« 草津線など:日程 | トップページ | 草津線など:トピック的2 »

2008年10月15日 (水)

草津線など:トピック的1

 そんなわけで、一昨日までの草津線・信楽高原鐵道への旅の何かをちょこちょこといつものように書いていきます。

(1)金沢発6:14
 この列車ですね・・・。その時のダイヤによって、過去15年ぐらい遡ってみると、6:32まで繰り下がったことがあるんですけど、デフォルトでは6:26っていうイメージが強いかな・・・。かつては金沢で「日本海」発車後の発車だったんですけど、今は「日本海」を松任で待避するようになってしまいました。かつては6:26頃だったときはこの時刻に「小松行き快速」って言うのがあったんですけど、何となくそれも吸収してしまったようです。(ちなみに、小松行き普通が今は5:54にある)

 行き先も、かつては米原行き、長浜まで直流電化されて長浜行き、敦賀で原則系統切断をするようになってから敦賀行き、と変遷してきたんです。

 ・・・・って、書くのはですね、この列車って、個人的に切っても切れない関係があるんですよね。

 大学の時、福井へ通っていたときは1限目から始まる授業の日はこの列車でしたし、あと、初めて「乗りつぶし」って言うことを始めた時もこの列車からスタートしています。その後も何かと、普通列車で敦賀以西に行くときの事実上の1番列車であるこの列車を愛用しているわけで、たまには乗っておきたい列車でもあるんです。

 ということで、今回、ちょこっとだけ特急に乗って、早く着くことを考えようかなとか思ったんですが、頑なにこだわったこの列車。金沢駅3番のりばで発車を待っていて、1番のりばの大阪行き雷鳥4号と、7番のりばの越後湯沢(事実上東京)行き同時発車を見ることができる、というイベントが付け加わっていました。

 あとこの列車、福井駅での停車時間がちょっと長いんで、その間にうどんを食べることができる→だから朝食調達を気にしなくてもいい、という列車でもあるんです。

(2)普通列車モード
 そんなわけで、金沢以西で普通列車を乗り継いでいくのは久しぶりなんですけど、最近は特急が多かったんで、さぞかしまだるっこしいだろう、と思っていたんですが、頭の中はちゃんと切り替わるんですよね。特急なら特急の感覚で、普通なら普通の感覚で、同じ線路を走っているのに時間感覚がうまく調整できているようです。

 だから、まだるっこしくもなく、いつもと同じように走っとるな、という感じでして、特急と比べて違和感がなかったです。

(3)米原駅
 ちょこっとだけ。えっとですね、橋上駅にすべく工事中で、何となく中途半端な状態になっていて、変な気分でした。橋上駅の改札口ができると思われる場所は、今のところ改札内で、なんか違和感。新幹線乗り継ぎの時は、今のところそこを通ることになるんで、ちょっと面白い感じだと思います。これは期間限定。

(4)草津線
 そんなわけで、今回のメインが草津線。これね、1990年に高校1年だったとき、「乗りつぶし」ということを初めて行った時の記念すべき完乗1路線目なんです。(ちなみに2路線目が越後線、そして北陸本線と続く)あと、「区間全駅」的にも両端の駅が既にアップされた状態になっていたりと、いろんな意味で「取材すべき」路線だったんです。

 しかしながら、この路線をカバーする乗り放題きっぷが、青春18きっぷか鉄道の日きっぷになるわけで、やっぱり今の時期やっとかないかんかな、ということで、今回のメインにしました。

 それで、まずは貴生川までの30分に1本区間。最初は順当に一駅ずつ降りていって、最後、甲西と三雲を「行きつ戻りつ」(飛び道具の使用)やって1本分の間隔を浮かそうと思ったんですけど、結局は貴生川止まりの列車との兼ね合いがありまして、素直に一駅ずつ降りていきました。(って書いていますけど、実際こういうことをやった人でないと何言うとるん?っていう文章になると思います)

 あとは貴生川までの残りは、1時間に1本区間。うち、甲南駅が交換をする駅になるんで、単線区間だと運転間隔分待たねばならない駅。そこを最後に回して、そうすることにより、1時間に1本の時間帯から30分に1本の時間帯になった時を活用して、長時間滞在しなくて済むようになりました。。(って書いていますけど、やっぱり実際こういうことをやった人でないと何言うとるん?っていう文章になると思います)

 そんなことで、事前に軽くシミュレーションをしていたところ、日没までに全駅無理かも、という予測を覆し、全駅可能でした。なんならそこから普通列車乗り継ぎで金沢まで帰れたんですよね。一応、大阪18時発が金沢帰着の目安(現実は湖西線経由が可能になってから、もうちょっと繰り下がっている)なんで、十分すぎるぐらいだったんです。

 ということで翌日は一駅か二駅、草津線で残ったものをやって、という必要がなくなったことで、それ+場所が違ったらロスタイムがあるんで、近くにある信楽高原鐵道、という必要性もなくなったんですけど、他(舞鶴線・山陰本線・和歌山線)を考えていても、金沢帰着との時間の兼ね合いからやっぱり信楽高原鐵道が最適かな、という結論に達しまして、泊まるためだけに滋賀県→三重県→京都府→奈良県→大阪府、という移動をすることになったのでした。

 そうして、もうちょっと草津線に時間がかかるつもりだったんで、当初の予定ではこの日、京都経由で大阪へ行き(そっちが断然早い)、翌日関西本線経由で貴生川まで行く予定だったんですが、翌日の信楽高原鐵道の時間を繰り上げるために、その経由地を入れ替えることにしました。

|

« 草津線など:日程 | トップページ | 草津線など:トピック的2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 草津線など:日程 | トップページ | 草津線など:トピック的2 »