« 松山方面:日程 | トップページ | 松山方面:トピック的(2) »

2009年3月24日 (火)

松山方面:トピック的(1)

 そんなわけで、日程を書いたあとは、いつもの通りトピック的に何日かにわたって書いていきます。なお、今までタイトル前は「(1)・・・」としていましたが、「そういや昨日、何番までやったっけ?」って思って確認が必要な割に、大した意味がないので「●・・・」とさせて頂きます。

●雨
 そんなわけで、ちょっと前から懸念しておりました出発時の雨。例えばですね、自転車だとその気になれば(駐輪場さえ工夫すれば)「急行きたぐに」でも乗れてしまうという、環境のいいところに住んでいるわけですが、これが家から駅までの交通手段がバスになるとですね、最速で雷鳥8号にぎりぎり間に合うかどうか(特急券を買う暇がないぐらい)という状態になるんです。

 ってやっているうちに、朝、目をさますと「あー雨や」っていうことで、面倒になり、結局いつもどおり起きてしまい、朝食を食べながら「あー雨が強くなってきたな」と思いまして。それでバスの時刻を調べているうちに(バスに乗るために時刻表が必要な地域です)、なんか止んだんで、そのまま自転車で行くと止んでいるうちに駅に着いた、という次第です。

 そんなわけで、雷鳥の4号か8号のつもりだったんですが、結局2桁号になってしまいました。まあ、帰りを遅くすれば別に取り返せるし(というか、特に詳しく予定は立てていなかったんですが)いいか、ということで。

●米原経由
 そうやって「雷鳥」に乗り込んだわけですが、福井を出たところで車内アナウンス。「湖西線で大変強い風が吹いていますので・・・」ということで、米原経由決定。羽越本線のあの事故以来、風速規制が強くなって、ある場所に柵は作ったというものの、結局は米原経由が多いみたいなんです。とは言っても、米原経由の雷鳥・サンダーバードって乗ったことがなかったんですよね。是非一度体験しておきたいな、とは思っていたんです。

 そういうことで、出発が遅れた上にさらに遅れるということになったんですが、米原経由を体験しておくことができました。

 とは言っても、まあ、こっちのルートも別に見慣れた風景なんで、あー、余呉やな、とか、長浜通過したな、とか、米原やな、とか、何となく1月に乗った「しらさぎ」の気分。

 米原で、なぜか降りる人と乗る人がいたり、乗換の案内をしたりしていたんですが、ともかく、新快速を待つたくさんの人の群の中に「雷鳥」が停車していました。

 米原から先も特にいつもと変わらない風景で、まあ、これが変わっていたら大変なんですけど、ちょっといつもと違う感覚、でも思ったよりも普通な感覚で山科まで到達しまして、あとはいつもの「雷鳥」になったわけです。

 ってことで、今日のところは新大阪まで着いたことにしておきます。って、このペースだと何日かかるんでしょうか。

|

« 松山方面:日程 | トップページ | 松山方面:トピック的(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松山方面:日程 | トップページ | 松山方面:トピック的(2) »