« 草津線など:トピック的1 | トップページ | 草津線など:トピック的3 »

2008年10月16日 (木)

草津線など:トピック的2

 それではつづきを・・・。

(5)大阪へ
 そんなわけで、実際は草津でも野洲でも、あるいはちょっと離れて津でも、そんなところのビジネスホテルに泊まればよかったんです。それで、実際、チェックしてまして、そんなに高い値段を出さなくても泊まれる場所も空いてました。

 しかしね・・・、なんかカプセルホテルに泊まりたい気分やったんです。なんか最近、カプセルホテルとビジネスホテル、どっちかに泊まりたい気分、っていうのがありまして、今回は明らかにカプセルホテル。うまく理由が説明できんのですけど、とにかくこれは泊まりたい方向に行くのが吉、と考えまして、わざわざ滋賀県から三重県、京都府、奈良県を経て大阪府まで行ってしまったんです。

 しかも、このカプセルホテル、多分回数的には近年の中では一番多い宿泊数かなと思うところで、今年2回目。もうね、面倒なんで今回は道頓堀にも寄らず、JR難波駅からまっすぐそのカプセルホテルに行ってしまいました。

 それで、「カプセルホテルを満喫する」という目的だったんで、夕食・朝食ともそこで食べることにしまして、そういや朝食は何回かあるけど、夕食は初めてだったなと思いながら。えっとね、ご飯、大盛りでもないのにちょっと多いかも・・・。

 で、結論。ビジネスホテル・カプセルホテルとも満喫するならもう1時間か2時間早く入って、チェックアウトも1時間ぐらい遅らせないとダメかも。やっぱりね、なんか夜もバタバタして「あーそろそろ寝な」(ただしこれ21時半の話。いつもこの時間に一旦眠気が走るんで、朝も早かったしその時点で寝ようと思った)っていうて寝たし、朝も5時に起きたし、ちょっとゆっくりできなかったかもしれません。

 そんな感じで、勝手を知っているところなんで特に驚きもがっかりもなく、普通に楽しんでカプセルホテルをあとにして、再び滋賀県・貴生川駅へ舞い戻ったわけです。こんな事ができるのも、乗り放題のきっぷだったからでして、そうでなかったら往復で3,000円ぐらいかかりますもんね・・・。

(6)鉄道の日きっぷを使うべきか?
 1日目はこまめに降りたり舞い戻ったりしているし、結構な距離も乗っているんで「鉄道の日きっぷ」は生きたんです。それで、2日目なんですけど、JR難波から貴生川で1,620円、米原から金沢で2,940円。だからこの動きならJR西日本版の鉄道の日きっぷを買ってしかるべきなんですけど、これね・・・。例えば宿泊地を貴生川は無理にしても水口にすると既に「鉄道の日きっぷ」を使う必要もなくなってきます。あと、早く帰りたいから、ってことで米原から金沢まで特急を使うとなると、やっぱりこのきっぷはモトが取れない・・・。

 というか、米原金沢間って、青春18きっぷならモトが取れるけど、鉄道の日きっぷはモトが取れない区間なんですよね・・・。ってことで、1日目の分は前日に金沢駅で買ったんですけど(みどりの券売機で買えた)、2日目の分は、この1日目JR難波駅に到着するまで買うのを保留にしていたのでした。だから帰りもずっと普通列車だったのはこのきっぷのせいだったんです。

 まあ、信楽高原鐵道・近江鉄道に入り浸っている時間が長かったということもありますが・・・。

(7)貴生川駅
 それで、こういう「区間全駅」みたいなことをやっていると、その行程上、しょっちゅう訪れてしまう駅があるんですよね。例えば過去には一昨年の7月は妙に塩尻駅を通るか降りるかしていたし、それぞれ挙げるときりがないんですけど、そういう「拠点駅」っていうのが存在してしまうことがあるんです。

 その立場が今回、貴生川駅になったわけでして、といっても3回だけなんですけど、この駅を拠点に4方向に動いてしまったのでした。ちなみに「鉄道の日きっぷ」と「びわこ京阪奈フリーきっぷ」を持っていることにより、この駅に発着するすべての列車に乗れるんだな・・・、としみじみ思ってしまったわけでして・・・。

 そんなわけで、あとは信楽高原鐵道の話と、近江鉄道の話ですけど、書き出すと多分遅くなるんで、また明日に延ばします。

|

« 草津線など:トピック的1 | トップページ | 草津線など:トピック的3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 草津線など:トピック的1 | トップページ | 草津線など:トピック的3 »