« 2キロ | トップページ | 2杯 »

2007年8月 3日 (金)

6月

 数日前の話で、書こうと思って忘れとってんけど・・・。朝、家を出ようとして自転車を動かそうとすると、自転車とその近くの物の間に蜘蛛の巣がありまして。夜の間に巣が出来とったんですね。

 まあ、そのまま巣の状態を維持しようとすると動かせんし、でも、手を使って払うのも面倒やったんで、そのまま自転車を動かすと、まあ、強引に巣を壊すことは出来ますわなー。ということで、そうなって自転車を動かしたんやけど、その蜘蛛くん、自転車の方にくっついて来やがっていたようで、まあ、途中で蜘蛛が自転車の車体にくっついとったことには気づいたんやけど、そのまま会社に連れて行ってんね。

 そして、会社の建物のそばに自転車を停め、掃除をしたり、ちょっと朝、仕事して、そんで銀行に行こうとして自転車を見ると・・・。また会社の建物(正確にいうと工事中で足場を組んであるんでその支柱)と自転車の間に巣を作っていやがる・・・。

 また手で払うんも面倒やったんで、かといって巣の形を維持しようとすると自転車に乗れんし、ってことで、また自転車を強引に動かすと、今度は足場の支柱の方に蜘蛛くんが行ってしまいました。さて、それからどうなったかは知らず・・・。5キロ移動してもちゃんと巣を作ったぐらいの蜘蛛くんやし、多分、健気に生きとるはず・・・。

 そんなことでおはようございます。川口です。

 ほんとはね、こうやって日記(ブログ)を書いとって、最近思うことは、朝書くとすれば出来れば前の日の出来事から、ここに何かかけるようなことを持ってきたい、そんな生き方をしたい、ってことなんですよね。だから、なるべく、前の日の出来事からここに書くことを持ってくるようにしとるんやけど・・・、昨日は特にないかも。まあね、インパクトのあることがなかった、ってわけでもないけど、やっぱりね、書くことと書かんことってあるやろー。どっちかというとここでは書かん(書けん)ことなら、ちょこっとあってんけど。

 まあいいわー。ってことで、時々書いとるように、私は「仕事」と「趣味」ということに関して、頭の中でのウエイトは高いんです。それで、「趣味の部」については、サイト本体でやっとるし、ってことで、どっちかというとこの日記(ブログ)では、もう一つの「仕事の部」での出来事で、ここに書けること、個別具体的なことでなくて(ほんとに具体的なことは書けんもんね)、何となく一般論に繋げつつ書いとる、ってことが多いです。ってことで、「なんや、仕事の話ばっかやなー」と思われるかも知れませんが、「今現在の仕事」だけでなく、「過去から将来の仕事」ということも含め、生きていく中でのウエイトが高いんで、これはご了承ください、ってことになります。やっぱりね、いわゆる「リアル」での出来事を書こうとするとそうなりますって。

 ということで、頭の中での比重が高い、つまり、生きていく上で重要視しとる「趣味」と「仕事」ですが、最近はそういえば「趣味の部」がご無沙汰な状態ですよね。6月に関西へ行ったっきりで、全くその後は出歩いとらん。デジカメを見ても、最後のコマは京福電鉄車折神社駅(電停)やし。

 でもね、やっぱりサイトの更新をし続けとる、って重要なことでありまして、何となく機械的に駅の様子を毎週、追加していますけど、駅を巡る趣味として、実際にその場に行く、その場で一定時間を過ごす、ってことも重要なんですけど、それをサイトとしてまとめる、って作業も楽しみとしては重要なことなんです。

 何となく、数週間前、あるいは数ヶ月前の様子を思い出したりしながら、文章を書くために、改めてどんな駅やったやろと思って思い出してみたり、そうすることによって改めてその駅に対する思いっていうか、その現場では感じんかったことを感じてみたり、ってことができるんですよね。

 時々、その駅の取材(以前書いたとおり、「取材」って表現も自分の中では気に入っとらんのですが「訪問」って言葉も気に入らないんで、一応今のところは「取材」って言葉にしてます)をしたあと、サイトのページを作成する前に、またその駅を通ってしまうこともありますけど、やっぱり、ページを作成する前だと、何となく記憶があやふやなんですよね。「そういえばそこの駅で降りたかも知れん・・・」ってぐらいの認識。

 でもね、1回ページを作ってしまうと「あっ、この駅よう知っとる。確かこのへんにこの木があって、こんな花咲いとったけど・・・もう枯れとるね…、あとはあの看板と・・・」って感じで、僅かな停車時間、あるいは通過であっても、その駅を「特別な場所」として見てしまうんです。

 だから、先日、青森から「特急いなほ」で新潟まで乗ったとき、ほんと忙しかったですよ。「特別な場所」が数分おきに現れるんですからね。

 ただこれも、単に行って眺めてきた、ってだけでは、そこまで行かなかったと思うんです。サイトのページを作ることにより(えっとね、「サイト」と「ページ」って表現があやふやになってますが、気にしないでください)、頭の中に定着して、各駅に対しての愛着が湧いてくるんです。

 そういう意味で、出歩くだけでなく、家でサイトを作るって作業も、趣味の行動としては重要なことです。ということで、1ヶ月半ぐらい出歩いとらんくても、毎週サイトの更新をし続けることが出来れば、何となく満足できとるっていうがも、自分の中では納得できるんですよね。

 だから、サイトを作る、ってことは自分のためにすごく重要なことで、あと、趣味の中でも行動パターンが変わってくるとサイトの方向性も変わってくる(旅行記サイトから駅紹介サイトに変わってきた例)ってことも、ごく自然なことなんやなと思うのでありました。 

|

« 2キロ | トップページ | 2杯 »