« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月30日 (火)

更新しました(第594版)

 今回の追加電停・・・函館市交通局 末広町・大町・函館どつく前・宝来町・青柳町・谷地頭の各電停。

 そういうことで、気が向いたんで更新。というよりも、朝から昼にかけて、ここへ普通の日記を書き込むかどうかっていう判断があるんで、更新するならするって、昼間のうちに決めておかないとダメなんですよね。っていうことで、更新しました。

 函館市交通局の、今回は増量セールで6電停追加しました。これにより、この函館市交通局の、取材済区間は全てアップできました。

 この増量したのも、結局は9月まで取材したもので、仮置き場になるもの以外をきれいにアップしておきたかったんですよね。これにより、ちゃんと元旦より草津線を始めることができます。

 っていうことで、今回更新したのも、しかも増量したのも、年越しを考えてのことでした。ほんとは9月までの「仮置き場」の駅も年内にアップしておきたかったんですが、まあ、これは年が明けて、草津線が終わってからかなと思っております。(ちょっと以前の予告と掲載順序を変えるかも知れません)

 そういうわけで、次回より鉄道線の部は草津線。路面電車の部は土佐電鉄。これが並行して続くことになりますが、土佐電鉄は・・・いっぱいあります。

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

更新しました(第593版)

 今回の追加駅…上越線 小千谷・越後堀之内・小出・八色の各駅。

 そういうことで、意図があって路面電車の更新を休んで鉄道線の駅を順に掲載していますが、今回で上越線のこの区間が終了。1年前に掲載していて、いくつかの駅が抜けていたのを補充した感じになっています。

 それで、一応「群馬県まで繋がっている」状態が、今までは北越急行を介しての状態だったんですが(ただし、北陸から見るとそれが普通の状態)、JR線を通して群馬県まで繋がった形になりました。

 ということで、今年の更新はこれで終わり、のつもりなんですが、気が向いたら30日にやるかも知れませんし、やらないかも知れません。もしやる場合は函館の路面電車になるはずです。やらなかったら、次の更新は元旦になりまして、どちらの場合も草津線の駅を追加する予定です。

| | コメント (0)

2008年12月23日 (火)

更新しました(第592版)

 今回の追加内容・・・京福電鉄永平寺線の駅跡。

 そういうことで、今日は「旗日更新」をする、ということを何度か書いていたり、しかも別のことをすると書いていたんですが、はい、やろうと思っていたことはこれでした。そんなわけで、約1年ぶりの「ここはかつて駅でした」へのコンテンツ追加となります。

 御覧の通りの内容なんですけど、しかも、その行ってきた日のここへの書き込みにも書きましたが、ほんと、廃止されてからそんなに時間は経っていないのですが、各駅跡とも駅跡であることが非常に分かりにくい状態です。

 その中でも永平寺駅跡が一番「駅跡」として分かりにくい状態になっていました。ほんとはここだけはすごく分かりやすいだろうと思って期待していったんですけどね・・・。

 そういうことで、今年の更新はあと1回の予定です。多分、上越線の宮内-水上間の残り4駅になると思います。

| | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

サイト9周年(4)

 先週書いていました「サイト9周年」シリーズですが、今日はその最後として、ちょっと背景的なことをまとめておきたいと思います。ほんと「まとめておく」というだけあって、以前書いたことの焼き直しのような内容になると思うんですが、「9周年にあたり」という意味で改めて書いてみます。

●サイト作成のための旅か?
 最近のほとんどの旅が「駅の取材」を目的としています。ほんと「取材」と称しているだけあって、このサイトのために旅に出ているような気がします。目的はサイト作成のためか?と思ってしまうと何かおかしくなってきます。もちろん、特に遠方の場合はそれに親戚を絡めたりすることもあるんですけど、基本的にはサイトのためのような気がします。

 サイトにこだわらずゆっくり楽しめばいいのに、と思ってみたり、あと、サイトがなかったら旅をせずに家で本でも読んでいるんか?、ということでもあったりします。それよりも、このサイトのためにいくら使うんだ?という話にもなります。 

●趣味を楽しむ3段階
 そういうことで、サイト作成という目的があって、それに縛られた旅・金の使い方をしているようにも思うんですが、この旅に出るという趣味は次の3段階の楽しみがあります。

 (1)旅に出る前にどこへ行こうか、どうやって回ろうか考える・・・これが一番楽しいという説もあるんですが、私の場合はきっちり決めていません。駅をまわっているうちに3~4手(駅)先を考えるのが最終的な計画になるため、一部、旅に出てからもこれをやっています。
 (2)実際に旅に出る・・・家(場合によっては会社)を出てから家に帰り着くまで。道中の列車や宿泊先も含む。
 (3)サイトを作成する。そうして、あとから見る。

 と、当たり前のことを書いたんですが、この3つがあって楽しみが増えるのではないかと思うんです。例えば、いきなり何も考えずに出て、駅だけまわって、帰ってきて何もしないのと、この3つのステップをそれぞれ楽しむのとでは、後者の方が3倍とは言いませんけど、同じお金を使うのであれば、楽しめる度合いが違うと思います。

 あと、1回の旅で回る駅の数も多いんで、サイト作成を通じて「ああ、こんな駅だったな」って思い出すことが多いです。そのため、次回以降、そこを通過するだけでその時のことをはっきり思い出すのは、サイトを作って記憶を定着させているからだ、と言うこともできます。

●サイト作成と趣味の連動
 このように、実際にそこへ行くことと、あとから数ヶ月にわたってそれをまとめていくこと両方をすることにより記憶に定着する、あとからも楽しめる、あるいはそれぞれの楽しみを仮に「1」としても、合わせた楽しみが「2」になるのではなく、「3」にも「4」にもなるというものなんです。ただし、サイト作成というのは息が長いものなので、途中で放り出しかねない、ということで御覧になっている方の「目」を強制力として活用させていただいている、というのがサイトを作る趣旨ですよー、というのは1年目から既に何度も書いています。ですから、このサイト自体は作る私本人のためのものなんです。

 というのはおいといて、このサイト自体、「旅に出る」という趣味における興味が変わってきたら、それに応じて扱う内容も変わってくるものになってきます。例えば、実際の行動では「乗りつぶし」から「駅をまわること」に変わってきているのに、このサイトは旅行記のサイトなんで、旅行記しか扱わない!、と頑なに守っていたら、そのうち趣味とサイトが乖離していって、サイト作りのための旅と、楽しむための旅を分けなければならなくなります。

 そうしないように、このサイトにおいては(他のサイトでどうこう、というわけでもなく、また、私がもし別のサイトをやっていたら…実際は、やっていないが…そこでも適用されずという意味)趣味(のうち、旅に関するもの)での行動と、サイトで扱う内容が極力一致するように微調整をしていかねばならないのかなと思います。

 例えば「駅をまわる」ということを始めたとき、あまり興味のなかった路面電車の電停について、そのうち興味が出てきたら受け止める体制にしたりとか、海外の全駅を対象としない区間でも扱えるようにしたりとかということが、「駅をまわる」という趣味の中での微調整の範囲内かなと思います。

 場合によっては、ずっと「メイン」でやっていたものを「書庫扱い」、つまり、もう過去のものとして一切触らないようにして(「乗りつぶし」の旅行記がその扱いです)、今興味のあるものをメインのコンテンツに変えていくことが出てくるのではないかと思います。というか、9年の間にそうなってきました。これが「乗りつぶし」から「駅」へと趣味の対象が変わってきたことをこのサイトが受け入れてしまった例です。

 それと、「メイン」ではないが、その時突然思い立って行動したこともしっかりと受け止められるような体制にする、具体的には「思いつき!」というコーナーがそうなんですけど、連続性はないが、その時動いてみて、行ってみて面白かったことをちゃんとアップできるコーナーを用意しておくことも、この「サイトと趣味を連動させる」という考えの中では必要になってくるのではないかと思うわけです。

 そういうことで、サイトのタイトルも一度変わっていますが、今後、趣味の行動の変化によっては「駅の取材」をおいといて、別のことをやるかも知れない、そうなるとタイトルも変わってくるかも知れないということです。ただし、今のところはその兆しもなく、駅をまわるのが楽しかったりしますので、しばらくは続くと思います。だから、このサイトの継続=駅の取材の継続、ということでは全くありません。ただし、旅に出ること自体興味がなくなったら、このサイトは閉めることになるかも知れません。その時、別の全く違う趣味を持ってしまったら、それを受け止める、全く別のサイトを作ることになるのかも知れませんが・・・。

| | コメント (0)

2008年12月21日 (日)

更新しました(第591版)

 今回の追加駅・・・中央本線 富士見・信濃境・小淵沢の各駅。上越線 越後滝谷駅。

 そんなわけで、本来は路面電車の番ですが、元旦の更新から「新しい区間」を始めるということを仕組んでいるため、今回より変則的な更新とさせていただいています。しかも、本来は小淵沢のあとに、この先、一駅だけ取材している日野春駅があるんですけど、これもあとに回しました。

 それで、「繋がっている道府県」に、山梨県が追加されました。このあと、徳島県も繋がるようになっています。

 ってことで・・・。この時間、テレビでは某番組が・・・。あとでゆっくりビデオで見るんですけど、只今U字工事がネタやってますね。ちょっと気になる(笑)。そういうことで今から風呂行ってきます。

 なお、明後日は祝日に付き、「区間全駅」以外の何かを追加するつもりですが、気分によっては函館の路面電車になることがあります。

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

サイト9周年(3)

 そういうわけで、サイト9周年の文章。今日は昨年同時期に書いたものと、実際のものを比較します。ってことで、2007年12月19日に書いた文章の引用、っていうか、何か、特に前半はコピペしてそのまま昨日の文章にしても違和感ないぐらいなんですけどね・・・。

****ここから引用****

(1)繋げたいところを繋げます。
 基本的に、9年目も「区間全駅」を追加していく更新が中心となると思います。このサイトは私の趣味の行動をそのまま表現するというか記録する、というものなんで、その時興味があることが何らかの形でサイトに反映されていく、というものです。ですから、「他にやりたいことがあるのにサイトを意識するために、それができない」というものではなく、やりたいことをやった結果がこのサイトのその後の更新、という位置づけです。

 そんなわけで、繋げることをノルマにして、それで趣味の行動が規制されていく、というものではなく、素直にその時行きたいところ、気になる路線を撮って行ければと思います。ですから、その興味の度合いと時間によっては「仮置き場」がたくさん増えることになるかも知れませんし、「区間」が完成するかも知れません。

 そこで、その時々で行きたいところに行く、ということになりますので、1年後、どの路線がどうやって繋がっているか、全く分かりません。そんなわけで、お楽しみに、ということです。

 なお、今の段階では、春までの間に路面電車に力を入れるつもりではいますけど、急に興味を失う可能性もあります。

(2)最低限の目標
 ただし、最低限、繋げたいというかやっておきたいのが、「黒部峡谷鉄道を除く北陸三県の全駅」ということで、具体的には富山地方鉄道不二越・上滝線と、えちぜん鉄道の新設駅2駅ということになります。これだけは9年目で完成させたいなと思うんですが、さて・・・。

 また、以前から遠い目標にしている長崎~厚岸まで繋げる、ということについては、おそらく9年目は五稜郭駅以遠について、取材を行う機会はないと思われますので、繋がることはないと考えられます。

(3)サイトの構成
 これも、その時の思いつきでやっていますんで、どういう方向に行くのか分からないんですけど、何年か前から書いているように「気になる駅」は、「区間全駅」のような構成になおしまして、コーナーとしてはなくしていきたいと思っています。
 具体的には、伏木・高岡・名立・有間川・関山・柏崎・燕三条の各駅については再取材を行う必要があります。また、これにより改めて差し替えたものを掲載し終えた時点で、夜明・船尾の各駅については、掲載方法を再検討します。なお、これ以外の「気になる駅」掲載中の駅については、再取材を行わず、現存の写真(ボツになっているものも含む)で文章等を差し替えます。

 そういうことで「目標」といいつつも、結局は「その時興味を持っていることをやる」というだけのものになっているんですけど、今年は特に「繋げる」ということについては明確な目標をあえて持たず、行きたいところに行く、ということを徹底していきたいと思っております。

*****ここまで引用****

ということで・・・

 まずは(2)の「最低限の目標」については、まず、富山地方鉄道の不二越線・上滝線についてはアップしてあります。これは一昨日書いたとおりです。また、えちぜん鉄道の新設駅2駅については取材はしてあるんですけど、順にアップしているため只今アップされておりません。これは時期が来たらアップされます。
 また、「北海道は行かない」って書いておきながら、実際は行ってしまったんですが、今回は主な目的が別のところにあったため、「区間全駅」としては、ほとんど充実したものにはなりませんでした。

 次に(3)については、ほぼこれは達成されています。一部、「区間全駅」に採り入れられなかった夜明駅などの扱いがちょっとここに書いたのとは違っているんですけど、だいたいこの通りです。

 そうして(1)ですよね・・・。実はその前の年も似たようなことを書いていて、今年も似たことを書いてしまったんですが、「その時気になったところをやる」といいつつ、実は今年繋げたところって、意外と前年以前にその元ネタがあったとか、親戚の法事のついでに長崎の路面電車とか、社員旅行の自由行動で香港の路面電車とか、っていうことで、「行きたいところに行く」というよりも「行けたところに行った」っていう方が正解なのかも知れません。

 その時行きたいところ、って、純粋に「行ってみたい」というよりも、こういう親戚・社員旅行、それから天気、宿の空き具合、泊まりたい宿の存在、その区間に便利なきっぷの存在など外的要因が影響するもんだなということを実感した年でもあります。

 だから「純粋に行きたい」だけでなく「行けたところ」っていうのが実際のところなんだと思います。だから目標が達成されていない、っていうわけでもないんですけど、自由なようで意外と縛りもある、でもこれも「きっかけ」というものなんだろうなと思います。

 そういうことで今年はちょっと具体的に「今気になっている区間」として、具体的に挙げましたけど、これについては来年の今頃、どうなっているかは分かりません。

 去年の今頃書いた目標って、そんなに難しいことを書かなかったんで、だいたいその通りになったかなと思います。そんなわけでまた1年間よろしくお願いします。

 あと、「9周年シリーズ」として書くか、別立てにするか決めていませんが、もう1つだけ、背景的なことを書きますが、月曜日以降になると思います。(明日は更新)

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

サイト9周年(2)

 ということで、今日でこのサイト、9周年となるわけなんですが、それでは、今後1年間、このサイトをどうしていこうか考える回です。

(1)基本的にどこをやるか決めません
 毎度同じ事を書くんですけど、「区間全駅」は、その時行きたいところへ行く、っていうことを趣旨にしているんで、あえて今の段階ではどこへ行きたいか決めていません。ほんと、その時行きたいなと思ったところとか、天気、稼働日数、宿の空き具合などに左右されます。ということで、どこをやるかは分かりません。

 ・・・って書いてしまったら、今日の書き込みが終わってしまうんで、一応、今の時点で気になっているところ、やりたいなと思っているところを書いていきます。

●路面電車全般
 そんなわけで、最近強まっていた路面電車偏重傾向。多分、この1年間もそうさせていただくと思います。ただし、どこかで限界が来るのは確かなんで、この1年ぐらいが山になるかなと思っています。

 札幌・函館→北海道へ行けたらやりたいんですけど、北海道に限り、「区間全駅」がさらに東へ進むという用事もあるんで、それとの兼ね合いがあります。多分、何か変化がない限り、GWか9月の連休に行かなかったらここはなしです。
 豊橋→多分、近いところなんで早めに行ければなと。というより、近いうちに何となく決めていたりして。
 松山→ここもそんなに遠くないし、高知が一段落したんであり得ます。どこかの3連休にて。
 熊本・鹿児島→3連休だとちょっともったいないところなんですよね。できれば2都市まとめたいという思いもあります。9月の5連休だとちょっと暑いし(路面電車の取材はずっと動きっぱなしになるんで、暑いときは向いていない)、GWに行けなかったらこの1年間はあり得ないのかなと思っています。

 あと、「何を路面電車と定義するか」にもよるんですが、多分、これも入るんかな?

 東京都電・東急世田谷線→ってことで、久しぶりに東京へ行くネタができましたよ。

 そういや、京福電鉄もちょっとだけやって放置したままになっていました。あと、もしかしたら滋賀県の京阪も入るんかな?こっちは近いし。

●さらに東へ
 一応「区間全駅」としては、函館からさらに東へ繋げて、白糠から厚岸まで繋がっているところに繋げたいなという思いがあるんです。だから、北海道へ行けたらなるべくそっちをやりたいと思っています。ただし、今年もし行くことができたら、この函館~白糠の間で、いくつかの駅を疎らに拾ってくることになるだけだと思います。行けなければそのままです。もし行けたら、そろそろ特急停車駅ぐらいは全部拾ってきたいなと思っています。
 そういうこともあり、今年9月にちょっとだけ取材してきたものを追加する際、この函館~白糠の間にある「仮置き場」については、他の「仮置き場」と違う扱いにしたいなと思っています。これは3月ぐらいにお見せできると思います。

●春の終わり頃から秋の初め頃にかけて
 その季節は割と鉄道線の駅に力を入れる時期。ただし、8月初旬まではどうしても試験の関係もあり、自由に動けないんですけど、それも意識しつつ、その間やりたいなと思って気になっている鉄道線は
 しなの鉄道
 上越線の水上~高崎
 中央本線 小淵沢~甲府~大月(~八王子)
 もし、上2つが繋がるなら、八高線とか。
 津山線
 そして、飯田線
 近江鉄道(日帰可能)
 ってやっていくと、やっぱりこの期間だと足りないんで、上記の一部となりそうです。これに、今後、行きたいなと思ったところが突如入ってくると思います。

(2)その他
 あとのコーナーについては、特に最近の懸案だった「気になる駅」のコーナーの廃止ができてしまったこともあり、特にここをこうしたいと思う部分が今のところありません。
 そういうことで、この1年間は単に「区間全駅」、そしてたまに「ここはかつて駅でした」と「思いつき!」に一つずつぐらいネタが入るかな?という程度になるのではないかと思っています。
 ただし、何か思うことがあれば、大きく変わる部分も出てくるかもしれません。

 ということで、次回は昨年同時期に書いた文章と、現実を比較したいと思っています。

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

サイト9周年(1)

 1999年12月19日にこのサイト(ただし、サイト名及びURLは今と違っていました)を開設して、今日が終わると9年になります。基本的に、自分の趣味の一部分としての位置づけなんですけど、御覧になっていらっしゃる方には御礼申し上げます。

 ということで、毎年恒例の、この1年間を振り返り、これから1年間どうしていこうか考えて、ついでに去年考えた目標と実際を比較するという文章。以前はサイトの更新を伴ってやっていたんですが、ブログにアップする形にしてから早3年目。今年もこの形にさせていただきます。

 そんなわけで、今日はこの1年間を振り返る文章です。

●9年目の更新内容(「区間全駅」のコンテンツの追加・「仮置き場」を除く)
 土佐電鉄 鏡川橋-伊野間(一部を除く、前年からのつづき)
 関西本線 名古屋-亀山間
 広島電鉄市内線
 富山地方鉄道 不二越線 上滝線
 香港路面電車
 長崎電気軌道
 信越本線 妙高高原-篠ノ井
 篠ノ井線 篠ノ井-松本
 函館市交通局の一部(進行中)
 中央本線 岡谷-塩尻(進行中)
 その他、2008年春開業の駅

●9年目の更新内容(「区間全駅」以外)
 「ここはかつて駅でした」の浦川原駅跡
 「気になる駅」から「区間全駅」への完全移行

●特徴
○「区間」の少なさ
 何となくこの9年目って、特定の区間をやり続けていたことが多く、「区間の数」だけで見るとかなり少ないんだなという印象です。もちろん、追加した駅・電停の数は例年と同じぐらいのはず(細かいところでは違うと思いますが)なんですけど、例えば「広島電鉄市内線」で一つの区間にしてしまっているため、その中にある電停の数がかなりありまして、追加した駅・電停の数に比べて区間の数が少ないという結果になってしまいました。

○海外進出
 その中で、このサイト初、というよりも私自身初めて海外へ行きまして、とは言っても一部しか自己負担のない社員旅行なんですけど、その中の1日の自由時間を使って、香港路面電車の電停の取材ができました。「全駅」を前提としない「特別編」という形でしたがアップしまして、これが9年目最大の特色だったと思います。

○路面電車が多い
 それで、この9年目は路面電車の電停が多くなってしまいました。多分、賛否両論もあり、見ていて飽きやすいとは思うんですけど、どうにかそれは「駅」との交互掲載を意識することによって少しは緩和させていただいております。
 電停自体、今や限りがあるもので、全国的に見ると貴重なものになっています。とは言っても、近年は見直されており、増える動きもありますが、今の形ということでなるべく画像として残したいなと思います。

○一応北陸三県完成
 「全駅」という概念がよく分からなくなる黒部峡谷鉄道を除き、また、各区間取材後の新設駅・電停を除き、どうにか北陸三県全駅・電停を掲載することができました。これについてはまた目標と実績との比較ということでみていきます。

○「気になる駅」からの移行完了
 これも数年来の懸案だったんですけど、「気になる駅」として取材して掲載していた駅のうち、最初に買ったデジカメで撮った駅を再取材することにより、どうにかこれらも「区間全駅」に完全に移行できました。これについても目標と実績の比較で見ていきます。

○サイト一元化完成
 そうして、「方面案内放送」については、同じサーバーに持ってくる予定もなかったんですけど、先日書いたとおり、最近の動きから、一応音声は削除した方が面倒がないだろう、という判断の下、削除することにより、別サーバーにわざわざ置く理由もなくなったため、同じサーバーに持ってくることができ、期せずしてサイトの一元管理が可能になってしまいました。

 というあたりが、この9年目を振り返る文章でした。次回は10年目をどうしようかという文章の予定です。

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

更新しました(第590版)その2

 ということで、さっき「更新しました(第590版)」という文章をアップしたのですが、その後、何人かの方が御覧になったかも知れないので、記事を改めて、時間の都合で書ききれなかったこと、あるいは書き忘れたことを追記しておきます。

●今回の駅のうち

 そういや、書いていなかったんですが、今回アップした駅のうち「すずらんの里」駅は、かつて「気になる駅」として扱おうと思っていた駅です。ほんと、思った通りいろんな特色がある・・・。あと茅野駅も「気になる駅」をやっていた時に降りたなら、「気になる駅」として扱っていたかも知れません。

●それで、本題

 ということで、今後の更新について、ちょっとシミュレーションしてみますね。こういうことを書くときに一応注意書きとして、この通りやるとは限らない、ということを書いていますが、今回もその通りです。といいつつ、結局その通りやることも多いんですけど、あくまでいつの分までネタがあるかな?っていうことを見るためのものです。

 そんなわけで、年内については先ほど書き込みましたので、元旦以降の分。なお、特に出かける用事がなければ12月23日に「旗日更新」として、他のことをやります。ネタは決めています。更新しないかも知れませんが。

 1月1日    草津線 手原・石部・甲西・三雲
   4日    函館市 末広町・大町・函館どつく前・宝来町
  11日か12日 草津線 貴生川・甲南・寺庄・甲賀
  18日    函館市 青柳町・谷地頭 土佐電 曙町・朝倉駅前 
  25日     草津線 油日 信楽高原鐵道 紫香楽宮跡・雲井・勅使
 2月1日   土佐電 朝倉神社前・宇治団地前・八千代通・中山
   8日     草津線 玉桂寺前・信楽 えちぜん鉄道 日華化学前・八ツ島 
   15日   土佐電 枝川・北山・堀詰・大橋通
   22日     土讃線 金蔵寺・善通寺・琴平・塩入 
 3月1日   土佐電 高知城前・県庁前・グランド通・上町一丁目
   8日     土讃線 黒川・讃岐財田 東海道本線 桂川 仮置き場 日野春
   15日   土佐電 上町二丁目・上町二丁目・上町四丁目・上町五丁目
   22日    仮置き場 関西空港 厚床・音別・厚内・池田

 というところが3月いっぱい。それで、鉄道線の方はきれいに終わるんですが、路面電車がごそっと残るんですよね。そういうわけで、あとどれぐらい残るかというと
  (1) 旭町一丁目・旭町三丁目・蛍橋・デンテツターミナルビル
  (2) 菜園場町・宝永町・知寄町一丁目・知寄町二丁目
  (3) 知寄町三丁目・西高須・県立美術館通・高須
  (4) 文珠通・介良通・新木・東新木
  (5) 田辺島通・鹿児・舟戸・北浦
  (6) 清和学園前・一条橋・長崎・篠原
  (7) 住吉通・東工業前・後免西町・後免中町・後免東町

 そんなわけで、このペースで行くと十分GW明けまでネタがあると。しかも、4月以降は電停だけになってしまうと・・・。

 一応、旗日更新とか、臨時更新を微妙に混ぜて、年内取材分は3月いっぱいは無理にしても、4月いっぱいでアップし終えるようにしたいと思っていますが、例えば「4月は電停しかアップしない」っていう状況も避けたいんですよね・・・。

 といいつつ、まあ、土佐電気鉄道は途中から「駅みたいな電停」がつづくし、まあいいか、とも思っているんですが・・・。

 あと、来年の正月は出歩かないにしても、そのあとで、ちょっと他の路面電車も考えていたりしまして、もしかしたらやっぱり路面電車が続いてしまうのではないかと思うわけで。

 そういうことで、どこかで鉄道線をアップするときに適度に路面電車を混ぜたりして、多少、上記とは異なるアップのしかたをします。

 とりあえず・・・下手すりゃGWまでどこへも出かけなくても、サイトのネタはある、っていうことですね(笑)。

| | コメント (0)

更新しました(第590版)

 今回の追加駅…中央本線 上諏訪・茅野・青柳・すずらんの里の各駅。

 そういうことで、今回は順当に4駅追加。あと3駅でこの区間が終了すると同時に、山梨県に入ります。

 それで・・・、今まで順当に鉄道線の駅と路面電車の電停を交互に追加してきましたが、ちょっと次回より変則的に更新をします。といいますのは、いつも元旦に通常の更新をしているんですが、その時新たな「区間」を開始させるというのが近年の習慣になっているんです。それで、今年もそうしようかなと思っても、どう考えてもちょっと今の流れだと難しいかも、ということで、順番を多少入れ替えさせていただきます。

 一応、日曜日更新ということにして予定を並べます。

12月21日 中央本線 富士見・信濃境・小淵沢、上越線越後滝谷駅
12月28日 上越線 小千谷・越後堀之内・小出・八色の各駅

1月1日 草津線を開始。
1月4日 函館市交通局のつづき。

 って感じになりそうです。あとは、今持っている「年内取材分」をいつもどおり、3月中にアップできるだろうか、ということなんですが、多分無理だと考えています。ちょっと日を改めてシミュレーションしますが、今年はちょっと「3月中に旧年取材分をアップ」という体制は諦めています。

| | コメント (2)

2008年12月 7日 (日)

更新しました(第589版)

 今回の追加電停・・・函館市交通局 函館駅前・市役所前・魚市場通・十字街の各電停。

 そういうことで、前回お知らせしましたとおり、この前高知に行ってきまして「電停」を多く撮ってきましたので、後々のことを考え「電停」と「駅」の交互掲載を維持しなければならないかな、ということで、一気に9月のものに飛ぶんですけど、函館の路面電車を開始しました。

 と言っても、あと1回はまともに、もう1回は中途半端になって、終わってしまうんですけどね・・・。とりあえず開始。

 今回の区間設定は、途中で分岐する形になりますが、一応、取材が終わった部分ということで、そのような設定にしました。

 あと、長年放置し続けている「方面案内放送」。コンテンツを追加しないのに、形式だけ合わせる更新を2年ちょっと前にやったんですけど、今回は、別サーバーでなくて、本体と同じサーバーに持ってきました。

 これ、音声を扱っている関係で、転送量が大きくなることを防止するため、分けていたんですけど、音声をなくすことによって、同じサーバーに持ってくることができました。

 でー、音声をなくした理由。ピンと来る方もいらっしゃると思いますが、このサイト、発車メロディーを公開するサイトではないんですけど、「偶然に一部入り込んでいる」ということになっていまして、特に仙台駅の放送なんか、厳密にいうとあの形でも公開できないんですよね。ってことで、特に何も起きていないんですが、面倒なことになるのもイヤだったんで、しかも、今力を入れていないコンテンツで問題が起きるのも面倒なんで、一律削除。そのかわり、サーバーが別れている問題は解決しておきました。

 この件については明日以降、ちょっと改めて、他のことも含めて書きます。

 と言いつつ、この文章をアップする時点では、モトあった場所にそのまま残っています。なかなかFTPが繋がらない・・・。ってことで、少なくともあと1時間半は残っています(ただし、リンクはしてません)。今日中には削除したいんですが・・・。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

高知方面:総括

 そんなことで、長らくつづきましたこの旅行記なんですけど、やっと今日をもって抜け出せそう、っていうことで、今日は総括というか、全体を通して何か書きます。

 出発前にも書きましたが、今回は基本的に昨年同時期に高知方面へ行ったときと「補完関係」にあるんです。「区間全駅」ということをやっているならではの話なんですけど、前回撮らなかった電停を今回撮る、逆にいうと基本的に前回撮った電停は撮らない・降りない(駅名標が新設されているのを見つけた電停と乗換のためその他を除く)ということになります。

 土佐電鉄についてもそうですし、去年、「ちょっと坪尻駅を見てこよう」と思って降りたのがきっかけとなった「土讃線 多度津-阿波池田間」についてもそうなんですが、昨年の分と合わせてきれいに揃う、という形なんです。

 昨年、初めて土佐電鉄に乗りまして、道が狭くなるところ、あるいは少し郊外なのに電車が走っていっている、という独特な風景を目の当たりにしまして、ものすごい感動したんですが、今年はそれがないんです。基本的に「あー、去年も通ったよね」という風景。さらに、以前も書きましたが、基本的に電停って、鉄道線の駅と違って、乗っているときに見る風景と、降りてから見る風景って変わらないんです。もちろん、降りてから発見するものもあって、一概に「降りても一緒やよ」というわけでもないんですが、鉄道線の駅ほど「降りて感動」というものがないように思われます。

 そういう意味で、今回の土佐電鉄、去年とはちがって「初めて見る感動」っていうものが抜けたものだったんです。それが面白くないか、と言われると、これがまた結構面白いというか、やっぱり「全電停」にこだわっているといくつも抜けている状態って気になるんですよね。それが埋められたという満足感はあるんです。

 それだけか、というとそうでもなく、ここからは人によって「そんなん面白くも何ともない」と思われるかも知れませんが、去年電車から見るだけだったものを一つ一つ降りていく(正確にいうと電停間を歩くこともあるため「一つ一つ降りる」ではないんですが)というのは、言葉では表しにくいんですけど、それはそれで面白いものでした。

 例えば、お笑いにしろ本にしろ、一度見た・読んだものをもう1回見る・読むって、最初のドキドキ感・感動はないんですけど、別の面白さが出てくることがあります。それに似たものです。あと、今回降りなかった電停は昨年降りている、ということはサイトでページを作っているんで、頭の中での記憶の定着度合いが「単に訪れただけ」というものとやっぱり違うんです。

 そういうことで、昨年の記憶と、サイト作りで強化された記憶が重なって、今回、1年後の補完というのが面白かったということです。

 それとは対照的に、金蔵寺~讃岐財田の各駅。琴平駅だけは「訪問3回目」にしてようやく「取材」ができたんですが、それ以外は初訪問・初取材の駅。こっちは「駅」なんで、列車から通り過ぎるだけというのと降りてからの印象ってやっぱり違うんです。電停とは対照的に「初めて見る感動」があったのでした。

 その中で讃岐財田駅は昨年、列車から見てなかなかいい雰囲気だなと思っていまして、今年、偶然同じ季節・同じ天気の時に行くことができて、その時感じた雰囲気+降りてみて初めて見えた雰囲気で、割と長い距離を歩いたゴール地点だったこともあるんですが、とてもいい駅だと思いました。

 そういうことで、出発~岡山の1泊目は昨年と変えてありますが、四国に入ってからのだいたいの動く時間帯、あるいは高知・岡山2泊目の宿泊地は昨年と同じにしてみたり、あえて「昨年との補完関係」を強くする形にしてみたのですが、そうだからこそ楽しめた部分も多かったかなと思うのが今回の旅。さらに昨年は窓から見ていただけのところに降りたときの印象が「降りてみての感動」があるかどうかが、「駅」と「電停」でやっぱり違うなというのが今回強く思ったことでした。

 ということでまとまったところで、特に何か思い出したり補足したりしたいことがなければ明日は久しぶりに普通の日記になります。っていうても特に変わったこともないんですが・・・。

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

高知方面:トピック的(7)

 はい、それではつづき。

(10)快速~桂川
 新大阪で新幹線を降りて、普段は雷鳥とかサンダーバード、っていう流れなんですけど、今回は「快速」に。事前に買った時刻表、西日本重視の時刻表だった、っていうことを書きましたけど、なんか、こうやって京都まで途中桂川に寄りながら行く、っていうことをやる時、この時刻表って便利なんですよね。普通(快速でない、全駅停まるやつ)列車も全部出ているし。

 それで、なんか最近乗る機会の多くなった京阪間快速列車に乗りつつ、秋にできた桂川駅へ。やっぱりここに作ってしまったんですよね。列車に乗っていて、貨物線が別れたりくっついたりするところで、貨物線の盛土の線路が降りてくるところ、そこに芝生が植えられていて、「はるか」とか書かれたところがありましたけど、やっぱりそこみたいですね。ということで、この駅を撮りまして、京都へ。

(11)新快速~普通

 京都から、何となく金沢行きの雷鳥が目の前に停車して発車していったんですが、時間もあるんでそのまま新快速→普通列車乗り継ぎで金沢へ。

 ほんとね、この、間に新幹線を挟んで、両側にそこそこの特急区間があるっていうパターン、父親の実家(諫早)へ行くときに、日常的にある話なんで、割と慣れているんですけど、今回の高知も、諫早の場合も、こっち側(北陸本線側)の方が高いんで、通しで買うとこっち側が乗継割引になるんです。ってことで、今回、高知発の段階で新大阪まで乗り継ぎ割引を効かせた特急券を買ってしまった、というのは、やっぱりもともとこっち側は普通列車に任せるつもりだったんです。もっとも、桂川に寄るとかそんなことを考える時点で、もう面倒だったんですけどね。

 去年はこのパターンで帰ってきたとき、岡山から金沢まで普通列車などの乗り継ぎだったんですけど、今回は「100系こだま」でマッタリできたし、それなりに岡山から新大阪まで速かったし、これでいいか。どっちかの特急の乗り継ぎ割引もあるんで、新幹線単独の特急料金での損得比較はできないんです。

 それで、福井からなぜか6両の普通列車に乗りつつ、金沢着。ここから会社まで歩かなくては、と思ったんですが、割と本格的に雨も降っており、ここでそろそろ買おうと思っていた折りたたみ傘を買いまして、会社へ行き、そのまま通勤で乗ってきた車で帰ったのでした。

 ということで、「トピック的」といいつつ、結局は時間の流れる旅行記になってしまいましたが、一応、今回で終わり。補足事項がひょっとしたらあるかも知れませんので、明日は普通の日記になるかどうか分かりません。

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

高知方面:トピック的(6)

 はいつづき。

(8)高知→岡山
 そんなわけで、高架になった高知駅の高架下のおみやげ物屋で軽く買って、あと、四国内で登場したJR西日本でいう「みどりの券売機」で、新大阪までの自由席特急券を買いまして、ホームへ。

 基本的に、時間としては去年と同じなんですけど、高架になっていることと、ここで岡山まででなく新大阪まで買ったのが去年との違い。だから、列車に乗って暗くなるタイミングまで去年と変わらないんですよね・・・。

 そうやって、暗い中、山を抜け、瀬戸大橋を渡り岡山へ。

 さて、岡山での夕食。去年も書いたんですけど、岡山って、よく訪れる割に、「ここで夕食を食べよう」っていう決まった場所がないんですよね。というか、あったんですけど、駅の工事に伴い、必ず行っていた場所がなくなり、その後、代わりにここにしよう、って決めた場所がことごとく、次に来たときにはなかったということ。

 それで、昨年は新しくなった「さぼてん」でトンカツを食べたんですが、その時、今度は和食屋さんができるし、そこにしよう、って決めていたんですが、はい、ちょっと迷いましたがありました。

 あー、でもここいいかも。値段的にも量的にも。ってことで、今度からここにしようかな。ただし、時間帯によっては混むかも知れません。

 そうして、路面電車に乗りいつも行くカプセルホテルへ。ちなみに1泊目、金沢から一気に来たときは、このカプセルホテルの「駅前店」で泊まったんですが、今度は路面電車に乗っていくところへ。(別に歩いても行ける。)同じ店なんですけど、風呂の広さが違うんですよね。でも、「駅前店」も悲観する狭さでもなく、割と落ち着く狭さなんで、あと、なぜかサウナは妙に広いんで、夜と朝の時間によって両店を使い分けようと思いました。

 そういうことで今回は1年に一度は訪れてしまう方の店へ。しっかし、なんかここいつも空いているんですよね。多分、平日とか金曜日は混むと思うんですが・・・。あとここ、トレーニングマシーンを一式備えたコーナーもあるんで、つい遊んでしまうのでした。そういう楽しみもあるところです。

(9)100系こだま
 そして翌日。1泊目をしたあと同様、駅の地下で、勝手に「岡山名物」だと思っている「キムラヤ」の「ロールパン」を朝食として買い、新幹線のりばへ。「のぞみ」と「ひかりレールスター」が行きたい方向へ入っていくのをそれぞれ見送って、「こだま」に乗り込みました。

 このタイミングだと、ほんと「こだま」って空いているんですよね。てか、今回なくならない方の「100系こだま」だったりしまして、多分ね、この時期、日本で一番注目されていない新幹線・・・。えっと、私が乗った車両、相生まではあと一人しかいないんですけど・・・。1両に2人。そんな悪い時間でもないんですが・・・。その後ちょっと乗ってきましたが「混んでいる」状態にはなりませんでした。

 というのがやっぱり山陽こだまの実体なんですよね。特にこだま専用駅の場所の問題なんかもあるし、「ひかり」「のぞみ」がかつての「こだま専用駅」のうち、利用客の多い駅に停まるようになった、ということもあったり、岡山以東は東京行きの各停ひかりもあったりするんで、この区間の「こだま」って、そういえばそんなに乗るもんでもないなと。ただ、このゆったりした感じが好きで、結局選んでしまうんですけど、この空き具合に2列&2列シートって、ほんと、時間に制限がなければ、すごくいいものだと思います。

 ということで、やっと新大阪まで来ましたが、やっぱりもう1日要るかも。ということで明日以降に続く。

| | コメント (0)

2008年12月 1日 (月)

高知方面:トピック的(5)

 そんなわけで、先週の今日帰ってきたんですけど、まだまだつづくこの旅行記。きっと書く時間が短いんで、1回あたりの量が少ないからなんでしょうね・・・。

(7)路面電車2日目 後免線

 そういうわけで、鴨部電停から一気にデンテツターミナルビル前電停へ。ここで本日初のトイレ休憩。路面電車の取材って、結構トイレに困ることが多いんですよね。まあ、コンビニとかが多いんで、最悪の事態は避けられるんですけど、気軽に入れるトイレがそうそうあるわけでないっていうこと。

 そのデンテツターミナルビル前電停をもって、後免線に入るわけなんですけど、ここから知寄町三丁目電停まで、町の中の広い道にある典型的な路面電車の電停がつづきます。

 一つずつ飛ばして、帰りに残りを拾っていく方式、って思ったんですけど、多分そうやると、帰り、人が多い、しかも夕方で、慌てながら、半分暗くなって・・・、っていう状況になるかなと思いまして、極力隣の電停まで歩くか、1電停飛ばしても距離がないなと思ったら前の電停に歩いて戻るか、どちらかの方法を採るようにしまして、この「典型的路面電車ゾーン」については、知寄町三丁目を除いて、この時に終わらせました。

 そうして、去年撮った葛島橋東詰電停を通過し、その次から、「2車線の道路の横に複線の軌道があるゾーン」になります。伊野線と似ているようで、ちょっと違うこの光景。後免線らしい風景なんですが、それが結構長い間つづきます。典型的な路面電車の電停に比べて、やっぱりこっちの方がやりやすいんです。

 ただし、後免方面に向かう電停の多くが「ノーガード電停」。つまり、車道の一部に緑色のペンキを塗って「ここホームやけど、いつもは車通らなダメやよ」っていうところにしてあるんで、降りるときと乗るときが怖い怖い・・・。

 そうやって、なるべく隙間を作らないように、また、文珠通行き電車を無駄にしないようにして、東へ進み、最後、後免町電停は行く必要がなかったんですけど、トイレ休憩と、あと、あの電停はローソン併設やったな、ってことで、後免町電停に行きました。

 去年同様、土佐くろしお鉄道後免町駅のトイレを借りて、あと、ローソンで軽くパンを買って、軽い昼食にしました。

 そうして、残っていた後免市街地の電停と、舟戸・東新木・知寄町三丁目を拾っていき、あー、日程表では書き忘れていましたが、はりまや橋で乗り換えて高知駅前へ。

 そんな感じで、何となく去年同様、バタバタな状態でおみやげを買って、去年とちょっと時刻が変わってますが17時過ぎの「南風」で、一気に岡山へ。去年同様、ここから金沢までその日じゅうに帰れるんですけど、岡山での宿泊としました。

 ということで、旅行記、あと1日で終わるかな・・・?

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »