« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

2枚

 なんか、先日から「月末」ってよー書いていますけど、ほんと、今月末は意味もなく忙しいっていうか。通常の月末以上に、なんか忙しい状態になっとる、っていううえに、別にやらんならんこともあってですね。ほんと、昨日まで書いた「沈んだ状態」が早よ治ってよかったと思います。

 昨日なんかも、隣の県の西の方にある税務署から電話かかってくるし、別にうちの会社にどうってことない話なんやけど、個人的には楽しい話やし(笑)、何となく愛想よく対応しとるし。で、その後、近くにある税務署に3つほど一気に用事すませたり。ほんと、普通の会社の経理なんにこれだけ税務署に用事あるってがもどうなんやろと。

 でも、誤解のないように言いますけど、滞納しとるわけでも調査に入られとるわけでもないんですよ。一つの割と急ぎの用事に、いつでもいいような用事を2つくっつけただけ。割と機械的な用事です。それと、同じ建物の法務局にも行ってみたりね。

 そうして、午後からは県税事務所。ここ行ったんは多分10年ぶりとか、そんな感じ。中がどんなんやったかは全く覚えとらんかったぐらいやし。それと、その合間に結構、金融機関にも行ってみたり。

 ということで、普段、経理って割と長距離走みたいな仕事が多いんですよね。全体で一つの仕事を、ペース配分なんか考えながらやっていくと。でも、たまにはこうやって、細かい仕事を沢山集めた、っていう状態も面白いもんやね。割と、やることが一覧になったような状態になって、それを順番に、いろいろまわりながらこなしていく、って言うがも、結構、自分の性格には合っとるような気がします。

 そんなわけでおはようございます。川口でございます。

 さて、昼食って、いつもだいたい、コンビニのサークルKで買うとるんです。それで、「サークルKサンクス」で出しとるEdyカードであります「カルワザクラブカード」なんぞ使っておりまして、その次に使う頻度の高いサンクスでも使えますからね、結構便利なんですよね。で、この2つのコンビニで使うとポイントが貯まりまして、1年で結構貯まりました。只今、景品交換の申込み中。ちょうどキャンペーンで交換するハードルが低いこともありまして、2,500円分ぐらいの商品券になるみたい。

 って、ほんとはあんまりポイントポイント言いたくない性格やったんですよね。ほんと、ちょっと前まで「ポイントなんて、ケッ」って感じで、スタンプカードなんて作ってもすぐなくす性格やったんです。でもね・・・、なんか貯まると嬉しいやろ。やっぱりなんか、収集癖ってあるもんやね。逃れられんみたい。

 でも、ポイントが貯まっていくってことは、回り回って自分の負担にもなっとるはずやし、手放しで「トクした」なんて言うとれんのやけど、でも、ポイントを貯めんでも同じ事やしね。どうせなら貯めた方がいいんかも。

 ってことで、前置きが長かってんけど、普段の昼食はサークルK、なんやけど、会社で昼にちょっとアルプラザ(平和堂)に行って買い物してくる、って人がおったらついていくことも多いんです。だからここで昼食を買うことも多いんですけど。で、ここで買うときは白ご飯ベースにいろいろとおかずを組み合わせて、コンビニと同じ値段で、結構ボリュームある組み合わせが作れるし、たまにも面白いんですよ。

 それで、昨日、アルプラザ行ったら、Edyのチャージマシーンが置かれとるんですよね。そんで、レジに並んだらEdyで払えるみたい。つい、普段のコンビニの癖で「Edyで~」って言うて、そこにコンビニで使っとるカードを置いてんけど。そしたらレジの方「あっー」みたいなことを言うて、唐突に「全額Edyでよろしいですか」なんて言い出すんですね。そして「Hopカードお持ちですか」って。で、ちょっとしてから「Edy、今日からやし緊張しとるんです・・・、ああ、うまくいった」って。

 あー、なんかEdy初日に使ってしもうた?。そう、北陸3県のアルプラザ・平和堂で使えるようになったらしいです。でも、これで昼食のEdyカバー率がものすごく高くなりました。

 地方って、スイカでもイコカでもなく、やっぱり使えるがはEdyなんですよね。IDってもんもあるし、あと、いろいろ出てきとるけど、今のところEdyがいいみたい。スイカやイコカ持っとっても、地元やと全く使えんもんね・・・。

 で、実はここで、サークルKサンクスのカルワザクラブカードってEdyカードを使ってんけど、これでポイントが貯まるがはこの2つのコンビニで買った場合だけなんです。ってことで、今のこのアルプラザでの買い物は全くポイントに貢献せん状態。単に小銭を出さんで済んだ、っていうだけです。

 結構ね、Edy使えるところ増えてきたし、もう1枚、どこで使ってもポイント貯まるEdyカード、作っとこうかなと思っとるんですよね。てか、飛行機に乗らずにマイル貯めるってがもなんかカッコいいかも(笑)。全日空のマイルやと、他のポイントからも移行できるみたいやし。

 ってことで、貯めるポイント、また一つ増えそうな気配がしております。

|

2007年8月30日 (木)

1時間

 ちょっと今朝は、停電で。っていうか、単にブレーカーの関係なんやけど、ってことでうちだけ。そういうことで、PCそのものはノート型やし、バッテリーで動くんやけど、ネットが繋がらんし、今日はちょっと夜まで延期、って思ったんですが、今現在、電気は来とるんで、ってことで書いております。

 ということで、時間は少なくなってきていますので、今日は短めに、ってことでおはようございます。川口です。

 それで、何となく昨日から書いていました、ちょっと沈んでいる状態、ですが、昨日の朝ぐらいからよくなってきとるようです。ほんと、月末~月初めで、頭をフル回転させつつ、作業も多くなる、って時期やし、そんなこと言うとれんかってんけど、まあ、大丈夫ってことで。

 まあね、精神的なもんなんか、単に夏の間の睡眠時間が短くなる疲れが出とるんか、ともかく、やっぱり生きていく上で「ずーっと調子いい」なんてことはないと思うし、こういう、ちょっと沈んだ状態にうまく対処できるようになっていかないかんのやろうなと。ってことで、昨日は22時頃寝ました。

 そんで、会社でも個人でもメインバンクとなっとる某信用金庫に昨日行って、窓口さんのうち1人が「私、来月から他の支店に行くんです。お世話になりました」って話。ともかく「こちらこそお世話になりました、またお願いします」的はことは言うてんけど・・・。

 てか、そういうときってほんと、どう反応していいか・・・。「えーそうなんですか」って言うて「寂しいですぅ~」って言うて、感情を出す、っていうがもどうかと思うけど、けど、そういうことできる人って羨ましくもあるんですよね。

 割とね、人に何か言われたときって、感情的な反応をせんほうやと思うんですよね。何となく淡々と聞いて、無難に返して終わり。落ち着いとるっていう部分でもあり、何となく冷たい部分でもあり。で、あとから一人で「あーこういう返し方しとけばよかった」って思うんですね。

 昔、某お客さんが亡くなった、ってことを別の仕事先で聞いて、後からその電話をかけてきた人に「電話かけたとき、妙に落ち着いとったねー」って言われてんけど、なんかね、その電話を受けたときって、冷静に対処できるんですけど、あとからじわーっと来ましてね。何となくそれが徐々に動作に出るっていうか。1時間ぐらいしたらオロオロになってましたもん。

 ってことは、何となくショックに対する反応が鈍いんかなと思うんですけど、それがいい部分でもあったり、でも今回みたいな時はちょっと冷たい対応になってしまうんかなと思うんです。

 そんなことでこれって、持って生まれたもんなんか、小さいうちに形成されてしまうもんなんか、今からでも修正きくんかどうか分かりませんが、もうちょっと機敏に反応したいもんやなと思うのでした。

 でも、冷静に考えると、そんなに感情を出す相手でもなかったかも知れん(笑)。今回はこれで十分やったと、今思いました。

|

2007年8月29日 (水)

21:30

 やっぱり、なんか、ちょっと沈んどる時期みたいね。仕事しとってもなんかぼーっとしとるというか、体調悪いし。そう思ったらイライラするし、吐き気もしたり。って月末やしそんなこと言うとれん時期でもあるし、どっちかというと仕事自体は黙々とちゃんとこなしとるつもりやけど。

 って言うとったら、なんか、まわりには土日に原因不明の熱になったとか、頭痛やとか、そんな人もちらほらおったりして。

 そんなわけで、昨日も21時半過ぎに寝ました。それで、今朝はちょっといつもよりゆっくり起きてみました。何となくすっきりしとるんやけど、でもまだ戻って来とらんかな・・・。多分ね、夜に日記を書く習慣やったら、ほとんど何もかけずに、ちょこっと数行書いて終わり、って状態が続いとったと思います。何となく朝なんで割と書けますけど。

 ってことで、何とも言えん、壊れ気味の川口です。おはようございます。

 で、健康診断の結果。出たんですけど、えっとですね、単に体重が重いだけでした。血液検査なんか、全部正常の範囲内。何なら、中性脂肪・コレステロールなんか少ないぐらいやし。

 去年はGPTやったかな、これがちょっと多くて、要は脂肪肝、みたいな状態やったけど、今年は急激に下がっていましてね・・・。余裕で正常の範囲内でした。

 ってことで、まあ、BMIやら肥満度やら、そのへんだけ大きい数字が並んどるだけで、あとは問題なし。
 最近、プリンをよー食べとるっていうことはそんなに問題にはならんかったみたい。そうそう。それと前日にビアガーデンに行った、ってことも問題にならんかったようです。

 ってことで、「次は1年間、自転車通勤をやめてみたら」って、まわりから言われとるんやけど。こうやってちょっとずつ不健康にしていって、数字がどう変わるか実験、らしい。

 ともかく、何となく、自転車通勤で正常の範囲に持って行っとる、って部分もあるやろうし、これやめたらどうなるんやろうね。でも、そうなると体重も絶対に増えるやろうし、やっぱり今までどおり、雨降らん日は自転車で行きます。はい。

 ってことで、今日はそういうわけでそんなに話もないんで、このへんで。

|

2007年8月28日 (火)

9月

 雨ですね、雷ですね、ってことで、なんか、雷が鳴ると冬?とか思うんですけど、そういえば先日も結構大きな雷あったし。けど、そんなしょっちゅう、夏に雷ってあったかなと。ひょっとして温暖化?

 でも、北陸の方で「雷は夏」って印象のある方もいらっしゃるようですし(以前の掲示板での話題)、冬だけでなく、意外と夏もあるんかも知れんね。

 ってことで、外が暗いと起床時刻も遅くなる川口です。おはようございます。ってか、昨日、眠くて21時半には寝てしもうたし・・・。この「試験勉強を休むことができる」とされる1ヶ月って、どうも「えーい」っていうて寝てしまうみたい。

 というか、何となく昨日の朝あたりからバイオリズムって言うんけ?、何となく生きていく中で波があるんやけど、それが下がってきとる、ってことを感じております。そんなときは・・・早よ寝てやる、ってことで、今日も早く寝よ。

 それで、盆を挟んで、大糸線方面→上越線方面、と割と山の中にある(大糸線の場合はさほど山でなかったんですけど)駅をまわっていまして、なんか、ちょっと最近「山岳路線」ってもんに惹かれつつあります。

 多分ね、紀勢本線とか山陰本線とか、五能線とか、そっちの方にいってしまったら、海のそばの駅に惹かれて・・・、ってなったと思うんですけど、そういう意味ではやっぱり夏って、暑いけど自然の多い駅に行くと結構、印象的なものが残ります。

 それでね、何となく最近、気になっているのが、

 小海線・・・

 それで、9月の連休の時、岡山・広島方面って思っとってんけど、ちょっとそっちの方に惹かれていましてね。泊まることができる健康ランドとかも調べてしまっとるし。

 でも、このあたりに自由に乗れるきっぷって、周遊きっぷはなくなっとるし、信州ホリデーパスも18きっぷのシーズンが終わったら、同時になくなってしまうし、9月の3連休になると、ないんですよね。

 ってことで、18きっぷは今年、ちょっと妹に1回分、譲らないかんことになったし、もうないし、どっかで探してきて、今週末は土曜日、出勤になったし、来週末か・・・、何なら信州ホリデーパスにしてしまう?とか、いろいろ考えたんですが、きっぷの組み合わせやら、乗り継ぎやらいろいろ考えとるうちにめんどくさくなって、多分、行きません(笑)。

 9月になったら、ある用事を済ませるために、家に集中的に来る、って予告しとる某人もおるし、申し訳ないな・・・、って思っとってんけど、さほど迷惑をかけんことになるかも。

 でもね、緑のきれいな晩春~夏の間に、そのうち行きたいなと思う路線になってしまいました。(行く=「乗るだけ」でなく、当然、各駅に降りるって意味ね)。

 それで、9月の3連休にほんとに行きたいがは岡山・広島方面か?、って自問自答しとるんですけど、あっちにも津山線とか芸備線とか、山の方へ入っていく路線もあるし、そっちの方中心になるかな・・・。一応、今のところ、岡山の周遊きっぷにするか、広島の周遊きっぷにするかは考えていません。

 そんなことを考えつつ、ともかく、月末と、月初めは乗り切らないかんなと。バイオリズム下がっとる場合でないんやけどね。

|

2007年8月27日 (月)

4,000円

 毎週のように行く温泉で、浴室に入ったところに「かぶり湯」があるんです。で、ちょっと大きめの槽で、「低温」「高温」の槽がありまして、どんどんお湯が入れ替わり、そこでかぶり湯をして、あとはお湯に浸かるなりご自由にどうぞ、ってところなんやね。(まあ、そんなに変わったもんじゃありません)

 一昨日の土曜日に行って、21時を過ぎて受付終了時間も過ぎ、新しく入ってくる人はおらん、だんだんと人がおらんがになる、ってときに、なんかね、そのかぶり湯のお湯が入っとる槽に入る人がおるんやね・・・。「低温」ってところに(低温って言うてもぬるいお湯ってだけであって、水ではないよ)。まあ、大きいって言うても、完全に体を入れることができる深さでもないし、座ったらちょうど胸から上が出る、って感じなんやけど。

 なんか、妙に気持ちよさそうに、槽の壁に両手をかけたりして、ちゃんと浴槽として成り立つもんやってんね、これって。多分ね、そこだけ見たら何の違和感もない、最近の銭湯にあるみたいな一人分の樽とかそんな浴槽あるがいね、それに入っとる感じ。

 でその人、ちょっと入っとって、槽の壁に腰掛けようとして、まあこれは薄いし無理ねんけど、ほんと、違和感なかったです。どんどん人が入ってくる時間やったら、変な目で見られたはずなんやけど、入ってくる人もおらんし・・・。

 そんなわけでワシ以外にそれをじろじろ見とる人おらんかったみたいやし、この光景を変やと思った人はおらんはずなんやけど、知っとるだけに違和感がありました。

 ってことで、月曜日の朝。おはようございます。川口です。

 昨日はスーパー銭湯へ行ってんけど、26日ってことで半額。それに気づかずにまたもや回数券を出しそうになりました。日曜日と重なって、ちょっと人が多かったんで、早々に切り上げてきました。半額=いつもの半分しか楽しめん、ってことも覚悟しとるんで。

 それで、土曜日の話。仕事が終わって、前々日にとあるきっかけがありまして、ちょこっと前職の時のお客さんのお宅へお邪魔して、いろいろとしゃべってきました。だいたい2年ぶりなんやよね。ってことで、2時間半も自分の親より年上の方としゃべって来てんけど・・・。

 何か、ワシって結構無口なようで、相手と状況によってはえらい長時間しゃべってしまうことがあるんやけど。多分ね「うち来たら2時間半じゃ済まんやろー」って思っていらっしゃる方もいらっしゃると思いますが(笑)、条件適合次第、長時間しゃべってしまうことがあります。

 こうやって、たまに前職のお客さんとお会いすることがありまして、(念のため、多分、将来、前の業界に戻ることがあっても、多分、こうやってお会いしている方はその時は既に商売を辞めていらっしゃるぐらいだと思うんで、全く下心はないんやけど、)相手によっては今の会社での勤務時間に行くときは、営業担当者を連れて行ったりもすることもありつつ。でもね、こうやって前職の時と同様、いろいろと、とりとめのない話をしてくださる(ただし数字的なことは抜きにして)って有り難い話やなと思うんですよね。

 ほんとはね、やめて会社を移った当初、電話してくださったお客さんも他にいらっしゃってね、久しぶりにお会いしたい方も他に何人かいらっしゃるんですけど。なかなかきっかけがないと、特に遠方になるとね・・・。ってことで、忘れとるわけでないんで、もし御覧になっていらっしゃる方がいらっしゃれば、ってことで。土日でよかったら、お邪魔しますよ(笑)

 というか、最近の「公私」の「私」の部分って、前職の同僚やらが占めることが多いみたいで、いろんな意味で前の会社にいた8年半って濃いもんやってんなと思う次第で。てか、それ以外の人でそろそろ連絡してみたい人もおるんやけどね。

 さて、土曜日の話で、その後、床屋へ。6月にちょっといつも行っとる床屋さんが少し休業した機に、他の床屋にも行くようになり、その時髪型を説明するんが面倒なんで、ってことで坊主にして以来、続いとるんですよね。

 で、今はどうしとるかというと、2週間に1回、いつも行っとった床屋と、1,000円の床屋に交互に行っとります。となると4週間で3,000円+1,000円、ってことになるね。

 前は3週間に1回、あるいは冬なら4週間に1回、3,800円やってんね。それで、ほんとは2週間に1回行きたい、って願望がありつつ、「いくらかけるげん」って話にもなるし、ってことで3週間に1回やってんけど、髪型を変えて800円安くなった+1,000円のところに行くようになった、ってことで、経済的負担はほぼ同じで、2週間に1回体制を実現しました。

 てか、この髪型で月4,000円ってかけ過ぎやろー、ってことなんやけど、まあ、古くからの付き合いもあったり、あとね、普通の床屋って1,000円のところにはないような落ち着きもあるし、割とね高いけど得るもんって多いと思うんですよ。

 そういうことで、この土曜日は1,000円のところへ。これ、券売機で利用券を買うんやけど、1,000円札かあと、小銭で1,000円分ないと、無理やんやね。多分ね、ある種の従業員には一切現金を触らせない、って方針なんやと思うんやけど、両替は一切不可。まあ、そういう管理体制やし、ここに働いとる人に文句言うてもダメなし。

 っていうんは財布にはちょうど10,000円札しかなかったんですよね。あるいは1,000円未満の小銭と。

 ってことで、どうしようかと。崩してこようと思って、最初はそばにある郵便局へ。キャッシュカードはあるし、おろしてみよう、と思ったんやけど、閉まっとった。そばにある100円ショップに入ってんけど・・・・。見れども見れども欲しいもんはなし。こういう時に限って、ほんと、欲しいもんってないですね。いやほんと頑張ったけど無理やった。

 それで、結局そのそばの薬局で、ある薬を買いまして。この前買うたばっかりやし、すぐにはいらんげんけど、多分、もう1回は買わないかんかなと思っとったところやし。ってことで、薬代+床屋代で、普通の床屋と変わらん支出になっておりました。

 そうしてカード全盛のこの時代に、ちょっとした札がないために苦労しつつ、床屋へ。なんかね、数回来とるけど、既に前回ぐらいから顔を覚えられたみたい。今回なんか「6ミリでしたね、で、後ろとかちょっと短めにするんでしたよね」って、ちゃんと髪型も覚えてもらっとるし。この姉ちゃん、割といい感じで刈ってくれるんやよね。1回、別のオバチャンやったけどその時は、ちょっと不満が残ったけど。当たり外れあるね。

 ほんとはね、この1,000円の床屋の部分を、自分でバリカン買ってきて、それで、やってしまおうかと思っとったんですよ。でも、こうやって覚えられると・・・、何か弱い。今度も来ないかんがいね。

 それで、最近、2週間に1回になって、かつての「夢のようなの頻度」を実現したんやけど、実は、最近それでも満足できんくなって「1週間に1回行きたい」なんて思っとるんですよね。まあ、前の普通の髪型の時が、横とか2ミリやったし、ある意味前より伸びた部分もあるし、ってことも関係しとるんやけど。そうなると、自分でやるしかないかなと。で、今まで行っとった床屋にいくときだけ、2週間刈らずにおいといて、って思っとったんです。

 まあ、これ、ほんと人間の欲って限りないもんやし、そのうち6ミリでなく、3ミリになり(かつて失敗した長さ)、そのうちスキンヘッドになって、毎日剃らな、とか言い出しかねんし、どっかで線を引かないかんげんけど。

 ってことで、ちょっと話は飛びましたが、こうやってね何か覚えてもらえると、嬉しいし、結局行ってしまって・・・。1週間に1回、自分で刈る計画は、当分実現しないと思われます。

|

2007年8月26日 (日)

更新しました(第511版)

 昨日、いつもいく(先週は行かんかった)温泉に行く途中で、車の総走行距離が42,000キロに。5年前、中古で買うたときの総走行距離が22,000キロぐらい、と思っとったし、やっと自力で20,000キロやなー、と思って車検証付属の書類を見てみたら、21,800キロぐらいやったみたい。

 てことで、ともかく5年で20,000キロって多いがか少ないがか・・・。まあ「少ない」って部類の中で「多い」、っていう感じかと思います。それと、最初の2年って、ほんとほとんど乗らんかったし、それも含めて、なんです。ちなみに、前職の仕事中にそれ以上乗っとるんで、ワシ個人の総走行距離はこんなもんではないんやけどね。

 そんなわけで、更新の用意をしていましたんで、今日はちょっと遅めに、こんにちは。川口です。

 今回の更新内容・・・篠ノ井線/平田駅 大糸線/飯森・海ノ口・稲尾の各駅。

 そういうことで、2週間前に大糸線方面に行ってきたときのもので、既存の区間を完成させるという位置づけの4駅です。

 平田駅は、後から追加された駅ですし、無理して追加する必要もないってことにしてあるんですけど、やっぱり悔しいんで追加しておきます。さくら夙川駅と同じ日に開業した駅ですね。

 ちなみに、掲載されている区間で、駅・電停が追加されているところはあと2つあるんですけど、一つの電停は、さほど遠くない将来に撮ってくるかもしれません。あと1つの駅は多分、意地でも追加せんと思います。といいつつ、やってしまうかも知れませんが、そうなると既存の1駅も改称されとるんで、そっちも撮り直すかも知れません。

 あとは、大糸線の3駅。ヤナバスキー場前駅を対象としなければ(しないので)、信濃大町まで繋がりました。来週からはその後を続けていき、松本駅まで繋げていきます。

|

2007年8月25日 (土)

65点

 某学校から、この前受けた試験の「解答速報」ってもんが届きました。この試験って、問題は持ち帰ってもいいんやけど(ってか、持ち帰らないかんのやけど)、解答の公表ってない試験なんですよね。まあ、世の中には試験問題すら持ち帰れずに、アルバイトか何かの受験生が一生懸命に問題文を覚えてくる、なんて試験もありますが。

 で、解答自体は各学校の講師が作ったもので、必ずしも正解とは限らんみたいやけど、だいたいそれで合っとる、ってところみたい。てか、この「解答速報」、全11科目分の問題と答え載っとって、家にも何年分もあるし・・・。結構スペース取っとるんやよ。この冊子自体は各学校のパンフレットの意味合いも兼ねていて、積極的に配布しとるみたいです。

 でね、改めて答え合わせしたり、あと、予想のボーダーラインなんかも載っとるんやけど、なんかね、ほんとそのボーダーライン上におるみたい。まあ、文章で書いてくる部分が全くどう書いてきたか覚えとらんし、何とも言えんけど。

 仮に今年は65点で合格やとして、65点も100点も一緒なんやよね?。で、64点も0点も一緒なんやよね?。なんか試験って残酷です。まあ、この試験の場合は落ちたとしても惜しかったんか、問題にならんぐらいやったんかは教えてくれるんやけど・・・。

 まあ、何回も書いとるように、特に直前なんかはあんまりやっとらんかったし、受かったら儲けもん、ってことで。落ちとっても来年に繋がるはずです。ってことでいつもの結論でした。

 おはようございます。川口です。今週は3週ぶりに土曜日の出勤です。

 と書いたものの、さて、今日も何を書こうかと。何か最近、夜が眠くてね。昨日は22時半ぐらいまで起きとったけど、21時台とか結構多くなってきたし、旅行中なんかは20時台には寝てしまうしね・・・。

 代わりに朝は割と早くなってきまして、必要があればもっと早く起きれますし、というか、この日記自体も朝書くようになって結構時間が経っとるし。どうも、季節柄ってこともありますけど「夜弱く、朝は割と強い」っていう分が、年々強まってきとるみたい。

 最近、自動車学校の車多いですね。大学生なんかがこの時期に通うことが多いみたいやけど。ここにいずれ書こうとしとることで、「自動車免許を取ることの是非」なんてもんもあるんやけど、今日はそれ始めるとちょっと時間もなさそうなんで、自動車学校について、ってことで。

 えっとですね、結構ワシ、いわゆる「補習」ってもんが多くついた部類でして、要は各段階でこれだけ教習を受ければいい、ってやつを結構超過しましてね。だいぶ金かかりました。その年は大学の学費をとある事情で(合法的ですよ)免除頂いとった年やったんで、その分、自動車学校に、ってことになったんやけど、それで結局は大学の学費以下やったし、ってことで、よかってんけど。(前にも書きましたが、通学往復5時間やったんで、アルバイトとかやる余裕がなかった。)

 確かに、ある部分は結構飲み込みいいんですけど、反対にある部分はすごく飲み込みが悪い、っていう体質でして、運転の実地教習についてはほんとね・・・。まあ、飲み込みが悪いってことと、その自動車学校自体、例えば仮免の試験までに時間が空いとったら、何やかんやと補習にさせられてしまう、っていう方針みたいやったし、ってこともあるんやけどね。

 ただ、その反面、学科は結構よかったですよ。だいたい講義だけで内容分かるし、問題もワンパターンやから、練習問題を1回解くだけで、あとは1回見た問題の組み合わせが多いもんね。なんか引っかけてあっても、その引っかけとる部分がすぐ思い出せるって感じで。

 でもね、今から思うと、多く乗った時間と金って、無駄でもなかったみたいです。多分、自動車学校流の乗り方って、自動車学校で教習を受けとる時しかやらん方法なんです。だから、できれば時間をかけて、教習を受けとる時だけでも、自動車学校流の乗り方って体にしみこませといたほうがいいんやよね。

 例えばね、狭い道から広い道に出るとき、信号のないところやったら、「止まれ」って標識あるけど、無視する人多いもんね。まあ、「止まれ」で停まって、あとはちょっと出て、道の前でもう1回停まらないかんげんけど、それでいいやろ。

 だって、車に乗るくせに自転車にも結構乗るものから見たら、この「止まれ」標識を無視するって、怖いもん。虫の居所が悪かったら、ぶつかってやろうかと思うもん。でも痛いし、直前でやめて、睨み付けるけど・・・(自転車やと性格が悪くなる人)。

 けどね、自動車学校流の乗り方が身についとったら、割とこの停止線って守るんやよね。ワシも結構これ、守ってしまうもん。まあ、スピードに関しては法定速度内、っていうよりもまわりに合わせな、逆に危ないけど・・・。

 そういうことで、免許取って11年ぐらいかな、今のところ全く違反で捕まらず、事故も起こしとらん、っていうがも、自動車学校で多く乗ったから、って部分も多いんかなと。

 もちろん、ストレートに教習が終わったら絶対に事故・違反をするってわけでもないし、多く乗れば逆に事故・違反は減るってもんでもないし、むしろ相関関係がない、っていうか、ちゃんと調べてみたらむしろ、逆相関なんかも知れん。でもね、その人個人の中で、自動車学校での乗り方を体にしみこませておくことって、その後の長い人生を考えたら、別に損でもなく、むしろプラスになる部分も多いかなって思うんです。というか、経験上、そう思います。

 だから、教習を受けとる時は「ワシって運転に向いとるんやろうか」「こんなに金かけて」って思うんやけど、後のことを考えたら、それ以上にプラスになる部分は多いはずやし、むしろ多く教習を受けれてよかったなと思うのでした。

 って書いて、今日、事故起こしたら恥ずかしいし(笑)、避けようかなと思っとったネタねんけど。でもね、交通事故って、単独事故は別として、状況から見てやむを得ん場合もあるしね。だから、多く教習を受けた=事故を起こさん、ってわけでもないんやけどね。

 追記:免許取って11年、って書きましたが、確認すると今年の10月で13年でした。ちょっと年齢をサバ読んでしまいました。すません。(同日18:20)

|

2007年8月24日 (金)

20時

 なんか、昨日、夕食を食べとるときに、ある方から頂いたお電話で、考えとったことがぶっ飛んでしまったんやけど・・・。具体的には書かんのやけど、なんかね、最近思っとる方向性と違う方向に誘導されそうな電話やったんで、はい。ってことで、冷静にここに書くことも考えれんくなっとるんですね。

 ってことで、さっきから無意味にいろんなサイトを見とるんですけど、大した事件でもないんですけど、なんかね、要はぶっ飛んどるんです。ってことで、外からの刺激には意外と弱い川口です。とりあえず、おはようございます。

 ともかく、話は別やけど、仕事中に思いっきり笑える会社ってやっぱりいいなー、と。怒りの話から、最後はちゃんと笑い話になっとるというね。

 たまに仕事上の用事あって、前の会社に行くんやけど、その時の様子を見て、つくづく、会社変わってよかったなと思うんですよね。といっても、今の会社におるんは前の会社におらんかったらあり得んことやったし、否定しとるわけでもないけど。

 何となく、今の状況が当たり前のことになってきています。前の会社は、会社が悪いってわけでなく、業界的に、業務内容的に静かに、無言でやるって言うことが当たり前のようになっとるんです。だから、今の会社の業界と違うんやけどね。でも、前の業界にはいずれ戻ろうと思っとるんやけど・・・、今の会社の、こういう楽しい状況、当たり前のことって受け止めてしまっても、今のところはいいんやろうな、って思いつつ。はい。

 ってことを何となく掘り下げて書こうと思ってんけど、今の状況やと、ほんと、朝なんに頭ぶっ飛んどるし、何書いてもうまくいかん。昨日の夜やともっと大変なことになっとったと思います。ってことで、今日は長くないですが、ここまで。

 P.S.そんで、頭がぶっ飛んどった件ですけど、朝食後、別の方のところに電話することによって無事解決。ってことで、終了。それと、久しぶりに、昔、大変お世話になったその方(今電話をした方)と明日、お会いできるんで楽しみ~。(当日8:25追記)

|

2007年8月23日 (木)

6分

 昨日は雨、ってことで、久しぶりに車通勤。結局ね、ズボンとかベルト、あと靴に至るまで全部会社に置いてあるんで、車といえども私服で行かんとダメなんやね。っていうか、家からフォーマルな服装(って表現で大丈夫?)で出れんってことなんですけど。

 そういうことで、ほんとは自転車やと汗かくし、って意味で私服で行って着替えとるんですけど、車の時もそうせざるを得ないと。なんかね、普通列車に乗っとって、特急列車の通過待ちで6分とか12分とか(特急2本の時)の停車。でも、特急が大幅に遅れとって、あるいは運休で、通過していく特急もないまま、特急待ちの時間だけ長時間停車して、定刻通り発車してしまう、ってことありますよね。なんで停まっとるんやろー、って状態。なんかそんな状況に近い空しさを感じるんやけど・・・、意味不明ですね。はい。

 そんなわけで、昨日は帰ってきてから何かやろうかなと思いつつ、眠くなってイライラしてきたんで、21時半には寝てしまった川口です。おはようございます。

 だいぶ寝たなー、って思って雨も降ってきて窓閉めな・・・って目を覚ましたときは23時半でした(笑)。それでもやっぱり眠い・・・。また暑くなるみたいやし、雨降って涼しいときに寝ておこっと。

 さて、昨日、某メインバンクの担当者が会社にいらっしゃいまして、何かワシに用があると。何やろー、って思ったら、投資信託の価格が大幅に下がっとるしフォローにまわっとるらしいと。

 まあね、別にフォーローされても、戻るわけでないし、別にいいんやけど、でもワシが言うたこと「ひょっとして今買うたらいいんでないです?」っと。株価が大幅に下がったときに、ナントカ平均株価連動の投信なんて、買っておくと多分、いいんでしょうね。(でも、もっと下がるかも知れんし)

 ちょっとしゃべった後「まあ、こんなときもありますよ」って言うと「皆さんがそう言うてくれるといいんですけどね・・・」って。

 やっぱりね、投資信託の意味も知らんと、勧められるままにやっとる人、多いんやろうね。「元本割れすることもあります」って書いてあるけど、その意味をちゃんと考えとらん人が多いんやろうと。

 まあ、銀行やら信金に勧められるぐらいの投信やったし、そんなに期待はしとらんし、半分は「お付き合い」って意味もあるんやけど、それと、やめたりするときの窓口も近いしね。あと、定期預金を崩すいい口実にもなるし、ってこともあって。

 この信用金庫で投信をやる前って、前の会社経由で扱っとった投信も持っとって、一つは一月の給与手取額の半分以下しか持っとらんし、あともう二つは月に1万円ずつの積立型かな。このうち一つは、割といい動きしとるんやけど。

 そして、この信金でやっとる投資信託。これもね、一応、期待はしとらんけど、投資対象をバラす感じで3つの銘柄に分けたし。だから、どれかがよくても、どれかが悪いとか、そんな状態になっとるみたい。一応これ、期待通りなんやけど。

 で、その信金で投資信託をやるときも、あくまで前職の退職金をそのまま定期にしてあってんけど、それをそっくりそのまま(ただし、一部分だけ税理士試験の講座受講料…結局受けんかった科目…に回した)使っただけやし。

 つまりね、そんなに「コツコツと」貯めたお金は投信に使っとらんのですよね。あくまで、普通に手元に置いておくお金の次、何かあったときのための定期預金の次、多分今の状況やと使うことないやろうっていう定期預金の次ぐらい、生活環境が大きく変わるか、何か事業をするか、あるいはそれがなかったら老後まで多分、手をつけんやろうなって思っとった定期預金、っていうぐらいの位置づけのもんを回しただけやし。

 だからね、減って困るお金なんか投信に回すもんじゃないんやよね。前職での退職金なんて、会社移るときの失業期間がなかった(曜日の都合上、間に土日だけうまいこと挟まった)ってこともあって、本来はほんとに職というものから退くまで置いておくもの、って性質のもんやし、そんなものを投信にしただけやし。

 だからね、別に短期間で下がったからって別にどうでもいいんです。この先数十年のうちにどっかでいい時期があればそれでいいんやよね。

 だから別に、今だけ、しかも他所の国の原因で大きく下がったから、って目くじらを立てとってもしょうがないし、株価やら外国為替やらが変動したら、基準価額が変動する、っていうんが投信てもんやろと。

 って書くほど、実はあんまり投信やら株って知らんのですよね。だから怖くて株なんて手を出せんのやけど。でもね、元本割れすることもあることは分かっとるし、すぐに使うようなお金なんか投信に回したらいかんって分かっとるし。金融機関とのお付き合いといえども、あくまで自己責任ってことです。

 てか、一部の石川県民は、かつて、金融機関とのお付き合いで、ものすごくリスクの高いものを買わされたことがあったか。・・・今は亡き石川銀行の株。

 けど、世の中、投資やらに限らず、結構「自己責任」ってもんが増えてきたね・・・。いわゆる格安航空券ってやつもそうやし、安いとある意味、自己責任部分が増えてくると。

 てか、「18きっぷ」も遅れたとき・運休時の扱いとか、ある意味「自己責任」の要素が強い商品なんかも知れん。

 投信も18きっぷも、ちゃんとその性質を分かって使わんとね。(結構いい結論になったね・・・)

|

2007年8月22日 (水)

2滴

 夏も終わりやね・・・、って、今朝はちょっと気圧の谷とかなんとかで、もうちょっとしたら雨が降るとかどうとかで、すごいいい風が入ってきとるんですけど。昨日も朝、何となく風が違ったし(でもそのまま自転車漕いで会社着いたら暑かった)、夜なんか、窓全開にすると、秋の虫の鳴き声が聞こえてくるしね・・・。

 昔、珠洲におったときは「盆済んだらクラゲおるし、海入ったらいかん」って言われて、海水浴できるがも盆までやったし、8月も20日すぎると、もう、秋ではないけどちょっと別の季節かな、っていう意識があるんやね。

 ってなると、今年、梅雨明けるが遅かったし、「ほんとの夏」って、ほんと10日間ぐらいやってんよね。冬って「ほんと、この時期が冬真っ盛りです」なんていう時期が割とはっきりしとらん、っていうか1~2ヶ月ぐらい続くような気がするんやけど、夏の最盛期って割とはっきりしとるもんやね~。

 ってことで、未だに自分の部屋のクーラーを付けとらん川口です。おはようございます。多分、台風とか大雨とかで窓開けれん日に1~2回は付けないかんと思うんですが。

 そういうことで、久しぶりの普通の日記。

 月曜日に昼ご飯食べとったら、何人かの人に「目もらいやー」って言われまして。そーいえば、日曜日に越後湯沢駅そばの某ホテルで目覚めたとき、何となく目の下に違和感があったな・・・。で、鏡見てみると、あーほんとや。右目の下がなんか腫れとる。

 てか、これが「目もらい」あるいは「ものもらい」ってやつやってんね。どこの地域か忘れましたが(多分、割と身近な地域)「めぱちこ」なんて言うんやけど、「目もらい」「ものもらい」っていうがも、果たして日本標準の言い方なんかどうか・・・。割とね、方言と標準語の区別って分からんことあるもんね。「ちみる」ってずっと標準語やと思っとったぐらいやし。(「つねる」の意)

 で、そーいや、これぐらいの目の腫れ、ってたまにあるかも。前の会社ってこんなことになって、ちょっと病院へ行こうとしても、何かと不利な扱いになるし、まあ、終業の17:15から行くって手もあってんけど。今は終業が18:30で、終わってから医者ってわけにもいかん代わりに、日中、こんな感じで軽く医者へ行かせてもらえる、っていうこともあるんです。

 ってか、3人ぐらいの人に「ひどくなったら切らな行かんし痛いぞー、早よ行ってこい」ってことを言われ、脅かされて、イヤでも行かないかん状態に。

 ということで、某信金へ行った後、その足で某眼科へ。

 この前は耳鼻科やったし、ほんと最近、命に関わらん細かいことでちょくちょく医者行くなと・・・。耳鼻科・眼科と、割と診察室とか、診療器具とか独特やね。眼科は昔行ったことあるんやけど、あんまり記憶になかったし。

 そんで、できたばっかりの目もらいやし、ってことで、薬を渡されまして。

 目薬。えっとですね。これ、多分、使うがって、「大人になってから初めて」とか、そんなレベルやと思います。10数年ぶりとか。ほんと、それだけ今まで視力以外で目に気を使うことなかってんよね。

 なんかね、目薬を差そうとして、目の上に薬が出てくる部分が何となくぼけて見えるやろー。そっからしたたり落ちてくる点眼薬。なんかね、ほんと迫り来る恐怖って感じで。

 頑張って目はつぶらんのやけど、これだけ恐怖に耐えた上に、上のまぶたの上に落ちたりとかね。

 ほんと、慣れとらんとこういうがって意外とね、難しいんやよね。(ってことを書きたいがためにえらい前置き長かったこと・・・。)

 普段、しょっちゅう目薬をしとる人には「何言うとるん、この人、頭悪いやろー」って思われるかも知れませんが、ほんと、10数年ぶり、ってなるとね。しかも10数年前の分も「たしかあんとき眼科行ったし差したはずや」っていうことで言うとるだけで、明確には記憶なく、ほんと目薬を差したことを覚えとる分で言うと、小学生とかそのへんまで遡ってしまうんですよ。

 ってことで、意外な弱点の一つでした。

|

2007年8月21日 (火)

それでは補足を

 そういうことで、この前の土日に上越線方面へ行ってきたときの話をトピック的に。

(1)六日町から浦佐方面へ進まなかったもう一つの理由
 昨日、ちょこっと、六日町~越後湯沢を終わらせた後、どっちへ行くか、で、「あっちの方が面白そう」って言うて水上方面へ進んでいった、ってことを書きました。

 となると、越後滝谷~五日町、って面白くない、ってことなんか、ってことになるんですよね。反対の方向には土合とか湯檜曽とか、もっと濃い駅が多いんで、それに比べて、ってことになるんですけど、別にこっちの方向も面白くないわけではないんです。むしろ、好きな部類に入る区間です。

 でもね、実はこの越後滝谷~五日町って区間、割と「訪問済」って駅がちらちらとあるんです。このサイトで「未取材」って言葉を使っていますが、「未訪問」って言葉は使っていないんです。つまりですね、「訪問済で、未取材」って駅が少なからず存在しまして、それが結構、この区間には多いと。

 例えば、「乗りつぶし」をやっとった頃に、只見線に乗ろうとして、その場合は時間があれば小出駅は「訪問済」になるんでしょうけど、その時、さらに時間があったんで、越後堀之内で降りて、トボトボとあるいて、小出駅に行く、なんてこともやっとるんですよね。あとは、越後川口駅も、飯山線に乗るときに降りとるし(その時は飯山線で、隣の内ヶ巻駅まで歩いとったりする)、ってことで、そういう駅がいくつか存在するために、ちょっとあえて避けた、って部分もあったのでした。

(2)湯檜曽駅
 この駅、水上方面のホームに最初降りまして、なんかね、駅舎の方へ向かうと独特の涼しい風が来るんですよね。反対側のホームがトンネル駅になっているため、そっから来る風なんですけど・・・。
 それで、かつて有人駅だった、独特雰囲気のある駅舎を見て、あと、掲示物を見て新潟県内ではない、ってことも実感しつつ、ちょっと橋の下あたりまでウロウロして。

 そうして、反対側、越後湯沢方面のホームへ。新清水トンネルに入ってすぐにあるこのホーム。ホーム自体が広いため、なんか今まで訪れた、筒石・美佐島・両海底駅と違って、落ち着いた雰囲気もあります。ホームの端から端まで歩いてみたんですが、トンネルの入口であるという何となく安心感のようなものもあり、かといって、奥の方へ行くと、何となく不安感もあり。

 時折、水がちょろちょろ、いや、ざーっと流れている音もしまして。そういうところで一人佇んでいたんですが、ほんと、いい雰囲気でした。途中から家族連れが1~2組(一組はすぐ帰った)も来たりしたんですが、一人でいた時間も長く、落ち着けました。

 っていうか、リンク先某サイトさんを今、ふっと見てみたんですが、土合駅よりもこっちの方が気に入っていらっしゃる・・・、そうですよね。ほんと、いい雰囲気でした。ってわざわざ強調するがには、次の話へ繋がるんで。はい。

(3)土合駅
 ということで、湯檜曽駅に引き続き、土合駅へ。えっとですね。やっぱりこの駅、観光地やった・・・。まあね、別に観光地化された駅って、イヤというわけじゃないんやけど、なんかね、前に湯檜曽駅でいい雰囲気を味わっとるだけにね・・・。

 はい、ってことで、いきなり越後湯沢方面のホーム、つまり、あのトンネルの中にあるホームに降りたんやけど、一緒に20~30人ぐらい降りたでしょうか。まあね、確かに、新幹線があって、メインルートでない、ってなると谷川岳や、この駅目的の方も多いでしょうし、まして午後なら、改めて谷川岳、ってわけでなく、この駅に来た、って人も多いでしょうね(ワシもその一人)。また、この駅に1時間半ぐらいいて、反対方向へ帰れる、ってことでお手頃な組み合わせでもあるんですよね(ワシもその一人)。

 そんなわけで、フラッシュが多いこと。駅名標には人だかり、あと、あの階段の前で記念撮影する人多数。あとね三脚を付けて駅名標を撮る人やら・・・。

 そういうことで、まあ、あのトンネル内のホームには寂しさも何もなく。とりあえず、端から端まで歩いて、まあ、端の方、電気もないところへ行くとやっぱり寂しさがあるんやけど、でも人の声は聞こえると。

 人が少なくなるのを待って、いろいろと撮りまして、それでまあ、あの階段を上り、駅舎へ。駅舎もそれなりにいい雰囲気なんやけど、やっぱり山小屋状態。人が多く・・・。でもね、駅前が砂利やったりと、山小屋の雰囲気ではあるんですよね。

 それで、この駅で1時間半以上。雨降っとるし、周辺をウロウロ、ってこともできんし。さて・・・。もういっかい、越後湯沢方面のホーム、行ってくっか?、ってことが頭をよぎりまして。

 そんなときにそんなこと考えたら・・・、実行してしまいますよ。はい。ってことで、気がつくと、あの階段を下りていました。

 でね、この駅、車で訪れる人も多いんですよね。だから、別に電車の時間なんて関係ないんです。途中、何人かの人にも出会いましたし、降りていくと、2~3人の人はいました。だから、降りていっても落ち着いた雰囲気とか、寂しい雰囲気ってないんですよね。

 またもや462+26段の階段を上がり、駅舎へ。もういっかい?と思ったんやけど、これはまあ、やめとくこととして、土合駅の階段、1.5往復をやってしまったのでした。

 そういうことで、戻りの水上方面のホームには多くの人が待っており、多分ね、同じ列車で来て同じ列車で戻った、って人、20人ぐらいはいたと思います。

(3)首都圏
 水上駅で、確かに乗る電車はカボチャ色の電車やったり、あと、構内には、旧新特急が停まっとったりと、首都圏のような、ちょっと一昔前かなっていう雰囲気なんですけど、やっぱり発車メロディーを聴いて、あっ、首都圏に来てしもうた、って思いました。

 あと、後閑駅にも発車メロディーがあって、確かに、長野地区や東北にもあるんやけど、やっぱりこれ聞くと、首都圏やなって思います。ちょくちょく行く新潟支社管内って、こういう世界でないもんねー。

(4)夕食
 越後湯沢駅へ来たからにはやっぱりうどんを食べたい、って思いがありまして、やっぱり夕方、めかぶうどんを食べてしまいました。

 ってなると、夕食は・・・。これで終わる?。

 ともかく、改札外に出まして、駅の中の風呂やら日本酒の試飲ができるってところも楽しみやってんけど、18時で閉まっとるし・・・。

 さて夕食は・・・。ここで唐揚げ定食って頭をよぎったんです。確かにね、昼抜いたし、さっきのうどんを昼食扱いにして、すぐに唐揚げ定食、っていう手もありやな、てか、今なら食べれそう、どうしよ?、って思ってんけど、とりあえずそれは避けました。歩いとるとたこ焼きや串ものを売っとるスタンドがありまして、そこでたこ焼きを買いまして、夕食の補足としました。

 なんかね、ほんとはバチっと定食を食べたかってんけどね、うどん食べてしまうとなんか中途半端になる・・・。でも20時にはやることなかったし寝てしまったし、それでちょうどよかってんけど。

(5)越後川口駅
 この駅ね、さっきも書きましたが、飯山線に乗るときに降りとるんですよね。そんで、内ヶ巻駅までちょっと迷いつつ歩きまして、そこから越後川口駅へ戻り、飯山線の「乗りつぶし」をした、っていうんが1999年の今ぐらい(8月28日)なんやけど。前世紀やね。

 それで、あの地震があり・・・、被害が大きかったってことで、そのニュースを聞く度に、この時歩いたことを思い出したりしていまして、それで今回、この駅に降りまして。まずはホームから駅舎への地下道の雰囲気も変わっとったし。あと、この駅近くにあるアパートも印象的やってんけど、それも工事中やったし。

 駅前の雰囲気・・・、確かにね完全に覚えとるわけでないけど、やっぱり違うわー。空き地も多いし、あとね、新しい建物が多いし。地震直後は大変やったんやよね・・・。

 そういうことで、曲がりなりにも地震前に一度、降りたことがあっただけに、結構複雑な思いで国道まで歩いてみました。

|

2007年8月20日 (月)

それで、日程と若干の話

 そんなことで、この土日の旅行記のうち、日程のみ。今日は例によって余計なことを書かずに始めています。で、多分、日程を復元して書くだけで時間が来ると思いますが、もし余れば経緯的なことも書きます。なお、例によって取材駅は★で示します。

8月18日(土)

 【金沢】5:31発-(普通)→【富山】6:28着、6:31発-(普通)→【魚津】6:55着、7:00発-(特急はくたか1号)→【★(ただし一部翌日に続く)越後湯沢】8:41着、8:56発-(普通)→【★塩沢】9:13着、9:26発-(普通)→【★大沢】9:32着…(徒歩・所要約20分)→【★上越国際スキー場前】10:57発-(普通)→【★石打】11:05着、11:43発-(普通)→【★湯檜曽】12:32着、13:48発-(普通)→【★土合】13:53着、15:32発-(普通)→【水上】15:44着、15:48発-(普通)→【★上牧】15:54着、16:12発-(普通)→【★水上】16:18着、16:47発-(普通)→【★後閑】16:59着、17:11発-(普通)→【水上】17:23着、17:38発-(普通)→【越後湯沢】18:14着…(宿泊)

8月19日(日)

【★(前日の取材分補足)越後湯沢】6:15発-(普通)→【★岩原スキー場前】6:19着、7:07発-(普通)→【越後湯沢】7:13着、7:27発-(普通)→【★越後中里】7:35着、8:14発-(普通)→【★土樽】8:14着、8:38発-(普通)→【★北堀之内】9:45着、10:22発-(普通)→【★五日町】10:44着、11:07発-(普通)→【★浦佐】11:12着、11:53発-(普通)→【★越後川口】12:14着、13:01発-(飯山線普通)→【★十日町】13:27着、14:21発-(ほくほく線普通)→【直江津】15:03着、16:03発-(普通)→【金沢】19:10着

 ということで、まだ時間があるんで、日程上の経緯をちょこちょこと書きます。

●魚津から特急
 ほんとはこれ、金沢6:08に乗ってしまえば、わざわざ富山で乗り換えて、魚津でサンダーバード横目に乗り換えて、ってしなくてもいいんです。でもねこれ、「早起きはナントカの得」みたいなもんで、結局、この37分早く行動することによって、18きっぷを利用しているって前提で、2,210円お得なんですよね。(それでも5,020円出しとるんやけど。事前に金沢駅みどりの券売機で購入。)

 じゃーそのまま普通列車に乗っていけばいいがいね、ってことになるんやけど、そうなると越後湯沢着が2時間も違ってくるんですよね。ってことで、実は昨年の9月、ほくほく線に行くときもこのパターン(この場合は直江津まで)を使ったんですが、18きっぷ利用の場合で、早朝に出て、早起きが苦でなかったら結構いいパターンなんかも。でも今回は1時間半以上デッキに立たざるを得ないというおまけ付き(笑)。昨年の9月の時は土曜日やったけど、結構ガラガラやってんけどね・・・。

●どっちにするか
 一応今回、金沢発の昼間の列車の運転区間をせめて繋げる、っていう第一の目標があったんで、六日町-越後湯沢間は早々にやりまして、さて、このあと浦佐方面にするか、水上方面にするか、っていうことで。

 確かにね、「区間の完成」とか、「ちゃんと繋げる」ってことを考えると、浦佐方面なんです。真面目に「区間全駅」というものに取り組むとそうなるんでしょうけど。でもね、今回、ちょっと楽しんでみたい、ってもんがありまして、土合とか湯檜曽とか、あっちの方には楽しそうな駅がいっぱい。運転本数も少なくて滞在時間も多くなるけど・・・、でも楽しそう、ってことで、石打→湯檜曽、っていう流れにしてます。これ、石打駅で先に長岡行きが来たんで、そっちに乗るとまた違う動きになったんですが。

 ということで、土合駅での話などは明日。

●水上駅数回
 で、ほんとは水上まででいいんですが、この後、2駅、高崎方面へ続けてます。これね、水上駅に15時44分に着いた後、17時38分まで、越後湯沢方面の列車がないんですよね。単に来た方向へ戻る、って動きになるんでこれは「接続」とは言わないんですけど。

 そんなわけで、この2時間近い時間を有効に活用するために、2駅ほど向こうへ。しかも、ほんとは水上→上牧→後閑→水上って動きをすればいいんですが、そうなると上牧駅での滞在時間が長くなりすぎる、ってことで、一旦水上駅に戻ってます。その時に時間が取れるんで、取材もできた、ってことです。

●早朝に越後湯沢に行ったり来たり
 これも早朝の動き、【越後湯沢】7:27発-(普通)→【越後中里】7:35着、7:43発-(普通)→【岩原スキー場前】7:48着、8:09発-(普通)→【土樽】8:22着…以下、実際のものと同様、ってことができたんです。でもそうなると、越後中里駅8分。やってできないことないし、この規模の駅なら実際に8分で取材している駅も結構あります。でも、なんか寂しい、ってことで、これも早起きしました。

 なお、これもまた越後湯沢→岩原スキー場前→越後中里→土樽、って動きでもよかったんですけど、岩原スキー場前駅での長時間滞在対策と、あと、朝食調達って意味もありまして。(6:15発の越後湯沢駅では、取材の続きをやっていたんで、朝食を買う暇がなかった)

●帰り
 結構この、上越線から北陸方面って、いろんなルートがありまして、ただし、今回は宮内・柏崎経由は、代行バスだと時間がかかりすぎることもあり、ってことで、六日町からほくほく線かな、と思ったんです。

 でも、なんか、戻る感じになってしまうし、さらに特急に乗るために越後湯沢に戻るのはなんかもったいない、ってことで、どうせなら、18きっぷも活用できるし、ってことで、飯山線を一部入れてみました。

 意外と、「区間全駅」ばっかりやっとると、こういう運転本数の極端に少ない路線って、ほとんど乗らなくなっているんですよね。ということで、ちょっと貴重でした。

●特急かどうか
 またまた帰りに特急かどうか迷ったんです。まあ、どうせ帰るだけやし、1時間や2時間のために追加で5千円とか7千円とか払うよりは、そのまま18きっぷ使えばいいわー、ってことで、普通列車で帰ってきたんです。でも十日町からこんなこともできたんです。
 【十日町】14:00-(特急はくたか12号)→【直江津】14:26着、14:53発-(普通)→【富山】16:41着、16:45発-(普通)→【金沢】17:45着。
 結構いいでしょ、これ。でも、一つだけこれに納得いかないことがありまして

「犀潟から直江津まで、まともに特急料金がかかるんやね・・・」

 っていうことをグズグズ考えとるうちに、どうせ帰るだけやし、いいわー、下手に早よ帰っても、どうせ途中で本屋寄ったりして、帰り着くんは大した変わらんやろ、って結論に達しまして、ずっと普通で帰ってきたわけです。

 意外と、大阪方面からのときって、途中に敦賀とか福井という大きな壁がありまして、普通列車で帰ってくることを挫折して、特急に乗ることが多いんですけど、直江津方面からの時って、意外とすーっと来ることが多くて、しかも直江津から金沢までの直通普通列車も多くて、結局、普通で帰ってきてしまうことも多いんですよね・・・。

 そんなわけで、明日は旅の内容について、トピック的に何か書きます。

|

2007年8月19日 (日)

更新しました(第510版)

 今回の更新内容…阪堺電車 帝塚山四丁目・神ノ木・住吉公園の各電停
    及び、「区間全駅」目次の構成見直し

 っていうことで、阪堺電車の残り3電停をアップしまして、上町線、さらには阪堺電車の全電停をアップしたことになります。今回は、住吉電停を阪堺線と共有にしてありますので、ちょっとリンク等がややこしくなっています。一応、住吉電停は阪堺線に所属させていて、上町線その9とその10の間に、阪堺線を挟む形にしてあります。

 あと、ずーっと気になっていた「区間全駅」の目次。まずは「これは携帯サイトですか?」っていう感じの、なんか右側にものすごく余白のある目次だったんですが、「区間名」を「H3」のタグから、別のものに切り換えまして、隣に対象駅を続けることができるようにしまして、まずは見た目を改良。

 そしてですね。「北陸の…」と「その他」がものすごくごちゃごちゃしていたんですよね。まあ、これで苦情が来たら「掲載順やもん」って言うて開き直るつもりやったんですが、まあ、苦情も来ず。でもね、やっぱり醜い、ってことで、改良しました。

 まずは「北陸」については県別。ただし「金沢から西へ・東へ・北へ」に属するものはそれぞれにあります、っていう注記にしまして、となると石川県って北鉄しか残らんのですけど、ともかくそんな感じで、あと、県の中でも何となく地域ごとに並べていますんで、ちょっとは分かりやすくなったかなと思います。

 その上で、「北陸」について、「旧金沢鉄道管理局管内」という縛りにしていたんですが、一応、北陸三県に限定することにしましたので、大糸線と神岡鉄道は「その他」の属させることに変更しました。

 そして、「その他」では、割と掲載区間の多い地域(信越・関西・山陽)については県別、少ない地域(東海・関東・四国・九州)については、地域別にしました。あえて北海道はどっちの意味かは考えてません。なお、東北って、よく考えると「金沢から東へ」に全部属してしまうんですよね。結構行っているつもりだったんですが、「本線」から外れた部分はなかったみたいです。

 その上で、「県別」にする際、ネックだったのが、県をまたぐ区間の扱い。これ、御覧になっていただくとお分かりのように、どっちか多い県、あるいは感覚的にこっちかなという県に属させて、属さなかった方には「注記」という形にしてあります。

 ということで、こんな感じの目次にしてみたんですが、また何か気づいたら変える、ってことで、「全駅一覧」の方には手を加えていません。

 というわけで、こんばんは。川口です。(こっちに持ってきたんかい。)19時過ぎ金沢着の普通列車で帰ってきました。直江津発車30分ぐらい前から乗っとったんですが、ずーっと一歩も立たず、吹奏楽の曲(主にマーチ)を休むことなく聞いておりました。ってことで、なんか頭の中が、ちょっと油断すると、いろんなマーチの断片が流れております。

 てか、ほんとは更新の用意と、目次の改良って15日にやっていたんで、帰ってきてからさて、なんの更新をやったんかなって、思い出すがにえらい時間のかかったこと。

 というか、どっか1箇所、修正したいなって思ったはずなんやけど忘れた。思い出したらこそっとなおしときます。

 さて、一応、旅行記的なものは明日以降のネタにするとして、今回取材した駅を。

 上越線 越後川口・北堀之内・浦佐~後閑の全駅(ただし、六日町のみ既に掲載済)
 飯山線 十日町(なお、掲載しているのは北越急行に絞っています。別駅扱いです。ただこれ、多分永遠に「仮置き場」だと思います)

 ってことで、一応、ほくほく線経由にはなるんですが、この「区間全駅」、群馬県まで繋がってしまいました。ということで繋がっている23道府県めは群馬県。半分をすぎて初のところでようやく関東地方が出てきました。一応ね、高崎まではいずれ繋げるつもりだったんですよ。その方が信越本線へ繋げることができたりと、結構便利なんで。

 だから今回、土合駅にも湯桧曽駅にも降りています。ってことで、このへんの詳しい話は明後日ぐらいになります。

 そんなわけで、一応、速報でした。詳しくは、日程は明日、トピック的なものは明後日の予定です。

|

2007年8月18日 (土)

越後湯沢で宿泊中

 です。
 一応、絶対やろうと思っとった、六日町ー越後湯沢は、午前中に終わりました。
 ほんとはね、つなげる、または区間の完成、てことを考えるなら、浦佐方面に進めるべきなんやけど、反対の群馬県にすすめてしまいました。
 それで、4年ぶりの首都圏〜。
 一応、後閑駅まで行っとります。
 ただし、今現在繋がっとるわけではありません。
 あと、今日、千段ぐらい、階段上ったかも…。
 なぜなら、あの駅で、あの階段を1往復半したから(笑)
 明日は繋げるところは早めにやって、あとは適度にやって帰ります。

|

2007年8月17日 (金)

3分の2

 ということで、最初にお知らせですが、明日から明後日にかけて、またまた出かけてきます。今回は、ちょっと雨も降りそうなんですよね。まあいいか。夏なら雨降っとっても、結構いい絵になるし。

 そういうことで、明日の場合は、先週のように更新して床屋行って、っていう時間ではなく、結構早く出ようと思っとりますんで、明日の朝は更新、および日記の書き込みはせずに出ていこうかと思っています。ただし、4時に目を覚まして、目が冴えて、もう起きてしまう、なんてことになったら、更新か日記の書き込みはやっていきますが、朝の5時になっても何もなかったら、やらずに出ていったと思ってください。

 なお、思い出したら、夜にでも携帯から書き込みますが、時として忘れることがあるんで、ご了承ください。

 また、ほんとは次回更新の用意、もうやってしまっとるんですけど、これは日曜日、帰ってきてからアップするつもりなんで、夕方か夜になります。

 ということで、昨日は早くみんなで帰り、夕食後、銭湯行こうかなって思ってんけどめんどくさくなり、家の風呂に入って、そして9時には寝てしまった川口です。おはようございます。

 なんか、今朝、いい風入ってくるねー。小学生とかのときって、夏の朝ってこんな感じやったと思うげんけど・・・。

 それで、今日の話、なんやけど、最近よく思うんが「区間全駅の神」っておるなー、ってこと。

 この前もきっちり、大糸線の取材が終わったし、5月の時は青函間がきれいに収まったし、3月の阪堺線もそうやし、昨年8月の呉線なんか、ほんと芸術的にきれいに収まったし・・・。さらに遡っても結構「きれいに終わってしかも、時間も余らんかった」ってこと多いんですよ。

 ほんとね、「全部終わることはないやろー」って思って、いつも現地へ行くんです。後から日程を書くと、ほんと、事前に綿密に予定を組んで、過不足なく終わるように現地へ行く時間とかも調整して・・・、ってやっとるように見えるげんけど、全くそんなことはしていません。せいぜい、事前には行ってすぐの2~3駅先の行動しか決めていません。

 かつて「乗りつぶし」ってもんをやっとったときはほんと、きっちり予定を決めとってんね。これね、特に運転本数の少ない線区に合わせて、1日の予定が決まる・・・、みたいな感じで。「東北6泊7日の旅」の時も、ちゃんと7日分、予定決めとったもん。基本的に「乗りつぶし」って、運転本数少なくても、それに合わせて行動すれば、昼間運転されとる限りはそんなに影響ないんやよね。

 でも各駅降りようとすると、この運転本数が少ないって、致命傷でね・・・。そりゃそうでしょうけど。意外と「区間運転」の列車って重宝する、っていうがも「乗りつぶし」と「各駅下車」の大きな違い。

 えっと、話し飛んだけど、そんなわけで、前回の大糸線も「信濃大町から松本の間、半分以上できるぐらいでいいかな~」ということしか、事前には考えとらんかったんです。昨年の呉線の時も「ある程度残るやろうし、次はいつ行こうかな」ってことも考えとったし、阪堺線の時もまさか終わるとは思わなんだし・・・・。でもね、なんか、全体の三分の二ぐらい終わったあたりから、すーっと頭の中で「これって、全部終わるかも!」っていう見通しが立ってくるんです。

 なんかね、「区間全駅の神」が舞い降りた瞬間、っていうか、そんな感じ。別にね、人生の運をそんなところで使い果たしたくないし、何ならもうちょっと残して、またここに来たいし・・・。

 ワシの場合、「せっかくここへ来たんやし、思い残すことなく見たいところを全部みたい」っていうわけでなく、「何か気になるところ出てきたら、また来ればいいがいね」っていう考えなんです。別に、海外でもなし、もう来れんわけでないし、また暇見つけて行けばいいんです。ってことで、行く地域が偏ってしまうんやけど。

 そんなことで、別に、この区間の全駅を完成させて帰りたい、なんて全く思っとらんのですよね。でもね、なんか神様が降りてきて、完成に導いてくれる・・・。まあ、おかげで次回は別のところ行けるし、これはこれで有り難いんやけど・・・。

 けどね、そういえば仕事でも、事前に「今日は全部終わらんけど、ここぐらいまでやれればいいかな」って思って始めてみると、なんかその日のうちにそのラインを超えて、何なら完成してしまう、ってことが結構あったりするんですよね。割と、試験勉強以外は「事前の計画」って控えめに作ってしまうんかも知れません。

 で、ちなみに、この週末行くところは、「絶対にやろう」と思っとる駅は5駅だけ。あとは「ほんとはこっちに繋げたいんやけど」と思う方向と、あえて逆の方向に、対象範囲を広く取ってやっていこうかと思いますんで「この部分が奇跡的に全部終わったー」っていう事態にはならない予定です。というか、運転本数も少ないし、一駅一駅に長くおることになるかな~。特に「思っとったところと逆の方向に行く」部分って、結構楽しみなところなんですよね。

|

2007年8月16日 (木)

3,500円

 この前信濃大町・松本方面に行きまして、ほんで、結構焼けた、って話は書いたと思うんですけど、その後月曜日に仕事で某信用金庫に行きまして。

 で、窓口さんが、「焼けましたね~」って言うてくるんですよね。その隣におる別の窓口さんも「そうですよね、焼けましたね~」って言うてくるし。

 なんかね、ここの窓口、いつもは3人おって、3人中一人が会社の用事で行っとるがにワシのこと、個人名で呼ぶ、って人やってんけど、最近は3人中2人がその状態になっとるんやね。で、最初に「焼けた」って言うた人は、その中で唯一、今でも会社名で呼んでくれる人やってんけど。

 てか、ワシのこと、話のネタになっとるんかなー。まあ笑われとるんやったら本望やし、別にいいんやけど、悪口とかやったらいややな・・・。

 でね、その日焼けの話。「海にでも行かれたんですか・・・」って。まあ、そこでめんどくさくなって「ハイ」っていうたら嘘になるし。でもね、向こうは話のネタで軽く振ってきとるだけやし、それについて「実は駅に行くんが趣味で、うんたらかんたら」って言うんは、間違いなんやね。たまに勘違いして、ベラベラとしゃべる人おるけど、こんなんは、しゃべらん方がいい、っていうか、しゃべるもんでもない。

 ってことで、「ちょっとそのへんウロウロしとったら焼けたんですよ」って、訳分からんこと言うとるし。そこで突っ込んできたら、ちょっとずつしゃべってもいいんやけど、向こうも「そうですか」って感じやったし、その場はそれで終了。

 ということで、一日だけ休みの後は、2日間出勤です。前の会社は9連休中6日目みたいね。別にいいわー。川口です。おはようございます。

 最近、更新しました→旅行記3日間→更新しました、って続いとったし、普通の日記を書いとらんかってんね。ってことで、さて、何を書きましょうか。毎日ああいう調子で書き続けると、いろいろと頭に浮かんできて、毎朝、何かしらのことは書けるんやけど、こうやってペースを崩してしまうと、なんか思い浮かばん。

 そうそう、今週末の宿は月曜日のうちに予約してしまいました。今回もカプセルホテルでなく、それと前回みたいな健康ランド併設のホテルでもなく。ちょっとした温泉があるビジネスホテル的なもの。一応、150円の入湯税もかかるところやし。でも、B寝台料金範囲内では収まっております。(一応の宿泊の時の目安にしている金額がB寝台料金6,300円)

 実は、そこの近く、数十分歩くと健康ランドがあるところなんやよね、そのホテルって。でもね、何か最近、前みたいに「意地でも健康ランドに泊まったる」っていう気力がなくなってきとるんやね。ホテルあるならそっちでいいわー。って感じ。

 まあ、その健康ランドが「あんまり広くない」「睡眠スペースもそんなにない」ってことやったってこともあるんやけど、近くにそれなりの料金のホテルがあって、風呂もそれなりやったら、そっちでいいんかなと。

 でも、この前青森で健康ランド泊まったら、それはそれでよく寝れたし、そこ自体はよく知っとるところやし、ってこともあるんやけど、やっぱり抵抗無かった。でもね、前みたいに、知らんところを、40分も50分も歩いて、ってことはなくなってきたんかな・・・?。そんなところが微妙に20代から30代になったところなんかなと思っとります。

 いつぞやみたいに、健康ランド3連泊→カプセルホテル3連泊、っていう、東北6泊7日、って旅は、もう過去のもんなんかな、と。

 カプセルホテルも、大阪・岡山・広島・博多にあるみたいに、風呂が広いところならいいんやけど、どうみても家庭用の風呂ぐらいの広さしかないやろ、ってところにはわざわざ泊まらんでも、むしろ大浴場が広いビジネスホテルでも探した方がいいんかなと思うようになってきとるんですよね。

 そのまた昔は、座席の夜行列車、ってもんをよく使って、これを「宿泊地」にすることがほとんどやってんけど、これも2001年が最後(急行能登)、その前は1999年(急行利尻)、そして快速の夜行に至っては1997年が最後やし(大学4年の時)。これは健康ランドとかカプセルホテルで泊まることを覚えてから、夜行快速なんて使わんくなっとるんやけど。このへんが、高校・大学と続いていた夜行快速主義から、健康ランド・カプセルホテル主義への転換点やってんよね。(寝台車は時折、乗ってます。)

 そんで、最近、ビジネスホテルに泊まることが何となく増えてきたかも。何泊かするときは、風呂が満足できる健康ランドと、寝ることに満足できるビジネスホテルを組み合わせるかな・・・、というところ。

 何となく第二の転換点かな、と思ってきとるんですけど、でも、健康ランドと、カプセルホテルのうち風呂が広いところって、捨てがたい部分がありましてね・・・。宿泊場所によって変わってくるんでしょうね。

 ちなみに、9月に広島・岡山方面へ行こうかと思っとるんですが、その時は当然、カプセルホテルになります。はい。あの地域はもう、カプセルホテルがいいんです。

|

2007年8月15日 (水)

更新しました(第509版)

 近年、ずーっと8月15日に家におる、ってことはなかったんですけど、昨年は8月13日出発→8月14日夜に帰宅、って感じで、何年ぶりかで8月15日に家におったんですよね。

 で、今年。週のまん中で、ポツンと休み、ってことで、おとなしく家におるつもりです。逆にその前後の土日で、ちょっと単なる土日にしてはきついかな、っていう出歩き方をします。

 ほんとは、前に書いたように18きっぷ、今年は6回分使う(妹の友達の友達の余りを妹と友達が使って、その余り1回分を買い取らされる)って予定で、そうなると、今日、どっか行かないかんかなと思っとったんです。でもね、これ、予定が変わりまして、逆に「1回分残して譲ってくれ」っていう指令に変わったんで、逆にそうなると、どこへも行かないことになったのでした。ちなみに、うちの妹は3人ぐらいで京都駅へ日帰りするそうです。

 ということで、おはようございます。川口です。

 今回の追加内容…阪堺電車 北畠・姫松・帝塚山三丁目の各電停。

 ってことで、お休みでもあり、また、週のまん中でもあるんで、平日更新をしてしまいました。平日更新をしとくと、次の更新も3電停で済むんで(てか、別に3つにするか4つにするかは明確な取り決めはないんやけどね)、結構楽なんですよね。意外と3つの時と4つの時って、気分的に違うんです。なんかね、4つめが猛烈に面倒なときもあるんです(笑)。

 そんなわけで、あと残り3電停あるんで、きっちり収まった(というか、収めた)という感じです。

 なお、今からちょこっとサイトをいじろうかと思っていますんで、今回の更新内容にミスがあったとしても、次回更新まで反映できませんのでご了承ください。間違えたら間違えたまま、次回更新まで突っ走ります。でも、「何この人頭悪い・・・」って思われそうな間違いやったら、ちょっと手間をかけてでも、そのファイルのみ修正します。

|

2007年8月14日 (火)

では補足的に

 おはようございます。ということで、旅行記の補足編。こうやって、日程をバーッと書いていく日と、その補足を書く日に分ける、ってやり方が、何となく自分の中で定着したかなと思っています。そんなわけで、今日も余計なことを書かずに進めていきます。

(1)焼けた・・・&痛い
 ほんとはね、例年、GWにちょっと西の方へ行って、そんで少し焼けてきて、あとは7月ぐらいからちょこちょこと出歩いて、ちょっと焼けて・・・、ってことなんですが、今年はGWは北の方やったし、ちょっとしか焼けず、あと7月以降も試験の関係と天気の関係で出歩かんかったし・・・、ってことで例年より焼けとらんかったんです。

 それで今回。一気に焼けました。結構各駅、滞在時間がそれなりにあったんです。しかも、暑いしそんなにウロウロするわけでもなく。となると、焼けるんですよね。腕なんか、Tシャツにかかっとる部分とそうでない部分で、きっちりと線が引かれたようになっとります。そして、仕事の時に着るYシャツでは隠れるけど、Tシャツやと出てくる、って部分、その部分が一気に焼けて、昨日の夜ぐらいまで熱を持っとったぐらい。あと、首も痛いし。

 あとね、日焼けとは違うんですけど、この時期、特に、動き回ると股の部分が痛くなる・・・。分かる人は分かるね?。はい。体型的な問題やったり、あと、胴体はともかく、太ももが太い、ってことが問題なんやけど(これは胴体が太る前からやし)、帰りに金沢駅着いてから、まともに歩けんぐらいやったし。これで歩いたための足の痛み(特に水ぶくれが起きやすいんです)があろうものなら、もう、目も当てれん状態でした。でも昨年の呉線に行ってきたときよりはマシ。

 ということで、この時期、ほんとに「区間全駅」だけの旅をするなら、1泊2日が限界かも・・・。まあ、これも夏の風物詩ですよ。

(2)意外と混んどった

 というか、大糸線の、特に信濃大町から松本、って何回も乗っとるんですけど、「空いとった」ってイメージはなく、何となく昔から混んどるところ、ってイメージが強いんです。今回も何かね、来る列車来る列車、ガラガラっていうもんがなく、ほとんど混んでました。

 路線の性質上、山登りの格好をした人が多い、ってこともあり、あと、なんか日本人ではないと思われる方、西洋系・イスラム系の方が多かったような気もします。あと、帰りのはくたかにも、イスラム系の方がいらっしゃって、一人はひげを伸ばして、薄いコートみたいな服着とるし・・・。なんか、今回はいろいろな方を見た旅でした。

(3)山は

 本当はこの大糸線、結構、季節に応じてどの季節も素晴らしい風景を見せてくれる、ってことで、ほんとは各季節に分散させて取材しようと思っとったんですよね。でも、結局は夏だけで全部終わってしまった・・・。

 で、この時期、あんまり山って見えんのですよね。夏に立山がきれいに見えた、ってこともそういえば記憶にないし、山に雲がかかってしまいましてね。ということで、2日目の午前の遅い時間~午後の早い時間に降りた駅のみ、割と山の形が分かるぐらいの写真を撮っていますけど、それ以外はあまり写っていません。山目当てなら、初春かなー。あと、秋の終わりの方とか。

(4)宿泊地

 もう、結構ランダムに書いてますけど、宿泊地の話。昨年の7月にこっちの方向へ行ったことがありまして、その時と同じところに泊まっています。ここ、健康ランドにホテルが併設されていまして、ビジネスホテルの値段で健康ランドの風呂に入ることができてしまう、ってところなんです。ホテルの部屋に行って、健康ランドの館内着が用意されとる、とか、部屋の鍵は健康ランドのロッカーみたいな形しとるとか。ほんと、両者が融合されとるってかんじなんです。

 最近は、ビジネスホテルに泊まらん理由が、値段の問題ではなく、広い風呂に入れんから、ってことになって来つつありまして、となると、健康ランドの広い風呂に入れて、なおかつ、シングルの部屋に泊まれる、ってもうね、理想なんですよね。

 あとは以前に書いたとおり、館内着がおかわり自由で、もうちょっと薄着やったらよかったんやけど、まあいいやー。

(5)暑かったんやけど・・・

 標高が若干高くて、でも、どうも金沢より暑かったらしい、のですが、もともとそんなにクーラーに頼った生活しとるわけでないし、外にいた時間は長かったんですけど、「暑くてどうこう」ってことはありませんでした。結構、暑いときに外におる、って好きなんですよ。

 でも、補給する水分だけは多かったです。脱水・熱中症防止のために、水だけは遠慮無くどんどん買って飲みましょう。

(6)田沢駅

 ちょっとだけ篠ノ井線の松本-篠ノ井間に手をつけたんですが、降りたのが田沢駅。雰囲気はよかったです。なんか、雰囲気的に昨年のGWに伯備線に行ったときのことを思い出しました。この区間もいずれ、って思っとるんですけど、やっぱり今みたいな季節の方がいい感じの区間ですね。でも姨捨なんかは木の葉がない冬~初春がいいような気もしますし。ということで、松本-篠ノ井間、そのうち本格的にやります。

(7)ただならぬ雰囲気&よい雰囲気

 もともと、今回は信濃大町~松本間の半分以上をやってくるだけ、っていう目標しかなかった今回の旅。思いのほかうまく進んだんで、今回は全く予定していなかった、海ノ口・稲尾、そして、多分車でないと無理かなって思っていた飯森駅(どう考えてもね、長時間の滞在又は短時間になってしまう)を急遽、帰りの時刻を繰り下げて取材したんですけど。

 海ノ口駅、なんかね、車とかバイクで訪れて、写真だけをっていく人が多いんですよね・・・。駅ノートもあるんですが、なんか「巡礼」って言葉が踊っとるし。

 ということで、詳しいことは知らないんですが、ちょっと他とは違うみたいです。とりあえず、普通に「区間全駅」として写真は撮ってきました。

 なお、木崎湖のそばにある駅としては個人的には稲尾駅の方が好きかも。この駅、何年か前に秋の紅葉の時に通りかかって、木崎湖に映る赤い山の風景・・・、ってものがずっと頭に残っていましてね。ぜひこの時期に行きたい、って毎年その季節になったら思うんですよね・・・。で、今年はぜひその時期に行って「区間全駅を」と思っとったら、今回撮ってしまったし。まあ、「紅葉の頃の・・・」っていう紹介方法もあるんで、また秋になったら行きたいです。あと、個人的に好きな「田んぼの近くの駅」ってことも改めて分かりまして、また田植えの季節もいいかな・・・。

 それで、ちょうど雲が出てきて、暑さもやわらいだ頃だったんで、湖の方まで歩いていったりと、この稲尾駅に関しては結構楽しみました。

(8)特急はくたか

 そんなわけで帰りは糸魚川から特急に乗ったんですけど、混んでました。そういうことで【糸魚川】-(デッキに立つ)→【魚津】-(通路側に着席)→【高岡】-(席移って窓側に着席)→【金沢】、って感じやったんですが、北越急行線の関係で、増発もあまりできんし、増結もできんし、っていう特急やし、仕方ないんですよね。

 というか、降りる人が「フジテレビ」の袋持っとったがをみて、やっぱりこれ、北陸と東京を結ぶ特急やわー、と実感した次第で。お台場行ってきてんね・・・。

(9)携帯落とした方・・・
 帰りに飯森→南小谷って乗っとったとき。白馬駅で多くの人が降り、さて、今回、この新型電車では初のクロスシート部分に座れる・・・、と思って席移動すると、窓のところに携帯電話が。さっきの人のかな、と思いまして。

 昔、田沢湖線の普通列車で、盛岡駅で降りたとき、ポケットから携帯電話を落として、で、クロスシートの向かい側に座っとった人が追いかけてきてくれて、落とした携帯電話を渡してくれたことがあったんですよね。これ、そのまま気づかれなかったら、その後の日程は滅茶苦茶になっとったはずやし。ほんと、一瞬だけの会話なんやけど、その時追いかけてきてくれた方には、ほんとに感謝しとるわけです。ということで、こういう携帯電話を落とすことに関しては過去の有り難い思い出があるがために、ほっとけん、っていう思いがあるんですよね。

 ってことで、気づいたら携帯電話持って、改札口に消えていく人々に向かって「携帯落とした方・・・」って叫んでました。で、多分あの人のはず(もう既に顔を忘れとるんで、確証なし)という人はちらっとこっち見て「違うわー」って顔しとるし。ほんとは改札口の方向へ走っていけばいいんですけど、発車してしまって、荷物だけ行ってしまってもイヤやし。あとこれ、ワンマンカーなんで、車掌に渡すわけにもいかんし。

 で、多くの人が無視したり(てか、関係ないもんね)、あと「あー大変やわー」っていうオバチャンを他所に、「今降りた人の分ですか」「どこの場所ですか」って聞いてきてくれる若者が。で、場所を教えて、あとはその人が改札口の駅員さんに届けてくれることになりまして。その人が駅員さんに届けて、「あの場所」って指さしとるときに、ワシが窓の中から、ここです、って感じで窓の下を指さしてみたり。それで、その後すぐに発車。

 とっさのことなんで、それでよかったんかどうか、何なら南小谷駅まで持っていった方がよかったんかどうか知りませんが、多分、持ち主はここで降りたはずやし、白馬駅に行った方がよかってんよね。というか、目の前に他人の携帯があるがに、白馬→南小谷間を電車に乗る、ってちょっと気持ち悪いし。(ワンマンなんで車掌に届けることができない)

 ということで、こういう時にとっさに、連携して駅員さんに届け出ることができる人になりたいなと、ふと思った次第で。

|

2007年8月13日 (月)

まずは日程と経緯

 おはようございます。ってことで、「旅行記」のときは余計なことを書かずに進めますが、まずは今日は2日間の日程と、経緯というか、そうなった理由のようなことを書きます。あとは、例によって明日以降、印象に残ったことをトピック的に書いていくという感じにします。では昨日・一昨日の旅の記録を・・・。

※なお、取材した駅は★で示します。また、時刻表を基準に書いているため、着時刻は実際時刻とずれている可能性があります。適宜、遅延等が発生していますが、定刻で書きます。

●8月11日(土)

【金沢】9:24発-(普通)→【富山】10:20着、10:26発-(普通)→【糸魚川】11:36着、12:12発-(普通)→【南小谷】13:17着、13:32発-(普通)→【★柏矢町】15:16着、15:44発-(普通)→【★穂高】15:47着、16:02発-(普通)→【★中萱】16:14着、16:45発-(普通)→【★一日市場】16:48着、17:18発-(普通)→【★島高松】17:23着、17:35発-(普通)→【★梓橋】17:37着、18:01発-(普通)→【★北松本】18:09着、18:15発-(普通)→【★島内】18:18着、18:34発-(普通)→【松本】18:39着、18:52発-(普通)→【村井】18:46着(宿泊)

●8月12日(日)

 【村井】8:09発-(普通)→【★平田】8:12着、8:29発-(普通)→【松本】8:35着、8:39発-(快速)→【★田沢】8:47着、9:23発-(普通)→【松本】9:31着、9:41発-(臨時快速安曇野)→【★豊科】9:53着、10:11発-(普通)→【★南豊科】10:13着、10:30発-(普通・停車中に【★有明】【★安曇追分】)→【★南大町】11:20着、11:38発-(普通)→【★安曇沓掛】11:46着、11:55発-(普通)→【★信濃常盤】11:58着、12:11発-(普通)→【★細野】12:24着、12:44発-(普通)→【★信濃松川】12:49着、13:17発-(普通)→【★北細野】13:20着、13:51発-(普通)→【信濃大町】14:11着、15:03発-(普通)→【★海ノ口】15:18着、15:53発-(普通)→【★稲尾】15:55着、16:43発-(普通)→【★飯森】17:08着、18:06発-(普通)→【南小谷】18:29着、18:44発-(普通)→【糸魚川】19:39着、19:57発-(特急はくたか20号)→【金沢】21:22着

 この日程は、メモをせずにその場で日程を決めとるんで、実際書こうとすると、時刻表を見て「復元」をするんで、意外と時間がかかるんですよ。

●出発が9時台
 これね、単に「床屋へ行っていた」ってだけの理由なんです。そして、糸魚川→南小谷という列車に合わせると、こうなってしまわざるを得ないのでした。ちなみに、これより遅く出ようとすると、特急を使うと追いついてしまったりします。これに間に合ったんで普通列車で行きました。

●柏矢町駅から開始
 こういう、信濃大町-松本間、途中の未取材駅が18駅あって、どっから手をつけてもいいよ、っというときに、さて、どこから手をつけましょうか、ってことになるんですけど、これ確か、逆方向から来る列車の運転間隔から見て、ちょうどいい時間滞在できる、ってところから選びました。それと、その後のさらに逆方向(後続列車)との兼ね合いもあり。

 意外とこの、「実は結構ランダム」っていう路線は、頭を使うんですよね。

●北松本駅で6分
 これ、ほんとはこんな短時間ではやらないんですけど、これは降りてから気づいたんです。ってことで、結構大慌てだったり。

そして次の日の分

●平田駅
 「区間」として完成していますが、実は駅の追加があったというもの。さくら夙川駅と同じ頃にできた駅ですね。ということで、撮ってきました。

●篠ノ井線田沢駅
 ほんとは、松本電鉄を、って思ったんですけど、この「快速安曇野」ぐらいで大糸線入りしようと思っていたんです。そんなことで、そうなるとちょっと時間が足りん、ということで、時間調整で田沢駅まで行ってしまうことにしました。結構季節的にいい感じでした。

●停車中に2駅
 南豊科から乗って、南大町までの間、途中連続する2駅、停車中にやってますが、これ、ほんとに10分ぐらいずつ停まってくれたんですね。ありがたや・・・。って、単に移動する方にとって見れば迷惑なんでしょうけど。
 ということで、たまたまこの列車に乗ったことで、うまく駅数を稼げたようです。

●南大町~細野
 ほんとは、2駅ずつペアにして、行きつ戻りつ、ってやっていくんですけど、この区間だけ結構「行き来」が激しくなっています。交換駅のため1時間滞在とか、そんなことを避けていると、こうなってしまったんですけど、これも順番を間違えると、結構はまってしまうところだったようです。

●それで・・・
 ほんとは、北細野・細野、安曇追分・有明、豊科・南豊科、みたいに駅間距離が1キロ程度のところを残して、次回、普通乗車券で来たとしても「行きつ戻りつ」をせずに残りを取材できる、っていう形にして、帰ろうと思ったんですよね。
 そして、【信濃大町】14:47着、15:03発-(普通)→【南小谷】16:06着、16:14発-(普通)→【糸魚川】17:11着、18:12発-(普通)→【富山】19:25着、19:45発-(普通)→【金沢】20:48着、あるいは糸魚川から【糸魚川】17:22発-(特急はくたか82号)→【金沢】18:56着

 でも、この信濃大町15:03発の段階で、信濃大町-松本間が終わっとるんですよね。となると、やっぱり残った3駅、「秋の紅葉シーズンに・・・」なんて言わんと、もうやらないかんやろ~、ってことで、2時間遅らせまして、やってしまいました。(実際金沢着は、特急を使う関係で40分程度しか違わんのですけどね)

 ということで、特に停車中に2駅できたおかげが大きかったんやと思いますが、思いのほかうまくいきまして、大糸線が終わったのでした。これまた、明日でなく、後日、ちょっと掘り下げて書いてみようと思います。

●糸魚川駅での迷い

 帰りなんですが、こんな方法もありまして
 【糸魚川】19:45発-(普通)→【富山】21:01着、21:19発-(普通)→【金沢】22:16着

 ほんと、糸魚川-金沢って、接続が良かったら特急と普通、って1時間ぐらいしか変わらんのですよね。それで、18きっぷなんぞ使っていていようものなら、特急に乗ることにより3,990円の余計な出費になるんです。

 まあ、「明日は仕事」ってときは、なるべく明るいうちに帰るようにしておりまして、ただ、今回は15日が休みなんで、多少無理してもいいかなってことで遅めに帰ってきたんやけど、金沢着22:16ね~。

 で、今回は「物理的に23時までに寝ることができるかどうか」ってことを判断基準にして、23時までに寝るってことを重視して、糸魚川から特急にしました。

 まあ、次の日休みやったら、こういう、普通列車で帰ってきても何ら問題なかってんけど、一応、これから2日間といえども、あるいは盆の時期でマッタリして、早めに帰れる、っていうても、一応仕事なんで、ちょっとだけそれを重く見て、3,990円を出してみました。

 ということで、「経緯」的な物を書きまして、明日は、何となく印象に残ったことを、トピック的に書きます。なお、各駅の印象については、「区間全駅の本編」に委ねるんで・・・、さて明日は何を書くんやろ?。

|

2007年8月12日 (日)

飯森駅です

 ほんとはね、区間全駅って、頑張ってやります、ってもんではないんです。今回も、できる分だけ、ってつもりやったんです。でもね、

大糸線、全駅、できてしもうた…。
(某スキー駅を除く)
けっこう、1キロ台の駅間距離のところもあったんですが、一切駅間は歩いていません。こんなことからも、気合入っとらんって分かるやろ?
 で、ほんとはこの駅も、もともと予定しとらんかってんけどね…。なんか完成しそう、ってことで、帰宅を遅らせて、58分も滞在してしまっとるし。
 それで、帰宅が遅いんで詳しくは明日以降に。

|

2007年8月11日 (土)

更新しました(第508版)

 ということで、まずはお知らせですが、ちょっと今朝から明日の夜にかけてちょこっと出てきます。なお、運転本数が少ない割に駅数の多いところなんで、今回は「区間」は完成しないんですけど、まあ、過半数は撮ってこれる、つまり「仮置き場」とせずに掲載できるかなっていうところへ行ってきます。

 そんなわけで、まあ、1泊2日なんで大げさに書く必要もないんですが、一応、明日の日記(ブログ)は、アップが非常に遅くなります。でも・・・、朝携帯から軽く書き込んでもいいんかな~。ということで、旅先からちょこっと書くか、あるいは帰ってきてからの結構遅い時間になると思いますので、ご了承ください。

 また、メールへのご返信、あるいは掲示板へのレスも遅れます。もっとも、掲示板のレスは以前のように「すぐにする」ってことは、今はあんまりやっとらんげんけど。

 ということで、始発ではなく、そこから数時間、出発を遅らせた理由が「床屋に行きたかったから」だったという川口です。おはようございます。

 今回の追加内容・・・阪堺電車 上町線 天王寺駅前・阿倍野・松虫・東天下茶屋の各電停。

 ということで、先週は「仮置き場」を挟んだんですが、阪堺線に引き続き、上町線を始めました。こっちの方は数時間で完成していますんで、アップも一気にやっていこうかなと思っています。

 あと、8月15日は休みになるんで、どっかへ行こうかなと思っとったんですが、この土日と、次の土日で休むべき分をその日に持っていった、ってことにして、もし家にいた場合はその時に平日更新をしようかなと思っています。そうすると、3電停ずつで、あと2回の更新で上町線が終わります。

 なお、最近、このブログのタイトルが、ちょっとふざけたものになっていますけど(笑)、「サイト更新情報」と「旅行記」については、従来どおりのタイトルの付け方にします。てか、冷静に考えると「18きっぷ」ってタイトル、反則やろ・・・(笑)。

|

2007年8月10日 (金)

164センチ

 ってことで、「明日の宿」なんか、予約してみました。はい。今回はちゃんと予約するところに行きます。

 というか、カプセルホテルであっても、予約すると割引とか、某ポイントがつくとか、そんなことがあるんで、予約することもあるんですけど、今回はカプセルホテルではありません。

 ただし明日は、そんな早く出ない予定なんで、できたら、更新をしてから出ますが、さて・・・。なお月曜日以降に延期することもありますんで、その節はご了承ください。

 ということで、健康診断で身長が去年より9ミリ伸びて、晴れて165センチ代に達した川口です。おはようございます。

 てかこれって、頭の角度とか、身長計の仕様とか、日の中での伸縮なんかで、結構ズレは出るはずなんやけどね。ってことで、一応、表向きは長年親しんできた164センチのままにしておきます。ちなみに体重はほとんど変わらんので、BMIはちょっと下がるかな~。20キロ体重を落とすか、20センチ身長を伸ばすか・・・、って昨年言うとってんけど、なんか、身長を伸ばす方向で進んどったらおもろいかも。

 てことで、特に一昨日なんか、結構重いこと書いたんで、今日はちょっと軽く書きたいな~と思っとるんですけど、さて、なんかあったやろうか。

 今、先日の試験を自己採点してみたら、計算の部分はちょうど7割合っとったみたい。表向きは6割合えば受かるんやけど、今回の問題から考えて、単純にそういうわけでもないみたいやし・・・。それと、理論の方は、何となく近いような遠いようなことを書いとるし、まあ、期待はせんほうがいいかも。

 ある年から、落ちた場合でも「だいたいあんたはこれぐらいの成績やってんよ」って言うことを何段階かで教えてくれるようになったんですけど、これで「合格なんてもってのほか」ってレベルにはならなければいいかなと。これだけ言うとって、D判定やったらなんか恥ずかしいし。

 ただし、合格発表までは、(これが12月って言うがもどうねんろね)今年途中で挫折した消費税法に力を入れていく方向で。

 うーん。試験の話ばっかり書いとっても面白くないね・・・。まあ、書いとる本人からすると、この数日の頭の中の多くの部分を占めとることやし、書きたいことなんやけど…。

 確かにね、この日記(ブログ)って、ほんとは「区間全駅ネットワーク:別冊」ってぐらいやし、旅行記とか、取材裏話なんかを書くと、多分、区間全駅NWから来る方(今は検索でほとんど来ないようにしてあるんで、アクセス解析見とると、区間全駅NWトップページか、ブックマーク等から来る人がほとんど)にとっては、「求めとる内容」なんでしょうけど、そんな感じにはしとらん・・・。

 いっそのこと「経理」とか「会計」、「税理士試験」って内容を別にして、それを前面に出したブログを別途作ってしまうと、多分ね、読まれる方の利便性を考えとることになると思うんです。

 よくある「ブログのアクセス数を増やすには・・・」ってやつに、「テーマを絞りなさい」なんてこと書いてあるもんね。だから、ほんとはこっちの方は旅行記なんかを主体にして、別途経理関係を別にして・・・、ってやると、多分、ブログとしてはいい感じになるはず、なんやけど、そんなふうには今のところ、しません。

 だってね、別にこのブログ、アクセス数を増やしたいと思わんし、ただ、将来の自分に向けて、今現在の好きなこと書いとるだけやし。 

 読む方にとってみれば、「区間全駅NWの作成者の素性」を見るだけになるやろうし、経理とか税理士試験の、それも結構専門用語的なことを並べられてもね・・・、って部分もあるやろうし。

 あっ、ここまで書いとって気づいてんけど、実は今日、ほとんど書く内容考えてなくて、「試験の内容ばっかりでつまらんね」って書いたあたりから、何となく思っとることを書いとるだけです。

 ってことで、何を書いとったんかな・・・、そんなわけで、今しばらくはこの日記(ブログ)、読まれる方の層を全く意識せずに書いていきますんで、それでもいいよ、って方はお付き合いください(この話題になるとこのフレーズ、よく出てきますが・・)。

 でも、日曜日か月曜日以降は旅行記が多くなると思います。まして、宿泊が絡む予定なんで、ひょっとすると来週の大部分は旅行記になってしまうかも。

|

2007年8月 9日 (木)

33歳

 昨日は、ちょっと会社関係のいろんな関係(「関係」という字を沢山入れたくなるほどのニュアンス)で、5人ぐらいでビアガーデンの「ようなところ」へ行ってきまして。まあね、ビアガーデンっていうものに行くがも初めてやってんけど。なんかね、郵便局見ながらビール飲んどった。

 で、その帰り。その場所って確かにね、車やと家から割と近いところなんやけども、そんなわけにもいかんし、一旦、代行で帰る人に便乗して、家から遠ざかる方向に行きまして、その方の家の近くで下ろしてもらって、そこからバス。

 公共交通機関って滅多に使わん、って言いながら、2日続けてバスに乗っています。これもまた、昔は考えられなかったところから、郊外の路線同士が接続しとる「系統接続」の恩恵を受けてしまいました。なんか、この系統接続、意外といい感じで繋がっとるね・・・。てか、このバス停から家の方向のバスに乗るがって、今年3回目なんやけどね。1回目は正月か・・・。これは正月に社長んちに「およばれ」のような感じでご飯食べに行ったときねんけど。

 それで、ほんとは家から歩いて5分のところまで来てくれるバスやったらよかったんですが、そのバスはそこまでは行かないバス。まあ、具体的に書くと「63大野港行き」でなくて「60金石行き」やってんけど、そんなわけで金石バスターミナルからとぼとぼと徒歩。これ、昔の北鉄金石線廃線跡そのものなんやよね・・・。

 途中、結構墓があるんやけど。そういえば小学生の時って、墓の前通るが、すごい怖かったな・・・。通学路に墓があってね。せいぜい15個ほどの墓やってんけど、珠洲市蛸島町の住宅地の中に突如あったんです。

 で、昼間とかは別にどうでもよかってんけど、そろばん塾とかに行って、冬とかで帰りが日没後になると・・・。ほんとその家2件分ぐらいの墓の前を猛スピードで走っとったな・・・。今から思うとなんでイヤやってんろね。それと、夜、墓の前を何のためらいもなく通れるようになった、っていつからなんやろ。

 てか、なんで金石の町の中って墓多いげんろね・・・。今ふっと思ってしまいました。

 ってことで、前置きが長くなりましたねー。おはようございます。どうやら脳内は「嘘」しかないらしい、川口です。

 てか、基本的に嘘はついとらんつもりねんけどね。あえて言わんことは結構あるけど、言うとることは本当のつもり。てか存在自体が嘘なんやろうか(笑)。それやったら全部嘘やわー。納得(?)。

 ということで、えっとですね、わざわざ書くことでないんやけど、誕生日です。もう、この年になってしまうとどうでもいいんですが、32→33って、何の思いもないですねー。なんかね、まわりに「微妙に年上」って人が多いんで、その人達の年齢を意識すると、自分の年齢が変わるときってほんと違和感ないもんですね。この前なんか、素で「今33歳やし、次は34歳になるんやな」って思ったぐらいやし。なんかむしろ1歳得した気分です。

 で、父親が長崎県諫早市の生まれで、この日に誕生日、ってことで、亡くなった父方の祖父母なんかは、ワシの誕生日は絶対に忘れとらんかったみたい。でも、普段そんな行き来もなかったし(単なる距離の問題です)、これによってどうこうってこともなかってんけど。

 てか、3年前やったか、ちょっと衝撃的な事実を告げられまして、ワシが生まれる日、父方の祖母がうちに来とって、そんで、今日は原爆記念日や・・・、って話から、原爆の話を母親にしたらしいんですよね。そしたら母親が気持ち悪くなって・・・、そのまま産気づいた、って話。で、夕方4時台に産まれたと。まあ、半分は冗談らしいんですけど(あとで、冗談やよって否定しとったけど)、この日が誕生日になってしまった、っていうがも、あながち偶然でもないらしいんです。

 てか、昭和49年8月9日→四苦八苦、って語呂悪すぎ。ちなみに、誕生日の関係は一切暗証番号等には使ってません。てか、この場合0809にする?4989にする?7489にする?。

 で、この8月の誕生日、ってワシの場合はそうなんやけど、あんまり人に祝ってもらう習慣ってないんですよね。ほら、小学校の時って、「誕生会」とか言うて、わざわざ放課後、家に呼んで、お菓子食べたりってもんがあったやろ?。ワシも何人かの人のそれに行った記憶があるんやけど・・・。わざわざ簡単なプレゼントとか、その人の近所で買うたりしてね。

 でもね、8月って、夏休みやし、また、「登校日」って、9日にすればいいもんを6日にしとるし。ってことで、夏休み明けたら、あるいは登校日の間にいつの間にか年齢が変わっとった・・・、ってことになっとって。誕生日を友達に祝ってもらった、って記憶、全くないんですよね。ということで、人に誕生日を祝ってもらうってことに全く慣れてません。まあ、世の中には正月とか大晦日なんかと一緒にされてしまう人もおるし、それよりはいいんかもね。

 それで、この時期が誕生日で、なるほど、って思ったんが、昨日、ものすごく書いてしまった某税理士試験との関係。

 人間が生きていく上で、1年の区切りって、暦年(正月を区切り)やったり、4月1日やったり、あと、12月と3月決算以外の法人やったら、その決算日やったり、っていうもんと、あと、誕生日を区切りにして、ってありますよね。そして、この「長丁場」になってしまう、科目別合格制度の「税理士試験」を受けとる人って、この試験も1年の区切りの一つなんです。

 で、その試験をもとにした区切りと、自分の場合の誕生日の区切りって、割と近いところにあるんですよね。そういうことで、○歳の時のある面での努力、ってもんがそのまま試験に繋がる、っていう部分もあったり。

 あーそうそう。それと、年齢が変わって、初めて何かにその年齢を書く、っていうんが、盆休みにどっかに泊りに行ったときの、名前とか住所とか書かされるやつ。あれになることが多いんです。盆休みにどっかに行ったときに「あー年齢が変わってんな」って実感します。

 ってことで、誕生日ってだけでこんだけ語るがもどうなんやろうね?。人それぞれの誕生日に、その日・時期やからこそ、こういうことがある、ってあるんやろうな、って改めて思ったのでした。

 誰も書かんと思うけど、書いたとおり人に誕生日を祝われるって慣れとらんので、誕生日を祝うコメント等は差し控えていただければ幸いです(笑)。ただし、「自分の誕生日は○月やけど、その場合はこんなことがある」っていうコメントは、面白いので結構です。

 てか、今日、健康診断やわー。これもまた因縁やろうか。(ほんとは7日やってんけど、試験やったし変えてもらってんよね)

|

2007年8月 8日 (水)

18きっぷ

 そんなわけで、昨日の帰り道、ちょっと金沢駅まで行きまして18きっぷを買ってきました。夏は楽に使いきることが出来る、と思うんで、この前の春みたいに残したりはしないはず、なんですが、ひょっとしたら妹の友達が使った→妹が友達と使った→その余り1日分、ってもんが来るとかどうとかって打診があるんで、ひょっとしたら今回は5日分では済まんかも・・・。

 一応、JR券って、これを売ったりしている会社に勤めとるんで、会社を通して買えるんやけど、それと持っているJ-WESTカードのポイントとの兼ね合いもあったりしまして、周遊きっぷみたいに窓口で待たされるやつとか、発売直後にとりたい指定席特急券なんかは会社を通していまして、すぐ買えるこういうきっぷは駅で買ってます。

 それにしても、今回はクレジットカードで買うと、途中で「用紙切れ」で待たされたりと。ちょっと変わったことのあった日でした。

 ということで試験から一夜明けた朝、おはようございます。川口です。

 さて、ほんとはね、試験のこともう書かんとこうと思ったんです。せいぜい、行動記録として試験の行き帰りに面白いことでもあったらちょこっと書こうかなって程度で。でもね、昨日、結構いろいろ考えてしまったり、あと、結構問題自体印象的やったんで・・・

 ここから試験のこと、ものすごく長く書きます。(まだ書いとらんけど、今朝は早よ起きたし、今から1時間ぐらい時間あるんやね)

 ってことで、特に後からは自分だけのために書こうかなってこともあるんで、それと、オチもないつもりなんで、もういいわーってところで、ご自由に中断してください。

 それでまずは、行動記録的なもんから。

●乗合バス

 いつもどおり会社行きまして、会社の近くのバス停から、試験会場へ行くバスに乗りました。えっとですね。一時期、郊外方向へのバスを、中心部を突き抜ける形での系統接続したおかげで、内灘・粟崎方面からのバスって金沢駅西口・香林坊を突き抜けて、小立野・末町方面へ抜けてしまうようになったんですよね。

 ってことで、会社の近くっては、あと2バス停で金沢駅西口、ってバス停やんやけど、この微妙な駅までの距離を歩かんでも、試験会場のある末町の方向へ、なんなら試験会場前まで、そのまま連れてってくれる、ってことで。それと駅の前に乗ってしまえば座れるかな・・・、ってこともあったんで。

 でね、このバス、海のそばの町から中心部を経て、兼六園のまわりは「兼六園下」を通らずに「成巽閣前」を通る系統なんやけど、結構この兼六園のまわりの、緑が多いところを通ってくれて、結構いい雰囲気なんやよね。兼六園の坂も一番きついところ通るし。そしてそこを抜けると小立野の町。なんか、緑の中を抜けて、何もなかったかのように再び町が現れる、って光景。そして、そのまま進んで錦町からちょっと山っぽいところを抜け、またまた何もなかったかのように末町の町の中に入るという・・・。この路線、通して乗ると結構おもろいかも・・・。

 てか、車では普通に通る道路も、バスからみるとこんな感じで面白く、感動的に見えてしまうってなんでやろうね?。なんか、そんな感じで改めて発見したことでした。

●試験会場で会った人

 で、一旦「行動記録」ってことで、ちょっと話を飛ばしますが、試験の部屋に行きまして、トイレへ行って戻ってくると見慣れた人が席を探しとって・・・。前の会社の人でした。結局その人、斜め後ろの席やってんけど。

 帰り道、その会場のある大学から、そのまま「下山」する道を一緒に歩いて、そして途中まで一緒のバスで帰ってんけど、なんかある事象をこの人を通して話し聞くと、ある意味おもろいかも。ちょっと感覚が独特な方で、改めてゆっくり話すと、ある意味面白いな~と思って聞いとりました。

●出来具合は

 ということで、試験の出来具合、なんやけど、実は

 意外と出来たかも・・・

 昨日書いた「反省」ってどうなんや、って話になるんですけど、普通この試験って時間足りんし、どこから手をつけてどこを捨てるか、っていうがも重要な判断能力やったりするんですが(意外とそんなん得意)、実はぜーんぶ埋めてしまいました。で、ちゃんと計まで出してしまう始末。理論もちゃんと全部書いたし・・・。それで時間余ったし、自己採点用に計算用紙に計算で答えた数字、写してきた・・・。

 でもね、この試験って、なぜか試験の難易度にかかわらず、「60点以上で合格」って言うとるにもかかわらず、合格率ってほぼ一定なんやよね・・・。不思議なことに。

 ってことで、今回、受けとる間に気づいたし、あとからネット上を見てみても分かってんけど、ミスが出来ん試験、ってことやったみたい。ボーダーラインが跳ね上がる感じ。てことで、「よくできたけど、多分落ちる」って思って、合格発表のある12月まで過ごした方がいいかも知れん。(てか、多分落ちとる。理論とか書いたけどほんとは覚えたことをそのまま書かないかんと思われるところも結構「作文」したし。)

 ということで、実は意外と善戦しました。3月までの力で、結構戦えたみたい。途中でフェードアウトしたみたいな形になったけど、着実にそれなりの力はついとったみたいやね。ってことで、これをうまく使って来年、頑張ろー。

●ということで自分のために書きます

 で、3~4年ぶりに試験会場へ行った、ってことで、よく考えると30代になって初めてねんよね、この試験受けるって。で、会社近くのバス停→試験会場のある大学の真ん前まで山を登っていってくれるバスのダイヤの都合上、ちょっと早く着いてしまったんで、かといってテキストを広げることなく、ぼーっとロビーで他の受験生をみながら考えとったことがあるんです。

 これ、ここに晒すがもどうかなって思うし、別に心の中にとどめとけばいいんでないが・・・、っていう内容なんやけども、この試験って長丁場やし、定期的にこんなことを考えて文章化しとくって、実はいいことなんかなと。これを自分だけ見るノートに書いとけばいいだけやしテキストファイルにしてHDに入れとけばいいだけねんけど、結局そうすると、性格上、書かんやろ?。ってことで、あえて書いて、晒してしまいます。そんなわけで、以下終わりまで、興味のある方だけどうぞ。

 この試験を受けるきっかけ・・・、高校1年の時に税理士とか、行政書士とか、公認会計士とか、っていう仕事が面白そう、と思って、文系を選んで、あとは大学は合格状況に委ねて、経済学部に行ったんやよね。そして、別に大学の勉強と試験が連動しとったわけでないけど、すぐに自分で簿記の勉強して・・・、1年の時の秋に3級、そして、なぜか途中までしか勉強しとらんかった2級も受かってしまったんやった。

 結局、公認会計士は三大都市圏でないと難しいってことで、税理士を目指すことにして、でもそんなに自由になる金ないし、ってことで、最初は適当に本を買って独学やったんですよね。で、最初の試験は、受験資格が得られる3年の時に初めて受けたと。

 てか、そんな経緯書いてもしゃーないけど、その時は特に税理士になってどうしたい、っていうこともなく、ただ、面白そうやし、そんな仕事したいな、ってことで受け始めていました。

 それで、会計事務所に就職して(平成9年)、まわりもこの試験、受けとる人多かったし、普通に毎年試験受け続けて。で、ある年(確か平成11年)にふっと「簿記論」に受かったんやね。確かその年、簿記論っていうよりも今年受けた財務諸表論の勉強しとったはずやけど・・・、結果的にはその知識を使った部分もあったし。

 でも、その後、特に消費税法とか受け続けるうちに・・・、この試験を受け続けることだけが当たり前のこと、年中行事になってしまって、「なんでこの試験を受け続けとるんか」って動機を見失っとったんですよね。

 結構、会計事務所ってところ、最初は税理士になりたいって言うて入ってくる人が多いんやけど、結局、税理士みたいな仕事出来てしまうし、そして給料もあたるし、資格取ること自体にそんなに魅力を感じんくなってくるんやね。でもマンネリ化して受け続ける・・・。

 そんな感じで40代、50代になってしまう、って人、結構おるんやよ。会計事務所ってところには。そんな風にはなりたくないな・・・、って思う自分と、でも最初に税理士になりたいって思って想定しとったことが、実は「税理士補助者」、つまり「会計事務所職員」として、実は既に出来てしまっとる、ってことで、じゃーわざわざ金と暇を使って試験受けて、どんな意味あるん?っていう状態になっとったんですよね。今から思うと。

 ということで、マンネリ化して試験場には足を運ぶけど、ちょっとは勉強するけど、明確に受かりたいとか、そんな気持ちは年々薄れていくんです。薄れていていっとったんです。

 そんなことで試験受けるために1日や半日休むぐらいなら、目の前の仕事を片付けた方がマシやー、ってある年から思うようになったんですよね。それと「忙しくて試験すら受けれん、どうしてくれるんや」っていう、前の会社に対するおかしな「当てつけ」もあったんやけど(ってことで、実はやめるときの引き止めの時、所長が某居酒屋で最初に言うたんはこの話やった)、ある年から試験を受けることすら放棄しとったんです。

 実はその年、久しぶりにちょっとやってみようかと思って、講座を申し込んどったんですよね。でも、年内すら持たんかった。確か11月のテキストあたりまでしか進んどらんかったはず。添削問題も1回しか出しとらんし。で、それで放棄して、試験すら受けんかってんよねー。

 で、そのあたりから、仕事で今行っとる会社の社長に、口癖のように「早よー試験受かって独立せんかー。そうしたら客になってやるし」ってことを言われとったんです。最初の頃は「はい」って言うとったんですが、そのうち、この試験の難しさなんかを言うようになっとったんですよね。

 仕事については結構いろいろ覚えて、年々、会計事務所の仕事は出来るようになってきとった、と思ってんけど、ある時期からなんかマンネリ化して。でもあることをきっかけにまた今まで見えんかったことが見えるようになってきて・・・、ってことで、成長はしとったんやけど、それで会社そのものでなく、仕事には満足しとる、でも、試験を受ける魅力は感じんくなっとる・・・、

 って時に、今の社長が、経理としてその会社に行くことを誘ってくれたんですよね。もともとは「こいつ、今の会社におっても試験勉強出来る暇もないみたいやし、うち来ればもうちょっと余裕出来るんでないか」って半分冗談でボソッと言うたこと(てか、冗談で「うち来れば」ってことはよく言われてました)から、「そういえばうちにこういう経理の人来れば・・・あーメリット多いわー」っていろいろ思うようになってきて、それが止まらんくなったらしく、そして、そう思ったときから毎日のようにお電話いただいたんですよね・・・。

 ってことで、そのお話をただいてからほぼ1年経ったときに転職、ってことになったんやけど、まあ、その期間についてはいろいろあったんで置いといて。

 で、何度も書いてますが、会計事務所から一般企業の経理に移って・・・、仕事は面白いんです。会計事務所で「人のやること」として見とった部分を自分でやっとるし。なんかね、今までほんと、表面しか見とらんかったなとか、そういう反省もあるし、勉強になる部分も多いし。だから別に割り切ってしまえばこのまま「経理の人」として、定年まで、例え会社が変わったとしても生き続けていく、っていうのも一つの選択肢ではあるんですよね。

 あるいはもっと別のことを勉強して、大きな会社で・・・、ってことも一つの選択肢ではあるんですが(できるんかな?)、中小企業の会計を見るってことの楽しさを知ってしまっとるんで今のところは大きな会社より小さい会社の方が楽しいかなって思っとるんです。

 でもね、今の会社の中では唯一「本業」に関わっとらん純然たる「間接部門」の人なんですよね。まわりが「本業」に対してすごい人々やからこそ、何となく「自分てこの中で何なん?」って思ってしまうんです。別に、会計に対しては自信はあるし、この会社の経理って、独特な分があるし、他の人がやるってことになると大変やろうなー、てか引き継げんな(別に悪いことしとらんよ)って言うこともあり「自分しか出来ん」っていう自信もあるけど(てか、引き継げるようにはしていきたいですよ)、なんかね、本業でないところにおると、ちょっと自分ていう人間について、改めて考えてしまうんです。

 となると、やっぱり自分が出来る、自信のある仕事を今後続けていく・・・、ってなると改めて、税理士になるってことに行き着いてしまうんです。結局自分は「会計」の人間なんやなと。あと、その後の展開的なもんはちょっと他の人との関係であるんやけど、そこはここでは書きません。

 たまに前のお客さんに「試験受からんがー」って言われたりもするんですけど、10年仕事してきとって、あるいは初めて試験受けてから12年経って、その試験を受ける意味って大きく変わってきたんやなー、と。仕事が面白そうっていう意味では既に目的は達しとるし、当初、この試験を受ける動機ってもう無いようなもんなんやけど、それとは別の動機が出てきとるんですよね。

 ちょっと税理士を目指す、って意味での会計事務所というところから離れてみたからこそ、逆にその仕事の面白さが分かって、いろいろとやってみたいこともでてきたと(ただし、具体的なもんでなく、混沌としとるし表現できんけど)。でもね、また他の会計事務所に職員として行って・・・、ってやっても、そのやりたいことが出来るかっていわれると「?」なんやよね。結構、「先生」って人の意向が大きく左右される業界やし、結局は普通にまた会計事務所の職員としてあの業界に戻ったとしても、前みたいに、表面だけ眺める普通の会計事務所職員に戻ってしまうんやろうな、となると、今の経験って死んでしまうんかも知れんな、というおそれもあると。

 じゃー、まあ必ずしも一人で開業するってことを意識しとるわけでないけど、今の経験からやりたいことがあるなら、資格を取らんと、それが出来んがでないやろうか、っていう思いもあるんです。

 となるとね、もう数年前みたいに「年中行事として試験会場に足を運ぶ」っていう受験生ではなくなってきとるんですよね。レベル的には今年は追いつかんかったけど。

 まあ、別に数年のうちにこうしたいってわけでなく、まだまだ今の会社で経理としてやりたいこといっぱいあるし、大慌てで資格取る必要もないし、仕事と趣味と両立させていきながら慌てずに試験勉強していけばいいかなと思っとるんです。でもね、どっかの段階ではちゃんと資格は取りたいなっていう明確な動機が出来てきたかな、というのが最近の思いです。

 ってことを、試験受ける前にロビーで考えとったんですよ。まあ、1年に1回か2回ぐらいは、この試験を受ける意味ってもんも考えてみるがも重要かなってことで、書いてみました。ちょっと書けん部分もあるし、思っとることが必ずしも明確に文章になっとるわけでないけど、大筋はそんなもんです。

|

2007年8月 7日 (火)

1年

 去年あたりから、普段の飲み物は「水」やったりするんやけど、夏になると結構飲むんやね。また、いわゆる「ミネラルウオーター」でないし、安いし、ってことで、好きなだけ飲んでしまうんです。で、これが結構食事中に飲んでしまう、ってことで、食事中に2~3杯飲んどるんやけど・・・、やっぱりこれは消化に悪いらしいと。

 ってことで、朝起きてから、すぐに飲んで、そして1時間ぐらいWebサイト見たりとか、日記(ブログ)を書いたりとかして、その後朝食、って流れにしてみました。ということで、さっき700ミリリットルほど水飲んでます。こうすると食事中は改めて水飲みたくなくなるんやけど・・・なんか癖でつい、ペットボトルに手が行ってしまう・・・。

 それにしても昨晩はなんか暑かったし、寝る前3杯ほど飲んだ水も有効に使われたみたい・・・、ってことでおはようございます。川口です。

 でー、昨日から書いています通り、今日は(正確に言うと今日から3日間なんですが、ワシは今日だけ)税理士試験。やっぱり書いています通り、途中でちょっと何かが抜けてしまって、今年合格する可能性はほとんどないと思っています。でもね、「昨年の9月から今年の3月まで」の成果はぶつけてくるつもりですよ。意外と分からんなりにも2時間って時間は有効に使えるんです。でっち上げてでも「書ける」って性格。昔から試験で「一応書いてきた」ってできたもんね・・・。

 ともかく、今日のうちに反省してしまいます。来年は帰ってきてから反省したいです。

 またこの話題かー、って思われた方が多いと思いますが、これまた何回か書いています通り、今のところ生きていく上で「仕事」と「趣味」って結構大事にしておりまして、その中の、将来の「仕事」に関係していくものであったり、しかもこれって、企業秘密的なもんが全く絡まない話だったりするわけで、そうなると大事にしている物の中で書きやすい話題、なんですよね。ってことで、書かせていただきます。

 まずは反省、なんですが、この試験って暗記力とか、いろいろと必要な力はあると思うんですが、結局は1年間全力で勉強できるかどうか、ってことが一番大事なことやと思うんです。9月10月の勢いを、冬、春、そして夏までどうやって維持するか、ってことで、多分ね、維持できればある程度のところまで来れるかなって思うんですよね。あと、これが何年も続くんでそれを維持するためには小旅行とか、趣味ってもんは大事やと思うんです。

 結局はその維持ができんかった、ってことが敗因。春ぐらいで崩れましたもんね。これはすでに書いたんですが、もともと2科目やろうと思っとって、でも働きながらやし、無理かなってことでもう1科目は講座を申し込まずに、えっとね、1999年頃の教材で勉強しとったんです。(改正点は分かっとったし)そんで、何となくできそうやったし、ってことで、1月にその講座を追加してみたんやけど、本格的にやろうと思うときつい、ってことで脱落したんです。

 ワシの性格から考えて、ほんとは「あれもこれも」ってやっとった方が、それぞれ個別にみてもうまくいく、ってこと。昔から「科目が増えると順位が上がる」なんていう不思議な性格やったんですが、そういうことで、1科目抜いてしまったことがダメやったんかなと。1科目を意識しつつも「あー、こっちはあんまりできとらんな」と思いつつ、メインの1科目をやっとった方が、モチベーションは維持できたんかなと思っています。

 これは万人に言えることでなく、多分、1科目に集中した方がいい、って人も多いはずなんやけど、こと自分に関して言うと、おかず的にもう1科目用意しといた方が、結果はよかったんかなと思っています。

 と書いていますが、モチベーションが維持出来なんだってことが敗因。はい。

 で、悔やんどってもダメやし、一応、今年のよかったところ~。

 えっとですね。この財務諸表論って科目、最初に受けたんは10年以上前なんやけど(てか12年前か・・・。当時とは中身がえらい変わってもうたな・・・。会計制度変わりすぎ。)、で受けるんは5回目かな・・・。最初は独学でやっとって、ちゃんと講座を受けたんは2回ぐらい。多分ね、その中では一番進みました。ちゃんと春まで出来とったって、初めてやし。一応の「インプット」ってもんが出来た、つまり、曲がりなりにも全範囲の講座を聴いて、問題も解いた、って始めてやったんです。

 そんなわけで、途中で脱落したものの、うまく使えば、ってか「2年計画」やと思えば結構前進したんですよね。特にね、試験そのもの(他の科目含め)を3年ほど受けんかった、ってことを、これほどまで復活できたってことで、今年のもつ意味って、結構大きかったと思うんです。

 あとね、以前勉強しとったときよりも会計制度って大きく変わっとって、試験の勉強範囲も変わっています。その知識を吸収できたとか。なんかこの5年ぐらいの変化に一気に追いついた感じです。あと、仕事そのものにも、割といい影響がありまして。

 結局ね、会計事務所におるときって沢山量をこなさないかんし、結局は税法に沿った決算書しか作れんのですよね。中小企業ってそれで十分やもん。で、それに慣れきっとったんですけど、もともと税法と会計って別物。で、ちょうど仕事で1社だけの決算になっとって、1つの会社の会計を深く頭の中で追求しとる時期やったんですよね。

 そうなると、試験勉強として頭に入ってくる、「本来の会計の姿」(でもどこまでが「本来」っていうかはおいといて)が、結構新鮮でね・・・。もちろんすぐにはそこまで持っていくことって無理ねんけど、あるいは中小企業には該当せんもんって多いんやけど、最終的にはそれに近いもん、中小企業会計指針やったかそんなもの(試験範囲ではありませんが)ぐらいには近づけて行かないかんなーと思ったのでありまして。

 ほんとは会計事務所→中小企業の経理、って転職してしまうと、結局は以前の知識を基に、毎年マンネリ化しつつ、一つの会社の決算だけみていく、って流れになるかなというおそれもあったんですよね。それが、この試験の勉強「も」(他にもあるということ)きっかけに、いい刺激になったと思います。普段、一人で完結してしまう仕事って、あまりこういう外からの刺激ってないんですけど、この勉強を再開した、ってことが多分、仕事にもいい影響を与えたはず。

 そういうことで、1年1年区切って、今年の試験の結果だけ・・・ってみると大敗なんやけど、来年まで見越して、あるいはそれに付随する物を考えると、安くない受講料と時間をドブに捨てた、ってわけでもないようです。そういう意味では今年の試験勉強はあながち失敗でもなかったかな、むしろ意味があったことやなと思うのでありました。(すごい自己肯定力やろー(笑))

 さて、来年は結果が出せるように頑張ろー。ともかく今日は9月から3月までの成果はぶつけてきます。てか、1科目、まぐれで受かったときって、これ以下の勉強やってんけどね・・・。でもこの科目は理論とかあるし、多分無理。

|

2007年8月 6日 (月)

5候補

 昨日は・・・、更新の後、結局某試験の講座で、講義をダウンロードしていない分(教材が送られてきて、講義の音声はネットでダウンロードするって仕組みなんです)を、受講期限前に慌ててダウンロードしたり、と。これね、試験後に使います。来年の試験のための講座は、9月からでなく1月又は5月から受講しようと思っとるんで、それまではこれを使います。

 それで、まあ、試験前なんですが、その準備の間に昼寝。多分ね、来週から休みの日に昼寝ってことは少なくなると思うんで、こんな感じの休日って、しばらくはないんかな・・・、でも8月の最終土曜日は出勤やし、その次の日ぐらいこうなるかも・・・。あっ、どっか出かけること以外にも、試験後の土日って用事があったんやった・・・。

 でね、クーラーを付けずに、暑い中、昼寝しとりました。なんか、暑くて汗だくになるんやけど、これぞ夏って感じなんやよね。この感触、今だけなんやよね?。だからもったいなくてクーラーつけれん。

 それで、夜、銭湯へ行ったときは、かけ湯をした後、いきなり水風呂へ。これできるがって、真夏と真冬だけなんですよね。真夏は暑いし。真冬は逆に寒いがに慣れとるし、できてしまうんやけど・・・。どっちも季節の風物詩(?)です。

 ってことで、ある意味夏を満喫しとる川口です。おはようございます。でも、昨晩はなんか涼しかった・・・。

 でね、6月以来出歩いていなかったんですが、それで、先日の日記で、「出歩けんでもサイトの更新しとればそれで満足なんや」って強がってみたりしたんですけど、やっぱりそろそろ限界です。早よどっか行きたい・・・、って今年の試験はもう諦めとるし、昨日でもいけばよかってんけどね・・・。やっぱりそのへんは何となく意地ってもんもあるし。

 てか、今年って、曜日の並びで、火・水・木という並びが7日まで現れん、ってことで、試験の日そのものがどうなるかってことやってんけど、7月31日からでなく、8月7日~になってしまってんよね。というのはこれ、例年より遅いんです。だから、最初は何となく嫌やったんですけど、よく考えると今年は7月の3連休って天気悪かったし、その後の土日もなんか天気悪くて、あと、梅雨明けも遅かったし、試験勉強するにはもってこいの年やったんかなと思っています。

 まあ、それはそうとして、いろいろ行きたいんですよね。でもね、今年って盆休みが8月15日だけ、その日が水曜日という、またまたとんでもない並びなんで、遠出はできんのです。

 前の会社は9連休やっていうし・・・、でもね、今の会社はどっか行きたければ有休とって行ってきなさい、っていう会社なんやけど、だから前の会社と違って有休は取りやすいんやけど、一応、8月に関しては明日の試験以外では休みは取ってません。まあ、今年9連休やったとしても「日本海」とか走っとらんし、逆にそれだけいらんかったかも、って強がってみるんですが・・・。

 なんかね、8月15日にくっつけて有給とっても、なんか暑いし、いっぱいやし、ってこともあったり、2日休まんとうまく土日とくっつかん、っていう並びやったし。こんなことなら9月に1日だけ休んで3連休を4連休にした方がよっぽどマシかなと思いまして。

 それで、結局、土日か日帰りをいくつか用意する8月になるんですけど、しかも土日休みっていうがもまん中の2回だけやし。

 ということで、結局は関西~新潟・長野の間ってことになってくるんかな?。今回は行動範囲、狭いんやけど、意外とこのエリアで行きたいところって多いんですよね。あと、周遊きっぷや各地にある乗り放題きっぷの空白域を埋めるのが18きっぷ、とすれば、またまた行きたいところも多いんです。

 1.上越線六日町~越後湯沢を中心に。なんかね、運転本数少ないし、これを宮内・越後滝谷まで延伸しても結構時間がかかりそうで。それと、これが終わって宮内から柏崎経由で抜けてくることも出来んし、いっそのこと、越後滝谷~六日町は今後「えちごツーデーパス」に任せて、そのままもっと運転本数の少ない水上まで行ってしまおうかなとか。「はくたか」使って日帰りでもいいエリアやけど、1泊するともっと楽しめそう。

2.大糸線…これもね、季節に応じて魅力のある路線やし、全駅でなくて夏らしい駅をいくつか撮ってきたいんですよね。これも日帰りでもいいんやけど、1泊したいかも。付録:松本電鉄

3.信越本線 黒姫~長野~篠ノ井→これは今でなくても「北回廊パス」ってもんもあるし、後でいいかな。

4.東海道本線 米原~名古屋→これは名古屋に本格的に行くと「人に会う」っていう目的になってしまうし、それとの兼ね合いもあって。駅だけなら日帰りでいいかも。あと、行きか帰りは「しらさぎ」利用で。(新型車両になってから乗ったことない人)

5.富山地鉄 不二越・上滝線…これは18きっぷを使いきってからの方がいいかも。

 結構ね、旅行会社ってところにおると、いろんな地名が耳に届きまして、結構行きたいところが増えてしまうっていうところなんやけど、それで、月初めの忙しい中、実は単純な集計をやっとるだけなんで、手は忙しくても脳内は意外と暇なんで、いろいろと頭の中は日本各地になっとったりするんですけど、まあ、今回はこんな感じかなと。

 なお、9月の3連休ないし4連休は、広島・岡山方面を狙っとるんで、今回もこの候補からこの地域を除いてみました。

 多分ね、今回は1と2と4ぐらいで18きっぷを使いきる感じになるかなと思っとるんです。ってことを、試験の直前に考えとるようじゃ、やっぱり今年はダメやね。

|

2007年8月 5日 (日)

更新しました(第507版)

 さて・・・・。この日記で時々書いている「別件」、つまり某試験まであと2日ですよ・・・。といいつつ何もやっていなかったり、何なら普通に更新をしとったりするんですけど、ともかくいろいろやりたいことを、その試験があるから、ってことでやってなかったりするんで、さて、火曜日の夜以降、何から手をつけようかね・・・・。まずは18きっぷを買わんならん。

 今後、試験の帰り道に18きっぷを買う、っていう習慣にしていこうかなと思う今日この頃。どうせ、あと4科目あるんやし、何年間かはそういう流れになると思いますんで。さて、来年頑張ろー。来年の試験直前の日曜日は「更新を延期します」ってご案内、出したいねー。

 ということで、まだおはようございますの時間ですね。川口です。

 今回の追加駅 津軽線 津軽二股駅。函館本線長万部駅 室蘭本線 洞爺・東室蘭の各駅

 ということで、津軽二股駅は、ほんとは津軽線の一連の中で更新していくべきだったんですけど、まあ、繋がっとらんし(大平駅未取材)ってことで、ちょっと遅らせていたんです。そういうことで、実は「仮置き場」ではなく、津軽線の一連の並びの中に収まってしまう仕組みでした。

 大平駅未取材のため、ほんとは繋がっていないんですけど、隣接駅の津軽今別駅を通して、繋がってしまっているという感じになってしまいました。

 あとは北海道の3駅。特急停車駅です。なんかね、この、北海道の特急停車駅をみると、どうしても車内自動放送での英語の案内が頭をよぎってしまうんですよね。駅名を並べながら、頭の中には外人(多分)の女の人がしゃべっとる音声が、頭を離れん状況。分かる人だけ分かってください。

 そういうことで、割と、特急北斗の停車駅も充実してきました。特急停車駅だけでも、先に釧路方面へ繋げたいなと思ってもいますが、なんせ現場が遠いもんで、次はいつになるやら。

 それと、五稜郭駅に、1枚だけ、実は長万部駅の写真を掲載していたことが判明しまして、差し替えています。(架線の有無で気づくべきやったんですけどね)それと、津軽線の取材日が全部1日ずれていたんで、それも修正しています。

 で、今回の掲載で、一応、5月取材分まで終わりました。あとは、6月に関西へ行ったときの分だけ残っています。来週あたりからちょこっと在庫が増えてくればいいなと思っています。

|

2007年8月 4日 (土)

2杯

 昼間は仕事の関係でどうしてもクーラーの利いた部屋にいなくてはならないんですけど(別にそれでいいがいね、って話ですね)、家に帰ってきたらなるべくクーラーには当たらんようにしています。

 ってことで、昨日は台風が来て、窓を閉めなダメな状況にもかかわらず、自分の部屋はクーラーを付けませんでした。てか、雨降っとらんし・・・、って言うて、結局窓開けたんですよね。そんなことで扇風機で過ごしまして、一応、首振り・微風で体に風が当たるようにして寝とったんやけど、どうにかクーラー使わんかった・・・。

 なんかね、自分との戦いに勝ったような気分です(笑)。でも、日中のことを考えたら、クーラーをかけて、ぐっすり寝た方がよかったんかなとか、1年に数回は使わなクーラーがある意味ないし、壊れやすいし、そのチャンスがこの夜やったんかなとか・・・。

 ともかく、そんなわけで寝る前に飲んだコップ2杯分の水の多くは、汗として出て行っとるはず。そんな寝起きの川口です。おはようございます。

 この数日、暑いんで、ちょっと前に書いたとおり、自転車を漕ぐ時の最高速度を、大幅に引き下げてます。つまり、ゆっくり漕いでます。暑いもんねー。

 ってことで、炎天下の中、ゆーっくり漕いどるんやけど、でも前にも書いたとおりそんなに到着時刻には影響せんかったり。昨日は意識して5分早よ出たら、5分早よ着いたし。なんか、「この時刻までに出よう」って思って結局、ズルズルと5分ぐらい遅れる、ってことが多いんやけど、その時間がなかった分、全く影響しとらんみたいです。

 そういうことで、ゆっくり漕いどると、やっぱりなんかこの速さで漕ぐことが普通になってきたというか、要は順応しとるんですよね。前みたいに出来るだけ速く漕ぐ、ってことを忘れつつありまして、この速さで漕ぐことが当たり前になってきとるんです。順応してしまいました。

 つまりね、「順応してしまう」ってことが、つまり「その状況が当たり前のことやと思ってしまう」、ってことなんかなとふと思ったんですよね。

 割と、ワシって、環境に順応する力ってあると思うんですよね。人にも言われたことあるし。でも順応しつつも、「この部分はいいわー」って思ったら、意地でも曲げん部分もあるんやけど。

 だから、意外と大都市圏行っても、普通に私鉄を生活路線にして、公共交通機関で行きたいところに行き、満員電車で通勤して・・・っていう生活もできてしまうんやと思います。順応できる自信はあります。

 1年9ヶ月前に会社変わったときも、やっとる仕事は前の会社で今の会社に対してやっとったことが核になっとるし、ってこともあり仕事自体はそれほど新しい環境でもなかってんけど、会社の雰囲気って全く違う両社なんやよね。

 まあ、前から出入りしとった会社やったし、ってこともあるんやけど、全く環境違う会社やけど、割と順応できたかなって思うんです。で、順応できて、この環境が当たり前やと思ったあたりで、時々、用事があって前の会社行くと・・・。もうここには戻れん、って思うんですよね。もう既に落ち着く場所ではなくなっとるんです。でもこの状態になるまで半年ぐらいかかりましたが。

 結局、「順応できた→その環境が当たり前のことになってしまった」、ってことなんやろうなということで。

 家から会社に行くためには、車で行く(15分ぐらい)、自転車で行く(20~25分ぐらい)、なんて選択肢がありまして、あとはバスを使うと「5分歩いて20分ぐらい乗って、20分歩く」とか、「15分歩いて15分ぐらい乗って10分歩く」なんていうルートがありまして(どっちも60分~90分に1本)、これも一応は選択肢なんですよね。

 で、バスコースはちょっと置いといて、車か自転車か・・・。まあね、雨が降っとったら、あるいは降りそうやったら車で、それ以外は自転車、ってことにしとるんやけど、雨がちょっと続いた梅雨時とか、冬とか、車に慣れてしもうて、それが当たり前、って思ってしまったときもあったんですよね。なんか、前みたいに雪が積もらん限り、雨でも何でも自転車で行っとった、っていうことと全く別人みたいな感じになってしまったんです。

 なるべく、車って使わんでもいいなら使わんとこって思う部分もありまして、家から会社ぐらい、5キロぐらいなら自転車でもいいと思っとるんです。あとはこれがなくなったら、車だけになったら「運動」ってもんもなくなってしまうし。でもね、一時期、その考えすら危うくなりましたもんね。これ、「一時期」って書いてますけど、ほんの数週間前です。

 なんかね、便利やなと思うもんは使えばいいんやけど、それが当たり前になってしまうがもちょっと怖いなって思う部分もあるんですよね。

 パソコンなんかも、家におって起きとるときって、割とネット依存症でないけーってぐらい使うんやけど、これも旅行中は、ほぼ使わんようにしとるし。(まあ、帰ってきてからの反動は結構すごいけど)ただ、パソコン使わんと仕事せーっていわれても、資料の整理的なこと以外は無理やし。仕事にならんし。

 ということで、またまた言いたいことが空中分解してしまった感があるんですけど、そういうことで何となく「便利なもの」には妙な抵抗感があるって部分もあり、けど、「便利なもん」が当たり前になるっていうがも意識的に避けとったりして、文明人にはなりきれとらんなと思うのでありました。

P.S.今日は今のところ雨が降ってませんが、帰ってくるあたり(14時頃)での降水確率が高いんで、今日の出勤、車にさせてください・・・。てか、今週は月~金までずっと自転車やったし。自転車が当たり前になっとったし。

|

2007年8月 3日 (金)

6月

 数日前の話で、書こうと思って忘れとってんけど・・・。朝、家を出ようとして自転車を動かそうとすると、自転車とその近くの物の間に蜘蛛の巣がありまして。夜の間に巣が出来とったんですね。

 まあ、そのまま巣の状態を維持しようとすると動かせんし、でも、手を使って払うのも面倒やったんで、そのまま自転車を動かすと、まあ、強引に巣を壊すことは出来ますわなー。ということで、そうなって自転車を動かしたんやけど、その蜘蛛くん、自転車の方にくっついて来やがっていたようで、まあ、途中で蜘蛛が自転車の車体にくっついとったことには気づいたんやけど、そのまま会社に連れて行ってんね。

 そして、会社の建物のそばに自転車を停め、掃除をしたり、ちょっと朝、仕事して、そんで銀行に行こうとして自転車を見ると・・・。また会社の建物(正確にいうと工事中で足場を組んであるんでその支柱)と自転車の間に巣を作っていやがる・・・。

 また手で払うんも面倒やったんで、かといって巣の形を維持しようとすると自転車に乗れんし、ってことで、また自転車を強引に動かすと、今度は足場の支柱の方に蜘蛛くんが行ってしまいました。さて、それからどうなったかは知らず・・・。5キロ移動してもちゃんと巣を作ったぐらいの蜘蛛くんやし、多分、健気に生きとるはず・・・。

 そんなことでおはようございます。川口です。

 ほんとはね、こうやって日記(ブログ)を書いとって、最近思うことは、朝書くとすれば出来れば前の日の出来事から、ここに何かかけるようなことを持ってきたい、そんな生き方をしたい、ってことなんですよね。だから、なるべく、前の日の出来事からここに書くことを持ってくるようにしとるんやけど・・・、昨日は特にないかも。まあね、インパクトのあることがなかった、ってわけでもないけど、やっぱりね、書くことと書かんことってあるやろー。どっちかというとここでは書かん(書けん)ことなら、ちょこっとあってんけど。

 まあいいわー。ってことで、時々書いとるように、私は「仕事」と「趣味」ということに関して、頭の中でのウエイトは高いんです。それで、「趣味の部」については、サイト本体でやっとるし、ってことで、どっちかというとこの日記(ブログ)では、もう一つの「仕事の部」での出来事で、ここに書けること、個別具体的なことでなくて(ほんとに具体的なことは書けんもんね)、何となく一般論に繋げつつ書いとる、ってことが多いです。ってことで、「なんや、仕事の話ばっかやなー」と思われるかも知れませんが、「今現在の仕事」だけでなく、「過去から将来の仕事」ということも含め、生きていく中でのウエイトが高いんで、これはご了承ください、ってことになります。やっぱりね、いわゆる「リアル」での出来事を書こうとするとそうなりますって。

 ということで、頭の中での比重が高い、つまり、生きていく上で重要視しとる「趣味」と「仕事」ですが、最近はそういえば「趣味の部」がご無沙汰な状態ですよね。6月に関西へ行ったっきりで、全くその後は出歩いとらん。デジカメを見ても、最後のコマは京福電鉄車折神社駅(電停)やし。

 でもね、やっぱりサイトの更新をし続けとる、って重要なことでありまして、何となく機械的に駅の様子を毎週、追加していますけど、駅を巡る趣味として、実際にその場に行く、その場で一定時間を過ごす、ってことも重要なんですけど、それをサイトとしてまとめる、って作業も楽しみとしては重要なことなんです。

 何となく、数週間前、あるいは数ヶ月前の様子を思い出したりしながら、文章を書くために、改めてどんな駅やったやろと思って思い出してみたり、そうすることによって改めてその駅に対する思いっていうか、その現場では感じんかったことを感じてみたり、ってことができるんですよね。

 時々、その駅の取材(以前書いたとおり、「取材」って表現も自分の中では気に入っとらんのですが「訪問」って言葉も気に入らないんで、一応今のところは「取材」って言葉にしてます)をしたあと、サイトのページを作成する前に、またその駅を通ってしまうこともありますけど、やっぱり、ページを作成する前だと、何となく記憶があやふやなんですよね。「そういえばそこの駅で降りたかも知れん・・・」ってぐらいの認識。

 でもね、1回ページを作ってしまうと「あっ、この駅よう知っとる。確かこのへんにこの木があって、こんな花咲いとったけど・・・もう枯れとるね…、あとはあの看板と・・・」って感じで、僅かな停車時間、あるいは通過であっても、その駅を「特別な場所」として見てしまうんです。

 だから、先日、青森から「特急いなほ」で新潟まで乗ったとき、ほんと忙しかったですよ。「特別な場所」が数分おきに現れるんですからね。

 ただこれも、単に行って眺めてきた、ってだけでは、そこまで行かなかったと思うんです。サイトのページを作ることにより(えっとね、「サイト」と「ページ」って表現があやふやになってますが、気にしないでください)、頭の中に定着して、各駅に対しての愛着が湧いてくるんです。

 そういう意味で、出歩くだけでなく、家でサイトを作るって作業も、趣味の行動としては重要なことです。ということで、1ヶ月半ぐらい出歩いとらんくても、毎週サイトの更新をし続けることが出来れば、何となく満足できとるっていうがも、自分の中では納得できるんですよね。

 だから、サイトを作る、ってことは自分のためにすごく重要なことで、あと、趣味の中でも行動パターンが変わってくるとサイトの方向性も変わってくる(旅行記サイトから駅紹介サイトに変わってきた例)ってことも、ごく自然なことなんやなと思うのでありました。 

|

2007年8月 2日 (木)

2キロ

 ちょっと前に「ホヤだけは食べれん・・・」って書いて、何となく食べれるようになってきたかも、って書いたことあるんですけど、昨日食べてみたら・・・・、普通に食べることができました。はい。ただ、ちょっと苦いんで、食べ終わった後なんか別のもんを食べるか、ひょっとしたら酒でもいいんかな、そんなもんがいるかも知れません。

 まあね、いくつもパクパクと、沢山食べたい、とか、仕事しとって急に食べたくなったとか、そんなことには絶対にならんと思うんやけど、でも、一応は克服かな・・・、ってことで、「嫌いな食べ物」で、思いつくものはなくなりました。あとは、ほんとに食べたことないようなもんであるかも知れませんが、それと調理法とかではあるかも知れませんが、一応は、普通にはないみたいです。

 てか、それだけしょっちゅう、ホヤが出てくるうちの食卓ってどうなんやろうと・・・。

 ということでおはようございます。川口です。

 昨日、ちらっと梅雨明けまだ、って書いたら、一気に梅雨明けしてしまいましたね。なんか、ネット上のニュースによっては関東甲信地方が強調されてますけど、午後からは北陸・東北も梅雨明けしています。ということで、福井県・長野県・神奈川県から青森県まで一気に梅雨明けしたということで。

 そんなわけでもないんですが、昨日は暑くなりそうやったんで、夏の時期恒例、私服(Tシャツとハーフパンツ)で会社に行って、掃除までやってしまってから着替える、ってことを始めました。だってね、自転車で5キロも漕いでいったら汗だくになるやろ・・・。汗が引いたとしても結構、べたついて嫌なんやよね。まあ、シャワーまでは求めませんが、着替えるだけでも結構違うし。

 そうなると、Yシャツとその下に着るもんは毎日持っていきますけど、あと、ズボンとか靴は置いたままになります。上着も季節問わず、滅多に着んけど置いてあるし、そんなわけでこの季節、家からスーツ着て出かける、ってことが出来んくなります。

 それと、自転車漕ぐときの最高速度も、昨日から大幅に引き下げられました(笑)。だってね、暑いもん。でも、ゆっくり漕ぐとそんなに信号でひっかからんみたい。到着時刻にそんなに影響はせんかも・・・。

 そういうことで、帰りは既に会社で着替えてきて、しかも、朝、汗で濡れたもんをまた着るがは嫌やし、ってことで、ここで新しい、洗濯したTシャツになります。それを次の日の会社に行くところまで着る、って流れになるんです。(だから結構この季節、荷物だけは多いんですよ)

 となると・・・、特に汗だくで帰ったときって、家に帰って服を脱ぐことが楽しみになります(よね)。ともかくね、家帰って、着替えるために脱いで、そこまで脱ぐ必要も冷静に考えたらないんやけど、一旦全裸になってしまうことが、何となく仕事から解放されたっていうか、そんな部分があります(よね)。これね、特にこの時期、汗だくで帰ると顕著なんやけど、冬でも何となく、暖房のない部屋で、一旦全裸になってしまうことがなんとなく開放感だったりします(よね)。それで、まあ、夏でもすぐ着ますけど(笑)。一人暮らしやったらまた違う動きやったかも(笑)。

 それがね、出来んくなるんですよね。もう着替えとるし、自分の部屋に行かんでも、既に夕食モードになってしまうという。そんでご飯食べてから、風呂入るための着替えを取りに、部屋に行くときに、始めてカバンなんかも部屋に持っていく、って流れになるんです。

 まあ、別に帰ってきてからそのまま一旦、部屋に行ってもいいんやけど。でもTシャツが新しくなっとる、ってことと、自転車をゆっくり漕いどるってことで、実は結構、汗をかかんと帰ってきとるわけですよね。

 ということで、仕事の行き帰りの汗だく感がものすごく軽減される代わりに、そこから来る開放感がなくなってしまうというこの時期。でもね、夜はいいんやけど、やっぱり朝、仕事を始めるときの爽快感って全く違うんで、やっぱりこっちの方がいいんかな・・・。

 そんなわけで、いよいよ暑くなりました。外で仕事をされる方、あるいは屋内でもクーラーを使えないところ、逆に暑いところで仕事をされる方には申し訳ないんですが、日中はクーラーの部屋にいてそういうことを言うのも申し訳ないんですが、やっぱり夏はこうでないと落ち着かん・・・。日中にね、自転車で銀行行くために2キロ(往復で)ほど自転車漕いどったら、やっぱりね、夏やな・・・、って思うし。ともかく、特に屋外などで働かれる方は、熱中症等にはお気を付けください。さあー、どっか行きたくなってきた・・・。

|

2007年8月 1日 (水)

3人

 けど、夜中トイレ行きたくないし、って言うて水を飲まん、ってよくないらしいね。特に夏なんかよくないらしい。ってことです。要は日曜日の夜は水を飲みすぎた、ってことで。(一昨日・昨日の話の続きでした)

 今日は暑くなるみたいやけど、なんか今年って「もう8月ですか?」っていうぐらい、暑さが足りんって感じがします。そういえば梅雨明けは、まだなんですよね。例年、北陸って梅雨明けが遅いんですが、それで、他の地域は梅雨明けなんてだいぶ前の話~、ってやっとるときに、北陸と東北が思い出したように梅雨明け~、ってこともあるんですけど、今年は関東もまだみたいで、ちょっと道連れにしているような気分です。

 それで、夏は暑くないとつまらん、と思っとるぐらいで、前にも書いたとおり基本的にその季節らしい状況が好きなんで、なんか秋を思わせるような気温が何となく寂しかったり。(多分今日は暑いでしょう)そういえば今のところ、私服で行って着替える、っていう夏の体制は今のところ採っていなかったりします。今日ぐらいからやってみようかなー。でもこれをやる初日って、靴も持っていったりと結構面倒なんやよね・・・。

 てなわけでおはようございます。川口です。

 さて、昨日は月末、ってことで、先月の今ぐらいのもうちょっと後にも書いたと思うんですが、月末って妙な忙しさが、経理という仕事にはあるんですよね。まあこれ、会社によっていろいろと違う部分なんで一概には言えないんですが、うちはそうだ、ということで。

 なんかね、結構「判断」をやらないかんことが多かったり、それに対して「実行」をせないかんかったり、またそれをしっかりと「記録」(具体的には会計ソフトに入力なんやけど)せないかんかったりと。多分ね、「経理部」なんて部署があって、そこに何人かおる、最低3人おると、これらの3つの動きって、分担できると思うんです。でもね、一人で経理やっとると、この3つ、一人で慌ただしくやらないかんげんよね。

 なんかね、判断していって「よし」って決めたら、状況を見て実行して、これも会社の中だけでもないし、さっと出かけていったり。あとね、その隙間で着実に処理はしてかないかん状態。ちょっと状況を見て「判断と実行」って部分が保留になっとると、今度はこっちを進めていくと。そんで、残ったもんを見ると、イライラしてきそうになるんですが、着実に、順番にこなしていくしかないんですよね。着実にやっていくとそのうち、その山が消えていくんです。

 もうね、月末に限り変なテンションでやらないかん状況です。なるべくその月末前日にできることはやっとるんやけど、諸事情あってどうしても月末当日になってしまうこともあるし、それが多かったんがこの7月末。

 一度として同じ形の月末ってないんやけど、それがまたマンネリ化しそうで実は全くしないというか、できない部分で、経理という仕事が好きな者で、その理由が「楽だから」という意味ではない者にとっては、結構楽しい部分ではあるんです。ほんとはね、この月末の状況って、会計ソフトだけでなくて文章で記録していくと、結構後から役に立つなと思うんですけど・・・、しとらん。まさかブログに書くわけにもいかんし。

 それで、その「判断」ってやつも、時々刻々と変わる状況にあっては、ちょっと前の「判断」を、状況の変化でいったん崩してまた組み立てなおさないかん、ってこともありまして、実は昨日は結構それが多かったんですよね・・・。

 そして最後は、ちょっと月末に、ワシに対して自分で負荷をかけてしまっとる部分があって、それをやらないかん(この前から書いとった「あることの検証」ってことに行き着きます)、でもね、あともう別の1件は時間制限あるってこともあるし、それまでには帰らないかんし・・・、ってことで、ダラダラと遅くまで残るって問題でもないし、ほんと、このペースでやっとったらいずれ壊れるけど、別にずっとこのペースでやらないかんことはないし・・・。

 と言うことでなんとなく愚痴のように書いてますが、実は結構楽しかったりするんですよね。こういう部分があったとは、会計事務所職員時代には思ってもいませんでしたよ。ほんと、経理って月単位の仕事やなと改めて思うのでありました。

 でね、今日は楽なんかというと・・・。確かにね会計事務所の時って月末が大変で、1日って、すごいマッタリした日やってんね。そしてその次の日からそろそろその月の決算でもやろーか、って感じ。税理士試験の関係もあって、8月1日って1年で一番マッタリした日でした。

 えっとね。今の仕事の基準で、今日はですね・・・。昨日の処理で今日に持ち越した部分と、あと、月明けたら1日も早く試算表を出したいし、わー、あと数日大変かも。でもね、今日はノー残業デー。どんだけ仕事が残っとっても早く帰ってきます。てか、今日もすごい速さでやらないかんのやろうな・・・。

PS.書いたあと、朝食食べながら冷静に考えてみると、なんか「月末に経理が忙しい・判断云々」って、うちの会社がヤバいように取れるんですけど、違います。楽しようと、機械的にやろうと思えばできるんですけど、なんていうかね、自分の中での勝負というか、負荷というか、こだわりというか、そういう部分ってあるんですよね。そっちの方が楽しいし。あと、あえてそうすることによっていろいろ見えてくる部分もあるし(こっちが重要)。まあね、半分「ごっこ遊び」という部分が、経理・総務って仕事にはあるような気がしますけど、多分、それに近いかも。

|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »