« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

塩漬

 こんにちは・・・。ってことで、今年最後の書き込みとなります。

 そんなわけで、昨日は年末年始の休み1日目。こんな、自分が休みの時に金融機関が動いているって、有り難い話でもあったり、逆に、ちょっと仕事上、都合が悪かったりします。都合が悪い方の話で言うと、通帳の動きを追っかける部分も仕事だったりするんで、ちょっとその分、なんか世の中の動きから脱落しているような気がする、っていうかなんて言うか。

 逆にいい部分が、普段行けない金融機関にも行けること。基本的に会社のメインバンクと自分のメインバンクが偶然にも一致しているんで(給与振込とかに合わせたわけではない)、普段の用事は仕事中にサクッと一緒にできてしまうんで、あるいは渉外担当の方が会社まで来てくださるんで不自由はしないんですけど、普段動かしていない金融機関となると、こんな時しか動かせないんですよね。

 ってことで、まずは農協へ。はい。農協にも口座を持っていた人です。妹の友達がそこにいましてね、ちょっと定期積金とかを頼まれたことがあって、それでやってたんですけど、毎月お金を入れておくのが面倒になって、結局、定期預金を塩漬けしておいたんですが・・・。まあね、今となっては地縁以外の何の縁も義理もないところなんで(当の妹の友達は別の支店に行った)、塩漬けしておいてもしょうがないんで、解約してしまうことにしました。ってことで、これは漁連さんの方を代わりに手厚くしておきます。

 あとは、ちょっと遠くにある、メインバンクとは違う、にんじん印の信用金庫さんへ。ここはですね、家を建てるときにお世話になっているんで、別に切ったらそれまでなんですけど、切る気にはならないんですよね。でも普段行く機会もなく、そういや、この前行ったのが2年前だった・・・。ってことで、定期積金が1年前に満期になって、そのまま塩漬けになっていました。

 そんなわけで、ちょっと中途半端な額の定期預金が通帳の後ろにあったり、定期積金もちょっと中途半端だったり、あと、半端な額の普通預金があったりして、それを合わせて、あと、農協から持ってきたお金も合わせて、分かりやすい金額の定期預金だけのお付き合いにしました。「定期積金も続けていかがです?」って言われたんですけど、実は前の定期積金が時折、普通預金をマイナスにしつつやっていたんで、ちょっと今回はご遠慮させていただくことにしました。

 それにしても、この信金に来るたびに家を建てるときの手続を思い出すな・・・。たしか、建築会社の人に会社まで迎えに来てもらって、ここに連れて行ってもらったんやった・・・。その時はまだそんなに金融機関にパイプがなかったんですよね。今なら家の中ではこういうことに対しては主導権を握れるけど(笑)。

 そんなわけで、自分の預金をなるべく分かりやすくするように、という意味で、今回の改訂は
 ・農協を廃止しました
 ・メインバンク以外で定期預金を置くところは、頭に入りやすい金額にしました
 ・メインバンク以外で普通預金があるところは、必要最低限だけ置きます
  例:この前書いた、旅に持っていく非常用キャッシュカード用口座。あと、全国ネットワークのゆうちょ銀行など。

 ってことで、メインバンクの残高さえ足せば(こっちは進行中の定期積金とかがあって、電卓が必要)あとは暗算で全預金を算出できる体制にしました。

 そういや、メインバンクの別支店に旅行のお金を出し入れするだけの口座があるんですけど(残高の変化を見れば1年間にどれだけ使ったかが分かる仕組み)、それも2年以上ほったらかしにしていました。どうしよっかな?。

 そうして、帰りに車に積んでいた本を、先日の日曜日に捨てたところへ再度捨てに行きました。

 そんなわけで、この年末にかなりの量を捨てたことになるんですけど、10年前の税理士試験の講座のテキストやら・・・。あと今回、本格的に大学の時の教科書・テキストを捨てました。

 というのはですね、最近、かなり本が増えてきたんですよね。大学の時の授業って、割とちゃんと聞いていたクチなんですけど、その中で、その先生が書いた本で、なおかつ、しっかりとその本に従って講義をしていたもので、なおかつ心に残っている授業のテキストは置いておくことにしますが、買わされたけどほとんど使わんかったな・・・、っていう本やら、あと、一般教育とかでほとんど頭に残っていないようなものはどんどん捨てました。中には先生のサイン入りの本とかもあるんですよね。確か、その本が出てすぐだったとかで・・・。それとか、何となく時間があったらもういっかい読んでみた本もあるんで、それは捨ててません。

 あと、絶対捨てられないのがハングルで書かれた「経営学総論」。これ、外書購読っていう授業で使ったんですけど、こういう苦労した本も捨てられませんな。

 それと、今回、本格的に鉄道雑誌も捨てました。っていうほど買っていないんですけど、確か10冊ぐらいあったんですよね。それも1991年とか1993年とか。えっとですね、中を見ますと、今どきこんな人らおらんやろ、っていう髪型とか服装の人が見受けられます。車両も結構違ってまして、成田エクスプレスが登場とか・・・。もう、歴史書の域ですね。あと、東北本線には客車の普通列車が走っております。

 っていうことで、逆に捨てられなくなっていたんですけど、まあ、見るかというと見ないんで、捨てました。そんなわけで、鉄道の書籍コーナー、本棚の一区画だけになっております。

 とは言っても、辞典とかどうしようかなと思いながら置いてあるんですよね。今ならネットもあるし、ってことで、例えば昔の小六法とか(下手すりゃ昭和63年っていうやつもあったし、あと平成7年のやつ)捨てたんですけど、まあ、国語辞典ならおいとくか。百歩譲って英和辞典もおいとくとして、和英辞典とか漢和辞典とか・・・。多分、次に「捨てるモード」に入ったときは本格的にこっちにも手をつけるんですけど、今回は保留。

 そうなってくると、「ネットがあるし」って言うことで、捨てることに踏ん切りが付くものが多いなと改めて思った次第です。

| | コメント (0)

2008年12月30日 (火)

更新しました(第594版)

 今回の追加電停・・・函館市交通局 末広町・大町・函館どつく前・宝来町・青柳町・谷地頭の各電停。

 そういうことで、気が向いたんで更新。というよりも、朝から昼にかけて、ここへ普通の日記を書き込むかどうかっていう判断があるんで、更新するならするって、昼間のうちに決めておかないとダメなんですよね。っていうことで、更新しました。

 函館市交通局の、今回は増量セールで6電停追加しました。これにより、この函館市交通局の、取材済区間は全てアップできました。

 この増量したのも、結局は9月まで取材したもので、仮置き場になるもの以外をきれいにアップしておきたかったんですよね。これにより、ちゃんと元旦より草津線を始めることができます。

 っていうことで、今回更新したのも、しかも増量したのも、年越しを考えてのことでした。ほんとは9月までの「仮置き場」の駅も年内にアップしておきたかったんですが、まあ、これは年が明けて、草津線が終わってからかなと思っております。(ちょっと以前の予告と掲載順序を変えるかも知れません)

 そういうわけで、次回より鉄道線の部は草津線。路面電車の部は土佐電鉄。これが並行して続くことになりますが、土佐電鉄は・・・いっぱいあります。

| | コメント (0)

2008年12月29日 (月)

廃棄

 おはようございます。

 部屋の中に沢山要らない紙がありまして、えっとですね、10年ぐらい前の税理士試験講座の教材やら、あと、前の会社での研修のテキストやら、大学の時の教科書やら・・・。あと、古い時刻表もそうなんですが。

 だいぶ処分はしていたんですけど、改めて、さっと要らないものを出して、ひもでくくっていたら恐ろしい量になってしまいまして。という割には、部屋に入った感じ、ほとんど変わらないんですよね。押入の中とかそんなところに入っていたやつです。

 ってことで・・・。近くの小学校で秋ぐらいにやっている廃品回収に出すのがいいんでしょうけど、これだけの量を1年間置いておくわけにも行かず。ってことで、割と近くに廃品回収屋さんがあるんで、そこに持っていくことにしまして。

 うちの近所にもあるんですけど、なんか、かごに投げ入れる方式でして、外から見えてしまうんですよね。別にヤバイものとかもないし、いいんですけど、でもなんか税理士試験の教材+会計事務所の研修教材なんて、ほんと、どういう境遇の人かって分かってしまいますもんね。しかも、ちょこっと自分の字が書かれている解答用紙も入っているんで、やっぱりちょっとイヤかも。あと、教材が送られてくるダンボールも捨てたんですけど、住所氏名が書いてあったりして、やっぱりちょっとイヤ。

 あと、近所だと「ダンボール」と「新聞・雑誌」っていう区別になっているんですよね。「雑誌」をどう解釈するかなんですが、テキストとか、普通の本でもいいんやろうか・・・。って思っているうちにめんどくさくなってました。

 ということで、違う回収屋さんに持っていきまして、そこは割と人通りのないところでして、しかも回収箱がかごでなくて、大きめの「がれき」入れになっているし、「新聞・雑誌・紙くず」っていう区分になっているし。「紙くず」も入ると、だいぶ範囲が広がります。

 そんなわけで、車にたくさんの本の束を積んで捨てに行きました。どうせ、古本屋では売れない物ばかりなんで、なるべく有意義に捨てるとすればこんな方法になるんですよね・・・。

 ってことで、そこへ着いて、回収ボックスの場所が分からなかったんで、事務所の人に聞いて、「どんなごみです?」って言われて、車の中を見てもらって、「沢山持ってきてもらったし」ってことで、トイレットペーパーを1個もらいました。

 話が変わりまして、土曜日に家の近くの健康ランドで水風呂に入っていると、なんか、小学生ぐらいの子が2人ほど、気合いを入れて水風呂に入っていまして、これが2人して結構長いこと入っているんですよね。子供の方がそういうことに耐える力はあるんやろうけどなんか負けとれんな、と思ってちょっと長めに入ったんですが、なんか、長く入っているとちょっと気持ちよくなってくることを発見(笑)。

 ってことで、水に5分ぐらい入って、そのかわりそのあと、湯に5分ぐらい入る、ってことを3回ぐらいやってしまいました。えっとですね、心臓が弱い方、水風呂に慣れていない方、その他の方、まねをしないで下さい。やってみたら大変なことになっても一切責任は負いません。違和感を感じたらすぐに・・・

 それで、「あー、これが温冷交替浴」ってやつやな・・・、って思ったんですが、実際はそんなハードなやつじゃないんですよね。水の部分はそんなに長時間でないし、なんなら「ぬるいシャワーを浴びる」ぐらいのものらしいし。

 昨日は家から割と近いスーパー銭湯に行ったんですが、先にサウナに入ってしまったこともあり、そのあと、歩行浴をすると、45分ぐらいしか持たなかったんですが(それと、小さい子供数名がおかしな方向に泳いだりして、歩きにくくなったこともある。その1時間後に追加で15分歩いた)そのあと、その5分5分の水・湯の繰り返しを3回とかやったりして・・・2時間以上も入ってました。てか、これを3セットやったら、30分以上の話になるんですよね。ほんと、訳分からん方向に行っているかも知れません。

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

更新しました(第593版)

 今回の追加駅…上越線 小千谷・越後堀之内・小出・八色の各駅。

 そういうことで、意図があって路面電車の更新を休んで鉄道線の駅を順に掲載していますが、今回で上越線のこの区間が終了。1年前に掲載していて、いくつかの駅が抜けていたのを補充した感じになっています。

 それで、一応「群馬県まで繋がっている」状態が、今までは北越急行を介しての状態だったんですが(ただし、北陸から見るとそれが普通の状態)、JR線を通して群馬県まで繋がった形になりました。

 ということで、今年の更新はこれで終わり、のつもりなんですが、気が向いたら30日にやるかも知れませんし、やらないかも知れません。もしやる場合は函館の路面電車になるはずです。やらなかったら、次の更新は元旦になりまして、どちらの場合も草津線の駅を追加する予定です。

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

月末

 とうとう足がしもやけになったようで・・・。おはようございます。

 なんか、去年あたりから20年近く封印されていたしもやけが復活してきたんですよね・・・。そろそろコタツ出そうかな。正確に言うと、コタツ布団を掛けて、コタツの機械にコンセントからの電線を繋ぐだけなんですけど。使っているテーブルは年中コタツ。

 そういうことで、仕事自体は月曜日まで。ただし月曜日は掃除中心のはず・・・、が、「年末である前に月末」という経理の悲しい日でもあるんで、多分、仕事中心のはずです。というか、なんか今月の入金状況、月末に入る、っていうところが、何となく分散して入っているんですよね。

 もちろん、一括振込用紙で振込予約しているところはあくまで30日に入金。下手すりゃ1月5日入金っていうところもあるし、月末の自動引落は5日になるし。というか、うちの支払も、実際に資金が落ちたのを見て、それを会計ソフトに入力するところまで、っていうことを考えると、30日に落ちていたらそこまでできないんで(ネットバンキングで、うちで使っているところは振込日=引落日)、何となく分散して支払っていたりもするし・・・。

 って考えると、なんか、今月、月末っていう日が26日あたりから慢性的に続いているような気がするんですよね。これが1月5日まで引っ張るという・・・。なんか、長い月末の中に暮らしているような気がします。

 そんなわけで、火曜日から休みで、そっから年末は家にいて、元旦も家にいて、あと3日間休み。本来はここでどっか出かけるんですけど、今年はどうしようかな?っていうところなんです。

 なんかね、寒くてしょうがないっていう体質でもないんですけど、日本海側のどんよりした空を見ていると、どこかへ出かけようっていう気が失せてしまうんですよね。そう、旅のシーズンオフ。それと、鉄道線の駅もなんか、緑が少なくなるし、そうなると路面電車・・・。

 となると、松山とか熊本とか鹿児島とか。熊本・鹿児島は確かに方向としてはいいんですけど、3日間だとどうやろ?、っていうところなんですよね。ってことで、そう考えていると、この1月2日~4日って、別に家にいてもいいんでないかい?っていう結論になってくるんです。

 ってことで、その次の3連休。これが例によって2.5連休になるんですけど、土曜日、会社からそのまま列車に乗って豊橋方面っていうのもどうやろ?っていう考えになりつつあるんです。正月と違って名古屋往復割引きっぷも使えるし。ただ、経験上、この3連休って、雪が多いんです。だから北陸本線内がちょっと不安だったりしまして、いまいち正式決定にならずにいます。

 というか、今日は出勤の日。ちょっと遅くなったかも。

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

徘徊

 おはようございますー。

 そんなわけで、福井県からふるさと納税の領収書が届きました。あとはお礼状と、地図付きの割引クーポンも付いているんですけど、えっと・・・、期限が2009年3月31日なんですよね。

 さて、昨日の夕方、近所の銀行に行って帰ってくると、なんか会社の前に不審者がいました。なるべく関わらないでおこうと思ってちょっと遠巻きに会社の中に入ろうとすると「タクシー1台呼んでくれませんか」っていうおじいさん。

 とりあえず、会社の中に入って、ちょっと何人かで事情を聞いたんですが、どうもここから歩いて数分のところに行きたがっている→ものすごく歩いて迷った、っていうことらしく、というか、その歩いて数分のところ、そのおじいさんの自宅みたいなんです。

 つまりですね、徘徊老人なのかどうか、それに近い状況みたいでして、ってことで、実は2年ほど前のもうちょっと暖かい時期に、裸足のおばあさんがなんか、会社のドアにぶつかってきたりしたことがあるんですけど、なんかそれを思い出すような状況。その時は110番をしたんですが、なんか大げさな話になるんで、その時の教訓を生かし、今回はワシが近所の交番に歩いていって、警官の方に来ていただいたんです。

 てなわけで・・・、最近ちょっとめんどくさくなって、Yシャツの上に何も着ず、何なら仕事をしている時の腕まくりのまま、近所の銀行ぐらいなら行ったりするんですけど(念のため、今日は多分無理です)その格好で警官の方と歩いてきたんで、「なんか、不審者が連行されとるみたいや」とか、警官の方と会社に入っていくといろんなことを言われつつ、一緒に来たんですけど。てか、こうやって来ていただくだけで、住所氏名生年月日を聞かれるんやね・・・。

 ってことで、その時までには会社の中で何となく話はしていたみたいで、そのおじいさんの行きたかったところが実は自宅だった、ってことも分かり、結局、その警官の方に連れて行ってもらったんですが。

 てか、なんか、うちの会社って、そういう人を引き寄せる「何か」があるんかな・・・。一時期、近所の痴呆になっているであろう老人の方(表現大丈夫?)がよくいらっしゃって、たまに旅行を申し込んだりとか、っていうこともあったし。(もちろん、家族の方に連絡して、話だけ聞いて、手配はしない)

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

盗難

 おはようございます。

 ってことで、こんな時間に書いていると、どうしても「1日の行動」よりも「夢の話」が多くなるんですけど、今日もその話から。

 えっとですね。なんか財布を落としたんですよね。そして、何か知らんけど(基本的に夢ってどうしてこういう状況になっているか分からずに動いていて、しかもその状況だけなぜか納得していることが多い)一回りしているとその財布を見つけて、「あーワシのや」って思って拾ったんです。

 そしたらそこにいた人(その時は知り合いだと思ったが、誰か分からない)が、「クレジットカード入っとる?」って聞くんですよね。よく見たら「あー、ないわ・・・」ってことに気づきまして、でも現金は確かこの金額やったな?とか思いつつ、カード会社に電話せな、っていうことになりまして。

 で、その夢の中では財布を落としたのが昼間とすれば、夜になってからいろいろとその電話番号を探してみたりするんです。で、どこにかければいいか分からない、っていう状態でその夢は終わったのか、軽く目を覚ましたのか・・・。

 ちなみに、そのカード、今気になって財布を見てみたらありました(笑)。

 っていうだけの夢なんですけど、特に日常ではそんなに財布を落とすとかなくすとか、そんなことを気にはしないんですが、旅の間って結構気になるんです。

 というのも、ビジネスホテルなら、財布を机の上に置いて、いつでも見ることができる状態にして寝るし、特にどうってことないんですけど、問題がカプセルホテルやら健康ランドに泊まるとき。ロッカーに荷物を入れますよね。そして、こういうところって、割と危険だったりしますよね。

 そんなわけで、最近は極力フロントに預けて、そうでなければ貴重品ロッカーに入れるんですけど、やっぱりちょっと心配。

 まあ、その旅で必要な現金+αを持ち歩くだけで、そのうえで、旅の間はなるべくクレジットカードを使うようにして、その持っていった現金は、緊急に何が起こってもいいように極力残すんですけど、でも、財布ごと盗まれたらやっぱりとんでもないことになるんです。

 ってことで、一応、簡単に盗まれてもあきらめが付くぐらいの金額は別のところに持っているんですが、最近はそれ+キャッシュカードを1枚。ほとんど残はないが、何かあったら十分家まで帰ってくることができるぐらいの金額、それも盗まれても発狂しないぐらいの金額を入れた口座を作っておいて、それだけその現金と一緒に別のところに入れてあるんです。どうせ、すぐに分からん暗証番号やし。

 まあ、その口座もそのためにわざわざ作ったんでなくて、別の目的で以前、ちょっとだけ使っていた口座なんですけど、今は全く使っていなくて閉めようかなと思っていたやつなんですね。ちょうどよかった・・・。

 っていう体制を整えているんですが、やっぱりね、お金ときっぷは諦めても、財布を盗まれた瞬間、やらないといけないのが関係各所への連絡。クレジットカードだけでなくてキャッシュカードもいくつかありますもんね。この夢の例ですよね。

 だから、その連絡先と口座番号の一覧を作って、それも持ち歩かないかんかな?と思っているんですけどね。まだそこまではやってません。

 と書いていますが、旅の間、何かを盗まれたことは一度もないんです。きっぷを落としたことは1回だけ。何度か書いていますし「JR各線を巡る・・・」の旅行記の中にありますけど、高校2年の時に、四国と本州の間で、青春18きっぷを落としたことがあります。当時は1枚ずつ切り離せる冊子でした。マルス券でなくて、印刷したやつを買ったのはその時が最初で最後でした。

| | コメント (0)

2008年12月24日 (水)

バス

 おはようございます・・・。

 ってことで、9周年記念の文章シリーズも終わりまして、普通の日記に戻るわけなんですが、またもや何を書こう?っていう状態なんですよね。

 とりあえず、月曜日は会社の飲み会というか、詳しいことはおいといてそういうやつだったんで、自転車で会社に行きバスで帰ってくるという次第。ほんとね、24時過ぎに金沢の繁華街(片町)始発の、うちの近くに来るバスがあるんですけど、それに間に合わせまして。時期的にも次の日祝日ということもありながらも、かなり混んだバスでした。

 だいたい、うちの最寄りバス停に来ると、ほとんど人が乗っていないという状況になるんですけど、この時はもうちょっと先に行く人もいましたもんね・・・。うちのまわりは公共交通機関過疎地ではあるんですけど、こんな感じで意外とツボは押さえてあるなと思う次第です。こういう、繁華街からうちっていう移動は割と便利・・・、っていうか、この深夜便のバスの前って、かなり時間が空いてしまうんですけどね。

 そういうことで、2日間、会社に自転車を置きっぱなしにしてしまうんで、妹の古い自転車で行ったんですけど、なんか、今朝、晴れていますね・・・。多分今日を逃すと、年内は自転車通勤ができないような気がするんで、今日はもう1台の自転車で行きますか。んで明日、車で行って回収してくればいいし。

 それにしてもガソリンの値段、下がりすぎです。ほんと、一時期のあの値段、まずは200円いくやろ?って思っていた頃の値段は何なんでしょうね。おかげでガソリンを入れる度に前回と全く感覚が違うことになってしまっています。

 昨日も「そろそろかな?」と思って入れてきたんですけど、一時期とえらい金銭感覚が違うこと・・・。とりあえず、ガソリン価格がピークだった頃のガソリンは入れていないんで、最高価格の時期は純粋に言うと知らないんですけど、それでも違います。これから冬に向けて車での通勤が増えるんで、何かと助かります・・・、って何か普通の日記ですね。

 そんなわけで、月曜日に自転車を、会社の玄関前の雨の当たらないところに強引に押し込んできたんで、そのままにしておくと怒られそうなんで(本当には怒られないが・・・)今日はちょっと早めに出ます。

| | コメント (0)

2008年12月23日 (火)

更新しました(第592版)

 今回の追加内容・・・京福電鉄永平寺線の駅跡。

 そういうことで、今日は「旗日更新」をする、ということを何度か書いていたり、しかも別のことをすると書いていたんですが、はい、やろうと思っていたことはこれでした。そんなわけで、約1年ぶりの「ここはかつて駅でした」へのコンテンツ追加となります。

 御覧の通りの内容なんですけど、しかも、その行ってきた日のここへの書き込みにも書きましたが、ほんと、廃止されてからそんなに時間は経っていないのですが、各駅跡とも駅跡であることが非常に分かりにくい状態です。

 その中でも永平寺駅跡が一番「駅跡」として分かりにくい状態になっていました。ほんとはここだけはすごく分かりやすいだろうと思って期待していったんですけどね・・・。

 そういうことで、今年の更新はあと1回の予定です。多分、上越線の宮内-水上間の残り4駅になると思います。

| | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

サイト9周年(4)

 先週書いていました「サイト9周年」シリーズですが、今日はその最後として、ちょっと背景的なことをまとめておきたいと思います。ほんと「まとめておく」というだけあって、以前書いたことの焼き直しのような内容になると思うんですが、「9周年にあたり」という意味で改めて書いてみます。

●サイト作成のための旅か?
 最近のほとんどの旅が「駅の取材」を目的としています。ほんと「取材」と称しているだけあって、このサイトのために旅に出ているような気がします。目的はサイト作成のためか?と思ってしまうと何かおかしくなってきます。もちろん、特に遠方の場合はそれに親戚を絡めたりすることもあるんですけど、基本的にはサイトのためのような気がします。

 サイトにこだわらずゆっくり楽しめばいいのに、と思ってみたり、あと、サイトがなかったら旅をせずに家で本でも読んでいるんか?、ということでもあったりします。それよりも、このサイトのためにいくら使うんだ?という話にもなります。 

●趣味を楽しむ3段階
 そういうことで、サイト作成という目的があって、それに縛られた旅・金の使い方をしているようにも思うんですが、この旅に出るという趣味は次の3段階の楽しみがあります。

 (1)旅に出る前にどこへ行こうか、どうやって回ろうか考える・・・これが一番楽しいという説もあるんですが、私の場合はきっちり決めていません。駅をまわっているうちに3~4手(駅)先を考えるのが最終的な計画になるため、一部、旅に出てからもこれをやっています。
 (2)実際に旅に出る・・・家(場合によっては会社)を出てから家に帰り着くまで。道中の列車や宿泊先も含む。
 (3)サイトを作成する。そうして、あとから見る。

 と、当たり前のことを書いたんですが、この3つがあって楽しみが増えるのではないかと思うんです。例えば、いきなり何も考えずに出て、駅だけまわって、帰ってきて何もしないのと、この3つのステップをそれぞれ楽しむのとでは、後者の方が3倍とは言いませんけど、同じお金を使うのであれば、楽しめる度合いが違うと思います。

 あと、1回の旅で回る駅の数も多いんで、サイト作成を通じて「ああ、こんな駅だったな」って思い出すことが多いです。そのため、次回以降、そこを通過するだけでその時のことをはっきり思い出すのは、サイトを作って記憶を定着させているからだ、と言うこともできます。

●サイト作成と趣味の連動
 このように、実際にそこへ行くことと、あとから数ヶ月にわたってそれをまとめていくこと両方をすることにより記憶に定着する、あとからも楽しめる、あるいはそれぞれの楽しみを仮に「1」としても、合わせた楽しみが「2」になるのではなく、「3」にも「4」にもなるというものなんです。ただし、サイト作成というのは息が長いものなので、途中で放り出しかねない、ということで御覧になっている方の「目」を強制力として活用させていただいている、というのがサイトを作る趣旨ですよー、というのは1年目から既に何度も書いています。ですから、このサイト自体は作る私本人のためのものなんです。

 というのはおいといて、このサイト自体、「旅に出る」という趣味における興味が変わってきたら、それに応じて扱う内容も変わってくるものになってきます。例えば、実際の行動では「乗りつぶし」から「駅をまわること」に変わってきているのに、このサイトは旅行記のサイトなんで、旅行記しか扱わない!、と頑なに守っていたら、そのうち趣味とサイトが乖離していって、サイト作りのための旅と、楽しむための旅を分けなければならなくなります。

 そうしないように、このサイトにおいては(他のサイトでどうこう、というわけでもなく、また、私がもし別のサイトをやっていたら…実際は、やっていないが…そこでも適用されずという意味)趣味(のうち、旅に関するもの)での行動と、サイトで扱う内容が極力一致するように微調整をしていかねばならないのかなと思います。

 例えば「駅をまわる」ということを始めたとき、あまり興味のなかった路面電車の電停について、そのうち興味が出てきたら受け止める体制にしたりとか、海外の全駅を対象としない区間でも扱えるようにしたりとかということが、「駅をまわる」という趣味の中での微調整の範囲内かなと思います。

 場合によっては、ずっと「メイン」でやっていたものを「書庫扱い」、つまり、もう過去のものとして一切触らないようにして(「乗りつぶし」の旅行記がその扱いです)、今興味のあるものをメインのコンテンツに変えていくことが出てくるのではないかと思います。というか、9年の間にそうなってきました。これが「乗りつぶし」から「駅」へと趣味の対象が変わってきたことをこのサイトが受け入れてしまった例です。

 それと、「メイン」ではないが、その時突然思い立って行動したこともしっかりと受け止められるような体制にする、具体的には「思いつき!」というコーナーがそうなんですけど、連続性はないが、その時動いてみて、行ってみて面白かったことをちゃんとアップできるコーナーを用意しておくことも、この「サイトと趣味を連動させる」という考えの中では必要になってくるのではないかと思うわけです。

 そういうことで、サイトのタイトルも一度変わっていますが、今後、趣味の行動の変化によっては「駅の取材」をおいといて、別のことをやるかも知れない、そうなるとタイトルも変わってくるかも知れないということです。ただし、今のところはその兆しもなく、駅をまわるのが楽しかったりしますので、しばらくは続くと思います。だから、このサイトの継続=駅の取材の継続、ということでは全くありません。ただし、旅に出ること自体興味がなくなったら、このサイトは閉めることになるかも知れません。その時、別の全く違う趣味を持ってしまったら、それを受け止める、全く別のサイトを作ることになるのかも知れませんが・・・。

| | コメント (0)

2008年12月21日 (日)

更新しました(第591版)

 今回の追加駅・・・中央本線 富士見・信濃境・小淵沢の各駅。上越線 越後滝谷駅。

 そんなわけで、本来は路面電車の番ですが、元旦の更新から「新しい区間」を始めるということを仕組んでいるため、今回より変則的な更新とさせていただいています。しかも、本来は小淵沢のあとに、この先、一駅だけ取材している日野春駅があるんですけど、これもあとに回しました。

 それで、「繋がっている道府県」に、山梨県が追加されました。このあと、徳島県も繋がるようになっています。

 ってことで・・・。この時間、テレビでは某番組が・・・。あとでゆっくりビデオで見るんですけど、只今U字工事がネタやってますね。ちょっと気になる(笑)。そういうことで今から風呂行ってきます。

 なお、明後日は祝日に付き、「区間全駅」以外の何かを追加するつもりですが、気分によっては函館の路面電車になることがあります。

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

サイト9周年(3)

 そういうわけで、サイト9周年の文章。今日は昨年同時期に書いたものと、実際のものを比較します。ってことで、2007年12月19日に書いた文章の引用、っていうか、何か、特に前半はコピペしてそのまま昨日の文章にしても違和感ないぐらいなんですけどね・・・。

****ここから引用****

(1)繋げたいところを繋げます。
 基本的に、9年目も「区間全駅」を追加していく更新が中心となると思います。このサイトは私の趣味の行動をそのまま表現するというか記録する、というものなんで、その時興味があることが何らかの形でサイトに反映されていく、というものです。ですから、「他にやりたいことがあるのにサイトを意識するために、それができない」というものではなく、やりたいことをやった結果がこのサイトのその後の更新、という位置づけです。

 そんなわけで、繋げることをノルマにして、それで趣味の行動が規制されていく、というものではなく、素直にその時行きたいところ、気になる路線を撮って行ければと思います。ですから、その興味の度合いと時間によっては「仮置き場」がたくさん増えることになるかも知れませんし、「区間」が完成するかも知れません。

 そこで、その時々で行きたいところに行く、ということになりますので、1年後、どの路線がどうやって繋がっているか、全く分かりません。そんなわけで、お楽しみに、ということです。

 なお、今の段階では、春までの間に路面電車に力を入れるつもりではいますけど、急に興味を失う可能性もあります。

(2)最低限の目標
 ただし、最低限、繋げたいというかやっておきたいのが、「黒部峡谷鉄道を除く北陸三県の全駅」ということで、具体的には富山地方鉄道不二越・上滝線と、えちぜん鉄道の新設駅2駅ということになります。これだけは9年目で完成させたいなと思うんですが、さて・・・。

 また、以前から遠い目標にしている長崎~厚岸まで繋げる、ということについては、おそらく9年目は五稜郭駅以遠について、取材を行う機会はないと思われますので、繋がることはないと考えられます。

(3)サイトの構成
 これも、その時の思いつきでやっていますんで、どういう方向に行くのか分からないんですけど、何年か前から書いているように「気になる駅」は、「区間全駅」のような構成になおしまして、コーナーとしてはなくしていきたいと思っています。
 具体的には、伏木・高岡・名立・有間川・関山・柏崎・燕三条の各駅については再取材を行う必要があります。また、これにより改めて差し替えたものを掲載し終えた時点で、夜明・船尾の各駅については、掲載方法を再検討します。なお、これ以外の「気になる駅」掲載中の駅については、再取材を行わず、現存の写真(ボツになっているものも含む)で文章等を差し替えます。

 そういうことで「目標」といいつつも、結局は「その時興味を持っていることをやる」というだけのものになっているんですけど、今年は特に「繋げる」ということについては明確な目標をあえて持たず、行きたいところに行く、ということを徹底していきたいと思っております。

*****ここまで引用****

ということで・・・

 まずは(2)の「最低限の目標」については、まず、富山地方鉄道の不二越線・上滝線についてはアップしてあります。これは一昨日書いたとおりです。また、えちぜん鉄道の新設駅2駅については取材はしてあるんですけど、順にアップしているため只今アップされておりません。これは時期が来たらアップされます。
 また、「北海道は行かない」って書いておきながら、実際は行ってしまったんですが、今回は主な目的が別のところにあったため、「区間全駅」としては、ほとんど充実したものにはなりませんでした。

 次に(3)については、ほぼこれは達成されています。一部、「区間全駅」に採り入れられなかった夜明駅などの扱いがちょっとここに書いたのとは違っているんですけど、だいたいこの通りです。

 そうして(1)ですよね・・・。実はその前の年も似たようなことを書いていて、今年も似たことを書いてしまったんですが、「その時気になったところをやる」といいつつ、実は今年繋げたところって、意外と前年以前にその元ネタがあったとか、親戚の法事のついでに長崎の路面電車とか、社員旅行の自由行動で香港の路面電車とか、っていうことで、「行きたいところに行く」というよりも「行けたところに行った」っていう方が正解なのかも知れません。

 その時行きたいところ、って、純粋に「行ってみたい」というよりも、こういう親戚・社員旅行、それから天気、宿の空き具合、泊まりたい宿の存在、その区間に便利なきっぷの存在など外的要因が影響するもんだなということを実感した年でもあります。

 だから「純粋に行きたい」だけでなく「行けたところ」っていうのが実際のところなんだと思います。だから目標が達成されていない、っていうわけでもないんですけど、自由なようで意外と縛りもある、でもこれも「きっかけ」というものなんだろうなと思います。

 そういうことで今年はちょっと具体的に「今気になっている区間」として、具体的に挙げましたけど、これについては来年の今頃、どうなっているかは分かりません。

 去年の今頃書いた目標って、そんなに難しいことを書かなかったんで、だいたいその通りになったかなと思います。そんなわけでまた1年間よろしくお願いします。

 あと、「9周年シリーズ」として書くか、別立てにするか決めていませんが、もう1つだけ、背景的なことを書きますが、月曜日以降になると思います。(明日は更新)

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

サイト9周年(2)

 ということで、今日でこのサイト、9周年となるわけなんですが、それでは、今後1年間、このサイトをどうしていこうか考える回です。

(1)基本的にどこをやるか決めません
 毎度同じ事を書くんですけど、「区間全駅」は、その時行きたいところへ行く、っていうことを趣旨にしているんで、あえて今の段階ではどこへ行きたいか決めていません。ほんと、その時行きたいなと思ったところとか、天気、稼働日数、宿の空き具合などに左右されます。ということで、どこをやるかは分かりません。

 ・・・って書いてしまったら、今日の書き込みが終わってしまうんで、一応、今の時点で気になっているところ、やりたいなと思っているところを書いていきます。

●路面電車全般
 そんなわけで、最近強まっていた路面電車偏重傾向。多分、この1年間もそうさせていただくと思います。ただし、どこかで限界が来るのは確かなんで、この1年ぐらいが山になるかなと思っています。

 札幌・函館→北海道へ行けたらやりたいんですけど、北海道に限り、「区間全駅」がさらに東へ進むという用事もあるんで、それとの兼ね合いがあります。多分、何か変化がない限り、GWか9月の連休に行かなかったらここはなしです。
 豊橋→多分、近いところなんで早めに行ければなと。というより、近いうちに何となく決めていたりして。
 松山→ここもそんなに遠くないし、高知が一段落したんであり得ます。どこかの3連休にて。
 熊本・鹿児島→3連休だとちょっともったいないところなんですよね。できれば2都市まとめたいという思いもあります。9月の5連休だとちょっと暑いし(路面電車の取材はずっと動きっぱなしになるんで、暑いときは向いていない)、GWに行けなかったらこの1年間はあり得ないのかなと思っています。

 あと、「何を路面電車と定義するか」にもよるんですが、多分、これも入るんかな?

 東京都電・東急世田谷線→ってことで、久しぶりに東京へ行くネタができましたよ。

 そういや、京福電鉄もちょっとだけやって放置したままになっていました。あと、もしかしたら滋賀県の京阪も入るんかな?こっちは近いし。

●さらに東へ
 一応「区間全駅」としては、函館からさらに東へ繋げて、白糠から厚岸まで繋がっているところに繋げたいなという思いがあるんです。だから、北海道へ行けたらなるべくそっちをやりたいと思っています。ただし、今年もし行くことができたら、この函館~白糠の間で、いくつかの駅を疎らに拾ってくることになるだけだと思います。行けなければそのままです。もし行けたら、そろそろ特急停車駅ぐらいは全部拾ってきたいなと思っています。
 そういうこともあり、今年9月にちょっとだけ取材してきたものを追加する際、この函館~白糠の間にある「仮置き場」については、他の「仮置き場」と違う扱いにしたいなと思っています。これは3月ぐらいにお見せできると思います。

●春の終わり頃から秋の初め頃にかけて
 その季節は割と鉄道線の駅に力を入れる時期。ただし、8月初旬まではどうしても試験の関係もあり、自由に動けないんですけど、それも意識しつつ、その間やりたいなと思って気になっている鉄道線は
 しなの鉄道
 上越線の水上~高崎
 中央本線 小淵沢~甲府~大月(~八王子)
 もし、上2つが繋がるなら、八高線とか。
 津山線
 そして、飯田線
 近江鉄道(日帰可能)
 ってやっていくと、やっぱりこの期間だと足りないんで、上記の一部となりそうです。これに、今後、行きたいなと思ったところが突如入ってくると思います。

(2)その他
 あとのコーナーについては、特に最近の懸案だった「気になる駅」のコーナーの廃止ができてしまったこともあり、特にここをこうしたいと思う部分が今のところありません。
 そういうことで、この1年間は単に「区間全駅」、そしてたまに「ここはかつて駅でした」と「思いつき!」に一つずつぐらいネタが入るかな?という程度になるのではないかと思っています。
 ただし、何か思うことがあれば、大きく変わる部分も出てくるかもしれません。

 ということで、次回は昨年同時期に書いた文章と、現実を比較したいと思っています。

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

サイト9周年(1)

 1999年12月19日にこのサイト(ただし、サイト名及びURLは今と違っていました)を開設して、今日が終わると9年になります。基本的に、自分の趣味の一部分としての位置づけなんですけど、御覧になっていらっしゃる方には御礼申し上げます。

 ということで、毎年恒例の、この1年間を振り返り、これから1年間どうしていこうか考えて、ついでに去年考えた目標と実際を比較するという文章。以前はサイトの更新を伴ってやっていたんですが、ブログにアップする形にしてから早3年目。今年もこの形にさせていただきます。

 そんなわけで、今日はこの1年間を振り返る文章です。

●9年目の更新内容(「区間全駅」のコンテンツの追加・「仮置き場」を除く)
 土佐電鉄 鏡川橋-伊野間(一部を除く、前年からのつづき)
 関西本線 名古屋-亀山間
 広島電鉄市内線
 富山地方鉄道 不二越線 上滝線
 香港路面電車
 長崎電気軌道
 信越本線 妙高高原-篠ノ井
 篠ノ井線 篠ノ井-松本
 函館市交通局の一部(進行中)
 中央本線 岡谷-塩尻(進行中)
 その他、2008年春開業の駅

●9年目の更新内容(「区間全駅」以外)
 「ここはかつて駅でした」の浦川原駅跡
 「気になる駅」から「区間全駅」への完全移行

●特徴
○「区間」の少なさ
 何となくこの9年目って、特定の区間をやり続けていたことが多く、「区間の数」だけで見るとかなり少ないんだなという印象です。もちろん、追加した駅・電停の数は例年と同じぐらいのはず(細かいところでは違うと思いますが)なんですけど、例えば「広島電鉄市内線」で一つの区間にしてしまっているため、その中にある電停の数がかなりありまして、追加した駅・電停の数に比べて区間の数が少ないという結果になってしまいました。

○海外進出
 その中で、このサイト初、というよりも私自身初めて海外へ行きまして、とは言っても一部しか自己負担のない社員旅行なんですけど、その中の1日の自由時間を使って、香港路面電車の電停の取材ができました。「全駅」を前提としない「特別編」という形でしたがアップしまして、これが9年目最大の特色だったと思います。

○路面電車が多い
 それで、この9年目は路面電車の電停が多くなってしまいました。多分、賛否両論もあり、見ていて飽きやすいとは思うんですけど、どうにかそれは「駅」との交互掲載を意識することによって少しは緩和させていただいております。
 電停自体、今や限りがあるもので、全国的に見ると貴重なものになっています。とは言っても、近年は見直されており、増える動きもありますが、今の形ということでなるべく画像として残したいなと思います。

○一応北陸三県完成
 「全駅」という概念がよく分からなくなる黒部峡谷鉄道を除き、また、各区間取材後の新設駅・電停を除き、どうにか北陸三県全駅・電停を掲載することができました。これについてはまた目標と実績との比較ということでみていきます。

○「気になる駅」からの移行完了
 これも数年来の懸案だったんですけど、「気になる駅」として取材して掲載していた駅のうち、最初に買ったデジカメで撮った駅を再取材することにより、どうにかこれらも「区間全駅」に完全に移行できました。これについても目標と実績の比較で見ていきます。

○サイト一元化完成
 そうして、「方面案内放送」については、同じサーバーに持ってくる予定もなかったんですけど、先日書いたとおり、最近の動きから、一応音声は削除した方が面倒がないだろう、という判断の下、削除することにより、別サーバーにわざわざ置く理由もなくなったため、同じサーバーに持ってくることができ、期せずしてサイトの一元管理が可能になってしまいました。

 というあたりが、この9年目を振り返る文章でした。次回は10年目をどうしようかという文章の予定です。

| | コメント (0)

2008年12月17日 (水)

納付

 おはようございます。

 ってことで、今日も試験の反省を書こうかと思ったんですが、まあ、同じネタ、しかもこのサイトとは違うことを2日続けるのも何ですし、またの機会ということで、今日は別の話。ちなみに、明日からちょっと連続してさらに別の話を書きます。

 それで、以前、このサイトで「ふるさと納税」の話を書きました。かなり昔なんで、自分でもいつか忘れたんですけど、その時はまだこの制度の全貌が見えていないというより、正式に決まっていなかった時なんですよね。

 それから月日が流れ、納付も可能になって数ヶ月。何もしてなかった・・・。所得税は「暦年基準」、これに連動する住民税も暦年基準なんで、とにかく平成20年分の所得(住民税はそれを基にした平成21年分の税額)として、自分が石川県と金沢市に納める分から調整できるのもあとちょっとなんですよね。

 ってことで、その時書いたのが、珠洲市と福井県にいくらか納めたいな、っていうことなんです。珠洲市は生まれ育って中学校2年の時までいたところ。昭和から平成になる瞬間もそこにいたぐらいです。福井県は県立大学への通学で直接お世話になったところ。

 それで、この両自治体のサイトを見ていて、まずは福井県は「寄付申出書」までWeb上で出せてしまうんですよね。これを出すと翌日に口座番号がメールで来たんです。ただし、「××円を振り込んでください」っていう文面の金額が思いっきり違っていまして・・・。申出書間違えたかな?って思ったんですが、向こうのミスだったらしく、あとから「すません」っていうメールが来てました。ってことで、解決したんで、一昨日の夜振込手続→昨日入金。

 珠洲市の方は「まずは電話ください」って書いてあったんですけど、まさか、夜に電話するわけにいかんし・・・、ってことで、住所氏名電話番号その他を書いたメールを送ったら、ちゃんと返事が来て、翌日(先週土曜日)には資料一式が届きまして。ってことで、只今、書き上げた寄付申出書と、郵便振替の用紙が目の前にあります。今日出してこよ・・・。

 そんなわけで、本来納める住民税に効いてくるのは、所得割の1割程度なんで、実はそんなに思ったほど「納付」ができないんですよね。ってことと、どうしても5,000円の部分は自腹になってしまうということ、あと、確定申告も必要になる、ってこと。

 そんなわけで、意外と面倒かつ自己負担もあるこの制度。とりあえず、確定申告の部分は、電子申告しときますか。電子署名付住基カードもなぜか(経緯はここに書きましたが)手に入ったし、ICカードリーダーライターも使えるし。今年までの電子申告した場合の特別税額控除は、ふるさと納税の自腹分と差引ゼロになるんで、そうなると今年は単なる手間の問題。来年以降やるなら、そこから自己負担か・・・。

 ということで、今年に関しては、税額は電子申告すれば単に納付先が変わるだけの問題、来年以降は5,000円の自己負担なんで、しかも、自分の給与やとそんな額も納付できんし、立派なことをしたと言える話でもないんですけど、何となく自分の中でやろうとしていてやっていなかったことの一つがようやく解決したな、という気分でもあります。

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

通知

 喜んで新車(自転車)に乗っていったのはいいんですけど、帰り合羽を着てくる羽目になりました。おはようございます。

 見た目は同じなんですけど、微妙に乗った感触が違うんですよね。なんていうか、安っぽくなっとるというか・・・。ブレーキのキューっていう音もするし。まあ、これは警報機代わりになっていいんやけど。

 さて、試験の結果が来ました。ほんとね、この試験、心臓に悪いって。昨日なんかも微妙に気持ちが浮ついていたというか、何というか。ただ、みんな早く帰ったんで、一緒になって早く帰ってきましたが・・・。

 ほんと、仕事していても「今頃届いたかな?」、帰り着くときもだんだんとドキドキしてきて、家に近づくにつれてほんと、おかしくなりそうやった。さっさと教えてくれればこんな事にならんのに・・・。

 それで、一応、落ちるということは分かっていたんですけど、何となく掲示板の書き込みから、自分より自己採点が下の人が受かっていたり、上の人が落ちていたりする感じだったんで(自己採点自体、文章で答えてくるやつの採点方法とか、配点自体、そもそも分かっていないし、答えもあくまで学校が作っているものなんで絶対的なものでない)何となく可能性が出てきたかな?って思っていたんですよね。あわよくば受かっていて欲しいっていう欲が出てきたんです。

 でー、封を切ってみると、思った通りの結果。不合格。ただし、数年前から「落ちていましたよ」っていう結果だけでなくて、どれぐらいの点数で落ちたか、目安だけ教えてくれまして、これがABCDの4段階あるんですけど、一応「A」でした。

 まあ、AでもDでも不合格は不合格。ただし、去年との伸び(去年はやっていないのに割とできた)も確認できたし、まあいいか。これが受かると思っていてこの結果だったらもう大変なんですけど・・・。

 ってことは、あと1点~10点の範囲だったみたいで、ってことは、やっぱり某学校がテキストにすら載せなくて、他の学校ではばっちり対策をしていた25点分の問題もある程度取れていたら・・・、あるいは、対策をしていたけどちょっと勘違いをしてしまったあの問題ができていれば・・・、とか、やっぱり紙一重(いや、前者は大きい話だが・・・)だったみたいです。

 さて。まあ、某掲示板では某学校に対する悪口がすごくなってきていて、「(学校名の略)でも受かるよね」っていう変な書き込みもあったりして、さらにひどいことになっています。まあ、学校のせいにしていてもしょうがないし、なんなら、今までの流れから来年は当たる年かなとも思っているんで、次の試験まではこの学校のお世話になります。ただ、来年外したら知らんよ(笑)。

 まあね、学校のカリキュラムだけに依存していたという問題もあるんですけど、仕事しながらという時間制限ありで、こういうことを言うのも自分にとって酷な話で、ともかく、何年かやってきて、今年は初めてちゃんとカリキュラムをこなせて、なおかつ、出した答案がほぼ平均点以上で、しかも公開模擬試験で上位10%だったこと(これ、合格絶対ラインではないがほぼ大丈夫なライン)で良しとしておきます。

 ただ、来年はこれと同じ事をしていてもダメで(まあ、状況によってはこれでも充分受かったのだが・・・)もっと早めに、深いことをせないかんかなと思うわけです。特に4月までは表面的なことしかしていなかったんで、5月以降、グンと伸びることを実感できなかったということもありまして、やっぱり学校のせいだけでなく、自分の中でも反省点はあります。これはここで詳細に書く時間もないんで、書きませんが・・・。

 さて、9月からやってきた科目の受講をどうするか、早よ決めな・・・。

| | コメント (0)

2008年12月15日 (月)

新車

 おはようございます。

 ここで以前、新しい自転車と、1台目の携帯電話の機種変更、どっちが先になるか?っていうことを書きましたけど、自転車が先になりました。

 というのはですね、タイヤが厳密に言うと丸くない、ってことで、かなりふらついた運転にならざるを得ず、それで往復11キロも走っているとね、結構苦しかったんですけど、それが先週の間にだんだんひどくなっていることに気づきまして。

 それで、先週、月曜日~水曜日まで自転車で行って、木曜日は朝、晴れていたんですけど、夜にかなり強い雨が降る、風も強い、っていう予報だったんで、それは好ましくないんで車で行きまして、その、雨の降っていない日中に父親がその自転車に乗ったようなんですね。

 そうしたら、その揺れどころか、車輪が切れている状態ってことに気づいてもらいまして。えっとですね、丸い車輪がありますよね、銀色の部分。そこが左右に亀裂が走っている状態だったんです。

 ほんと、よくこれで往復11キロ乗っとったな・・・。しかも、会社から銀行もやよ・・・。

 そういうことで、タイミングによっては命も危ない、ってことで、金曜日は別の自転車で行きまして、土曜日に買ってきました。ほんとは春まで持たそうと思っていたんですけど、それどころではありません。

 それで、ちょっと別件の買い物もあったんで、一旦、津幡のプラント3に行きまして、ちょこっとチェック。そして、そこで別件の買い物だけをして、一旦金沢へ戻り、通勤途中(若干道がはずれる)にあるホームセンターへ。ここ、この前まで乗っていた自転車を買ったところです。

 以前はホームセンターで絶対に自転車を買わず、自転車専門店で買っていたんですけど、それでも2年程度しか持たないんで、前回、実験的にホームセンターで買ってみたんですね。そうしたら、まあ、雨の中を運転することが少なくなった、という別の条件にはなるんですが、ほとんど使える年数に違いがないことに気づきまして、今回もホームセンターで買うことにしたわけです。

 で、26インチで、3段変速、そしてチェーンは外に出ているのではなく、覆われているものを探すと・・・、1台しか選択肢がなかったんです。まあいいか、これで、ってか、これ、この前まで乗っとった自転車と同じやし・・・。

 そんなわけで、2年間は何やったんやろ、っていうぐらい、まったく同じ自転車を買ってしまいました。まあ、こっちの方が何かあったとき前の自転車から部品を取れるし・・・。

 そう思うと、先に行ったところの方が選択肢があったんですけど、まあ、この自転車、車にも積みやすいし、こっちでいいか。ということで、車に積んで帰ってきました。

 そういや、土曜日に「もう一つある」って書いたんですけど、その件はまた後日、って大した話ではありません。あと、通知は結局、土曜日には届いていませんでした。

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

更新しました(第590版)その2

 ということで、さっき「更新しました(第590版)」という文章をアップしたのですが、その後、何人かの方が御覧になったかも知れないので、記事を改めて、時間の都合で書ききれなかったこと、あるいは書き忘れたことを追記しておきます。

●今回の駅のうち

 そういや、書いていなかったんですが、今回アップした駅のうち「すずらんの里」駅は、かつて「気になる駅」として扱おうと思っていた駅です。ほんと、思った通りいろんな特色がある・・・。あと茅野駅も「気になる駅」をやっていた時に降りたなら、「気になる駅」として扱っていたかも知れません。

●それで、本題

 ということで、今後の更新について、ちょっとシミュレーションしてみますね。こういうことを書くときに一応注意書きとして、この通りやるとは限らない、ということを書いていますが、今回もその通りです。といいつつ、結局その通りやることも多いんですけど、あくまでいつの分までネタがあるかな?っていうことを見るためのものです。

 そんなわけで、年内については先ほど書き込みましたので、元旦以降の分。なお、特に出かける用事がなければ12月23日に「旗日更新」として、他のことをやります。ネタは決めています。更新しないかも知れませんが。

 1月1日    草津線 手原・石部・甲西・三雲
   4日    函館市 末広町・大町・函館どつく前・宝来町
  11日か12日 草津線 貴生川・甲南・寺庄・甲賀
  18日    函館市 青柳町・谷地頭 土佐電 曙町・朝倉駅前 
  25日     草津線 油日 信楽高原鐵道 紫香楽宮跡・雲井・勅使
 2月1日   土佐電 朝倉神社前・宇治団地前・八千代通・中山
   8日     草津線 玉桂寺前・信楽 えちぜん鉄道 日華化学前・八ツ島 
   15日   土佐電 枝川・北山・堀詰・大橋通
   22日     土讃線 金蔵寺・善通寺・琴平・塩入 
 3月1日   土佐電 高知城前・県庁前・グランド通・上町一丁目
   8日     土讃線 黒川・讃岐財田 東海道本線 桂川 仮置き場 日野春
   15日   土佐電 上町二丁目・上町二丁目・上町四丁目・上町五丁目
   22日    仮置き場 関西空港 厚床・音別・厚内・池田

 というところが3月いっぱい。それで、鉄道線の方はきれいに終わるんですが、路面電車がごそっと残るんですよね。そういうわけで、あとどれぐらい残るかというと
  (1) 旭町一丁目・旭町三丁目・蛍橋・デンテツターミナルビル
  (2) 菜園場町・宝永町・知寄町一丁目・知寄町二丁目
  (3) 知寄町三丁目・西高須・県立美術館通・高須
  (4) 文珠通・介良通・新木・東新木
  (5) 田辺島通・鹿児・舟戸・北浦
  (6) 清和学園前・一条橋・長崎・篠原
  (7) 住吉通・東工業前・後免西町・後免中町・後免東町

 そんなわけで、このペースで行くと十分GW明けまでネタがあると。しかも、4月以降は電停だけになってしまうと・・・。

 一応、旗日更新とか、臨時更新を微妙に混ぜて、年内取材分は3月いっぱいは無理にしても、4月いっぱいでアップし終えるようにしたいと思っていますが、例えば「4月は電停しかアップしない」っていう状況も避けたいんですよね・・・。

 といいつつ、まあ、土佐電気鉄道は途中から「駅みたいな電停」がつづくし、まあいいか、とも思っているんですが・・・。

 あと、来年の正月は出歩かないにしても、そのあとで、ちょっと他の路面電車も考えていたりしまして、もしかしたらやっぱり路面電車が続いてしまうのではないかと思うわけで。

 そういうことで、どこかで鉄道線をアップするときに適度に路面電車を混ぜたりして、多少、上記とは異なるアップのしかたをします。

 とりあえず・・・下手すりゃGWまでどこへも出かけなくても、サイトのネタはある、っていうことですね(笑)。

| | コメント (0)

更新しました(第590版)

 今回の追加駅…中央本線 上諏訪・茅野・青柳・すずらんの里の各駅。

 そういうことで、今回は順当に4駅追加。あと3駅でこの区間が終了すると同時に、山梨県に入ります。

 それで・・・、今まで順当に鉄道線の駅と路面電車の電停を交互に追加してきましたが、ちょっと次回より変則的に更新をします。といいますのは、いつも元旦に通常の更新をしているんですが、その時新たな「区間」を開始させるというのが近年の習慣になっているんです。それで、今年もそうしようかなと思っても、どう考えてもちょっと今の流れだと難しいかも、ということで、順番を多少入れ替えさせていただきます。

 一応、日曜日更新ということにして予定を並べます。

12月21日 中央本線 富士見・信濃境・小淵沢、上越線越後滝谷駅
12月28日 上越線 小千谷・越後堀之内・小出・八色の各駅

1月1日 草津線を開始。
1月4日 函館市交通局のつづき。

 って感じになりそうです。あとは、今持っている「年内取材分」をいつもどおり、3月中にアップできるだろうか、ということなんですが、多分無理だと考えています。ちょっと日を改めてシミュレーションしますが、今年はちょっと「3月中に旧年取材分をアップ」という体制は諦めています。

| | コメント (2)

2008年12月13日 (土)

新規

 こんにちは・・・。

 ということで、今日は遅くなってしまいました。何なら、土曜日が出勤の日なら、もう仕事が終わっている時間ですよ。ってことで、ゆっくりと寝させていただきました。

 それで、ここで「普通の日記」を書くと、やっぱり銭湯の話題か税理士試験の話題に偏るな、って思うわけなんですが、はい、今日はどっちも書かせていただきます。

 まずは銭湯の話題。えっとですね、9月頃、ここに書いている内容を覚えていらっしゃる方がいらっしゃると有り難いんですけど、9月末日を持って家から割と近いところにあるスーパー銭湯(非温泉)が廃業になってしまいました。開業から10年。短い命でした。

 そこ、何となくサウナの質がよくて、一時期はそこへ行くとサウナに5回ぐらい入ったり、最近はプール浴(歩行浴)で1時間ぐらいぐるぐる回ったりと、体重減少のきっかけになったと思われる場所なんですけど、9月で廃業・・・。

 そうして、その後は家から割と近いところにある、去年できた健康ランドへ行くことがあったり、今までいっていた温泉にも行ったり、とやっている間に家の近くのレジャー施設に風呂ができたりと、選択肢はやっぱり多いよね、という状態だったんですが・・・。

 昨日、その廃業したスーパー銭湯が見事に復活しました。というか、そのスーパー銭湯の近くにスーパーがあって、そこによく親が行くんで、何か工事をしとる、ということは聞いていたんですが、昨日オープンっていうことは新聞のチラシで分かった次第で。一応、名前が変わっているのと、非温泉が天然温泉になっているのと。あと、チラシで見る写真は、廃業前とほとんど変わっていない、ということ。

 それで・・・、ワシは普段こういう開業の日って絶対に行かないんですよね。何なら開業から1年ぐらい経って、ちょっと様子を見てみようか、っていう感じで行くこともあるし、逆に、廃止の日もちょっとテレビなんかで様子を見るという感じなんですが・・・。えっとですね、ほんと異例中の異例なんですけど、昨日のオープンの日に行ってしまいましたよ。

 うちは風呂が好きな人が多く、かといって一緒に行くわけでもなく、例えばワシと父親なんて風呂に行く時間帯がまったく違うんで(父親の場合は平日に休みになることがあり、その時の日中に行ってしまう。ワシの場合は休日の夕食後)一緒には行かないんですけど「あの風呂はどうや」とか、風呂の話題で「情報交換」をすることがあるという家なんです。妹も友達と行ってしまうんで、やっぱり別々に行く感じ。おかげで、1枚で4~5人入れる割引券を一人ずつ使うんで、なくなるのが早いこと・・・。

 それで、昨日の夕食後、ボソッと「偵察に行ってこよかな」って言うたら「是非行ってこい」という強烈な後押しのもと、行ってきたわけです。ちなみに、今日の朝食はその報告の話題だったんですが・・・。

 でー、行ってみました。えっとですね・・・
 ・消えていた駐車場のラインがちゃんと引かれていた。
 ・蛍光灯が明るくなっていた。
 ・各風呂の説明書きの板が新調されていた。
 ・ボディーソープだけでなく、シャンプーもあった。
 ・時計は交換されていた。

 ん?

 ・フロントの部分や休憩スペースが改装されていた。
 ・トイレがちょっと変わっていた。
 ・サウナの床板や座るところの背もたれの板が張り替えられていた
 ・露天風呂の壁がペンキ塗り替えられていた。
 ・メインの浴槽と露天風呂、見た目は普通のお湯だったが入ってみて温泉だと気づいた。ここら辺のナトリウム塩化物質泉って茶褐色になることが多いんですが、透明なんですよね。野々市の極楽湯とか、芦原温泉に近い温泉です。

 えっとですね、経営者は多分変わったんですよね。多分温泉になった、っていうこと以外は「1週間ほど休んで、ちょっと改装します」って言うて手を加えたぐらいの違いしかないんかも。例えば水風呂のタイル数枚、虫食い的に交換してあった部分があるんですけど、そのままですもんね。歩行浴の入口の汚れもそのままあるし・・・。なんか、2ヶ月半の隙間が一気に埋まるような感じで「変わっていない」状態。

 あとね、入浴券の販売機もそのままだし、体重計もそのまま。体重計の乗る部分、ちょっとペンキが剥がれている部分があったんですけど、それすらそのままなんですよね。

 ということで、名前こそ変わっているものの、なんか、前と同じ感覚で入れてしまうこの風呂。推測なんですけど、結構安く建物ごと買って、なるべく金を使わずに改装して、まあ、失敗だと思ったら撤退しても怪我をなるべく少なくしよう、という感じが見受けられますが、まあ、別に前の風呂だって10年しか使っていないんで、それでいいんかも。別に、急に施設がよくなったとかそんなもん求めてないし。

 ただ、歩行浴の温度が高くなったのが気になるんですよね。一応「プール浴」ではなく「歩行浴」になり、「身長140センチ未満のお客様のご利用はお断りします」ってなったし、それを厳密に守るなら小学校低学年の子が泳いで騒ぐ、っていう前の状況にはならないはずやし(でも、多分、前の状態になるんやろうな)、そこはこの浴槽のコンセプトが変わったんかなと思う部分なんですが、ちょっと熱い・・・。熱くて入れん、っていうんではなく、「歩いていると暑くなる」んです。前もちょっと暑かったけど、今だと60分、ぶっ通しで歩くと脱水症状になりそう。

 そんな感じで、ある意味前と変わらんことに安心し、しかも21時台の客数、ここが前の風呂として廃業する直前を思い出させるような客数。そりゃ、チラシ以外で宣伝しているところなんて見てませんもん。そんなもんやろうな、と思ったら22時台半ばにちょっと増えてきました。

 という風呂が復活したんですが、やっぱりこのあたり、風呂多すぎかも。だって、この近くに去年できた温泉、未だに行っていないぐらいですからね・・・。

 それで、温泉分析表を見てみまして、ちょっと唖然としました。非温泉→温泉になった、ということと、金沢なんて千メートルちょっと掘ればどこでも温泉が出てくる、っていうことを考えると、頑張って温泉だけは掘ったんかなと思うわけなんですが、でもそんな工事してなさそうやし・・・。申請者とか温泉の名前、ここじゃないんですけど・・・。家の割と近くに去年、健康ランドができて、ここの風呂が廃業してからちょくちょく行くようになったんですが、そこの住所と名前が書かれていました。はい。そこから温泉を運んでいるようです。

 ということは・・・、そういや、ゲーム機とか増えてますし、足の皮膚というか老廃物を魚に食べさせるやつもできたし、何か「ガチャガチャ」(っていう表現で分かります?)もいっぱいあると思ったら、そこの健康ランド(というかレジャー施設)の経営になったんですね。温泉の質とか、その他、ちょこっと中身で変わった部分って、その健康ランドそのものやもん。全てが頭の中で繋がりました。どおりで、風呂の名前もそこの健康ランドと1字しか違わんはずや・・・。

 そんな、異例中の異例「開業日に行ってしまった」話だったんですが、12月13日ですよね・・・。税理士試験の合格発表、12月12日なんです。ほんと、8月初旬の、真夏の暑いときに受けた結果が、冬になってようやく出てくるわけなんですが。

 ただし、この日に分かるのは5科目揃って(他の方法も含め)官報に載る人々だけ。あとの科目合格、あるいはそもそも一部科目しか受けていない人は、11日の夕方していると言われている郵便物が届くのを待つしかないという状況。

 毎年、「2ちゃんねる」に、その郵便が届いたかどうかのスレが立ってしまうという程の年中行事の一つになっているんですが、ほんとね、数ヶ月も待たせた上に、数日待たせるという、恐ろしい試験。ある意味、合格発表も辛い試験だったりします。

 その郵便物、去年も(その前も)同じ曜日配列で同じ事をやっているんですけど、去年は月曜日に届いたんで、今日は届かないはず・・・。一部届いている人もいるみたいなんですけど、それで、届く時期によって合否が違うとか、いろんなデマが飛ぶ状況。

 繰り返し書いているように、多分、今年はダメなんですけど、やっぱり気になってしまうんですよね。この、25点分の問題の内容ほとんどを(数点分を除き)テキストに載せなかった某学校の、「合格確実ライン」と、自己採点の結果はほぼ同じなんですが、その学校の言う合格確実ラインが、他の学校と比べて低すぎるんですよね。だから、他の学校の基準で言うと「多分ダメ」ラインなんです。

 ということで、もう数日、年中行事のこの状況を味わってみることにします。

 あと、もう一つ別件があるんですが、またこれは後日。

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

音声(3)

 おはようございます。

 そういうことで、音声の話も3話目になりましたけど、今回はこれを削除するにあたっての話・・・。

 えっとですね、このサイトって、もともと「ニフティー」に置いてありまして、そこには当時、10MBという容量制限があり、それを超えると有料ということで(今はもっと容量があるかな)、ちょっとずつ継ぎ足しながらやっていました。

 それで、件の音声があった「方面案内放送」については、容量の関係もあり、実際に利用しているケーブルテレビにもWebサイトとして使える権利があったんで、そっちの方に移行させましてちまちまとやっていました。その後、「ニフティー」に置いてあったサイト本体では、「区間全駅」の写真が増えてきまして、これ以上増やして追銭するのもね・・・、ということで新たに「シーサイドネット」にサーバーを借りて、その時は「サブドメイン」のサービスを使って、「区間全駅」「気になる駅」(今はなし)「ここはかつて駅でした」を「駅三部作」として中間的なコーナーにまとめて、そっちへ持っていったんです。

 そんなわけで、ここで
 ・サイト本体→ニフティー
 ・方面案内放送→ケーブルテレビ
 ・駅三部作→シーサイドネット(サブドメイン)

 っていう、三分割構成になったんです。その後、シーサイドネットに置いておいた駅のコーナーがやっぱり容量の問題にぶち当たりまして、今やっている「独自ドメイン」サービスに移行することにしました。っていうことで、今のURL(kukanzeneki.net)が出来上がりまして、どうせなら、ということでサイト名を今のものに変えまして、ついでにサイトのトップページもニフティーから独自ドメインの方に持ってきたという次第で、ここで

 ・サイトトップページ他・駅関係→シーサイドネット(独自ドメイン)
 ・方面案内放送→ケーブルテレビ
 ・旅行記関係→ニフティー

という、三部構成に変わりました。

 その後、まったく手を加えていない旅行記について、徐々に今の形(スタイルシートを使ったもの)に変えて、それが完成したところで旅行記関係をサイト本体のあるシーサイドネットに移行させまして、この前までのこんな体制が出来上がっていました。

 ・ほとんどのコンテンツ→シーサイドネット(独自ドメイン)
 ・方面案内放送→ケーブルテレビ
 ・「移転しました」の残骸→ニフティー(ただし、旅行記については「移転しました」に置き換えるのが面倒なんで、そのまま残っていたりする)

 それで、この体制になって結構経つんですけど、その間にPCの再インストールをした関係で、実はFTPソフトでの設定、サイト本体の「シーサイドネット」の分しか残っていなかったのでした。

 そういうこともあり、実は「方面案内放送」の分について、手を加えたいけどな・・・、っておもってもFTPソフトの設定から始まったりするんで、結局何も手を加えない、というより、手を加えることができない(いや、ほんとはできるんだが・・)っていう状態だったりしまして。

 それで、この、発車メロディー等のサイトの状況を知るにつけ、ありゃ、うちも消さな・・・、っておもったのが先週の水曜日。そこから、木曜日あたりにFTPソフトの設定をして、いざ消そうと思っても・・・繋がらん、っていうより「ファイル一覧」が取得できん・・・。

 金曜日に一旦繋がったんですが(っていうことから、あながち、設定にミスがないことが分かりますよね。いろいろ試していますもん)、いざ、日曜日に音声ファイルを削除しようとしてもやっぱり無理。いやほんと、別のFTPソフトまで入れたぐらいですからね・・・。おかげでちょっと詳しくなりました。

 ってことで、月曜日もダメだったんで、他のところで設定すると、どうにか、ファイル一覧が取得できたんで、サクッと音声ファイルだけ消した、という次第なんです。

 あと1回だけ「移転しました」に置き換えたいんですが、まあこれは後ほど。ということで、普段、接続していないといざとなったとき困るんですね・・・。やっぱり一つにまとめといたほうが安心かも(別の不安はあるんですが・・・)。

| | コメント (0)

2008年12月11日 (木)

音声(2)

 なんか、今週ってオートマチックにネタが決まっているような気がします。おはようございます。

 そんなわけで、昨日書いた音声の話。この、発車メロディーやら車内でのチャイムやらについて、ちょっと方向を変えて少しだけ「送り手」という一面もあるにはあったんですが、基本的にこのジャンルに関しては、私、完全に「受け手」なんですよね。

 一方で駅の写真とか、そういうのに関しては別に「情報を送信している」という意識もなく、単に楽しんだ結果を載せる、というよりも、旅の前にどうやってどこを回ろうか→実際に旅に出る→帰ってきてからしばらくしてサイトを作る、っていうところまで一連の「楽しみ」ではあるんで、つまり趣味的行動の重要なツールとしてこのサイトがあるわけです。その結果「情報量がすごいサイトですね」って言われることはあるんですが、「情報量がすごいサイト」を目指しているわけでなく、単に結果。でも、外から見ると情報を発信しているように見えるかも知れません。ということで、一応、ここでの話では「駅の写真の情報を発信している側」ということにしておきます。

 もちろん、他のサイトさんで似たことをされているところを見るときは「受け手」になりますよ。ただし、自分も行ったことのある駅とそうでない駅とでは見る目が違うのは確かですが・・・。

 という話はおいといて、音声という面では完全に「受け手」の立場。結構ね、これ、好きなんですよね。たまに延々と聴き続けているときもありますし。どっちかというと、「JR東日本の駅」というよりは、各社の車内チャイムとか、JR西日本の駅の音楽の方が好きかも知れません。ともかく、この発車メロディー等のサイトさんには非常にお世話になっていました。

 という中でのこの流れ・・・。ほんとね、受け手としては残念な限りで、楽しみが一つ減ったわけです。でも、やっぱり「送り手」の方々はもっと残念なことだと思うんですよね。もちろん、何か法律が変わってこうなったのではなく、今までの状況も著作権法違反ではあったんですけど、広く行われていた、それで、マスター音源でなければどうにかいける、ということが広く浸透していたところへのこの流れだったんで、やっぱり納得行かない人も多いと思います。

 例えば、このサイトでいうと「駅には国防上の機密事項が多く含まれているんで、駅で写真に撮ったものを公開してはなりません。偶然撮れたものも同様。例えば人物中心でも後ろにちょっとでも駅が含まれていればダメです」っていうことになったようなもんですからね。もちろん、こうなると駅前でのインタビューの放送とか、そんなもんもダメになると思うんですけど、あー、こうなると趣味だけの話でなくなるわな・・・。

 あっ、音声については「今までも違反」、駅については「今は違反ではない」という究極的な違いがある、っていうツッコミはおいといてください。(というか、それが重要なんですが、でもそういってしまうとこの先、話が流れなくなるんで)

 ともかく、趣味ってその人を支える重要な要素であることは確かで(そうでない人も多いですが)、その趣味活動の中で個人のWebサイトというものが重要なツールになっている人も多く、そうなってくると、それが使えなくなると何かぽっかり空いてしまう、ということにもなってくるような気もします。

 そんなわけで、「受け手」としての楽しみの一つが急になくなってしまったのと、「送り手」としての立場を考えると、その気持ちも分かるだけに、ほんと複雑な気持ちです。

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

音声

 おはようございます。

 ということで、日曜日からちょっと騒いでいる「音声ファイル」の件ですけど、一応、どうにか他のところでFTPの設定をして、音声ファイルだけは削除できたため、状況をご説明いたします。

 一応やったことは、このサイトにある「方面案内放送」の、駅の音声ファイルを全て公開停止ししました。ついでに音声ファイルがあるために転送量問題があり、別サーバーに置いていたこのコーナーもその必要がなくなりました。そこで本体と同じサーバーに移動できて、ようやくサイトの一元管理が可能になったんです。

 ところで、お分かりの方はお分かりだと思いますが、最近、特に駅の発車メロディーを扱っているサイトさんがすごいことになっています。

 つまり、音楽の著作権がある駅の発車メロディーをサイト上で公開することは、非営利・趣味で行う場合であっても著作者の許諾や著作権の支払が必要(微妙に誤った表現があるかも知れませんが、本題でないんでご容赦)というものです。そのサイト管理者さんあてに、JASRACから警告のメールが届き、多くのサイトは音声公開の中止となり、あるいはサイト自体を閉鎖したところも多くあるようです。

 今までは、マスター音源やCDから直接取ったものを公開することは違反、駅で実録したものは「音楽を録ってきて公開」ではなく「駅の様子を撮ってきたんだ」という解釈で、この発車メロディー等がWebサイト上で公開されていた、という認識ではあります。ともかく、鉄道趣味の一つとして、近年、定着していた部分もありまして、このJASRACの動きは個人的にも衝撃でした。

 それで、このサイトの「方面案内」で公開していた音声はどうでしょう。別にこのサイトにまでJASRACからのメールが届いたわけでなく、現在、ほとんど稼働していないコーナーの片隅でちょこっと音声を公開していただけでして、ここにまで及ぶともうね、よっぽどの事態だな、っていうことになるんですが、まあ、そこまでは及んでおりません。

 基本的にこのサイトで公開していた音声は、駅の自動放送の音楽の部分でなく文章の部分に着目したものだったんで、基本的には音楽著作権は及ばない・・・、というわけでもないんですね。

 JASRACのサイトのQ&Aを見ていると、この3つがひっかかりまして
  偶然録れた音楽も対象になる
  数秒であっても対象になる
  仙台駅の在来線の発車メロディーは検索した結果、対象になっている

 ということで、例えば仙台駅のかつての放送の「方面案内放送」のファイルを聞いてみたら、文章の部分だけ公開したかったんですけど、その終わりの方であのメロディーが始まっていまして、容量の関係でメロディーの途中で切ってあるんですけど、この3つの条件にズバリ当てはまるんです。

 他はメロディーが絡むのは金沢駅や広島駅や小諸駅。あと、防府駅とか三原駅とか、放送の冒頭が単なるチャイムでなく、メロディーになっているんでそのへんもどうかなと思いつつ。

 大きな問題になっているのはJR東日本のメロディーのようでして、そうなっていくと早急に対応が必要なのが仙台駅。あと、JR東日本と同じ曲を使っているしなの鉄道の小諸駅ぐらいかなと思うんですが。

 ということで、どうにか音声を編集して、音楽部分を入り込まないようにすることもできまして、そこまで対応するなら

 1.仙台駅と小諸駅は絶対に音楽が入らないようにして、文章の部分だけ公開
 2.JR西日本でメロディーらしい部分も入らないようにする
 3.念を入れるなら茅ヶ崎駅とかでの「5点式チャイム」も削除して、音声だけにする・・・って思い出したんですが、茅ヶ崎駅にもちょこっとメロディーが入っていた・・・。

 ということにして、音声の公開は続けることができたかなと思われます。それで、これが今、力を入れているコーナ、あるいはこのサイトの中心をなすコーナーだとすれば、手間暇をかけてでもそこまでします。

 でも、数年間も放置しているコーナーでして、いわゆる過去の趣味・・・、といいつつ、個人的にはたまに聞くとすごく好きなんですけどね。音声を聞きながら当時の状況を思い出したりして・・・、でもやっぱりサイトとしては本流ではない、ということで、やっぱりものにはタイミングってもんがあるわな、ということで、文章部分だけ残して、削除、それができるなら本体と一元管理実現、という流れになったのです。

 ほんと、期せずして、できればやりたいなと思っていた一元管理が実現したわけです。

 というのがここまでの流れ。一応お知らせ事項として書いておきます。傍から見ると過剰反応気味な部分もあるんですけど、このタイミングを利用して、サイトの一部を整理させていただいたというわけです。駅の写真で何かあったなら時間をかけて対応しますけど、過去の遺産で問題が発生しても面倒ですしね。

 そんなお知らせでしたが、ここから派生する話が
   ・個人的に、家で駅や車内の放送を聞くことが制限された
   ・FTPが繋がらん
 っていう話がありまして、これについてはまた日を改めて書くかも知れません。

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

0系 その2

 おはようございます。

 ってことで、昨日のつづき。0系って、そういえばそんなに身近な存在だったかな?っていう話で、個人的なことは昨日書きまして、では北陸の、金沢か、松任あたり以東ではどうなんだろう、っていう話。

 それで、まあ、北陸から東京って、飛行機で行く人が多い、ということはおいといて、米原経由か上越新幹線経由か。一応、距離の分水嶺では加賀温泉とか大聖寺あたりがそれになるらしく(調べてはいません)、それ以西は、今の「しらさぎ」で米原あるいは名古屋乗換、それ以東は今の「はくたか」で、越後湯沢乗換(駅によっては「北越」で長岡乗換)ってことになるんですが・・・。

 ただ、金沢の場合でも、上越新幹線開業前は距離が短いのが長野経由(っていうルートも前はあったんですよね)、速いのが米原経由、っていう話もあって、今よりも金沢以東の人が東海道新幹線で東京へ行く機会は多かったみたいです。

 とはいっても、上越新幹線開業前の「はくたか」(長岡経由の上野行き)、「白山」(長野経由の上野行き)に乗る機会も多く、その場合、いずれも、0系に乗るという機会もなく、金沢以東でみると、絶対的に0系が身近ということでもなさそうです。

 修学旅行でも、「京都へ行って東京へも行く」みたいなことになれば0系新幹線に乗ることになったと思うんですが、中学校の時のもう一つの修学旅行、3年で行ったのは京都と奈良だったんで(余談ですが、2回京都行ったんですけど、清水寺しかかぶらなかった)、やっぱり0系はここでは出てこないんです。

 ってなると、金沢以東の人が0系に乗る機会というのは
 1.姫路以西に行く機会があった。ただし、九州あたりになると飛行機になることもある。
 2.上越新幹線開業前、米原経由で東京へ行くことがあった。
 3.結局、上越新幹線ができても、米原経由で東京へ行った。(これもある話)
 4.名古屋以東、横浜以西に用事があった。(これが結構ある話なんですが)
 5.名古屋へ行くときに、米原乗換で新幹線に乗った(そんなに高くならないし、場合によっては今の名古屋往復割引きっぷならどっちに乗っても値段は同じ。ただし新幹線部分は自由席)

 っていうことになってくるんかなと。もちろん、個人的事情で、あるいは、今思いつかなかったことで、いろいろあると思うんですが、主にこんな感じかと思うんです。

 それで、これを北陸でなくて東北になるともっと機会がなくなってくるわけで、東京を通り越して名古屋・大阪へ行く機会があれば、そこで乗ったんでしょうけど、秋田・酒田あたりだと「白鳥」「日本海」で大阪へ行けることもありますもんね・・・。

 ということで、東海道・山陽新幹線って、住むところによってはそんなに身近な存在でもなく、0系も「あー、この形知っとるけど、そういや、乗ったことあったかな?、あーあの時乗ったかも知れん」っていう存在になっているんかなと思います。

 つまり、東京へ行く=上野駅に着く(新幹線東京開業前)ということになる地域だと、0系って、ほとんど乗る機会がないんです。そう、上野駅には0系は来ない(笑)

 しかしながら、やっぱり「国民的」といわれる存在。そりゃね、小さいときの絵本やら、おもちゃやら、あと、大人世代でもテレビのニュースとかで出てきますもんね。乗ったことがなくても形は知っているし、乗ったことがなくてもいろんなところでこの絵や写真を見る機会もあった・・・。ってことで、やっぱり国民的に身近なものだったのかも知れません。

 結局、幼いときに夢の中で現れた蛸島駅に停まる新幹線も、「乗ったことがある」存在でなくて「絵本とか映像とかで見る、身近な」存在だったのかと思います。

 しっかし、夢の話でよく2日間も引っ張ったなと思うんですけど、それにしてもやっぱり「方面案内放送」のこの前まで置いてあったサーバーに繋がらないんですよね。(正確にいうと繋がるが、ファイル一覧が取得できない)これができて削除ができないと、背景をお話しできないでないですか・・・。ってことで、もうちょっとかかりそうです。

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

0系 その1

 おはようございます。

 って、昨日はほんとよく昼寝をしたんですが、その影響もあってか、深夜に夢を見て目を覚まして、3時台の終わり頃~5時頃にかけて1時間半ぐらい、布団の中で起きていたんです。

 その夢というのが、なぜか0系新幹線が出てきたんです。夢に出るほど0系新幹線に思い入れがあったんやね・・、っていうほどでもなく、なぜか0系。何でやろ?

 確かにね、保育所やったか小学校やったかの時に、近所の蛸島駅に0系新幹線が停まっている夢を見たんですが、まあ、新幹線営業運転開始と、能登線全線開業の年が一緒、っていうぐらいしか共通点がないんですが、明確に新幹線が夢に出てくるって、覚えている範囲ではそれぐらいかな?。もちろん、覚えていない範囲では結構あると思うんですが。

 それで、0系新幹線。確かに、定期列車としての営業運転が終わりまして、そのニュースも見ながら、ちょっと残念な気分にもなりつつ、しかも、混雑する前の今年1月にはちゃっかり新大阪-広島間を意識して乗っていたりするんですけど、さて、それほどこの新幹線、なじみがあったかなと。

 いや、もちろん、個人的にはあるんですよ。父親の実家って、長崎県なんで、結構これって乗っているんです。山陽新幹線としての0系にはお世話になったなと。もちろん、これには「雷鳥」と「かもめ」がセットになっているんですけど、あと、片道は「あかつき」になることが多かったかな・・・?。でもやっぱり新幹線というと0系。

 それで、東海道新幹線としてはどうなんやろと。実は趣味の活動の中で東海道新幹線って乗ったことがないんですよね。JR線完乗っていう話で、新幹線を除外していたりしまして、あと、JR東海を完乗したときって、今ほど積極的に新幹線を使うことなく、アプローチにも普通列車を積極的に使っていたんで、結局、「乗りつぶし」では乗らず終い。その後も、東海道新幹線沿線ってほとんど行くことがないんで、やっぱり乗っていないんです。

 記憶の中にある東海道新幹線米原以東の乗車って、実は2回だけでして・・・
 (1)保育園児だったとき、埼玉県の親戚の家から、たまたま大垣にいた(住んでいたわけではない)母親の友人のところに寄ってから、帰った
 (2)実は中学校の時の修学旅行って、転校した関係で2年生(珠洲市在住)と3年生(金沢市在住)の時、それぞれ行っていたりするんですけど、そのうち、2年生の時が「京都と東京」っていう、方面的に訳分からんところだったため、京都→東京、っていう移動に東海道新幹線に乗った。(ちなみに、東京からの帰りは長岡経由の上越新幹線ね)

 という2回だけ。ありゃ・・・。あと、あえて「米原以東」と書いたのは、米原以西だと、一度、10年ちょっと前の祖母の葬式の時、一番遅い帰宅を追求していたら、博多→新大阪からひかり(今はこだま)→米原乗換→加越、っていうコースがありまして、それで乗ったのと、10年前までは九州方面へ行くときに京都で乗り換えたことが何回かあったということ(今は新大阪乗換にこだわっている)でして、ちょっと除外しました。

 そういう話で、上記(1)の時は、1980年とかそんな感じなんで、0系しか走っていない、(2)は1988年のことで、100系とすれ違った記憶はあるんですが、たしか0系だったはず・・・、ってことは、東海道新幹線米原-東京間って、0系でしか乗ったことがないんか、っていうことに気づいた次第で。

 という話なんですけど、本題は0系って、北陸(のうち、金沢以東。能登を含む)に住んでいると、一般的にそんなに「乗った記憶」としてはなじみがないやろ、っていうことを書きたかったんですけど、時間が来てしまいましたので、今日は「私と0系」っていうところで止めと来ます。

 なお、音声の話については、削除が成功したら書きます。それにしてもFTPソフトで、ファイル一覧が取得できんので、削除できません。この前繋がったんですけどね・・・。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

更新しました(第589版)

 今回の追加電停・・・函館市交通局 函館駅前・市役所前・魚市場通・十字街の各電停。

 そういうことで、前回お知らせしましたとおり、この前高知に行ってきまして「電停」を多く撮ってきましたので、後々のことを考え「電停」と「駅」の交互掲載を維持しなければならないかな、ということで、一気に9月のものに飛ぶんですけど、函館の路面電車を開始しました。

 と言っても、あと1回はまともに、もう1回は中途半端になって、終わってしまうんですけどね・・・。とりあえず開始。

 今回の区間設定は、途中で分岐する形になりますが、一応、取材が終わった部分ということで、そのような設定にしました。

 あと、長年放置し続けている「方面案内放送」。コンテンツを追加しないのに、形式だけ合わせる更新を2年ちょっと前にやったんですけど、今回は、別サーバーでなくて、本体と同じサーバーに持ってきました。

 これ、音声を扱っている関係で、転送量が大きくなることを防止するため、分けていたんですけど、音声をなくすことによって、同じサーバーに持ってくることができました。

 でー、音声をなくした理由。ピンと来る方もいらっしゃると思いますが、このサイト、発車メロディーを公開するサイトではないんですけど、「偶然に一部入り込んでいる」ということになっていまして、特に仙台駅の放送なんか、厳密にいうとあの形でも公開できないんですよね。ってことで、特に何も起きていないんですが、面倒なことになるのもイヤだったんで、しかも、今力を入れていないコンテンツで問題が起きるのも面倒なんで、一律削除。そのかわり、サーバーが別れている問題は解決しておきました。

 この件については明日以降、ちょっと改めて、他のことも含めて書きます。

 と言いつつ、この文章をアップする時点では、モトあった場所にそのまま残っています。なかなかFTPが繋がらない・・・。ってことで、少なくともあと1時間半は残っています(ただし、リンクはしてません)。今日中には削除したいんですが・・・。

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

近所

 おはようございます。ってことで、今週も出勤の土曜日。

 水曜日に風呂に行ったんで、なんか土曜日という気がしないんですよね。無意識のうちに土日に風呂に入ってから1週間頑張る、みたいな脳になっているようで、平日に風呂に行くというのは、祝日か休日なんやろうかと頭の中が勘違いをしているみたいです。

 それで、その水曜日に行った風呂というのが、家の近所にできたレジャー施設の中にある風呂。開業してしばらく経って、そろそろ様子を見てこようかな、ってことで行ってきたんです。確かに、家から近い。まあ、冬にもなってきたんで車で行ったんですけど、別に自転車でも十分行ける距離、っていうか、通勤でその何倍も自転車に乗っているんですけど。

 えっとですね・・・、最近このあたり、健康ランドみたいのやら、いくつか風呂ができてきたんですけど、そういうのができる前なら「おっ」って思うものなんですけどね。そういうのに慣れてからできた風呂なんで、あんまりすごいと思わん、っていうより見劣りがするんです。これ、他の人も言っていたり、なんなら「某ちゃんねる」でもちょこっと言われていることなんですけどね。

 確かに、温泉で、しかも「源泉かけ流し」の岩風呂もあるんですが、逆に「源泉かけ流し」だけあって、なんかお湯の流れがないというより、よどんでいるというか、そんな印象。加水・塩素消毒・循環でもいいんでじゃんじゃん流してくれた方が気持ちがいいんかもな、って思いました。

 てか、その広い岩風呂、露天にあってまったく屋根がないんですけど・・・。こうなるとこれからの季節、どうなるんやろ。ってことと、確かに露天が広いんですけど、建物の中には温泉の浴槽がないとか。ってことで、やっぱりこれで700円というのもね・・・。ただ、この距離だと結構、使い勝手はいいんで、行かないわけでもないんですが、要は使い分けということで。

 一応フォローしておくと、ジェットバスでなくてプロペラを回す流水浴は新鮮でした。ただ、これ、常に人がいる感じなんで、空いたときでないと入れんかも。あと炭酸泉はこの近くにある健康ランドに「県内初」っていうてできて、ここにもできたんですけど、こっちの方がいい感じかも知れません。

 ちなみに、温泉の泉質はこのあたりによくある「ナトリウム塩化物質泉」。で、匂いは、このあたりのある2つの温泉のものを足して2で割ったような感じ。実に親しみのある温泉なんですけど、普段行く風呂って、ほぼ「ナトリウム塩化物質泉」なんで、硫黄とかそんなものからは遠ざかりつつあります。

 そうやって水曜日に風呂に行った理由が、まあ、のんびり水曜日(ノーザン業デー)に勉強もせんと風呂に行けるのも、あと2回ぐらいかなって思ったのもそうなんですけど、先週の土曜日、夕方から天気が悪くなりすぎて、とても風呂へ行く気にならなかった、ということなんです。その土日に風呂に行く習慣のうち、土曜日の分を飛ばしていたんで、補充の意味でした。

 それで、その先週の土曜日の日中は割と天気がよく、午前中はほんと、どこか行きたくなるような「晴れ」だったんですが、その数日前に久しぶりにとある方にメールを送って、その人のところへ行ってきたんです。

 前の会社のときの人なんですけど、8年半いたら、だいたいそれなりにあの会社にいた人を2~3回転ぐらいみていることになるんですけど、そのうち最初の方の人(ワシが入ったのが4月とすれば、その9ヶ月後の1月に入ってきた人)なんです。それで、割と早い時期に辞めていました。

 それで、そこは税理士事務所ではあるんですが、税理士以外のある資格を持った人が、他の人と違う、その資格の仕事をしていて、その「資格を持った人」がかれこれ入れ替わって正確には5人ぐらい、そのうち、ある程度の期間、その仕事をした人・している人が、歴代3人いるんですけど、その人はその資格で仕事をした初代の人。で、その歴代の人々は、割とワシと近い年齢でもあることもあって、それぞれ辞めた人も含め、仲良くさせていただいているんですが・・・、って分かりにくい表現ですね。分かりにくく書いたんですけど。

 それで、先週会ったその人は、ワシと同じ年の同じ月に生まれたとか、高校の時は別々の高校でしたけど、部活が一緒で、国体での演奏の時に同じところにいて、実はこっちは顔だけ覚えていたとか(向こうは知らんかったらしい)、っていうこともあるんですが、ちょっと5~6年ほど、年賀状だけでのお付き合いだったんですよね。

 その間に、他の資格も取って、そっちをメインにした事務所を立ち上げて開業していまして、1回行きたいなと思いつつ、年賀状に「遊びにおいで」って毎年同じネタで言われるのもそろそろ飽きてきたんで、特に用事はないけど、っていうことで、先週、仕事帰りに行ってきたんです。

 やっぱりね、自分で事務所とか会社をやる、ってなるとひと味違うな、という印象。詳しくは書きませんが(って、だいぶ書きましたが)、今、自分がやっている試験の勉強が、将来、事務所を開業するってことに繋がるかどうか分からないんですけど、でも何か刺激を受けたのは確かみたいです。

 というか、その人が「ごめんね」っていうて、仕事でかかってきた電話に出ていたんですが、その受け答えってその人独特の部分があるんですが、そういうところは10年ぐらい前に一緒に仕事をしていたときと変わらんな・・・、と思いつつ、ちょっと笑ってしまいました。

| | コメント (0)

2008年12月 5日 (金)

お久しぶりです

 おはようございます・・・。ということで、高知方面へ出発したのが2週間前だったんで、ほんと、ここでの「普通の日記」が2週間ぶりになるんですけど、皆様、お元気でしたか(笑)?

 ほんと、別に今回のは「特別な旅」っていうわけでもなかったんですけど、ここに書く時間が短くなっていて、1日あたりの書く量が少ないとか、あと、土曜日で出勤ではない日を挟まなかったとか(そういう日に残り全部という書き方もあるんです)、割と書きやすい題材が多くて、つい多く書いてしまったとか、そんな感じなんです。

 ただ、特に何もなければ今年最後の旅でもあったわけで、もう今の天気を見る限り、出歩く気分にもなれないわけで、いい「旅行納め」だったと思います。

 次は・・・年明け、2日~だと3日間。あとその次は3連休ですけど2.5連休になるかも知れん、それで、季節柄、路面電車とすれば、松山・熊本・鹿児島・豊橋・(都電)・函館・札幌か・・・。うち、函館・札幌は置いておきまして、松山・熊本あたりに行ければいいんですけどね。ただ、遠くなればなるほど、3日間だともったいないんですよね。ってことで、そう考えているうちにどこへも行かず、次の旅はGWになってしまう可能性もあるわけで。

 そうやっているうちに、税理士試験の合格発表まであと1週間ちょっとになりましたよ。今年は試験を受けるまでは、模擬試験などの結果から、かなり受かる可能性があったんですけど、ちょっとした「事故」、他所の学校ではばっちり対策をしているのに、こっちではほとんど扱っていない問題で25点分出た、ってことで、多分ダメなんで、結果は分かっているんですが、一つの「区切り」になるんですよね。

 つまり、次の科目をやろうかなと思ってやっていたけど、結局はなんかフェードアウトした、それで、この時期だし、ってことで旅にも多く出た、あるいは試験とは関係ない本をよく読んでいた、っていうことに区切りを付けて、そろそろ落ちた(落ちると思われる)科目を来年に向けてまたやらねばならない、ということになってくるんです。

 そういう意味でも天気が悪くて、今年は2月以降の連休も少ないし、出歩かない状態になるのと、合格発表がいい時期に一緒になって押し寄せてくるなということで。

 ちょっとフェードアウトしてしまった9月から始めた科目の扱いを挽回させるのか、落ちる科目に集中するのか、そういうことも考えつつ、来週(実際は再来週の月曜日ぐらいになるかな)の通知を見たいと思います。

 それにしても、自転車。今日は風が強く雨も降っているんで車ですけど、その自転車がかなり末期症状でして、スピードも思ったほど出ないし、当初の予定より早く買いなおさなダメかなと思いつつ乗っております。なんかね、戦前とか戦後すぐに作られた路面電車を運転している(運転したことないけど)気分なんですよね。なんならもうちょっと楽しんでみるか、とも思うんですが、この手の自転車って、チェーンがはずれたら自分でその場ではめる形でもないし、はずれるぐらいならもう末期症状なんですが、いつそうなってもおかしくない感じもするんで、ちょっと検討中。やっぱり3年持ちませんでした。

 ということで、試験勉強と旅の2つの面で、この数週間は1年の波の中での変革点に来ているなという話でした。ちょっとこの2週間の間に出来事もなかったわけでもないんで、ちょっとそれを書こうかなと思ったんですが、時間みたいです。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

高知方面:総括

 そんなことで、長らくつづきましたこの旅行記なんですけど、やっと今日をもって抜け出せそう、っていうことで、今日は総括というか、全体を通して何か書きます。

 出発前にも書きましたが、今回は基本的に昨年同時期に高知方面へ行ったときと「補完関係」にあるんです。「区間全駅」ということをやっているならではの話なんですけど、前回撮らなかった電停を今回撮る、逆にいうと基本的に前回撮った電停は撮らない・降りない(駅名標が新設されているのを見つけた電停と乗換のためその他を除く)ということになります。

 土佐電鉄についてもそうですし、去年、「ちょっと坪尻駅を見てこよう」と思って降りたのがきっかけとなった「土讃線 多度津-阿波池田間」についてもそうなんですが、昨年の分と合わせてきれいに揃う、という形なんです。

 昨年、初めて土佐電鉄に乗りまして、道が狭くなるところ、あるいは少し郊外なのに電車が走っていっている、という独特な風景を目の当たりにしまして、ものすごい感動したんですが、今年はそれがないんです。基本的に「あー、去年も通ったよね」という風景。さらに、以前も書きましたが、基本的に電停って、鉄道線の駅と違って、乗っているときに見る風景と、降りてから見る風景って変わらないんです。もちろん、降りてから発見するものもあって、一概に「降りても一緒やよ」というわけでもないんですが、鉄道線の駅ほど「降りて感動」というものがないように思われます。

 そういう意味で、今回の土佐電鉄、去年とはちがって「初めて見る感動」っていうものが抜けたものだったんです。それが面白くないか、と言われると、これがまた結構面白いというか、やっぱり「全電停」にこだわっているといくつも抜けている状態って気になるんですよね。それが埋められたという満足感はあるんです。

 それだけか、というとそうでもなく、ここからは人によって「そんなん面白くも何ともない」と思われるかも知れませんが、去年電車から見るだけだったものを一つ一つ降りていく(正確にいうと電停間を歩くこともあるため「一つ一つ降りる」ではないんですが)というのは、言葉では表しにくいんですけど、それはそれで面白いものでした。

 例えば、お笑いにしろ本にしろ、一度見た・読んだものをもう1回見る・読むって、最初のドキドキ感・感動はないんですけど、別の面白さが出てくることがあります。それに似たものです。あと、今回降りなかった電停は昨年降りている、ということはサイトでページを作っているんで、頭の中での記憶の定着度合いが「単に訪れただけ」というものとやっぱり違うんです。

 そういうことで、昨年の記憶と、サイト作りで強化された記憶が重なって、今回、1年後の補完というのが面白かったということです。

 それとは対照的に、金蔵寺~讃岐財田の各駅。琴平駅だけは「訪問3回目」にしてようやく「取材」ができたんですが、それ以外は初訪問・初取材の駅。こっちは「駅」なんで、列車から通り過ぎるだけというのと降りてからの印象ってやっぱり違うんです。電停とは対照的に「初めて見る感動」があったのでした。

 その中で讃岐財田駅は昨年、列車から見てなかなかいい雰囲気だなと思っていまして、今年、偶然同じ季節・同じ天気の時に行くことができて、その時感じた雰囲気+降りてみて初めて見えた雰囲気で、割と長い距離を歩いたゴール地点だったこともあるんですが、とてもいい駅だと思いました。

 そういうことで、出発~岡山の1泊目は昨年と変えてありますが、四国に入ってからのだいたいの動く時間帯、あるいは高知・岡山2泊目の宿泊地は昨年と同じにしてみたり、あえて「昨年との補完関係」を強くする形にしてみたのですが、そうだからこそ楽しめた部分も多かったかなと思うのが今回の旅。さらに昨年は窓から見ていただけのところに降りたときの印象が「降りてみての感動」があるかどうかが、「駅」と「電停」でやっぱり違うなというのが今回強く思ったことでした。

 ということでまとまったところで、特に何か思い出したり補足したりしたいことがなければ明日は久しぶりに普通の日記になります。っていうても特に変わったこともないんですが・・・。

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

高知方面:トピック的(7)

 はい、それではつづき。

(10)快速~桂川
 新大阪で新幹線を降りて、普段は雷鳥とかサンダーバード、っていう流れなんですけど、今回は「快速」に。事前に買った時刻表、西日本重視の時刻表だった、っていうことを書きましたけど、なんか、こうやって京都まで途中桂川に寄りながら行く、っていうことをやる時、この時刻表って便利なんですよね。普通(快速でない、全駅停まるやつ)列車も全部出ているし。

 それで、なんか最近乗る機会の多くなった京阪間快速列車に乗りつつ、秋にできた桂川駅へ。やっぱりここに作ってしまったんですよね。列車に乗っていて、貨物線が別れたりくっついたりするところで、貨物線の盛土の線路が降りてくるところ、そこに芝生が植えられていて、「はるか」とか書かれたところがありましたけど、やっぱりそこみたいですね。ということで、この駅を撮りまして、京都へ。

(11)新快速~普通

 京都から、何となく金沢行きの雷鳥が目の前に停車して発車していったんですが、時間もあるんでそのまま新快速→普通列車乗り継ぎで金沢へ。

 ほんとね、この、間に新幹線を挟んで、両側にそこそこの特急区間があるっていうパターン、父親の実家(諫早)へ行くときに、日常的にある話なんで、割と慣れているんですけど、今回の高知も、諫早の場合も、こっち側(北陸本線側)の方が高いんで、通しで買うとこっち側が乗継割引になるんです。ってことで、今回、高知発の段階で新大阪まで乗り継ぎ割引を効かせた特急券を買ってしまった、というのは、やっぱりもともとこっち側は普通列車に任せるつもりだったんです。もっとも、桂川に寄るとかそんなことを考える時点で、もう面倒だったんですけどね。

 去年はこのパターンで帰ってきたとき、岡山から金沢まで普通列車などの乗り継ぎだったんですけど、今回は「100系こだま」でマッタリできたし、それなりに岡山から新大阪まで速かったし、これでいいか。どっちかの特急の乗り継ぎ割引もあるんで、新幹線単独の特急料金での損得比較はできないんです。

 それで、福井からなぜか6両の普通列車に乗りつつ、金沢着。ここから会社まで歩かなくては、と思ったんですが、割と本格的に雨も降っており、ここでそろそろ買おうと思っていた折りたたみ傘を買いまして、会社へ行き、そのまま通勤で乗ってきた車で帰ったのでした。

 ということで、「トピック的」といいつつ、結局は時間の流れる旅行記になってしまいましたが、一応、今回で終わり。補足事項がひょっとしたらあるかも知れませんので、明日は普通の日記になるかどうか分かりません。

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

高知方面:トピック的(6)

 はいつづき。

(8)高知→岡山
 そんなわけで、高架になった高知駅の高架下のおみやげ物屋で軽く買って、あと、四国内で登場したJR西日本でいう「みどりの券売機」で、新大阪までの自由席特急券を買いまして、ホームへ。

 基本的に、時間としては去年と同じなんですけど、高架になっていることと、ここで岡山まででなく新大阪まで買ったのが去年との違い。だから、列車に乗って暗くなるタイミングまで去年と変わらないんですよね・・・。

 そうやって、暗い中、山を抜け、瀬戸大橋を渡り岡山へ。

 さて、岡山での夕食。去年も書いたんですけど、岡山って、よく訪れる割に、「ここで夕食を食べよう」っていう決まった場所がないんですよね。というか、あったんですけど、駅の工事に伴い、必ず行っていた場所がなくなり、その後、代わりにここにしよう、って決めた場所がことごとく、次に来たときにはなかったということ。

 それで、昨年は新しくなった「さぼてん」でトンカツを食べたんですが、その時、今度は和食屋さんができるし、そこにしよう、って決めていたんですが、はい、ちょっと迷いましたがありました。

 あー、でもここいいかも。値段的にも量的にも。ってことで、今度からここにしようかな。ただし、時間帯によっては混むかも知れません。

 そうして、路面電車に乗りいつも行くカプセルホテルへ。ちなみに1泊目、金沢から一気に来たときは、このカプセルホテルの「駅前店」で泊まったんですが、今度は路面電車に乗っていくところへ。(別に歩いても行ける。)同じ店なんですけど、風呂の広さが違うんですよね。でも、「駅前店」も悲観する狭さでもなく、割と落ち着く狭さなんで、あと、なぜかサウナは妙に広いんで、夜と朝の時間によって両店を使い分けようと思いました。

 そういうことで今回は1年に一度は訪れてしまう方の店へ。しっかし、なんかここいつも空いているんですよね。多分、平日とか金曜日は混むと思うんですが・・・。あとここ、トレーニングマシーンを一式備えたコーナーもあるんで、つい遊んでしまうのでした。そういう楽しみもあるところです。

(9)100系こだま
 そして翌日。1泊目をしたあと同様、駅の地下で、勝手に「岡山名物」だと思っている「キムラヤ」の「ロールパン」を朝食として買い、新幹線のりばへ。「のぞみ」と「ひかりレールスター」が行きたい方向へ入っていくのをそれぞれ見送って、「こだま」に乗り込みました。

 このタイミングだと、ほんと「こだま」って空いているんですよね。てか、今回なくならない方の「100系こだま」だったりしまして、多分ね、この時期、日本で一番注目されていない新幹線・・・。えっと、私が乗った車両、相生まではあと一人しかいないんですけど・・・。1両に2人。そんな悪い時間でもないんですが・・・。その後ちょっと乗ってきましたが「混んでいる」状態にはなりませんでした。

 というのがやっぱり山陽こだまの実体なんですよね。特にこだま専用駅の場所の問題なんかもあるし、「ひかり」「のぞみ」がかつての「こだま専用駅」のうち、利用客の多い駅に停まるようになった、ということもあったり、岡山以東は東京行きの各停ひかりもあったりするんで、この区間の「こだま」って、そういえばそんなに乗るもんでもないなと。ただ、このゆったりした感じが好きで、結局選んでしまうんですけど、この空き具合に2列&2列シートって、ほんと、時間に制限がなければ、すごくいいものだと思います。

 ということで、やっと新大阪まで来ましたが、やっぱりもう1日要るかも。ということで明日以降に続く。

| | コメント (0)

2008年12月 1日 (月)

高知方面:トピック的(5)

 そんなわけで、先週の今日帰ってきたんですけど、まだまだつづくこの旅行記。きっと書く時間が短いんで、1回あたりの量が少ないからなんでしょうね・・・。

(7)路面電車2日目 後免線

 そういうわけで、鴨部電停から一気にデンテツターミナルビル前電停へ。ここで本日初のトイレ休憩。路面電車の取材って、結構トイレに困ることが多いんですよね。まあ、コンビニとかが多いんで、最悪の事態は避けられるんですけど、気軽に入れるトイレがそうそうあるわけでないっていうこと。

 そのデンテツターミナルビル前電停をもって、後免線に入るわけなんですけど、ここから知寄町三丁目電停まで、町の中の広い道にある典型的な路面電車の電停がつづきます。

 一つずつ飛ばして、帰りに残りを拾っていく方式、って思ったんですけど、多分そうやると、帰り、人が多い、しかも夕方で、慌てながら、半分暗くなって・・・、っていう状況になるかなと思いまして、極力隣の電停まで歩くか、1電停飛ばしても距離がないなと思ったら前の電停に歩いて戻るか、どちらかの方法を採るようにしまして、この「典型的路面電車ゾーン」については、知寄町三丁目を除いて、この時に終わらせました。

 そうして、去年撮った葛島橋東詰電停を通過し、その次から、「2車線の道路の横に複線の軌道があるゾーン」になります。伊野線と似ているようで、ちょっと違うこの光景。後免線らしい風景なんですが、それが結構長い間つづきます。典型的な路面電車の電停に比べて、やっぱりこっちの方がやりやすいんです。

 ただし、後免方面に向かう電停の多くが「ノーガード電停」。つまり、車道の一部に緑色のペンキを塗って「ここホームやけど、いつもは車通らなダメやよ」っていうところにしてあるんで、降りるときと乗るときが怖い怖い・・・。

 そうやって、なるべく隙間を作らないように、また、文珠通行き電車を無駄にしないようにして、東へ進み、最後、後免町電停は行く必要がなかったんですけど、トイレ休憩と、あと、あの電停はローソン併設やったな、ってことで、後免町電停に行きました。

 去年同様、土佐くろしお鉄道後免町駅のトイレを借りて、あと、ローソンで軽くパンを買って、軽い昼食にしました。

 そうして、残っていた後免市街地の電停と、舟戸・東新木・知寄町三丁目を拾っていき、あー、日程表では書き忘れていましたが、はりまや橋で乗り換えて高知駅前へ。

 そんな感じで、何となく去年同様、バタバタな状態でおみやげを買って、去年とちょっと時刻が変わってますが17時過ぎの「南風」で、一気に岡山へ。去年同様、ここから金沢までその日じゅうに帰れるんですけど、岡山での宿泊としました。

 ということで、旅行記、あと1日で終わるかな・・・?

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »