« 緑線 | トップページ | 納付 »

2008年4月10日 (木)

緩急

 ちょっと前から書こうと思っとった話なんですけど。うちの会社って航空会社とかのポスターが貼ってあるわけで、その中に、全日空の沖縄のやつかな

 「生きていくスピードは時々この島でゆるめましょう」

 って書いてあるものがあるんですよね。(多少、語句は違うかも知れんけど。)で、それを見て沖縄の島でなくて、広島県福山市の鞆の浦にある仙酔島にまた行きたくなった・・・、っていうがはおいといて。

 生きていくスピードってなんなんでしょうね?って、このポスター自体、単に「いつも忙しいやろうし、たまに飛行機に乗って沖縄のどっかの島に行ってのんびりすればいいげん。だから飛行機乗ってね、宿泊もセットになったやつでね!」っていうことだけを言うとって、それ以上のことは言うとらんはずなんで、もうここでポスターからは頭を切り離します。

 それで、とりあえず、こんな話になったときって、
・普段は忙しいけど、たまにゆっくりする
・いや、普段からスローライフや
 なんて話になって、「生きていくスピードがゆっくりである」ってことが美徳になるんやけど、それにしても生きていくスピードってなんなんやろうね。

 ってことで、あと17分しかないんで、こっから先、大したこと書けません・・・、ってそれが生きていくスピードが速いってことなんやろうか?でもこの日記って、最近、あえて短時間で書くことを意識しとる部分もあるし。

 それで、人間って誰であっても24時間365日っていうんが一緒な条件で、それがいつまでかとか、病気などでその使用可能内容が異なるっていうんが違う条件。あとは、それを人(家族・友人・会社など)のために使わないかんか、自分のためだけに使えばいいか、ってことは、選択的な部分と強制的な部分があるかなと思います。だから、基本になる24時間365日は平等ですが、それを何に使うか・使えるかっていうところでは人によって条件は違ってきます。(って書いてみたけど、このあと繋がらん・・・)

 それはともかく(と、逃げる)、「生きていくスピード」って、結局は、
 ・単位時間での作業量の多寡
 ・自由時間の多寡
 ・時計を見る回数の多寡
 ってことかなと思いつつ、結局は生きていくスピードが速い・遅いってよく分からんものなんです。

 例えば仕事でいうなら
 ・残業時間が多い少ない
 ・昼ご飯が食べれんとか、ゆっくり食べれる
 ・規定では1時間の昼休みがあって、それ通りに取ることができる・できん
 ・ちょっと無理したスピードでやる
 ・時間に追われてわちゃわちゃになる、ゆっくり確認しながらできる
 ・ひたすら時計を見ながら仕事しとる

 そんなところで、生きていくスピードって決まるんかどうか。例えば「時計を見る回数」なんかも、仕事内容で時計を見ながらやっていくことが仕事、っていうもんもあるし。

 そして、旅のスタイルでいうと
 ・普通列車か特急列車か
 ・滞在するところの滞在時間
 ・宿泊地を出る時刻、宿泊地に入る時刻

 これ、一般論で書こうとすると訳分からんので、例えば「区間全駅」みたいなことが、「スピードの速い旅か、スローな旅か」って言われると、一駅ごとの滞在時間が短いと、ものすごい忙しいものになりますし、1駅に30分とか1時間をかけるとスローなもんなんですよね。でも、基本的に一駅の時間が長くても終了時刻は決まっとるし、そういう意味では時間に追われとる。あと、家から現場までの移動手段も、現場でゆっくりやろうと思ったら、新幹線とかでの移動になるし、遠くまで普通列車で行ったら、逆に現場で忙しくなる・・・。

 って考えていくと「生きていくスピード」ってほんと訳分からん。仕事に関しても、いろんなことに追われとるときって「速い」、で、一つのことをじっくりしとるなら「スロー」っていうわけでもなさそうやし。そもそも、こういう話をしとると、仕事に追われとること自体、いや下手すりゃ仕事すること自体が「生きていくスピードが速い」っていうことになるんやけど、そうなると、税理士試験の勉強をしとる(つまり、広い意味での仕事のための勉強)は、「生きていくスピードを緩める」っていうことと逆行しとることになるんですよね。

 ってことで、はい、結論は出しませんでしたが、「生きていくスピードがゆっくり」っていうことは人によって異なるんで、外からは分からん、っていうことなんかなと。

 一旦切り離したポスターに話を戻すと、飛行機で慌てて沖縄の島行って、そこでゆっくりすることが「スピードを緩める」っていう人もいれば、そこまで船で行くこと自体が「スピードを緩める」っていう人もおるわけで。ていうても、そもそも「生きていくスピードを緩める」っていうこと自体、何のことなんかやっぱり分からん、っていうことです。

|

« 緑線 | トップページ | 納付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緑線 | トップページ | 納付 »