« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

更新しました(第571版)

 今回の追加駅・・・香港路面電車 恰和街(邊寧頓街)及び恰和街(百德新街)・軒尼詩道(堅拿道西)・莊士敦道(汕頭街)及び莊士敦道(盧押街)・莊士敦道(機利臣街)及び莊士敦道(分域街)

 ということで、実は1.5日の旅から帰ってきてから作ったページだったりしまして、写真だけは選んであったんですけど、本文は正真正銘、帰ってきてから。香港の路面電車のページも手慣れたもん・・・、かな?。なお、旅についてはまた明日以降。一応、予定通りの動きでした。

 さて、もうね、御覧になる方は、もうここがなんて言う名前の電停なんか、どうでもよくなっていると思います。なんか読めん字の並んだ駅名やな、もうこの際、「電車站」でも「電停」でも「駅」でもどうでもいいや、って思っていらっしゃると思います。(なお、本文中はこの3つを見事に混用しておりまして、使い分けしていません。単に気分次第です。だって「電停」とか「駅」なら打てば出るけど「電車站」はコピペせないかんもん・・・)

 それで、作っている本人ですら、写真見ながら「こんなところあったな・・・」って思い出してはいるんですけど、なんて言う名前の電停だったかは一切意識していなかったんで、もうね、どうでもいいんです。

 ってことで、何となく雰囲気だけは伝わればいいんですけど、そんなわけにも行かないんで、一応、路線図と駅名だけは合わせていますけど、さて、合っているのかどうか。

 今回は、もう、電停がくっついていて、その区切りができなくなってしまったところ一つと、あと、普通のところ一つ。また、目の前にあるのに電停の名前が違っているっていうところ二つの計4つ、のはずなんですけど、7つの電停名が並んでいたりしますもんね。ということで、雰囲気だけ味わってください。

 やっぱり香港の路面電車、レベル高すぎたかな・・・?鉄道線にしといた方がよかったかなと思われる今日この頃。

| | コメント (0)

2008年8月30日 (土)

予報変更

 おはようございます・・・。

 っていうことで、今日も出勤でして、来週も土曜日出勤。ってことで、「青春18きっぷ」有効期間内に2連休がないんですよね。といいつつ2回分余っていまして。

 そんなわけで、どうせ土曜日なら13時半に会社が終わるんで、そこからどっか行こうと思えば行けるんですよね。以前やったことでいうと、地元の北鉄石川線とか、あと、普通列車等なら姫路まで行けてしまうし・・・。

 っていうことで、この前からサイトの改装の話を書いてますけど、「気になる駅」を消滅させるには名立・有間川・柏崎の各駅に行かなければならない、で、日帰りだとちょっと無理か、できてもこの3駅だけになるし・・・。

 もちろん「区間全駅」のときに柏崎とかやっとけばよかった、っていう話になるんですけど、確かあの時は一駅たりとも取材時間に余裕がなかったような気がするし、やっぱり今やるしかないんですよね・・・。

 そんなわけで、1.5連休の有効活用、今日、会社からそのまま駅に行くつもりです。でね、明日日曜日って、昨日の天気予報まで晴マークだったんですよね。それが今朝になって雨になっていたりして。

 もちろん、今回の雨で被害に遭われた方のことを考えるとそんなことも言っていられないんですけど、うーん。で、しかも今回はご丁寧にビジネスホテルまで予約してあったり、しかもカードで事前決済をしていたり、前日から取消料がかかるところだったり・・・。

 っていうことで、ともかく列車が動いている限りは行ってこようかと思います。っていうか、ワシがおらん間、どうもワシの部屋、妹に乗っ取られるらしいし・・・。というのはですね、妹の部屋ってベットのある洋室でして、友達が泊まりに来ると都合の悪い構造なんですよね。んでワシの部屋は和室なんで、その場合は割と都合がいいらしいんです。っていうことで、今日は自分の部屋には泊まることができません(笑)。

 そんなわけで、上越線の宮内-水上間のうち、残り5駅と、「気になる駅」差し換えの3駅、天気の悪い写真が並ぶと思いますけど、ご了承下さい。

 それで、明日の更新の用意、途中まではやってあるんですけど、例によって香港なんで、ここから結構時間がかかるはずなんです。ですから、明日、更新ができない可能性もありますので重ねてご了承下さい。

 ほんとは今回、全く予告もせずに、明日は普通に更新して、月曜日あたりからなんの前触れもなく旅行記にするつもりだったんですけど・・・・、結局書いてしまいました。

| | コメント (0)

2008年8月29日 (金)

 さらに涼しくなってきましたね。おはようございます・・・。

 っていうことで、昨日は9月からの(9月分の)試験勉強の教材も届けられ、案外昔より薄いのね、って思っていたら、よく見るとこの科目、9月~12月までの分、以前はテキスト2冊だったんですけど、どうやら4冊になっていたようで。そりゃ薄いわな・・・。ってことで、実際、講義が配信されるのが9月になってからなんで、今月は部屋の片付けでもして開講を待つことにします。

 そんなことで、なんか読書強化月間みたいになっとるんですけど、最近は本屋に寄って、本を買ってきて家で読む、っていうことが多くなってきました。てか、立ち読みしとって「この本すごい」って思って買ってきて、最初から読むと、大したことなかったり。なんか、立ち読みの時って無意識のうちに、自分の中でのハイライト的なところを開くみたい。ていうか、まさか、中に挟んである葉書とか、それを計算してある?。

 っていうことで、この前書いたのとは別の、やっぱり勉強の仕方みたいな本を水曜日に買ってきまして、例によってその日じゅうに読んでしまったんですけど、その中で、ネットの情報は信じるな、っていうことと、時間を食うだけやからできれば見るな、見たいなことが書いてありまして。

 確かにそうなんですよね。1日、あるいは1週間の時間を見直してみて、何で無駄な時間を使っとるか、って言われるとやっぱりネットかな・・・。テレビは見たい分だけビデオに撮って見るだけやし、しかも気分的に優れん時とか、睡眠導入剤代わりやし、そっちはそんなに影響はないし。ネットはね、夜も朝も。だから、この時間を減らすと、かなりの時間を確保できるんですよね。

 ちなみに「サイト制作」については、これはあくまで趣味の一部でもあるんで、そっちは無駄時間にはカウントしてません。

 でもね、この前の試験、多分落ちたという身で言うがもなんですけど、「無駄な時間を使っとる」っていう自覚の元、ある程度なら有用やと思うんですよね。

 この本では直接には言うとらんのですけど、多分、「某ちゃんねる」でのこの試験に関する板の話のことを言うとると思うんです。試験直前になったら根拠のないデマが流れるとか、声の大きい人の意見が正論のように流れるとか、っていう記述があったし。

 でもね、多分、この試験初めてっていう人なら、各情報で踊らされるかも知れんけど、ある程度やったことある人ならデマとそうでないものと、あと、その境界にありそうなもんって区別付くと思うんですけどね・・・。

 例えば「これが出る」って断言した書き込みがあったりするけど(もちろんデマ)、「嘘やけどでもそういう問題もアリかもね」って思うんですよね。で、ちゃんと勉強しとる人の勘って、ある程度尊重してもいいんです。むしろ、場合によっては学校が言うことよりもあてになることもありまして。だから、そんなに時間をかけないなら、そういうデマで「これが出る」って書き込んであることは、想定問題の一つとしてさらっと見直してもいいと思いました。

 もちろん、どうしようもない話も流れているわけで、それは無視すればいいんで、むしろ変な話の書き込みがあると、どちらかというと袋だたきみたいな感じに流れますもんね。だから匿名掲示板の情報って、ある程度は馬鹿にはできないと思うんです。

 通学講座を受けていて、まわりに同じ試験を同じテンションで受ける人が何人もいるならいいんですけど、通信とかでまわりにそんな人がいない、あるいはこの試験を受けている知り合いがいたとしても科目が違ったり、その年の心がけが違っていたりというときって、結局はひとりぼっちになるし、こういう掲示板はちょっと参考にしてもいいのかなと思います。

 事実、前(試験直後)に書いた、ワシが受けていた学校が「大外し」した問題を他所の学校ではちゃんと予想問題としてやっていた、っていう話、某ちゃんねるの情報で知っていたんですよね。だから、受けていた学校のテキストに載っていた少ない量の情報だけはちゃんと押さえて行って、その範囲だけはちゃんと書けましたし。ただし、法規集まで押さえる、っていう発想がなかったんで、結局は足りんかったんですけど。これ、その情報がなかったら、そこまで手を回していなかったはずなんです。だから、結果から見ると合格には寄与できんかったと思うんですけど、役には立ったんです。(てか、仮に受かっていたら、この情報がなかったら落ちていたはず、っていう話になる)

 だから、匿名掲示板も結構役に立つという話と、でも、嘘かでたらめか、直前に惑わされる話か、そういうものも多いんで、それを見極めることができないと確かに怖いもんかも知れんな、っていうことと、あと、時間食い虫は否定できないんで、それも気をつけよ、っていうことで自分の中では納めておこうと思っております。

| | コメント (0)

2008年8月28日 (木)

更新しました(第570版)

 今回の追加電停・・・長崎電気軌道 浦上駅前・茂里町・銭座町・宝町の各電停

 ということで、最近、平日に更新をするときは更新を休んだ、あるいは休む予定の補充という意味があったんですけど、今回は単にオプション、つまり平日の臨時更新という位置づけのつもりです。といいながら、今週末、また更新を飛ばしてしまうかも知れませんが・・・。

 意図的に更新を増やすことができるのも今の時期だからできることでもあるんで、ちょっと多めに更新をしておきたかったんですけど、気がつくと8月ももう終わりです。

 っていうことで、長崎電気軌道の4電停。やっぱり、香港の路面電車をやった後に、長崎のやつをやるとかなり楽です。電停名を打てば出てくるこの有り難さ・・・(笑)。

 そんなわけで、今回をもちまして、浦上駅前電停と、JR浦上駅が相互リンク状態になりましたので、この路面電車から、函館まで、あるいは広島・岡山・高岡・富山・阪堺の各路面電車に繋がって見ていくことは可能です。(でも、面白がってむやみに開いて、転送量を増やさないで頂くようにお願いします。)

| | コメント (0)

2008年8月27日 (水)

長野方面~トピック的3

 そういうことで、もう1週間以上経っているんですけど、先日の長野方面へいってきた件。そういえば書こうと思っていて書いていなかったことがありましたんで、ちょっと補足というか、追記というか。

(6)首都圏
 そういうわけで、「区間全駅」の繋がりが、一駅だけですけど山梨県に入りました。で、一駅だけというのもなんなんで、日野春駅も入れまして、一応二駅なんですけど山梨県。多分「区間全駅」として、新たな都県(道と府は全部繋がりの中に入っているんで)に繋がるのは、今年はこれで最後かなと思っています。(っていいつつ、そうとは限らなかったり)

 でね、やっぱり山梨県に入った途端、首都圏の匂いがするんですよね。駅の施設とか、ホームの案内とかメロディーとか。といいつつも長野県もどっちかというと首都圏に近いです。長野駅の在来線発車メロディーが首都圏みたいなやつ(テイチク)になっていて、「あー」って思いました。あの、案内放送の冒頭の「五点式」チャイム、あれが何回かなって発車するあの独特の雰囲気、好きだったんですけどね・・・。

 で、話は飛んだんですけど、山梨県内に入ると各駅でテイチクさんのメロディーですもんね。これが甲府まで行ってしまうと、ATOSの放送になってしまうんですけど、今回はそこまで行きませんでしたが、やっぱり首都圏。西日本エリアと全く雰囲気が違います。

 ただ、列車を待っていて「間もなく列車が入ります(言葉不正確)」の放送の後に入線メロディーがなくて物足りなくなっているのは、やっぱり西日本エリアに慣れてしまっているんでしょうね。

 ということで、4~5年、東京に行っていないと何となく首都圏独特の雰囲気が新鮮だったりしまして、東京に近づくにつれて首都圏の匂いが強くなってくるこの感触が何とも言えなかったりします。

 あと、朝、村井駅近くにて、乗ろうと思っていた1本前の上諏訪方面の列車が見えたんですが「立川行き」。この長野色の列車、直江津・南小谷から東京都内までと、活躍の幅広いですね・・・。って、一瞬「立川」って見て、落語家さんが頭をよぎったんですけど、普通列車で東京都内とは、ずいぶん遠くまで来たもんだなと。

(7)新宿まで行くんかな?
 そういうことで、「区間全駅」自体が何となく首都圏に近づいていまして、上越線の部でもほくほく線経由で群馬県に入っていますし、中央本線でも山梨県に入ってしまいました。日野春駅を次回以降の布石として撮っているということは、やっぱり甲府方面へ伸ばすつもりなんです。

 ちなみに、何人かの方から名古屋から東京へ伸ばしていくのかどうか、っていう話を聞かれたんですけど、私の感覚としては東京方面へ伸ばしていくなら、上越・あるいは信越(ただし碓氷峠で切れているが)、そしてこの大糸線経由中央本線の方が先って思っているんです。

 とはいいつつも、一応、今の時点での構想では、甲府、あるいは大月までは考えているんですけど、その先はどうでしょうね・・・。なんかね、大型車・バスでないですけど、東京都内へ乗り入れてはならない、っていう妙な自己規制があるんですよね。

 でも、そのうち青梅線とかやりたいと思っていたりもして、っていうことは、上越線の繋がりを高崎、信越線の繋がりをしなの鉄道経由、碓氷峠はリンクで繋げてこっちも高崎、で、八高線で繋げて、中央本線の八王子までの繋がりとくっつけてしまって・・・、っていうこともできなくもないんですよね。

 あんまり都会的な駅が並ぶところはやりたくないんで、これぐらいが限界かも、と思いつつ、どうなるか分かりませんが、一応今のところ、大月・高崎までしか考えていないということだけ申しておきます。

| | コメント (2)

2008年8月26日 (火)

構想!

 おはようございます・・・。ってことで、試験勉強から完全に解放される1ヶ月もそろそろ終わろうとしておりまして、今週中には9月からの教材が届いてしまうという昨今。この時期に何となくサイトの一部を改装しておかねば、と思っているんですけど、何となくその構想を考えつつありまして、ちょっと書いておきます。

 なお、あくまで構想なんで、やりながら変更していく可能性が大きいです。ということで・・・。

(1)時期
 「気になる駅」の完全廃止との兼ね合いで、近日中に名立・有間川・柏崎の各駅に行くことができそうなんで、それができた段階で順に行っていきます。

(2)「気になる駅」の廃止
 「乗りつぶし」をやっていた時期に、ちょっとした「おかず」としてはじめた「気になる駅」の取材(その当時は「不思議な駅」)、当時の「その他の文章」(今の「思いつき!」)の中に、「高岡駅の不思議」としてはじめたのがきっかけで、それからちょっと増えていき、コーナーとして独立。その過程で「区間全駅」を思いつき、当初は両方並行してやっていたんですが(その時に動橋・六渡寺駅など、「区間全駅」の並びの中に、新たに「気になる駅」を入れていた)、「区間全駅」の進行とともに、改めて別コーナーに分ける必要性もなくなり、新規の追加はなくなっていました。

 と言いつつも、古いデジカメで撮って、今と違う視点でもあり、無理矢理「区間全駅」に入れることもできず、両者兼用のコーナーとしていましたけど、徐々に改めて撮り直し、完全に「区間全駅」として差し替えつつありました。

 っていうところが前文なんですけど、要はですね、結局のところ自分の興味としても、このコーナーの存在意義がほぼなくなっているんです。ただし、過去を引きずっていたり、「区間全駅」の並びとして使っている以上、なかなかなくせなかったんです。そんなわけで、名立・有間川・柏崎の3駅を撮ることによりどうにか差し替えようとしていた駅はすべて撮り終わるんで、これでこのコーナーをなくせるわけです。

 で、他にもうちょっと「気になる駅」が残るんですけど、こんな扱いにします。

 ●関山・・・新たに取材済。近日中に差し替え。
 ●名立・有間川・柏崎・・・上記の通り、取材次第差し替え。
 ●増毛・・・新デジカメで撮っているため、これは実用に耐えうる画質でもあるんで、当時撮った別の写真も含めて採用写真を見直し、「仮置き場」の扱いとします。(ただし、留萌本線全体を「区間全駅」で取材する予定はありません)
 ●燕三条・夜明・・・旧デジカメで撮っていること、また、今と視点が違いすぎること、さらに特に燕三条なんか明るさと当時のデジカメの性能の関係でかなり醜いため、この2駅については掲載を取りやめます。ただし、今後「区間全駅」として行うことがあれば改めて取材をします。特に燕三条はできれば弥彦線の「区間全駅」として、近年中にやりたい区間でもあります。特にこの2駅については、「区間全駅」を進めるうちに、そんなに気にならない駅になってきているんですよね。
 ●船尾・・・これについては同じものがもう撮れなくなっている駅でもあり、今でも「気になる駅」として自分の中でも充分な価値があると思われる駅でもあり、これだけは何らかの形で残しておきたい、ということで、後藤寺線として「区間全駅」をもしやることがあればそれまでの間「区間全駅・特別編」として残します。ということで、タイトル部分とURLが若干変わりますが、そのまま残します。

 という感じで何年も前から書いていますけど、ようやく準備も整いそうなんで、今のうちにこうやって「気になる駅」を廃止します。

(3)その他トップページ目次の見直し

 時間もなくなってきたんで簡潔に・・・

 まずは「駅についてのコーナー」という、かつての「駅三部作」を踏襲する構成をやめまして、「区間全駅」のみをメインコーナーとします。これは実情に合わせるものです。

 次に、「ここはかつて駅でした・・・」は、その他のコーナーの並びに入れます。これの追加をしないというわけでもなく、むしろ今からの季節、何処かをやりたいと思っているんですけど、ちょっと地位を下げます。

 さらに、「自己紹介」を簡潔化し、「このサイトについて」の中に入れます。また、「このサイトについて」の文章も書き換えます。

 ということで、このサイトの場合、改装するということは、何処かを一気に変えて新たなスタートを切る、っていうわけでなく、どっちかというと「現状追認」、つまり、今の流れに沿った形に変えるということになるんですけど、そういうことで、現在の更新状況の通り「区間全駅」中心の構成をもっと強めていくことになります。

 って考えていますけど、実際どうなるか分かりません。1ヶ月ぐらいかけて、各更新ごとに徐々にどっか変わっていくかと思われます。

| | コメント (0)

2008年8月25日 (月)

30分

 おはようございます・・・。っていうことで、すっかり秋ですね。なんか、この前トンボが飛んどるんを見てもう諦めようと思いましたもん(何を?)。なんかね、あの試験勉強をしとると夏が半分ぐらい取られてしまうような気がするんですよね。梅雨明け→試験っていう期間が意外と「夏」を感じるには重要な期間なんかも知れん。っていいつつ、年によっては梅雨明け(北陸)と税理士試験の日がほとんど変わらない、場合によっては逆転するときもあります。

 っていうことで、なんか着れる服も少なくなってきましたし、土曜日、会社の帰りに本屋に寄った後、服屋に寄ってきました。もちろん夏物。早く買わんと去年みたいになくなってしまうんですよね。

 割と夏物って、真冬でも着ることあるし、今のうちにストックしとかんと。例えば長袖のTシャツなんて真冬でも着んもんね。半袖のTシャツの上に1枚、秋物の長袖を羽織るだけやし。だから今のうちに夏物を買っとかんとダメなんです。

 っていうことで、短パン(ハーフパンツ)。えっとね、「これ買おうかな」って思ったもん、よく見ると今穿いとるやつと全く同じ、っていうことに気づきまして、違うもんにしました。こっちはLでは絶対にダメで、LLでないとダメなんですけど、そんなにサイズに困らんかな。でも一つほしいって思ったやつはやっぱりLまでしかなかったし、多少不利。

 でー。Tシャツ。結構高いもんを980円とかで処分しとる状態やし、嬉しいんやけど、よく見るとほとんどLLってないんですよね。逆に、「大きなサイズ」のコーナー行ってみたら、今度は3Lからしかないし・・・。ひょっとして「中途半端」ってことで、この服屋から除外されてしまっとる?。

 でもね、気に入ったTシャツもあって、でもLまでしかない・・・。念のためもうちょっと詳しいサイズを見てみたら、やっぱり胸囲が104センチまで。えっとね、109センチあるんですけど、やっぱりダメ?

 で、これって、そう書いてあってもメーカーによっては楽に着れることあるんですよね。ワシの場合、割とゆったりと服を着たい人やし、小さかったら困るんですけど、でもいいわ、賭けや、と思って買ってみました。家で着てみると、全く問題なかったです。着れる方のLでした。去年買うたLは、かなりきつかったんですよね。ほんと、同じサイズでも難しいもんで、多少賭の要素が入るんは仕方ないんやろうか。ってせっかく買いに行ったら試着せー、っていう話ですけど。

 それで、服屋に行く前に買うた本って「1日30分を続けなさい」っていうやつ。よく売れとるらしい勉強方法の本です。売れとるっていうことは、やっぱり世の中に勉強したい学生以外の人って多いんやよね。一応、資格試験でなくて、それ以外の勉強を1日30分でも続けると、そうしてこなかった人よりもものすごい差が付く、っていう話から、それを習慣づける方法が書いてありまして、例によってその日じゅうに読み終わりました。

 資格試験の場合はこれどころでない、っていうことも書かれていましたけど、税理士試験って1年に11ヶ月、あるいは9ヶ月の勉強が何年も続く、っていうことで、どっちかというと「短期集中型」の要素よりも、こっちの方が大事なんかもな、っていうことで、結局は最後まで続くかどうかが一つのフィルターやし。っていうことで、完全にではないですけど、割と参考になりました。要はこの手の本って、べったりそのまま受け入れるんでなくて、自分に合う部分、いいなと思った部分だけ採り入れればいいと思います。

| | コメント (0)

2008年8月24日 (日)

更新しました(第569版)

 今回の追加駅…山陽本線の新設駅 和木・西川原・はりま勝原・須磨臨海公園の各駅。

 そんなわけで、今年3月15日に開業した駅で、当「区間全駅」に掲載するべき駅が6駅ありまして、ほんとは新駅の開業は無視してもいいことにしてあるんですけど(東京モノレールなんかがいい例ですけど)、北陸三県と、函館から長崎まで延々と続くラインだけはそんなわけにもいかない、ということで新駅が開業したらこうやって追加しています。(ただし、改称・改築については差し替えません)

 で、春のうちに、高山本線の婦中鵜坂駅だけは追加しておいたんですけど、その後、5月の九州からの帰りの時に取材した和木・西川原・はりま勝原の各駅、6月の取材した須磨臨海公園の計4駅を今回追加してあります。あと、東海道本線の島本駅は今回追加していませんが、また追加します。

 ってことで、島本駅を追加せずとも京都から奈良線→関西本線→大阪環状線と迂回すれば函館-長崎間は繋がっている、なんていう話にもなるんですけど、とりあえず、迂回さえすれば繋がっているという体制だけは復活しました。

 あと、あんまり意味はないんですけど、区間ごとに「その3」とかと書いてある番号は、例によって枝番方式にしています。番号を送っていくと何かと面倒なんですよね。新設インターチェンジの方式です。とは言っても両隣の駅なんか、ちょこっと手入れをする必要もあり、意外と新設駅の追加って手間がかかるもんです。

 そんなわけで今回は新設駅の追加でした。次回は長崎電気軌道、その次は香港として、また次が鉄道線の駅ですね。その時は島本駅と、あと和田岬駅。和田岬駅ってこの場合どうやって扱おうか検討中です。その他は只今検討中。

| | コメント (2)

2008年8月23日 (土)

ギャンブル

 今月は5回土曜日があるうち3回出勤。うち1回は盆休みに埋没してしまい、もう1回は試験直前に休んだんで、あと2回は出ないかんのやよね・・・ってことでおはようございます。

 それにしても、今朝、目を覚ましてテレビをつけたらオリンピックしかないもんね・・・。あとは訳分からんアニメと、教育テレビ、ワシの部屋のテレビに映るやつでいうと、ケーブルテレビのお天気チャンネルぐらいやもんね。そうや、朝ズバも結局は朝食食べながら見る部分ってオリンピックのことしかやっとらんし、最近は朝食食べながらMHK見とるもんね・・・。

 ってことで、例によってオリンピック無関心な人なんですけど、結局のところ前にも書いたんですけど自分の努力の及ばん範囲ってそんなに興味ないんですよね(笑)。もちろん、オリンピックとか野球とかに知り合いが出とると気にはなるし、応援はするんやろうけど、なんていうんか、知らん人やもんね。

 そういえばマラソンって、小学校3年生ぐらいの時やったか、見とったんですけど、その時「熱がある」っていうことが自覚症状としてよく分からんかったし、なんか気持ち悪いなって思いながらコタツに入って見とったんですよね。で、それからちょっと楽になって測ってみたら38度台やったし、マラソン見とったときは39度あったかも知れん・・・、ってことで、未だにマラソンを見たらその時の気持ち悪さを思い出すっていうトラウマがあったりしまして。

 ってことで、話を戻して、この「自分の努力が及ばん範囲は無関心」っていうことを含め、もっといろんな行動・関心を思い起こしてみると、ちょっとある結論に達したんですけど、なんかそれをそのまま書くとものすごく誤解されそうなんで今の段階では書きません。多分、これだけ書いておくと自分の中で先日考えたこと、テストしてみたことって思い出すと思うんで、一応メモ程度に書いておきます。

 あっ、それとは別に「自分の努力が及ばんことに無関心」って、ギャンブルとか宝くじに無関心っていうことにも繋がるんやろうね。ただし、ある一つの分野だけはこれが全く当てはまらないんですけど、それを書いていると長くなるんで書きません。

 ってことで、試験勉強から離れて、何となく物足りなくなってきた今日この頃。昨日、9月からの講座を申し込みました。先日受けたのとは別の科目。消費税法です。

 えっとですね、これ、何回か勉強はしているんですけど、例によって試験レベルにまでは引き上げたことがないんですよね。一応、一通りはやってあるけど、分かりにくい部分はそのままにしてあるっていう感じです。前職の会計事務所の中では「消費税に一番詳しい人」っていうことになっとったけど、実際、試験には通用せんぐらいなんです。

 これも何年か前にお金をかけてやったんですけど、その分は無駄やったんかというと、その後の仕事とか、今の仕事にもものすごい役立っとるし一概に無駄とは言えないんですよね。だから、以前の投資は仕事のためやったと割り切って、今回の分は試験のための投資ということにします。

 てか、この科目、試験レベルまでに達する時間って割と少ないんですけど、受ける人が多くて、レベルが高いんですよね。だから試験レベルに達してから受かるっていうまでに時間がかかるか、あるいはギャンブル性が高いっていう性質がありまして。だから、この前受けた科目以上に努力が報われない科目ではあるんですけど、ともかく「受かるかも知れん」っていうレベルにまで持っていきたいなと思ってます。とりあえず、この前受けた科目の結果が出るまではこっちに力を入れていきたいと思ってます。

 っていいつつも、「履修」するだけならそんなに大儀な科目でないんで、年内は趣味に対しては遠慮しなくてもいい体制です。さて何処へ・・・。

| | コメント (0)

2008年8月22日 (金)

廃業

 おはようございます。ってことで、普通の日記は久しぶりです。ATOKを方言モードに切り換えるがも久しぶりです。

 旅行記の方はちょこちょこと追加したいこともあるんですけど、それはもうちょっと貯めておいて明日以降に書きます。

 ってことで。ちょくちょく書いています、「家から割と近いスーパー銭湯」なんですけど、9月末で廃業みたいです。数年前から東金沢駅近くのスーパー銭湯と、津幡のスーパー銭湯が熾烈な争いをはじめて、お互いどんどんよくなっていっとる(でもワシは東金沢駅の近くの方は1回だけ行ったことあるけど、津幡の方は行ったことないんやよね)中に取り残され、そのあたりから客が減ってきたかな・・・。スーパー銭湯って商圏広いし、離れとるようなところでも影響あるんですよね。で、さらにその近く、内灘にも温泉のスーパー銭湯ができ(そっちもワシ行ったことない)、そのあたりがもう「とどめ」やったんやろうね。

 っていうんと、うちの近所にスーパー銭湯か健康ランドか、その間みたいなやつができるし、もうね、大変なことになって来つつあるようで。だから、その廃業するスーパー銭湯、駐車場は広いけど、ラインを引き直すこともしてなかったし、かすかに残っとる線の跡を頼りに車停めたぐらいやし。厳しかったんやね。ただ、たしか、この銭湯とか隣接するパチンコ店の運営会社って、これまた廃業するルネス金沢と一緒やったような気がしてんけど、違ったかなと。そっちの問題の方もあるんかも知れん。

 その銭湯、開業して10年やってんよね。確かに、大学生の時はなかったし、社会人になってからできた風呂。そうやもんね、社会人になってからの思い出と、割とこの風呂って連動しとるもんね。

 確かに、温泉ではないんですけど、サウナの質もよくて、もっとも、最近はサウナについては、軽い蒸気が出てこんくなって、湿度が低くなっとって、多分、普通のサウナと変わらん状態になっとったんですけどね。

 最近は歩行プールで1時間歩くっていうんが習慣になっとったし、多分、最近体重が減少した原因の大きな部分を担っとる風呂なんですよね。だから、これ目当てで最近は行く頻度が上がっとったんですけど。

 なんかね、この前から「回数券の販売はしません」っていうふうになって、まあ、それから数回で手元のものは使いきったけど、ちょっと怪しいと思っとったんですよね。んで、「7月から年中無休で営業します」って、妙に「年中無休」を強調しとると思ったら・・・。

 てことで、最近は一番行く頻度が高い風呂やっただけに、10月以降はかなり習慣が変わるなと。風呂そのものなら別に温泉でないし、そんなにダメージがないんですけど、1時間の有酸素運動の部分の代替を考えないかんなと。

 ほんと、ここ見る度につくづく、投資した資金は早期に回収せな大変なことになるんやろうなと。赤字でも続けると誰かが犠牲になるだけやし、誰も助けてくれるわけでないし、傷口広がらんうちにやめた方がいいんやろうけど。だから「やめないで」なんて言える立場でないけど、ちょっといろいろ考えてしまうのでありました。

| | コメント (0)

2008年8月21日 (木)

更新しました(第568版)

 ということで、8:29や・・・って書いているうちに8:30や・・・。急がな・・・。

 今回の追加駅…香港の路面電車の3駅。

 っていうことで、今回は香港の番。折り返しができる駅が2つありましてそれには番号が与えられていないんで一応路線図にしたがって「T」と表記していますが(多分、ターミナルって言う意味でしょうね)それが2つあります。

 うち、「北角」のほうが、最後に撮ったものなんですけど、暗くはなっていますが、逆にそれがよかったのかなと思われる風景になりました。ここで何度かご紹介していますけど、最後にものすごく印象に残った駅でした。

 あと2つの計3つ。やっぱり4つはきついんで、香港の時は3つにさせていただきます。っていうことで、時間もないんでこのへんで。不備な点がありましたらまた帰ってきてからなおします。

| | コメント (0)

2008年8月20日 (水)

長野方面~トピック的2

 何となく疲れが出てきて、昨日ちょこっと書いていた更新の用意が進まなかったんで、旅行記を続けます。ただし、今日は12分しか時間がないんで、そんなには書きませんが、よく考えると移動とかにさほど特徴があるわけでないんで、あんまりトピックがないんですよね・・・。新幹線乗ったとか、そんなわけでないし。実際、駅の特色なんかは「区間全駅」の本文で扱うんで、ここでは書かないんです。

(5)宿泊
 っていうことで、今回は2泊とも健康ランド。なおかつ予約。本来、健康ランドに「予約」っていう概念はないはずなんですけど、それは仮眠室しか使わない場合の話。で、今回、1泊目はカプセルホテル付き(通常のホテルも併設)、2泊目はシングルなどのホテル付きっていうことで、どっちもその部屋を予約できてしまうんですよね。

 で、健康ランド付属のカプセルって、実際は仮眠室の一部みたいな扱いで、わざわざ予約するもんでもないんですけど、ここの場合、ホテルがあるんで、その流れで健康ランド内のカプセルも予約の対象にしているようです。

 1泊目。えっとですね、もう若くないし(笑)前みたいに駅から30分も40分も歩いて健康ランドで泊まる、なんてこと、もうやらんとこ、って決心していたんですよね。それぐらいやるなら、主要駅前のビジネスホテルのほうがいいやろ、って。実際、それだけ歩く労力とか仮眠室での寝苦しさを考えると、ビジネスホテルの安いところと値段が大きく変わるわけでないし、駅前のビジネスホテルの方が翌朝も早くから動けるし、前みたいに頑張らなくていい、って思ったんです。でもね、風呂が魅力的・・・。

 でー、今回、結局篠ノ井駅から30分歩いてしまいました。この健康ランド自体は一度泊まったことがあって、その時は仮眠室を使ったんですけど、今回はカプセルルーム。そういえばその時、風呂に関しては露天風呂もないし、そんなに楽しめないところだなと思っていまして、その時は同行者がいて、その人が露天風呂好きやったんで、さらにそう思ったんですけど、今回は割と楽しめました。

 で、カプセル。普段は建物自体が男性専用、っていうところに泊まるんでこういう問題は起きなかったんですけど、このカプセル、別に男女の区別をしているわけでないんですよね。っていうことで家族連れなんかが入ってきまして・・・。22時やというのに(ちょっと早いけど眠かったし)やかましい。なんかテレビ見てしゃべっとるし・・・。

 でも、なんか眠くなるにつれて気にならなくなってきまして、そのまま寝てましたけど。

 2泊目は村井駅から歩いて10分弱のところにある(その間に松本市と塩尻市の境界を跨ぐ)健康ランド。シングルの部屋を取ってます。

 えっとですね、このパターン、やはりなぜか1年に1回やってしまいまして、今年で3年目。最近最もよく行く健康ランドです。村井駅からの徒歩も板に付いてきました。

 でね、やっぱりここも、隣の部屋からオバチャンがオリンピック見て盛り上がる声が聞こえてきて。22時に一旦眠りに付いたんですけど23時に起こされてしまいました。でも、結局寝てしまいましたけど・・・。

 ってことで今回は健康ランド2連泊なんですけど、実は風呂の満足度と寝るところの満足度(うるさくて起こされたのを除く)両方を兼ね備えた、非常に満足度の高いものになりました。

 ということで、旅行記については何かまた思いついたら明後日ぐらいに書きますし、何もなければここまでとします。

| | コメント (0)

2008年8月19日 (火)

長野方面~トピック的1

 そういうことで、先日の長野方面へ行ってきた話。いつもの通り、思いつくことをトピック的にちょこちょこと書いていきます。時間がなくなったらまた次回。

使用きっぷ・・・青春18きっぷ3日分、魚津-直江津乗車券・自由席特急券(金沢駅みどりの券売機で事前に購入)、篠ノ井-屋代高校前の普通乗車券

(1)やっぱりはくたか
 この、金沢駅始発の普通列車→富山→魚津始発のサンダーバードを見ながら降り、はくたか1号を待つ、っていう流れ、毎年1回はやっていて、しかも3年目。なんかね、この乗換、夏の風物詩になってきつつあるかも知れません。
 結局、そのまま普通列車に乗っていったら直江津駅での接続が悪すぎる(というか、信越本線長野方面の場合は新井駅までしか行かない)っていうこともあり、しかしながらせっかくの18きっぷやし、っていうことで、30分早く起きると結構得する、という解釈もできつつ。
 なお、今回は、喫煙の自由席は結構空いてました。どうせ短時間やし、空いているなら喫煙でいいんです。
 それで、去年・一昨年の旅行記を見直していたんですけど、金沢発のこの始発の普通列車、毎年1分ずつ早くなっているんですよね。一昨年…5:32、昨年5:31、今年5:30です。

(2)天気はよかったです
 今回、多分天気は悪いだろうな、ってことで、そんなに期待もせず。でも、直前の予報で新潟県は雨だけど、長野県は晴れ、っていう状況。どんなんや、と思っていたら、確かに、直江津とかでは雨。高田で大雨。南高田駅なんか、半自動扱いになるぐらいの大雨だったんですけど、新井あたりで晴れてきて、妙高高原駅あたりになると完全に晴れていた、という状況です。
 この3日間、金沢とかなら大雨で、七尾あたりでは冠水するところもあったぐらいなんですけど、特に雨に当たることなく。一部、どんよりした雲の広がっている写真もありますけど、おおむね青空が写った写真になると思います。

(3)今回は意外と長時間滞在
 今回、各駅での時間って結構長いんですよね。運転本数もそんなに多くないところですし、それで行きつ戻りつやってはいたんですが、割と長め。一部、短時間の駅もあるんですけど、割と40分超の駅が多かったです。おかげで結構ゆっくりできました。試験終了後の頭の中を癒やすのにはちょうどいい時間感覚でもありました。

(4)訪問済・未取材駅
 1日目の現地での書き込みにもありますように、特に1日目なんて、一度降りたことのある駅が多いんですよね。その当時は「区間全駅」なんてやることすら考えていなかったんですけど、だからそんなに記憶にもないんです。
 「区間全駅」をやる前って、一応意識して各駅に降りることをやっていまして、長野周辺の場合(篠ノ井~三才)は時間調整として、日が落ちて暗くなってからなんですけど、一通り降りているんです。だから、この日、はじめて訪れた駅というのが、多分、古間駅と牟礼駅ぐらいなんです。
 姨捨も降りていたし、そういや、その時、時間調整で稲荷山駅に行って、そこで折り返していたなとか。黒姫は大学の時の先生の別荘があるところで、卒業してから当時のゼミ生(懐かしい響き)で行ったこともあったし。屋代高校前も確か降りたこともあったし・・・。

 ってことで1日目に降りた「再訪問駅・初取材駅」の中で
 当時とそんなに変わっていなくて懐かしいと思った駅→関山・黒姫・北長野・屋代高校前・姨捨
 ほとんど記憶になかった駅→三才・安茂里・川中島・稲荷山
 そもそも構造が変わった駅→豊野・今井

 その反面、2日目は小淵沢以外は初訪問・初取材駅ばかりでして、また3日目は数は少ないですけど上諏訪・下諏訪が訪問済、茅野・青柳が初訪問でした。

 ってことで、このサイトで「取材」という言葉は使うけど「訪問」って言う言葉を使わない理由の一つがこういう駅がまだいくつかあるからなんです。

 そんなことで、今日のところはここまで。平日の更新の用意を少し進めていますので、できれば明日は「更新しました」にしたいんですけど、例によって香港の路面電車はページの制作に時間がかかるんで、できなければ明日、この続きとなります。

| | コメント (0)

2008年8月18日 (月)

長野方面~日程

 そういうことで、ここでの書き込みを飛ばしたりしたんですが、まずは日程から。なお、この「日程」って、中身がない割に時間がかかるんで、今日は短く終わると思います。なお、例によって取材駅は「☆」で示します。

●8月15日(金)
 【金沢】5:30発-(普通)→【富山】6:26着、6:32発-(普通)→【魚津】6:56着、7:00発-(特急はくたか1号)→【直江津】7:51着、8:10発-(普通)→【☆黒姫】9:19着、9:59発-(普通)→【☆関山】10:15着、10:53発-(普通妙高4号)→【☆牟礼】11:26着、11:53発-(普通)→【☆古間】12:00着、12:10発-(快速・乗車区間は全駅停車)→【☆三才】12:31着、12:54発-(普通妙高5号)→【☆豊野】12:59着、13:17発-(普通)→【☆北長野】13:25着、13:33発-(普通)→【☆長野】13:38着、14:04発-(普通)→【☆安茂里】14:09着、-(14:30過ぎの、急に入ってきた諏訪湖花火大会関係の臨時普通)→【☆川中島】?着、14:43発-(普通)→【☆今井】14:45着、15:20発-(普通)→【☆篠ノ井】15:23着、15:51発-(普通)→【☆屋代高校前】15:55着、16:11発-(普通)→【篠ノ井】16:14着、16:19発-(普通)→【☆姨捨】16:37着、17:19発-(普通)→【☆稲荷山】17:28着、18:22発-(普通)→【篠ノ井】18:27着(宿泊)

●8月16日(土)
【篠ノ井】7:06発-(快速・特急車両使用)→【☆聖高原】7:26着、8:02発-(普通)→【☆冠着】8:05着、8:20発-(普通)→【☆坂北】8:31着、9:05発-(普通)→【☆西条】9:09着、9:54発-(普通)→【☆明科】10:02着、11:13発-(普通)→【☆日野春】13:26着、14:22発-(普通)→【☆小淵沢】14:35着、15:29発-(普通)→【☆信濃境】15:33着、16:18発-(普通)→【☆すずらんの里】16:29着、16:52発-(普通)→【☆富士見】16:56着、17:30発-(普通)→【村井】18:40着(宿泊)

●8月17日(日)
【村井】7:01発-(普通)→【☆上諏訪】7:27着、7:40発-(普通)→【☆茅野】7:47着、8:20発-(普通)→【☆青柳】8:26着、8:50発-(普通)→【☆下諏訪】9:00着、9:43発-(普通)→【松本】10:18着、11:08発-(普通)→【南小谷】13:01着、14:27発-(普通)→【糸魚川】15:24着、15:29発-(普通)→【富山】16:41着、16:45発-(普通)→【金沢】17:45着

そんなわけで結論。

 信越本線は、直江津から妙高高原まで2年前に取材してありましたが、そこから続けて、長野・篠ノ井まで伸ばしました。

 篠ノ井線は松本から塩尻まで2年前に取材してありました。(平田駅は新設駅のため1年前)また、田沢駅は「仮置き場」にありましたが、篠ノ井から明科を経て松本まで繋がりました。

 中央本線は塩尻から辰野・みどり湖経由で岡谷まで2年前に繋がっていましたが、そこから小淵沢まで繋がりました。

 あとは、次回以降の「布石」として、しなの鉄道屋代高校前、中央本線甲府方面の日野春駅を撮ってきてあります。

 関山駅は「気になる駅」差し替えとして撮ってあります。また「ここはかつて駅でした」の関山駅跡(スイッチバック時)も撮り直してきてあります。(様子はほとんど変わらないので、単にぼやけた画像の差し替え)

 っていうことを書いたあたりでそろそろ時間なんで、また明日。なお、気まぐれで更新の用意をした場合・大事件が起こった場合・その他ここに書けない事情(忘れていたことも含む)が生じた場合は明後日以降に順延となります。

| | コメント (0)

2008年8月17日 (日)

忘れてました

こんにちはー。
ということで、只今、南小谷駅前で川を見ながら悠久の時をすごしていますが、はい。昨日の書き込みは忘れていました。
ちゃんとした個室で寝てましたし、何ならいつもより条件は良い日だったんですけどね。
気づいたのが今朝でした
ってことで、昨日は遡って書くことはせず、抜けた日とします。
また、これからそのまま帰るんですが、これをもって今日の記事とします。
さらに、今日のところは更新をしません。
もし仮に今から帰って、気が向いてしまって、用意をしたとしても、明日のアップです。

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

稲荷山駅にて

ということで、4時半起き、魚津直江津間を、はくたかを使いつつ、長野方面へ。
未取材だった黒姫から篠ノ井、この駅、姥捨、しなの鉄道の屋代高校前が終わっています。また、気になる駅差し替え用に、関山駅も撮っています。
というか今日取材した各駅、3駅ぐらい(不正確)を除いて、おりたことのある駅ばかりなんですよね。
なんというか、懐かしいというか、改めて発見したとか、大きく変わっていたりとか。
そういうことなのですが、明日は初めて降りる駅が多い・・・はず。

| | コメント (0)

2008年8月14日 (木)

更新しました(第567版)

 今回の追加電停・・・長崎電気軌道 大橋・松山町・浜口町の各電停

 そんなわけで今回は長崎電気軌道の3電停。あっ、平日に今回更新するのは、2回更新を飛ばした「埋め合わせ更新」の2回目であります。

 ただし、ひょっとしたら今週末、更新をしない可能性がありますので、その時はいつもの更新を先にやってしまったのだと思ってください。その場合は、またどこかの平日で埋め合わせします。

 そんなわけで、この次に「長崎電気軌道」を追加したら、JR浦上駅前に達するんで、そっから繋がって函館まで繋がるんですよね(今年の春の新設駅を除く)。この路面電車も。ってことは、やっぱり函館の路面電車もやらないかんということで。

 で、お知らせですが、明日からちょこっと長野方面になると思いますけど、行ってきます。天気次第でもあるんですけど、明日の早朝にできれば出発したいんで、明日の朝の書き込みは行わない予定です。ただし、早朝出ようと思って、雨が降っていたら遅らせることもあるんで何とも言えませんが。

 それで、いつものことですが、ここへの書き込みは携帯から簡単に行うということ。コメントに対する返事は日曜日の帰宅後になるということ、あと、PC宛のメールも日曜日の帰宅後の確認となることをお知らせいたします。

| | コメント (0)

2008年8月13日 (水)

カバン

 今週末。週間天気予報、雨やけど、どうせそのうち晴れに変わるやろ、って訳分からんことを考えとったんですけど、全く晴れに変わる気配ないですね・・・。おはようございます。どうせ山の方行くし、雨でもいいか。(山岳路線は雨も似合うと思っている人)

 さて、仕事にレジャーにその他に使っているカバン(リュック)があるわけですけど、それの底が抜けそうになりまして、この前の日曜日買ってきました。

 っていうても、百貨店とか行くわけでなく、えっとですね、プラント3。何となくそれがある地域の方はお分かりだと思いますけど、いろんなもん売っとって安いですもんね。金沢にもドンキホーテできたけど、別にプラント3あればそっちの方がいいと思うんですよね。駐車場も広いし。

 そんなわけで、金沢基準だとちょっと遠くなるのが欠点なんですけど、川北町と津幡町、どっちに行こうかということで、ちょこっと夕方、津幡まで車を走らせまして。そんなわけで、最近はあんまり車に乗らんくせに、カバンを買うために津幡まで行ってしまうという有様。

 っていうのはですね、前使っとったカバンもそこで買うたんです。だからできれば同じカバンが欲しいってことで。ちなみに、前使ったカバンとその前使ったカバンは色違い(しかも紺と黒)の同じやつでした。

 結局は同じカバンがなかったんですけど、よく似たやつ。880円。それと、そんなに頻繁に使わんけど、遠くへ行くときでこのカバンに収まらんときに使う、ちょっと大きめのリュック。それもこの前長崎行ったときにチャックが壊れたりして不都合でもあったんで、それも買っておきました。やっぱり880円。

 さてと・・・。あともう一つ、買いたいやつがあったんですよね。ダンベル・・・。えっとですね、昨年の秋頃から、キャラクターに似合わず、ちょっとした運動のようなことをしとるわけで、でも、最近は暑いし、今まで間1日空けてやっとったんを2日ないし3日空けるようになったかな・・・。ただね、翌日よりも翌々日朝の方がちょっと筋肉痛らしきもんがあるんですよね。それ考慮すると間1日って短すぎるかも知れんしそれでいいんかも。

 で、本来ダンベル使うべきところ、カバン(今回買い直したカバンとはちがうやつ)に、本を入れて、だいたい9キロ~10キロぐらいのやつをつかってやっとったんですけど、まあね、カバンやし、横長のやつを使ったとしてもそれなりの大きさはあるわけで、腕の可動域が狭くなるんですよね。

 それで、10キロ(重さの調節可能。おもりを買えば最大30キロちょっとまで。製造地東大阪市)のやつなんですけど、やっぱりそれに近い重さでやっとったんで、しっくり来る重さ。で、やっぱり可動域広がりますね。なんで今まで使わんかってんろ、っていうぐらい。

 ただね、これ、近くのスポーツ用品屋さんで見たとき、結構高かったんですよね。鉄の塊でそんなに使う?っていうぐらい。でも、やっぱりここで買うたら安かった・・・。モノは違うと思うんですけど、半額でしたもん。ってことで、今度行ったらもう1個買ってこよ。

 あと、そろそろ財布も買わんならん。特別な財布でもないんですけど、社会人になるときに買うたやつやし、11年以上使ってまして、端的に言うてボロボロです。下手すりゃ小銭がこぼれてきます。カードを入れるところは沢山入れる癖が付いてしまい、少なくするとこぼれます。危険です。

 そっちはデパート券が何枚か貯まっとるし、百貨店行くかな?。でもプラント3でよさそうな気もするし・・・・。

| | コメント (0)

2008年8月12日 (火)

8枚

 ということで、とりあえず「青春18きっぷ」を買ってしまいました。てか、いつの間にか「みどりの券売機」で買えるようになっとったんですよね。というか、注意書きも3枚あるし、それにアンケート2枚あるやろ。で、カードの利用明細と、きっぷ本体。それに領収書まで求めとったら、どどーんと8枚出てきました。えらい発券に時間がかかっとるなと思っとったら。

 ってことで、今週末3日間だけ休みなんで、とりあえず、長野県内の宿1泊だけ予約してあります。でも天気がよくなさそうなんですよね・・・。ということでおはようございます。

 なんか、会社におって、そろそろ仕事終えて帰ろうかなとか、あと、休みの日起きてから思うんやけど、なんかもの足りんのですよね。こういう時って、今から何をどの程度勉強して、とか、今からやし○時間できるな、とかいろいろ思いをめぐらしとったんですけど・・・。今は「とりあえず何しよ」っていう状態。

 ちょっと前はこれが普通やったんですよね。それで、7ヶ月かけてどうにか勉強の習慣をつけてきたんですけど、急にそれを外されて、ありゃ、っていう感じなんです。

 もちろん、来年の試験に向けて、カウントダウンは始まっとるし、そろそろはじめてもいいんやけど、そんなことしたら間延びするだけやし、ってことで、今月は何もしないことにしているんですよね。

 ってことで。金曜日、会社の帰りに本屋寄って、なんか単行本を勢いで2冊買うたんですけど、日曜日の夜には2冊とも読み終わってました。自分でもその勢いに驚くばかりなんですけど。

 そんなわけで、1冊目は「時間の「投資」術」っていう、「カリスマ弁護士」なる人が書いた本。えっとね、この手の本って、パッと立ち読みして、自分で受け入れられそうなものと、そうでないものって瞬間に判断が付くんですけど、これは受け入れられそうな内容やな、ってことで、買うてしまったんです。

 で、実際買うて読んでも、なんかね、ほとんど頭にその内容が残らん、っていうんもこの手の本の特色でして、例えば「千円札は拾うな」っていう本も、読んだ瞬間に書いてあった内容を忘れたし、心に来るもんもなかったみたい。

 でー、この本なんですけど、やっぱり、そんなに頭に残った内容がないんですよね。勉強の仕方も書いてあったし、そのへんは興味深く読んだけど。唯一頭に残ったんが「ルーチンワークとコア業務をしっかり区別する」っていうこと。で、ルーチンワークはできるだけ効率化する、っていうこと。

 あー、この区別、最近は付いとらんかったかも知れん。というか、ルーチンワークにおぼれて、本来やりたい「コア業務」をやっとらんかったかも知れんな・・・。

 あと、仕事中人に話しかけられて、ちょっと手を止めて別のことをしたからというても、その間、やっていた仕事のことは脳の別のところで考えとるんで、戻ってきてもすぐに復活できる・・・、っていう内容。

 別の本というか、メルマガなんですけど、経理のことに関するやつで、「資金繰り表とか大事な仕事をしているのに、細かい経費精算なんかで、手を止めなければならない仕組みを改めろ」ということがあったんです。で、確かに、自分でもそういうことあるし、こうやって手を止めないかんって悪やと思いこんどったんです。でもなんかそうでもないぞ、と思っていたんですけど、やっぱり別に手を止められても、どってことないんですよね。なんか頭がすっきりした(笑)。こっちの本の方が自分の中では正解。

 ・・・、ていうか、ちゃんと読んどって、頭に入っとるがいね、っていう話なんですが・・・。

 次が「なぜ会社は大きくすると潰れるのか」という本。これね、データーと、その他外からの情報だけを見て、評論家っぽく潰れた会社を分析する、っていうつまらない本でなく、自分で会社を潰してしまった(っていう表現がただしくはないと思いつつ)、元社長さんの自伝です。

 この方、小説家でもあるんで、文章は食い入るように読めてしまうんです。先代から受け継いだ会社で、その会社に入った時の話から、会社が大きくなっていって、下り坂、それで、ある時期が訪れる。それと、息子さんが専務として入ってきて・・・。会社が潰れることによる、幹部・従業員・息子さん、奥さんに対する思いとか。時には記事録・調書をそのまま載せたりしつつ、という構成で。

 安定しているところにお勤めの方ってあまりピンと来ないかも知れませんが、中小企業に勤めていて、あるいは中小企業の会計を見る仕事をしている(していた)と、こういうことってほんとね、心に入ってくるんですよね。もちろん立場にもよるとは思うんですけど、多分、経営者の方やと、ワシが読んだ時の比でないくらい、もっと思うところがあると思います。

 っていうても、今の会社が危ないってわけでなく、安全なんですけど、また、万が一、仮に状況が変化しても、ここにある建設業(管工事業)の事例のような潰れ方はしないんですけど、それでも心に来るものがありました。

 やっぱりね、しばらくの間、「計算問題」としての決算書ばっかりやっとったし、こういうことも大事な話やなと思った次第です。

 でー、土曜日に某銭湯に行きまして、その隣にある古本屋で2冊、単行本を買うてしまいまして、只今そのうち1冊を読んでいたりしまして。8月いっぱいはそんな生活かも知れません。それと、サイトの更新を多めにするということで。

| | コメント (0)

2008年8月11日 (月)

減少

 この前の土曜日、自転車で会社へ行っとったら、多分小学生やと思うんですけど、野球部(クラブ)の自転車集団とすれ違いまして。んで、なんか、一人ずつ、こっち向かって、わざわざ帽子脱いで「ちーっす」って礼をしてくるんですよね。

 他に同じ方向の人もおらんかったし、一体誰と間違えられてんろ・・・。ってことでおはようございます。

 ちなみにワシは「バットにボールが当たったら走るときと走らんときあるけど、どうやって判断するん?」って言うほど、野球無関係者です。だから、滅多にないけど、会社なんかでソフトボール大会みたいなやつあると、誰かに「走れ」って言うてもらわな、走れん(笑)。

 さて、この前、健康診断がありまして。本当はその次の日書けばよかったんですけど、試験の反省とかしとったんで、ちょっと抜けてました。

 でー。今回の特徴。視力ダウン。で、身長は2ミリ伸びとって、なんかね、ずっと164センチのつもりでおったんですけど、最近は165センチ台後半に突入した模様です。去年はその前の年よりも5ミリほど伸びとるんですよね(笑)。いろんな誤差やと思うんですけど、縮むことはないみたいです。

 それで、体重は4.3キロダウン。といいつつも、ぎりぎり80キロ台ではあるんですけど、だいぶ落ちてきました。診察する医師にも褒められたし・・・。実際、体重が減少傾向になったんはつい数ヶ月の話やし、それまでは脂肪がちょっと落ちても、筋肉がちょっと増えとる感じで、差引ほとんど変わらん状態やったんですよね。それで、実際、筋肉が増えとるなら(1年前は筋肉がほとんど見えんかったところにも、ちょっとあるし)、差引脂肪は結構落ちとるみたいやし。だから、単に4.3キロ落ちたっていうだけでなく、質が違うんです。

 って言うとるけど、所詮、身長と体重を比べると、まだまだありすぎるっていうわけで、でも、お腹周りとか結構すっきりしてきたし、ベルトの穴もだんだんと内側に移動しとるし、結構目に見えて変化はあるみたい。あっ、メタボ検診は対象外の年齢です。

 あとね、視力。えっとね、全く意味ないんですけど、運転の時だけ眼鏡かけますが、あと、視力検査の時も、おもむろに眼鏡を取り出してかけます。はい。ってことで、この検査にどれだけの意味があるんか。これで視力が落ちたっていうことは、単に眼鏡を作ったとき(13年ぐらい前)と、ちょっと違ってきているっていうだけなんやろうけど。

 あとは血液検査で、去年のように全く異常なしやといいんですけどね。ひっかかるとしたらGPTだけやし、それは体重の減少で多分、いい感じにはなっとると思うし。

| | コメント (0)

2008年8月10日 (日)

更新しました(第566版)

 そんなわけで、何かが外れたときに起こりうる、大量の更新、っていうほどでもないですけど、ちょっと気になっていたことを処理しました。というか、もしかして、今回、「富山県の面白い駅(独断)特集」なんでないかと思われる更新。ちなみに、今回関わった5駅は、個人的には好きな駅ばかりです。おすすめです(笑)。

(1)今回の追加駅…富山地方鉄道 大川寺駅
 そんなわけで、今回、純粋に増えたのはこの駅だけ。なお、これにより、この区間が完成したばかりでなく、富山地方鉄道全駅、はたまた、「区間全駅」では対象にしにくい黒部峡谷鉄道を除いた富山県内全駅、さらに、えちぜん鉄道の昨年秋の新設駅を除いた北陸3県全駅をご紹介することができました。ってことで、今年の目標の一つは達成。

 この駅ですね、結構面白いんですよね。それこそ「気になる駅」としても扱ってもいいぐらいの内容を持つ駅です。

(2)気になる駅からの転身
 そういうことで、ちょっと触れました「気になる駅」ですが、前にも書きましたとおり、「気になる駅」として扱っている駅で、旧デジカメで撮ったものは取材しなおしたうえで差し換えをすることにしていますが、今回、富山県内の3駅について、一気に差し替えました。

 この中には、このサイトで駅を紹介することのきっかけとなった高岡駅も含まれておりまして、「気になる駅」でも初期の頃の、思い入れのある駅ばかりでした。ってことでですね、このサイトでは各駅、基準として7枚、特にネタがなければ5枚、ちょっと絞り込めないなら9枚ぐらいが目安なんですけど、高岡駅は33枚+付録、電鉄魚津は20枚、伏木は15枚。ってことで、15枚ぐらいなら時折あり得るんですけど、33枚というのは、通常あり得ない枚数。でも、絞り込めないんです。やっぱり「気になる駅」を辞めたとしても、初期の頃の駅ってやっぱり何かが違うんですよね。

 っていうことで、当時とは違う視点のつもりなんですが、やっぱり当時の視点にも引きづられてしまい、当時の視点+今の視点、っていうことで恐ろしい枚数になってしまいました。特に高岡駅など、ページ分割をしなかったんで、ちょっといろんな面で不安なんですけど、影響があれば分割します。

 また、高岡駅って、この形では今後、見ることができないということもさらに気合いを入れてしまった理由になってしまいました。何となく、かつて掲載していた「高岡駅の不思議」で、今の頭の中で否定していないものは、そのまま引き継いだかなと思います。

(3)高岡駅の付録
 それで、この高岡駅、2004年頃なんですけど、ちょっと新たに気になったものを見つけておりまして、それがその広告たちなんです。ほんと味わいがあります。ただこれも、多分、橋上駅になると終わりかなということで、改めて撮りました。というか、本当は2004年にも撮ってあったんですけど、今回は改めて2008年に撮ったものです。特にその間4年間では変わっていませんでしたが・・・・。

(4)越中中村駅
 それと、この、電鉄魚津駅へ行くときに、JR東滑川駅→富山地鉄越中中村駅という乗換をしたんですけど、その時撮った様子。つくしの姿を主に撮ったつもりです。

 で、本編は夏の様子で、掲載しているものを眺めていると、実は意識していなかったんですけど、よく似た角度から撮ったものが全て対応するものとしてあったんですよね・・・。感性が変わっていないっていうことなんか、写真の撮り方がパターン化しているんか。ってことで、本編に載せた7枚については、一部を除いて、写真のコメントもそのままに載せたあと、今回独自に載せたいものを下に連ねる形にしました。どっちもこの駅を訪れる季節としてはいい時期だと思っています。

 ということで、トップページを含めて、あるいは掲載したページもボリュームが大きくなってしまいましたが、今回は時間もあったんで、こんな更新にしてみました。

| | コメント (2)

2008年8月 9日 (土)

反省会(長文注意)

 そんなわけで、ずっと騒いでいますように、今年の税理士試験の中での「財務諸表論」っていう科目を受けたわけですが、このサイト自体、それとは全く違うことを扱っているものですし、これについて詳しく書くのもどうかなと思いました。

 しかし、まあ、この「別冊」は、「区間全駅ネットワーク」制作者の、サイト作成・趣味以外での普段の動きを自分のために書いているものですし、本来は自分のノートなんかに書けばいいことを改めて晒しているだけのものですし、ほとんど読む方はいらっしゃらないと思うんですけど、7ヶ月間、あるいは昨年の実学習期間を足して1年間、頑張ってきたことの反省として、自分のために書きます。

 ただし、この試験に関わったことのない方でも何となく雰囲気だけは掴めるように、多少、普段とは用語を変えたり、解説を入れたりしていますんで、もしよろしければお読みいただいて、「ふーん」って思っていただくと幸いです。

(1)今回の特殊性・・・理論の第2問。
 えっとですね。ひと言でいうと、必ずしも努力は報われない、っていう試験でした。はい。まずは人のせいにします。でも合格率は多分、一定のところで来ると思いますし、受かる人は受かるんですよね。ただ、今回はその機会が公平ではないっていうこと。言い訳のような感じがしますけど、ほんとね、そんなんでいいんかなっていう感じです。

 でー。なんのことかといいますと、この科目、半分は「理論」っていうことで、この科目の場合は会計理論や、会計基準での取扱いみたいなことを文章や言葉で答えさせるものなんですけど、それが出ます。で、これは二人の学者先生が作るんですけど、それぞれ25点ずつの問題となります。

 10年ぐらい前は、ほんと、何十年も続いていた伝統的な会計理論的なことが問われていて、学者先生の独自の理論とかそんなことをチェックしておく必要もあったんですけど、10年ぐらい前から徐々に変わってきまして、最近って、新しい会計理論が毎年のように追加されていっているんですよね。だから、それの取扱いとか、そういう処理になった理由とかそんなことがよく問われるようになってきました。ただし、10年前までの伝統的なお話もやらなくていいんか、っていわれるとそうでもなく、ポロっとでたり、昔のことを対比として問われたりするんで対策は必要。ってことで、理論としてやるべきことは10年前の1.4倍になっているんですよね。ほんと、大学の時か、社会人になって早々に受かっておくんやった。でも、その時受かっていたら、最近こういう話って改めて勉強することもなかったはずなんで、ある意味よかったんかもしれません。

 でー。えっとね。そのうち1問は3年ぐらい前から出そうで出なかった話(企業結合)でして、これは順当に出たところ。ただし、問われる内容と解答欄からして、書くべきことが多すぎて、どこを削ればいいんかよく分からん、っていうことで、実際、書いた内容と模範解答(学校作成)が違っていたりするんで、ここは採点する人がどの程度まで認めてくれるんかな?、というあたりで、よく分からんところです。

 で、その第2問。これがもうね、今回の運命を決定づけた問題やったんです。もう、某掲示板では大騒ぎになってますけど、ストックオプション。

 これね、ワシが受講していた学校では、テキストにちょろっと書いてあっただけなんですよね・・・。で、他所では力を入れているっていうんで、そのテキストの内容だけは余すことなく頭には入れていたんですけど、これでちょっとはかけたんですけど、そのテキストの情報だけでは、そこ以外はほとんど解答できないんですよね。

 で、この試験。分からんことがよく出るし、そんなところは他の人も分からん。どうせ合否は相対評価(表向きは絶対評価)やし、できなくても合否には関係せん。そんなときは他の知識もフル動員して、それらしきことを書いてこい、っていうのが鉄則で、ちゃんとそれらしきことは書いてきたんですけど・・・。

 ただこれ、大きな学校が2つとかあって、片方ではそんな感じでほとんど扱っていない。もう片方もそうなら、確かにこの鉄則は当てはまるんですけど、もう片方で実は「危ない内容」ってことできっちり対策をしていて、しかもその、うちではほとんど書けないことを、多量にある予想問題の一つとして挙げてあったら・・・・。で、事実そうらしいんですよね。

 ってことで、方やちゃんとテキスト・予想問題をしっかりおさえていても歯が立たない。方や、ちゃんとやっていたら楽に書ける、もうね。これ、学校選びを間違えたからあんたはダメ、っていわれているようなもんで。これが、例えばほとんど受講する人のいないところだと、まあ、そんなもんかなって言えるんですけど、どっちも受講する人の多い学校ですもん。

 もうね、一定程度の努力をした人には同じようなチャンスが欲しいんですよね。学校選びの段階でふるいにかけられてしまったようなもんです。でー。絶対的にワシが受講していた学校がダメなんかっていうとそうでもなく、昨年の場合は、今回問題を当ててしまった「他校」の方は、テキストにすら載っていないものが出てしまって、うちの方はちゃんとテキストに載っていた、っていう内容がありまして。ちなみにその1年前は、うちの方のテキストに載っていることを書くと、出題者の意図通りに解答ができないっていう内容だったとか。ってことで、来年はきっとこっちの学校の方が当たる、はず・・・・。

 てかね、ほんと、必ずしも努力は報われないっていうことで。これね、向こうの学校の教材で今年並みの努力をしていたら「知っていたことが出たんでちゃんと書けましたよ」っていう話になるんですもんね。

 ということで、反省点。こういう事態もあるんで、「今年の試験」っていうことだけを絶対的なものとしてはいけない。試験は水物です。てか、そういうこと自体がこの試験、特殊なもんなんやろうね。あとは、他校で力を入れているということを聞いたなら、法規集ぐらいは丁寧に読んでおくべきやったかなと。最近の新しい会計基準って、規定の中にその規定を制定した経緯とか検討内容が書かれていて、実はそれを頭に入れておくと、結構解答できたりするんですよね。ただ、こういうことまで手が回るのは、時間がある人か、昨年完璧にしていて落ちたんで、それに対して上積みをする、っていう人になってくるかと。

(2)結果は?
 という、(1)で長々と書いたことを前提にしないと、今回の試験の話ってできん訳でして、「○○さんは受かったけど、××さんは落ちた」って言う場合、どっちの学校を受講していたかっていうことが背景にあるんですよね。もちろん、当てた方の学校で落ちて、外した方で受かることもあり得ますけど。
 それで、結果自体は12月半ばまでいかんとわからんので、自己採点。ただし、計算の方は意識してメモしてきてあるんで近いところまでは採点できるんですけど、理論の方は何かいてきたか覚えとらん。でも、何となく、学校が作った模範解答見ながら採点していますと・・・・。一応、ワシが受けた学校で示している「合格確実ライン」は、2点超えてますね・・・。もう一方の学校で示すところによると、「ボーダーライン」上。

 多分、ネット上の書き込みを多少割り引いて判断すると、この「合格確実ライン」が現実とは言えんみたいで、多分、この学校で受けている人だけで試験をしたら、確かにこのあたりが合格確実なところやろうな、って思うんですけど、他校の存在を意識すると、多分、この点数だとダメみたいなんですよね。

 もちろん、採点者(出題者)の意図で、どの程度、別解答が認められるかによって多分、大きく点数が変わるはずなんで、可能性がないわけではないと思っていますけど、一応、ある程度力がありつつ、落ちた、っていうラインに来るんでないかなと。採点者の採点方法によっては、合格最低点を大幅に下回る可能性もあります、というところです。

(3)反省点

 ということで、学校のせいばかりにしていてもしょうがないんですけど、今回、試験を受けた手応え、っていうだけでなく、事前の問題練習での結果とかで、反省点はあるんですよね。まずは、今年、初めて「最後まで勉強した」っていうことで、自分を褒めたいと思います。で、あとは反省。

 1.理論の正確な暗記
 ニュアンスでは書けるんですけどね。以前にも書きましたけど、キーワードが抜け落ちるんですよね。っていうことで、正確な暗記が必要。

 2.ケアレスミスと計算の伸び
 で、計算の方は、同じ問題を多少時期をおいて3回解いてみると、得点がほとんど変わらない、むしろ落ちていたりするんです。同じ事をやっとるんで、上がってしかるべきなんですけど、そうでないと。その原因はケアレスミスだったりするんですが、この、「同じ事をしていて伸びない」っていうことが、計算問題を解く上での甘さなんやろうなと。ちょっとこのへんは検討が必要。

 ・・・ちなみに「計算問題」とは、難しい計算をするんではなく、決算をする前の「試算表」と、それ以降の修正・決算整理等の資料がA4で7ページとか10ページとか与えられて、決算書を完成させる問題のことで、50点分あります。だいたい80分で手をつけるのが目安。

 で、実はこの1と2、根っこが同じところにありまして、1月から4月、そして6月ぐらいまで、今年はとにかく講座だけをきっちり受けることを目標にしていたんですけど、確かにそれはできたんですけど、復習が甘かったんですよね。とにかく先に進んでいって、復習はあとでまとめて、って思っていたんです。その「あとでまとめて」が、試験直前になってしまいまして。だから、講座をきっちり受けることに加えて、もうちょっと時間を取って、それを完璧に自分のものにしてしまう必要があったんかなと思います。

 3.多少舞い上がったかも知れん
 で、試験当日。今までって、そんなに試験に力を入れていたわけでもなく、だから受けるとリラックスして問題が解けたんですよね。それで、結構意外なところが解けたりしまして、9年前に簿記論に受かることができたのは、リラックスして問題が解けたから。

 今回ね、ちゃんとやっていたってこともあり、多少いつもと違ったのは確かです。多分ね、頑張ってなかったら、もしかしたら違うところは適度に空気を掴んで解けたかも知れん。意外と、「見たことない」っていう、本来捨てるべき問題も、落ち着いてみると解けることもあるんですよね。それで受かったことがあるし。

 だから、計算に関してはどうにか合格できる、っていうラインは取れているようなんですけど、それを理論の不足分まで補えるほど取れなかった、っていうのが、その舞い上がりによる失点だったかも知れません。

 そんなわけで、「学校自体が外したらどうせ受からん」っていうことで、多少割り引いて試験を受けることも必要かなと思ったわけで。

(3)まとめ 

 ワシの場合、仕事しながらやし、1年棒に振っても別に、他にも力入れとることあるし、落ちたところで1年の生き方そのものが無駄になったわけでもないし、受かっても落ちても生活も仕事も変わることないし、まあいいわー、反省点を踏まえて来年頑張ってみよう、って思えるけど、仕事せんと試験に専念しとる人には辛いことやろうなと思います。

 結果論から見ると、学校が外したにせよ、多少はそれを補える対策もあったんですけど、まあ、そういう試験なんで、絶対的なものとせずに、ある程度力ついたなら、次の科目もやりながら、気長に、かというて、前みたいに力を抜かずに今年の失敗も踏まえて(ただし、失敗とは限らんが・・・)この試験と付き合って行ければいいなと思った次第です。

 てか、世の中にはこの2つの学校、両方、下手すりゃ3つも受けとる人おるみたいやけど、(これも「ダブルスクール」といわれる)、まあ、そこまでは要らんかな。せめてもう一つの学校の、直前にやる数回の模擬試験だけはオプション的に売っとるし(実は今年、買おう(受講する)かどうか迷って、結局公開模擬試験の1回だけにしたんです。全部買う(受講する)んやった・・・)、それぐらいは手をつけようかなと思った次第で。

 ちなみに外した方の、いつも受講してる方の学校は、昔から、個人的に好感を持てる部分があるんで、今年の事件だけでは裏切ることはしませんけど、今後はどうやろ(笑)

| | コメント (0)

2008年8月 8日 (金)

何処かへ

 なんか首が痛いんですけど・・・。寝違えたような痛さではあるんですけど、昨日日中から徐々に痛くなってきて、寝ている間は変化なしなんですよね。ってことでおはようございます。

 「更新しました」を除き、あと1回は今年の試験の話を書きますけど、今日は時間もないんで別の話。ちなみに試験の話としては、いろいろ分かってきたことから、どうも一筋縄での反省では済まないようなことになってきているようでして、これについては、また時間の取れる日に。

 ってことで。試験も終わり、GW終了以来、ふらっとどっか行くのは封印、例外として模擬試験を受けに行く時だけ、そのついでとして可にしていまして、といいつつ親戚の葬儀で佐賀までいっていたりしたんですけど、何も気にせずに行けるのは久しぶりだなってことで。

 去年はここから、正月までの間は何も試験勉強をしなかったんで、自由に動き回れたんですけど、今年は9月から別科目、いや、場合によっては実力維持のために、今年受けた科目もちょこっとだけやろうと思ってますんで、かといって年内は「どこかへ行く」って言うことに関しては試験勉強を理由に、行くこと自体には制限はしないつもりなんですけど、何もかも忘れてどこかへ行ける、っていうんは今月だけの話なんですよね。

 さて、って言うても、実際、今月土日が休みになるってあと1回、盆休みに絡んだ3連休だけやし、実際はそんな遠くへも行けず。ってなると、近場の、しかもJR東日本エリア、ってことになるかな。それで18きっぷを使ったら有利になるとこ。例えばこの条件だと、新潟周辺なら18きっぷの季節を外しても他のきっぷがあるんで構わないんですよね。

 ってことで、多分、長野方面になるかな・・・。「区間全駅」を考えても、妙高高原から長野方面、そっから篠ノ井線に入っていくと、田沢駅で繋がって、結構いい感じで循環できる繋がり方をするんですよね。また、岡谷から先、ちょこっと伸ばせば山梨県にも入るし。といいつつ、上越線の水上以南も気になっていたり、あー、しなの鉄道もいいなって思ってみたり。

 それとは違う方向、最近いっていない南東北の太平洋側も行きたいんですけど。っていうあたりが盆あたりの3日間の候補。

 でね、9月の3連休、ものすごい思いつきで、思わぬ方向に行ってしまうことになったんです。ほんとはこの3連休、2年に1回、うちの町内の祭りで御輿があったりして、多分、それにかり出されるはずなんで、どこへも行けない3連休ないし2.5連休なんですよね。でも、親にいうと「あー、用事あることにすればいいし、そっち行ってきて」っていう話になりまして。

 えっとですね、北海道行きます。しかも今回、初めて一人で飛行機乗ります。まあね、旅行会社っていうところにおると、ちょっといろいろありまして、って言うても仕事は全く絡まないんですけど、ともかく、いろんな経緯があって、関空→釧路、っていう、金沢発としてはよく分からんルートになってしまうんですけど、特に何もなければ行くことになります。

 まあね、80代の祖母がいる訳なんですけど、前の会社みたいにふざけた長い休みがあると、そういうときに北海道行って、充分いろいろ回りつつも祖母のところへ行ける訳なんですけど、今の会社の場合、そんな長い休みもなく(ただ、旅行行くなら休み取って、っていうところ。逆に、GWとか盆正月は高いっていうことが身にしみて感じている人々なんで、その時期にどこかへ行こうとしない。)、自然にそこへ行く機会を待っていたら、多分、生きていて元気にしゃべれるうちに会うこともないんかも知れんな、って思ったことと、あとは、ここでは書かないんですが、上にちょっとだけ触れた、ある経緯から思いついたことで。

 ということで、片道は飛行機。でー、片道は。当然「日本海」です。ってことで、実際、祖母の近くにいるんは数時間だけなんですが、まあ、そんなもんやろ、ってことで。あとはこれに札幌か函館の路面電車をくっつけるかなと。で、「日本海」で帰ってきて、数時間後は会社にいるんですけどね(笑)。っていうことを考えてます。

| | コメント (0)

2008年8月 7日 (木)

更新しました(第565版)

 今回の追加駅…香港路面電車から4電停。(面倒なんでこういう形にしています)

 ということで、更新を阻害する要因もなくなりまして、久しぶりの更新。2回飛ばした穴を埋める更新のうち1回目です。

 でね、香港路面電車。ほんとこれ、手間かかるんですよね。駅名をパタパタと打てずに、全部コピペに頼らなければならないって、ほんと苦痛です。意外と面倒なのが「○○方面を望む」っていうやつ。「さうけいわん」って打って、すぐあの字が出てくればいいんですけど、なんなら一文字はコード直接指定やし・・・。

 あとね、隣の電停名を表示するのも意外と大変で、まして、間に未取材電停が並ぶと、これを一つ一つコピペして、なおかつ西行きと東行き、違う電停が並んでいる(今回はずっと同じものが続く区間だったので楽だった)っていう日にや・・・。

 ってことで、今後、香港の路面電車を追加する回は、4駅・電停にこだわらず、若干減らすことがあります。

 だから、実は昨日の朝更新しようと思っていたんですけど、こんな感じで遅れてしまいまして、最後の作業は今日の夜になるかな、だから今日は普通に何か日記を書いて、夜に完成させて、明日の朝、アップかな、って思っていたんですけど、昨日そんなに眠れなかった割に今朝は早く起きたんで、残り一気にやってしまいました。

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

翌日

 おはようございます・・・・。

 ってことで、ようやく試験も終わり(ただし、この試験自体は別の科目の分があと2日間あるんで、近くに税理士試験を受ける人がもしいらっしゃって、科目によっては「終わってんろ」っていうと、怒られることがあります)、自由の身となった訳なんですけど、なんかね、勉強せんでいい、っていうんが妙に手持ちぶさたやったりしまして。

 一応、昨日は休みを取ったんですけど、試験会場までのバスが、会社の近くから乗ると楽なこともありまして。金沢市内のバスって、ある時期に「系統接続」をして、逆方向の郊外同士が、中心部を経由して繋がっていまして、会社の近くと試験会場の前って1本のバスで行けるんですよね。

 このバスも海沿いの粟崎・内灘→砂丘地の急な下り坂→郊外の町→駅西口付近→武蔵・香林坊・広坂の中心部→兼六園付近の緑→それを抜けると小立野の町→だんだんと緑が増えてきて、犀川・浅野川を見下ろす高台→ちょっとだけ山の中みたいなところ→末町の住宅地、みたいな感じで、金沢の海から山まで、立体的に感じることができるおすすめの路線なんです。楽しいですよ。兼六園付近も他の路線と違って独特なところ走りますし・・・。っていうこと、去年も書いたんですけど、ほんと1年に1回の楽しみではあるんですよね。

 でー、試験会場との行き来が会社に自転車を置いて、っていうことになるんで、試験が終わってからも会社に行ってみたり。でも、なんか疲れとるし、ちょっと違う部屋で横になってみたりして、その日の通帳への入金の確認と、振込(支払)、あと現金を合わせる、っていう基本的なことだけはやってきました。こういうのがあるから平日って休みにくいんですよね。特に、振込なんて業種柄、毎日のように発生はするけど(これが他業種と違うところ)、他の人にやっていただくには、いろいろと面倒なことになるし。

 って、他の話で紛らせてしまったんですけど、試験ですよね。はい。結論を言うと「何とも言えん」。みんなにはそう言うとるんですけど、ほんとね、今まで直前で10回分、他校の分1回も入れて11回分、さらにそれの準備問題みたいなもんも入れて17回~20回、さらに4月までの分も入れて35回、わー、ずいぶんやっとるね。ともかくそういう本試験に合わせた計算問題っていうもんはやってきとるわけで、特に「直前で10回分」っていうやつは、3回解いとる訳なんですよ。それとね、近年の試験傾向・・・。

 こういうもんを全くはぐらかすような問題でして、久しぶりに「解くべきところは解く、捨てるべきところは自信を持って捨てないと終わらない」って言う問題。しかも、一見解けそうな問題も実はものすごい罠があったり、あと、捨てるべきところにちょこっとだけ「宝物」が隠れていたり、でも、絶対的に捨てるべきところを捨てていたら、解答用紙がスカスカになるんで、やっぱり「捨てよう」と思ったところもちょっとずつ拾っていかねばならないとか。という計算問題。

 文章や言葉で答えさせる理論問題は、1問はもうね、ずっと出るって言われ続けて3年経ってようやく出たものだったんですけど、「こういう聞き方をするか」っていうところ。ただ、こっちの方は取らないかんかな。もう1問は、ひょっとして、ワシが受けとった学校、外した?、っていうぐらい、未対策の人が多かった論点。ちょこっと、テキストに載っとった部分ぐらいは書けたけど、それ以外は思いっきり作文してきました。

 っていう具合で、実は意外と直前の100時間の努力の方向性が、今回の試験というものだけを見るとちょっと外れていたかなという感じでして。今回の問題が数年に1回の「とてつもなく難しい年」にあたるんかどうか今のところ分かりません。でもこの3~4年を見ると、特に計算なんか難しすぎるよな、っていう感じの問題。

 ということで、ちょっと当事者にしか分からんことを何となく一般化して書きましたけど(なお、ここで試験の話を書くときは、なるべく一般化して書いています)、去年は直前5ヶ月ぐらいさぼっていたけど「意外とできた」、っていう手応えなら、今年は直前頑張ったけど、手応えがなかった、っていう、ものすごい対照的な結果。多分ね、去年の感じで受けとったら、大変なことになっとったと思います。

 ただね、この試験って、年によって試験の難易度にバラツキがあるのに、合格率ってほとんど一定のところにあるんです。一説には60点以上っていうのが嘘で、実は40点でも受かる年があれば70点でも落ちる年がある、っていうこと。「予想ボーダー」っていうのは、普通に採点をして、そのような考えで出しています。

 あと言われているのが、ちょっとだけ採点してみて、だいたいの傾向を掴んで、配点を調整して上位10~15%が60点になるように無理矢理している、っていうこと。こうなってくると、ほんと、みなさんのでき次第でどこに配点が来るか分からんのですよね。

 ってことで、「2ちゃんねる」なんかを見ていても、みなさん、答えてきたものがものすごく割れている状況(去年はこの時点でほぼ正解というものが分かっていた)。だから、今週末には各学校から、その学校の講師が作った答えが発表されるんですけど、それですらどこまでどうなんかなっていう感じでして、結論を言うと12月まで結果は分からん、っていうことになります。各学校の配点で採点してみても、実際そこに配点あるかどうか分からんし。ちなみに、試験の正解と配点は、主催者側からは公表されません。

 そんなわけで、しばらくは試験勉強から離れたいし、自己採点もしたくないほど思い出したくもないっていう状況でもありまして。だから、問題によってはある程度のところまでいくっていう事前の手応えやったんで、ともかく12月までは他の科目でいいかなと思ってます。

 てか、こうやって、特にこの試験に関わっていない人を念頭に置いて書いていくと、この試験って特殊な事情が多すぎやよな、ってつくづく思うわけで。そりゃ、5科目揃う頃には性格が屈折することもあるわなー、っていうことで。だからたまには他業種行ったり、意識的に受けない年も作ったりしてもいいんかもね。ある年は正面からガッツリやって、ある年は年中行事として楽しむぐらいの感覚でもいいんかも・・・、ってやっとるから長引くんや。こういう世界からは1年でも早く逃れな。ってやるとおかしくなるし。

 だから、ほんと、今年に関しては分からんし、努力が報われにくい試験でもあったことは確か。だから、今の力+αをこの時期に出せるようにして、何年かやっとるとそのうち受かるやろ、っていうことにしておきます。もちろん、今の段階で今年は望みがないわけでもないし。今週末に採点してみてから、っていうところです。

 てか、この日記、試験日記になってしまっとるよね。ていうことを避ける意味で先週は旅行記のようなものを引っ張ったんですけど・・・。もうそろそろ、今年の分としては終わりです。あとは自己採点したときと、12月の合格発表前後かなと。9月からの来年に向けての話はまたおいおいと・・・。

 ってことで、盆休み(土日入れて3日しかないけど)、どこ行こ。まずは今週末やな・・・(でも1日しか休みないけど)あと、読みたい本もあるんですよね。この1ヶ月はとりあえず、精神状況を正常化させます。

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

当日

 おはようございます。

 ってことで、当日の朝。昨日、いつものように布団に入ったらすぐに眠る、なんてことにいかんかったもんで、あと、ちょっと別件もあったためそれも気になっていたこともあり、ちょっと眠いんで、体を起こすために先に書いておこ、ってことで書いてます。

 そんなわけで、昨日の朝、ここに文章を書きつつも、結構焦ってまして、「なんで今日、休みにせんかってんろ」って後悔しながら会社へ行きつつ。結構焦っとったんでしょうね。思わず、エクセルのファイルを上書き保存せず閉じてしまいました(笑)。

 結構ね、会社ではエクセルってないと生きていけんぐらいよく使うんですけど、ほとんど脳の一部と化してますからね。いろんな機能を使うって訳でなく、並べ替えぐらいまでかな、でもないと仕事にならん。

 ってことはいいとして、もうね、表を作るってことを専念してやっとったわけでなく、言うなれば会計データーの転記みたいなもんやけど。もうね、これをやらかしたときは焦らずに手順を思い出して、重複・漏れがないように落ち着いて諦めて復元するしかないんやよね。

 っていうぐらい、気持ちは焦っとったってことです。でも、やっぱり仕事しとったんがよかったんか、一応、脳は疲れんようなことを選んだつもりやけど(そういう調整はできる仕事)、逆に午後には普通に仕事できたし、下手に休んで一人でクーラーのつかない自分の部屋で焦るよりはよかったんかなと思いました。

 ほんとね、この試験の前って、土日も入れて1週間とか5日とか、休むことは普通の話やけど、今まで前日とかも休んだことないんですよね。もちろん、ちゃんとやった、ってことが今年初めてのことやし、今まではどうでもよかったんですけど、ちゃんとやればこそ、前日は緊張する、ってことがよく分かったし、かえって冷静になれてよかったんではないかと思うわけです。

 ということで、本番はどういう問題が出るか分からんし、大失敗するかも知れんし、大成功するかも知れんし、無難に過ごせるかも知れんし、あとちょっとのところで敗退するかも知れんし、分からんのですけど、一応、今までの感触としては、完全ではないにせよ合格してもおかしいとは言えない(まわりくどいですね。てか、この表現、試験から帰ってきてからちょこっと修正しました)レベルには達していると思います。ただし、あとは問題との相性で、不合格になるのは致し方ないと思いまして、全11科目中、ギャンブル性は最も低い科目ではあるんですけど、やっぱりこの試験の性質上、どれだけ上位にいても分からん、ってことはあるんで、そんなに力まないで、諦めずにやってこようと思います。

 ってことで、秋からは別の科目やっても大丈夫なんでないかと思いまして、12月までは新しい科目(っていうても、これもまたろくに勉強せずに4回ぐらい受けとる)をやりまして、ある程度のレベルまで引き上げてから、12月中旬の合格発表で今日受けるやつが落ちとったら、2科目やる、っていう感じになるかなと。

 試験受ける前から何言うとるん?って思われるかも知れませんが、ある程度、逃げ道の存在をはっきりさせといた方が、冷静になれるかな、っていうことで、ちょっと自分に言い聞かせる意味で書いてみました。

 ってことで、あと1~2回ぐらい、近日中は試験のことは書くかなと思いますけど、読まれる方にとっては関係ない話で盛り上がり、失礼いたしました。多分、来年の今頃までこの日記が続いていたら、その頃もこんな感じになると思いますんで、また一人で盛り上がっていたら「夏やな・・・。スイカ食べな。」って思って頂ければ幸いです。

                                あと△1。ってことで達成!。

| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月)

前日

 おはようございます。っていうことで、試験前日の朝。そーいや、試験試験、って書いとる割に、実際の試験の日を直接書いたことあったかな?。何となく間接的に書いたような気がするんですけど・・・。1回ぐらいはあったかも知れん。

 ってことで。クーラー壊れまして、えっとですね、室外機が動かんのですよね。だから、スイッチ入れてしばらくは動くんですけど「ありゃ、室外機動いとらんぞ」って機械が判断して、「こりゃ動くわけにいかん」っていうて、停まってしまうんです。まあ、試験も終われば別にクーラーもほとんど要らんので、秋ぐらいに気が向いたらなおしてもらおうかなと思っとります。ってことで、昨日から扇風機だけはフル稼働。そんなことで、今年、クーラーが活躍したのは1日だけでした。

 そんなことで試験前日。えっとですね。今年の勉強についても反省すべき点はありまして、もしかするとそれが命取りになりかねないっていう状況。ほんと、今年については「問題見ての判断」っていうことですわ。

 文章とか言葉で書かせる「理論」の方は、何となく理屈は分かっとるんですけど、正確な文章は書けんっていう状態。ものによっては書けるんですけど、だからテキスト見ると「分かっとる分かっとる」っていうて流せるんですけど、それを書けっていわれると、重要な言葉が抜けたりするんです。だから、みんなが書けるようなものが出てしまうと、相対的に点数が悪くなるんですよね。あと、問われていることを逆に難しく考えてしまって、要求どおりのことを答えていない、っていうことが往々にしてありまして。そういう面も怖いです。てか、その「題意の取り違い」が一番怖い・・・。あとは知らんことが出たら、適度に作文作文。

 もう半分の「計算」の方は、もうね、自分の性格がイヤになるぐらい、ケアレスミスが多いんですよね。一応、そのケアレスミスはテキストファイルにまとめてあるんですけど、もうね、前も書いたけど転記ミスとか、逆に書いたとか、そんなんが多いんです。だから、計算ミスでは「ケアレスミス」が一番怖い・・・。

 ってことで、何となく当事者しか分からん、当事者以外でこの試験を受けたことのない人(てか、これ読んどる人でこの試験受けたことある人おるんやろうか)には何の事やら分からないことを書きましたけど、ほんとね、「マーク式100題」みたいな問題と違って、当日の問題との相性って、結構大きいんですよね。

 そんなわけで、「頑張ってください」とかそんなレベルでなくて、自分の頭の中は結構、いろんなことを想定していたりするわけですけど、問題を見ていない今の段階ではものすごくうまくいく可能性もあったり、大失敗する可能性もある、っていうことです。とりあえず、ここまでの段階で審判を仰ぐことにしまして、もしダメだったら1月以降、もうちょっと丁寧に覚えていこうかな、というところです。そう。今年最大の欠けていたところは「丁寧な暗記」です。だから、今になってこういうことになっとるわけで。

 つまり、受かればそれでいいし、落ちればまだ時間をかけて伸ばす余地はある、っていうこと。ということで、ひと言ではいい表すことのできない、ミクロな状況になっております。

 そんなことで、明日は、状況によって朝書きますし、場合によっては夕方になるということで、場合によってはこの日記、試験前の最後のものになると思われます。とりあえず「頑張ってきます」でなくて、「失敗しないように注意してきます」です。

                        あと 3
                        なお、今朝の分で「あと2」になりました。

| | コメント (2)

2008年8月 3日 (日)

更新しません

 こんにちはー。ということで、今日もタイトルどおり更新しません。この埋め合わせとして、水曜日・木曜日あたりに更新をする予定で、あともう1回どこかで平日に更新をして、2回分の穴は埋め合わせたいと思っております。

 でね、更新もできんぐらい試験勉強やっとるんか?っていう話で、半分はそうなんですけど、半分は違ってまして。結構更新とか、サイトを見るって、勉強することと同じ種類の疲労になるんですよね。だから、ちょっとその疲労分を試験勉強だけに持っていきたかっただけで、実際は疲れて昼寝したりしとります。今も昼食後、ちょこっと寝てました。

 てか、ワシの部屋のクーラー、ほとんど使わんかったら壊れてました。ってことで、暑いところで過ごしております。

 それで・・・・

                              あと(今朝の段階)10
                              今現在        8

 と、7月初旬より、この日記の最後で気持ち悪くカウントダウンしてましたよね。多分、達成できる見込みになったんで、ちょっとネタバラしさせていただきます。ほんとは、「0」になったら書こうかと思ったんですけど、どうもどさくさに紛れて書くタイミングを失いそうになったんで、更新をしない今日のうちに、背景も含めて書いておきます。

 これね、単位は「時間」です。「日数」ではありません。で、毎日ちょっとずつ(だいたい平日なら2~3)進んでいって、休日とかでドンと進んで、葬式絡みでその準備の時とかでほとんど減らず、でも葬式にいった日はなんか進んで、っていう感じやったと思うんです。で、初登場が7月12日に「あと94(時間)」から開始してまして、今現在「あと8(時間)」。

 ということで、一応、これ、試験までにやろうと思っている勉強時間だったんです。多分、うすうすお気づきの方も多かったと思うんですけど、特になんのひねりもありません。ちなみに、トータルは100から開始しまして、要は「試験までの最後の4週間で100時間勉強しよう」、って思ったんです。となると7月8日火曜日から始まってしかるべきものなんですけど、そう思い立ったときで既に4週間を切っていましたんで、何となく最初の数日は概算でやっております。

 それで、一応、ここに書くときは前日の就寝前の〆で書いておりまして、例えばあと18時間40分、っていうときは「あと19」って表示していました。だから、単純に、前日の数字からその日の数字を引くと、その前日の勉強時間ってことになるんですけど、このような端数処理の関係で、5分でも1時間でカウントされる日もあれば、55分で端数以下になるときもあります。(一応5分単位でカウント)また、決して机の上だけでなく、銀行のロビーで何かを見ていたとか、佐賀までの行き帰りの車内とか、そんなもんも入れています。

 ってことで、ほら「今日は8時間勉強しました☆」とか書いてもいいんですけど、なんか、自分の中ではイヤだったんですよね。このサイトとこの日記は関連がありそうでなさそうなもんで、自分の中で書いていいことなら何でも書いてやろうっていう位置づけのものですし、別に書いたらダメっていうわけでもないけど、なんかイヤやったんです。かというて、せっかく日記を晒しとるんで、ちょっとは自分の中でのプレッシャーとしても使いたかった、っていうことで、この訳分からん方式で書かせていただきました。もしかしたら、今後ともそんなことをやるかも知れません。来年の今頃もやってしまうかも知れませんが、もし覚えていらっしゃいましたら「あーまた始まった。キャンペーンやな」って思ってください。

 でね、この試験を結構長いことやってまして、勉強期間も最大で11ヶ月になる、っていうことで、長期の数値目標としてこの勉強時間をカウントすることがあるんです。専門学校のパンフレット上、例えば今受ける科目なら450時間必要(でも実際は600時間は最低必要といわれている)とかってあるんですけど、そのあたりを目標にして、月単位→週単位で割っていって、週ごとに目標数値を管理したり、ってことも去年はやってました。

 で、今年は1月から始めたんですけど、一切時間に関しては管理せずに、ともかく通信教育のカリキュラムだけを終わらせるっていうことを目標に6月ぐらいまでやってまして、確かにこれで最後までできて、一応、合格できるかも知れんっていうレベルにまで達したのは初めてなんでそれでよかったんですけど、ちょっと最後だけ、これをやりきれば自信になるっていう数値目標が欲しかったんですよね。

 ってことで、最後に4週間、100時間、っていう設定でやってみたのでした。ってやると、1週間に25時間。土日に8時間ずつとして、残り5日で9時間、とすれば、1日2時間弱。多分ね、法人税とか1年で受かろうとすると、最低限、11ヶ月、このペースでやらな行かんみたいやけど、でもこれで1年はきついかも(笑)。最後の1ヶ月やったしできただけで。

 それで、この数値目標の最大のピンチが、実は先週の佐賀行きだったんです。どうにか車内でなるべくテキストを読んで、どうにか影響を最低限に抑えまして。ほんとはそれがなかったらもう軽くクリアーしていたはずなんですけどね。ってことで、多分、明日の分も入れてぎりぎりクリアーかなと。下手すりゃ、試験の2時間を最後の2時間にするっていう手もあったんですけど、そこまではやらずに済みそうです。

 ってことで、多分、明日以降もしばらく試験勉強の話になると思いますが、時期が時期で、自分の頭の中もそれが中心なんでお許し下さい。

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

暗記

 おはようございます。

 ってことで、しばらくは旅行記のようなものをあえて引っ張ったんですけど、昨日で終わり。で、葬式とかでのことを書こうかと思ったんですけど、まあいいや、ってことで普通の日記に戻します。

 というか、先週のその九州へ行ってきたやつ、こうやって旅行記のように書いてますけど、着いたら葬儀→火葬場へ→食事会(あっちでいう「精進あげ」こっちでいう「中陰」)→慌てて帰る、っていうことだけやし、道中はほとんど試験のテキスト読んどったし、実際は趣味性ゼロなんですよ。

 それにしても、この「テキストを道中読む」っていう視点から見ると、ちょっとだけ違うように書けるんですけど、ワシってどちらかというと乗り物に酔いやすいんです。結構バスなんか苦手でして、路線バス乗り継いで富山へ、とかっていうんは大丈夫なんですけど、高速バスなんてどっちかというと「信じられん」っていう部類。社員旅行で香港行ったときも、関空までのバスが苦痛でしょうがなかったもん。ほんと、自分の金でJRで行こうかと思ったぐらい。ほんと、バス→飛行機っていう組み合わせ、拷問以外の何物でもない。

 そういうことで、この前も書いたような気がしますけど、実際はテキストを隅々まで読んで、っていうことはできず、「この部分を覚えましょう」っていうところを頭の中で反芻するぐらいしか、実際は列車の中でできないんですよね。

 それで、そういうことを考えると速いサンダーバードより、若干遅い雷鳥の方が酔いにくいっていうことがあるんです。それと、博多から快速、鳥栖から普通列車で行った訳なんですけど、この、「ちょくちょく停まる」って言う形が、意外と酔いやすい者にとっては有り難いことが判明。

 列車の中で音楽とか聞いてぼーっとしている分には別に特急でも酔わないんでいいんですけど、こうやって本を読むと、ちょっと酔う方向に向いてしまうのは事実。で、普通列車の場合は停車したときにバーッと覚えたいことに目を通し、走行中はなるべく本を見ないように(つまったら見てもよい)外を見ながらその停車中に目を通したことを反芻する・・・、ほら、一駅ごとに一項目、しかも酔わずに覚えられる!、っていうことになるんです。しかも景色と覚える事項が一緒になって頭に入るんで、意外と効果があるんです。

 これがね、特急だとそうもいかず、帰りのサンダーバードみたいに京都の次は福井、なんてやられるとその区間で一項目ずっと反芻するわけにもいかず。

 ってことで、意外と普通列車、こういうことでも役に立つんですよね。ただ、これ、クロスシートだったからよかったんですけど、ロングシートだとそうもいかないとか、あと、特急のようにテーブルもないとか、デメリットもあります。

 それで話が変わりまして、最近、試験も近いんで定時に近い時間に帰っています。ていうても開始が遅いために、定時自体が18時半やったりするわけで、まあ、19時頃。17時に終わる会社なら軽く残業をしているみたいな感じですけど。

 でね、意識して早く帰るために、日中は結構スピード上げて仕事しとるんですけど、ほんとね、割り切って残業した方がよっぽど楽なんかも知れん。人に振るわけにもいかんし、結局は早く帰ろうが、遅くまで残ろうが自分の仕事なんやけど、特に月末あたりも早く帰ろうとしとったし、逆に日中が辛かったかも。でも、こういう、早く帰るためにどうすればいいんかっていうことを考えることも大事なんかなと思った次第で。もちろん、すべての人がこういうことは当てはまるわけでないけど、決して遅くまで残ることがいいことでもないんやよね。

 といいつつ、試験前、有給を入れることなく、当日のみお休みする訳なんですけど(でも夕方は仕事をする予定)、ほんとは今年ぐらい、試験前に休んだ方がよかったんかな・・・。でも代わりにやってくれる人おらんし。決して遅くまで残る必要はないけど、休むとものすごく面倒、っていう仕事です。「毎日残業して、この日休んでやるんやー」っていうことができんのですよね。でもこうやって試験前は早く帰ることができるっていうんは有り難いと思ってます。

                                      あと18

| | コメント (0)

2008年8月 1日 (金)

旅行記かな(4)

 そんなわけで、多分この時期、普通に日記を書いていたら特定の話題に偏ってしまうんで、あえて逃げている節があるんですけど、ほんと、意外なことから旅行記のようなものが発生してしまって、引っ張り続けるわけです。

 それで、今日は宿について

(8)泊まったところ

 本当は今回、日帰りが基本だったんですけど、行きは始発のサンダーバードだとものすごくぎりぎりになる、かと言って「きたぐに」だと睡眠不足になるってことで、新大阪で1泊する方式。また、帰りはどこかで1泊しないと帰れない時間になってしまいまして。

 ってことで日帰りのような2泊だった訳なんですけど、今回その2泊ともカプセルホテルに泊まり、なおかつよく泊まる都市なんですけど、いずれも初めて泊まるカプセルホテルだったんです。

 「乗りつぶし」から「区間全駅」に移り、泊まるカプセルホテルが割と定着してきたなと思われるこの数年。2泊とも初めて、っていうのは珍しいんです。ということで実はそういうことが今回の「旅のようなもの」のもう一つの特色なのかも知れません。

 まずは大阪の話。本当は、いつも泊まる心斎橋まで行ってしまうっていう手もあり、本当はこっちの方が風呂も楽しめるんでいいんですけどね。でも、23時過ぎに新大阪着く→6時5分の新幹線に乗る、っていうだけの中継地点なんで、要は寝たい、ってことで、新大阪駅構内のカプセルホテル。

 これね、確かに、風呂という視点では心斎橋のいつも泊まるところとは比べもんにならんぐらい楽しめないし(この表現、ちょっと迷った)、値段も割高なんですけど、なんかね、やっぱり立地条件なんですよね。この、日を跨いだ乗り継ぎってことだけを考えて「どうせきたぐに乗るぐらいなら」ってことを考えると、充分いい宿なんです。ただし、男性限定ですのでご注意。ほんと、駅の階段を下りたらすぐってすごい楽でした。

 次に福岡での話。博多駅前って2つカプセルホテルがありまして、向かって右側の方ができる前は左側の方によく泊まっていまして、右側の方ができてからは風呂がいいんで右側の方をずっと利用。でも、昨年の冬、右側の方が満室だったんで左側に久しぶりに行くと、右側にはない「よいところ」も発見しまして、今回は左側にしようかなって思っていたんです。

 それで、もうちょっと離れたところ、天神までは行かないところ、1キロも歩かず、っていうところにもう1つカプセルホテルがあるんですよね。で、そこ、「超冷水」、まあ、13度の水風呂なんですけど、それと、普通の水風呂に頭からかぶることができるものもあるらしい、ってことでちょっと気になっていまして、1回は泊まってみたいなって思っていたんです。

 ってことで、今回、思い切ってそこまで歩いてみることにしまして、泊まってみたんですけど、うーん。確かにね、他の都市なら充分いいんですけど、この福岡でですからね・・・・。

 一応、私の中では札幌・大阪・岡山・広島・福岡って、カプセルホテルのレベルの高い都市だと思っているんです。あー、最近は名古屋もその部類に入るかな。で、カプセルホテルのいい悪いっていろんな要素があって、結構個人的な好みも入るんでなんとも言えないんですが。

 という話はいいとして、確かにね、ここの水風呂はすごく好きになったんですけど、あっ、「頭からかぶる」っていうやつはその跡はあったんですけど、使えないのが残念。ほんと、超冷水でキッと冷やしたあと、普通の水風呂でマッタリするっていう、ほんと楽しいところなんですけど、それ以外の風呂がちょっと狭かったかも、っていうところ。あ、それとここの系列の名古屋のところでも泊まったことあるんですけど、そこと同様、朝食がいいんです。

 ということで、ちょっと期待が大きかっただけに、少しがっかりした部分もありつつも、そんなに悪いところでもないです。全国的に見るとむしろいい方です。

 そんなことで、博多駅前の2つのカプセルホテルと、もうちょっと離れたここ、多分、よい点・悪い点をマトリックス表にしてみるとそれぞれの特徴が出てくるんで、多分、人によって好みが大きく別れてくるどころか、一人の中でもその時の気分で泊まりたいところが別れてくるところかと思います。

 ということで、しばらく続きました旅行記はここまで。あとは葬式での話を書こうかどうしようか。

                                      あと20

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »