« 結果報告 | トップページ | 9年目は・・・ »

2007年12月18日 (火)

8年目のまとめ

 そういうことで、実は、昨日の文章を書いたあと、引き続きこの文章を書いているんですが、下書き段階にとどめまして、公開するのは18日とします。

 そんなことで、明日をもちまして、このサイト開設8周年となります。例年、サイトの1年間を振り返り、今後1年どうしていこう、っていうことは、年末年始などでなく、このサイト開設○周年、という節目で行っております。以前は特別ページを作っていましたが、昨年よりこのブログを利用することにしました。そこで、今年もこのブログを利用して、そういうことを書かせていただきます。

 というか、税理士試験の試験自体の直後に自分の誕生日があり、合格発表の直後にサイトの誕生日があり、ってことで、なんか因縁めいたものを感じます。

 そういうことで、まずは今日、この1年間を振り返ってみたいと思います。

(1)区間全駅コーナーの更新記録
 まずはこの1年間、このサイトで何をしとった?って言われると、例年同様、「区間全駅」の追加ですんで、更新記録から、この1年間の更新について、何をしとったか書いていきます。一応細かいところは一部だけにして、主なもの。
 ・(7年目からの継続で)水間鉄道
 ・関西本線 加茂-亀山間(初のJR東海駅を取り扱う)
 ・富山ライトレール富山港線
 ・大糸線 南小谷-信濃大町間(一部)
 ・(仮置き場として)札幌市交通局山鼻線の一部(8年目としては初の取材)
 ・阪堺電気軌道 阪堺線(ただし、中断多し)
 ・さくら夙川駅(新設)
 ・筑豊本線 折尾-若松間
 ・高山本線 猪谷-高山間(高山駅除く。初のJR東海区間)
 ・津軽線~海峡線~江差線(青森-函館間)
 ・阪堺電気軌道 上町線
 ・大糸線 信濃大町-松本間
 ・上越線 宮内-水上間
 ・東海道本線 米原-名古屋間
 ・土讃線の坪尻~阿波池田(仮置き場)
 ・土佐電鉄 鏡川橋-伊野間

 そういうことで、新たに繋がった道県は、三重県・北海道・群馬県・愛知県だったと思います。

 それで、実は今年、特徴が一つありまして、JR6旅客会社、どこかは必ず取材してアップしているんです。(ということで、実は上にさくら夙川駅をわざわざ挙げたのはそういう理由です。)JR東海の駅をはじめて扱った、ということもありますし、あと、JR6社がどこかで繋がっている、ということもこの8年目で達成できたことです。

 そんなことで、意識したわけではありませんが、JR6社をそれぞれ扱って、繋がった、というのが今年の「区間全駅」の大きな特色だと思われます。

 というか、今年はあまり出歩いていない、と思ったら、行ったところの方面って結構多岐にわたっているようです。

(2)「ここはかつて駅でした」について
 8年目では、のと鉄道能登線について、廃止から1年及び1年半後の姿をお見せできたこと、あと、「富山港線 富山口駅」をアップしたことがその記録です。

(3)その他
 第500版達成、ということで、その際にメインコンテンツの扱いだった「旅の記録」を、その扱いとしないことにして、駅のご紹介がメインのサイトになりました。(現状追認)
 また、第500版の時に掲示板を復活させましたが、書き込み状況などを見て、そのまま存続させるデメリットが大きいと判断し、第520版において休止しております。

 それと、このブログの文章が全体として長くなって、何となく表情も変わってきた、ということもあります。自分のためにあるツールとして、自分の中では大事なものになってきたなとは思います。

 そういうことで、以上が8年目のまとめでした。これを踏まえて、9年目はどのようにしていきたいか、明日(書いている本人からすれば明後日ねんけど・・・)書き込むことにします。

|

« 結果報告 | トップページ | 9年目は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結果報告 | トップページ | 9年目は・・・ »