« 点数 | トップページ | 話題 »

2009年5月26日 (火)

3年半

 おはようございます。

 って、なんか、ここに書いていないことで大騒ぎだったことは何となく落ち着いたんです。まあ、人に受け入れられて楽しんでもらえる「個性」と、ほとんど全ての人が拒否する「個性」があるっていうことですね。「個性が大事」っていうても、ベクトルが向く方向が違っていたら大変なことになると。って、何のことか分からんと思いますが、自分の記録としてはこれで十分。ただし、この「事件」、どっちかというとワシは傍から見ていた方なんですが。

 さて、5月でして、3月決算の会社としては決算。経理担当者といっておきながら、どっちかというと会計事務所に近いことをやっている者としては、「何となく資料を用意して、会計事務所に渡せばいいや」っていう立場でもないんで、負担が来る訳なんです。

 で、毎年ちょこちょこと書いていますけど、ちょこっと前の会社(会計事務所)へ行って作業をしてくるわけなんです。

 えっとですね、職が変わってから4回目の決算。早いもんだなと。ワシが前の会社を辞めるときに小学校6年生だった人がいたら、今は高校1年生ですよ・・・。

 っていうことで、去年の決算までは「体が覚えていた」っていうか、例えば法人税の申告書なんかもすらすらと書けたし、それを専用ソフトに入れる場合も、この部分にこの数字を出すにはここに入力して、とか、全部覚えていた訳なんですが・・・。

 なんかね、今年はちょっと違います。えっとですね、申告書を最初、ちょこっと去年の数字の上に書いていく訳なんですが、一瞬凍り付きましたもん。ありゃ、この数字、どこにかくんやったろうって。

 ちょっと去年と今年と、申告書を書く上では、「パターンが違う決算」(分かる人だけ分かる)だったんで、戸惑った部分もあるんですが・・・。

 あと、専用ソフトに入れていて、なんか思った数字が出てこない・・・。しばらくして、ある部分に数字を入れるのを忘れていたことに気づく訳なんですが、まだ人の助けを借りるところまでは行っていないんですが、だいぶ「会計事務所としての能力」が落ちているなということが判明。

 やっぱり1年に1回、1件だけの決算と、毎月1件は最低、数件ある月もあり(確か、1月決算だけ担当になかったかな?あー11月決算も一時期を除いてなかった)、っていう状況だと、「体で覚える」の度合いが違います。

 ただ、1年に1回やってしまうとすぐに思い出すわけなんですが、やっぱり3年半以上経つと、そろそろ細かいところは忘れていくもんだなという話です。

|

« 点数 | トップページ | 話題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 点数 | トップページ | 話題 »