« 飯田線方面:トピック的(2) | トップページ | 更新しました(第620版) »

2009年5月 9日 (土)

飯田線方面:トピック的(3)

 はい、つづき。

●飯田線2日目その2
 ということで、中部天竜駅から、まずは静岡県内の駅を片付けることにしたわけですが、一応、日程を再掲しておきますと、こんな感じ。

 【★中部天竜】10:34着、11:40発-(普通)→【★出馬】11:54着…(徒歩)…【★上市場】12:24発-(普通)→【★浦川】12:26着…(徒歩)…【★早瀬】…(徒歩)…【★下川合】14:11発-(普通)→【★池場】14:28着、15:12発-(普通)→【★東栄】15:14着、15:34発-(普通)→【★柿平】15:46着、16:08発-(普通)→【★三河川合】16:12着、16:54発-(普通)→【牛久保】18:02着(宿泊)

 で、中部天竜から豊橋方面の列車でいいますと、11:40のあとは14:08まで空いてしまうわけで、その間を埋めるべく、歩くことになるわけです。

 それで、出馬まで戻り、そこから、中部天竜の一つ前、下川合まで、一駅ずつ歩くことを基本に考えまして。

 こういうことをやる場合、個人的なルールで(このサイトのどこかに書いてありますが)、「(その駅への)行きにも帰りにも列車を使わない場合は、自主規制として、生まれてから、その駅を列車で3回以上通過したことがあることを条件」にしているんで、日程表上「…(徒歩)…【駅名】…(徒歩)…」ってなる場合、このルールが適用されてしまうわけです。

 っていうことを意識すると、この区間、1回目…高校2年の時の乗りつぶし(ほぼこのへんの風景は覚えていない)、2回目…先ほど「佐久間レールパーク号」、3回目…今、中部天竜駅から出馬駅への乗車、っていうことで、一応、列車に乗降しなくてもいいことになるわけです。っていうことを意識して、まずは出馬駅まで乗ったわけなんですけど。

 さて、一旦、出馬駅へ行き、その一つ中部天竜寄りの下市場駅へ。えっとですね、確かこれ、飯田線で最も駅間距離が短い区間だったようで。

 時刻表の駅間の「営業キロ」が、そのまま歩く距離になることは往々にしてあり得ないわけで、基本的に線路通りに道路が並行していることは少ないんで、それ以上歩くことになるんですが、この区間は、だいたい線路通り道が並行しています。途中、川を渡るところがちょっと迂回しなければならないんですが、ずっと線路を見ながら歩いて行けるわけです。

 ほんと、「駅間を歩いた」という意識がないまま、上市場駅に到着。ほんとは、この上市場→浦川っていう区間、列車に乗れるかどうか不安だったんですが、十分に間に合ってしまいました。

 そこから浦川まで一区間だけ乗車。浦川駅前後はトンネルがあるんで、できれば列車で処理したい区間でもあったんです。

 浦川に着きまして、結構この駅周辺、家が多いんですよね。ちょっとした町です。そこから早瀬駅・・・。これね、地図があるとよかったんですが、列車の窓からの風景だけで歩く道を判断しようという無謀な話。

 列車に乗っていると浦川から早瀬の間は川を2回渡るんです。浦川寄りの方は並行する道路で川を渡っているのが上流下流にそれぞれ1本ずつ見えるんで、こっちは渡れるんですが、そこからちょっと長いトンネルを抜け、早瀬寄りで渡る川には並行する道路の橋が見えないんですよね。どうやって処理するんだろう、って思いつつ降りてみたんです。

 で、駅前の地図を見てもいまいちよく分からない、とりあえず、地図がなかったら駅の反対側にある車が多く通っている道を通るところでしたが、そっちではないみたい、ってことで、とりあえず浦川の町の中を歩いてみたんです。なんか、こういう町っていいですね。

 それで、なんか、町からはずれていって、この風景どっかで見た。えっと、これ、多分上市場駅に向かっているものと思われます。はい。

 やっぱり、駅の裏にある県道(?)の方がよかったかな(ちなみにほんとにそっちに行くと、方向的に間違っていなかったが、早瀬駅では川の対岸を歩くことになってしまい、下川合駅を過ぎるまで橋がないんで、早瀬駅では飯田線のある側の岸にはたどり着けなかった)と思いつつ。

 ってことで、引き返し、途中、小学校の方へ続く道があったんで、多分この道かなと思ってその道へ曲がって、歩いて行きまして、こっちはだんだん山へ向かっていきます。えっとですね、飯田線の線路に対して平行でなく垂直に、山に向かっていきます。

 民家がなくなってきたところで分かれ道があって「早瀬・川合→」っていう標識があって、あー、これ、今から行きたいところだな、と思ってさらに山の中へ。

 山の中へ入っていくんですが、左側にはちゃんと大きな川が流れています。方向的におかしいんですが、実は飯田線は川が蛇行しているところを、橋2本とトンネルを使ってショートカットしていただけなんです。そして、今歩いている道、山の中にあって車がすれ違えるかどうかっていう程度の細い道は、川に忠実に沿って走っているんです。だから、飯田線に向かって垂直に歩いて行くことになってしまったんです。

 それにしても、ほんと、民家もない、山の中。途中、車2台にすれ違ったんですが、車すらほとんど来ない、で、時折銃砲の音も聞こえるし・・・。これ、流れ弾に当たったら死ぬわけでしょうか・・・。

 ということで、そんな山の中を無事抜け、集落に出てきまして、飯田線の線路も見えてきました。列車を基準に見ると川を2回渡っているんですが、並行する道路を基準に見ると、一度も川を渡る必要がなく浦川→早瀬の移動ができたわけです。単に線路が勝手に2回、同じ川を渡っていただけだったんです。だから下手に駅の裏にあった県道へ出てしまうと、川を1回渡って、戻ってこられなくなっていたわけです。

 そうやって、時刻表にある「営業キロ」とは大きく違う距離を歩き、早瀬駅に到着。とりあえず写真を撮って、次の駅へ。ここから下川合駅は、途中2回線路を渡るものの、ほぼ線路と並行して道路があるんで、ものすごい安心感のもと、たどり着くことができました。

 そうして、下川合駅からさっき見た駅を順に眺め、愛知県に戻りまして、そこからは両方向とも1時間おきに列車があるんで、行きつ戻りつやって4駅片付けることができまして、あとは今日、そして昨日取材した駅を見ながら豊川、そして牛久保駅へ戻りました。

|

« 飯田線方面:トピック的(2) | トップページ | 更新しました(第620版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯田線方面:トピック的(2) | トップページ | 更新しました(第620版) »