« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

つづき

 そんなわけで、すません。朝、起きるのがめんどくさかったんで、夜書かせていただきます。てか、旅行記やし、ほんとうは「その時の勢い」って要らないんで、昨日の夜、ちょっと余裕のあるときに書いておけばよかったんですよね。って、まあどうでもいいや、ということで、続きを。昨日、省略した分から。

(5)土佐電鉄
 ほんと、距離が長いけど、普通に路面電車なんやろうな、っていうぐらいの期待でしか行っていなかったんですよね。でも、ほんといい意味で裏切られました。ほんと、いってよかった・・・。

 ともかく、蓮池町通電停から乗りまして、はりまや橋電停から、桟橋方面ではなく、県庁前方面へ。というか、はりまや橋、いろんな人に「がっかりした」って聞いていたんで、どんだけ普通の橋なんやろ、って思ったら、意外と大きかった・・・。で、しばらくは普通の路面電車なんです。旭駅前通電停ぐらいから、ちょっと道も狭くなり、いい感じやな、って思いながら、鏡川橋電停へ。ここ止まりの電車やったんで、一旦降りまして、何となく新富山電停を思い出す雰囲気やなと思いながら、写真を撮りつつ、次の電車へ。

 それで、鏡川を専用軌道で渡ったら・・・・。もうね、そこから先、別世界でした。もう、感動的で・・・。うっすらと目に涙が出るぐらい(よー分からんけど)。

 ワシは結構、路面電車の中で惹かれる風景が、狭い道を走っている、っていうものなんですよね。万葉線で途中、そういうところありますけど、多分その印象が強いんですよね。だから阪堺電車も阪堺線より上町線の方が好きなんです。

 でー。この鴨部電停~朝倉駅前電停の間って、ほんと狭いところを通るんですよね。もうね、ほんと、高知に来て、それで、この線を先に乗ってよかった、って思いましたもん。あと、鏡川橋電停から単線になるんですけど、鴨部電停と曙町東町電停の間に信号所があるんですよね。高知銀行の前に。

 それで、この電車、朝倉電停止まりだったんで、ここで降りまして。ちょっと待合室なんかもあることに感動しつつ、次の電車に乗ったんですが、またここから感動的なものがありまして・・・。はい。タブレット。ここから伊野電停まで、行き違いの度にタブレットも交換しております。

 それで、朝倉駅前電停を過ぎまして、また次のステージが待っておりました。今度は2車線の道路の横に専用軌道のような感じで線路があるという光景。多分ね、北陸鉄道金石線ってこんな感じやったんだろうな、という風景でした。

 それで、咥内電停~宇治団地前電停の間、高知市から「いの町」の間に少しだけ峠を越える部分があるんです。そこを、うなりながら路面電車が走っていき、峠を越えると人が(車が)変わったかのように軽快に走り出す、という光景。

 そうして、北内電停は郊外型のスーパーの前にあるし、こういう、郊外型の店と路面電車の電停が同居しているっていう姿もすごいなと思うんですよね。

 そうして伊野の町の中に入っていって、伊野駅前電停からすぐに伊野電停。住宅地の中に消えていく、ちょっとした引き込み線も素敵でした。

 そうして、近かった伊野駅前電停まで歩いて、途中気になった北内電停→歩いて行けた伊野商業前電停→時間があったんで鳴谷電停→気になった咥内電停→やっぱり気になった曙町東町電停→歩いて、信号所も通りながら鴨部電停→ちょっと気になった旭駅前通電停、っていう順に降りていき、一気に後免線に入りまして、途中電話がかかってきたんで、一旦切り、かけ直すために葛島東詰電停で下車。ちょうどこのへんが、この線の「普通の路面電車から、この線らしいところ」への変換点だったみたいですね。この電停も橋のそばでして、特徴のあるところで、ちょうどよかったです。この電話をかけてきたSさんに感謝。

 んで、ここから2車線の道路があって、その横に線路がある、という風景になりつつありまして、こっちは複線で、伊野方面とちょっと違う雰囲気です。

 鏡石通電停止まりだったんでそこで降りまして、なんか路面電車のような、普通の駅のようなちょっと独特の感じがする電停でした。それで、一気に後免町電停へ行き、土佐くろしお鉄道の後免町駅もちょっとお邪魔しつつ、戻りまして。

 今度はちょっと時間もなくなりつつあったんで、高知市と南国市の境界に近い小籠通電停→ほんとうは一条橋電停-清和学園前電停の電停間距離に驚いたんでそっちのつもりが、一つ前に降りてしまって、でも雰囲気がよかった明見橋電停、と降りていき、一気にデンテツターミナルビル電停へ。ここは撮る時間がなく、桟橋線に乗り換え、一気に桟橋通五丁目電停へ。

 この線、短いんで基本的に普通の路面電車という雰囲気の路線なんですけど、なんかこの桟橋通五丁目電停、すごいところにあります。防波堤の脇です。というか、一つ前の桟橋車庫前電停から信号を渡っただけやがいね、っていうところなんですけど。

 そうして、本当に近いんで、桟橋車庫前電停まで歩き、あとはちょこちょこと降りるために行ったり来たりし、高知駅前電停を最後に、桟橋線だけは完成したということです。

 ということでですね、ほんと、距離が長いだけあって面白い路線でした。こうやって書いていてもまた行きたくなってきましたし・・・。伊野~後免町間は「区間全駅」として完成させるかどうか分かりませんが、また行きたいです。

 で、旅行記としてはこんなもんかなと。よく考えたら、帰りの列車って、さくら夙川駅に行ってきた、今年3月22日の高槻以降と全く同じ列車だったんです。その時、敦賀から福井まで新しい普通電車に乗って、新快速の気分で福井まで来て、福井から475系の普通電車に乗って、「帰ってきたー」っていう感じがしたんですが、全くそれと同じ感想でした。いやほんと、475系って落ち着きます。

 ということで、明日から普通の日記に戻りますが、ちょっとだけ掘り下げようとして掘り下げなかった部分があるんで、これは気が向いたら書きます。

 そうそう(あとから追記)、今回のきっぷですが

 乗車券:金沢-伊野の往復割引(といっても高知まで・からしか乗っていません。金沢からなら高知と伊野、同額なんで)
 特急券:金沢-新大阪-岡山の自由席特急券、岡山-琴平の自由席特急券、高知-岡山の自由席特急券。
 その他:土佐電鉄1日乗車券(スクラッチ式。軌道線全線の分、800円)
      岡山電気軌道は前回同様、イコカで乗車。

| | コメント (0)

2007年11月28日 (水)

トピック的に(2)

 さて、今日もおはようございます、なんですけど、ちょっと時間が少なめなんでどれだけ書けるか分かりませんが、続きを・・・

(3)阿波池田~高知
 そんなわけで、特急だとそんなに時間のかからないこの区間、普通列車だと結構時間がかかるんですよね。でも、「乗りつぶし」の時は、この区間、一旦阿波池田駅でホームに足をつけすぐに乗った、ってことと、日の出後、ってことで、「ムーンライト高知」での乗車を持ってこの区間を乗車したって扱いにしたんです。でも、結構居眠りしていましたし、乗っていないに等しい区間だったのかも知れません。

 で、結構、長時間停車もありまして、小歩危駅も撮れましたし、大田口駅も。この大田口駅、山間の交換駅、なんですけど、近くに農協の出荷場がありまして、ちょうど柚が沢山集まってきているところだったんですよね。ということで、柚の香りが漂う駅。停車中だけだったんで短時間でしたが、いい駅でした。

(4)夕食と朝食
 今回、朝食バイキング・大浴場・サウナ付(部屋にも風呂はある)の5,300円っていうホテルに泊まりまして、夕食を食べずに入ったんですけど、中に和食屋さんがある、ってことでそちらへ。
 なんか、ホテルの値段から考えて、ちょっとした定食屋を想像していたんですけど、えっとですね。本格的な和食屋やった・・・。なんかね、部屋に通される方式?。「相席お願いします」なんて言われて、4つほどテーブルがあって、関西弁の熟年夫婦だけがおる部屋に通されて、その中の一つのテーブルで食べとったんですけど。
 なんかね、一品ものとか、5,000円ぐらいの「御膳」とかメニューにありまして、で、1,500円のビジネスセットみたいなもんがあり、それにしまして。んでこれ、ビール(生・ビン)か日本酒2合がついている、で、それを省略するときは900円になる、ってもんだったんです。
 これね、900円の定食に酒をつけて1,500円なら、酒をつけないんですけど、逆からアプローチされていますからね・・・。日本酒2合、いただきました(笑)。

 朝食はバイキング。これが5,300円の中に入っているって、結構すごい話やと思うんです。高知のビジネスホテルって結構安い割に充実しているところも多いんで、そういう意味でも結構好きなところになってしまいました。

(5)土佐電鉄
 って、書きたいんですけど、これ、長くなりまして、しかも残された10分では無理なんで、明日に延期。

(6)岡山
 そんなわけで2ヶ月ぶりの岡山。なんかね、ほんと出現頻度の高い町なんですけど、意外と切実な問題が、夕食何食お、って問題なんです。
 ちょっと前までは新幹線のりばの近くに微妙な中華料理屋さんがあって、行くたびにそこへ行っていたんですが、工事に伴いなくなってしまい、日本食堂やったか、それにちかい感じの食堂もなくなり、地下のカレー屋さんもなくなり、2ヶ月前に見つけた西口の安いラーメン屋さん(ただし、本体が安いんで唐揚げとかを注文してしまう)も、西口撤去に伴いなくなってしまうし・・・・。駅の中かその周辺で、続々と新しい店がオープンしているんですけど、なんか高級感漂っていて、1人だと入りにくいんですよね。

 で、今回は「さぼてん」。トンカツ屋さんですね。新宿に本店があったりするんですけど、私の中では最初に食べたのが倉敷だったか岡山だったかどっちかでありまして、「岡山のトンカツ屋さん」ってイメージなんです。それが青森にもあるよ、っていうぐらいの感覚でして。

 で、「さぼてん」、今までは弁当ばっかりやったんですけど、中で食べると意外と高いんですよね・・・。でも、ゴマは自分ですり鉢を使う方式やし、本格的なんですが。で、しょうがないんでご飯とキャベツはしっかりとおかわりさせていただきました。それと、ちゃんと支払はイコカでやらせていただきました。なお、次回は駅の中に定食屋さんがオープンしているはずなんで、そっちへ行こうかと。

 そうして路面電車へ。この日さんざん、高知で路面電車乗ったんで、数時間後に他の都市の路面電車乗ってどういう気分かな、って思ったら、なんか落ち着くというか、「帰ってきた」っていう感じ。前にも書きましたが、決して生まれ育った土地でもないし、親類縁者・知り合いがいるわけでもないんですが、ちょくちょく行くだけあって、なんか落ち着く土地になってしまったんですよね。

 で、いつも泊まるカプセルホテル。2ヶ月前にここでトレーニングマシーンで遊んだことが、最近「筋肉に負荷をかける遊び」をするきっかけになったんですけど、今回も遊ばせていただきました。なんか、腕立てとかで負荷をかけとらん筋肉を使ったんで、ちょっと面白かったかも。10キロのダンベル2個とか、10回×3、持ち上げて遊んだし・・・。

 それで、翌朝、駅へ行きまして、朝食は最近はまりつつある「キムラヤのロールパン」。この前ここへ来たときからちょっと気になって買うんですけど、「バナナクリームロール」とか「チョコレートロール」とか。あと、お気に入りが「たくあんサラダロール」。それぞれ怪しい味なんですけど、「岡山の味」として、結構好きなものです。4個買って、ちょこちょこと電車の中で食べました。

 ってことで、8時半過ぎたし、また土佐電の話と、あと思い出したら何かは明日。今日はもう時間がないんで、読み直しをせずにアップしますんで、誤字脱字、誤った記述は夜なおします。

| | コメント (0)

2007年11月27日 (火)

では経緯とトピック的なもの(1)

 おはようございます。ということで、今日は夜、多分書き込みができないんで今のうちに書いておきます。先週末の旅の、まずは日程上の話から。

経緯1:雷鳥→こだま
 またこの組み合わせにしてしまいました。というよりもこの週末は京都へ行く客が多い、ということもありまして、サンダーバードだと本当に不安、というか座れなさそうだと思ったんですよね。
 朝ですが、一応、5時に目覚ましをセットして、それで起きて、結局真っ暗やし、どうしようか・・・、7時台のやつにしようかどうかとグズグズ考えているうちに、ちょうどぎりぎりの時刻で、スパッと起きまして、家を出たのでした。多分、6時台やと、坪尻とかにも寄れるやろうしな・・・、ってことを期待しつつ。

経緯2:高知へ行き着くまでに
 ということで、全く無計画で、一応、岡山までの自由席特急券だけ買って(割引になるのは料金を比較して金沢-新大阪間だったんで、岡山以降の分はあとで買い足しても一緒)乗り込みまして、四国内での動き。
 岡山から観音寺・琴平方面の普通列車も、岡山到着後、すぐにはあるんですけど、結局それやると7時台の雷鳥と一緒なことになってしまう、ってことで、とりあえず琴平まで特急で逃げてしまうことにしまして、そのあと。できれば坪尻だけには寄っておきたい、ってことと、できれば高知に早く着いて、桟橋線ぐらいは終わらせることができるかも、っていう、2つのことを考えたんですけど。
 ともかく、紅葉の時期なんで、坪尻には寄ろう、ってことで、寄ることに決め、あと、阿波池田~高知の間は、「ムーンライト高知」で居眠りしつつ乗った、というだけだったんで、できれば普通列車でゆっくり行きたい、という願望もあり。
 そうなると、坪尻で降りて、1本あとに乗り、そのまま阿波池田行っても普通列車がすぐにない・・・、ってことで箸蔵で降り、ついでに徳島線から入ってくる列車を見てみると、ちょうど佃で降りても大丈夫、ってことで、坪尻~阿波池田の4駅を降りることができました。

経緯3:土佐電
 そんなわけで、今回のメインである土佐電。前日から乗るつもりでもあったんですが、そんな経緯でこの日だけにしました。
 先に桟橋線を全電停撮って、ってことを考えたんですが、たまたま宿泊地に近い、蓮池町通から乗った電車が県庁前方面升形へ乗り入れるものだったんで、そのまま、区間運転の電車の終点でそれぞれ降りていき、伊野まで行ってしまうことにしました。
 そのあと、後免町まで行き、戻ってきて、どうにか桟橋線、ぎりぎりで全電停撮ることができました。

経緯4:17時の高知発岡山行き
 これもね、ほんとうは16時発でもいいなって思っていたんですけど(高知始発なんで)、結局、日没直後の17時発になりました。
 それと、この時点で高知もう1泊でもいいんですけど、この時期って日没が早いんで、「区間全駅有効外時間帯(日没後)」になってから、可動時間って長いんですよね。ってことで、次の日動きやすいように岡山まで行ってしまいました。でも、本当はそのまま金沢まで帰ろうとすると、最終のサンダーバードにも乗れるんです。いやほんと、高知って意外と近いんですね。でもあえてここは岡山で1泊しました。

経緯5:岡山から特急に乗らず・・・
 それで、一応8時17分の普通列車から乗り継いで帰ったわけなんですが、参考までの同時刻発の新幹線→雷鳥で帰ると12時台に金沢に帰り着くんですよね。
 ということで、普通列車と新幹線・特急とでは、ほぼ4時間、差があるわけなんですけどこの4時間と特急料金3,560円、天秤にかけるかどうか・・・。
 ってことをここでくどくど書こうかと思ったんですが(2行ほど書いたんですが)、なんか掘り下げるにはいいネタなんで、後日書こ・・・。
ってことで、何か考えた訳なんですけど、そのまま新快速も使って帰ってきました。

そんなことで、日程上の経緯は以上です。

では、旅の内容をトピック的に・・・。あと5分+朝食後の時間がありますよ。

(1)雷鳥&こだま
 ということで、いつもの組み合わせ。雷鳥4号は、その直前のサンダーバードから少し時間があるんで、感覚的に雷鳥6号よりちょっと混むんですよね。
 今回は自由席に座っていると芦原温泉駅で隣に人が座ってきて、そのあと、鯖江あたりからは客室内に立っている人が多かったようです。それで、京都で結構降りたんですが、今回はいつもよりも京都での減り具合が少なかったようです。
 それで、こだま。やっぱりいいですね。1両に10人ぐらい?。このマッタリ感とゆったり感が大好きなんですけど。

(2)坪尻駅
 ってことで行ってきました。これ、反対方向だと通過列車が多いんですけど、琴平→阿波池田方向だと、ちゃんと各列車停まるんで運転間隔分だけ待っていればいいんですよね。
 というよりも、乗った列車、坪尻駅での停車時間が6分ぐらいあったんで、この停車時間だけでも取材はできたんですけど。
 そんなわけで、割と多くの人がちょこっと降りたんですが、最終的に発車したときに駅に残っていた人は、私を入れて2人だけ。

 それで、まずは普通に駅の写真を撮ってから、踏切を渡って、廃屋を眺めたあと山登り。えっとですね、いずれアップしますがこれ、ほんとうに山の中の道というか、獣道というか。登山ですね。んで、途中で木も倒れているし。ここで足を滑らせると死ぬことはないにしても怪我するなとか、そんなことを考えつつ。そして、途中で2人の人が降りていくところで。「こんにちはー」って挨拶と、ちょっと会話。これって登山?

 そうして、登りきったところが国道でして、車はどんどん通っていました。そこでも2人の人に会いまして、ちょこっと会話。なんか今回、この駅での会話の多いこと。そうしてもと来た道を戻り、ちょっと駅のあたりをウロウロして、もう1方向、道があるんですがそれはちょっとだけ足を踏み入れて戻りまして、駅へ。

 さっき降りていった2人の人は鉄道の写真を撮る人のようで、それと一緒に降りた人も含め、ちょこちょこと会話をしつつ、駅を観察しつつ、次の列車で隣の駅へ行ったのでした。

 そんなわけで、駅は紅葉に囲まれ、また、谷底の深いところ、駅と線路と廃屋以外何もないところで、小幌駅同様なんか、独特な雰囲気のある、一つの小さな「ムラ」という感じのするところでした。ちょっと言葉では言い表しにくいのですが、いい雰囲気でした。

 ということで、今日はこのぐらいで。昨日かけなかった分も書いたんで、ちょっと長くなりました。明日で全部終わるかな・・・。

| | コメント (0)

2007年11月25日 (日)

更新しました(第526版)

 そんなわけで、16時過ぎに帰ってきました。ちなみに、今日は帰ってきただけなんで、他には何もありません。ってことで、詳しいことはまた明日以降、何日かに分けて書き込みます。

 ということで、今回の追加駅…岡山電気軌道東中央町電停、篠ノ井線田沢駅、上越線上牧・後閑の各駅。

 そういうことで、京福電鉄は依然としてほったらかしてはいるんですけど(別に意図があるわけではありません)、今回は新設駅(電停)1つと、仮置き場3つ。

 仮置き場の3駅については、実はその隣の駅以降、ずっと繋がっているところにあるものでして、こういうものって仮置き場から、あるいは仮置き場の駅にリンクさせてもいいんかなと思いつつ、面倒なんでしておりません。そのうちするかも知れません。

 それと、東中央町電停。実は11時間ほど前(ページ作成時でいうと9時間ぐらい前)に、この隣の電停(大雲寺前電停)から、電車に乗ったような気がするんですけど、一応、2ヶ月前に撮ったものです。さっき撮ってきたものではありません。(別に撮ってきて、全面的に差し替えてもよかったんですけど)

 そんなわけで、次回更新も何をやるやら、全く決めていないのでした。しばらくこんな感じで、仮置き場を出してから、関西本線 名古屋-亀山間に入ろうかと思います。

| | コメント (0)

2007年11月24日 (土)

岡山市内で

なんか、2ヵ月と2日前も、まさにこの場所で書き込んどったような気がするんやけど。こんばんはー。
今日はですね。朝から日没まで、どっぷりと、土佐電にはまっておりました。
そんで、日没と同時に、特急南風で一気に岡山へ。てか、金沢でも、帰れたかも知れん。
でね、土佐電やけど、もうね、感動もんでした。
ほんと、来て、しかも1日とって、よかったー。
距離が長いだけあって、路面電車にある、いろんな要素が詰まっているんですよね。
一応、桟橋線は完成。他は、似たような形の電停からそれぞれ1つ以上撮ってきました。

| | コメント (0)

2007年11月23日 (金)

高知市内で泊

ということで、今日は5時半すぎに家を出て、雷鳥&こだま&南風で琴平まで特急。
あとは、普通列車でした。
で、坪尻、箸蔵、佃、阿波池田の各駅と、その後の普通列車での長時間停車駅2駅を撮っています。
で、高知到着時はもう暗かったんで、路面電車は明日。
坪尻駅、よかったですよ。
小幌駅と似た雰囲気もありつつ、国道に、何とか行けるという、面白さ。
時間があれば、という、もともと、絶対に行くという位置づけでなかったんですが、これだけでも、来てよかったと思いました。
ということで、詳しくは月曜日以降にまた。

| | コメント (0)

2007年11月18日 (日)

更新しました(第525版)

 こんばんは・・・。ということで今週の更新は、ちょっといろいろありまして、大幅に遅くなりました。

 今回の追加駅…スカイレールサービス みどり口・みどり中街・みどり中央の各駅。

 ということで、北陸特急ネットワークが完成したら、いきなりこれなんですけど、本当は米原-名古屋間よりも先に取材は完成していたんです。ただし、北陸特急ネットワークを急ぐために、ちょっと後回しにしていました。

 スカイレールサービス自体は、実はさっきまで(というか、リンクを外しただけで今でも)瀬野駅の付録として、実は瀬野駅を取材したときにちょこちょこと撮ってきたものを載せていました。その時はこれを区間全駅の対象にする予定もなかったんですが、「私鉄時刻表」に載っているぐらいなんで対象にしてもよかろう、ということで、今回、改めて取材をして掲載しました。

 そんなわけで、従来、瀬野駅の付録としていた「スカイレールのページ」は、目次のページに写真を5枚省いて(駅の写真と重複するため)そのまま掲載してあります。実は、その当時と家の数は結構違うんですけど、それを比較する写真は載せてありません。

 ということで、今回はサイト本体の更新に合わせ、ブログも遅くなりました。で、次回の更新は、多分「仮置き場」になると思います。

| | コメント (0)

2007年11月14日 (水)

更新しました(第524版)

 こんばんは・・・。

 ということでですね。今朝、寝坊したからアップできなかったとか、忘れとったとか、用事があった、というわけではありません。本当は予告しておこうと思ったんですけど、昨日の夜、管理ページにログオンできなくて気づいたんですけど、昨日の夜~今朝にかけて、メンテナンスのため、アップできなかったんですよね。だから、今朝は、いつもどおり起きつつも、悠々とした時間を過ごしまして・・・。

 それで、まあ、夜、いつもの調子で文章をアップして、翌朝、また同じ調子で書くのもちょっときついかなって思ったんで、以前こういう時にやったことなんですけど、えーい、ってことで更新をしてしまうことにしました。

 そんなわけで、「朝、メンテナンスのためブログがアップできなかった記念平日更新」でして、こういうの2回目なんですよね。今後とも週の半ばでこういう日があったら、時間があればそんなことをしてみようかなって思ってます。

 それと、今回と次回の更新は3駅ずつの方が、実は出しやすい、っていう事情もあったりしまして。

 そんなわけで今回の追加駅・・・東海道本線 清洲・枇杷島・名古屋の各駅

 そういうわけでですね、かねてからの目標でありつつも、実はそんなに真剣に取り組んでいなかった「金沢駅を発着する昼間の列車」の運転区間すべてを「区間全駅」で網羅することができました。(夜行列車を考慮すると、上野までと札幌までが対象になるんで。)

 そんなわけで、かつて「北陸特急ネットワーク」っていうポスターがありまして、それをヒントに「区間全駅ネットワーク」っていうサイト名になったんですが、それをようやくカバーすることができたんですよね。そういう意味で、今回は記念すべき更新です。

ということで、記念に、2003年12月に撮影した、419系列車の車内にあったポスターより。このサイト名のヒントになった「北陸特急ネットワーク」です。なお、この図にある紫色の矢印の部分は、今のところ「区間全駅」では扱う予定はありません。

Pc290311

| | コメント (0)

2007年11月11日 (日)

更新しました(第523版)

 今回の追加駅…東海道本線 岐阜・木曽川・尾張一宮・稲沢の各駅

 そういうことで、今回も4駅追加しました。なお、これにより、「区間全駅」の「繋がり」が愛知県に達しまして、「繋がり」の中では25道府県目となっています。また、愛知県としては初めて扱うことになります。

 それと、今回の追加の中で、木曽川駅は、今の駅舎がもう少しでなくなってしまうということもありまして、駅舎の様子を中心に、10枚に増量しております。尾張一宮駅は間に合わなかったのが残念です。

 そういうわけで、今日のところはここまでで。土日の行動の様子はまた明日以降に(って、どうでもいいんですけど)。

| | コメント (0)

2007年11月 9日 (金)

このブログについて(改訂版)

 このブログ(日記)には、「このブログについて」という「カテゴリー」があります。それで、今年の4月あたりから何となくこのブログ(日記)の感じが変わってきたのですが、その「カテゴリー」にある文章は古いものが多く、今現在の「このブログについて」を述べているわけでもなさそうです。

 そういうことで、数ヶ月前からちょこちょこと書いていることの再掲になりますが、改めてこのブログについて、今現在の状況として、主に初めていらっしゃった方のために書いておきます。いつも御覧になっていただいている方には「なんや、分かり切ったことか」と思われるかも知れませんが、今日のところはご了承ください。

 なお、「このブログについて」というカテゴリーで表示される文章で、この文章よりも下に来るものについては、必ずしも現在の状況にあてはまりませんのでご了承ください。

 そういうことで、以下の通りなんですけど、そんなんでもいいよ、と思われる方は今後ともよろしくお願いします。

(1)基本的に「将来の自分のための、現在の自分からの生存報告」という趣旨です
 あまり濃い人生は送っていないんですけど、よく思うのが、例えば3ヶ月前とか、半年前とか、何を考えて生きとったかな、っていうことなんです。あるいは、例えば朝、ここに何か書いて、1日、仕事でいろいろ考えて何かをして、あるいは人と関わって、帰ってきてご飯を食べて、あるいは休日などでずっと家にいた場合でもテレビを見たり本を読んだり・・・。1日に生活をして何らかの変化があり、朝ここに書いた自分とは、どこかが違うはずなんです。とは言っても、数時間経って読み返してみてもほとんど変化は感じられないのですが、ともかく、基本的には数時間後~数日後~数ヶ月後~数年後に、自分で読み返して振り返るために書いています。
 「自分の意見を述べて、他の方からご意見を求める」という趣旨ではありません。自分のために書いています。

(2)方言で書くことが多いです
 主に「お知らせ」の内容や、極端に理論的に書かなければならない場合は別ですが、あと、今日のこの文章もあえて方言は使っていませんが、多くの場合、普段使っている方言で書いています。
 ある時期まではそうでもなかったんですけど、特に「思ったこと」というものは、脳の中で方言で考え、一旦標準語に置き換えて文章化する、という、余計なプロセスが入ってしまうのです。そのため、思ったことをなるべくそのまま書きたい、ということで、方言のまま文章化してしまうことにします。
 そういうわけで、石川県以外の方には分かりにくい、地元の方には何となく間抜けに見える感じがしますが、ご了承ください。

(3)内容はいろいろと
 なるべく、その時思っていることをバーッと書いていますので、内容的には差があります。自己主張の強い文章を書く日もあれば、単に行動記録を並べるときもあったり、前日の昼食についてくどくど書くこともあります。心の中のことで、親しい人であってもわざわざ言わないことを深く書くこともあれば、くだらなすぎてこれまたわざわざ人に言えないことをくどくどと書くこともあります。
 とは言っても、思ったことや行動のすべてを書いているわけでもありません。あえて書かないこともあります。そういうことで、私という人間のある一面ですが、リアルでご存じの方でも分からない部分も書いていたりしますので、ある意味深い、でも私という人間を理解する上では、どこかが抜けている文章群だと思ってください。

 かと思えば、サイト本体の更新に合わせた「更新しました」という文章になる日がありあます。また、「旅行記」を書くことがあります。これについてはあとで書きます。

 なお、最近思うのが、頭の中でくどくどと考えていて、何かちょっとでも出せそうだと思ったら、ここに書くと非常にすっきりとするということ。そういうわけで、頭の中のモヤモヤを解消させるツールであるという一面もありますので、そういう文章も出てくることがあります。

(4)アップする時期
 このところのアップする時間帯は、平日についてはずっと朝、できれば7時50分まで、遅くても8時半まで(要は出勤で家を出るまで)、休みの日はそれなりの時間に、場合によっては夕方近く、ということがあります。なお、旅に出た日は別で、夜か旅の途中で時間があったときに携帯から書き込んでいます。
 また、更新頻度も、このブログを始めてから、1日だけ書いていない日がありますが、今日現在まで一応毎日更新しています。

 ・・・ということなんですけど、実際、これを必ずやり遂げます、という意味合いでもありません。特に今から冬にかけて、起きるのが遅くなるでしょうし、そうなると寝る前になるかも知れません。あと、毎日書くことも必須とはしていませんので、書かない日もあるかも知れません。
 絶対的な目標ではありませんが、結果こうなっているというだけです。書かない日があっても反省はしません。

(5)サイト本体との関係
 ブログの名称が「区間全駅ネットワーク:別冊」となっておりまして、サイト本体と連動することもあります。
 一つが、「更新情報」を書くときで、サイト本体で更新をしたときに、その内容と、その時の補足とか更新しての感想とか、言い訳とかをちょこっと書きます。サイト本体の更新にエネルギーを使ったんで、ブログ(日記)の方は、ちょっと力を抜きましょう、という意味合いもありますし、あとからその更新はどういう状況でやったのか、という個人的な記録の意味合いもあります。これはかつて掲示板で書いていたことを、こちらに移管したものです。
 もう一つが「旅行記」で、主にサイト本体の取材記を、実際のアップよりも先に旅から帰ってきたら早めに書いています。これは、もともとこのサイト、旅行記サイトだったんですが、旅行記事体はほとんどサイト本体で扱うことがなくなった代わりに、自分の記録と、将来的な更新の予告という意味合いでブログで扱うことにしています。
 あと、サイトの長期的な方針とか、更新の予告、あるいは周年記念時のひと言などもここを使うことがあります。

 これら以外の時は、サイト本体とは連動せずに、単に「区間全駅ネットワーク制作者の、普段の姿」という意味合いがあるのかなと思います。そういうことで、サイト本体では駅を淡々と並べとるけど、リアルではこんなことをしとって、考えとる奴なんやな、何となくくだらんけど、なんか面白そう、と思って御覧になっていただける方が一人でもいらっしゃると有り難いなと思います。

(6)カテゴリー
 ブログの仕様上、「カテゴリー」というものがあります。
 いくつかありますが、サイト本体と連動する「サイト更新情報」、将来的に連動する「旅行記」、あと「このブログについて」と、サイトとは連動しない「日記的文章」「コラム的文章」。これだけが今現在、意味のある「カテゴリー」かなと思っています。それ以外は現在は使っていませんので、将来的にはそこに含まれるものを他に振り分けて、なくすつもりでいます。
 「日記的文章」と「コラム的文章」は、厳密な区分はしていません。「コラム的・・」であっても、その日の出来事から始めていることもあります。単に自己主張の強さや、主に扱った内容から、パッと主観的にどっちかに振り分けているという程度です。あとからまとめて見るときに、自己主張の強めの文章を繋げて読みたいか、軽い文章がいいか、どちらかであるときに意味をなす分け方なのかも知れません。

(7)コメントについて
 このブログでは時期によって必ずしも「コメント」欄を有効にしているとは限りませんが、「コメント欄」を使っていない時期はサイト本体に掲示板を置いてあることが多いかも知れません。
 サイト本体まで戻っていただきますとメールも送ることができますし、コメント・掲示板、あるいはメールのいずれかの方法でご意見・ご感想は頂けるかと思います。コメント等をお寄せいただける場合は、適宜、その時可能な方法で頂けると有り難いです。

 なお、ソーシャルネットワーキングシステムなどと違って、コメントは必ずしも欲しておりませんので、御覧になって「ふーん」と思っていただけるだけで結構です。コメントなどは、特に何か言いたい、というときだけで結構です。

 また、コメントには必ずしもレスをするとは限りませんが、内容的にレスをした方がよいと思うもの、あるいはレスができそうなものには極力行いますので、書き込まれた方は、後ほどご確認いただければと思います。

 さらに、サイト本体に掲示板がない時期で、サイトの感想などは、最新の「更新しました」に対するコメントをご利用いただきますと便利です。

 そんなわけで、今日は改めて、過去に書いたことを掘り起こしつつ、どうでもいいことを書きましたけど、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2007年11月 4日 (日)

更新しました(第522版)

 今回の追加駅…東海道本線 垂井・大垣・穂積・西岐阜の各駅

 そんなわけで、午後の数時間だけちょっと人が来るために、結局どこへも行かず、2日間、ほぼ寝て過ごしたこの土日。その人が帰ってから更新作業を始めまして、4駅追加しました。

 それ以外は今回の更新、特に変わったこともなく、よく考えるとここに書くこともないなと思いつつ、うだうだと書いている訳なんですけど、そういうわけで今週も更新がちょっと遅くなりましたが、4駅追加させていただきました。

 このあと、いつ、どの駅を追加していくといつ頃どうなるか、っていうシミュレーションを全くしていないわけですが、まあいいか、ってことで。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »