« ものさし | トップページ | でんわ »

2007年10月19日 (金)

一文字

 この前、変な夢を見ましてね。寝台車に乗ってんけど、この寝台車が変わっとって、もちろんベットはあるんです。けどこれ、1段で、どっちかというと診察室のベットっぽい感じなんです。それと、ロングシートもあって、そこを3つぐらいに線で区切って、3人分の寝台ってやっとるんですよね。

 それと、もう一つ、地べたもあって、そこも区切られて番号がついとったり(あと、何かそこに書いてあったような気したけど忘れた)。全部で3ランクあるんかな・・・。で、乗ったら「あなたはここ」って寝る場所を指定されまして、ワシはロングシートのところを指定されてんけど、なんかこのランクは今まで寝台列車に乗ったことがある数で決まるそうです(笑)。

 それで、その時思ったんが「寝台料金ちゃんと払っとるがにもったいないな」ってことと、「ちゃんと全部2段寝台にした方がもっと沢山乗れるはずなんにな」っていう、ごくごく正当なことを考えとったんですけど・・・。

 と、夢とはいえ、分からんことを考えとるなと。しかも、なぜ寝台列車のことが夢に出たんか、よく出てくるのは仕事で、具体的に請求書を見て振り込んだりなんかするもんなんやけど、こういう、訳分からんがも久しぶりでした。

 そんなわけでおはようございます。川口です。

 この前、妹に言われたんが

携帯メールでもわざわざ一文字空けて書きはじめとるやろ・・・

ってことなんですけど、なんか、昔「原稿用紙の使い方」ってことで、ちゃんと文の最初は一文字空ける、って習うたやろー、だからそれをそのままやっとるだけねんけど。ほら、最初の頃、一文字空けて書いたら、ちゃんとその部分に○もらえたやろ。

 ってことで、今までは何ともおかしいと思わずにやってきたこの習慣。もちろん掲示板でもやっていますし、そう思ってこの文章を御覧になるとお分かりのように、日記でもやってますよね。

 でね、何か気になって、普段見させていただいとるブログとか日記の類、あと、掲示板の書き込みなんかを、そういう目でいろいろ見てみたんですよね。で、見事に一文字空ける人と空けん人がおるなってことが判明。

 まあ、掲示板ぐらいになると空ける人が少なくなったり、あとブログでも、ワシみたいに一文(書き始めから「。」まで)がはっきりしとって、段落ごとに行をあける形の人と、本来「一文」となるところをもうちょっと短く区切って、右端まで行かんうちに改行を入れる文章を書く人とでは違ってくるけど、前者の方が一文字空ける人多いかな・・・。後者やと、一文字空ける意味ないしね。さらに、後者で、文章全体をセンタリングしとると、一文字空けるって概念がなくなるけど。

 ってことで、文章の書き方によって、傾向は変わってくるし、っていうても統計取るほどいろいろ見とるわけでないけど、割と一文字空ける人と空けん人って、はっきり分かれてくるみたいね。

 原稿用紙は最近使わん・・・って思ったら、この前受けた試験の記述式の部分って、一つの科目だけは文字数指定になることが多く、そうなると解答用紙が升目になっとることが多いし(今年の試験は違ったけど)、そうなると、一文字空けなさい、っていうことになるし、未だにこの「一文字空ける習慣」があるんですよね。

 まあ、見やすい方でやればいいんかなってことで、ちょっと気にはなってみたけど、今後とも一文字空けると思うんですけど、携帯メールぐらいはいいかなと。だってね、「おねがしいます」とか「わかりました」ぐらいの、数文字の用件でも、一文字空ける、ってことはやってなかったけど、ある程度の「文」になってくると一文字空けるもんね・・・。ちょっと意識してみたけど、まあどっちでもいいや、ってことで。

|

« ものさし | トップページ | でんわ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ものさし | トップページ | でんわ »