« 香港路面電車(トラム)その2 | トップページ | 更新しました(第551版) »

2008年4月26日 (土)

香港路面電車(トラム)その3

 おはようございます。ってことで、今日は何書こうか、ってことなんですが、そういえば香港路面電車の、実際に訪れた電停名だけを列挙してみたものの、その他はあんまり書いてなかったですよね。いつも、ここで「旅行記」とするとき、「トピック的に」って書いている部分なんですけど、日程全体のことはちらちらと2月頃に書いているんですが、このサイト上、中心となるその路面電車の部分って、ごく一部を除いて、バサッと抜けているんですよね。

 ってことで、やっぱり2ヶ月以上前の話を3日間にわたって引っ張ることになるんですけど、トピック的に何か書いておきます。

(1)2階建て路面電車
 ほんと、世界唯一、というぐらいでして、路面電車が2階建てなんですよね。ちなみに、始めて乗った区間と、途中で、一気に西へ行った区間のように、長く乗る区間は2階から町を見下ろさせていただきました。あとは、混み具合によって1階だけで完結させるときと、2階に上がってしまうときがありまして。

 ただ、2階だと、各電停の屋根を見下ろす感じになるんですよね。だから、各電停の様子を見ようと思うと実は2階だと分かりにくい部分もあるわけです。ほんとは、どっちも乗っておくといい、という感じで、それぞれに味のあるものです。

 ていうか、最初は物珍しいんですけど、すぐに慣れてしまいまして、普通に2階あがったり1階だけで終わらせたり、使い分けができるようになっていました。ただこれ、日本で路面電車に乗って(3月に富山で)、2階がないと何か物足りない・・・、って思うこともなく、やっぱり日本なら日本のものが普通。多分、無意識に別の乗り物として頭の中では扱っているのかも知れません。

(2)前にしか進めない
 もう一つ、日本と香港の路面電車の大きな違いが、香港の路面電車は前にしか進めない、っていうことなんです。ただ、例外的にお客を乗せたままバックすることはあるらしいんですけど、ともかく、運転台は前にしか付いていません。古くからある車両は、1階席はロングシートですが、2階席は固定式のクロスシート?、っていうか、雰囲気的には前を向いているプラスチックの椅子が並んでいます。こういうのも前にしか進まないからできることなんですよね。

 ってことで、折り返し線1本あればどこの電停でも折り返し運転が可能、っていうわけではなく、先端をループ線にしないと終点・起点にはできないわけです。それで、路線図上「T」となっているところ(總站)って、折り返し用のループ線が存在するわけなんです。

 これが、ほんとに丸いループ線になっているところと、町のワンブロックを使っているところとあるわけなんですけど、ともかくそんなところが独特なところ。それで・・・

(3)北角總站
 最後に訪れたこの總站。ここは町のワンブロックを使って折り返し線を作っているところでして、一つの電車站(北角道電車站)を別々に設けてしまうほどです。つまり、この總站折り返しの電車は、一駅前から、本線から外れて路地に連れて行かれ、ワンブロック分、路地を走って、本線に面したところで終点・起点となり、起点となった電車はすぐに本線に合流する、っていうかんじなんです
 それで、その本線から外れた折り返し線。もうね、ちょっと無理してここまで来ておいてよかった、って思うぐらいでして、路上のマーケットというか市場というか。歩行者天国みたいになっているところがありまして、そこを警報音を鳴らしながらゆっくりと電車が走っているわけなんですよね。

Img_3087 電車の窓、2階席の一番前から。画像まん中が当然、今から走る線路です。
Img_3105 市場の店の脇を通り過ぎる電車。

ってことで、かなり暗くなってますけど、ほんと、最後にいいものを見せていただいたのがこの「北角總站」でした。

(4)シンプル
 ほら、日本の路面電車って、自動放送があり、結構それが楽しみやったりしますけど、以前にも書きましたが、香港のトラムは一切放送がありません。黙って発車して、黙って各電停に停まって、黙って終点に着いて折り返すっていう感じ。あと駅名標にあたるものも一部を除いてないわけです。

 また、電停の掲示物も、日本のようにいろんな注意書きやら、きっぷの宣伝があるわけでなく、下手すりゃ、というか多くは路線図1枚しかない、っていうところばかりで。

 そんなわけで、かなりシンプルでした。

 ということで、今日も仕事で、割と遅くなってきたんでこのへんで。あとはいつになるか分かりませんが、区間全駅でアップしたときによろしければ御覧ください。

|

« 香港路面電車(トラム)その2 | トップページ | 更新しました(第551版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香港路面電車(トラム)その2 | トップページ | 更新しました(第551版) »