« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月25日 (日)

更新しました(第601版)

 今回の追加駅…信楽高原鐵道 紫香楽宮跡・雲井・勅使・玉桂寺前の各駅。

 そんなわけで、今回は「鉄道線の部」なんですけど、ほんとは先に新設駅3駅(えちぜん鉄道の2駅と東海道本線桂川駅)を考えていたんですが、まあ、先に取材した方から先に(仮置き場を除く)、っていう原則を思い出しまして、こっちを先に掲載します。ほんとは直前までどこにするか迷っていました。

 それで今回、紫香楽宮跡駅が9枚、他3駅が12枚という、破格の枚数を掲載している訳なんですが、それだけ各駅とも、自分の中では気に入った駅なんです。っていうことで、写真枚数が多めです。何となく季節的にちょっと今とずれておりますが、秋らしさを思い出していただければ、ということで。

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

豊橋方面:トピック的(4)

 そんなわけで、書き忘れていたこと。

(8)宿泊
 今回、下手すりゃ普通列車でも金沢まで帰れたし、22時ぐらいに名古屋駅を新幹線で出れば、金沢行きの最終「しらさぎ」に接続している、という状態なんですけど、あえて泊まった理由の一つが、ここに泊まりたかったから。

 カプセルホテルではあるんですけど、風呂がいいんですよね。どっかから運んできた温泉の浴槽もあるし。普通のお湯も温度が選べるし。あと、「アメトーーク」の「サウナ芸人」の回にも出ていたんですけど、サウナで熱波を送ってもらえるやつがあります(ただし、これは利用していない)。

 ってことで、風呂としてはなかなかいいところ。あとは館内着のズボンが短ければ言うことないんですけど(長ズボンから若干短くしたぐらい。個人的にまくって穿いていた)あと、館内着が「おかわり自由」だともっといいんですけど。ただし、脱衣場の前は、鍵がないため、館内着だけ単なる棚に置くんですが、誰か間違えて私が着ていたやつを着ていってしまったんで、申し出たら新しいやつくれたんですが・・・。

 そんなことで、どこかが極めて良かったら、ちょっとどこかは他と比べて気に入らない(ただし、館内着なんて好みの問題ですけど)って言うこともありつつ。あとね、朝食がバイキングなんですけど、かなりうまいんですよね。ただし、1泊4,100円という、カプセルホテルにしてはちょっと高めの値段設定です。

 でー。結局、友人と飲んだり喫茶店に行ったりして、22時半頃のチェックインだったんですけど、こうなるとあんまり長いこと風呂に入ることもなく・・・。アルコールもちょっと入ってましたしね。長いこと風呂に入りたいけど、なんか上がりたくなってしまう(と言っても1時間ぐらい入っていたんですけどね。普段、スーパー銭湯とかで2時間ぐらい入ってしまうんで、そう考えると短め。)

 そんなわけで、館内着で点数を落としまして、やっぱり自分の中では総合的には「カプセルホテル部門1位」にはならないんですけど、かなり上位。たまに泊まるためだけに行ってもいいかな、というところではあります。

 ってことで時間が来たんでこのへんで。明日は多分、普通の日記です。

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

豊橋方面:トピック的(3)

 つづき。

(6)豊橋路面電車 補足
 ちょっと書き忘れていたことなんですけど、まずは1日乗車券の件。駅前電停で売っていることになっていたんですけど、その自販機というか、売り場が閉まっていたんです。電車に乗って聞いてみると「競輪場前で持ってきてもらうんでしばらくお待ちください」ってことで400円だけ預けて、降りるときにもらい、その場で日付のスクラッチを削った、という方法でした。

 あと、ここの路面電車、前乗り、後降り方式。なんか今まで乗った中では初めてなんですよね。他では降りるときに「ありがとうございました」なんて言ってきっぷを見せたりすることが多いんですけど、乗るときにきっぷを見せる方式。乗るときに「お願いします」なんて言うわけにもいかんし、ちょっと戸惑いました。

(7)高山本線経由
 さて、帰りはどうしよう・・・・。ってことで、実は1日目、友人と待ち合わせをしている間、ちょっと時間があったんで、その時に「エイ」と決めてしまって、高山本線経由のきっぷを買ってしまったんです。どうにか券売機で名古屋-(高山本線経由)→金沢、っていう乗車券を買うことができました。

 で、自由席特急券の方は、名古屋→富山、っていう感じになって、経由地が書かれていないんです。米原経由より安いはずなんですけど、値段以外の見た目は変わらないんですよね。

 そういうことで、名古屋から岐阜までの数十分、反対向きに走りまして高山本線へ。あっ、指定席は混んでいた(△印)んですけど(団体がいた)、自由席は結構空いてました。全区間に渡り、全員窓側に座っても、あと何人かは窓側に座れそう、っていうぐらいでした。

 そんなわけで、久しぶりの高山本線。犬山城を見たり、日本ラインを見たり、下呂温泉を見たり、あとは川を見たりしつつ、高山へ。この先が「区間全駅」実施区間になりまして、その時のことを思い出しつつ、また、その当時は運休になっていたのに今はちゃんと特急が走っているな、と思いつつ、代行バスが走った細い道を眺めながらJR西日本区間へ。そうやっているうちに富山なんですけど、やっぱり酔うかも・・・。山の中をある程度のスピードで進みますからね。時折、酔いかけた時の症状である「眠気」に襲われて、ちょっと眠りつつ。ってことで、軽く酔いました。

(7)富山~金沢
 それで、2~3分遅れまして、富山駅で2分で接続していた金沢方面の普通列車には間に合わず。というか、富山駅工事中で一部仮設ホーム、一部既存ホームでその間の移動にちょっと手間取る、なおかつ、ひだが既存ホーム着、金沢方面普通列車が仮設ホーム発で、もともと間に合わなかったみたいなんですが。ってことで、富山駅に入るときに、475系6両の普通列車とすれ違いました。

 さて、金沢方面大聖寺行きの普通列車まで1時間。とりあえず、一部仮設ホームに移動した富山駅を観察し、あと、うどんを食べて、改札を出て、富山地鉄のりばを観察して、北口に回り、ライトレールののりばも観察して、あー、まだ時間があるね・・・。

 ってことで、しょうがないんでその間にあった高岡行きの普通列車で高岡へ。駅前に出て万葉線ののりばを観察し(今回は未取材・新設の末広町電停へは行ってません)、ステーションデパートへ行き、切手屋さんで、ちょっと懐かしい気分に浸り、あと、工事進行中の駅構内を観察し、ようやく大聖寺行きの普通列車に乗れたわけです。ちなみに、高岡行き・大聖寺行きとも419系。この区間で連続この形式っていうのもどうよ、と思いつつ、金沢に到着したわけです。

 そんなわけで、どうにか金沢にたどり着きましたんで、基本的にこの旅行記は終了なんですけど、書き忘れていたことがあればまた後日補足するかも知れません。あー、宿泊地のこと書くの忘れてた。やっぱり明日も旅行記かな?

| | コメント (0)

2009年1月21日 (水)

豊橋方面:トピック的(2)

 では、つづき。

(4)豊橋の路面電車
 それで、この路面電車。実はそんなに期待して行ったわけではないんですよね。初めて乗る路面電車、なおかつ軌道や電車すら見たことがないところで、全くイメージが湧かなかったことや、そんなに電停の数も多くなく、どうかな?って思っていたんです。多分、「区間全駅」で、路面電車に力を入れることがなければ乗ることすらなかったであろうところなんです。

 で、実際乗ってみると「運動公園前」行きだったこともあり、高校生も多いし、座れんし、やっぱりどうかな・・・、乗ってみても「普通の電停」だし、あと、路線図上は1本の線でも、実際、交差点で曲がって別の道路に入り、その度に信号待ちが長いし・・・、って、あんまりいい印象でもなかったんですけど・・・、でもそのうちやっぱりなんか面白い、っていう気分になってきました。。

 だんだん狭くなっていくんですけど、東田電停なんか、狭い道にホームは道路上のペンキの部分だけ。こうなってくると結構自分のツボに入ってしまうんですよね。そして、分岐する井原電停もそんなに広くないし。あと、帰りに一電停ずつ寄っていくと、結構面白くなってきていることに気づきまして、やっぱりちょっと乗るだけと降りていくのとでは楽しさというか印象が違います。

 基本的に、駅と違って、電停そのものは電車から見るのと降りてからではそんなに印象は変わらないんですけど、最初にちょっと乗るのと、それから降りていくのとでは「楽しさ」が違うことがあるんだなということは今回の発見ではありました。

 そういうことで、最初は気が乗らなかった割には、最後には結構楽しかったなという印象です。

(5)飯田線へ
 久しぶりの飯田線。なんせ高校2年の時以来ですからね・・・。1991年ですよ。下手すりゃ年齢が2倍になってます。というか、きっちり2倍になってました。その間も「飯田線の列車」には乗っているんですけど、乗り入れてくる中央本線内でしか乗っていなかったんですよね。

 そういう飯田線ですが、今回は主目的が豊橋の路面電車にあったため、あくまで夕方まで時間が余ったし、という程度。それでも豊川までは確実にできそうだし、ってことで、「区間」としては短いですが設定できました。

 船町・下地・・・、この駅、運転本数の割には半分が通過するんで、実は「区間全駅」としてはやりにくいかも、というところ。駅そのものは結構面白かったです。そのあとの小坂井・牛久保の方が停車する列車が格段に増えます。

 それにしても天気いいですね・・・。っていう日を選んだんですけど、日本海側から来て、冬の東海地方を見て「天気いいなー」って思うのが習慣になっています。だから、冬に太平洋側に来て天気が悪かったら、なんか損した気分になるんですよね。

 そういうことで詳しい状況は「区間全駅」本文中に譲りますが、これから先、進めるのでしょうか・・・。飯田までならこのきっぷが使えるんですよね。んで、そこから辰野までは全国版の乗り放題きっぷ(18きっぷなど)になってしまいます。

(6)名古屋へちょっと急いだ?
 実は飯田線、日没までならもう2~3駅できたんですけど、まあ、運転本数も少なくなるし、このへんでキリがいいんでやめておいて、名古屋へ。というのは大学の時の友人に会うためだったりしまして。その話はここでは省略しますが、実際、高山本線で景色を楽しむことを犠牲にすれば日帰りもできた日程なんですよね。実はこういう用事があったのと、前回、名古屋で泊まったカプセルホテルが気に入ってしまって、また泊まりたかった、っていうこと。それでわざわざ泊まっているんです。この日程なら特急でなくて、快速・普通を乗り継いでも十分金沢まで帰れる時間帯だったんです。
 っていうことは、飯田線の取材も新城とかぐらいなら日帰りでも行ってこられるっていうことか・・・。

 そんなわけで、帰りの状況はまた明日(以降)。

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

豊橋方面:トピック的(1)

 そんなわけで、昨日に引き続き、時間の許す限り旅行記を。まずその前に

(1)サイト的に今回の成果
 一応、今回の主目的は豊橋鉄道の路面電車。これは早々に完成しました。それで、あとは「青空フリーパス」を使って、去年のある時期、突如思いついた飯田線に入っていった訳なんですが、「区間設定」をして完成したのが豊川-豊橋間。あと「仮置き場」要員として、一駅だけ、三河一宮駅となっています。なお、豊橋駅は当分の間(ずっとかも)飯田線の駅としてアップします。また、東海道本線豊橋方面へは、今のところ名古屋方面から繋げる予定はないため、飯田線全区間(といっても、完成させるかどうか分からない。あくまで「路線単位」でなく、「区間単位」で考えます。)、辰野方面→豊橋方面という流れでアップしていきます。(ほんとは飯田あたりで逆にしようかなと思っていたんですが、このようにします)

(2)駅までどうやっていこう?
 ということで、旅行記に入るんですけど、さて、駅までどうやっていこうかと。朝早いしバスないし、自転車だと雪も残っていたし危険かなと思いまして。その前に予報ではその時間、雨か雪が降ることにもなっていました。それで、実際、外へ出ると、雨・雪は降っていないしな・・・、と思ったんですが、途中で降られてもイヤだし、ということで、予定通り車で行くことにしました。

 まあ、1泊2日で、割引券を使って1,800円なんですけど、もし怪我をしたら、もし風邪をひいたら、ってことを考えると安いもんかな、ということで、半ば保険の意味も兼ねまして車で。やっぱり楽でした。

(3)しらさぎ→新快速
 そういうわけで、久しぶりにJR東海へ乗り入れていく「しらさぎ」に乗った訳なんですが、まずは金沢駅でふっと気づいたこと。号車番号が雷鳥系統と逆なんですよね・・・。まあ、東海道本線に入ってしまうと同方向になる訳なんですが、その場合は「○号」の奇数と偶数が逆方向になるとか(北陸本線内で揃っている)。当然、中に入るとA席~D席の山側・海側が逆になっているんです。あと、自由席の号車も雷鳥系統と一つずれていまして、何となく不思議な気分ではありました。

 慣れてしまえばそれまでなんですが、あと、自由席は結構空いていました。朝早すぎたせいかなと思いつつ。以前、7時台の米原行きしらさぎに乗ったときは結構混んでいたんですよね(ただし、その日は3連休1日目)。

 それで、米原駅での座席転換。大学受験の時に乗ったときは、まわりがちゃんとやるもんだなと思って、一緒になってやっていたんですが、今回もこれは皆さん、ちゃんと座席転換しています。なんなら周辺の空席までしっかりとやってしまう次第で。ある意味、この座席転換、JR東海に乗り入れる「しらさぎ」の一つの文化なんかなと思います。

 そうして、1年ちょっと前に「区間全駅」の取材をしたこの区間を通り、大垣へ。今回はここで降りて「青空フリーパス」を、J-WESTカードのポイントで頂いたオレンジカードを使って(一部使っていたため、不足分は現金)買いまして、新快速で名古屋を通り豊橋へ。一応、路面電車に入る前にこの駅も取材しておくことにしました。

 ということで・・・、次に入ると時間がなくなるんで、今日はここまでにしまして、明日は路面電車の件からですね。って、今回そんなにネタはないんですけど。

| | コメント (0)

2009年1月19日 (月)

豊橋方面:日程

 では、例によって旅行記シリーズになるわけですが、今回は多分、日程と使用きっぷだけになると思います。取材駅・電停は★で示します。

●1月17日(土)
 【金沢】5:42発-(特急しらさぎ2号)→【大垣】8:15着、8:30発-(新快速)→【★豊橋】9:52着(この間豊橋鉄道の路面電車。別途記載)【豊橋】13:43発-(普通)→【★小坂井】13:48着、14:04発-(普通)→【★船町】14:09着、14:30発-(普通)→【★下地】14:31着、15:01発-(普通)→【★牛久保】15:07着、15:21発-(普通)→【★三河一宮】15:30着、15:39発-(普通)→【★豊川】15:43着、16:13発-(普通)→【豊橋】16:24着、16:37発-(新快速)→【名古屋】17:28着

 別記:豊橋鉄道の路面電車。最後の「駅前」電停以外は全て取材電停。→は電車乗車を示し、…は徒歩を示す。
 駅前→運動公園前→井原→赤岩口→東田…競輪場前→前畑…東田坂上→東八町→市役所前…豊橋公園前→札木→駅前大通…新川→駅前

 ●1月18日(日)
【名古屋】8:43発-(特急ひだ3号)→【富山】12:21着、12:55発-(普通)→【高岡】13:14着、13:41発-(普通)→【金沢】14:26着

●使用したきっぷ(上記で省略した名古屋市内での地下鉄での動きを除く)
 金沢→大垣 乗車券・自由席特急券
 JR東海の「青空フリーパス」1日分(2,500円)
 豊橋鉄道 路面電車の1日乗車券(400円)
 名古屋-(高山本線・富山経由)→金沢 乗車券
 名古屋-(高山本線経由)→富山 自由席特急券

 そんなわけで、各場面での詳しい話は、また明日以降書きます。

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

更新しました(第600版)

 今回の追加電停・・・土佐電鉄 高知城前・県庁前・グランド通・上町一丁目の各電停。

 そういうことで、第600版の記念すべき更新ですが、追加内容自体は至って普通。なんならいつもより地味なぐらいです。第500版の時は函館まで繋がった状態になったり、掲示板が復活したりといろいろあったんですけど、600版の時は特に何もなく。というか、9周年とか年始とかでちょこちょことあったんで、そのあと第600版記念と言っても何もない状態でして・・・。

 そんなわけで、去年のうちにその前の年行った分としてアップしてあって、前回仮置き場から移動させた枡形電停を飛ばして、上町一丁目電停まで追加しました。

 あー、それと、昼間帰ってきました。ってことで、また詳しいことは明日以降書き込みます。今回の更新、やっぱり旅から帰ってきたその日って、あんまりやる気が出ないんだなと改めて思った次第です。

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

下地駅

こんにちはー。
ということで、朝5時40分過ぎ金沢発の、しらさぎからスタートしました。
それで、豊橋の路面電車は、全電停終わりまして、ちょっとだけ、飯田線をかじっている状態です。
そんなわけでこの駅、関係のない列車がさっきからやたらと通過しておりますが(しかも実際はこの駅通過の扱いでないものがほとんど)、待ち時間は、長いんですよね。
路面電車のほうは、期待していなかったんですけど、けっこう楽しいところが多かったです。

| | コメント (0)

2009年1月12日 (月)

更新しました(第599版)

 今回の追加駅・・・草津線 甲賀・油日の各駅
 今回の追加電停・・・土佐電鉄 堀詰・大橋通の各電停
 今回の移転・・・土佐電鉄 枡形・旭駅前通の各電停を「仮置き場」から本編に移転

 ということで、「年末年始更新増量セール」(って計画していた訳でないですけど、結果的にそうなった)の最終回。一応、「鉄道線の部」の回なんですけど、草津線がちょうど2駅追加して終わるんで、在庫の多い路面電車の部に2駅分の枠を譲ることにしまして、2電停追加。

 一応、草津線が終了したため、柘植駅まで繋がりまして、ちょっとした周回ルートが楽しめるようになりました。でー、これで「JR各線を巡る旅の記録」、つまり、昔「乗りつぶし」をやっていたときの「第1回」のルートがどうにか全駅掲載できました・・・。ちなみに第2回の分をやるには越後線と弥彦線の末端区間をやらないとダメなんですよね・・・。まあ、そういう意識はしていないんですけど、一応、結果的にそうなったというだけです。

 それと、土佐電鉄の方ははりまや橋~鏡川橋の区間設定をしまして、その1回目。今回のうちに「仮置き場」として掲載していた2電停は移動させておきました。

 それで、今回は「第599版」で、次回が「第600版」。たしか第500版のときは掲示板復活→同時にブログのコメント機能オフ、っていうことをやったんです。それで、その時掲示板を復活させたときに、この50版ごとの区切りで掲示板の存否を検討する、みたいなことを書いたんですけど、今回、掲示板を復活させるならちょうどいいきっかけにはなるんですよね。

 まあ、今は別に掲示板を復活させたい時期でもないですし、何となくそういう流れでもないんで、特に第600版で掲示板を復活させることはしないつもりです。あと、特に記念行事も思いつかないんで、変わったことはしない予定です。

 というか、1年に50回更新をしていると10年で第600版になるんですが、先日9周年だったところなんで、だいたい1年に50回よりも若干多いペースの更新頻度みたいです。

| | コメント (0)

2009年1月10日 (土)

更新しました(第598版)

 今回の追加電停・・・土佐電鉄 八代通・中山・枝川・北山の各電停。

 そういうことで、昨年、途中までアップしていたこの区間なんですけど、この前11月の取材分を差し込んでいくことで完成しました。ということで、ようやくこの区間が終了。そういや、この前11月に行ったときは北山電停以西に行っていないんですけど、その前の年行ったからいいや、ということで。

 それで、なんか、昨日、「明日の書き込みは夜になります」みたいなことを書いたと思うんですが、これはその時から更新しようと思っていたからなんです。っていうことで、朝はここへ書き込まずにスルーしまして、只今書き込んでおります。

 で、今日更新しましたのは、明日は1日おいといて、明後日も更新しようと企んでいるからでありまして、それで、年末から何となく最近まで更新回数が多いのは、一度は「年内取材分を3月中にアップするのは無理」と言っておきながら、実はそうしようと企んでいるからなんです。

 とは言っても、このペースでずっと更新をし続けていくつもりもないんですが、とりあえず、明後日をもちまして年末年始更新増量キャンペーンは終了します。次は2月のどこかでちょっと考えております。

 ということで、これによりどの程度「年内取材分を3月中にアップ」できる状態に近づいたか、ちょっとシミュレーションさせてください。たしか、前回(12月14日に)この計算をしたときは、毎週の更新+あと7回の更新が必要という結果でしたね。
 一応、注意書きですが、この日程通りに更新をするとは限りません。あくまで更新回数を見るためのシミュレーションです。

 1月12日  草津線 甲賀 油日 土佐電 堀詰・大橋通
       18日 土佐電 高知城前・県庁前・グランド通・上町一丁目  
   25日 信楽高原鐵道 紫香楽宮跡・雲井・勅使・玉桂寺前
 2月1日 土佐電 上町二丁目・上町二丁目・上町四丁目・上町五丁目
   8日 信楽高原鐵道 信楽 えちぜん鉄道 日華化学前・八ツ島 仮置き場 日野春
   15日 土佐電 旭町一丁目・旭町三丁目・蛍橋・デンテツターミナルビル   
   22日 土讃線 金蔵寺・善通寺・琴平・塩入 
 3月1日 土佐電 菜園場町・宝永町・知寄町一丁目・知寄町二丁目
   8日 土讃線 黒川・讃岐財田 東海道本線 桂川 仮置き場 関西空港    
   15日 知寄町三丁目・西高須・県立美術館通・高須
   22日 仮置き場 厚床・音別・厚内・池田

 残り・・・
  (1) 文珠通・介良通・新木・東新木
  (2) 田辺島通・鹿児・舟戸・北浦
  (3) 清和学園前・一条橋・長崎・篠原
  (4) 住吉通・東工業前・後免西町・後免中町・後免東町

 ということで、一応、鉄道線の部については、草津線の次は信楽高原鐵道としてありますが、これもちょっと流動的なんですけど、どうにかあと4回、どこかにねじ込めば年内取材分年内アップ完了になるということですね・・・。実際は上の通りの更新日程にはならないはずなんですが、一応のシミュレーションでした。

| | コメント (3)

2009年1月 8日 (木)

更新しました(第597版)

 今回の追加駅…草津線 貴生川・甲南・寺庄の各駅。

 そういうことで、突然、無予告の更新です。一応、更新間隔が短いので、3駅とさせていただきます。というのと、路面電車電停の在庫が多いんで、この「鉄道線の駅」「路面電車電停」の交互掲載が維持できるような調整の意味もあります。

 ほんとは、土曜日、仕事終わりにどこかへ行く→更新は月曜日になる、っていうことで、その間隔調整の意味もあったんですけど、1週延ばしたため、その意味が無くなり、単に更新したっていうだけになっています。

 うち、貴生川駅は3社分の駅として紹介したんで(信楽高原鐵道は既に取材済・未掲載)、写真枚数が異様に多くなっています。

| | コメント (0)

2009年1月 4日 (日)

更新しました(第596版)

 今回の追加電停・・・土佐電鉄 曙町・朝倉駅前・朝倉神社前・宇治団地前電停。

 そういうわけで、昨年の11月に行ってきた分です。路面電車の部のみ11月分に飛んでしまいますが、延々とこれから3月か4月まで、土佐電鉄の電停を追加する用意がありますんで、はい。

 それで、今回と次の土佐電鉄の回は、その前の年に行っていて、鏡川橋-伊野間という区間設定をしてしまうと過半数になる、ということで、「仮置き場」ではなく飛び飛びの本掲載をしていたこの区間を補充するという形で更新をしていきます。そういうこともあり、土佐電鉄自体
 桟橋線(既に掲載完了)
 伊野線 はりまや橋-鏡川橋間
 伊野線 鏡川橋-伊野間
 後免線
という、なんとも統一感のない区間設定となります。後免線は途中で切る理由もないんで、そのまま後免線全体で一区間とします。

 それと今回、昨年掲載した曙町東町・鴨部の各電停について、この時撮ってきた駅名標をページ最下部に追加してあります。また、先週からトップページの写真にしている信号所が、ちょうど宇治団地前と八代通の間なんですけど、それについても宇治団地前電停の付録という形で載せてあります。

 あと、どうでもいいお知らせ。明日は微妙に出勤が早く、ちょうど普段、ここに書き込んでいる時間だけ早くでないとダメなんで、その前に早く起きて書き込まなかった場合、ここへの書き込みが夜になりますのでご了承下さい。

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

更新しました(第595版)

 今回の追加駅…草津線 手原・石部・甲西・三雲の各駅。

 そういうことで、あけましておめでとうございます。今年もこのサイトをよろしくお願いします・・・。って、まあ、この前9周年記念だったんで、今度は年が明けたから云々って言うのも何なんですけど、ともかく、元日です。

 なお、抱負的なことは毎年「○周年記念」の方で語っていますんで、元日では特に何も言いません。

 それで、毎年元日には、「最新の更新が旧年中というのが何となく見た目的に面白くない」という理由だけで更新をしています。それがまた、いつの間にやらその元旦更新で新しい区間を始めるという習慣にもなってきていまして、今年もその前の更新でいろいろ調整しまして、今回から草津線を始めました。

 ということで、一気に4駅。もう一駅で過半数になってしまいます。珍しく、行き止まりではない区間でなおかつ両側の駅は既にアップしてあるというところ。これが油日駅まで繋がると、そのまま柘植駅にリンクします。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »