってんろ。久しぶりに現金で入れてもうた。)、帰ってきてからやっぱり何事もなかったかのように、すーっと眠れました。

 ということで、毒素も抜けたようなんで、また1週間頑張れそうです。

|

« 更新しました(第496版) | トップページ | 上から »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。