« 更新しました(第582版) | トップページ | 更新しました(第583版) »

2008年11月 2日 (日)

日帰旅行記:福井方面

 というわけで、行くとかいかないとか、長野行くとか福井行くとか、高岡行くとか、結構、ここでうじゃうじゃ言っていましたが、結局、今日、福井方面へ行ってきました。

 ほんと、直前までどうしようか、昨日みたいな天気だったら文句なく行っていたんですよね・・・、で、天気予報上は割といい天気なんですけど、現実、空を見るとなんかどんよりしていて、たまに青空もあるけど、基本的に曇。所々灰色の雲もあるよ・・・、っていう天気。で、偶然見た天気の状況で、福井の沖→金沢市内上空に雨雲が流れているのを見まして、多分、これが抜けたら天気がよくなるに違いない・・・、ほら、晴れてきた、っていうことで、思い切って出歩くことにしました。

 ちなみに、朝起きて、布団を押入にしまってから、PC触って、ご飯食べて、部屋に戻ってきてまた布団ひいて、本を読んでいて飽きてきてテレビに変えて、一眠りしようかなと思って、トイレ行きたくなって、トイレ行ったときに「行こう」って決めた、という、なんとも優柔不断な状態でした。

 そんなわけで、思い立ったらすぐに出歩ける車ってやっぱり便利ですね・・・。なんせ、自転車+JR普通列車で福井方面、なんて考えると、まず、金沢駅までの30分あまりのサイクリングを考えるだけで挫折することがあったり、そのあと、福井方面まで1時間に1本の列車と合わせることを考えると、それでもう挫折してしまうんです。そのうえ、金沢駅までバスで行こうとしたら、こんどは1時間半に1本のバスに合わせないとダメですもんね・・・。こうなるともう、思い立っても出歩かないっていう方向になりますって。

 そんなわけで、今日は思い立ってから10分後にはもう、ハンドルを握っていたということで。下手すりゃ、自転車とかバスならようやく金沢駅に着く頃には、車なら小松市内を西に向かって走っていたりしますもんね・・・・。要は使い分けということです。

 それで今回、車にこだわった理由が、「運転技術の維持」っていうこと。雨・雪の日の通勤と、銭湯や温泉に行くときぐらいしか車って運転しないんで、前職の時みたいに、羽咋市あたりから加賀市あたりまでを行動範囲にしていた時と違って、黙っていると運転技術って落ちてくる・・・でもないか。でもやっぱりその時とは違うのは事実でして。そして、去年、自分の車で石川県外に出ていない、っていうことがまだ続いていて、いよいよ今年もそうなってしまいそうだったんですよね。だから、あえて県外まで運転したいっていうのもあったんです。ということで、金沢市の「ノーマイカーデー」にもかかわらず、車を運転したんですが、まあ、普段、この地域に住むものにしては、車に乗ることも少ないからということで・・・。

 ちなみに、天気ですが、途中、雨が落ちてくるような有様でして、ほぼ、空は雲がある状態、「雲量100%」という1日でした。まあ、無理に出歩く必要もなかったんかも・・・。

 ということで、前置きが長くなったんですが、いつものように日程から、と思ったんですが、今回は日程を書きつつ、文章を書きつつ、という流れにしてみます。(以前、こういう書き方をしたときもあります)

【家】10:10過ぎ発(記録なし)-(車にて。徳光・旧美川町のはずれ・8号線・牛ノ谷の集落・細呂木駅前・旧国鉄北陸本線三国支線跡並行道路経由)→【えちぜん鉄道あわら湯のまち】11:49発-(普通)→【日華化学前】12:16着・・・(徒歩)・・・【八ツ島】

 ということで、今回の目的はこの、昨年9月に開業したえちぜん鉄道の2駅の取材だったんですね。「新田塚」と「福大前西福井」の間にできてしまったこの2駅。基本的に駅の形も似ていりゃ駅がある場所もよく似ている、ってことで、変化に乏しいといえばそうなんですけど、ともかく、今日の用事は終わり。多分、ここで戻れば1日乗車券(800円)のモトも取れるし、十分十分。

 だから、さて帰ろう、っていうのもなんか寂しい。ってことで、ここからオプション。ほんとは、昨日考えていたのが

福井駅→(越美北線で復活したところを味わいつつ越前大野を超えて)→柿ヶ島駅で、九頭竜川を見ながら秋の風景を楽しみ、一駅歩いて戻り→下唯野→越前大野→勝山までバス→えちぜん鉄道で戻る、っていうことだったんですけど、これ、12:49に福井駅にいなければならず、日華化学前とか八ツ島で降りている場合じゃなかったんですよね。ていうか、ご飯食べてすぐに家を出ればこれもできたはずなんですが。

 そしてこれ、天気がよくないと目的が達成されないんです。それと、北陸の平野部ならもうちょっと紅葉まで早いかな、っていう時期ですし。(ただ、柿ヶ島駅自体が割と山のほうなんで、もしかしたらよかったかも・・・)とりあえずこれは天気のせいで諦めたってことで。あと、大野から勝山までのバスが2時間に1本しかなく、確か、この流れで行くと越前大野駅で1時間半待ちだったんですよね。これが最初に頓挫した原因の一つです。

 それで、とりあえず、というか家を出たときから既に決めていたんですけど・・・

 【八ツ島】12:45発-(普通)→【福井口】12:55着、13:00発-(普通)→【永平寺口】13:20着。

 ということで、越前島橋駅で出身大学なんぞ遠くに眺めながら、過去、唯一の「私鉄での通学区間(積雪時限定)」を通りつつ、永平寺口駅まで来てしまいました。

 ほんとはここで、バスに乗って、っていうのも考えたんですけど、あわら湯のまちから電車に乗って、掲示物を見て、そうや、レンタルサイクルがあるんや!、っていうことで、以前、勝山駅で借りた時から数えて2回目の「えちぜん鉄道のレンタルサイクル」を利用させていただくことになりました。

 そういうことで、今回の「オプション」は、旧京福電鉄永平寺線の廃駅巡り。ほんとねこれ、自転車にしてよかった・・・、ということなんです。多分、バスで一通り通って、そこから歩きだと訳分からんかったはずなんです。結構、自転車で縦横走ることで何となく「ここが駅跡かな?」っていう所を見つけたぐらいで。あと、車でもちょっと分かりにくかったはずです。

 というか、近くまで車で来ておいて、バスだの歩きだの自転車だのっていうのもどうなんやろ、っていう話なんですが・・・。

 ともかく、

 【永平寺口駅】-(自転車、諏訪間駅跡が分からず)→【京善駅跡】-(自転車、市野々駅跡に自信が持てず)→【永平寺駅跡、これすら自信が持てず】-(自転車)→【市野々駅跡・・・結局さっきの所がそうであろうという判断】-(自転車)→【諏訪間駅跡かなと思われるところ】-(自転車)→【永平寺口駅】14:55着(両方面への列車発車5分後)

 っていうことで。やっぱり永平寺ってなると、坂もちょっときついわな・・・、でも「行き」で駅跡を探しながらなんでそんなに苦にならず、帰りに漕がずに割と進むことで、ずっと上り坂やったんやなっていうことに気づいた次第で。

 それで、この永平寺線って、京福時代に1回しか乗ったことなかったんですよね。と言っても13年ぐらい前。廃線になってからそんなに期間も経っていないし、駅跡ぐらいすぐ見つかるだろう、と思ったんですが、自信を持ってここが駅跡です、って思えたのは京善駅跡だけ。諏訪間駅跡と市野々駅跡は「多分、集落の中の位置づけと、バス停との位置関係から、このへんで、それで、線路跡にちょっとだけ広い場所がある」っていうぐらいの判断基準しかなかったんです。だから、下手すりゃ、全く違うところを撮ってきていることもありうる話で・・・。

 あと、永平寺駅跡も、多分このへんだった・・・かな?っていうぐらいの場所なんです。一応、私としては珍しく、人(観光協会の方)に聞いてみたりもしたんですけど、果たして13年前の記憶はどこへ・・・。まあね、その時は雪もつもっとったし・・・。

 そんなわけで、3週間後にある「旧永平寺線跡地健康ウォーキング」に心を惹かれつつ、何となくサイクリングしてきました、という、今日の「オプション」でした。てか、よく考えたら、不完全な衣替えの状態で、上はTシャツの上に薄い長袖を羽織って、下は短パンやった・・・。まあ、動きやすい服装ということで。

 さて、そんな感じで永平寺口駅に戻ってきて、25分待ち。で、なんか集団がやってきて、どっかのツアーらしいんですけど、それでこの駅がごった返してしまうと言う始末。ともかくその20数名の団体は勝山方面へ行くらしいんで、事なきを得て、とりあえず福井方面へ。こういうとき、福井口駅で乗り換えるべきか、福井駅までいってちょっとゆっくりすべきか迷うんですけど、1本遅らせて福井駅まで行ってしまうことにしました。

 【永平寺口】15:20発-(普通)→【福井】15:43着、16:10発-(普通)→【あわら湯のまち】16:50着

 そうして、温泉に入るにはちょっと時間的にどうかな、できれば明るいうちに県境まで達したい、ということで、あわら湯のまち駅前の広い無料駐車場に停めていた車に乗り込みまして、帰りは「8号線を経由しない、交差すらしないルート」っていうことで。8号線が今みたいに、川北町~加賀市までの20数キロ、信号なし、っていう状態になる前は割と好んで使っていたルートなんですけど、最近はご無沙汰していたな・・・と。前職の時、このルートでよく加賀市とか小松市行っていたんで、道自体は加賀市内から先は「体で道の形を覚えている」っていうルートではあるんですが、とにかく久しぶりに通りました。

 ってことで
 【あわら湯のまち】-(車、旧国鉄北陸本線三国支線沿いの道、細呂木駅前、北潟湖畔、吉崎、大聖寺市街地、加賀温泉駅前、動橋、小松空港の裏、小松ICの前、旧根上町、旧美川町、徳光経由)→【家】18:40頃着。

 という感じでした。今回はガソリン代の他は、800円のえちぜん鉄道1日乗車券と、えちぜん鉄道の名物、コーヒー@100円を、あわら湯のまち駅と永平寺口駅でそれぞれ飲んだだけで、昼食すら忘れていた状況。ガソリン代を入れても2,000円には達しませんでした。

|

« 更新しました(第582版) | トップページ | 更新しました(第583版) »

コメント

こんにちは。昨日はお返事ありがとうございました。
京福永平寺線跡探訪お疲れ様でした。何かの鉄道雑誌で何年か前に、永平寺駅の写真を見た記憶がありますが、元々山懐に抱かれた感じの場所でしたよね。
それにしても、永平寺駅跡すら見分け難いとは…。サイトへのアップを楽しみに待たせていただきます。
それにしても、これからの季節はお出かけ時の服装にはお気をつけて!
(笑)

投稿: ミミヅク | 2008年11月 3日 (月) 01時38分

 そうなんですよね。永平寺駅は立派な駅舎だったはずなんですけど、駐車場やらバスのりばになっていて、跡形がなくなっています。
 それと、分かりにくかった市野々・諏訪間の各駅跡は、いくつかのサイトを見ていて、撮った場所が駅跡であったことは間違いなかったようです。
 そんなわけで、掲載がだいぶ後になるか、気分次第で早くなるか、なんですけど、もしよろしければどうぞ・・・。

投稿: 川口@区間全駅 | 2008年11月 3日 (月) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第582版) | トップページ | 更新しました(第583版) »