« 豊橋方面:トピック的(2) | トップページ | 豊橋方面:トピック的(4) »

2009年1月22日 (木)

豊橋方面:トピック的(3)

 つづき。

(6)豊橋路面電車 補足
 ちょっと書き忘れていたことなんですけど、まずは1日乗車券の件。駅前電停で売っていることになっていたんですけど、その自販機というか、売り場が閉まっていたんです。電車に乗って聞いてみると「競輪場前で持ってきてもらうんでしばらくお待ちください」ってことで400円だけ預けて、降りるときにもらい、その場で日付のスクラッチを削った、という方法でした。

 あと、ここの路面電車、前乗り、後降り方式。なんか今まで乗った中では初めてなんですよね。他では降りるときに「ありがとうございました」なんて言ってきっぷを見せたりすることが多いんですけど、乗るときにきっぷを見せる方式。乗るときに「お願いします」なんて言うわけにもいかんし、ちょっと戸惑いました。

(7)高山本線経由
 さて、帰りはどうしよう・・・・。ってことで、実は1日目、友人と待ち合わせをしている間、ちょっと時間があったんで、その時に「エイ」と決めてしまって、高山本線経由のきっぷを買ってしまったんです。どうにか券売機で名古屋-(高山本線経由)→金沢、っていう乗車券を買うことができました。

 で、自由席特急券の方は、名古屋→富山、っていう感じになって、経由地が書かれていないんです。米原経由より安いはずなんですけど、値段以外の見た目は変わらないんですよね。

 そういうことで、名古屋から岐阜までの数十分、反対向きに走りまして高山本線へ。あっ、指定席は混んでいた(△印)んですけど(団体がいた)、自由席は結構空いてました。全区間に渡り、全員窓側に座っても、あと何人かは窓側に座れそう、っていうぐらいでした。

 そんなわけで、久しぶりの高山本線。犬山城を見たり、日本ラインを見たり、下呂温泉を見たり、あとは川を見たりしつつ、高山へ。この先が「区間全駅」実施区間になりまして、その時のことを思い出しつつ、また、その当時は運休になっていたのに今はちゃんと特急が走っているな、と思いつつ、代行バスが走った細い道を眺めながらJR西日本区間へ。そうやっているうちに富山なんですけど、やっぱり酔うかも・・・。山の中をある程度のスピードで進みますからね。時折、酔いかけた時の症状である「眠気」に襲われて、ちょっと眠りつつ。ってことで、軽く酔いました。

(7)富山~金沢
 それで、2~3分遅れまして、富山駅で2分で接続していた金沢方面の普通列車には間に合わず。というか、富山駅工事中で一部仮設ホーム、一部既存ホームでその間の移動にちょっと手間取る、なおかつ、ひだが既存ホーム着、金沢方面普通列車が仮設ホーム発で、もともと間に合わなかったみたいなんですが。ってことで、富山駅に入るときに、475系6両の普通列車とすれ違いました。

 さて、金沢方面大聖寺行きの普通列車まで1時間。とりあえず、一部仮設ホームに移動した富山駅を観察し、あと、うどんを食べて、改札を出て、富山地鉄のりばを観察して、北口に回り、ライトレールののりばも観察して、あー、まだ時間があるね・・・。

 ってことで、しょうがないんでその間にあった高岡行きの普通列車で高岡へ。駅前に出て万葉線ののりばを観察し(今回は未取材・新設の末広町電停へは行ってません)、ステーションデパートへ行き、切手屋さんで、ちょっと懐かしい気分に浸り、あと、工事進行中の駅構内を観察し、ようやく大聖寺行きの普通列車に乗れたわけです。ちなみに、高岡行き・大聖寺行きとも419系。この区間で連続この形式っていうのもどうよ、と思いつつ、金沢に到着したわけです。

 そんなわけで、どうにか金沢にたどり着きましたんで、基本的にこの旅行記は終了なんですけど、書き忘れていたことがあればまた後日補足するかも知れません。あー、宿泊地のこと書くの忘れてた。やっぱり明日も旅行記かな?

|

« 豊橋方面:トピック的(2) | トップページ | 豊橋方面:トピック的(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豊橋方面:トピック的(2) | トップページ | 豊橋方面:トピック的(4) »