« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月26日 (日)

更新しました(第581版)

 今回の追加駅…香港路面電車の4電停。

 ということで、なんとか生き返りまして、更新はできました。ということで香港路面電車4電停追加。うち3電停はものすごく近寄った場所にあるんですけど、まあ、合わせて4電停としてカウントしてください。

 香港路面電車もあと5電停(うち1電停は、西・東別の電停名ですがすぐそばにあるんで一駅としてカウント)です。1駅分残すとややこしくなるんで、5電停全部やってしまおうかどうか検討中です。

 あと、ちらっと前、書きました「区間全駅について」の書き直したものもアップしておきます。項目に分け、項目ごとに最初に原理原則を枠囲みで書き、あとは詳細を細目をつけて書いたあと、最後にQ&Aという構成にしてみました。Q&Aについては、過去に書き込みやメール、あるいは話の中で出てきたものを中心にまとめてあります。(一部そうでないものを想定したものがあります)

 また、以前書いていた内容をそのまま流用した部分もあります。

 といっても、このブログまでたどり着いていらっしゃる方にはいつも御覧になっていらっしゃる内容なんですけどね・・・。改めてまとめてみましたという内容です。

| | コメント (2)

2008年10月19日 (日)

更新しました(第580版)

 今回の追加駅・・・信越本線 三才・北長野・長野・安茂里の各駅。

 そういうことで、さて、何府県目になるのか、とりあえず県庁所在地駅が繋がりまして、そこから一駅通り過ぎ、安茂里駅へ。

 何か最近、鉄道駅のアップがものすごい楽というか、気分的にすーっとできてしまうんですよね、そろそろ、「路面電車に力を入れる」という流れに陰りができてきたのかどうか・・・。

 ただ、何か今回、特に安茂里駅なんか、写っているものが「構内の様子」ばかりだな、と思われた方、はい、その通りで、実は今改めてみてみると、駅前の様子とか撮ってないんですよね。駅前のスーパーでパンやら惣菜を買って、ホームで食べていると、予想外の臨時列車が入ってきて、それに乗った・・・、ってことで、まずは昼食を食べな、と思っていたら、いろいろ写真を撮るのを忘れたみたいです。まあ、そんなこともあります。

 ってことで、次回は、香港か・・・。

| | コメント (0)

2008年10月17日 (金)

草津線など:トピック的3

 そんなわけでつづき。

(8)信楽高原鐵道
 実際必要なかった草津線の「予備日」として、突如前々日に思いついたこの信楽高原鐵道。ほんとね、「区間全駅」って、ずっとこの区間をやりたいな・・・、と思い続けて何年もやっていないところもあれば、こうやって今まで全くやろうと思ったことがないのに、数日前に突如思いついてやるところもあるんですよね。

 前者の例は、北海道の函館から先はおいといて、例えばしなの鉄道とか、こっちは完了しましたけど富山地方鉄道上滝線とか、やろうやろうと思っているのになかなか達成しないところが多く、後者の例としては、2年前の水間鉄道とか、あと関西本線なんか当日の天気で思いついたところですもんね・・・。だから「区間全駅」で、「今後の方針は?」って言われても困るんです。

 それと、ふっと思いつくんですが、すぐに行かなかったために、今のところはどうでもよくなっているところも結構あるんですよね。紀州鉄道とか、小海線とか。このあたりは突然行きたくなって、でも事情が許さなかったら、そのあとはどうでもよくなっているところであります。(小海線は今後は分かりませんが・・・)

 さて、そんなわけで、急遽、初乗車も兼ねて貴生川駅から信楽高原鐵道へ。まずは一通り乗りまして、何となく神岡鉄道に近い印象を持ったかも知れません。紫香楽宮跡まで全く駅がなく、そのあとは細々と駅がある、という仕組み。神岡鉄道の場合は飛騨中山駅など、山の中を走っている間に3駅があったんですけど、なんとなくそれに近い構造みたいです。

 それで、各駅の印象は「区間全駅」本編に譲りますんでここでは書きませんが、天気もよかったこともあり季節を感じることもでき、また、各駅も個性的で、よかったなと思いました。

 それと、紫香楽宮跡駅から雲井駅までの間は距離が短いんで本当は歩こうかと思ったんですけど、紫香楽宮跡駅から貴生川方面にちょとだけ歩くとあの事故現場がありまして、そこへも訪れたために、時間がなくなり、列車を使いました。

(9)近江鉄道
 たまたま信楽高原鐵道の乗り放題のきっぷを買おうとしたら、近江鉄道も乗り放題だった、っていう程度の意味で、JR乗り放題のきっぷを持っているのに近江鉄道に乗ってしまった訳なんです。

 印象。えっとですね、なんかいろんな意味で富山地方鉄道なんです。もちろん、駅名標が富山地方鉄道と同じ、ってこともあるんですけど、例えば乗換で降りた高宮駅なんか、富山地方鉄道の寺田駅と同じ構造なんですよね・・・。

 あと、富山地方鉄道と同じ、っていう意味ではないですけど、トンネルがあったり、東海道新幹線と並行している距離が長かったり。今まで近江鉄道って、米原・彦根・近江八幡の各駅でちょこっと見えるあの状況しか分からなかったんですけど、結構面白いことが判明。ほんとね、私鉄に関しては「乗らず嫌い」が多い人間だと思ってます。

 ってことで、この路線、全く意識にない路線から、一気に「区間全駅待ち」路線に昇格。結構行きやすいところなんですよね。普通列車で行くなら、「北陸おでかけパス2,000円」に長浜-米原間190円往復をくっつければいいし、急ぐなら米原特急往復でもいいし、米原まで行ってしまえば、あとは近江鉄道乗り放題のきっぷを使えばいいし。

 そういうことで、貴重な「区間全駅日帰り圏」でもありまして、すぐにではないですけど、春から夏にかけての湿潤な時期(ただ、この時期、試験勉強との兼ね合いがあるんですよね・・・)に是非ともと思っておりますが、さて。

(10)滋賀県JR線
 そんなわけで、今回をもちまして4県目になるんですけど、滋賀県のJR全駅を取材することができました。私鉄も含めて、となると近江鉄道と京阪があるか・・・。

(11)遅延
 それで、第三セクター・私鉄に入り浸っていたので影響がなかったんですけど、この日、JR神戸線内での人身事故2件立て続け、というやつ。米原駅から多少影響がありまして、まずは近江塩津行き新快速が、姫路から来たやつでなくて、急遽、米原始発のものになりました。

 あとは、近江塩津駅で乗り換える、湖西線から来る新快速も15分遅れたのですが、これは北陸本線での普通列車の接続の悪さに助けられ、敦賀以降は事なきを得ました。

 そんなわけで、ちょっと引っ張りましたが、多分、これでだいたい書き尽くしたと思いますので、明日からは普通の日記、といいつつ、もう更新の日が近づいています。

 なお、今回取材分は、多分、早くて年明けのアップとなりますのでご了承下さい。 

| | コメント (0)

2008年10月16日 (木)

草津線など:トピック的2

 それではつづきを・・・。

(5)大阪へ
 そんなわけで、実際は草津でも野洲でも、あるいはちょっと離れて津でも、そんなところのビジネスホテルに泊まればよかったんです。それで、実際、チェックしてまして、そんなに高い値段を出さなくても泊まれる場所も空いてました。

 しかしね・・・、なんかカプセルホテルに泊まりたい気分やったんです。なんか最近、カプセルホテルとビジネスホテル、どっちかに泊まりたい気分、っていうのがありまして、今回は明らかにカプセルホテル。うまく理由が説明できんのですけど、とにかくこれは泊まりたい方向に行くのが吉、と考えまして、わざわざ滋賀県から三重県、京都府、奈良県を経て大阪府まで行ってしまったんです。

 しかも、このカプセルホテル、多分回数的には近年の中では一番多い宿泊数かなと思うところで、今年2回目。もうね、面倒なんで今回は道頓堀にも寄らず、JR難波駅からまっすぐそのカプセルホテルに行ってしまいました。

 それで、「カプセルホテルを満喫する」という目的だったんで、夕食・朝食ともそこで食べることにしまして、そういや朝食は何回かあるけど、夕食は初めてだったなと思いながら。えっとね、ご飯、大盛りでもないのにちょっと多いかも・・・。

 で、結論。ビジネスホテル・カプセルホテルとも満喫するならもう1時間か2時間早く入って、チェックアウトも1時間ぐらい遅らせないとダメかも。やっぱりね、なんか夜もバタバタして「あーそろそろ寝な」(ただしこれ21時半の話。いつもこの時間に一旦眠気が走るんで、朝も早かったしその時点で寝ようと思った)っていうて寝たし、朝も5時に起きたし、ちょっとゆっくりできなかったかもしれません。

 そんな感じで、勝手を知っているところなんで特に驚きもがっかりもなく、普通に楽しんでカプセルホテルをあとにして、再び滋賀県・貴生川駅へ舞い戻ったわけです。こんな事ができるのも、乗り放題のきっぷだったからでして、そうでなかったら往復で3,000円ぐらいかかりますもんね・・・。

(6)鉄道の日きっぷを使うべきか?
 1日目はこまめに降りたり舞い戻ったりしているし、結構な距離も乗っているんで「鉄道の日きっぷ」は生きたんです。それで、2日目なんですけど、JR難波から貴生川で1,620円、米原から金沢で2,940円。だからこの動きならJR西日本版の鉄道の日きっぷを買ってしかるべきなんですけど、これね・・・。例えば宿泊地を貴生川は無理にしても水口にすると既に「鉄道の日きっぷ」を使う必要もなくなってきます。あと、早く帰りたいから、ってことで米原から金沢まで特急を使うとなると、やっぱりこのきっぷはモトが取れない・・・。

 というか、米原金沢間って、青春18きっぷならモトが取れるけど、鉄道の日きっぷはモトが取れない区間なんですよね・・・。ってことで、1日目の分は前日に金沢駅で買ったんですけど(みどりの券売機で買えた)、2日目の分は、この1日目JR難波駅に到着するまで買うのを保留にしていたのでした。だから帰りもずっと普通列車だったのはこのきっぷのせいだったんです。

 まあ、信楽高原鐵道・近江鉄道に入り浸っている時間が長かったということもありますが・・・。

(7)貴生川駅
 それで、こういう「区間全駅」みたいなことをやっていると、その行程上、しょっちゅう訪れてしまう駅があるんですよね。例えば過去には一昨年の7月は妙に塩尻駅を通るか降りるかしていたし、それぞれ挙げるときりがないんですけど、そういう「拠点駅」っていうのが存在してしまうことがあるんです。

 その立場が今回、貴生川駅になったわけでして、といっても3回だけなんですけど、この駅を拠点に4方向に動いてしまったのでした。ちなみに「鉄道の日きっぷ」と「びわこ京阪奈フリーきっぷ」を持っていることにより、この駅に発着するすべての列車に乗れるんだな・・・、としみじみ思ってしまったわけでして・・・。

 そんなわけで、あとは信楽高原鐵道の話と、近江鉄道の話ですけど、書き出すと多分遅くなるんで、また明日に延ばします。

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

草津線など:トピック的1

 そんなわけで、一昨日までの草津線・信楽高原鐵道への旅の何かをちょこちょこといつものように書いていきます。

(1)金沢発6:14
 この列車ですね・・・。その時のダイヤによって、過去15年ぐらい遡ってみると、6:32まで繰り下がったことがあるんですけど、デフォルトでは6:26っていうイメージが強いかな・・・。かつては金沢で「日本海」発車後の発車だったんですけど、今は「日本海」を松任で待避するようになってしまいました。かつては6:26頃だったときはこの時刻に「小松行き快速」って言うのがあったんですけど、何となくそれも吸収してしまったようです。(ちなみに、小松行き普通が今は5:54にある)

 行き先も、かつては米原行き、長浜まで直流電化されて長浜行き、敦賀で原則系統切断をするようになってから敦賀行き、と変遷してきたんです。

 ・・・・って、書くのはですね、この列車って、個人的に切っても切れない関係があるんですよね。

 大学の時、福井へ通っていたときは1限目から始まる授業の日はこの列車でしたし、あと、初めて「乗りつぶし」って言うことを始めた時もこの列車からスタートしています。その後も何かと、普通列車で敦賀以西に行くときの事実上の1番列車であるこの列車を愛用しているわけで、たまには乗っておきたい列車でもあるんです。

 ということで、今回、ちょこっとだけ特急に乗って、早く着くことを考えようかなとか思ったんですが、頑なにこだわったこの列車。金沢駅3番のりばで発車を待っていて、1番のりばの大阪行き雷鳥4号と、7番のりばの越後湯沢(事実上東京)行き同時発車を見ることができる、というイベントが付け加わっていました。

 あとこの列車、福井駅での停車時間がちょっと長いんで、その間にうどんを食べることができる→だから朝食調達を気にしなくてもいい、という列車でもあるんです。

(2)普通列車モード
 そんなわけで、金沢以西で普通列車を乗り継いでいくのは久しぶりなんですけど、最近は特急が多かったんで、さぞかしまだるっこしいだろう、と思っていたんですが、頭の中はちゃんと切り替わるんですよね。特急なら特急の感覚で、普通なら普通の感覚で、同じ線路を走っているのに時間感覚がうまく調整できているようです。

 だから、まだるっこしくもなく、いつもと同じように走っとるな、という感じでして、特急と比べて違和感がなかったです。

(3)米原駅
 ちょこっとだけ。えっとですね、橋上駅にすべく工事中で、何となく中途半端な状態になっていて、変な気分でした。橋上駅の改札口ができると思われる場所は、今のところ改札内で、なんか違和感。新幹線乗り継ぎの時は、今のところそこを通ることになるんで、ちょっと面白い感じだと思います。これは期間限定。

(4)草津線
 そんなわけで、今回のメインが草津線。これね、1990年に高校1年だったとき、「乗りつぶし」ということを初めて行った時の記念すべき完乗1路線目なんです。(ちなみに2路線目が越後線、そして北陸本線と続く)あと、「区間全駅」的にも両端の駅が既にアップされた状態になっていたりと、いろんな意味で「取材すべき」路線だったんです。

 しかしながら、この路線をカバーする乗り放題きっぷが、青春18きっぷか鉄道の日きっぷになるわけで、やっぱり今の時期やっとかないかんかな、ということで、今回のメインにしました。

 それで、まずは貴生川までの30分に1本区間。最初は順当に一駅ずつ降りていって、最後、甲西と三雲を「行きつ戻りつ」(飛び道具の使用)やって1本分の間隔を浮かそうと思ったんですけど、結局は貴生川止まりの列車との兼ね合いがありまして、素直に一駅ずつ降りていきました。(って書いていますけど、実際こういうことをやった人でないと何言うとるん?っていう文章になると思います)

 あとは貴生川までの残りは、1時間に1本区間。うち、甲南駅が交換をする駅になるんで、単線区間だと運転間隔分待たねばならない駅。そこを最後に回して、そうすることにより、1時間に1本の時間帯から30分に1本の時間帯になった時を活用して、長時間滞在しなくて済むようになりました。。(って書いていますけど、やっぱり実際こういうことをやった人でないと何言うとるん?っていう文章になると思います)

 そんなことで、事前に軽くシミュレーションをしていたところ、日没までに全駅無理かも、という予測を覆し、全駅可能でした。なんならそこから普通列車乗り継ぎで金沢まで帰れたんですよね。一応、大阪18時発が金沢帰着の目安(現実は湖西線経由が可能になってから、もうちょっと繰り下がっている)なんで、十分すぎるぐらいだったんです。

 ということで翌日は一駅か二駅、草津線で残ったものをやって、という必要がなくなったことで、それ+場所が違ったらロスタイムがあるんで、近くにある信楽高原鐵道、という必要性もなくなったんですけど、他(舞鶴線・山陰本線・和歌山線)を考えていても、金沢帰着との時間の兼ね合いからやっぱり信楽高原鐵道が最適かな、という結論に達しまして、泊まるためだけに滋賀県→三重県→京都府→奈良県→大阪府、という移動をすることになったのでした。

 そうして、もうちょっと草津線に時間がかかるつもりだったんで、当初の予定ではこの日、京都経由で大阪へ行き(そっちが断然早い)、翌日関西本線経由で貴生川まで行く予定だったんですが、翌日の信楽高原鐵道の時間を繰り上げるために、その経由地を入れ替えることにしました。

| | コメント (0)

2008年10月14日 (火)

草津線など:日程

 それでは昨日までの日程を。あと、時間が余ればもうちょっと何か書きます。

取材駅は★で示します。
●10月12日(日)
 【金沢】6:14発-(普通)→【敦賀】8:56着、9:04発-(普通)→【米原】10:03着、10:22発-(新快速)→【草津】10:53着、10:55発-(普通)→【★手原】11:00着、11:31発-(普通)→【★石部】11:37着、12:06発-(普通)→【★甲西】12:10着、12:41発-(普通)→【★三雲】12:45着、13:14発-(普通)→【★貴生川】13:19着、13:51発-(普通)→【★油日】14:04着、14:36発-(普通)→【★寺庄】14:42着、14:58発-(普通)→【★甲賀】15:01着、15:39発-(普通)→【★甲南】15:49着、16:30発-(普通)→【柘植】16:44着、17:12発-(普通)→【加茂】18:04着、18:17発-(区間快速)→【JR難波】19:25着

●10月13日
【なんば】-(大阪市営地下鉄御堂筋線)→【梅田】【大阪】7:17発-(新快速)→【草津】8:05着、8:09発-(普通)→【貴生川】9:07着、9:20発-(信楽高原鐵道…以下略…・普通)→【★信楽】9:44着、10:17発-(普通)→【★勅使】10:21着…(徒歩)…【★玉桂寺前】11:27発-(普通)→【★紫香楽宮跡】11:33着(この間、事故現場へ徒歩で)12:09発-(普通)→【★雲井】12:11着、12:27発-(普通)→【☆(近江鉄道ホームのみ取材)貴生川】12:47着、13:00発-(近江鉄道・普通)→【高宮】14:06着、14:14発-(近江鉄道・普通)→【米原】14:35着、15:03発-(新快速)→【近江塩津】15:35着、16:03発-(新快速・約15分遅延)→【敦賀】16:16着、16:45発-(普通)→【福井】17:46着、18:13発-(普通)→【金沢】19:36着

●取材完了分…草津線・信楽高原鐵道全駅のみ。仮置き場対象なし。また、貴生川駅はJR・信楽・近江の3社まとめて一つとして掲載予定。

●使用きっぷ
 鉄道の日きっぷ(JR西日本のみ)2枚。
 びわこ京阪奈線フリーきっぷ(信楽高原鐵道と近江鉄道全線乗り放題で1,000円)。
 なんば~梅田はイコカ使用。

というところで、またそれぞれでの話は明日以降に書いていきます。

| | コメント (0)

2008年10月13日 (月)

近江塩津駅!

ということで、列車の遅れのため、ホームにたたずんでおります。
で、今日は信楽高原鐵道。
これは完全に思いつきというか、昨日の草津線未完了時の保険的位置づけによるものです。
でも、なんかすごく良かったような気がします。
あと、きっぷの関係で、近江鉄道に、そちらは乗るだけでした。
なんか、今後の選択肢が一つ増えたような気がします。
ということで、今日はこのあと、家から書き込めるんですが、それはせずに、明日以降、日程から書きます。
また数日引っ張ります。

| | コメント (0)

2008年10月12日 (日)

甲南駅!

ということで、あえてお知らせしていなかった(というか、急に決まった)行き先は、草津線でした。
金沢駅6時14分発の普通から乗り継いで、一応、草津線は、全駅終了。
てか、今から普通列車等を乗り継いで帰ることができる時間なんですけど…。
しかも、今から泊まるためだけの理由で4府県を移動しようとしています。
まあ、今回は、無性にカプセルホテルに泊まりたい、って思いがあったんで、それに逆らわないということで。
そんなわけで、明日、そんなに早い時間に帰らないんですけど、さほど重い用事がないんですよね…。

| | コメント (0)

2008年10月11日 (土)

更新しました(第579版)

 今回の追加電停・・・長崎電気軌道 西浜町・観光通り・思案橋・正覚寺下

 ということで、今回は長崎電気軌道の番でして、4電停追加。これにより1系統、ないしは「本線」が完了しました。あと11電停残っていますので、4電停ずつの追加であと3回の更新が必要となります。となると、確実に11月になりますね・・・。どうにか年内には終わりそうです。

 それで、何度か書いていますように、明日・明後日とちょこっと出かけてきます。そういえば方向だけは何となく書いていますけど、詳しい場所って、今回あえて触れていないんですよね・・・。別に何かがあるわけでもないんですけど、あるかも知れない、事情がお分かりの数名の方だけ「あっ、結局そこもやるん?」っていう路線ではあるんですけど、とりあえず、ちょっとだけ西の方へ行ってきます。

 そんなわけで、今回は1泊2日なんで、うまくごまかせば旅に出ていたことすら分からないことにできる(土曜日は普通に朝、ブログをアップ、日曜日は出る直前にアップ、それで、月曜日は帰ってきてからあらかじめ作ってあった更新をして「更新しました」にする)っていう方法もあったんですけど、一応、土曜日のうちに更新してしまいました。だから今朝、何も書き込まずに会社へ行ってしまったんです。

 明日は出かける直前に書き込むことは多分、9割方ないと思いますんで、覚えていたらどこかでたどたどしく携帯メールを使って書き込みます。忘れていたり面倒だったり、あと、最近はあり得るんですが携帯が壊れていたら書き込みません。あとは、メール云々、コメント云々はもういいか、ということで。

| | コメント (0)

2008年10月 5日 (日)

更新しました(第578版)

 今回の追加…香港路面電車の4電停。

 そんなわけで、香港に関しましては、もう、面倒なんでここでは駅名を載せないわけなんですけど、ともかく4電停追加。

 えっとですね、今回、上環駅の追加に当たって、適当に流す方法もあったんですけど、どうもこの駅の構内、訳分からんので、写真と記憶を手がかりに手元の紙に路線図を復元してみまして、これをなんか適当なソフトで路線図を書こうかな、と思ったら面倒になったんで、手書きのもの(文字はアルファベットの記号を除き、切り貼り)をスキャナーで読み込んでアップしてしまいました。

 そんなことをしていたんで、結構時間がかかったんですよね。だからアップも非常に遅くなりました。そのうえ、後から上環駅だと思っていたところの一部が、他の電停らしい、ということに気づいてみたり。ほんとね、この香港の路面電車、駅名標がないんで訳分からん部分が多いんですよね。それで、気づいた後にページを分離していたらほんと手間なんで、一応、「これは他の駅らしい」ということを注記して、一つの駅として扱っています。とりあえず、雰囲気だけどうぞ。

 そんなことで、香港の路面電車については残りをバーッと全部載せてしまおうと思っていたんですけど、なかなかそういうわけにもいかず、多分あと2回はかかりそうな気がしています。だいぶ飽きてきたと思いますけど、あと2回お付き合い下さい。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »