« 更新しました(第621版) | トップページ | 更新しました(第622版) »

2009年5月20日 (水)

飯田線方面:総括的

 ということで、この前まで旅行記を書いていた飯田線方面について、全体的なことを書いていなかったんで、改めて書きます。

●飯田線
 そんなわけで、ほんと、この路線、「乗りつぶし」ということを始めた初期のうち(高校2年の時)に乗ってしまっていたんで、それからきっちりと年齢が2倍になってから「区間全駅」をやろうと思い立ったわけです。

 というわけで、1月にちょこっとだけ(豊橋-豊川・三河一宮)やったあと、今回、本格的に取材をやったわけなんですが、やっぱり一通り通るだけというのと印象が違います。

 というよりも、あの時は岡谷発豊橋行きという列車に乗ってしまったんで、線内では一切降りることなく通過してしまったんで、結構多くの区間を寝ていたようで、そんなに記憶もなく、特に飯田以南は初乗車に近い状況だった訳なんですが・・・。

 そんなわけで、やっぱり飯田線の「区間全駅」を始めてよかったなと思いまして、今後、もうちょっとやっていきたいと思います。

●線内にとどまる
 今回こだわったのが、とりあえず豊橋→辰野に通り抜けるということと、線内にとどまるということ。「区間全駅」の取材としては、なるべく現場に近いところに泊まった方が効率がいいということになるわけで、特に朝の本数の多い時間帯を狙うなら、起きてから1時間もかかるようだとほんと効率が悪くなります。

 ということで、取材区間にとどまるということはできなかったんですが、飯田線内にずっととどまっていました。という形もいいもんだなと思いました。

●雨
 今回、特に終わりの方になって問題になってきたのが雨。3日目は取材をちょっと予定よりカットすることにより、むしろ飯田→伊那北という区間を明るいうちに乗ってしまうことができたりとか、メリットもあったわけです。4日目は雨だからということでカットもできたんですが、早く起きたんで取材してしまったということ。

 それにしても、今回「雨で駅の取材を一切中止」としてしまうと、代わりにやることを用意していなかったんで、実は出歩いている日をもてあます結果になりかねなかったんです。幸いに最初の2日間は雨が降っていなかったんで、もてあますことはほとんどなかった訳なんです。

 まあ、緑の多い時期なら、雨でもそれなりの、いや、場合によっては晴れでは撮れないような写真が撮れるんですけど、緑が乏しい時期になると、ほんとは雨だと駅の写真を撮りたくないのも事実でして。

 っていうことで、雨具を持つのとは別の意味の「雨対策」、つまり、雨だったらどういう行動をしようか、っていう対策も必要かなと思うわけです。

●ビジネスホテル
 多分、宿泊に健康ランドもカプセルホテルも入れなかったのは今回が初めてかなと思う訳なんですが、何となくビジネスホテルというものにも慣れてきたかなと思う今日この頃。逆に、それが新鮮だった頃の楽しみも薄れて来つつあるんですが、とりあえずTシャツぐらいなら洗っても乾くっていうことも発見したんで、カプセルホテルとは違った楽しみもあるなということで、今後ともお世話になると思います。

●田んぼ駅
 本編に書かなかったんですが、特急列車の窓から見た大糸線稲尾駅。ここ、紅葉の時、すごいきれいだったのを見ていて、是非その時期に撮りたいなと思いつつ数年が経っているんですが、実は駅から湖までの間、田んぼなんですね。この田植えの時期、やっぱりきれいだということが分かりました。っていうことで、田植えの時期も是非そのうち・・・。

●それにしても
 ほんと、この飯田線のネックは天竜峡-中部天竜間だなと。そんなわけで気長にやっていこうと思います。

|

« 更新しました(第621版) | トップページ | 更新しました(第622版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第621版) | トップページ | 更新しました(第622版) »