« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

ダウンロード中

 おはようございます・・・、ってことで、今は完全に目が覚めているんですけど、なんか、起きるときにすごく眠いというか。でも、この時期はしっかり眠るようにしないとダメなんだそうです。ということで、遠慮なく眠らせていただきますが・・・。

 って、さっきからものすごいたどたどしいんです。と、読まれている方には全く変化はないと思うんですけど、このPC、Windowsの更新のためのダウンロードが始まってしまうと、全体的に動きが遅くなるんですよね。だから、押してもすぐに字が出ず、変換するときも一瞬考え込む。この段落に入ってから少しは動くようになってきたんですけど、やっぱり動きが遅いです。

 なんか、買ってしばらくはこうでもなかったんですけど、いつ頃からか、こういう更新のダウンロードを勝手にやっているときは、すごく動きが遅くなっていまして。だから、例えば朝食前にPCを触っていて、朝食の間席を離れるとき「スタンバイモード」にして、こういうことが勝手におこらないようにする習慣が付いてしまいました。

 それで、今日は朝起きて、PCの電源を入れると、もう朝食を食べるべき時間になっていたんで、スタンバイにせず、というか、完全にデスクトップ画面が表示される前に下に降りていったんですよね。で、戻ってみるとこういう更新のダウンロードが始まっている状態。ということで、もう、どうにもならず、こうなってしまうと設定を変えるとかそんなわけに行かないんで、今日のところはこのまま書き続けるしかないのでした。

 そんなわけで、書こうとしたことを書くには時間がなさ過ぎる、ということで、今日はこのへんで(笑)。いつもより内容がそんなにないんですけど、打つ方はこんな調子なんで、ものすごいストレスなんです。では。

| | コメント (0)

2008年9月29日 (月)

人肌

 急に涼しくなってきましたね。おはようございます。でもあと2日間はクールビズなんですよね。それで、10月に入ったら、単に半袖のYシャツにネクタイがくっつくだけ。

 ということであと11分しかない訳なんですけど、えっとですね、7年半以上使っているワシの携帯電話、もうそろそろ寿命かも・・・。って、同じようなことを何回も言っていますけど、ちょっと傾向が変わってきましてね。

 この3~4年ほど、夏というか梅雨時になると時々画面が消える、あるいは半分だけ真っ暗になるとか、そんな症状があって、これも梅雨明け、あるいは夏の暑い時期が終わると正常に戻っていたんです。つまりですね、まわりの湿気とか、ポケットに入れているときに汗を吸って、機械的には軽く水に落としたみたいな状態になっていたんです。

 そんなことがあるんで、本当に水に落としたときはすぐに復活したんですけど、なんか、予防接種を受けているみたいな感じなんかも知れません。

 それで、その「軽い水濡れ症状」が、この季節になっても続いているんですよね。時折画面が写らなくなって、でも、節電モードから解放してやるとちゃんと復活する、っていうときもあれば、昨日や一昨日みたいに電源を切っても電池を抜いてまた入れても、いっこうに復活しないときがあるんです。

 これ、今年の7月頃は、「軽く叩けば治る」っていうことを発見しまして、しばらくはそうやっていたんですけど、やっぱりそれもよくないかな、っていうことで、ちょっと見守ることにしていました。

 まあ、そうやって画面が全く写らないときでも電話がかかってくると鳴るわけで、どっちのボタン押すんやったかな?って思って押すと向こうから声が聞こえてくるんですけど、そんな使い方をするときもあって、多少不便。でもちゃんと動いているときもあるんで、完全な故障でもないんですよね。

 それで、最近の傾向上、気づいたのが「人肌で温めると画面が復活する」っていうこと。なんかね、土日とかで携帯を机の上とかに置いていると画面が消えて、しかも復活しない、それでポケットに入れるとなぜか復活する、っていうことがありまして、今朝も全く表示されんなと思って人肌で温めてやるとちゃんと復活しました。

 なんか、暑いときはそんなことしたら悪化するのに、今は違うみたいですね・・・。多分、機械内で結露したものが、温めることによって吹き飛ぶんでしょうけど。

 そんなわけで、もう1年は絶対に持たないと思うんですけど、ここまで来たら使えるところまで使ってやろうと思っとります。

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

更新しました(第577版)

 今回の追加駅・・・信越本線 黒姫・古間・牟礼・豊野の各駅。

 そういうことで、新設駅を出したり、「気になる駅」との差し換えをしていたりして、鉄道線としての新たな区間の追加は久しぶりなんですけど、8月15日~長野方面へ行ってきた分を追加していくことにします。そんなわけで今回は黒姫駅から4駅。

 一応「区間の設定」として、妙高高原から篠ノ井としています。妙高高原は、直江津-妙高高原間として2年前にやっています。

 それで、この妙高高原-篠ノ井間という設定ですが、本来は長野駅で切ってしまうべきなんですけど、そうなると切ってしまった両方の駅数が少なくなるんで、一気に妙高高原から長野を経て篠ノ井という設定にしました。そのため、区間の途中で、各ページ隣の駅へのリンクの「方面」が切り替わります。ほんとは「しなの鉄道」として別れていなかったら、一旦長野で切って、その後上田あたりで切る方法になったんでしょうけどね・・・。

 そんなことで、この後の更新は路面電車が2回続いた後、再びこの区間へ。その時点で長野に達してしまうんですが。

| | コメント (0)

2008年9月27日 (土)

ポイント

 ということで出勤の土曜日の朝、おはようございます。そういえば、今日出てくる人で、鍵もっとるの、ワシだけなんですよね。

 他に鍵もっとる人って、例えば車のキーと一緒にしたりするけど、ワシの場合、車で行くことの方が少ないし、会社の鍵だけもたなければならないんです。それで、それをポケットに入れておくんで普段は忘れないんですけど、ズボンが替わった日とか、今日みたいに土曜日で私服でいく日なんか、つい忘れがちなんですよね。ってことで、今日は忘れると誰も会社に入れなくなるんで、ちゃんと私服のポケットに入れておきました。

 さてと・・・、何かを書こうと思ったんですけどね・・・。何を書こうと思ったんやろ。決して会社の鍵の話を書こうと思ったわけでないし。

 そういや、多分、書こうと思ったことと別のことなんですけど、J-WESTカードのポイントが、また3,000ポイントを超えまして、それなりのものに交換できるようになったわけです。そんなにカードでこぞって買い物をするわけでないんですけど、どっかいった時の宿泊費とか、一番大きいのは試験勉強の受講料かな、これ、ネット上で受講申込みをしてしまうんで、結局カードで支払をしているんです。だから、その分でもかなりのポイントが貯まります。

 それで、前回はここでオレンジカード3,000円分に替えてもらったんですけど、そのオレンジカード、きれいにそのまま残っているんですよね。確かに、地元で使える「列車に乗れるカード」って、今のところオレンジカードしかないんで(北鉄のIcaは、定期以外ならバスだけ)、結局は1枚は必要なんですけど、金沢駅から乗るときって、結局、「みどりの券売機」でJ-WESTカードを入れて乗車券を買うと、ポイントがいいし、結局は短距離でもそうやって買ってしまうんですよね。しかも、列車で帰ってくることが分かれば往復買ってしまうし。だから、ちょっと富山行くとか、ってときもそうやって買うんです。

 ってなると、オレンジカードって、誰かが列車で帰るときに、こっちも酔っていて、普段ならやらんこと、入場券買ってホームまで見送りに行くとか、そんなときでないと使わんのですよね。

 そういうことで、手元のオレンジカードはしばらくは持ちそう。でも、例えば、JR東海エリア行って普通列車乗り放題のきっぷを券売機で買うと一気に使えるけど、そのためにもう1枚、ポイントで交換しとくかな・・・。いずれ使うやろうし。

 そんなわけで、この新しい3,000ポイントをどうしようか迷っているわけで、オレンジカードでもいいし、あと「金沢百番街」(駅の中にあるショッピングセンター。広島でいうアッセ、岡山でいうさんすて、富山でいうマリエみたいなもん)の商品券3,000円分。百番街の服屋とかでは買わないんですけど、本屋があるし、そこで使えるか。

 あとは発想を変えて、グリーン車利用券2回分っていうやつ?。でも、これもすぐに消えてなくなるし、あんまりリクライニングっていうもんにステータス感じてないし、どうやろうね・・・。

 ってことで、百番街の商品券か、オレンジカードで検討中。いずれにせよ3月である程度ポイントが失効するんで、それまでに考えねばなりません。

 それで・・・、書こうと思っていたこと、まだ思い出せません。まあいいか。

| | コメント (0)

2008年9月26日 (金)

キーボード

 なんか雨ですね、ってことで、今日は車通勤。おはようございます。ちなみに、昨日は夕方、雨が降るっていうことが分かって自転車通勤やったんですけど、雨が降る時間が遅かったんで濡れずに帰ってくることができました。

 さて、昨日の日記の後半の内容って、うまく書くとこのブログでいうところの「コラム的文章」あるいは、評論文章に持って行ける内容かなって思うんです。「ブックオフの功罪」みたいな感じで。

 ちゃんと論理的構造を考えて、あと、昨日、題名は書かんかったけど、この前読んだ本の中にあった「空・雨・傘」の区別をする(曇の空を見た・・・客観的事実、雨が降りそう・・・客観的予測、傘が必要・・・自分の見解)ってことをきっちりすると、何となくそれっぽくなりそうな内容なんですよね。

 っていうこと、今のこの「日記」では行いません。この日記、15分程度で思いつくままにパタパタと打っていく内容でして、どっちかというと「朝起きて会社に行く前に、キーボードの上に手を置いていたら思いついた内容を早く打つ」っていうことをやっているんですよね。だから、文章を練ったりとか、主張をはっきりさせたりとかってことはあえてやらないんです。

 で、そこからもうちょっと膨らませようと思ったんですけど、やめまして、「キーボード」で思い出したんですけど(笑)、昨日、会社で他の人が使っているノートPCのキーボードが効かなくなったんですよね。

 それで、ワシの仕事って、ほとんど経理のみ、それをいかに一人の仕事に納めるか(経理担当者を増やさないか)っていうことに日々努力している訳なんですけど、多少、それ以外の、例えば事務用品を発注したり、あといろいろあるけど、そんなことはやってますが、それとなぜか前職の時と似たことをやっとるな、と思うのが、このPC関係の内容。調子悪いとか、エクセルの使い方分からんとか、そんなことが結構こっちに来るんですよね。ってことはちょっと前に何となく書きました。

 それで、ノートPCのキーボードが効かん、ってことは内部の接触が悪いってことやろ・・・。ちなみに外付けのキーボードをつけてみたらちゃんと動くし。でも、ノートPCで、外付けのキーボードってイヤみたいやし。

 これね、ある人が修理を頼むと4万とか5万とかする、っていう見積もりをもらって、結局外付けで済ませたらしいんやけど、そんだけするんかな・・・・、とおそるおそるデルさんに電話したんです。

 でー。あの仕組みいいね。番号を先にプッシュで教えておくと、既に出た人が「このPCやよね」っていうてくれますもんね。ちぐはぐな会話をせんですむ。

 それで、どうなるんやろと思ったら「よくある話で、放電すれば治ることがあるんです」、ってことで、電源とバッテリーを抜いた後、電源ボタンを10秒押す(放電)→それをもう1回する→電源だけ入れる→ほら治っとった!、ってことで。

 以前に別のPCがおかしくなったときも電話で対処してもらったんですけど、結構このデルの電話でのサポートって的確なんですよね。どっかの会社の4~5万払わな治らん、っていうのと違って、すごく良心的。ちなみに、その4~5万かかるっていわれてそのままにしていた人は、ある日突然治ったそうです。多分、メーカーは違うけど同じ対処でなおったんやろうなと。

 ということで、一概に4~5万の修理代が間違いとは言えないんですけど、ちょっと目から鱗だったんで書いてみました。

| | コメント (0)

2008年9月25日 (木)

ブック

 おはようございます。ってことで、普段は布団に入って、そのまま漫才3ネタぐらい見たらもう眠くなる、っていう傾向やったんですけど、昨日はスイッチが入ったみたいになかなか寝付けず。ってことで、風呂へ行って1時間の有酸素運動(プール浴歩行)をやってきてから寝たんですけど、結局、なかなか寝付けんくて、筋力トレーニング的なこと(あくまで「的」)をやったぐらいで。決して閣僚の発表を見ていたわけではありません。

 多分、土日、特に土曜日はそれなりに休んだ→月曜日働く→火曜日も結構休んだ、しかも夕方、久しぶりに家でビール飲んだんで、なんか体調悪くなって早めに寝た→水曜日絶好調、それが深夜まで続く・・・、っていう感じだったんでしょう。

 さてさて、土曜日、某スーパー銭湯へ行くついでに、その隣の古本屋さんに立ち寄りまして、ちょっと欲しい本があればいいな、と思って見てみると・・・・。ありました。ラッキー。

 えっとですね、この本、定価で税抜6,800円もしてしまう本なんですよね。ページ数で905ページあったりするんで、辞典みたいな厚さなんですけど、これが税込3,450円。いずれ買わないかんな、そろそろ定価で買うか、って思っていたんで、版数が若干古くて2年前のものになるんですけど、あれから大きな改正もないし、十分すぎるぐらいです。

 ってこれ、「実務家のための消費税実例回答集」っていう、おおよそ面白くもなさそうなほんなんですけど、消費税って、特に仕事としてある程度の知識(税理士試験レベル以下で可)をもってやっていくと、意外とはまってしまう税法なんですよね。単に5%(これも不正確な表現)を店に置いてくる、っていう税金でなく、事業者が納付するまでの計算って結構奥が深く、なおかつ計算パターンはシンプルなんですけど、ただし、ちょっと未成熟な部分もあるかな、という税法です。っていう話はいいとして、結構この本、立ち読みしていて面白い本なんですよね。

 で、面白い、っていうだけで7,000円近い本を買うかどうかなんですけど、最近の税理士試験の傾向から、学校から与えられる教材の他に「読んでおいたほうがいい本」ではあるんで、それもきっかけに買おうかと思っていたんです。

 ってことで、半額もうけた・・・。あとね、「仕事は5年で辞めなさい」(っていうタイトルやったかな?)っていう本も半額やったんで、これは古本屋にあったら買おうと思っていた本なんで迷わず購入。それともう1冊、旅行業法の法律について書いてある本。あくまで会計処理との接点を考えるために資料として購入。

 ってことで、ブックオフにしては破格のお金を置いてきたわけなんですけど(って言うても、若干安めのビジネスホテル宿泊料のような5,450円)、まともに買うたら1万円コースやもんね・・・。ちなみに、「仕事は5年で・・・」は、翌日一気に読みまして、あとの2冊はどっちかというと資料やし、ちょっと目を通しただけです。

 で、もう1冊、古本屋にあったら買おうかなって思っていた本はなかったんで、そっちは月曜日に普通の本屋行って定価で買うて、火曜日に一気に読んでしまったんですけど、その本の中に「5千円以下の本は迷わず買いなさい」っていうことが書いてあって、それと、古本屋で本を買うというのは作者に印税が行かないから、失礼である、みたいなことが書いてあるんです。

 確かにね、本って、作者がここに書くことを修得するための時間・費用を考えると安すぎるもので、その本では「作者の自己実現のために書いている部分があり、採算を度外視しているんで安くできる」って書いてあるんですけど、確かに、作者の時間・コストを考えると、新品を買うべきものなんですよね。

 でも、ブックオフとかに本を売った人にすれば、特に新しい本は売ることを前提に本を買った、とすれば、新品を買って売った人と、中古を買った人、分担して作者に印税を払っているとも考えられるかなと思うんです。って考えるのも失礼なんかも知れませんが。

 で、その本の中で、その作者、毎月かなりの本を買うんで、ほとんどブックオフに売ってしまうそうで・・・、えっと、その人は作者に冒涜しない代わりに、他の人がそうすることを助長しとるんでないかい?と突っ込みたくなったんですけど。

 まあ、ブックオフで「新品なら買わんけど、この値段ならいいかな」って言うて買うた本が思いのほか面白くて、その人の新作がでれば新品でどんどん買うようになった、っていう流れができればそれでいいんやろうなと。だから、「新品なら買わんけどな・・・・」っていう、ちょっとした値段上のハードルを下げる役割があり、そのハードル故、そこから得られるべきものを得られなかったものが、得られるようになり、場合によってはその後、作者のメリットにもなることがあるかも知れん、とも思うわけです。

 でも、往々にして「安いから」っていう理由で買うてしまった本ってそんなに真剣に読まんのですよね・・・(笑)。やっぱり値段相応なんかも。

| | コメント (0)

2008年9月24日 (水)

マネープラン

 なんか、久しぶりに普通の日記に戻ったと思ったら、いきなり更新をすることにやってしまいまして、ようやく普通の日記に戻るかなと思われる昨今。おはようございます。

 ちなみに、10月の3連休は土曜日が出勤になるんで、天気によってですけど、ちょっと普通の3連休と違った変則的な動きをするか、家にいるかのどちらかになります。でも、土曜日、13時半に仕事終わって、そこからある程度動いてそこで泊まる、っていうことはできるんですよね。

 さて、某信用金庫でやっている定期積金が満期になるんで、それを定期預金に預け替える、っていう手続をしてまして、会社のいろんな用事は窓口へ行くのになぜかこういう用事は渉外の人が来てくれるんですけど、ともかくやってまして。

 なんか、最近、普通預金が目減りしていっているんですよね。前職の時は給与が振り込まれる銀行・支店が指定されとって、そこから意識的にメインバンクにお金を動かして、っていう作業をしとったんですけど、今の会社はその指定がないし、自分のメインバンクに入れてもらえる、でも偶然にも自分のメインバンク=会社の給与振込元金融機関だったりするわけですが。

 そういうことで、黙っていたら、別に自分の給与で生活をすべてやりくりしているわけでないし、自然に貯まっていくはずなんですけどね・・・。なんか減っていっとる。で、ちょっと計算したんですが
 ・定期積金2~3件
 ・生活費として家に納入している分
 ・前の会社の時からやっている投資信託の自動積立
 ・定期付終身生命保険・医療保険・ガン保険
 ・葬式積立(互助会っていうやつ。たまたま高校の時の友人がそこの営業しとって、入る羽目になった)
 ・ケーブルテレビ(インターネット含む)
 ・携帯電話(っていうても2千円ちょっとやけど。でもケーブルテレビと合わせて1万円超えるか・・・)

 っていうやつを足していくと、なんかね、給与の手取りに近い金額になりまして、ここから旅のお金の積立(っていうても今は動かしていない)を考えると2~3万円ぐらいしか残らんのですよね。で、そこから昼食代やら車関係、本代、風呂代、不定期で大きい試験勉強の講座受講料、その他引いていくと、そりゃ赤字やわな・・・。

 それで、それを補う賞与。で、賞与の時期って、信用金庫さんが定期預金のキャンペーンするやろ。で、気がつくと、賞与の手取りよりも大きい金額を定期預金してしまうんですよね。そこでも赤字。

 だから、定期積金・定期預金も含めて、全口座の残高を足していくと確実に増えてはいるんですけど、普通預金は減っていく状態。

 ってことで、その手続のついでに上のような話を簡単にして、「古い定期預金崩していいですか?」って聞いたら「全然いいですよ」っていう話になりまして。その部分は別に成績に関係ないみたいね。それで、思ったよりも大きなお金を崩せたんで「ならこれで定期積金します?」っていうとその信用金庫さん、妙に喜んでくれまして、定期積金の契約また増えた、っていうことになったんです。

 そんなわけで、いよいよ自動引落が給与の手取りとほぼイコールになる時代が突入。だから、今回崩した定期預金は貯蓄預金においといて、たまに普通預金に戻さないとダメなんですね。ほんと、ただ単に同じ支店の同一名義の口座でお金を動かして遊んでいるだけなんですが。でもなんか喜んでくれたし、いいか。

 でもここで定期預金を崩して、今回契約した定期積金が満期になる金額を考えても、やっぱり結構残るんです。これを使ってしまうのも何ですし、そういや最近、メインバンクにお金が集まっていて、ちょっと楽しくない状態やなと。かといってなんか「銀行」っていうところには置きたくないな。せめて信用金庫とかやろ。て思ったんです。

 それで、会社の口座があるところで、その用事でちょっと漁連(信漁連)に行ったら、ちょっと利率のいい定期預金の話がありまして。あー、ここかな?。っていうことで、漁連に口座を作ってしまいました(笑)。今のところ財布にあった1万円だけ入ってますけど、ちょっとここに移動させてみようと思ったわけです。

 って書いていますと、もう7分もオーバーしてますんで、ちょっと舌足らずなところもあるんですがこのへんで。

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

更新しました(第576版)

 そんなことで、今日は更新をしようかどうしようか迷いつつ、夕方になりまして、結局作ったページです。

 今回は、普段の駅・電停の追加から離れて「旗日更新」として、違うことをやりました。そんなわけでかなり久しぶりに「思いつき!」というコーナーを使いました。

 このコーナーもかつては「その他の文章」というコーナーだったんですけど、こういうことにも最近使っているんです。っていうのは、「その他の文章」の趣旨に合うものが、どっちかというと、このブログに吸収されてしまっているんですよね。かといって「ネタの旅」というコーナーは、「二点間の移動におかしな方法を使った」っていう趣旨なんで、どっちかというと「普通の旅」に近い今回の内容は「思いつき!」に入るような気がします。

 そういうことで「気になる駅」がなくなったと思ったら「気になる場所」。これがコーナーとして独立するかどうかは今後の興味のおもむき次第です。「県境の町」シリーズも、結局3話で止まっていますからね・・・。

 ちなみに、鞆の浦へ行ったのがちょうど1年前なんですよね。特に、その前日、下津井の時はものすごい暑かったような気がします。

 ということで、時々「ちょっと他のことで扱いたいことがある」って書いたことを覚えていらっしゃる方がもしいらっしゃれば、これがその内容です。なお、下津井と、鞆の浦の一部についてはこのサイト以外の、ちょっと別のところで既にご紹介していたりするんですけど、こっちの方が画像数は格段に多くしてあります。なお、トップページの画像としては既に何枚かはアップしたことがあるものになっています。

| | コメント (0)

2008年9月22日 (月)

お久しぶりです

 おはようございます。ってことで、あと8分しかありません。

 そういうときでも強引に何か書いてしまうんですけど、ともかく久しぶりの「普通の日記」になりまして、こういうときって「あれも書きたかった、これも書きたかった」っていうて、わーっと出てくるんでなくて、逆に「何を書いていいやら」っていう状態になるんですよね。

 やっぱり普段「これ今日の(ここの場合は朝に書くんで明日の)日記に書こう!」っていうことを意識していないとなかなか普段の生活でそんなに書くことはないんですよね。

 それで、土曜日にスーパー銭湯へ行きまして、入浴前の体重測定で80キロを切りました。ってことで、長いこと85キロ前後を維持していたんですけど、5キロほど減少したことになります。ちなみにその時は79.95という、「80キロを切った」って言うにはちょっと説得力のない数字でして、でも昨日の入浴前体重は79.10。ただしこっちの場合は風呂から上がる→78.10になっていた→水を1.5リットル飲んだ、っていうオチがあるんで、「だいたい80キロを微妙に切るかな」っていうぐらいになっていると思います。

 そんなわけで、見た目が結構変わったっていう人と、変化は分からん、っていう人がまわりにいる訳なんですけど、とりあえず数値上は減っています。で「何やって減ったん?」って言われるんですけど、強力に「ダイエットしてますよ」って言うほどでもないんですよね。ここではちょくちょく書いてますけど、昼食がコンビニだったときにはカロリー制限(700キロカロリー以下)・タンパク質のノルマ(30g以上)をやったりとか、週に1~2回、あるスーパー銭湯のプール浴で1時間ほど水中歩行をしたりとか、雨の日があんまりないんで自転車通勤が続いたりとか、別のスーパー銭湯で強めのジェットバスを腹に当てたりとか、筋力トレーニングのまねみたいなことをしたりとか、糖分を含む飲料を摂らずに水だけにしたりとか、っていうことを、そんなに真剣にならずに遊び程度にやっているだけで。

 そのうち、多分効果があったと思われる「水中歩行」ができるスーパー銭湯は9月いっぱいやし、何となく体重減少傾向もそのあたりまでかな、どうせならそこまでの間に80キロだけは切っておきたいなと思っていたんですけど、何となくそのへんになりました。

 ってことで、身長の割にこの体重で5キロ減った、って実際は「誤差の範囲」っていうこともあるんですけど、でも「夕食後・入浴前基準」で80キロを切るのは12年ぶりの話なんで、ちょっと記念に書いてみました。

| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

更新しました(第575版)

 今回の追加電停…長崎電気軌道 五島町・大波止・出島・築町の各電停。

 そういうことで、サイト改装更新を入れた関係上、ちょこっとこの追加する駅・電停のパターンが変則的になったんですが、しばらくは「香港の次」に長崎電気軌道、その次に鉄道線をもってくる予定です。なお、気が向いたら火曜日(旗日)に「旗日更新」をするかも知れませんが、その時は駅・電停追加以外のことをするかも知れませんし、普通に駅を追加するかも知れません。(あくまですべて「かも知れません」の段階)

 そんなことで4電停追加。しばらくは青色(1系統)のみの区間で、築町から緑色も混じってきます。次の西浜町で黄色も混じってくるんで、ようやくここで4色揃うようです。

 それ以外は特に変わったこともなく、普通に4電停追加して終わりの更新でした。

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

北海道:トピック的4

 ちょっと遅くなりましたが、やっぱりつづき。なお、今日は時間制限がないんで、最後まで書ききれるかなと思いつつ・・・。

(7)根室本線 厚床~釧路
 そんなことで、厚床で交換する列車のうち、反対側の東根室へ行く集団を横目に、釧路方面の列車へ。実際、釧路へ着くのが早いんで、別にここから一駅ほど根室方面へ行き、初田牛駅でゆっくりするっていう手もあったんですけど、集団を見ていたらそれも面倒になり、予定通り釧路方面へ。

 ここから厚岸までは久しぶりに乗る区間。厚岸からは実は「区間全駅」で揃っていたりする区間です。そういうことで、小さいときからなじみのある上尾幌駅も通りつつ、釧路まで。

 というか、私、割と乗り物には酔いやすいんですけど、列車は大丈夫。でもなぜか酔ってしまう区間ってあるんですよね。その一つがここなのかも知れません。あと、信越本線の妙高高原から豊野の間でもなぜか酔ってしまう・・・。

(8)釧路泊
 それで、楽にその日じゅうに千歳や苫小牧まで行けたのに、宿の予約もしていたんで釧路泊。昨日とは違うところに泊まりました。てか、このホテル、多分昔はデパートか、それともパチンコ屋やったと思う。建物もそんな感じでしたし。

 それで、大浴場があるんですけど、男女入れ替え制で、結局は20時半まで入浴もできん(先に部屋でシャワーは浴びましたけど)、っていうことで言うたら何ですけど、「暇」。

 ともかく、隣の和商市場へ。この市場も昔からなじみのあるところで、あと、祖母がここからお菓子を買って送ってくれたことも何度もあったりしまして、実際に訪れるだけでなくてもなじみのあるところなんです。

 それで、ここにある「勝手丼」っていうもんを食べてみよう、っていうことで。ホテルにそれの割引券があったんで、もらったんですけど、その店は既に閉まっていまして。早く来たつもりだったんですけど、実際、市場的にはそうでもない時間帯のようです。

 でー、この「勝手丼」の仕組み、今まで知らなかったんですけど、総菜屋でご飯だけ買う→いくつかの店をまわって海鮮の具材を載せてもらう→醤油をかけてもらう、っていうしくみで出来上がるようで。この2番目のプロセスに気づかずに、一つの店だけで具材を揃えてしまったんですけどね。でも具材だけで1,100円やったし、ご飯が200円やろ・・・。まあ、雰囲気も含めてそんなもんか。

 ということで、16時台の夕食を済ませまして、あとはホテルに引き篭もっていました。そういうことで、PCから書き込みができたのがこのホテルでした。

(9)釧路から普通列車
 そういうことで翌朝。早朝の列車に乗ることができたり、勝手丼を食べることができたっていうことで、早めに釧路入りした意味があったんですけど、ともかく目覚ましなしで起きてしまったんで、昨日に引き続きホテルの朝食を放棄してチェックアウト。

 この朝の列車なんですけど、釧路発6:32の特急だと、南千歳で接続が悪く、結局は7:39の特急と全く同じ結果になってしまう、っていうことなら、単に函館での時間だけ考えると7:39で十分なんです。それならそうしようかと思っていて、でも、なかなかこれない北海道の東側やしな、と思って、5:40の普通列車を見てみると、これ、釧路発6:32の特急には厚内で追い抜かれ、7:39の特急には帯広で追い抜かれると。っていうことは帯広までは普通列車で先行しても、それ以降の日程には影響しないっていうことなんですよね。

 っていうことで、起きることができたらそういうことにしよう、と思いまして、この南千歳までの自由席特急券は事前に買っていなかったんです。

 それで、なんの苦もなく起きれてしまったんで、そのまま5:40の普通列車に乗車。なんか、暖房が付いているんですけど・・・。ちなみにワシの格好は真夏の格好。一応、長袖とか、あとハーフパンツを少し長くできるものをもっていたんですけど、いずれも使わず終いでした。

 ここから白糠・古瀬(通過)までは「区間全駅」で揃っている駅なんで、何となくその時のことを思い出しつつ各駅を眺めまして、それで音別から先は普通列車にすら乗ることが初めての区間なんです。

 この区間って特急と普通列車の時間差が大きく、なおかつ本数が少ないんで、なかなか普通列車の乗れない区間。そういう意味でもあえて普通列車に乗りたかった区間でもあるんです。

 それで、いきなり音別で7分停車。有り難く降りて撮らせていただきました。運転手さんも暇だったらしく、「寒くないですか」って声をかけてきたり、構内踏切を渡って駅舎へ行こうとすると「ゆっくり撮ってきてください。待ってますから」と。そして「3つ向こうの厚別で20分停車です」とわざわざ次の長時間停車駅も教えてくれました。

 で、もともとこの列車に乗るときに、時刻表から厚別と池田では長時間停車することは分かっていたんですけど、厚別で20分も停まるとは思ってなかったです。

 それで、状況によっては池田でこの列車を降りてしまって、そこから南千歳まで特急ということも考えていたんですけど、まあ、そんなに長くいる状況でもなかったんで、帯広まで普通列車で行ってしまうことにしました。てか、池田-南千歳間って、400mの差で特急料金帯が変わってしまっている区間なんですよね。400mぐらい歩くって。(違う?)

 この普通列車に乗った区間もいずれは「区間全駅」を志している区間でもあるんで、いい「下見」になったと思います。

 なお、帯広からの特急で、窓側に座れるかどうか懸念していたんですけど(そういう意味でも池田から乗ろうかなと思っていた)、結構席は選べる状態でした。南千歳からはどうにか座っている人の隣の通路側に座ったんですけど、その隣の人、苫小牧で降りてしまったんで、あとはゆったりと函館まで。ただ、山側だったことが悔やまれるんですが、まあいつも海側に座る区間なんで別にいいか。

(10)函館
 そんなわけで、千歳・苫小牧に泊まっていたらここで6時間確保できたんですけど、釧路泊まりにしてしまったんで、3時間弱になってしまいました。で、最近のこのサイトの傾向により、函館の路面電車をば・・・。なお、当初の予定通り6時間確保したとしても、谷地頭で温泉に入ったり、青森まで1本前の特急で行ったかも知れないんで、これまた全電停を撮れたという保証はないんですけど。

 それで、3時間弱なら、全電停は絶対に無理なんで、今回は函館どつく前・谷地頭方面を。実は函館の路面電車、函館駅前から十字街までしか乗ったことがなかったんですよね。といいつつ、今回も函館駅前から湯の川温泉の方向へは乗っていないんですけど。

 そんなことで、いつもの例では、終点に着いたら、一区間だけ歩いてそこを撮って、そこから乗るんですけど、今回はそれすらせず。っていうことで、始発の電停の次の電停でもなんの躊躇もなく降りてしまいました。しかも今回、最後に一区間だけしか乗っていないところもあるし・・・。

 それで、今回、「区間全駅」としての掲載方法を意識しながらまわっていたんですけど、広島・長崎方式で全区間を一つの区間のとして扱う場合は、「仮置き場」を通さない「区間の過半数」を満たすには、函館駅前以西を全部揃えても4電停足りないんですよね。で、当初はそういうことで松風町・新川町・・・、って東の方へも進出するつもりだったんですが、時間的にちょっと厳しいかなということで、途中の時点で諦め、掲載までに函館に行かないならば、「函館駅前-函館どつく前・谷地頭間」という、Y字路の「区間」設定にすることにしました。

 そんなことで、函館駅前以西で今回は完結。でも車両的には充実していて、普通の車両・部分低床車両・全部低床車両(連接)、そしてハイカラ号、一通りどこかで乗っています。というか、ハイカラ号は十字街~谷地頭間で乗っているんですけど(だからせっかくなんで、っていうことで途中で降りなかった)、なんか窓の面積が狭くて外が見えにくかったかも知れません。

 そんな感じで、一応は函館の路面電車の電停から、長崎の路面電車の電停まで「区間全駅」としては繋がったことになりまして、函館駅から家の最寄り駅まではずっと区間全駅で訪れている区間になるわけです。

 それで、函館駅着、ちょっと早かったんですけど、乗る「白鳥」が早めに入線していて、しかもかなりの人が乗っていたこともあり、早くてよかったようです。そんなことを考えると、実質函館の滞在時間は2時間なんですよね。

(11)寝台車
 函館から青森に着き、おみやげやら夕食やら(函館でにしん弁当を食べ、青森でうどんを食べる方式)、そうしているうちに「日本海」がホームに入っていたんで、そのまま乗り込みました。

 それで、さっき乗った「白鳥」はJR東日本の車両ではあるんですけど、蟹田駅通過なんで、JR北海道の車掌さんがそのまま青森まで来てしまうんです。(というか、しゃべり方を聴いていると、多分、その前に乗った「スーパー北斗」の車掌さんがそのまま青森まで一緒だったようです)で、「日本海」はJR東日本の車両ではあるんですけど、車掌はJR西日本の車掌さん。ということで、今回はJR東日本の車掌さんの放送を聴かずに繋がってしまったようで。だから、今回、車内では「○番線」という言い回しを聴かないままでした。

 それで、とりあえずすぐに寝る体制に入りまして、検札が終わると本格的に寝る体制。弘前・大鰐温泉ぐらいは確実に覚えていて、大館・鷹ノ巣・東能代は駅間で多少ウトウトしたかな、という感じ。そこで放送が終わり、秋田は到着時に目を覚ました程度。羽後本荘・酒田は覚えておらず、目が覚めたら多分鶴岡。そして次に目を覚ますと橋を渡って、駅に着く、ってことは直江津?、と思ったらやっぱり直江津。そこからは外を見ずにトンネルと橋の音から何となくどの辺か分かりつつ、金沢まで。

 あと、寝台の下段だったんですけど、上段の人は富山で降りたし、向かい側の人は両方(多分夫婦)秋田から乗って金沢で降りる、ということで、残された方の「日本海」は、北陸には便利な時間帯のようです。っていうか、東北日本海側~北陸って、あんまり選択肢のないところなんですけどね。日中なら下手すりゃ大宮まわりになるし。

 それで、寝台帰りでそのまま出勤し、眠かったかと思えばそうでもなく、実は「すこぶる体調のいい」1週間(4日間)を過ごさせていただきました。結局は青森発の時間帯を考えると早寝になるし、しかも旅の最終日なんでそれなりに寝るし、意外とこの寝台帰りそのまま出勤っていう方式、使えるかも・・・。

(12)宿について
 今回は2泊とも釧路。ネットで予約方式です。1泊目はいわゆる「個室カプセル」なんですけど、普通のカプセルより安い2,500円。2泊目は普通のシングルの部屋で4,000円。いずれも大浴場はあるんですけど、そこはビジネスホテルの大浴場。そんな広くありません。というか、北海道各地に結構広い浴場のあるビジネスホテルがあるんですよね。次回ちょっと狙ってみよう。

 ほんとは釧路に健康ランド(別料金で簡易個室あり)があって、今まではそこに泊まっていたんですけど、先日閉鎖(廃業)されまして、中標津へのバスから見たんですが、やっぱり閉鎖後の工事が始まっていました。

(13)きっぷについて
 今回は、航空券を組み込む形の周遊きっぷも考えたんですけど、結局は一方通行なんで、若干損をすることが分かり、こんな感じ。というか、今回、釧路駅付近で交差しているのと、大楽毛駅付近~別保駅付近まで並行しているんですけど、それと五稜郭~函館路面電車もそうなんですけど、それ以外では全くの一方通行の旅でした。

 ということで、
 行き:金沢-大阪(市内)のe割きっぷ(乗車券と指定席特急券)
    天王寺~関西空港 イコカを使用
    関西空港~釧路空港 航空券
    釧路空港~釧路駅前 バス(乗車前に券売機にて)
    釧路駅前~中標津バスターミナル バス(乗車前に券売機にて)

 帰り:厚床-釧路(釧路駅改札口にて現金払い。当初から確定していたら通しのきっぷにできたんですけど)
    帯広-南千歳の自由席特急券(池田駅にて購入)
    函館市交通局の路面電車1日乗車券
    青森-金沢の特急券・寝台券(実はこれ、「区間全駅」で立ち寄った、信越本線の今井駅にて8月15日に購入していたのでした)
      以下、金沢駅にて購入
    釧路-金沢(券面は手元に残すために西金沢まで。同運賃)の乗車券(無割引)
    五稜郭-函館の往復乗車券
    南千歳-函館の自由席特急券
    函館-青森の自由席特急券

| | コメント (0)

2008年9月19日 (金)

北海道:トピック的3

 はい、つづき。

(5)中標津~標津~厚床
 そんなわけで、主目的である祖母がいる老健施設へ。これについてはここで詳しく書くとなんか話の流れがおかしくなるんで、気が向いたら別途書きます。

 そうして、叔母と叔父は、今回は中標津の開陽台と標津のサーモンパークへ連れて行ってくれるっていうことで、18時のバスまでいなさい、っていうことになったんですけど、まあ、別に仲が悪いわけでないけど18時までいるのもきっと間延びするはず、っていうことと、親戚関係の行動は(従兄弟とか直接行き来がある人でない限り)親の指示に従った方が無難、っていうことで、14時過ぎで引き上げることにしました。

 そんなわけで、数年前に行っている開陽台は省略してもらって、サーモンパークだけにしたんですけど、鮭の水族館だったり、標津川からちょっと鮭に寄り道してもらって、遡上を見せてくれたりと、面白いところでした。

 で、その途中、叔母が運転していて、ちょっと近道に入ったんですね。それで、道が狭いと思ったらしく「田舎道だ・・・。狭いし熊でも出そう」って言うたんですけど、あの・・・、さっきの道とそんなに広さ変わらんような気がするんですけど・・・。ちゃんとまん中に線もあるし、周囲は開けているし・・・。やっぱり「広くてまっすぐな道」の感覚が、本州と違うんですね。

 それで、標津からの帰り、海沿いに進みまして、国後島が見えたり、野付半島が見えたり。なんか、細長い「野付半島」って気になっているんですよね。そのうち自分で運転して行ってみたいところなのかも知れません。

 そうして、ちょっと早めについたんで、そのままお帰り頂き、厚床駅の取材。昔から急行停車駅で、標津線が分岐して、っていうことで大駅を想像していたんですけど、構内の感じって「ここはかつて駅でした」の「標津線」でご紹介している奥行臼駅跡とそんな大差無いかも知れません。

 駅にいるとなんか募集ものの団体旅行の人々が駅に入ってきまして。なんか、ここから東根室まで列車に乗るらしいです。バスは何処かへ行ってしまったんで、多分、東根室駅に先回りしているんでしょうね。

(6)番外編:当初の予定
 それで、この旅の1週間前まで、こんな予定を考えていたんですね。
 【中標津バスターミナル】14:15発-(バス)→【釧路】16:25着・・・16:17発のスーパーおおぞらに乗れない、じゃあ、19:08かな・・・、ならば釧網本線2駅狙って

 【中標津BT】14:47発-(バス)→【標茶】16:11着、16:40発-(一駅網走方面へ行って)→【磯分内】16:50着、17:22発-(普通)→【釧路】18:29着、19:08発-(特急)・・・、

 でも待てよ、確か中標津からのバスってネット上には時刻が書かれていないけど、別保駅に寄ったはず。てか4年前はそこで乗り換えたし・・・。で、阿寒バスさんに電話で聞いてみるとこういうことが可能

【中標津バスターミナル】14:15発-(バス)→【別保】15:51着、16:01発-(普通)→【釧路】16:13着、16:17発-(特急)・・・

 という感じで、途中で降りてちょうど根室方面からの普通列車があり、それと組み合わせて無事に接続、ということで、これを考えたんです。で、結局、この別保で乗り継ぐ普通列車に厚床から乗るという結果になってしまったんですけど、本来はここから千歳か苫小牧まで行って泊まると函館でもっと時間を作れたんですが、この日は釧路泊。

 これによって「和商市場」で勝手丼を食べることができたり、翌朝、帯広まで普通で行けたんですけど、もう今日は時間がないんでここまで。なかなか終わりませんね・・・。

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

北海道:トピック的2

それではつづきを・・・

(3)釧路駅
 この駅自体、小さいときから何度も訪れた、っていうほど北海道へ行っていなかったんですけど、小学校3年生ぐらいの時に1週間以上、母親の実家に滞在したことがありまして、その時今回見舞いに行った祖母とあと妹と3人で毎日のように上尾幌から釧路まで通ったことがありまして、その時集中的に釧路駅に対する思い出ができたんです。
 それで、数年前に(「区間全駅」で掲載している釧路駅取材時)、この駅を見て、意外と当時と変わっていないなということを思ったんですけど、その当時と比べて・・・。地下のステーションデパートがなくなっていました。数年前はここで夕食を食べたんです。で、今回もそこで食べようかな、って思って、どれだけ探しても地下へのエスカレーターがないんですよね。ってことで、また一つ、過去がなくなってしまったなと。

(4)中標津へのバス
 かつては標津線が走っていたこの中標津。ちなみに標津線についてはいくつかの駅跡を「ここはかつて駅でした」でご紹介していますけど、数年前にその各駅跡に連れて行ってくれたのが、今回仕事の都合で会えなかった従兄弟でして。多分、住んでいる場所が場所だったら完全に趣味が一致したはずなんですけどね・・・。てか、その時「どこ行きたい?」っていわれて「標津線の駅跡」って言うて「わかった~」っていう会話の後、これだけなんの躊躇もなくまわってしまうのも、よく考えるとすごい話で。

 と、話が飛んでしまったんですけど、釧路~中標津(実際はそのまま標津・羅臼へ行く)バスって、休日は3往復しかないんですよね。ということで、必然的に朝乗るバスは決まってしまって、帰りのバスも14時15分、それでなかったら18時20分。釧路着はその2時間後、っていうことになるんです。

 これとは別に、標茶あるいは厚床までJRで行き、そこからバスになるという、かつての標津線代替バスがあるんですけど、これもJRとの接続が結構ひどいことになっていたりと。まあね、中標津自体、空港があって、どっちかというと東京・札幌へ行く方が、釧路・根室へ行くより楽なところなのかも知れません。っていうか、釧路・根室へは車で行くのがデフォルトなんやろうね。

 ちなみに、帰りは14時15分のバスにするか、でも、来た道をそのまま帰るのも面白くないな、あるいは13時25分中標津BT発、厚床駅14時22分着、それで珍しく(実際に乗った)JRにうまく接続するというバス(これは路線バスではあるんですが、通常のバスでなく、中標津空港から根室へ行く飛行機連絡バス)に乗ろうかと思っていたら、そのまま叔母が厚床駅まで送ってくれた、っていうことなんです。

 それにしても、この釧路~中標津のバス、ほんと、時々牧場があるかな、っていうぐらいの何もないところをひたすら走ります。なんか最近、この風景を見て「北海道へ来たな」と思うようになってきました。

 でー、釧路から中標津まで通して乗った客はワシも入れて3名。途中で一人乗って降りてはいるんですけど。こりゃ3往復でも無理ないな・・・。ちなみに、中標津から標津・羅臼方面に向けて、さらに3名ほど乗ったようです。

・・・ってことで、時間なんでこのへんで。バスの話も当初の予定で特急列車に無理矢理接続させようと思っていた話と、あと、叔母が「田舎道」って言うた話があるんですけど、これはまた明日(単なる備忘のためにメモしておきました)。ってことで2日目すら終わっていません。

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

北海道:トピック的1

 ということで、それでは昨日までの旅行記をちょこちょこと。

(1)雷鳥~関空
 そんなわけで、なんか、思いっきり東を目指すのに、なぜか西へ行ってしまうこの旅。しかも雷鳥で、そのうえ自由席より安い指定席。隣に人も来ず、快適な車内でした。A席(琵琶湖が見える側)の指定まではできたんですけど、ネットだとそれ以上の指定ができず、ほんとは「偶数番」っていう指定もしたかったんですけどね・・・。(座席の前に壁があるか窓が広がるかの違い。みどりの券売機ならできる指定。)
 それで、なんか旅行気分であることには違いないんですけど、目的地を考えると不思議な気分になりながら大阪へ。多少遅れていましたが、隣のホームへの移動だったんで、乗り継ぎはできました。ってことで、一旦天王寺で下車。
 これ、前にも書きましたが、一旦大阪市内で切っている「e割きっぷ」を使っているんで、大阪駅で切ってしまうより、天王寺駅で切った方が関空までの運賃が安くなると。まあ、杉本町まで行ってしまうか、関空で清算した方が一番安いんでないかい?っていう話にもなるんですけど、まあ、久しぶりにイコカにも登場させたかったんで。だって最近、この手持ちのイコカ、「物販」ばかりですもんね。多分、昨年11月の「岡電軌」以来、乗り物に乗るためには使っていないはず。

 そして、実は初めての日中の阪和線でして、しかも、日が落ちてからも含めても10年ぶりの阪和線なんです。ってことで、阪和線らしい雰囲気を味わうのは初めてなんです。なんか、初めて乗る路線のような気分になりながら関空へ到着。関空駅も一度は「乗りつぶし」で来ているんですけど、夜だったせいか、ずっとホームがあるところが地下だと思っていたんですよね。地上でした。そんなわけで関空自体は今年2回目なんですけど、まさか年に2回もここから飛行機に乗るとは思わんかった・・・。

(2)飛行機
 それで、「一人で飛行機に乗る」っていうのは生まれて初めてなんです。小学生(3年が最後)の時までは親とでして、あとは高校の修学旅行→前の会社での社員旅行で東京→今の会社で札幌で忘年会(ここまでが7年おきの話)、そして今年の香港、と、すべて集団で乗っている訳なんですよね。

 とは言いつつも「乗れない」とか「訳分からん」って言うわけでもなく、ちゃんと乗れたりする訳なんですけど、一応、スキップのANAでなくて、JALなんで、ちゃんと航空券がある形。発行したところにちゃんとうちの会社の名前が書いてあるのも何とも・・・。

 ちなみに、別に悪いことをしているわけでないんですけど、関空~釧路、っていう飛行機になった理由は詳しくは書きません。同業者の関係者ならピンと来るかと思いますけど・・・。あくまで勤務先が大きく関わっていることだけは確かです。てか、書いても影響なさそうなんですけど・・・。

 ということで飛行機。やっぱりね、なんか納得いかんっていうか、途中が欲しいんですよね。なんせ、関空駅の次に列車に乗ったところが厚床駅だったという、このギャップも恐ろしい話です。しかも関空→名古屋→松本→新潟→花巻→太平洋→釧路、っていうルートをとっているらしく、なんか太平洋行ったり日本海行ったり、すごい忙しいなと思うわけで。(でも小松→羽田って、伊豆大島まで行くらしいし飛行機ってほんと分からん)

 そんなわけで、「1日目」として書いたつもりもなかったんですけど、ちょうど時間なんでこのへんで。

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

北海道方面:日程

 ということで、寝台列車で帰ってきて、そのまま旅行記を書いて会社へ行くなんて、なんて元気なんでしょう、っていう話なんですけど、とりあえず「帰ってきました」という話も兼ねて、日程だけ書いておきます。また例によって明日以降「トピック的」に何か書きます。

 なお、取材済駅は既にお知らせしていますが、「★」で示します。

●9月13日
 【金沢】9:12発-(特急雷鳥16号)→【大阪】12:07着(数分延着)、12:13発-(関空・紀州路快速/紀州路快速の車両)→【天王寺】12:27着、12:49発-(関空快速)→【★関西空港】13:40着、15:00発-(JAL2527便)→【釧路空港】17:00着-(連絡バス・・・阿寒バス)→【釧路駅】

●9月14日
 【釧路駅前】7:35発-(阿寒バス)→【中標津バスターミナル】9:35着…(この間親戚)…【★厚床】14:42発-(普通)→【釧路】16:13着

●9月15日~16日
 【釧路】5:40発-(普通・・・この間、長時間停車で★音別・★厚内・★池田の各駅を取材)→【帯広】8:58着、9:07発-(特急スーパーおおぞら4号)→【南千歳】11:00着、11:05発-(特急スーパー北斗10号)→【函館】13:50着…この間函館市交通局。下に別途記載…16:51発-(特急白鳥32号)→【青森】18:40着、19:33発-(寝台特急日本海)→【金沢】6:19着

 函館市交通局(路面電車)の部分(今回は一電停区間であっても電停間の徒歩なし。)
 ★函館駅前→★魚市場通→★末広町→★函館どつく前→★大町→★十字街→★谷地頭→★青柳町→★宝来町→★市役所前→函館駅前

 ということで、移動時間が長いのと、親戚時間があったことであまり趣味的要素がないんですけど、明日以降また何か書いていきます。

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

青森

ってことで、気分的にはこのまま青森駅前の宿で泊まっていきたいんですけど、明日は仕事やし、ってことで日本海です。
今日の成果は、音別、厚内、池田の各駅と、函館駅前から谷地頭、函館どつく前の各電停です。
ということで手短ですが、今日はこのへんで。

| | コメント (0)

2008年9月14日 (日)

釧路市内にて

 ってことで、たどたどしく携帯メールで打つと思っとったやろ・・・。

 えっとですね、宿泊しているホテルにインターネットコーナーがありまして、それで、ちょっといろいろありまして、今日は16時台にチェックインするという羽目になってしまったんで、割と暇なんで、珍しく旅先でPCなぞ触っております。普段はこういうこと、なるべく避けるんですけどね・・・。

 その16時台にチェックインした理由が、当初の予定では主目的である中標津で4時間しかなかった→と言っても、実際、祖母の見舞いだけならそれでも多すぎるぐらい→いとこと遊ぶし、これを8時間に延長した。同時に宿泊先を苫小牧や千歳などから釧路に変更→そのいとこが都合悪くなった→中標津の滞在時間を4時間に戻したが、釧路宿泊はそのままにした、っていう経緯なんです。

 とは言いつつも、叔母に標津町まで案内してもらったり、帰りは厚床駅まで送ってもらったりと、4時間とは思えないほど充実していたんですが・・・。

 ということで、厚床から列車に乗り釧路に着いて、ほんとは楽に千歳・苫小牧、あるいは札幌まで行けたはずなのに釧路にそのまま滞在することになりまして。

 それにしても、釧路駅、地下のステーションデパートが閉鎖されていたりと、さらに寂しくなっております。

 そういうことで、断片的に書きましたが、日程等を含めてまた帰宅後に書きます。

 なお、ここまでの取材駅は、関西空港と厚床の2駅のみになっております。

| | コメント (0)

2008年9月13日 (土)

更新しました(第574版)

 今回の追加電停…香港路面電車3電停。

 ということで、今週も平日更新をしようかなと思っていたんですけど、ちょっとできず、どうにか早めにアップ。土曜日の朝のうちにやっておきます。

 そんなことで、この路面電車としては初めて撮った「金鐘地鐵站對面」は、実際、下手すりゃアップの対象でないな、と思って、とりあえずすぐ来た電車に乗ってしまったんですけど、一応、それなりに枚数があったんで普通にアップしておきました。ホームからの写真しかないのはそんなことであまりここにいなかったからです。とは言っても、この路面電車の取材をするにあたり、スタートでありゴールである電停です。

 それで、以前から書いていますように、北海道方面へ行ってきます。趣味的要素があまりなく、祖母のところへ行く、とは言っても実際、昨日急遽、いとこの都合も悪くなったりで、やっぱり中標津での滞在時間を4時間程度にすることにしたりと、単に移動をしに行くようなもんなんですけど。順当に行くとJR北海道の列車に今回初めて乗るのは、月曜日になってからなんですよね・・・。(ただし、状況によっては日曜日に乗ることもあったり)

 それで、帰ってくるのが連休明け、火曜日の早朝になりまして、それで更新を早めにやってしまいました。ということで、それまでの間、この日記は思い出したら携帯から何か書き込んでおきますが、往々にして忘れることがあるんでご了承下さい。なお、特に前半は全く趣味的要素がないんで(でもないか・・・)、あまり書き込むことはないかも知れません。

 また、あまりないとは思いますが、ブログに対するコメント、PC宛のメールは確認できませんので、それらに対するお返事は火曜日の夜以降になります。

| | コメント (0)

2008年9月12日 (金)

アラレ

 おはようございます、で書きはじめるのも、今日をもって、しばらく(1週間弱)お休みになるはずなんですけど、場合によっては明日もそれで書きはじめるかも知れません。

 そんなわけで、盆休み(っていうても1日だけで、あとはそれに土日が付属するだけ)に長野方面へ行ってきたとき、信濃境駅前で盆踊りをやっていまして。夕方だったんですけどそろそろ始まったんですよね。

 それで、かかっていた曲がいくつかあったんですけど「アラレ音頭」って。えっと、すごく懐かしいんですけど・・・。若い方のために書きますと「Drスランプアラレちゃん」っていうアニメの、夏の間のエンディングソングです。

 で、列車を待っている間、それを3回ぐらい聴きました。あと、「なんでだろう」の音頭とかもあったんですけど、これはアラレ音頭と別の意味で懐かしい曲ではあったんですけど。

 しかし、それ以来、たまに頭の中に「アラレ音頭」が流れるときがありましてね・・・。こういうものってきっかけがあると思い出したりするもんなんですよね。

 それで、この前の税理士試験の時、表向きの話はさんざん書いたんですけど、ちょっと別の話で、なんかね、会場に向かうときに、昔NHKの夕方の番組で「プリンプリン物語」っていう人形劇がありましたよね。あの、お笑いで、加藤さんと田中さんの「プリンプリン」でなくて、人形劇のほう。

 なんか、そのテーマソングがずっと頭から離れなかったんです。もちろん、口ずさむとかはしないですけど(基本的に歌を口ずさむことはない人)、ほんと、これはそんなにきっかけがなかったと思うんですけど、1回頭の中に流れてしまうと、取り返しがつかないことになるんです。てか、あの人形劇、今冷静に見てみるとすごく面白いと思う。だって訳分からんもん。

 っていう、既に忘れていてもいいはずなんに、不意に思い出してしまうっていうことが結構ありまして、夢でもこういうことってあるんですよね。

 今でもたまに見るのが吹奏楽部時代の夢。しかも決まってコンクールの舞台にいるのに、その曲、吹いたことがないどころか、楽譜すら見るのが初めてっていやつ。で、その曲が、当時吹いた曲でなくて、最近聴いているだけの曲、例えば数年前のコンクールの課題曲とかそんなやつなんですよね。あとは、入試が近づいているのに全く勉強すらしていないとか。

 そういうのと比べるとこの話は最近のもんなんですけど、前職で妙に怒り狂っているみたいな夢も時々見るんですよね。これも3年ぐらい経っているはずなんに・・・。

 っていうことで、普段意識していなくても、古い記憶ってなくならずに残っているもんなんですね。これを毎日思い出していたら大変なんですけど、なんかのきっかけで思い出すみたいです。

| | コメント (0)

2008年9月11日 (木)

タニシ

 次回更新の写真選びをしていたら時間がないよ・・・、ってことでおはようございます。それにしても、時間が経つにつれて、香港路面電車、本格的に記憶が薄れてきとる。ほんと、もう、「どっちの方面を望む」なんか訳分からん状態になってきています。

 最近はアルコール類は月1回ぐらい飲むかな、という、低頻度になっておりまして、「休肝日を設ける」どころの騒ぎでなくなっています。健康診断での事前の問診票でも、週1回を下回る場合って、「酒は飲まない」っていう扱いになるらしいってことで、つまり「飲めるけど飲まない人」になっています。

 まあね、別に飲んでもいいんですけど、飲んでしまったらその日、その後のことはすべて諦めないかんやろ・・・。勉強もできんし、車運転して銭湯に行くこともできんし、運動もできん。そして、眠りが浅くなって、なかなか寝付けんし(酒飲むとそうなる体質)、次の日もなんか早く目が覚める割に眠くて、せっかく押入に上げた布団をまた引っ張り出して寝てしまう・・・、ってこれ、ついさっきの話なんですけどね。

 そんなわけで、昨日、生ビールの中2杯だけですけど、飲んできました。こんなん飲んだうちに入らん、っていう人もいらっしゃるでしょうけど、そこから日本酒に行く気はせんかったんですよね。今週~来週にかけて2週間ぶっ通しで動かないかんし、今から体力を消耗させるわけにいかんのです。

 ってことで、おでんを食べてきた訳なんですけど、おでんの他にいくつかありましてね。「タニシ」って、あの・・・、田んぼにおる貝やろ。そんなん食べて大丈夫なんかね。なんか確かに普通の貝の味でしたけど、生きとるときの姿を思い出すだけに、なんか積極的に食べれんかったです。

 生まれ育った町も、今住んどる町も、あと、金沢に来て最初に住んだ今の隣町もそうなんですけど、砂地で田んぼがそんなにあるわけでないところに暮らしとって、畑の多いところなんですよね。でも、生まれ育った町の場合はちょっと離れると田んぼがあって、例えば小学校2年ぐらいの時は蛸島駅からちょっと正院駅寄り、一つめの警報機のない踏切のところにある田んぼに、よくおたまじゃくしを取りに行ってましたけど、たしかその時、タニシも採ったような気がするんです。で、なんか、それが死んで、妙な悪臭を放っとったような、実際そうだったかどうか確信が持てないんですけど、そんな記憶がありまして。

 ってことで、やっぱり食べるには抵抗があったけど、食べると普通でした。

| | コメント (0)

2008年9月10日 (水)

水曜日

 ほんと、秋ですね・・・。おはようございます。でも「もみじ」の季節でもないんですよね。「秋」って一括りにしますけど、今みたいにそろそろ稲刈りっていう時期と、紅葉の時期って全く違いますもんね。

 っていうことで水曜日。水曜日らしさ、っていうもんが個人的にありまして、まずは通勤途中に見かける金沢港発釜山行きのフェリー。これ、水曜日に出るんですけど、火曜日の夜には停泊していて、水曜日の夜にはいなくなっているんで、水曜日発のはず。てか、金沢-釜山の移動ってほとんどが本州西日本部分の移動なんでないかと思う訳なんですけど、ともかく国際航路。なんか、通勤路途中・家の近所から海外に繋がっているって嬉しくなったりもします。っていいつつ、実際、釜山まで船で行こうかなと思ったら、陸路で下関か博多まで行ってしまいそうな気がする・・・。

 それと、某銀行へ行くために駐輪場から歩いていると、同じビルにウイルコムさんがあるわけなんですけど、そこが水曜日休みなんですよね。そこのシャッターが閉まっていたら「水曜日やな」って感じます。

 という序章を経て、水曜日が「ノー残業デー」だったりする訳なんですけど、かといって、業種柄、突発的に何かあるとそうとも言えない日もあるんで、これが絶対的なものでもないんですよね。ワシだって水曜日と月末が重なるとそうとも言っていられなかったりするんですけど。でも、そういうのがなければ「水曜日やし」っていうて、定時に近い時間に帰ることができるようにコントロールできる職種ではあるんです。

 っていうて、水曜日に他の人より早く帰ろうとすると「帰るん?」っていわれて「貴重な水曜日を・・・」って言うて帰るんですけど、でも冷静に考えると別に水曜日でなくても時間さえ来てしまえば早く帰ればいいわけで。っていう会話をしてみたりします。

 7月頃に試験の関係で割と早く帰る時期が続いていまして、それでその時に結構集中して仕事をする習慣がついたみたいなんですよね。逆にそうなってくると定時の時間が来てしまうと疲れていたりして、能率が極端に落ちているのが分かるわけで、こういう調整ができるなら早く帰るようにしていけばいいんかなと。

 でー、よくある本には例えば昼休み明けから2時とか3時頃の間にこういう、集中力のいる仕事をやれ、みたいなことが書いてあるんですけど、個人的には午前中の方が都合がいいんですよね。午前中の方が目が冴えていたり。っていうことで、この時間帯に割と頭を使うことをやっていて、で、午後の昼休み明けの時間帯って一番眠いんで、頭を使わん仕事、っていうよりも、銀行行ったりとか、ちょっと散歩、でもないけど、眠くてもできることをやります。で、その後にその日の入金の確認やら支払やら、いわゆるルーチンワークっていうやつをやったり、っていう流れができつつあるようで。っていいつつ、いずれその流れに飽きたら、それを壊すのが好きなんですけどね。

 そんなわけで、経理って言う仕事が自分の中で完結しているんで割と調整しやすいんですけど、なんかこれに慣れると、他の人と協力して、あるいは指示して・指示を受けてやっていく、っていう仕事ができなくなりつつあるような気がしております。

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火)

解放!

 おはようございます・・・・。

 っていうことで、最近、ATMで携帯電話使用禁止の札が立つようになってきまして。確かにね、後ろに人が待っとる状態で、携帯電話でしゃべりながら片手間で振込とかして、スピードを落としとる人がおるし、使用禁止やよね・・・(笑)。携帯電話でしゃべりながら運転しとる人おるけど、そういう人って妙にゆっくり走るし、決して法定速度を超えて走れとは言わんけど、例えば制限速度60キロのところで、危険でもないがに30キロとか40キロで走っとる車あったら、だいたいは携帯でしゃべっとる人やもんね・・・。って、違うって?

 まあ、振り込め詐欺よりも、振り込もうとしてFAXの請求書の字が潰れて見えにくくて、ATMのところで携帯を使って問い合わせる方の確率の方が高いような気もするけど・・・、ってあんまりFAXで送られてきた請求書を振り込むことになる業界も多くないか・・・。

 さて、違う話になりますけど、最近、旅に出たときの宿泊施設が変わってきまして。ちょっと前なら健康ランドかカプセルホテル、っていうことをやってまして、その前、大学生の時は夜行快速列車が主やったかな・・・。夜行座席列車については最近は全く乗ってません。最後の夜行座席列車は急行能登で、2001年10月。これですら座席夜行が久しぶり、っていう状態でその前が1999年5月の急行利尻。社会人になってからはその2回だけみたいで、それ以前では1997年3月(大学を卒業する月)のMLえちごにまで遡ります。

 寝台特急なら1年に1回は乗ることがあるけど、座席夜行はそんな感じで、長いこと離れています。

 で、その後はサウナ・健康ランドっていう、揺れずに眠れるところを覚えてしまったんですけど、それも最近は下火になってまして、カプセルホテルがあればそっち、で、なければビジネスホテルっていうことになってきています。

 かつては駅から40分とか歩いて健康ランドに泊まりに行ったんですけどね、年齢のせいかなと・・・。かといって、去年のGWに久しぶりに青森の健康ランドに泊まったんですけど、雑魚寝でも結構快適やったんですけど。あと最近増えてきたのが、この前の長野方面のように宿泊施設併設の健康ランドで、ちゃんと部屋を取るということ。これだと風呂と宿泊の両方満足できるんですよね。

 そういうことで、以前みたいに「ビジネスホテルなんて贅沢な・・・」っていう思いがなくなってきまして、逆に駅前のビジネスホテルだと、朝早くから動けて1日を有効に使えたりするんで重宝しています。「区間全駅」なんて、場所によっては運転本数の多い朝の時間帯が勝負だったりするところもありますからね。

 それで、この前もちらっと書きましたけど、ビジネスホテルって、結局は本でももっていかない限り、テレビを見るぐらいしかすることがないんですよね。もちろん、パソコンでも持ち込めば、もう、家にいるのと変わらない生活になりますけど、荷物になるしそれはやめといて。で、この「やることがない空間」に「引き篭もる」っていうのが、逆に楽しみになりつつありまして、たまに無性にビジネスホテルに泊まりたくなるときがあるんですよね。

 カプセルホテルだと占有する空間が限られていて、逆にそれが嬉しいときもあるんですけど、例えばカバンなんか別の階のロッカーにあったりしまして、本なんかも持ち込まないこともありまして、「寝るだけ」になるんです。ただ、こっちの方は衣類も含め、全く自分のものを持たずに動きますし、「何もかも解放された状態」になるんです。で、普段の世界と結びつけるのはロッカーの鍵だけ、っていう状態。(もちろん、携帯とか本とかをロッカーに置いたままっていう前提)ビジネスホテルの場合はベットの脇にカバンとか着替え、携帯に財布なんかは置いたままになります。

 だから、究極に普段の世界から解放されるのがカプセルホテル(ただし上に書いたとおりの前提。それを求めるから逆に何もカプセル内には持ち込まない。)、ある程度自分の普段の生活を目の前に置いた状態がビジネスホテル、っていう考え方もできまして、ただし、占有空間の問題でできることが違うのですけど。

 ということで、似ているようでちょっと違うこの「カプセルホテル」と「ビジネスホテル」。その時によって気分的に求めているものが違うんですけど、って書いているとなんかカプセルホテルで普段から解放されたくなってきた・・・。この文章を書きはじめるまでは、ビジネスホテルでやることがない状態で引き篭もりたかったんですけどね。

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

 おはようございます。

 っていうことで、旅の計画を頭の中で練り出すと、他のことが手に付かなくなってしまう、っていうことで、なんか木曜日あたりから他のことが手に付かなくなってしまっていたわけです。来年の試験に向けた講座も始まっていて、第1回目の講座を3分の2だけ聴いて、それっきりになっていたりと、これは危険なことやな、と思いつつ。

 で、何となく土曜日のうちに「中標津に4時間しか滞在できない」という問題も解決し、要はその日、朝から釧路-(バス)→中標津-(バス)→釧路-(スーパーおおぞら)→南千歳、で、千歳か苫小牧で宿泊、っていうことにしようとしていたのを、その翌日の函館での滞在時間を半分犠牲にして、釧路で宿泊することにして、どうにか解決ました。それで、これ以上うじゃうじゃ言っていてもしょうがないんで、昨日、別件で金沢駅に行く用事もできたんで、思い切って旅の計画をきっぷの形にしてしまうことにしました。

 そんなわけで、イコカを使おうと思っている大阪市内-関空の間と、朝起きた時刻次第で動きが変わってしまう釧路-南千歳間の特急券を除いて、金沢できっぷの形に出来るものは全部きっぷになりました。あと、2泊分の宿泊もネット上で予約も完了。ってことで、ようやく試験勉強ができます。

 そんなわけで、金沢-大阪間のe割きっぷも初めて買うことができまして、カード決済してあればカードを入れるだけで「みどりの券売機」からきっぷが出てきてしまうんですよね。あと、「乗車券+自由席特急券」で1枚と、「指定席券」で1枚という構成でした。何となく指定席回数券みたいな雰囲気です。

 話が変わりまして、某信用金庫が創立100周年、っていうことで、訳分からん記念品を作ったようで、会社に届けられまして、結局誰もいる人がおらん、っていうことで、もらってきたんですけど、「卓布」です。

 えっとですね、例えば生け花の花瓶の下敷きにしたりする感じの(実際そうするかどうか知らんが)布なんですけど・・・。とりあえず「昭和初期の金沢市内」っていうことで、路面電車の絵が描かれていたりするんで、もらっては来てみたんですけどね。やっぱりワシの部屋でも使い道がない。っていうことで、とりあえず窓の前に広げて置いてあったりします。

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

更新しました(第573版)

今回の差し替え駅…名立・有間川・柏崎・関山の各駅
今回の廃止駅(気になる駅として)…燕三条・夜明の各駅
掲載場所移転駅…船尾・増毛の各駅

 ということで、ここでは以前に予告させていただいたんですけど、この数年間の懸案だった「気になる駅」廃止をようやく実行することができました。ほんと、最後に名立・有間川・柏崎の各駅を再取材することによってようやく実行できたことなんですけど、何となくこの3駅については晴れたいい状態で写真も撮ることができました。

 それで、それ以外の話は以前予告したとおりになっていまして、燕三条・夜明の各駅は掲載を廃止。増毛駅は「仮置き場」扱い、船尾駅は、ここだけはどうしても以前に載せた状態で残したかったんで(今は状況が変わっているらしい)、「特別編」として残しました。

 あとは「このサイトについて」の文章を若干変えたのと、自己紹介をそのページに統合したこと、さらに、「更新履歴」にも書きませんでしたが、「区間全駅」のトップページ最初の説明を若干短縮させたのと、「取材済・未掲載駅のご紹介」について、未掲載駅を分類する方式にしたということもやっております。

 そんなあたりが今年の(って、毎年意識してやっているわけでないですけど)構成更新の内容かなと思います。もうちょっとやりたいことがあれば、今月中に何かしますけど(「区間全駅について」「リンクについて」の各ページをちょっと修正したい)、特に思いつかなければしばらくはこの形で行こうかと思っております。

| | コメント (0)

2008年9月 6日 (土)

来週

 ということで、展開が早くてですね、次の旅の計画なんぞ考えているんですけど、しかも来週の話。来週の今頃は「そろそろ出ます」という話になっているはずなんです。

 それで、以前ちょこっと書きましたが、町内の祭りを不参加にしてまで北海道へ行ってくることになるわけで、しかも今回の主目的は祖母のところへ行くということ。誰が来たか分かってもらえる段階で会える機会ってもうそんなにないはずなんです(決して病状が悪いわけでなく、近年の言動と年齢から)。っていいつつ、10年後に、「10年前もそんなこと言うて行ったな」っていう話になるかも知れませんが・・・。でもその頃には実の娘である、うちの母親は70歳やしな・・・。

 でもその「主目的」の割には滞在時間が4時間ちょっとだったりと、ほんと行って帰るだけになるんですけど、しかも祖母の家は、根室本線上尾幌駅の近くにあるんですけど、今はそこに誰も住んでおらず、中標津町の老健施設にいるわけで。だからほんと、中標津まで飛行機で行くようなことをしない限り移動時間がすごいことになる訳なんですよね。

 そういうことで、実際、札幌あたりまで行っても、そのついでに行く、っていうことはなかなかできないところな訳でして、一応今回は主目的を駅の取材でなく、そっちに持っていくことにして、次回は(来年あたり)函館~札幌あたりを主目的に行けばいいんかなということになるわけです。なお、今回はちらっと半日ぐらい、隙間を作りましたんで、そこでは何かできるはずです(内容は考えてあるんですけど)。

 でー。以前ちらっと書きましたけど、諸事情ありまして関空から釧路まで飛行機に乗るわけです。帰りはスーパーおおぞら→(スーパー)北斗→(スーパー)白鳥→日本海、という流れになり、火曜日早朝帰ってきて、そのまま出勤という、とんでもない流れを考えていたりする訳なんですが。

 ということで、割と余裕があるのが1日目。その関空-釧路の飛行機がなかなか変な時間に飛んでいる関係で、実際、前日に仕事終わってそのまま日本海→白鳥・・・・、ってやっていくのと釧路到着時刻がほとんど変わらない、っていうことになるんですけど、まあ、家を出る時刻が12時間違うのは大きいかなと。

 それで、「金沢-関西空港」っていうJRの移動を考えても、なんかね、結構いろんなきっぷのパターンが楽しめたりしまして、ちょっと昨日遊んでました。

 一応、これで行くと片道だけしか買わないんで、「関空往復割引きっぷ」「関西往復フリーきっぷ」は対象外になります。それで、一応、雷鳥→はるか、ではなく、雷鳥→関空快速、っていうことになると、普通は「金沢→関空」の乗車券と、「金沢→大阪」の自由席特急券、っていうのがデフォルトになる訳なんですよね。

 で、ここで考慮したくなるのが「e割きっぷ」っていうやつ。せっかくJ-WESTカードを持っているんで、金沢-大阪間なら通常期より580円安くなる、っていうネットで予約して、J-WESTカードで決済する、っていうやつを使ってみたいんですよね。

 普段は新大阪で乗り継いでそのまま新幹線で西へ行ってしまったり、ってなると在来線の特急料金割引を使うんで、このきっぷは使えず。あるいは関西往復フリーきっぷを使うんで、やっぱりこのきっぷを使えず、っていうことで使えず終いだったんです。

 さて・・・、場合によっては京都で切ってもいいよ(京都-関空はイコカを使用。乗換が増える)、って思いつつ。誤りがあるかも知れませんが、内訳を示さずにざくっと書きますと

1.金沢-関空の乗車券と金沢-大阪の自由席特急券 7,980円
   ・・・実は京都で新幹線に乗り換えた方が自由席ならば安くなるんですけど、それはおいときます。
2.金沢-大阪のe割きっぷと、大阪-関空 8,020円
3.「2」の大阪を京都に置き換えた場合   8,010円

 えっとですね、「1」では自由席を使っているのに、「2」「3」では指定席になってしまうんで、こういうことになるんですけど、実際、「1」を指定席にすれば十分安いんですよね。だって金沢発でわざわざ雷鳥の指定席なんか取る気ないもん・・・。でもまあ40円で指定席に座れるって思えばそれでもいいんかな。どうせ敦賀あたりで自由席に乗る人の誰かが救われるわけやし。

で、ところで、「e割」の乗車券区間が「~大阪」でなくて「~大阪市内」っていうことになるなら、乗換は増えますけど大阪駅で改札を出ずに天王寺まで一旦行って、そこで改札を出ればいいんですよね。実際、大阪市内ならもうちょっと行けますけど、関空快速っていうことを考えると不利になるし、ここは天王寺。そこで「2」を変形させると

4.金沢-大阪市内のe割きっぷと、天王寺-関空  7,890円

てか、ここで新今宮から南海に乗ってしまえば、とかいろいろあるんですけど、確か阪和線って、日が出ているうちに乗ったことないんですよね。むしろ2年ぐらい前に貝塚まで南海で行ったことを考えると、今回はJRに乗りたいんで。

 わざわざ天王寺まで行って降りることになるんですけど、京都・大阪・天王寺~関空についてはイコカを使うことを考えると何処かで改札を出なくてはならないんで、そんなに大変な話でもないかも知れません。

 ということで、単に関空に行くだけ、しかも最初から「はるか」と南海は対象外にしたのに、えらいいろいろ考えてしまったなと。てか経路は一緒なんですけど、単なるきっぷの問題で。

 というか「e割」って、一旦空席のある列車の指定席を取る→発券せずにネット上で満席の列車に変更する、っていう手順を踏んだ場合に限り、自由席用が出てくるらしいんですけど、まあ、そこまではいいか。乗ろうとしているものでない別のサンダーバードが満員で、一応出せないわけでないんですけどね。

 と、あと頭の中で迷っているのが行きは最も早いやつを選ぶとして、帰りの中標津~釧路の移動手段。これもね、1.この区間の直通バス、2.中標津→標茶、3.中標津→厚床、で、2・3についてはその後はJRを使うことにするという3パターンがあるんですけど、帰りのことを考えるといまいち接続が悪くて、ちょっといろいろ迷ってます。

 今回、駅の取材もほとんどないんで、そんなに迷うところはないはずなんですけどね・・・。

| | コメント (0)

2008年9月 5日 (金)

スーパー

 おはようございます・・・。ということで、久しぶりに普通の日記に戻る訳なんですけど、やっぱり普通の日記の感覚を忘れています。っていうことで、しばらく書かない(別のことを書いていた)間に起こった、くだらない話をちょこちょこと。

 一昨日、久しぶりに車で通勤しまして。確か、GW明けから考えて、土曜日に1回、雨が降ったんで車で行ったのと、車検に出していた車を会社に行く途中に取ってきたという2回を除いて車で行くことがなかったんです。それだけ、梅雨時も含め、この4ヶ月ほど、会社へ行く時間帯に雨が降っていなかった(あるいは小雨だった)っていうことねんけど・・・。でも一昨日は本格的に降っていまして、久しぶりに車で通勤。なんか、この感覚、久しぶりやなと思いつつ、どうにか信号の感覚も思い出しました。

 で、次の話。会社の近所にスーパーがオープンしました。っていうても、そこ、(分かる人とりあえず1名のために書くと、)もともとBというスーパーがあって、そこが会社ごと別のスーパーに吸収されたようで、ある日、Tというスーパーになったんです。それがいつの間にかなくなって、業務用スーパーになったんですが、ある日突然、開店しなくなりまして、しばらく放置状態だったんですが、この度、某津幡資本のKというスーパーになったわけです。

 その場所って、前の会社と今の会社のほぼ中間地点にありまして、どっちからでも歩いていけるわけなんです。だから、昼食を買うことに関しては10年ぐらいのお付き合いな訳で。あと、もうちょっと離れたところにあったNというスーパーも、いつの間にかKというドラックストアーになってますし、ってなると、この近くの人らって、コンビニ以外なら買い物をするときはA(H)という大型ショッピングセンターに行くんかな・・・、でも微妙に遠いな(車なら近いけど、歩く距離でないし)って思ってたんですよね。

 そんなわけで、スーパーができたところで昼食の惣菜・弁当にしか用事がないんですけど、しばらくコンビニに慣れていて、その間にカロリーとタンパク質の量に制限を設けて(700キロカロリー以下、タンパク質30g以上)昼食を買ってましたんで、たまにスーパー来ると何買うていいか分からん・・・・(笑)。いかに最近、数字に囚われた昼食選びをしていたか思い知りました。てか、コンビニでEdyに慣れてしまうと、現金を出すのがめんどくさい。

 それで、そのスーパー開店前日とその前日にポイントカードを作りに行くと、ポイントカード代が無料(通常50円)と、エコバックが当たる、っていうことで、行ってきたんですけど。でもこのポイントカード、最小交換単位に達するまで、端数を無視して84,000円買わないかんのですよね。そしてそれをさらに何かにするためには、例えば1,000円のお買い物券なら、その3倍とか・・・。ってことで多分、このポイントカードがいっぱいになることはないはずなんですけど、とりあえず、レジでポイントカードを出す、という自己満足のために作ってみました。

 とはいいつつも、半分以上は依然としてコンビニになるはずやし、そのコンビニのEdyカードに付くポイントだと1年間昼食を買い続けるとだいたい2,500円分ぐらいの商品券になるし、そっちの方がいいや、ってことで。ただ、スーパーって、味噌汁とか缶詰を買いだめするには便利なんかもね。コンビニで味噌汁を、1回分ならともかく、まとめ買いはする気にならんのですよね・・・。

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

更新しました(第572版)

 今回の追加駅・電停…東海道本線島本駅、山陽本線和田岬駅・長崎電気軌道 八千代町電停・長崎駅前電停。

 そういうことで、今回は平日の「臨時更新」扱いです。なおかつ、通常の更新です。順当に「鉄道駅」を4駅のつもりでした。しかし、一旦、6月の取材分2駅を出し切って、あとは次回長崎電気軌道を追加する番にもかかわらず、他のことをするため、今回先に2電停だけアップしておくことにしました。そのため、若干変則的な更新になっています。

 島本駅をアップすることにより、先日の更新を含めて今年3月15日新設駅の中で、長崎~函館の繋がりの中に入っている駅はすべて追加。(改称は含みません)

 次に和田岬駅なんですが、これ「区間」としてどう扱おうかずっと迷っていまして、一駅で一区間をなしてしまう場合、そういうものを集めたものを作ろうかとか(例えば南千歳駅を「千歳線 沼ノ端-白石間」という区間で扱ったとすれば、新千歳空港駅をこういう扱いにできる)考えていたんですが、つまりこの例でいくと、掲載の都合上、兵庫駅が他の区間(山陽本線 神戸-姫路間)に入ってしまうだけで、それを含めて「区間」が完成しているのだから、単純に一駅でも「区間」として考えればいいのかな、ということで、「区間」としては最小の、一駅で一区間を構成させることにしました。

 なお、この和田岬駅を追加することにより、北陸本線・羽越本線・関西本線に引き続き、JRの本線としては4番目の全駅掲載路線がこの山陽本線となりました。この駅があったがために、山陽本線全駅掲載、という扱いにはできなかったんですよね。

 あとは長崎電気軌道。1系統と3系統の共用区間が終わりまして、次回から1系統だけの区間に入ります。

 そんなわけで、次回の更新(今週末~来週初)については、先日ここに書きましたように「気になる駅」を完全になくしてしまう更新を予定しています。サイトの構成がある程度変わりますので、ちょっといくつか変わる点があります。そのため、その用意を始めてしまったら、次回更新まではサイトに誤りがあったとしても修正する対応ができませんのでご了承下さい。

| | コメント (0)

2008年9月 3日 (水)

長岡方面~トピック的(2)

 ということでつづき。といいつつ今日は時間がありません。

(5)天気
 そんなことで今回懸念されたことが天気。ずっとこの日曜日って、週間天気予報では「晴れ」だけでないにせよ、割と晴の割合の多い日だったんです。でも、特に太平洋側で大雨になったように、かなり雲行きも怪しくなってきて、直前になって日曜日は雨が降るという予報に変わっていったんですよね。

 でも、事情によりこれを1週間延ばすわけにも行かないし(しかも、1週間後って、また雨の予報が出ている)、天気予報が雨に変わったときは既にビジネスホテルのキャンセル料が発生する日になっていたし、ということでともかく行ってしまえ、という日になったんでした。

 でー、朝のうち、ちょっと雲が残ったものの、割といい天気でした。この前の長野といい、天気が悪い中で地域的によかった、という日に恵まれたのが今年の夏の旅だったと思います。

(6)柏崎から直江津まで特急
 これね、ほんと、そうしないと後の予定も滅茶苦茶になったんですよね。普通列車まで待つと、柏崎での待ち時間も長いし、直江津でも1時間半待たないと北陸本線の普通列車が発車しない、という話になったんです。ここで特急を使ったんで、柏崎で降りても、直江津から先は全く影響を受けない形になったのでした。

(7)水橋駅
 それで、この帰り道、有間川から乗った普通列車が富山行きで、なおかつ、金沢着の普通列車が黒部始発。ということは黒部から富山までのどの駅で乗り換えてもいいという話になるんです。なおかつ、黒部始発ということは3両だし、この後の富山から金沢方面の普通列車が6両が多い中で、ちょっと混みそうということは富山で乗り換えるとちょっと不利かな、という結論になりまして。

 で、水橋駅を選んだのが、「区間全駅」の本文を御覧頂くとお分かりのように、この駅は土砂降りの中撮ったんです。この後の帰りの列車が抑止になるぐらいの雨でして・・・。だからかなり悲惨な状況なんです。ということで、ちょっとそういう気になっているところは今後差し替えていこうかな、というものの手始めとしてこの駅にしました。天気もよかったんで、差し替えるとだいぶ改善されるはずです。ただし、雨の方が好きな方には改悪になるかも知れませんが・・・。

(8)駅名標がない
 えっとですね、詳しい駅の話については後で「区間全駅」本文に載せますので省略しますけど、越後滝谷と八色の各駅は、ちょうど移行期なのかどうか分かりませんが、駅名標が存在しませんでした。去年八色駅を通ったときはあったような気がしたんで、もともとないわけではないんでしょうけど、一応今回「取材日現在の状況をご紹介する」という主旨のもと、駅名標のない状態で掲載します。

 越後滝谷駅はホームにある縦書きのやつがあったんでそれを代用しますけど、八色駅はですね・・・。時刻表にある、表題部分の右側に「八色駅」って書いてあるあれぐらいしか、駅名を示す文字がなかったみたいなんですよね。駅近くの交差点名も違う名前だったし。とりあえず、代用品を使います。

 そんなわけで、一応、旅行記部分は今日まで。明日はおそらく更新ができると思います。「気になる駅」を差し替える更新ではなく、通常の更新。只今4駅予定中、3駅できています。ちょっといつもと違うパターンにします。

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

長岡方面~トピック的(1)

 そういうことで、昨日のつづきです。長岡方面(?)へ行ってきたときの話をいくつかかいつまんで・・・。

(1)間に合うか?
 実は今回、天気もさることながらこの13:44に間に合うかどうか、っていうことがものすごい懸念されたことなんですよね。っていうか、別にこの日は長岡行って泊まるだけなんで(ただし、天気がよくて明るかったら柏崎駅に降りるつもりだったんですけど、暗かったんで中止)別に1本遅れてもどうでもいいんですけど、この後の列車だと、何処かで接続が悪くなりまして、結局、「順当な接続」になる列車がこの後は15:35発、長岡着20:35というものになってしまうのでした。

 ということでうちの会社、こういう時は「はよ帰れ」って言うてくれる会社でして、別にちょっと早めに帰ってもいいよ、って言われたりもするんですけど、一応、13:30ちょうどに会社を出まして、5分で金沢駅自転車置き場着。ちゃんと発車5分前には金沢駅6番のりばにいました。

(2)春日山駅へ?
 直江津から一旦長野方面へ行って、一駅向こうまで行っていますけど、別にこれ、深い意味があるわけでなく、単に直江津駅での待ち時間が長くなることと、「くびき野」で列ができてしまって、それに並ぶのが面倒だったことによるものです。単なる時間調整。普通のきっぷだとできない(追加運賃が必要)な話なんですけどね。

(3)長岡駅
 ということで、地震から復旧して初の長岡駅。かなり変わった、首都圏の駅みたいになった、っていう話は伺っていましたが・・・。

 なんかこの駅、コンパクトになってません?。むしろ越後湯沢とかの方が広いっていうか。多分、新幹線の乗り換えもものすごい楽になったかも知れん・・・。ってこのへんは前から一緒か・・・。ホームなんかそのままですし、階段を上って行ってからの話なんですけど、なんか以前より小さくなった、そう見えるだけか、とにかくコンパクトになったと思ったのが第一印象。基本的に大きさはそのままのはずなんですけどね・・・。

 で、次に。この駅、大好きなうどん屋さんが合ったんですよね。「やなぎ庵」っていいまして、改札の外からも中からも入れたところでして。んで、今回「長岡庵」という、改札内に小さいうどん屋さんがあったんで、改札外にまわってみたところ、それらしきもんがなくて、結局また改札内に入ってしまったんですけど、うどん屋さん、ちっちゃくなってました。それで、メニューの大幅に少なくなっていて、お目当ての「めかぶうどん」がなくなっていまして。

 とりあえず、「冷やし山菜うどん」を食べたんですけど、うどんのコシだけは前のままやったかな・・・。でもこの駅に来る楽しみの一つがなくなってしまったなと思いました。

 で、次。土曜日のこの出勤の時って、昼食を食べて(ただし、昼休みはまともに取らない)の13:30までの出勤、っていうことなんですけど、月末でバタバタしているくせに、完全なる定時帰りだったんで、昼食は食べていませんでした。ということで、富山駅でうどんを食べて、それで、長岡駅でもうどんを食べて。

 っていうことは、これで夕食が終わりですよ、っていうにはなんか寂しい。でも、定食をガッツリ食べる程でもない、っていうことで、駅内の「食品館」で、なんかないかなと思って見たら、ありました。金沢駅にもある「京樽」のお寿司。っていうことで、海鮮ちらし寿司を買いまして、そのままホテルまで持っていこうということで。

 それで、お会計。スイカが使えるんですね。ということは、イコカも使える、ということでして、便利に使わせていただきました。ついでに翌朝のパン・おにぎりもこれを使いましたし、今度関西・山陽行ったらクイックチャージしてこな・・・。でも「スイカですね?」って言われて、面倒やし「はい」って言うたんですけど、「スイカ」って言われながら、「イコカ」を使うのはなんか不思議な気分です。地元では「エディー」なんですけどね。

(4)宿泊
 今回、こっちの方向ならいつもは東三条からバスに乗って、あるいは帯織駅から無理して歩いていく健康ランドがあるんですけど、次の朝も早いし、しかも東三条からのバスにも間に合わんし、ということで、長岡でビジネスホテルを予約しました。土日限定で安くて、しかも楽天のポイントを使っていたりしまして、結構お得でした。

 それで、今回の隠れたテーマが「ビジネスホテルに引き篭もりたい」っていうことで、なるべく早く長岡駅に着こうとしたのもそういう理由だったりしまして。あと、大浴場のあるビジネスホテルにしなかったのもそういう理由だったりしまして。

 なんかね、パソコンもないし、テレビを見るか、持っていった本を読むしかない、なんなら早く寝るかな、っていう状況に置かれるのって、結構好きなんですよね。占有する広さもそれなりにあるし、狭いけど風呂にも入れるし。っていうことで、結構楽しませていただきました。

 そういうことで、やっぱり1日目の話だけで結構な分量になってしまいました。ということで、やっぱり続きはあります。ただし、2日目は量は少ないはず。

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

長岡方面~日程など

 そういうことで、昨日帰ってきました長岡方面への旅、っていうか、何処方面って言うのがよく分からないんですけど、とりあえず日程を。

●8月30日(土)
(9:30~13:30出勤)…【金沢】13:44発-(普通)→【富山】14:38着、15:02発-(普通)→【直江津】16:54着、17:07発-(普通)→【春日山】17:12着、17:21発-(快速くびき野)→【長岡】18:31着

●8月31日(日)
【長岡】6:35発-(普通)→【☆越後滝谷】6:46着、7:34発-(普通)→【☆小千谷】7:41着、7:56発-(普通)→【☆小出】8:14着、8:41発-(普通)→【☆越後堀之内】8:45着、8:58発-(普通)→【☆八色】9:07着、9:33発-(普通)→【長岡】10:14着、10:22発-(普通)→【★柏崎】11:06着、11:28発-(特急北越4号)→【直江津】11:52着、11:57発-(普通)→【★名立】12:12着、12:40発-(普通)→【★有間川】12:44着、13:28発-(普通)→【★水橋】15:01着、15:38発-(普通)→【金沢】17:11着

注)「☆」は「区間全駅」としての新規取材駅
  「★」は、「区間全駅・気になる駅」兼用ページ差し替え用取材(柏崎・有間川・名立)及び「区間全駅」差し替え用取材(水橋)を示します。

使用きっぷ:「青春18きっぷ」2日間分、及び柏崎-直江津間の普通乗車券・自由席特急券(長岡駅指定席券売機で朝、事前に購入)

 ということで、予定通りで、何もひねりもない、っていうよりひねりようがないんですけど、上記のような感じでして、一応これで、上越線宮内-水上間の残っていた5駅と、「気になる駅」として残っていた差し替え必要駅3駅を再取材しました。なお、突如現れた水橋駅はまた後ほどコメントします。

 そんなわけで、また明日、トピック的に何か書きます。特に今回、そんなにネタはないんで、1日で終わるはずなんですけど、さて。

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »