« 更新しました(第591版) | トップページ | 更新しました(第592版) »

2008年12月22日 (月)

サイト9周年(4)

 先週書いていました「サイト9周年」シリーズですが、今日はその最後として、ちょっと背景的なことをまとめておきたいと思います。ほんと「まとめておく」というだけあって、以前書いたことの焼き直しのような内容になると思うんですが、「9周年にあたり」という意味で改めて書いてみます。

●サイト作成のための旅か?
 最近のほとんどの旅が「駅の取材」を目的としています。ほんと「取材」と称しているだけあって、このサイトのために旅に出ているような気がします。目的はサイト作成のためか?と思ってしまうと何かおかしくなってきます。もちろん、特に遠方の場合はそれに親戚を絡めたりすることもあるんですけど、基本的にはサイトのためのような気がします。

 サイトにこだわらずゆっくり楽しめばいいのに、と思ってみたり、あと、サイトがなかったら旅をせずに家で本でも読んでいるんか?、ということでもあったりします。それよりも、このサイトのためにいくら使うんだ?という話にもなります。 

●趣味を楽しむ3段階
 そういうことで、サイト作成という目的があって、それに縛られた旅・金の使い方をしているようにも思うんですが、この旅に出るという趣味は次の3段階の楽しみがあります。

 (1)旅に出る前にどこへ行こうか、どうやって回ろうか考える・・・これが一番楽しいという説もあるんですが、私の場合はきっちり決めていません。駅をまわっているうちに3~4手(駅)先を考えるのが最終的な計画になるため、一部、旅に出てからもこれをやっています。
 (2)実際に旅に出る・・・家(場合によっては会社)を出てから家に帰り着くまで。道中の列車や宿泊先も含む。
 (3)サイトを作成する。そうして、あとから見る。

 と、当たり前のことを書いたんですが、この3つがあって楽しみが増えるのではないかと思うんです。例えば、いきなり何も考えずに出て、駅だけまわって、帰ってきて何もしないのと、この3つのステップをそれぞれ楽しむのとでは、後者の方が3倍とは言いませんけど、同じお金を使うのであれば、楽しめる度合いが違うと思います。

 あと、1回の旅で回る駅の数も多いんで、サイト作成を通じて「ああ、こんな駅だったな」って思い出すことが多いです。そのため、次回以降、そこを通過するだけでその時のことをはっきり思い出すのは、サイトを作って記憶を定着させているからだ、と言うこともできます。

●サイト作成と趣味の連動
 このように、実際にそこへ行くことと、あとから数ヶ月にわたってそれをまとめていくこと両方をすることにより記憶に定着する、あとからも楽しめる、あるいはそれぞれの楽しみを仮に「1」としても、合わせた楽しみが「2」になるのではなく、「3」にも「4」にもなるというものなんです。ただし、サイト作成というのは息が長いものなので、途中で放り出しかねない、ということで御覧になっている方の「目」を強制力として活用させていただいている、というのがサイトを作る趣旨ですよー、というのは1年目から既に何度も書いています。ですから、このサイト自体は作る私本人のためのものなんです。

 というのはおいといて、このサイト自体、「旅に出る」という趣味における興味が変わってきたら、それに応じて扱う内容も変わってくるものになってきます。例えば、実際の行動では「乗りつぶし」から「駅をまわること」に変わってきているのに、このサイトは旅行記のサイトなんで、旅行記しか扱わない!、と頑なに守っていたら、そのうち趣味とサイトが乖離していって、サイト作りのための旅と、楽しむための旅を分けなければならなくなります。

 そうしないように、このサイトにおいては(他のサイトでどうこう、というわけでもなく、また、私がもし別のサイトをやっていたら…実際は、やっていないが…そこでも適用されずという意味)趣味(のうち、旅に関するもの)での行動と、サイトで扱う内容が極力一致するように微調整をしていかねばならないのかなと思います。

 例えば「駅をまわる」ということを始めたとき、あまり興味のなかった路面電車の電停について、そのうち興味が出てきたら受け止める体制にしたりとか、海外の全駅を対象としない区間でも扱えるようにしたりとかということが、「駅をまわる」という趣味の中での微調整の範囲内かなと思います。

 場合によっては、ずっと「メイン」でやっていたものを「書庫扱い」、つまり、もう過去のものとして一切触らないようにして(「乗りつぶし」の旅行記がその扱いです)、今興味のあるものをメインのコンテンツに変えていくことが出てくるのではないかと思います。というか、9年の間にそうなってきました。これが「乗りつぶし」から「駅」へと趣味の対象が変わってきたことをこのサイトが受け入れてしまった例です。

 それと、「メイン」ではないが、その時突然思い立って行動したこともしっかりと受け止められるような体制にする、具体的には「思いつき!」というコーナーがそうなんですけど、連続性はないが、その時動いてみて、行ってみて面白かったことをちゃんとアップできるコーナーを用意しておくことも、この「サイトと趣味を連動させる」という考えの中では必要になってくるのではないかと思うわけです。

 そういうことで、サイトのタイトルも一度変わっていますが、今後、趣味の行動の変化によっては「駅の取材」をおいといて、別のことをやるかも知れない、そうなるとタイトルも変わってくるかも知れないということです。ただし、今のところはその兆しもなく、駅をまわるのが楽しかったりしますので、しばらくは続くと思います。だから、このサイトの継続=駅の取材の継続、ということでは全くありません。ただし、旅に出ること自体興味がなくなったら、このサイトは閉めることになるかも知れません。その時、別の全く違う趣味を持ってしまったら、それを受け止める、全く別のサイトを作ることになるのかも知れませんが・・・。

|

« 更新しました(第591版) | トップページ | 更新しました(第592版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第591版) | トップページ | 更新しました(第592版) »