« 飯田線方面:トピック的(1) | トップページ | 飯田線方面:トピック的(3) »

2009年5月 8日 (金)

飯田線方面:トピック的(2)

 つづき。

●豊川で宿泊(1)
 そんなわけで、豊川駅に近くのビジネスホテルへ。少し前まで宿泊はカプセルホテルか健康ランド、っていうことにしていたんですけど、30代になってからは健康ランドでの宿泊がほとんどなくなり(ゼロではない)、ビジネスホテルが増えてきたわけなんです。

 ビジネスホテルにすると選択肢が増えてくるんですよね。多分、ここで、「健康ランド・カプセルホテル第一主義」のままだと、豊橋まで戻って、そっからまた遠くへ行かねばならなかったはずなんですけど、便利なもんです。

 で、ようやく最近、ビジネスホテルでの立ち居振る舞いに慣れては来つつあるんですけど、やっぱりビジネスホテルって、一人の空間に引きこもれるっていうのが好きなんですよね。

 それで、今回、来ているものを風呂場で洗ってみたんですが、結構乾くもんですね。Tシャツもちゃんと乾きました。今度から荷物を減らすことができるかもしれません。

 ここは朝食付きの宿でして、朝食開始時刻が7時だと放棄せねばならぬかなと思っていたんですが、6時半だったんで、ちゃんと頂きました。

●飯田線2日目その1
 そうやって、ほんとは「豊川から始まる飯田線の各駅の旅」を始めるつもりが、実は本長篠まで昨日のうちに終わっているんで、しばらくは昨日降りた駅を見ながら本長篠へ。

 ここから運転本数が減っているんで、まともにやっていたらダメかもな、と思い、とりあえず、先に三河槙原→2駅戻って三河大野→一駅進んで湯谷温泉。湯谷温泉はスタンプラリーの対象駅なんで、一目散にスタンプに走る人が多かったこと。

 そして、ここからもし何なら特急でもよかったんですけど、その前に臨時の快速があるんで、それに乗って一気に今日の再遠到達地点である中部天竜へ。そういや、「区間全駅」としては初の静岡県内の駅となります。

 意識してここで1時間以上、時間を取ったわけでもないんですが、成り行き上そうなってしまったんで、「佐久間レールパーク」もちょこっと見物。

 えっとですね、古い電車の中に入ることができるんですが、これ、新鮮とか懐かしいとかでなく、最近よく嗅ぐ匂いだぞ・・・と。たまに古い路面電車ってこんな匂いしますもんね。だから、そんなに珍しい匂いでもなく、あるいは古い電車自体、路面電車の古いやつと似ていたりして・・・。

 で、いろいろと展示されている部屋の中で、飯田線の柱に付けられるタイプの駅名標がずらーっと並んでいたんですが・・・、今回降りる予定の駅の範囲を思い浮かべても、実はまだまだ飯田線としては駅が残ってしまうんだなということを実感しまして・・・。

 そうやりつつも、そんなに長居することもなく、ある程度で切り上げ、豊橋方面の電車へ。ということで、まずは中部天竜以南で、静岡県内の駅の取材となるわけですが、これはまた明日以降に。

|

« 飯田線方面:トピック的(1) | トップページ | 飯田線方面:トピック的(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯田線方面:トピック的(1) | トップページ | 飯田線方面:トピック的(3) »