« 飯田線方面:トピック的(5) | トップページ | 飯田線方面:トピック的(7) »

2009年5月13日 (水)

飯田線方面:トピック的(6)

 つづきでございます。というか「トピック的」といいつつ、最近は旅行記を流れにしたがってダラダラ書く形に変わりつつあるんで、「トピック的」ではないなと思う今日この頃。多分、次回の旅から違うタイトルになります。

●飯田線3日目その2
 そんなわけで天竜峡駅に着きまして、ちょうどお昼頃。さて・・・。雨が降っています。このまま戻って、秘境の駅を撮るのも可なんですが、なんかやっぱり雨の中2時間とかも辛いし、かといって、ここから飯田まで、一応全駅撮る腹づもりはしていたんですけど、でも雨の中の駅が続くしな・・・・。

 と、とりあえず、前日に決めていた予定通り動くことにしまして、川路駅を後回しにして時又駅。これ、時刻表を見ていたらこの列車だけ川路→時又間の所要時間が長い=時又駅で長時間停車するはず、っていうことで、既に前日から停車中に撮ることを決めていた駅なんです。

 しかし、天竜峡駅を5~7分ぐらい遅れて発車していまして、となるとやっぱりこの予定すら狂ったかなと思ったんですけど、遅れた原因が先行する特急列車の遅れ→っていうことはこの時又駅で対向する列車も遅れるはず→ということは、やっぱり7分ぐらい停車するはずだ、ということでとりあえず荷物を持って降りて普通に駅を撮ると、ちゃんと発車前に終わりまして、停車中に撮り終えました。

 さて、駄科・毛賀と、運転間隔が短かったんで戻らずに進んでいったわけなんですが、やっぱり雨が強くなってきたなと。さっき、上市場から水窪まで歩いた時とは明らかに違う雨足。

 そんなわけで、ここから川路駅まで戻って撮るところまでは予定通りなんですが、そのあと残った飯田までの4駅については、途中、運転間隔が空いてしまって歩く予定にしていた部分もあったり、あるいは、そのあと飯田駅を含む4駅が16時半以降の取材になりまして、雨の中、暗くなることが考えられるんで、その日は中止することにしました。そんなわけで、川路駅から一気に飯田駅に行っております。

 飯田駅で、実は乗ってきた列車が9分後に発車するんですけど、どうせ伊那北まで行って寝るだけだし、途中の駅での取材もできないし(雨なんで)、ということで、1時間ぐらい、おみやげを買ったりしつつ過ごしまして、1時間後の列車。

 飯田始発で、しかもJR東日本の車両。となると3両は最低ありますんで、ゆったりして伊那北まで行くことができました。

 飯田から伊那北までは、高校2年の時に乗ったとき、風景を覚えている部分もあるんで、ある意味懐かしく、あるいは断片的に覚えていたところが繋がったりしつつ、進むことができました。明るいうちに乗っておくことができてよかったなと思いつつ。

 っていうことで、やっぱりこの区間も駅が多いな・・・。とりあえず、夏頃に期待ということで。

●伊那北での宿泊
 ここでは新しいビジネスホテルに宿泊。大浴場もあります。なんか、風呂はそんなに広くないのに落ち着くんですよね。っていうことで、今度もここに泊まりたいなと思う宿なんですが、ちょっと周辺の夕食が貧弱かも知れません。

 そういうことで、ビジネスホテル3泊目になると、1泊目のわくわく感もなく、何となく飽きてくるんですけど、満足度は高いものでした。

|

« 飯田線方面:トピック的(5) | トップページ | 飯田線方面:トピック的(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯田線方面:トピック的(5) | トップページ | 飯田線方面:トピック的(7) »