« 高知方面:トピック的(2) | トップページ | 高知方面:トピック的(4) »

2008年11月28日 (金)

高知方面:トピック的3

 ではつづき。っていつ終わるんでしょ?

(4)高知市内1日目

 そんな感じで、ちょっと香川県と徳島県の間で油を売った後は一気に高知へ。実際この「寄り道」、帰りにすることも考えていたんですけど、そうなると高知発が翌日の9時台か10時台になってしまって、高知での時間が取りにくくなるということもあったんです。

 それで、去年とは違う高架ホームに到着。自動改札もあり、途中下車扱いの乗車券も難なく通り、真新しいコンコースへ。キオスクで今日の分と明日の分の1日乗車券を買った後、路面電車のりばへ。

 えっと、こののりば、今のところ前のままなんですね。それで、旧駅舎を潰したり、旧ホームを潰したり、旧駅前広場が工事中の中にポツンとある路面電車のりば。なんか工事現場の中に路面電車ののりばだけそのままあって、不思議な気分でした。

 それで、去年も来ているんで何の迷いもなくはりまや橋から乗り換え、伊野線の方へ。ここから、升形とか、旭駅前通とか、去年取材している電停を除いて、基本、一電停おきに降りていき、帰りに残りを拾っていく、っていう方式を採りました。その日分として用意した乗車券の範囲は曙町まで。ってことは、去年の取材したものから見ると、鏡川橋の一つ前の電停までが今日の取材範囲だな、ってことで、蛍橋電停でその日の取材を「折り返して」います。

 この「電停の取材」なんですけど、町の中にあって、なおかつ、交差点を挟んで両方向のホームがある、っていう場合、割と取材のための動きがパターン化されていまして

 1.降りる
 2.電車が行くのを待つ
 3.行ったら駅名標を撮る
 4.ホームの先端まで行き、次の電停の方向を撮る(「○○方面を望む」になる)
 5.後ろを向き、反対側のホームに向かって電停全体を撮る(「構内の様子」になる)
 6.横断歩道のところまで行き、青になるのを待って渡る
 7.渡ったら、そこから今いた電停を撮る
 8.交差点を撮る
 9.路面電車と並行の横断歩道を青になったら渡る
 10.さっきと反対側のホームを撮る
 11.さらに交差点も撮る
 12.信号が青になったら、さっきと逆のホームに行き、3~11の繰り返し
 13.もとのホームに戻り、次の電車を待つ

 てな感じなんです。つまり、4回横断歩道を渡るんですけど、間にホームを挟んだりするんで、1電停取材するのに6回信号待ちをするんですよね。

 あと他に、電停や周辺で面白いものがあればそれを撮ったりもします。それで、十数枚の写真が撮れるんで、そっから7枚を適度に選びアップしているのでした。

 ただ、電停の取材って、駅の取材に比べて格段に危険だということ。信号は厳守することと、車には常に気をつけることは当たり前なんですけど、ほんと、もしやろうとする人がいればくれぐれも車に気をつけるということと、目の前に乗りたい電車があっても、信号が赤なら次の電車を待つということ。

 と、話がそれましたが、そうやって一電停ずつ抜いてやっていくと、電停間の距離が短いところがありまして、もとのホームに戻ることを考えると、渡る信号も多くなり、面倒なんで、歩いてしまった、というところが1日目で2箇所あります。

 あと、やっぱりこの季節、いくら天気がよくても17時ぐらいが限界みたいです。ってことで、高知城前と堀詰は翌日に譲ることにして、この日は17時を持って切り上げたのでした。

 ということで、また明日以降に続く・・・。

|

« 高知方面:トピック的(2) | トップページ | 高知方面:トピック的(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高知方面:トピック的(2) | トップページ | 高知方面:トピック的(4) »