« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

休み

 はい、ということで、日曜日はよく寝ました。ほんと、日曜日にあれだけ寝たのは久しぶりで、なんか、朝・昼食の時間と、若干、本を読んだ時間以外はずっと寝ていたような気がします。

 そして、17時になって、そろそろ起きねば夜寝られない、というか、更新せな、っていうことでようやく起きたわけですが・・・。

 ほんと、多分、試験直前からの疲れがそのまま残っていたんでしょうね。そして、旅に行く週もあったし、それと暑くてゆっくり休めなかったということもあったりして、あと、先週は何となく仕事でも疲れたし。ということで、これらをまとめて1日で回復させたのかどうか。ただし、頭がすっきりしているのは確かです。

 それと、「疲れた・・・」っていう自覚がなくても、例えば目もらいができたりとか、一昨年なら耳がおかしくなって、高音が変なように聞こえるようになったりとか、最近は「疲れ」が具体的な形になって表れることが多くなってきたんですよね。今回は、なんか、首のところにしこりというか何というか、ボコっとしたものができています。はい。

 それで、多分それはリンパガンだー、っていうことになったんですが、おそらく疲れから来ているものだと思われるんですが、何となくそれもちょっと小さくなってきているような気がするんで、多分疲れです。

 そんなわけで、群馬に行く計画を遅らせてよかった・・・。と言っても、次の土日もそんなに天気がよくないんですよね。

 それと、8月4日に試験が終わりまして、今月いっぱいは基本的に何もしなくてもいい月なんですけど、せっかく8月4日まで、全速力で自転車を漕いでいて、それを急ブレーキをかけて止める必要もない、何なら、余力で進んでおいて、止まらないようにゆっくりと漕げば、また動き出すときの苦労は要らないだろう・・・、ということで。

 つまりですね、帰宅後は全く勉強はしなくてもいいんですが、朝、1時間だけはきっちり勉強してやろうと思いましてね。この前と違う科目で、なおかつ、昨年途中までやっていて挫折した科目の教材を使って(ただし、1月以降はその受講を別の科目に振り替えたため、大きな損はしていない)通常よりも1ヶ月早いペースで勉強を始めております。

 以前にちょっと宣言しましたとおり、このブログの書き込み時刻を夜にして、朝の1時間をきっちり確保したわけですが、意外とその習慣、続いておりましてね。特に平日はきっちりと1時間は確保できています。それで、今もきっちりと、本来よりも1ヶ月早いペースが確保できているわけです。(ただ、まあ、今ぐらいまでのところまでは、昨年もやっているんですけどね・・・)

 例によって、8月5日以降の勉強時間を一応カウントしておりまして、8月末までできっちり30時間。今日だけ、30時間にするためにあと1時間、帰宅後の時間も使って目標を達成させました。

 話が変わりまして、実は土曜日に風呂に行く途中に古本屋に寄りまして、3冊ほど本を買いまして、うち2冊を日曜日の寝る隙間に読み切ったんですけど、うち1冊は「朝30分を続けなさい」っていう本。

 「1日30分を続けなさい」という本の続編で、ほんと画期的なことが書かれているわけでないんですけど、確かにね、1日30分、それも朝、続けることができたら、全くそれをやらないのとは天と地ほどの差なんですよね。

 一応、曲がりなりにも資格試験であるんで、この時期でも1時間を確保したんですけど、ほんと、帰ってきてからの時間に期待して、やらない日が多くできるよりは、帰ってきてからの時間は原則勉強しなくてもいい、ただし、家を出る前の1時間だけはきっちりとやる、っていう方がよっぽどいいことに気づいたわけです。

 ・・・って、今のところはこう書いているんですけどね、ともかく合否は別として(合否って、かなり運に左右される試験なんで)、年内はこんな感じ+9月以降はもうちょっと追加して、年内のカリキュラムは終わらせることができればいいなと思っておりますが、さて。

 それと、あともう1冊読んだのが「残業ゼロの仕事力」。ということで、本をゆっくり読めるのも年内、あるいはせいぜい4月ぐらいまでの話なんで、今のうちにいろいろ読んでおこうかと思っておりますが、結局買ったものの読まない本も結構あるんですよね・・・。それらを読んでから次の本を買おうと思いつつも結局買ってきてしまう・・・。

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

更新しました(第636版)

 今回の追加駅・・・飯田線 三河大野・小和田・大嵐・水窪の各駅。

 ということで、中部天竜-本長篠間については、三河大野駅を追加することにより終了。これにより、中部天竜から豊橋まで繋がりました。

 あとは、本来の流れで行くと辰野-駒ヶ根間ということになるんですが、せっかく小和田駅も取材したんだし、ということも考えまして、5月取材分を先に出してしまうことにしました。

 そういうことで、小和田駅を含む3駅。天竜峡-中部天竜間は過半数を取材していないんで、「仮置き場」となります。

 と言って仮置き場にすると、また近いうちに仮置き場から本編への移動とか、面倒なことになるのと、どうせ今の考えだと1年以内にはこの区間、本編へ移動してしまいそうなんで、もう、表向きだけ「仮置き場」としてしまうことにしました。

 つまり、小和田~大嵐のURLを御覧頂くとお分かりのように、本来、仮置き場では「/kari/」というURLになるんですが、すでに「/tenryu-honnnaga/」というURLが割り当てられています。しかも、そのあとのファイル名である数字が、ちゃんと千代駅から順に割り振ったものになっています。(天竜峡駅は、飯田-天竜峡間とします)

 そのうえ、もしお手すきの方で興味がある方は「ソースを表示」させると、実は、しっかりと「コメント文」として表示させない形で、「飯田線 天竜峡-中部天竜間その○○」という字が隠れているんです。

 あと、ほんとにお分かりの方、実は「天竜峡-中部天竜間」の目次ページがすでに存在していますので、ファイル命名パターンに気づいた方、ちょっと御覧頂くと、すでにあったりして・・・。しかも、今それが表面に出ても、何の違和感もないように作ってあります。
というか、URLはこれなんですが・・・。

http://www.kukanzeneki.net/all/tenryu-tyuubuten/index.html

 ということで、天竜峡-中部天竜はいつでも本編に移動できるような体制にしてあります。

 それで、次回は、一駅だけこの区間で残してしまった向市場駅と、あと、さっき書いた通り5月取材分を先にアップしますので、飯田・毛賀・駄科の各駅になるかと思います。

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

リスク

 ちょっと前に、医療保険に新たに入った話を書きましたが、先に入っていた医療保険をやめるのをちょっと忘れていたんで、只今、二重に入っている状態。

 っていうことはですよ・・・。今入院したら、日額17,000円じゃないですか・・・。これが怪我の保険だった日には(っていうか「けが」っていれたら「毛賀」って出てきた。飯田線モードのこのPCをよろしく・・・)、傷害保険も入れると、ありゃりゃ。

 そんなわけで、今なら思う存分、特別室に入れる。はい、大手を振って差額ベッド代をお支払いいたします。

 とはいっても、生まれてこの方、入院したことはないんですよね。前にちらっと書きましたが、病棟の構造っていうもんには異様に興味を持っていたりして、家族とか友人とか知り合いとかが入院すると、何となく怪しまれない程度に関係のないところを見てきたりしまうわけなんですけど、そういや、入院ってしたことなかった。

 そうそう、前の会社で「医業経営コンサルタント」という民間資格の研修を受けさせられて、結局合格はしなかったんですが(というか、そんなに真剣に勉強もしなかったし・・・。あと、このための「研修」が、今のところ最後にいった「東京」なんですけど、何年前のことやら。)その時の研修内容にあった、病院の構造なんて、結構面白かった。

 というのは置いといて、結局、入院もしていなくて、しかもあんまり最近、まわりで入院する人もいないんで、病棟というものからは距離を置いているわけですが、ともかく、二重に医療保険に入っていてもしょうがないわけで、先に入っていた方を解約する電話を、今日、やっとしました。

 それで、証券番号とか、あと、住所氏名生年月日なんかを確認のために言わされたあと、「解約する理由は、新たに入った保険が成立したからでよろしかったですか?」と。

 ほんとは解約する理由を大手を振って言ってやろう、なんなら、新たな保険の証券番号まで読み上げてやろうと思って、新しい保険の証券まで用意して電話をしたんですけどね・・・。きっちり名寄せができていまして。ってことで、何となく笑ってしまいました。

 そんなわけで、前の保険は死亡保険金があるタイプの医療保険だったんで、実は解約返戻金も存在するわけで、なんか、人間って、こういうものに弱いですよね。妙に得した気分になるし。っていうか、この保険に入ってからもう5年も経っていたんですね。

 確かこの保険、前の会社で入ったんですけど、保険金額とか払込期間とか保障期間とかを、自分でソフトに入れてシミュレーションして自分で金額を決めたやつなんです。まあ、結局使わずに終わってしまった(正確に言うと、書類を出して受理されるまでは契約が続くんで、ひょっとしたら使うかも・・・)んですが、でも、「リスク管理」って言う面で見ると、保険に入るよりももっと先にしなければならないことがあるような気もするんですよね。

 PCのバックアップもそうですし、あと、仕事ももし何かあっても今のままじゃ、誰もつづきをやってくれる人がいない・・・。

 ってことで、保険の話を前座として書いて、そのあと、別の話題を書こうかと思ったんですが、なんか、分量的にいい感じになってきたんで今日はここまで。

| | コメント (0)

2009年8月28日 (金)

バリウム

 と、本来ならここで「明日から出かけます」って書くところだったんですが、出かけないので、そう書きません。やっぱり天気が悪いみたいで、1週、様子を見てみます。ただ、来週は行かないと、青春18きっぷが残ってしまうんですよね・・・。

 それで、旅行記の連続のため、書けなかった話題があと一つ。健康診断。

 曲がりなりにも35才になってしまう、というか、なってしまったんで、ちょっとだけ中身が変わってくるわけで、ただ、ものすごく変わるかなと思ったら、単に腹回りを測るやつと、胃のレントゲンが付け加わっただけですが、あーそれと事前に検便があるか。ともかく、検査会場で新たに付け加わった項目って、どっちもインパクトがあるもんで・・・。

 あっ、その前に、体重は昨年対比3キロ減。一昨年との対比では7キロ減です。身長は、ちょと縮みました。昨年までは順調に伸びていっていまして、今まで164センチ台だったのが、2年続けて165センチ台になっていたんですが、今年は164センチ台に戻っていました。

 さて・・・。腹回りの測定ですよ・・・。85センチを超えて(以上だったか?)しまうと、あと他の条件を満たせばメタボですよ・・・。多分、一昨年とか去年測ったら、確実に85センチは超えていたでしょう。なんせ、ウエストは90センチ台のズボンを穿いてますからね。

 で。まあ、力を抜けといわれても絶対に腹筋の力は抜かないわけですが、えっとですね、82センチでした。確かにね、その測定をするへそのまわりだけ、引っ込めると異様に細くなるんです。そこより上はもうちょっとあるし、下になると結構肉があるわけなんですが、測定箇所だけはかなり肉が落ちているわけです。

 まあ、内臓脂肪が少ない割に皮下脂肪が多いんだろうな、って勝手に解釈をしているわけですが、ともかく、これであとは血圧がどうであれ、メタボにはならないわけです。血圧はですね、祖母→母→ワシ、と高血圧を遺伝としてしっかりもらっているんで、これはどうにもならないわけです。と言っても、今回は結構低かったし、まあ、いいか。

 それと、胃のレントゲンですよね。バリウムを飲むやつです。先に発泡剤を飲まされて、少量のバリウムを飲んで、検査室に入って検査中に割とまとまった量のバリウムを飲まされるっていうやつ。

 いろんな人からさんざん話は聞かされていたんですが・・・。意外とバリウムって美味でないですか・・?最近は割と好き好んで(タンパク質を取るために)豆乳を飲むことも多いんで、あるいはヤクルトジョアのヨーグルト味を会社に行った日はほとんど飲んでいるんで、意外とこの味って抵抗感がないんですよね。

 とまあ、あとから下剤を飲んだりしないとダメなんでそれが面倒なんですけど(下剤を飲むこと自体でなく、そのあとがね)、思ったより大変なものでもなく、割と美味だったんで、事なきを得ました。

 とりあえず、結果は来ていないんですけど、何となく視力が下がったのが気になる、っていうか、車を運転するときと視力検査の時だけ眼鏡をかけるんですが、それって、あんまり意味がないんかも知れません。

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

選挙

 とまあ、普通の日記に戻るわけですが、そろそろ次回の旅の予告から始まって、現地書き込み、そしてその後の日程・トピック的・・・、っていうはずだったんですけどね・・・。

 実はですね、ちょっと話がずれますけど、選挙、すでに終わっておりまして、今回は期日前投票を済ませてしまっているんです。このブログがずっと旅行記を続けていたんで、書かなかっただけなんですけど、この前の日曜日に行ってきました。

 というのもですね、明後日からの土日、ちょこっと群馬に行こうと思っていたんですよね。そして、帰りは軽井沢・しなの鉄道経由。

 そうすると、まあ、篠ノ井以降がこの前の「伊那市・駒ヶ根方面」と同ルートになってしまうわけですが、その時と比べて1本だけ早く(長野基準。でも金沢まで着いたところで1本早いだけなんですが・・・)帰ってこようかと思ったら、金沢駅着が19時半過ぎ。そこから家に戻って、あるいは投票所へ直行したとしても、20時には間に合わないな・・・。

 今まで選挙って、欠席したのが1回だけ。ほら、金沢市長選挙なんて、結局、事実上、無投票のようなもんなんで(実際は候補者が複数出るんですけど、「オール与党」みたいなもんで、基本的に、無所属の人が共産党以外の各党の支持を得ているという形)、何となく意識になかったら、気がつくとその日、旅に出ていて、帰ってきたら20時を過ぎていた、っていうことがあったんです。それ以外は一応、すべて投票へは行っています。

 っていうことで、まあ、今回も一応は行っておきたいな、っていうことで、投票を済ませて、あと、最高裁判所のやつも、ちょっと気に入らない部分を(それが何か書くとちょっと影響があるかどうか分からないですが、省略)考慮して、×にする人は×にしてちゃんと投票したわけです。

 市役所支所がありまして、そこへ行きました。本来の投票所へ行くよりも微妙に近いか遠いかっていうところで特に自転車で行く分には不便ではないところ。ちょうどその前を路線バスが走っていまして、その部分、なかなか狭いところを通るんで、趣味的には面白いところなんですよね・・・。

 それで行きますと、ちょうど2人が出てくるところで、あとは入っていくと投票する人はいませんでした。でー。なんかこぢんまりとやっているんかなと思ったら、結構本格的になっていまして、シルバー人材センターから派遣されたような人が6人ぐらいいまして、案内をする人やら、投票用紙をくれる人やら、投票箱の前に座っている人やら・・・。

 そうして、基本的に本来の投票所と大きく変わらないんですけど、書類が1枚増えるだけ。なんで期日前投票なの?っていうところの該当するところに○をつけるのと、それが間違いありませんっていう文章の下に住所氏名生年月日日付を書くというだけ。それを書き終わってちょっと待っていると名前を呼ばれて、投票用紙を渡されて、あとは普通の投票と同じというわけです。

 書類が1枚増えますが、まあ、空いていたんで、逆によかったかも・・・。

 というわけで、自分の中ではすでに選挙は終わっているわけなんですが・・・。

 で、実は、やっぱり月末に土曜日を休みにした(ほんとは出ることになっていたが、別の日と入れ替えた)のがダメだったんかな・・・。やっぱりね、それどころでなくなってきたんですよね。こりゃ土曜日に群馬なんか行っていられない、仕事に行かねば、っていう状況になってきたわけです。

 そういうことで、この「3月・4月に土曜日3回多く出た振替」の権利を、結局8月に使いきることができず、とりあえず9月の1週目に入れておきました。ほんと、なかなかこの振替を使いきることができないんですよね・・・。

 というのと、土日に出歩いていて月曜日は月末。もし何かがあって帰ってくることが出来なかったら、経理的に「あり得ない話」になってしまうんで、ちょっとリスクを回避したという意味合いもありつつ。

 まあ、そう決断した理由のうち、最大のものは「今週末、天気が悪い」っていうことだったりしまして。別に天気が悪いから旅を延期して、仕事に行くことにしたというわけではないんですけど、自分の中の各所の利害関係がすべて一致してしまったというだけの話です。

 そんなわけで、わざわざ期日前投票へ行った意味もなくなったんですけど、期日前投票へ行ったときは、「市外へ旅行に行くために当日投票へ行けない」人になる気でいたわけで、別に悪いことをしたわけではないですよね。

 一応、今回旅の用意でやったことといえば、この期日前投票だけで、泊まるところはそろそろ予約入れようかなと思っていたんで、別に実害はなかったわけですが。

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

森田・牛ノ谷他:トピック的

 ということで、バーベキューの(って、これ書いてなかったですよね)前に福井方面へ行ってきたという話のつづきなんですけど、今日はちょこっと、内容を書いていきます。

(3)森田駅
 そんなわけで、急遽、牛ノ谷・細呂木と福井駅だけにするつもりが、その福井駅が森田駅になってしまっていたわけなんですけど、いやほんと、行ってよかった・・・。

 基本的に、通勤とか通学で列車を使うということは、今まで生きてきた中でそんなになくて、中学校(ただし、珠洲に住んでいたとき)の時に、雪が積もっているときだけ、今は亡き蛸島-珠洲間を通学していたのと、あとは大学の時に金沢-森田間を通学していたぐらい。

 っていうか、その大学の時の4年間っていうのが、「通学」というのにしては強力だったりするんですけど、ともかく、この森田駅というのは、雪が降って自転車に乗れないため、当時の京福電鉄(今のえちぜん鉄道)の越前島橋駅まで行っていたとき以外は、いつもお世話になっていた駅なんです。

 というわけで、卒業後は普段は列車で通り過ぎるだけで、大学を卒業してからこの駅で乗り降りしたのが、1回だけ、ちょこっと大学に行ったのと、あとは、今掲載している「区間全駅」の取材に行ったときだけだったわけで。

 それで、かなり久しぶりに降りたわけなんですが、ほんと、この駅で降りるタイミングって、12年以上経っているのに体で覚えているもんですね・・・。ほんと、このへんを通過したら席を立ち上がろうとか、だいたい決めていたんですけど(特に、朝なんか475系だと出入り口付近に人が溜まっているんで、かき分けることを考慮した絶妙のタイミングなんですけど)、思わずそのタイミングで立ち上がってしまいました。

 それで、ほとんどこの駅の造りって、その当時と変わっていなくて、まあ、駅の隣にマンションができたぐらいなんですよね。(ただし、これは「区間全駅」取材当時はすでにできていた)

 あとは、トイレがきれいになったのも、自転車置き場がきれいになったのも通学していたときの間の話なんで、基本的にそれらはそのまま、12年の時が経てその時の真新しさだけが無くなった状態で使われています。

 駅舎内は少し変わっていて、きっぷの自販機ができていたり(これも「区間全駅」取材当時にはすでにあった)、多少、出札口の中が変わっていたりしたんですけど、でも大きく変わらないかなと。

 それで「区間全駅」取材の時は雨も降っていて、しかも時間もなかったんで、そんなにゆっくりもしていなかったんですが、今日はあえて多めに時間も取ったんで、多少ウロウロしてみようかなと。

 「大学の時に過ごした町」っていうことで、もちろん、大学の回りもそうですし、あと、意外と金沢市内も土日とか、平日の帰宅後とか、大学生の時だけの動きっていうもんがあるんですけど、この森田駅のまわりも意外と「大学の時に過ごした町」って言っていいぐらい、思い出もあるわけで、一つ一つの店から、何となく懐かしさを感じるわけです。

 まずは駅前にある駄菓子屋さん・・・、のはずだったんですが、ちょこっと見てみたら今は煙草しか売っていなかったようです。夕方、列車に乗ろうとして、金沢までかなり時間があるのに小腹が空いたな・・・、っていうときによくポテトチップスなんか買ったんですけどね。しかもカルビーでなくて小池屋とか。

 そこからしばらく歩きまして、県道に出まして、そこからちょこっと歩いて森田駅前のバス停。たしか、ここから大学まで1日3本とか4本とかしかないんですけど、うまく接続が合えば、雪の日、わざわざ越前島橋駅まで行かずにここから大学へ行くバスに乗ったんです。(といいつつ、このバス停から一バス停向こうの「六才橋」へ行くと、実は運賃が1段下がるんで、時間があるときは六才橋から乗ってましたが・・・。)

 そういや、大雪で、列車は動いたんですけど、バスが来ずにずっと待っていたときがあったな・・・(今はそんな状況になると列車の方が動かないんですけどね)。ほんと、大学の授業で、欠席したのはその大雪の日にバスが来なかったあの日だけなんですよね・・・。(あと、4年の時、ゼミしかなかったときに祖母の葬式があったときと・・・。)

 そこからもうちょっと歩いて、確かコンビニがあったはず、それで、いつもの列車より1本(っていうことは1時間ね)遅くなるときはそのコンビニで弁当を買って、森田駅で食べて、それから帰るっていうパターンもあったんですが、たしかサークルKだったはず・・・。

 で、行ってみるとファミリーマートなんですよね。どっちやったかな・・・。そういわれてみたらファミリーマートだった気もするし、そういや、一時期、サークルKが減って、ファミリーマートが増えた時期があったんですが、その時に変わったんかなと思いつつ、とりあえず、昼食を軽く買いました。なお、その買ったものは当時を思いだして駅で食べました。

 そこから森田駅まで戻りまして、でもじっくり歩いてみると、当時自転車で通り過ぎていて、気づかなかったというか意識になかったものもあったんだなと言うことを発見。観音というかお堂というか、ちょっと小さい神社みたいなやつ(宗教がバラバラ)があったの、12年経って初めて気づきました。

 そうして、駅に戻り、ちょこちょこと構内も撮り、時間があったんで駅舎と反対側のホームの待合室へ。

 ここもですね、結構思い出があるんですよ。なんせ、通学の時間帯だというのに1時間に1本しか列車がないんで、結構待つことも多く、ここで結構いろんな本も読みましたもんね・・・。今では仕事でも、あるいは税理士試験でも切っても離せない「簿記」というものの勉強の初期なんか、結構ここでテキストを開いて読んでいましたし。ある意味、今の生活を支えているものの原点なんかも知れません。

 ということで、列車が来まして。しかも3両編成の最後尾のドアの位置もしっかり覚えているんですよね。目の前にドアが来ました。

 ただ、当時と違うのが、駅舎と反対側のホームの待合室から見える風景の中に、中角駅とか、今のえちぜん鉄道の駅の存在を意識できるようになったこと。そういや、当時、1回ぐらいしか京福電鉄の三国芦原線に乗ったことがなかったんです。逆に言うと、大学に通っていたときよりも、三国芦原線というのは身近なものになったようです。

(4)その他の駅
 っていうことで、森田駅でどれだけのスペースを使うんや、っていう話ですが、あとは軽く。

 そのあと、牛ノ谷駅。この駅はこの区間で唯一、構内踏切の駅でして、なかなかいい雰囲気の駅ではあるんです。っていうことで夏らしい風景を味わったあと、丸岡駅へ。

 丸岡駅は旧丸岡町でなく、旧坂井町にあり、でも今ではどっちも坂井市か・・・。ともかく、そういう駅なんですが、この駅から田んぼが広がっていたっていうこと、通学の時にほとんど意識していなかったんですよね。

 それで、今回、他のどの駅に降りようかな?って思ったときに、この駅で青々とした水田を見て、降りることに決めたわけなんですが、そう考えると旧坂井町って、水田のそばの駅が多いんだなということを改めて発見。(えちぜん鉄道三国芦原線にも、水田に映える駅がいくつかあります。)

 そんなわけで、何となくこの駅は三国芦原線の大関駅とか下兵庫駅と雰囲気が似ているかも、っていうことを思ったのも初めてだったりします。降りたのは3回目か4回目のはずなんですけどね・・・。

 それと、時間調整で芦原温泉駅。ここも何度か降りているんですけど、温泉旅館の広告とか、あと、停まっている温泉旅館の送迎バスを見て、仕事を思い出した、っていうところが、何となく今までと違う感覚でこの駅を見るようになってしまったところかも知れません。

 そんなわけで、今回はあえて4駅に絞りまして、昔からよく知っている駅を改めて、前回降りたときから1,000駅以上降りた目で改めて見てみたんですが、逆に新鮮な気分を味わいつつ、ほんと、こういうことを改めてやってみてよかったなと思いつつ、用事(ってなんの用事かはもう書きましたけどね)へ向かったのでした。

 そんなわけで、旅行記が2回分続いてしまったんですが、明日から普通の日記に戻りつつ、意外とその期間は短かったりして・・・。

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

森田・牛ノ谷他:経緯と日程

(1)経緯
 と、旅行記が連続するわけですが、ちょこっと土曜日に書きましたとおり、土曜日に森田・丸岡・芦原温泉・牛ノ谷の各駅へ行ったわけです。

 とりあえず、夕方の5時ぐらいまでに、一応、「明峰駅から歩けるところ」に用事がありました。(ただし、普通は歩かない。ちなみに、歩くと25分かかりました。)アルコールが入るんで、帰りのことを考えると車では行けないところなんです。(まあ、車が一番便利な場所なんですけどね。路線バスでもかなり不便。)

 それで、青春18きっぷもなんか、1泊2日×2をやると、1回分はどうしても余るんで、どうかな・・・、と思っていて、まあ、使おうかと。それで、2,300円の半分も使わないわけで、そうなるともったいないし、せっかくこの土曜日は会社も休みだし・・・。

 ってことで、いろいろ考えたんですよね・・・。

 候補集: 
 ●高山往復(高山駅だけ取材。ただし、特急併用で、久々野駅も追加可能)→朝家を出るのが6時台になるんで、疲れており却下。
 ●越美北線(取材駅なし。ほら、復活後、その復活した区間は列車では通っていないし、乗るだけということで→朝6時台に家を出なければ、そのあとは10時過ぎに家を出るものになるんですが、そうなると17時までに目的地に行けない)
 ●七尾線単純往復(最近乗ってないしな・・・)
 ●万葉線の新設電停(これをやるなら、他の電停もやりたいし、そうなるともっと涼しくなってからかな・・・)

 って考えはいるんですが、そういや、日帰りの、しかも朝あまり早くなく、そのうえ早々に切り上げたい、それでいて青春18きっぷの1回分単価のモトは取りたい、なんていうわがままな願いを叶えてくれるような、そんなネタってそうそう持ち合わせていないんです。

 で、そういや「区間全駅」の、ほんとの最初にやった区間なんて、今となっては掲載しているのも恥ずかしいぐらい、初心者的な内容なんですよね。

 ちなみに、「最初にやった区間」というのが

 北陸本線 金沢-福井間(ただし、松任~美川・寺井~小松の各駅は数ヶ月後に取材)
 北陸本線 金沢-富山間
 大阪環状線

 以上なんですけど、その時は「区間全駅」というのは、今は亡き「気になる駅」の、ライトバージョンという位置づけがありまして、駅にある変わった看板とか、変わった小物とかそんなものにスポットを当てていたりして、あと、1ページに2駅とか3駅を掲載しており、それを単に1ページ1駅に分割しただけだったりしまして、掲載写真数も極端に少なかったり。

 あと、今みたいに天気がいいといい感じの写真が撮れるなんて、全く考慮していなかった時期で、天気が悪くて雨も降っているのに、3月の緑の乏しい時期の写真なんか延々と載せたりして、ともかく、今の自分が見たら非常に満足度の低いものなんです。

 ということもあり、特に、自然が多い駅、例えば金沢-福井間で言うと牛ノ谷駅とか、そんな駅を再度撮り直したいな・・・。と思っていたりしまして。

 それで、改めてみてみると、ほんと、丸岡駅とか春江駅なんて、どんよりした雲とか、あるいは雨も降っていたりして、そんなに見やすいものでもないわけです。

 そういうことで、一気に全駅ではないですけど、こういう日帰りのネタがないときに、ちょこっと一部、再取材したいと思う駅を再取材しようかなと思ったわけです。というか、ちょっと前から思っていたんですけど、この機会に実行に移してみることにしたのでした。

 それで・・・。今回の最優先取材駅は牛ノ谷駅。自然が多く、夏が似合う駅だと思うんで(別に秋も「新緑の候」も似合うんですけど)、まずはこの駅。ほんとは、この駅と、隣の細呂木駅ぐらい撮って、それと福井駅でうどんぐらい食べることができれば十分かな?と思っていたんです。

 でも、大学の時毎日通学で使っていた森田駅。これは福井駅での「にしんうどん」を諦めてでも行かなければ・・・。あと、ホームから水田が見える丸岡駅も、稲刈りが始まる前に撮っておきたい。それと、あとは時間調整で芦原温泉。この駅も「区間全駅」では、今では信じられないものを載っけているんですよね・・・。

 ちなみに、用事のために降りた明峰駅は、取材自体、この区間の中では割と遅め(ただし、「区間全駅」全体では、かなり早い時期です)。取材自体も6月だったんで、そんなに満足度も低いわけでないんで、今回は撮り直しはしませんでした。

(2)日程
 そんなわけで、日程を・・・
8月22日(土)
【金沢】11:04発-(普通)→【森田】12:16着、12:52発-(普通)→【牛ノ谷】13:11着、14:00発-(普通)→【丸岡】14:13着、14:27発-(普通)→【芦原温泉】14:32着、15:03発-(普通)→【明峰】15:41着・・・(用事)・・・【寺井】22:00発-(普通)→【金沢】22:25着

 というわけで、今日で完結させようと思っていたら、経緯が長くなったんで、今日はこのへんで。ちょっといつもと違うパターンでした。

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(5)

 とまあ、1泊2日の旅行記を何日ひっぱっているんだ、っていう話ですが・・・。

(8)岡谷から
 そんなわけで、飯田線から出て、岡谷駅へ。同一ホームで、しかも長野行きに乗り継げます。

 それで、一応、現地からの書き込みにもありますように、接続の関係で帰りは長野経由にしています。ほんと、経路を気にしなくてもいい「青春18きっぷ」だからできることでありまして、普通のきっぷだとこんな器用に経由地を変えることができないんですよね。

 というのも、詳しいことを省略しますが、特に南小谷からの接続がちょっとひどくて、長野経由をした方が早かったんですよね。

 というか、本来、大糸線経由で帰ろうと思っていた時間帯があるんです。それで、そのあと、飯田線から出てくるのを1本遅らせる(たしか、2時間違うはず)と、大糸線経由をするととんでもないことになる、でも、長野経由をして、金沢に着いてみると、飯田線に2時間多くいたのに、30分弱しか違わない、っていうことになるんです。

 って、わかりにくいですが、つまりですね。

 当初考えていたのがこれでして・・・
 飯田線→【岡谷】11:55着、12:25発-(普通)→【松本】12:52着、13:07でもいいし14:09発-(普通)→【信濃大町】15:02着、15:07発-(普通)→【南小谷】16:01着、16:13発-(普通)→【糸魚川】17:11着、18:12発-(普通)→【富山】19:25着、19:55発-(普通)→【金沢】20:54着

 これ、大糸線の前後で結構待ち時間があるため、長野経由をしても結果は一緒なんですよね・・・。

 飯田線→【岡谷】11:55着、12:25発-(普通)→【長野】14:40着、15:16発-(普通・妙高)→【直江津】16:54着、17:33発-(普通)→【富山】19:25着、19:55発-(普通)→【金沢】20:54着

 ただしこれ、必ずしも大糸線経由と長野経由の結果が一緒というわけでなく、接続さえよければ大糸線経由の方が有利なんです。接続が悪いと長野経由の方が早い、というのが次の事例。

これが、実際に採ったルートなんですが・・・。
 飯田線→【岡谷】13:55着、13:57発-(普通)→【長野】15:40着、16:11発-(普通)→【直江津】17:46着、17:57発-(普通)→【富山】19:59着、20:20発-(普通)→【金沢】21:18着

これで大糸線経由にしようとした日には・・・
 飯田線→【岡谷】13:55着、13:57発-(普通)→【松本】14:24着、15:06では接続が悪いんで15:59発-(普通)→【信濃大町】16:57着、17:30発-(普通)→【南小谷】18:35着、18:46発-(普通)→【糸魚川】19:41着、19:46発-(普通)→【金沢】22:16着

 そんなわけで、飯田線に2時間多くいたのに、実際はそんなに金沢着が遅くならなかった、というパターンでした。ほんと、いろいろ試行錯誤してみるもんです。

 そんな感じで、特にそこからは変わったこともなく、まあ、松本~長野の間は1年前に「区間全駅」でお世話になったところではあるんですけど、結構眠かったため、ちょっと寝させて頂いて、姨捨駅では起きていたんですけど、「あの風景」は、反対側の窓だったりしまして・・・。

 そのあとも特に変わったこともなく、直江津でちょこっと駅弁を買った以外は普段とほとんど変わらない動きで、富山まで。そこからなぜか6両の普通列車で、金沢までたどり着いたという次第です。

 とまあ、最後は特に変わった路線でもなかったんで、特に変わったこともなく、また、この旅自体、そんなに変わったこともないんで、そのまま旅行記は終わるのでした。

 それと、「区間全駅」として飯田線はどんな感じなの?という話になるんですけど、一応、次回は2泊3日ぐらいで行ってきたいなと。今回入らなかった高遠原~飯田と、飯田~伊那八幡ぐらいを片付けるにはどうも1泊2日だと辛いみたいなんですよね・・・。

 ということで、次回はそれを片付けまして、あとは最難関の天竜峡~中部天竜。列車の本数が少ないからと言って車で行くとすんなり終わるわけでもなさそう、かといって駅間なんてほとんど歩けないところなんで、この区間は気長にやるしかないなというところです。

| | コメント (0)

2009年8月23日 (日)

更新しました(第635版)

 今回の追加駅…飯田線 三河川合・柿平・三河槙原・湯谷温泉の各駅。

 ということで、今回より「路面電車の回」というものがなくなりまして、鉄道線の駅を順当に追加し続けることになります。「路面電車の回」が復活するのは、当然のことながら、どこかの路面電車を取材したあとになります。

 それで、一応4駅追加。この区間としてはあと1駅残ってしまいましたが、残したままとします。次回、ちゃんと繋がります。

 次回の更新は、一応、三河大野はいいとして、あと3駅。ほんとは今追加している駅を取材した翌日の最初の取材駅が小和田駅なんですよね・・・。このサイトって、そういうおいしい駅っていち早くご紹介していたんですけど、試験勉強のゴタゴタがあって、単に機械的に追加することしかできなかったんです。

 それで、飯田線の天竜峡-中部天竜間は当分の間完成しそうにないんで(10月の「鉄道の日きっぷ」で行くとすれば、「青空フリーパス」の範囲に入っていない区間を優先するため、ということは年内や今年度中には完成する見込みがないため。)「仮置き場」としてアップしておくことにします。

 というわけで、次回は、この区間の一駅追加と、あとは「仮置き場」3駅を考えています。ただし、通常と違った仮置き場にしようかなと考えているんですが、単に作成側の問題だけなんで、御覧になる方には普通の仮置き場と何ら変わらないことになる予定です。

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

軽く

 ということで、今日は残すところあと8分。かつてはちょこっと「確保」っていうことだけ書いて、日付が変わってからゆっくり書いたり、あとは、日付を操作して前日のものにしたりしたことがあるんですけど、今日は一応、今日中に書ききったところまででやめておくつもりです。

 そんなわけで、多分、旅行記はあと1日書くんですけど、それは月曜日に延期。といっても岡谷から金沢までの話なんでそんなに内容もありません。

 でー。実は今日、ちょこっと「青春18きっぷ」を1日分だけ使ってきました。

 本当は、ちょこっと列車で出かける用事があったんです。こういう、地方都市なんぞに住んでいると、趣味が絡まない列車で出かける用事なんて、1年に1回か2回あるかないかなんですよね。(もちろん、全部の人がそうだと言っているわけでなく、ワシの場合、最寄り駅に着く前に会社に着いてしまうし、その他、日常、必要な用事はほとんど最寄り駅に着くまでの間に終わってしまう)

 っていうことで、まあ、青春18きっぷは残り3回分ありまして、2回分はあと1回、1泊2日ででかければいいんで、もう1回分、使うあてもなかったんです。

 とは言っても、今日の用事は寺井駅か明峰駅までの用事なんで、とてもとても青春18きっぷ1回分のモトなんか取れません。

 まあ、でも残り4回分で十分にモトを取ればいいかなと思って、それで使えばいいかなと思いつつ、結局、その用事までちょっと時間もあったんで、福井方面までいって、結局はモトを取ってしまいました。

 そんなわけで、そういうことをやってしまったんで、またもや旅行記を書くことが出来る状態になってしまいまして、伊那市・駒ヶ根方面の話が終わったら、多分1日だけ、その話を書かせて頂くと思います。

 とやっているうちに59分になってしまったので、ここまで。

| | コメント (0)

2009年8月21日 (金)

伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(4)

 つづきです。と、その前に、旅行記の内容が、ちょうど日付が変わったところなんで、この日の日程を再度貼り付けておきます。

●8月16日(日)
 【伊那北】6:24発-(普通)→【★伊那市】6:26着、6:58発-(普通)→【★田切】7:36着、7:47発-(普通)→【★伊那福岡】7:52着、8:17発-(普通)→【★七久保】8:36着、9:10発-(普通)→【★飯島】9:20着、10:03発-(普通)→【★伊那本郷】10:08着、10:30発-(普通)→【★大田切】10:54着…(徒歩)→【★駒ヶ根】12:09発-(普通)→【★小町屋】12:12着、12:40発-(普通)→【岡谷】13:55着、13:57発-(普通)→【長野】15:40着、16:11発-(普通)→【直江津】17:46着、17:57発-(普通)→【富山】19:59着、20:20発-(普通)→【金沢】21:18着

(7)飯田線2日目

 そんなわけで、「これに乗れればいいかな」と思っていた列車より、1本早くしまして、前日、天気が悪くて延期した伊那市駅へ。やっぱり天気がよくなって、延期しておいてよかった・・・。

 さて、そのあと、前日に取材した4駅を飛ばし、大田切から小町屋駅は運転間隔の関係で後回しにしまして、そのあと。

 「行きつ戻りつ」する関係で、伊那福岡駅を飛ばして、ようやく降り立った田切駅なんですけど、その前に、伊那福岡と田切の間に、飯田線名物の「Ωカーブ」があります。それとよく似たものが(個人的にはΩカーブの範疇)飯島と伊那本郷の間にもあります。また、下山村駅から伊那上郷駅の間に、別の意味で有名な(走ったら列車に勝つとかなんとか)「Ωカーブ」があるのですが、これはここでは扱いません。

 えっと、改めて説明は不要な方も多いと思いますが、もしお分かりにならない方で、お手すきな方がいらっしゃいましたら下記のリンク先の地図なんぞ眺めて頂いた上で・・・。(多少スクロールしてみて、田切駅から、その北にある伊那福岡駅方面を見てみてください)

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E7%94%B0%E5%88%87%E9%A7%85&sll=36.594682,136.625573&sspn=0.018193,0.032358&ie=UTF8&ll=35.698954,137.935324&spn=0.008608,0.013754&z=16

この、天竜川に沿って走る飯田線、所々で支流が流れて込んでいます。その流れ込んでいる川と飯田線は直角に交差するわけなんで、当然、その川を渡らねばなりません。

 しかしながら、この路線が造られたときの土木技術といいますか、費用の問題といいますか、そんなことを考えますと、とてもまともに渡ることなんかできない、じゃあ、どうするか、っていうことで、一旦、その支流に沿って、天竜川に背を向けて、支流の上流へ向かいます。そうしていくうちに川幅が狭くなるんで、そのタイミングで支流を渡ります。そうなると天竜川から離れてしまっているんで、また、天竜川に戻ります。

 っていう、平成の今でも、その開業当時の考え方に沿って走っているという状況なんですけど、17年前、そこを初めて通ったとき、「これがΩカーブか・・・」と感激したもので。

 そして、3ヶ月前通ったとき、その当時のことを思い出したりして、その時と同じ車輪のきしむ音も聞こえ、やっぱり感動したもんなんですが・・・・。

 えっと、今日、このΩカーブと、あと、飯島-伊那本郷間の「Ωカーブのようなもの」を、何回通れば気が済むんでしょう?。「区間全駅」って、「行きつ戻りつ」やることが多いんですが、ちょうど、この「Ωカーブ」を何回か通ることになってしまいました。

 そうやって、何度かΩカーブを通ったりしつつ、一応、今回の再遠到達地点、七久保駅へ。ちょうど、先日の静岡の地震のとき、この駅を境に、飯田線は運休とそうでない区間が別れたところであります。

 で、七久保駅前の地図を見ると、なんかその次の高遠原へ歩けそうな気がしたんですが、まあ、ここまで取材できるとは思っていなかったんで、地図も用意してきていないし、一応、今回は七久保駅で区切りをつけることにしました。

 そうして「Ωカーブ」を見つつ、残された3駅を。大田切駅で1時間待てば駒ヶ根方面の列車があり、それで、駒ヶ根駅に11分停車するんで、駒ヶ根駅の取材はできるんですけど、大田切駅での1時間もきつい話なんで、そのまま駒ヶ根駅に向かって歩くことにしました。

 そのあと、ほんとは駒ヶ根-小町屋間が距離が短く、しかも、線路に沿って道路がきれいにあるんで、歩きやすい区間なんですけど、まあ、時間的な問題を考えても、特に歩くメリットもないんで、その区間だけ列車に乗り、小町屋駅へ。小町屋駅でここへの書き込みをしましたが、一応、この駅をもって今回の飯田線の取材は終了。

 ということで、今まで取材してきた駅を眺めつつ、辰野。今回の飯田線はこれにて終了。そして今回は川岸経由で岡谷駅へ行きまして、同一ホームにて長野行きの普通列車に乗り換えたのでした。

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(3)

 はい、つづき。

(4)飯田線(宮木-伊那松島)
 そんなわけで、飯田線内に入りました。5月に伊那北駅近くのホテルで泊まり(というか、この日も泊まったんですが)、そこから、朝、「飯田線にしては」運転本数が多いときに一駅ずつ降りていったのが、伊那北から木ノ下まで。ほんとは伊那松島駅も降りることが出来たんですが、雨が強くなってきたので伊那松島駅は省略したんでした。

 ということは、辰野~木ノ下までの間にある駅を今回取材するわけですが、その区間に残ったのが偶数個でなく、奇数個なんですよね。

 この区間の運転本数的に、「二駅進んで一駅戻る」方式がいいんですけど、そうなるとこれ、偶数個でないとダメなんですよね。その途中に「絶対にこの駅で交換するんで戻ることができない」という駅があれば別なんですけど、でもやっぱり奇数個だと、一駅だけ運転間隔時間(ここでは1時間)ぼーっとするという話になるわけで・・・。

 ということで、時刻表と営業キロ、あと、プリントアウトしてきた地図を見比べて、羽場-伊那新町間を歩くことに決定。1駅で潰す時間を、2駅に分けてしまうという方式です。そうなると、偶数個の駅の感覚で、もう一駅追加することができるのです。

 飯田線って、駅間距離が短いんで、結構歩けそうな気がするんですが、線路に沿ってきっちりと道路があるというところは限られていまして、結局、線路では1キロちょっとなのに道路だと2キロ以上歩かねばならない区間が多いんです。

 例えば辰野~宮木なんて、距離が1キロちょっとなんですけど、歩くとなると・・・道が分からん。という感じになるんですけど、まあ、何とか羽場-伊那新町間はその中でも歩きやすい部類かな・・・。

 と思ったりするんですが、羽場駅で降りて、最初は線路と垂直方向にしばらく歩かねばならないとか、そのあと歩く道は、歩道がなくてでも交通量が多い、っていうことで、車の運転手が不注意だったら、こっちは命を落としかねない(って、そういっているとどこもそうなるんですけど)というわけで、そんなに「歩きやすい区間」でもないんですけどね。

 そうやって、奇数個の駅を処理しました。あとはこの間での特記事項は、昨日書いた通り、辰野方面へ向かう列車が異様に混んでいたということ。ほんと、その混む方向の列車は一駅区間だけしか乗らないようにしていて正解だったなと思った次第で。

(5)飯田線(下島-宮田)
 そうして、前回取材した木ノ下~伊那北を通り過ぎ、ついでに伊那市駅も通り過ぎて、下島へ。

 ここから列車の窓から「下見」をしないまま、沢渡駅へいくことになるわけですが、この区間は割と線路に沿って、安全な道があるので歩きやすかったです。沢渡の駅が近づくにつれて、商店街もあったりと、伊那市内なんですけど、一つのまとまった地区なんだなということを改めて知った次第です。

 それと、実際は列車に乗って沢→沢渡→下島ということもできたんですが、なんとなく諏訪湖に向かっていく列車に乗るのも、人の多さにうんざりしていた部分もあったんで、まあ、距離も短いし歩きやすいしいいや、っていうことで、このルートにしました。

 そこから赤木→宮田という徒歩にしようかなとも思ったんですが、まあ、とりあえず列車の窓から歩くコースを下見しつつ、一旦宮田まで行き、そこから赤木まで歩きました。

 この間も道路が線路に並行していて(ただし、線路は見えていない)、歩きやすかったです。途中で宮田村と伊那市の境界線があるのにもちょっと感動しつつ・・・。

 それで、基本的に晴れていた日なんですけど、下島駅を取材しているときから何となくどんよりした雲があるのが気になっていたわけですが、どうやらそれは雨を降らせる雲だったらしく、赤木から伊那市に向かっている途中に雨が降ったあとがありました。

 それで、伊那市駅に近づくにつれてさらに暗くなり、何となく雨も降り出したんで、ほんとは伊那市で降りようとしていたのを中止。そのまま伊那北まで行ってしまうことにしました。

(6)伊那北
 そういうわけで、3ヶ月ぶりの伊那北駅・・・。そういや、前の会社にこのへん出身の人がいたな・・・。

 この飯田線って、この伊那北駅の他に、大学の時の友人が生まれ育ったところ(伊那大島)とか、これまた前の会社の人が一時期住んでいたところ(新城)、前の会社の人が生まれ育ったとか、別の人が一時期住んでいたとか(豊橋)があったりして、結構いろんな人を思い出さなくてはならない路線で、結構忙しいんですよね・・・。

 というのはおいといて、前回は駅の近くの中華料理屋で食事したんだった、ってことで、今度は別のところへ行ってみよう、と思い、駅の裏の方へずっと進んでいったんですが・・・。結局適当なものが見あたらず、まあ、サークルKでいつも使うサークルKサンクスのEdyカードで、水と翌朝の朝食を買ったぐらいで、結局伊那北駅に戻り、前回と同じ中華料理屋で、今回はソースカツ丼を食べました。

 まあ、福井で食べ慣れている味なんで、かと言って福井のソースカツ丼と伊那のソースカツ丼はどう違うんだ、と言われると、答えができないまま食べ終わり、前回泊まった宿にチェックイン。前回同様、あまり広くないけど何かいい感じの大浴場に入り、部屋に戻り、明日の動きを考えまして。

 で、やっていると、途中で運転間隔が延びてしまう時間帯があり、駅をまわる順番によって、回ることができる駅の数が大きく変わってしまうことが判明。っていうことで、その翌日の動きは、すべてこの前日のうちに決めてしまっていたものだったのでした。何となく翌日、ちょっと奇妙な動きをしているのも、運転間隔に配慮した結果だったのでした。

 そうやっているうちに眠くなり、21時過ぎに早々に寝てしまいました。

 ということで、何となく1日目がきれいに終わったところで、翌日の話は明日へ。

| | コメント (0)

2009年8月19日 (水)

伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(2)

 ということで、つづき。

(2)飯田線に入るまで
 と、2度特急に乗った理由の他に、飯田線に入るまでに変わったこと・・・。そういや、この金沢→糸魚川→松本→塩尻、っていうコースは、その真逆のルートで、つい数ヶ月前に通った所なんですよね・・・。新鮮味も懐かしさもあったもんでもありません。

 しかも、大糸線の「区間全駅」の取材って、ほとんどが夏にやっているんです。っていうことは、各駅で見える風景は、基本的に「区間全駅」で取材したときとそんな変わるもんでなし・・・。

 とりあえず、糸魚川から南小谷までは1両しかなくて座れなかったことと、例によってカメラを持った人が列車の中にも外にもたくさんいたこと。南小谷から松本は、この列車、ものすごく混むっていうイメージが強いんですが、ちゃんと4両で走ってくれていて、余裕があったこと(でもロングシート部分に座ったんですけどね)、っていうぐらいかなと。

 そうやって、松本に着いてから、急いで指定席券売機で自由席特急券と乗車券を買って「あずさ」に乗り込みまして、塩尻へ。ほんとね、この区間、わずかの差で飯田線に入ってしまうと1時間違うから特急に乗るんですけど、ほんとうは普通列車で十分すぎる区間なんですけどね・・・。

 と、そういや、この前の5月もこの区間(その時は岡谷→南小谷)、特急あずさに乗ったんだった、っていうことで、やっぱり新鮮味がないまま塩尻へ。

 ここから、塩尻→(みどり湖)→岡谷で乗換→(川岸)→辰野→飯田線方面、っていう列車と、塩尻→(小野・信濃川島)→辰野で乗換→飯田線方面、っていう2つのルートが選べまして、ちょうど、両方向の列車が並んで待っている状態。

 ほんと、別に辰野に行ってしまえば、乗る列車は一緒だし、どっちも乗ったことあるし、どっちも辰野までは「区間全駅」で掲載してある駅だけだし、乗換回数も一緒だし、飯田線に入って、そこから長距離乗るんであれば始発の岡谷から乗りたいんですけど、どうせ飯田線に入ったらすぐに降りるし座るとかどうとかは考えなくていいし・・・。

 って考えているうちに、岡谷・上諏訪方面の列車を見たら、諏訪湖花火大会の影響か、妙に混んでいたんで、迷わず小野・信濃川島経由の辰野行きに乗車。

 ということで、この塩尻~辰野の間が、5月と違うコースを採ることができた区間でした。

 そうやって、辰野で乗り換えまして、見事座れずに、飯田線内に入りました。5月の時は豊橋を出たときに、「今から3日間、飯田線内に入り浸りか・・・」と思ったんですが、今回は24時間ちょっとで飯田線内入り浸りは終わりです。うち、半分はホテルでの宿泊なんですけどね。

(3)諏訪湖花火
 しっかし・・・。先に書いておきますけど、この諏訪湖花火大会、飯田線内にも影響がありまして、辰野・岡谷方面へ向かう列車ってものすごい混んでいるんですよね。

 基本的に、通勤で列車を使うこともないし、通学で列車を使っていたときも、そんなに混む列車でなかったし、「通勤ラッシュ」っていうものを知らないんですけど、多分、それに近い状況。どこかで書いたと思うんですが、人の体に触れざるを得ないラッシュって経験したことがほとんどないんですけど、今回は、隣の人の腕に触れてしまわざるを得ないとか、そんな感じでした。

 ということで、この日の飯田線内の移動、基本的に辰野・岡谷方面へ向かう移動ってそんなに長い区間はないんです。特に、ものすごい混んでいた2本(伊那新町→宮木と伊那松島→沢)(しかもワンマンだったので、前の車両の方が混んでいたにもかかわらず、すぐ降りるんで前の車両に乗らざるを得ない)って、一駅区間だけでした。

 というか、花火大会なのに昼間の割と早い時間帯から混むんですね・・・。

 とまあ、今年も「諏訪湖花火」って書いたんですけど、昨年は、安茂里駅から川中島駅まで、諏訪湖花火大会の臨時列車に乗っている・・・っていうことで、2年連続、8月15日は長野県にいるわけですね。

 その前の年は・・・確かに、8月15日は家にいたんですが、8月11日~12日で、大糸線の南の方に行っているし、やっぱり長野県にいました。そっからさらに1年遡って・・・8月12日~14日に呉線に行ってました。あー長野県ではない、でも、8月6日に、直江津から妙高高原の間をウロウロしているんですよね。ぎりぎり長野県には入っていませんが・・・、いや、その年の7月の3連休は、大糸線のまん中ぐらいと、松本~塩尻間をウロウロしていたんだった。

 ということで、4年連続、夏には長野県に行くという習慣がついてしまっているようで、逆に最近、岡山とか広島には行かなくなったな・・・・。岡山は四国への行き帰りに寄ることはあるんですけど、一時期よく行った山陽方面はご無沙汰になって、逆にしばらくご無沙汰していた長野方面にはよく行くようになってきたようです。

 ということで、なんか飯田線内に入ったのかどうか分からない状況ですが、明日から飯田線内の話。といってもそんなに話題もあるわけでないですけど・・・。

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(1)

 そんなわけで、「トピック的」というタイトルをやめると書いたような気がするんですが、他に適当な表現も見つからないので、今回はこれで行きます。何か思いつけば次回以降から表現を変えることにします。では、昨日書いた概要について、ぼちぼちと内容を書いていきます。

(1)ダイヤ改正により・・・、他
 そんなわけで、今回は目覚まし時計もセットせずに寝まして、起きたら4時。ってことで、そこからぼーっとしたり、目をさまさせたりしているとちょうどいい時間になったんで予定通り出発。

 ということなんですが・・・。金沢駅着きまして、自転車置き場が閉まっている・・・。いつの間にやら、自転車置き場が開く時間が30分繰り下がって5時半になってしまっていたんですね・・・(その前は6時だったんですが、5時に繰り上がってすごく助かっていた)。

 まあ、そんな状況になっても金沢駅周辺の駐輪場事情には結構詳しいので事なきを得たんですが、もう一つ、面倒なことになっていたんですよね・・・。

 日程表を御覧頂くとお分かりのように、泊から糸魚川まで特急に乗っています。糸魚川発8時15分の大糸線に乗らないとかなり時間をロスしてしまうんでそうしたんですが、これ、今年の3月のダイヤ改正までならそんなことをしなくてもよかったんですよね・・・。

 【金沢】5:30発-(普通)→【富山】6:26着、6:32発-(普通)→【糸魚川】7:51着・・・。

 これで、大糸線方面へ行くときはこの乗り継ぎで行ったこともありますし、直江津以東へ行くときに、魚津から「はくたか1号」で、ちょっと先回りする、ということはちょくちょくとやっておりました。(なお、「はくたか1号」は糸魚川を通過するため、この方法で大糸線には乗り継げない)

 それで、ダイヤ改正によりどうなったか、ちょっと概要を書きます。

・ダイヤ改正前
  金沢   富山
        5:46→(直江津行き)
        6:24→(泊行)
   5:30→6:26
        6:32→(直江津行き。魚津で、はくたか1号に乗り継げる)
        6:57(直江津行き、ただし糸魚川で列車番号が変わり、なおかつ長時間停車)

・ダイヤ改正後
  金沢   富山
        5:46→(直江津行き)
        6:24→(直江津行き)
   5:30→6:26
        6:32→(泊行き。魚津で、はくたか1号に乗り継げる)
        6:53→(直江津行き、ただし糸魚川で列車番号が変わり、なおかつ長時間停車。泊で北越1号に乗り継げる)     

  てなわけで、富山発6:24と6:32の行き先が入れ替わってしまったがために、金沢発5:30の乗り継ぎが滅茶苦茶になってしまったわけで、となると、多分、普通列車だけ乗り継いで東へ向かうときの感覚が恐ろしく変わってしまったのではないだろうかという状況。これ、糸魚川で長時間停車するがために、金沢5:30発の乗り継ぎでの直江津着が8:30から9:37になってしまっているのでした。それと、糸魚川での8:15大糸線にも、金沢から普通列車のみでは乗り継げなくなってしまっているのです。

 まあ、嘆いていても仕方がないんで、とりあえず、富山発6:32で泊まで、と思ったんですが、1本あとでも一緒だ、というわけで、富山でうどんを食べてから泊まで行くことにしたのでした。

 ちなみに、ちょくちょくやっている「魚津で、はくたか1号に乗り換える」ということは、今まで通り可能みたいです。

 あと、もう1箇所、松本から塩尻まで特急に乗っています。これも、こうすることにより飯田線に1時間早く入ることができる、それで2~3駅、取材駅が増える、っていうことでそうしたんですが、これもですね、17年ぐらい前(高校2年の時に「乗りつぶし」で飯田線に乗ったとき)だと、この12:22岡谷発の飯田線豊橋行き(当時は12:30発だった)には、金沢から普通列車だけで乗り継げたんですよね・・・。

 なんか、これ、昔は可能だった乗り継ぎを、特急列車2本使って、無理矢理、実現させた、っていう感じになっています。

 なお、2箇所、ちょこっとずつ特急を使っていますが、これ、できる限り特急を使ったとしても、飯田線に入り込む時刻は全く一緒になってしまうわけで・・・。あんまり、特急を使うという意味がない区間の移動だったんだなと実感した次第です。

 というわけで、何となく「2箇所、微妙に特急を使った理由」という文章になってしまいましたが、今日はこのへんで。明日は飯田線に入るところまでで、印象に残ったことをちょこっと書いていく感じの文から始めます。

| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

伊那市・駒ヶ根方面:日程

 そんなわけで、昨日までたどたどしく携帯から途中経過を書き込んでいた旅の記録ですが、今日は例によって日程+αだけ書きます。

 ちなみに、今回の旅のタイトル「伊那市・駒ヶ根方面」は、かつて、中央本線内の列車で、岡谷駅での乗り継ぎの案内で「伊那市・駒ヶ根方面普通列車飯田行き」と言っていたのを思い出したからです。そういや「方面案内」放送のコーナーも、必要最低限の運用上の手入れはしているものの、記事自体は全く追加していないなと。

 そんなわけで、今回も取材駅は「★」で示します。その他細かいこと(時刻表上、発車時刻しか示されていないものは、発車時刻を着時刻と表記しているなど)は、この際いいとして・・・。

●8月15日(土)
 【金沢】5:30発-(普通)→【富山】6:26着、6:53発-(普通)→【泊】7:44(推定・発時刻は7:54だが、特急待避のため長めの停車)着、7:51発-(特急北越1号)→【糸魚川】8:09着、8:15発-(普通)→【南小谷】9:18着、9:40発-(普通)→【松本】11:46着、11:59発-(特急あずさ16号)→【塩尻】12:07着、12:19発-(普通・小野経由)→【辰野】12:39着、12:41発-(普通)→【★羽場】12:49着…(徒歩)→【★伊那新町】13:34発-(普通)→【★宮木】13:36着、13:46発-(普通)→【★伊那松島】14:00着、14:25発-(普通)→【★沢】14:29着、15:16発-(普通)→【★下島】15:44着…(徒歩)→【★沢渡】16:38発-(普通)→【★宮田】16:45着…(徒歩)→【★赤木】17:36発-(普通)→【伊那北】17:50着(本来は伊那市で一旦降りて、取材をする予定でしたが、暗くなって、なおかつ雨が降ったため、翌日に延期)

●8月16日(日)
 【伊那北】6:24発-(普通)→【★伊那市】6:26着、6:58発-(普通)→【★田切】7:36着、7:47発-(普通)→【★伊那福岡】7:52着、8:17発-(普通)→【★七久保】8:36着、9:10発-(普通)→【★飯島】9:20着、10:03発-(普通)→【★伊那本郷】10:08着、10:30発-(普通)→【★大田切】10:54着…(徒歩)→【★駒ヶ根】12:09発-(普通)→【★小町屋】12:12着、12:40発-(普通)→【岡谷】13:55着、13:57発-(普通)→【長野】15:40着、16:11発-(普通)→【直江津】17:46着、17:57発-(普通)→【富山】19:59着、20:20発-(普通)→【金沢】21:18着

●成果
 「区間」として完成・区間設定…飯田線 辰野-駒ヶ根間
 そのまま取材をしなければ「仮置き場」となる…小町屋~七久保の各駅

●使用きっぷ
 青春18きっぷ 2日分(金沢駅みどりの券売機にて購入)
 泊-糸魚川間の乗車券480円、自由席特急券730円(金沢駅みどりの券売機にて購入)
 松本-塩尻間の乗車券230円、自由席特急券730円(松本駅指定席券売機にて購入)

 ということで、この「日程の復元」って、意外と時間がかかるんで、今日はここまで。

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

小町屋駅にて

 そんなわけで、今日のうちに帰るんですけど、帰りが遅くなるんで、今のうちに書き込みます。
 今日までの成果は、辰野から七久保まで完成。
 区間としては、辰野−駒ヶ根間が完成しまして、あとは今のところ仮置場となります。
 そんなわけで、接続の都合上、今から一気に長野経由で帰ります。

| | コメント (0)

2009年8月15日 (土)

伊那市内にて

ということで、なんとなく書き込みしていたとおり、伊那市にて宿泊中です。
 今日の成果は、辰野〜駒ヶ根のうち、前回5月の分も含めて、伊那市と大田切、駒ヶ根を除く全駅です。
 明日は、これらの駅と、駒ヶ根から先、時間までにどれだけできるかというところです。

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

更新しました(第634版)

 今回の追加駅・・・飯田線 上市場・出馬・東栄・池場の各駅。

 そんなわけで、静岡県2駅、愛知県2駅の計4駅追加です。

 明日からちょっと出かけまして、いつも更新する日曜日はちょっと遅くなる予定なんで(遅くならないかも知れないですが・・・)、今のうちに更新をしておきました。そういうことで、いつもより更新が早いのと、次回更新までの更新間隔が長くなりますが、ご了承ください、ということで。

 この前も書きましたが、しばらくは鉄道線の駅のみが続きます。ってことで、次回の更新も飯田線の駅になります。

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

更新します

 一応、明日のここへの書き込みは「更新しました」になりますので、というか、明日更新します。というか、用意は今終わりました。というか、今更新できるわけですが・・・。

 そんなことを威張りたかったんでなくて、えっとですね、今のうちにお知らせしておきますと、昨日ぐらい、あとその前からちょっとだけ騒いでおりますように、明後日からちょこっと出かけてきます。というお知らせを今のうちに書いておきます。土曜日の早朝に出て、日曜日の割と遅くに帰る予定です。その間、ここへのコメントの返信、PC宛メールの返信はできません・・・。

 ただし、今回は1泊2日なんで、ほんと、ネット上はいなくなったのかどうか分からないぐらいのお話、下手すればわざわざ外出先で書く必要もないぐらいの短い日程なんですけど、一応、お知らせしておきます。

 というわけで・・・。盆休みは通勤している人が少ない・・・、って自転車で通勤している限りはそんなに実感がないんですよね。むしろ、高校が夏休みに入ったときの方がそう感じる・・・、わけでもなく、現実、高校生の通学時間帯とはずれているんで、むしろ、夏休みの時期は、変な時間帯に部活へ行きそうな高校生を見かけることで「あー夏休みやな」と感じるぐらいなんですが。

 それで、今日は雨が降るとかで、自転車ではなく車通勤だったんですが、こうするとほんと、世間は盆休みやな、っていうことを強く感じます。ほんと、スイスイ走れましたもん。会社まで信号2回しかひっかかりませんでしたもんね・・・。

 これが自転車だと、特に人が少ないとも感じず、しかも、通勤途中に石川県庁というところがあって、そこの職員の方の駐車場から歩く職員の方々を多く見かけるんで、そうなると盆休みっていう実感もないわけで。

 ただし、うちの会社、土曜日は交替で出勤しつつも「土曜日は営業しています」っていうことになっているんですが、8月15日だけは休み。ほら、ちゃんと盆休みのある会社でしょ?。一応規定上は8月15日だけ休みの会社なんです。ただし、時によっては有給等で調整することはありますが、今年は調整なし。

 ただ、今月、土曜日が5回あるんで、そうなると出勤する土曜日が3回になるわけですが、8月15日が休みであるがために、2回で済んでいるわけです。しかも、4月の振替を持ってきているんで、8月の土曜日出勤は1回だけになりまして、「青春18きっぷを使う」という意味では、逆に有り難い流れなんかも知れません。

 父母の実家が遠方にあるんで、墓参りっていう習慣がないんで、そういや、無理して盆休みに休む必要もないわけで、なんなら、時期をずらした方が、どこかへ行くにも空いているし、安いし・・・、って言っても、時期をずらして交替で夏休みを取るっていう意味でもないし、これ以降もカレンダー通り、ただし時折土曜日の出勤あり、という流れになります。

 というわけで何を書きたかったかというと、たまたま今年の夏は雨が多くて、車で通勤する機会も例年より多いんで、「盆休みは通勤の時空いている」っていうことが実感できましたよ、ということを書きたかっただけでした。

 そんなわけで、「普通の日記」はしばらくお休みになります。

| | コメント (0)

2009年8月12日 (水)

宿泊

 次回の旅なんですけど、5月に泊まったところと同じところを予約してしまいました。その時、新しさと、大浴場の風呂の良さ(決して広いわけではないんですけど、なんかよかった)で結構気に入っていたんですよね。

 それで、まあ、その付近は、結構泊まるところはあるわけなんですけど、そこにしようかなと思いつつ、昨日まで楽天トラベルにはちゃんと空きがあったんで、安心していたんです。でー、今日見ると全く空きがなし。

 昨日、楽天トラベルを使っているうちに、IEが強制終了して、結局、FireFoxも使えず、FireFoxを再インストールしているおかしくなって・・・、っていうことを書いたと思うんですが、これ、その宿の「空室カレンダー」を表示させようとしていたら、起こってしまった出来事だったんです。あのとき、ちゃんと予約していればな・・・。と。

 それで、市内の他の施設や、駒ヶ根市内(もしかすると、そっちの方がいいかも知れない)を見ていたんですが、大浴場があって、なおかつ駅から近いっていう条件に当てはまるものがないんですよね。大浴場を犠牲にすれば、結構あるんですが、まあ、それでもいいかな、と思いつつ。

 で、結局、楽天じゃなくて、その宿のサイトそのものを見ていると、オンライン予約ができて、しかもちゃんとその日、空きがあるんです。しかも、楽天より安いプランもあり、そのうえ、禁煙確約。

 楽天にあったのは、喫煙しか残っていないか、あるいは部屋タイプお任せ(ただし、5月はそれで禁煙が当たった)でちょっと安いプランなんですが、こっちは禁煙確約で、しかも楽天の部屋タイプお任せより、さらに500円安い・・・。

 ただし、カードが使えないのと、事前決済ができないのと。ほんとは今回、楽天のポイントが結構貯まっていたんで、それを使いつつ、カード事前決済をしようと思っていたんですけどね・・・。意外と、現地で全くお金を出さずに泊まれるって、楽なんです。何となく旅行会社のお客さんの気持ちが分かったような気がしました。

 でー。まあ、ポイントは使えないけど、次使えばいいし(ただし、誕生月(8月)限定のポイントが100ポイントあるんで、それは慌てて使わなくてはならない)、楽天のポイントはつかないし、J-WESTカードのポイントもつかないけど、まあ、それ以上に安いし、向こう(施設側)も、楽天やら、カード会社に払う手数料もないはずだし、お互い、得しましょう、っていうことで。

 そんなわけで、今回は施設側のサイトで直接予約という形を採りました。だって、楽天の方にはもう空きがなかったし・・・。

 それにしても、カプセルホテルにしてもそうなんですが、1回気に入ってしまうと、その地域へ行ったときに泊まる場合、他へ行くことを知らなくなる性格だなと・・・。だって、他のところに泊まって、そこより満足度が低いと、結構がっかりしますもんね。そのリスクを負いたくないんです。同じところに2泊泊まるなら、1泊は違うところにしてみるか、っていう気になるんですが、今回は1泊だけですし。

 ただし、次回は伊那市に泊まることはないんで、飯田市か、せめて駒ヶ根市まで進むはずなんで、ここで泊まるのはおそらく最後になると思います。

 それにしても、なんか、金沢から飯田線の、特に伊那市・駒ヶ根付近に行くってなんか非効率なんですよね。

 ほんと、特に松本なんか行こうとすると、糸魚川経由っていうのも遠回りのような気がするし、しかも、大糸線ってやたら時間もかかるし。ほんとは高山・安房峠経由がやっぱり地図上は最短なんでしょうけど、しかも、その最短コースに近いルートはバスでたどることはできるんですが(今は金沢-松本直通バスがなくなって、高山で乗り換える、下手すりゃ白川郷でも乗り換える)、結局のところ、やっぱり大糸線経由か、時間帯によっては長野経由なんだろうなと。

 これ、やっぱり新幹線ができたら、大糸線経由よりも長野経由の方が明らかに近くなるはずなんですが、さて・・・。

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

今日は

  なんか、PCで、余計なことをしてしまったんで、所定の動作がおわらないんで、携帯からたどたどしく書いています。
 ということで、新しい携帯からの、初書き込みなんですが、とりあえず続きますので今しばらくお待ち下さい。

 はい、ということで、もう、イライラしていたんで、PCに切り換えました。なんかね、身振り手振りで一生懸命に人に伝えるような努力がいるのが携帯だとすれば、PCは、方言でしゃべって、しかも、細かい説明も要らなくて分かってくれる、っていぐらい楽なもんだと思います。(って、例えが変?)

 とにかく、携帯で文字を打つのが面倒。一応、前からなぜか「ポケベル方式入力」つまり、今のこの携帯でいうと「2タッチ方式」っていうやつで文字を打つクセが付いているんで、そうしているわけなんですが、微妙に入力の方法が違うんですよね・・・。句読点なんかも微妙に違うし。

 っていうことで、まあ、旅先から打つみたいに、PCが手元にないならいざ知らず、PCを目の前に置くと、やっぱりもう、まだるっこしくなってくるので、PCを使える状態にしました。

 というのも、「楽天トラベル」で予約しようとすると、今までIEを使うと、途中でブラウザが強制終了してしまうんで、その時と、Yahooのコンテンツを見るときだけ、FireFoxを使っていたんです。で、その「火狐」の方が、起動させようとすると「何とかがありません」(って書いていてもしょうがないので、DLLファイルの一つが消えたらしい)っていうて来るんで、「火狐」を再インストールしていたんですよね。そうしたら、なんか、途中で一時ファイルを削除してますっていう状態のまま、動かなくなりまして。

 まあいいや、気長に待とう、ということで、試験勉強中、ずっと読みたかった「会計天国」っていう本を読んでいて、第4章を読んでいて、終わってしまい、第5章に突入してもそのままで、ありゃ、今日が終わってしまう、っていうことで、携帯で書きはじめました。

 んで、イライラしてきたんで、PCの方は強制終了、つまり電源ボタン長押しで終わらせて、ブログのつづきをPCで書いたという次第です。

 ほんと、複数の人に「なんでそんなにパソコン使えるがに、携帯は苦手なん?」っていわれてしまうわけなんですが、まあ、そんなに必要性も感じないし・・・。

 だって、テレビはうちに帰ったら見られるし、というか、だいたいみたい番組なんて決まっていて、それもリアルタイムで見るんでなくて、ビデオを撮って見るし。

 写真もデジカメあれば撮れるし送りたかったらPCメールで送ればいいし・・・、って言っていたら始まらないわけなんですが。

 ただ、昔からほんと、文明の利器って苦手なんですよね。ただ、PCだけ、妙にはまってしまったというわけで、ほんと、パソコンとそれ以外の文明の利器ってどう違うのか分からないのですが、自分の中での「はまり具合」が全く違うのでありました。

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

いよいよ・・・

 あー、23時や・・・。

 っていうか、「今日、おつゆ(味噌汁等)用意できんかったし」って言うて、缶ビールを食卓に置くのもどうなんやろうと・・・・。試験が終わってから家でビールを飲むことが多くなってきた今日この頃。

 ただ、ビールを飲んでしまうと、眠りが浅くなるんで、後々面倒なんですよね。

 というわけで。8年半(8年8ヶ月)にわたり、D209iという携帯電話を、あるときは電池を買いながら、あるときは画面表示がないまま、だましだまし使ってきたわけですが、最期に、データーがぶっ飛んでしまうというオチがあって、ようやく買い換えました。9日の日曜日に会社の近くのドコモショップに行ってきました。

 家の近くと会社の近く、どっちかなと迷ったんですが、まあ、何かあったときすぐ行けるわけですし、会社の用事のついでに、「2年以上同一機種を使っている人への電池プレゼント」なんかで(いや、その段階で6年何ヶ月だったんですが・・・)ちょっとお世話になっていたりするんで、会社の近くのドコモショップに行ってきました。

 ほんと、8年半の結末が、「自分の誕生日に機種変をする」なんていうことになってしまったわけですが、ほんと、8日土曜日なんて、書きましたけど、相手が切った電話が切れないとか、データーがぶっ飛ぶとか、急激に容態が悪化した、という感じでしたもんね。

 それで、ほんと、8年半も携帯を変えていないと、「最新の機種」というものにはめっぽう弱くなるわけですが、自分で何かを買う、っていうことになると、大急ぎで調べて、ラインナップが頭の中に入った上で、だいたい目星をつけたものについて、某巨大掲示板群なんかで評判を調べるという念の入れよう。

 とは言っても、せっかくここまでmovaで粘ったんで、「mova→FOMA移行支援キャンペーン」なんかの特典を最大限に生かさなければ、粘った甲斐がないってもんです。

 となってくると、らくらくフォンとキッズ携帯を除くと、そのキャンペーンで大幅値引になるのは、5機種ぐらいに限られてくるんですよね。っていうことで、結局は選択肢が大幅に狭められてしまったんですが、まあ、別にその方がわかりやすくていいや。

 それで、その中の、LGっていう会社のやつ。多分、この中で、いや全機種で一番安いんやろうな、っていうやつなんですけど、まあ、テレビは見れないのはいいとして、カメラは使えるけど、SD系統のカードがないやらで、2ちゃんねるを見てもそんなに評判はよくないし、まあ、今まで使っているものを比べると、何だって高機能なんですけど、でもせっかくやしな・・・。電池が持たないのも気に入らないと。

 っていうことで、何やかんやと調べていくうちに、目星をつけたのがN-05Aとやらと、P-06Aっていうやつ。もう、あとは値段で決めようということで。(実際いってみると同じ値段だった)

 ほんとは、日本語入力システムにATOK搭載のFシリーズがすごく興味があったんですけどね・・・。なんせデザインがよすぎて、普通の、ベタな携帯を探している者にとってみると、なんか、飛躍しすぎ。というのと、このキャンペーンの対象機種になっていないし、今回は諦めます。

 でまあ、行ってみましたら「機種はおきまりですか?」っていう会話。えっとですね、8年半も機種変をしていない、っていうか、機種変ということ自体、初めての人に、いきなりその質問はないやろ、って思ったんですが、まあ、事前に2つに絞っているんで、これとこれ、っていうことで、どっちも出してもらって、重さやら見た目をチェック。

 結局、迷いつつも、某掲示板で「電池が長持ちする」っていうほうのN-05Aにしました。なんかね、そんなに携帯としては飛躍したデザインでもないんで、movaから移行する者にとってはいいかも。

 で、結局、このキャンペーンで、15,200円引きで27,000円ちょっとだったのが、ポイントは基本料金が安いんで、そんなについていなくて1,900円。あと、3ヶ月限定で何やらというオプションをつけろとか(って、分かっていないふりして、実は把握してますよ。うち、2つは本当に付けようと思っていたやつ→電話帳お預かりと、壊したら取り替えてくれるやつ。あと、待ち受け画面にニュースのテロップが出るやつは3ヶ月で解約するつもり)あと、知らないところでクーポンが出てるとか何とかかんとかで、実際、一括払いで置いてきたお金が15,120円でした。

 これで、基本料金が980円ぐらいになります。あとは、ごちゃごちゃとオプションがついたり、パケットの分やらつくんですけど、今の支払額、2,211円(movaで、iモードを使うと、これより安くならないと思う)よりは若干でも下がる・・・はずです。

 さて・・・。データーがぶっ飛んだ旧携帯。店の方でもそこからの移行を試みてくれたんですけど、やっぱりデータがないということです。それで、帰りにヤマダ電機に寄りまして、すでに持っていた携帯電話のデータ管理ソフトの最新バージョンを買いまして、あと、マイクロSDカードもしっかりと買いまして、帰宅。

 そこから、携帯電話データ管理ソフトをインストール。何やらちょっと時間がかかったんですが、そのあと、旧バージョンで3年前に保存してあった携帯電話のデータを、最新バージョンにコンバートして、そのデータを書き込むと・・・。ちゃんとすぐにそのデータが携帯電話にコピーされました。よかったよかった・・・。

 っていうことで、実害があるのが数件だけ、というのはこの前書いた通りなんですけど、そんなわけで、無事にほとんどの人とは話をしたり、メールを送ったりできるようになっています。

 それで、旧電話機の方は、8年半も使ったんで、もちろん持ってきたんですけど、電波を発信して拾い続けるという業務から開放されたためか、すこぶる元気に、画面表示が消えることなく動き続けています。今までの画面が消えたのは何だったんでしょ・・・。

 そんなことで、各方面からいわれ続けていた機種変をようやくやったんですが、旧電話機から離れることがもっと感慨深いかな、と思ったんですよね。8年半の間にいろいろありましたもんね・・・。

 でもね、そんなに感慨深いものがないんですよね。なんか、頭の中では普通のこととして、すぐに切り替わっています。多分、頭の中では電話機を変えることはすでに覚悟ができていた・・・・、つまりですね、若くして人が亡くなるとなると、もう、葬儀なんて大変なことになるわけですが、かなり高齢で、天寿を全うしたっていう年齢、もちろん、何歳でも「亡くなっても仕方がない年齢」なんてないんですけど、まわりの人はすでに覚悟ができていて、亡くなってかえって内心、安心するというか、そういうことってあるみたいですが、そうだとすれば、それに近いものがあるのかも知れません。

 特に末期なんて、画面が表示されなくて、振ったり、電池を抜いたり、電源を切ったり・・・、っていうことを毎年夏になるとやっていたんで、しかも最後の方はデータまでぶっ飛んでしまうし、そういう、困った期間が長かった、つまり、人に例えると、長いこと病気していたり、認知症が長くて、まわりは大変な目にあっていた・・・、って例えが悪いと思うんですけど、多分、それに近いものがあるんだと思います。

 ってまあ、機種変をしなかったのは自分の意思でもあったんですけど、変えてみて、そんなにこだわるものでもなかったかな?と思ってみたりもするわけで、意外と感慨深いものでもなく、逆に安心した、という次第です。

 それにしても、なんか、某巨大掲示板群で、この携帯電話とか、あともう一つ候補にあったやつのスレッドを見ていると「古い携帯を6年間使っていて、今の携帯って機能が多いな」とか、そんな書き込みがよくあるわけで。なんか、この機種って「らくらくフォン」でないけど、そういう位置づけの機種なんやろうか・・・。

| | コメント (3)

2009年8月 9日 (日)

更新しました(第633版)

 今回の追加電停・・・伊予鉄道市内線 松山市駅前・本町三丁目・本町四丁目・本町五丁目の各電停。

 そういうことで、4電停追加しまして、これにて伊予鉄道市内線の掲載が終わりました。

 そのため、次回より「路面電車」「鉄道線」と交互に掲載する方式がなくなりまして、しばらくの間は鉄道線の駅のみの追加となります。早くて9月に北海道へ行ったならば、函館か札幌の路面電車を掲載するかも知れませんが、これもどうなるか分かりません。

 あと、そういや、今「在庫」として残っているのが飯田線だけなんですよね・・・。

 トップページの画像は、前回はあえて曇や雨の、夏の駅の様子、っていうことで土合駅を持ってきてみたんですが、やっぱりなんか梅雨が明けたと言っても梅雨っぽいというかどんよりしているというか・・・。そういやそんな年も前にあったな、っていうことで、「そんな年」の画像をひっぱってきてみました。なかなか、天気同様、このトップページにも夏らしい画像を持ってくることができません。

| | コメント (0)

2009年8月 8日 (土)

多分、最期。

 近所から盆踊りの音楽が聞こえてきていまして、っていうか、今日やったんですね(他人事)

 さて、まだ、誰にも言っていないことを、いち早くここに書きます。はい。

 えっとですね、携帯電話がですね・・・。データーがぶっ飛んだ模様です。まあね、8年半使っていて、4年ぐらい前から夏になったら画面が表示されにくくなったりして、その都度振ったり、ちょっと折り曲げたような感じにしてみたりして、ごまかしごまかし使ってきたんですけど、とうとう来るときが来たか・・・。

 まあ、この数週間、土日、家に置いておくと全く画面が表示されない(ただし、着信ができて、所定のボタンを押すと話ができて、声を聞いて誰か気づく)→月曜日になって会社に持ってって、クーラのかかっているところにおいておくと、1時間ぐらいで画面が表示されるようになる、なんていう状況が続いていまして、まあ、これぐらいならいつもどおりかなと思っていたんですよね。

 で、今日、会社で、「ほんとにかかるん?」っていう話になって、かけてもらったら確かに音は出るんですけど、その人が切っても鳴り続けているという始末。その段階でどのボタンを押しても鳴り止まず、電池を抜いてようやく止めたということで。

 そのあとも、画面が表示されなかったら電源を切ってまた入れると、かすかに電源が入ったのが分かるぐらいなんですけど、それが分からない感じになっていまして、で、充電をすると、電源を入れ直すと、そのことがかすかに分かる状態に復活。

 で、その時なんです。電池をちょっと変えてみたら、珍しく画面の表示が戻ってきたな、って思ったら、なんか、日付がおかしくて、時間も変。着歴も発信履歴もなくなっていて、電話帳を見てみても、ありゃ、データがない・・・・。

 そんなわけで、ただ単に取り出せなくなっているだけかなと思ったら、PCへのバックアップソフトでバックアップをしても、すーっと終了してしまう=データがない、っていうわけです。

 ということで、すべての電話帳データ・メールが飛んでしまいましたとさ。

 まあ、ほぼ3年前のバックアップデーターはPC内にあるんで、さて。

 ほんとは、最近、調子が悪くなってきていたんで、バックアップを取ることを試みていたんですけど、どうもうまくいかなくて(タイムアウトになる)、バックアップができず終いだったんですよね。

 さてさて。3年間の間にどれだけ登録したかな?と思っていたんですけど、実はそう大した量でなかったんですよね。つまり、それだけ3年間の間にまわりをとりまく人々がほとんど変化していないっていうわけなんですが。

 そこから1年遡ってしまうと、ちょっと面倒なことになるわけで、ちょうど会社が変わる時期だったんで、駆け込み需要で前の会社の人とか、前の会社のお客さんとか、別れがけに番号を交換していたりしたんで、急激に増えた時があったんですが、3年間ならちょうど安定していた時期なんです。

 ただ、ほんと、どこまでこの3年間の間に登録したか・・・。分かる範囲で書くと、1件は会社へ行くと目の前にいる人なんで、問題なし。あと一人は、週1回は会うんで(支店の人)これも問題なし。もう1件は支店の携帯電話なんで、これこそ問題なし、あと1件は前の会社の辞める時の上司なんですけど、なぜかやめてしばらくしてから登録する羽目になったんですが、多分紙媒体で残っているか、まあ、番号が必要になる前に顔を合わすはずなんで、これも大丈夫だろうと。

 あと、あーもう1件あったけど、これは使うことがないか、あっても、すぐ聞ける人がいるんで、大丈夫。

 それと、メアドしか知らなくて、この3年の間に電話番号を登録した人がいたんですが、それもまあ、メアドを知っているんで、大丈夫。

 なんかあと1~2件あったような気がするんですけど・・・。まあいいか。

 あ、そうそう。いとこのメールアドレスも変わっていたはずなんですが、これはまあ、妹の携帯にも変わったという通知が来ているはずなんで、大丈夫か。

 とりあえず、Cドライブに入っていた携帯電話の内容をバックアップしたファイルを、外付けHDDにもコピーしておきました。

 あとは、新しい携帯を買ったとすれば、それ合わせてケーブルを買わねばならないのと、多分、携帯電話のデーターをバックアップするソフトも最新のやつを買わねばならないはず・・・。

 というわけで・・・。8年7ヶ月の歴史にいよいよ幕を下ろす日が来たと思われるんですけど、明日の朝、画面表示が復活しないか、してもデータが飛んでいたらいよいよ明日、新しい携帯を買いに行かねばならなくなると思います。なんせ、番号の出ない着信すら怪しくなってきたんで。

 そんなわけで、ようやくmovaからFOMAになるわけなんですけど、さて、そういや機種変っていうことをするの、初めてなんですけど、ただ、そのままドコモショップへ行けばどうにかしてもらえるんですよね・・・?。

PS この3年間に登録した分の、思い出せなかったあと2件、何となく思い出しました。
 1件・・・うちの会社の情報機器関係の会社の営業の方。必要なら番号をPCメールで聞ける方。
 もう1件・・・これも会社の人。すぐ分かる。

 っていうことで、多分、これで復元は可能なはず・・・。

| | コメント (0)

2009年8月 7日 (金)

飲酒

 そうやった・・・。夜ここに書き込むことにした場合の最大の問題点。飲酒する可能性あり、っていうこと。

 そんなに家でも飲まないし、最近はもともと少なかった上にさらに飲みに行くこともないし。なんせ、6月20日に名古屋で模擬試験をわざわざ受けた後、友人と会ったときに飲んで以来、試験終わるまでアルコールは一切口にしませんでしたからね・・・。 

 それで、試験終わった当日と、そして今日飲んだわけで、只今飲んだ状態。といっても缶ビール1本だけなんですけど、家で飲むと妙に回るのが早くてですね、しかも結構尾を引くわけで。

 只今打ちながら、やっぱり普段とは違うなということを自覚しているわけです。なんか、ミスタイプも多いし、あと、面倒なことを書きたくなくなってくるわけです。

 と、ここで、水を500ミリリットル、一気に(息継ぎはしました)飲んでみたんですが、何となく頭もすっきりした模様。あー水分不足もあったんやね。

 そういうわけで、試験も終わりまして、去年はここで生活を一転させてみたんですが、今年は、来年に向けて別の科目を、朝の時間限定、1日1時間だけやっております。

 夜は今のところは勉強する予定もないんで、何をしてもいい、っていうことにしていたら、水曜日は風呂に行ってしまったし、昨日は何となく帰りが遅くなったし。

 今日もなんか、そんなに何かをしていたわけでもないんですが、気がつくと時が過ぎていた・・・。

 そうなんですよね。試験勉強をしていないと、結局、何かをすることなく、無駄な時間を過ごしてしまうわけで、試験勉強することにより何かを犠牲にしたかというと、そうでもないみたいなんです。

 単にGW明けから8月頭までの間、2~3回、もしかしたら旅に行けたかも知れないのを行かなかった、っていうぐらいで、ただ、自然に抱かれた駅に行くにはちょうどいい季節で、それを犠牲にした、というぐらいかなと。

 あとは特に、誰かの誘いを断ったわけでもなく、まあ、誘ってきそうな人も状況を分かっているんで誘ってこないわけなんですが。

 そんなわけで、7月の3連休ぐらいはどこかへ行けなかったのが惜しいのかも知れませんけど、それ以外、特に「試験勉強をしていたんでこれができなかった」っていうのがないんかもなと。

 でも、本屋へ寄って本を買ってくるなんて、試験関係以外の本ではGW以降はほとんどなかったし、「この本読みたいな・・・、でも試験まではやめておこう」って、あーそういや、何回もそう思ったことあったわー。やっぱり細かいところでは犠牲にしているものはあるんかもな。

 っていうことで、水曜日にちょこっと本屋へ寄って、読みたかった本を買ってきたんですが、さっきやっと袋の封を切ったわけで。

 ということで、明日明後日、群馬へ行こうと思っていたのを取りやめて、仕事に行くことにしたんで、帰ってきてから読もうかと思います。というか、天気がそんなによくないみたいなんで、行かなくてよかったかなと思っております。

 と、ちょっとだけ酔っているんで何となくまとまりのない文章でした。

| | コメント (0)

2009年8月 6日 (木)

夏の旅

 ということで、もうしばらくは書きませんよ・・・>試験の話。

 といいつつ・・・

 まあ、軽く自己採点したんですが、計算、ミスしすぎ。連鎖反応で間違えた場所が1箇所どころの騒ぎでなかったみたいです。かなり点のよかった模擬試験でも計算の点が低いのが気になっていたんですけど、やっぱりやってしまったか・・・。ってことで、ひょっとしたら、合格どころか、悪い判定で落ちるかも知れん。はい。どっちかというと理論の方はお話になるみたい。

 といいつつ書いてしまったわけですが、まあ、期待せずに冬の結果を見ます。何なら秋のうちから計算はちょこちょことやっておいた方がいいかな・・・。

 ということで、「ギャンブル」と言われる理論の方は、どっちかというと「ギャンブルに勝った」という年なんですが、どっちかというと素直な計算の方がダメでした。(まあ、昔と比べたら、この科目にしては素直でもないんですけどね)地道に頑張らねばなりません。やっぱりGWからだと、計算の力は伸びんかったか・・・。毎日1題総合問題を解いたのに。

 そういうわけで、話は変わりまして。そろそろ旅に出ねばなりません。早速今週末・・・、と思ったんですが、なんか仕事の方がね。

 ほんとは今週末の土曜日は休みの予定だったんですが、どうも休んでいられないような状況になってきまして、出かける予定をやめときます。まだ、何も予約もしていなかったんで、よかった・・・。そのかわり、今月最後の土曜日の方を休みにするつもりなんで、そっちでどこかへ行こうかと思っています。

 と、考えていたんですが、なんか「青春18きっぷ」の5回分、使うのがきつくないです?。

 この試験を受けていると、まあ、津島ノ宮駅が開いている日に行けないのはもう諦めているんですけど、18きっぷを使うことができるのが実質、今週末からになってしまうんですよね。

 それで、今年の場合は曜日の並びが悪すぎて、盆休みも単なる土日でしかないし、1泊2日×1+日帰り1日っていうことになってくるんですけど、その1泊2日×2もなんか取れるかどうか。

 とりあえず、15・16日はどこかへ行くとして、その次は休みではあるんですけど、ちょっと用事がありまして泊まりがけではいけないわけです。その次が、今週末の代わりに休む日で、そこが行けなければ、ありゃ?

 あと、日帰りの部もさて、どこへ行けばいいんだろうと。そういや、「区間全駅」として、普通列車日帰りで行けそうなところってそんなにないんですよね。せいぜい高山ぐらいで、しかも高山よりあとの駅は運転本数が少なくなるし、行ってたくさんの駅を撮ってくる場所でもないですし。というか、高山本線も高山より向こうは予定していないですし・・・。

 かといって、春と冬は青春18きっぷを5日分使いきることは本当に無理なんで、夏しかないわけなんですけど、よく考えるとこっちもきついっていうことに気づいたわけです。

 ただ、青春18きっぷか、鉄道の日きっぷでないと取材できない区間が結構あるんですよね。どの「フリーきっぷ」もカバーしていなくて、運転本数のやや少ない区間がそれに当たるわけですけど。そういう意味では貴重なきっぷではあります。

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

見解

 ありゃ、下手すると今日が終わってしまう・・・。っていうか、やっぱりこの時間に書くっていうことには慣れんな・・・。

 とはいいつつも、ちょっと前に書いたとおり、この時間にこれを書くことにすることによって、朝だけ勉強するっていうことにできつつありまして、早速今日から、来年に向けて別の科目の勉強を始めたわけです。

 ということで、あと1日だけ、試験の話を書かせてください。

 結局ですね、この試験、初めて受けてから10年以上経って(っていうか、途中受けていなかったり、あと、ちゃんと受けていないときが多かったため。ちゃんと準備をして受けたのは今年が2回目なんですが)ようやく気づいたのですが、要はギャンブルです。この試験。

 まあ、ある程度勉強した人たちの中から運のいい人が受かる試験だと思います。と、これ、某掲示板の書き込みも大いに参考にはしているんですが、そういうこと。

 この受けた科目が、全科目中、ギャンブル性が低いとはいわれているんですが、それでも立派なギャンブルです。

 ということで、「国家試験」というよりも「国家ギャンブル」ということにしておきます。はい。

 そんなわけで、絶対に受かるようにという準備も存在しないわけで、ある程度、学校の模擬試験でそれなりの上位に来れば、あとは運次第。

 ただ、学校の試験で上位にくるっていうことは「学校の試験でしか上位に来ることができない」という落とし穴もあるわけなんですけど、とにかくその時点では合格確実では決してないわけで。

 あとは、学校で扱っていないことなんかもちらちらと見ながら、知っていることを出る、試験委員の意図しているものをしっかりと分かってそれに適した答えを出せる問題が出るのを待つしかないんやろうな・・・。だって、基本的に、学校で扱っていることがしっかりできれば受かる、って言われているんですけど、あれだけバンバンと知らないことが出ればね・・・。ほんと、信頼できなくなりますって。

 あと、計算に関しては、なんていうか、今年の敗因って「学校の問題に慣れすぎてしまった」っていうことなんですよね。つまりですね、早く解くことはできるようになったんですが、ワンパターンの部分ってしっかりと資料を見なくなってくるわけで、そういうところに落とし穴があって、連鎖反応で間違えたわけなんです。ってなると対策は・・・。まあ、来年の学校の問題はそのあたりはちゃんと手を変え品を替えるっていう対策になっていくと思うんですが、逆に今年、問題やり過ぎたんかな・・・。ただ、来年は2科目やることになれば、自然と1科目のウエイトは減るはずなんで、逆に対策になるかも。

 そういうわけで、とりあえず、今は「受けたら受かる可能性がある科目」って1科目しかないんで、これはちゃんといつでも受かることができるように毎年維持しておいて、もう1科目も「受けたら受かるかも知れない」っていうレベルまで引き上げといて、2科目でしばらく、毎年、戦っていけばいいんだ、いや、ギャンブルに挑戦すればいいんだ、という結論に達しました。

 もう1科目を受かりそうなレベルまで持って行くのと、昨日受けたやつを維持して+α、合格可能性を高めていくこと以外ではそんなに他のことを犠牲にするまで頑張る必要もないんやろうな・・・と。

 だから、7月は、まあ、気分的においといて、6月ぐらいは1回ぐらいどっか行ってもいいんかも知れん。

 あと、4月ぐらいまでは学校のカリキュラムはしっかりと自分のものにしておくということと、学校の模擬試験で上位にくる力がつくまでは、学校の言うことだけを信じてある程度の力はつけておく必要がある、っていうことで。

 ということが今年受けての結論。去年までは「ここをこうしたらいい」ということを考えていたんですが、ある程度のレベルまで行って、それ以上は運次第なんで。まあ、この試験、仕事を辞めて試験勉強だけに専念するっていうことも選択肢の中ではアリな試験なんですけど、個人的には、そこまですべてを投げ打つもんでもないんかもなと思ってくるわけです。

 ただし、特に法人税法とか所得税法あたりは「とりあえず上位にくる力をつける」っていう目的なら、専念してもいいぐらいボリュームがあるみたいですが。

 ということで、今年の試験の話はこのへんで。あとは合格発表の時にちょこっと。あと、今から勉強する科目のことで何かを書くかも知れません。あと、直近では、もし自己採点をしてまた考え方が変わったら、何か書くかも知れません。

 あ、ちなみに、今日の書き方だと「落ちそう」っていう感じなんですが、ほんと、今の段階ではどっちとも言えなくなってきました。どっちかというと「落ちる」確率の方が高いかなと思って来つつあります。まあ、結果は雪の降る頃(12月中旬)に分かります。

 ってことで明日から普通のブログに戻ります(笑)。

| | コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

終了。

 さて・・・。試験終了。

 ってことで、ほんと、試験終わったときは自信あったんですけどね。ほんと、問題を解いている途中で合格を確信した・・・、なんてね。

 でもなんか、計算の方でちょっと資料を見間違えていて、連鎖的にやらかしてしまったかも知れない、ということが何となく見えてきました。っていうことで、怖いんで、今年は自己採点やらんとこうかな・・・。仮にやったとしても、完全に答えをメモってきているわけでないし、正確に採点できないし。どこに配点が来ているかも分からないし。点数を知って合否の可能性が今分かったところで、合格発表までにやることは変わらないし。

 そんなわけで、今年は、まあ、去年みたいに、自分受けている学校で全くやっていないことを他所が予想問題にまでしていて、それがバッチリ出たとかそんな類のサプライズはなかったわけですが。うーん。

 何かですね、テキストありますよね。それで「ポイント」っていうことで、この文章を覚えましょうっていうのがあるんです。それを組み合わせれば、何となく多くの問題は解けるんじゃないでしょうか、っていうものなんですけど・・・。

 多分ね、問題作った人、ちゃんとそれをチェックして、わざとそれを外した問題を作っているんだと思います。はい。

 だから、今年は法規集とかを読むようにしたんですけど、ただこれをすべて読むっていうわけにも行かないし、時間も限られているし、とりあえず、テキストで「ポイント」として扱っている部分と、自分の受けている学校+もう一つの学校の模擬試験一式+受験雑誌とその増刊号7・8月号、このへんに載っている予想問題で扱っていたところ(テキストで扱っていないものも多く出ている)をマーカーで色塗りしたりしていたんですけど、そうやって目を通していると、色を塗っていないところにも目がいくわけで、何となくその、色を塗っていないところで、偶然見ていた部分が出たとか。

 それもすぐ出てきたんでなく、「あーそういやそういうこと、かすかに書いてあったな」っていうところから「こうやったかな」って書いてみて、何となく近いけど、一つはちょっと違う、っていう解答を書いてきたりとか。ただ、これ思い出せた自分はすごく偉いと思った(笑)。

 あと、別の問題では、多分これ、学校がどれだけ模範解答を作っても、正解は問題を作った学者先生しか知らん、というか、多分、書いたものが合っているか、部分点をくれるならくれているかどうかなんて、(多分)採点をする学者先生しか分からんだろうなっていう問題もいくつか。

 っていうことなんですが、まあ、自分の中では、それなりに根拠をもって全部の文章を書いてきたって初めてのことなんですよね。だから手応えはあるんですけど、計算問題の資料の読み間違いとかそういうことも含めて、じゃあ、落ちていたらどんな勉強をすればいいか、今年の改善点は?って言われても全く分からん・・・。

 なんか、専門学校が指導するとおりにやっていても、今年の試験については満足の行ける解答はできないような気がするし。っていうことで、試験を受ける前なら「今年もうちょっとこのへんをやっておけばよかったな」とか考えていたんですけど、それがぶっ飛ぶような問題でした。

 ただ、この科目、まだマシな方で、一つ前の簿記論なんて、とんでもないボリュームの問題で、一つあとの消費税法も、なんか、今までの常識を覆すような問題だったようです。

 そんなわけで、10年ぐらい前に考えていたんですけど、「今年絶対に受かります」なんて言えない試験なんですよね。なんていうか、運に左右されるような。だから、一つの科目だけにこだわっていたらダメ。リスク高すぎです。

 って言うわけで、今年の結論。ただし試験当日現在の話。

 ・理論についてはそこそこ書けた。結構運もよくて、偶然ちょっと見ていた部分が思い出せて書けた部分もあった。あとは、その他の部分も含め、試験委員がどの程度点をくれるかによる。
 ・計算はそんなに悪くないが、一部、連鎖的に間違えた部分があって、その部分に多く配点が来ているとダメかも知れん。ただ、全くダメでもないんで、ちらちらと見る限りは、配点次第。
 ・いずれにせよ、他の人ができたかどうかによる。(実質的に競争試験なんで)

 ほんと、「できましたよ」と言えるものでもないし、かといって「ダメだった、来年頑張ろう」っていうわけでもないと。ただ、来年も頑張らなければならないなら、どこを頑張ったらいいんだろうか、っていう内容。

 だから、やっていることはそれで間違いないし、多分、来年もやることになれば+αで力がつくはずなんですけど、ただこれが、来年の試験にはまた別の力を要求されるものになっていそうで。

 ということで、一応、受かろうが落ちようが、来年はこれとは一つ、別の科目(といってもやってはフェードアウトしていく消費税法)を付け加えます。ということで、まあ、この科目に関して言うと、そんなに生活に制限を加えずに、今の力を維持していけば、いずれ受かるだろうけど、すぐ受かろうと焦らない方がいいんだろうな、と改めて思った試験でした。

 ただ、この消費税も、例年の如く、ちゃんと勉強していたから受かる、っていう問題ではなかったようです。ほんと、国家試験ぐらい、ちゃんと勉強したら受かる世界であって欲しいんですけどね。現実の世界と違うんだし・・・。ただ、逆に10年前にちゃんと勉強せずに受かってしまった簿記論のことを考えると、そう強く言えない部分もあり。

| | コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

今年も前日

 おっと、いつもの習慣で寝てしまうところでした。

 ということで、夜型に変更して第1日目の書き込みですが、まあ、今日と明日に関してはどっちにせよ夜になる予定だったんです。

 というわけで、試験前日の日。結局、この試験前後の書き込みって、去年のも自分で何度か見返していたりするんで、自分の記録としては大事なものなんですよね。来年ちゃんと受けるならば・・・。

 それで、この試験って、働きながら、特に会計事務所に勤めながら受けている人が多いわけですが、そうなると試験前1週間って休むような雰囲気になるわけです。特に上の方の人で、何年も受けている人が恒例行事として休むため、何となく頑張る頑張らないにかかわらず、試験を受ける人は休んでいいんだよ、っていう雰囲気になってしまうわけで。

 かといってワシの場合、会計事務所時代に上司が休もうが結局はなんか休むのもどうやろ?っていうか今のように力を入れて勉強していたわけでなく、何となく年中行事のように受けていただけなんで、休むのも気恥ずかしくて、どっちかというと仕事が進まなくなる方がイヤだったんで、試験当日しか休まないことの方が多かったです。なんなら、15時半からの試験だった日には、午前中まで仕事をしたりしていました。

 ということで、この会社の場合は当然、会計事務所でないんで、試験前1週間に休む雰囲気にもならないわけなんですが、「会計事務所でない会社」ではあっても旅行業って、資格が絡む業界なんで、何となく試験を受ける空気ってもんはあるところなんです。

 だから「旅行業に関係のない人間」が自分の世界の試験を受けているっていうことは理解される世界だったりしまして、別に仕事さえちゃんとなるなら1週間前から休むこともできないわけでもなさそうなんですが・・・。とりあえず試験当日休むことぐらいはちゃんと理解してもらえます。まあ、1週間休むとしても、同じ仕事をする人がいないわけで、そんなわけにいきません。誰もやってくれません。っていうか、木曜日・金曜日は妙に忙しく、勉強時間がかなり減りました。

 という、長々とした前置きはおいといて、結局ですね、今年は初の試みだったかどうか忘れましたが、つまりですね、前日、休みました。ただし、半日だけ出るという形。それも、午前だけとか午後だけとかじゃなくて、まん中を休むという始末。これは3月と4月に土曜日を3回ほど多く出勤した分の代休の扱いなんです。ってことで、7月と8月に土曜日を1回多く休んで、それと今日の分で、3回分はちゃんと代休をもらいました。

 そんなわけで、そのまま昼間、図書館へ行くとかじゃなくて、前日はやっぱりいろんな資料を見たいんで家に帰る必要もあり、家と会社の間を2往復した日でした。

 そういうことで、11時半から17時半までお休み。1時間は昼休みとして、半日には1時間多いんですが、まあ、これは明日、試験後の時間を出るということでお返しすることにしています。

 しっかし・・・。この家にいた4時間ちょっと。今までにないほど集中できました。ほんと、土日のグダグダ具合はなんだったんだろうかというぐらい。この、朝、一旦会社へ行き、気分を仕事モードにしてから、家に帰って限られた時間を勉強するって、下手に休日、1日中家にいるよりよっぽど集中できるようです。ってことで、来年からこの手を使おう・・・。下手に土曜日、仕事を休むより、こっちの方がよっぽどマシみたいです。

 そんなこんなで、ものすごく集中できた試験前日でしたが、明日は当日。ほんとは1年間の重みを感じて受けるべきなんですけど、実際今年はGW明けからでしたからね。本格的にやったのは。

 ってことで、その後は今までにないくらい集中しまして、「受かる力は何となくあるんだけどな」と思った去年を大幅に超える力はついているわけなんですが、まあ、試験は水物です。特にこの試験、知らないところから出たら目も当てられないわけで、全11科目中、ギャンブル性が一番低いといわれる科目ですが、やっぱり必ずしも力がある=受かるとは限らないわけで、あとは明日次第です。(と、予防線をはっておきます)

 そんなわけで、今年は非常に短期集中。ただし、集中しすぎて直前1週間は何となく力尽きてしまった感のある年でしたが(そういう意味でペース配分が間違えたのが今年の最大の反省)、さて・・・。まあ、この科目、完璧にしようとしたら10年かかるんだそうで、しかも毎年のように新しい会計基準もできているし、ってことは8年は楽しめるわけですが、この科目で足踏みをしているわけにも行かないんで、とりあえず、今の形で1年に1回の行事を済ませてきます。あとは受かるかどうかは運次第かなと。

 とりあえずこの試験科目、毎年何らかの「サプライズ」がある問題が出るんで、はたして今年はどんな「サプライズ」があるんだろうかと(笑)。

 ちなみに、今度こそ、次の科目、消費税法を受験レベルに引き上げたいと思いますので、来年はうまくいけば消費税だけ、うまくいかなかったら2科目ということになります。ってこと、去年も書いていたんですけど、見事に消費税はフェードアウトしたな・・・。

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

更新しました(第632版)

 今回の追加駅・・・飯田線 中部天竜・下川合・早瀬・浦川の各駅。

 ということで、試験直前の日曜日。今年はしっかりと更新しました。新しい区間でもあり、ちょっと手間がかかるときになってしまうんですけど、まあ、先週もちょこっと用意していたんで、大丈夫でした。

 というわけで、新しい区間。取材自体は豊橋の方から進めていっているのに、掲載が辰野の方からという変則的な形になっているため、何となく掲載順序もおかしくなっていますが、この区間を始めます。

 それで、このサイト初の「静岡県の駅」になってしまうわけで、まさか、このサイトで静岡県の駅をこういうところから始めてしまうとは思ってもみなかったです。なお、この区間が完成しても、豊橋~名古屋まで「区間全駅」としては繋げていないため、「繋がっている道府県」の中には静岡県は入りません。静岡県が「繋がり」の中に入るとすれば、辰野~中井侍まで繋げていったあとになります。(ちなみにその場合は、向市場~小和田は取材してあるんで、佐久間・相月・城西を取材しなくても一応静岡県に繋がる形になる。)

 そんなわけで今回の3駅。浦川から早瀬を経て下川合まで歩いているんで、かなり印象の深い駅が並んでいるなと、個人的には思います。

| | コメント (0)

2009年8月 1日 (土)

変更

 こんばんは・・・。

 ってことで、書き忘れていたわけでもないんですが、この時間になりました。

 しかし、試験前とは思えないほどのテンションの低さ。そういや、何となく勉強に飽きてきているような気がする・・・・。ってことで、何やろ、緊張感とかそんなものがなくなってきているんですよね。

 試験を平常心で受けるという意味ではいい傾向なんかも知れませんが、学校2つ分の模擬試験を全部解いて、しかも計算問題は3回ずつ解いていたら・・・、そりゃ飽きるわな。ってことで、これが悪い方向にいかないことを願っております。

 ここまで来ると、試験そのものは新しい知識やらを加えたりとか、劇的に伸ばすこともできないんで、今の段階で分からないこと・できないことが出るとすれば諦めるしかないわけで、3週間ぐらい前に完璧にしていたことが、時の経過により忘れていたりすることを思い出したりとか、そんなことの方が大事になってきます。

 といいつつ、昨日、テキストにも載っていないことをちらっと法規集を頼りに見てみたんですが、意外とこれ、おもろいかも・・・(セグメント情報のところ)。去年の例があるんで、テキストに載っていない=絶対に出ない、っていうわけでもないですからね・・・。でも、もう一つ、テキストに載っていなくて、ひょっとしたら出るかも、っていわれている「事業分離」っていうやつがあるんですけど、それは、よー分からん。これが出たらもういいや、っていうことで。

 というか眠い。今の段階で分からないところがあってその部分の点が取れないよりも、試験本番で眠いためにつまらないミスする、っていう方が好ましくないわけで、そういう意味でも疲れているならその疲れを取る方が大事なんやろう、という解釈で、今日は割と寝ました。だってね、ほんと、眠いわけで・・・。

 多分、「目もらい」とか、体に異物がある状態から回復するっていうことは、風邪をひいていたのと同じぐらい体力を使うんだと思います。

 というわけで、8月になりまして、えっとですね、本日をもちましてこのブログ、一時的に書き込む時間帯を変更させて頂きます。そうなると、書き出しの「おはようございます」が「こんばんは」になるんですけど、それは世の中のブログ的に普通になってしまうんで、次回から省略します。

 今までは、平日に関しては朝、土曜日は昼間、日曜日は更新時なんで夕方~夜にかけて書いておりました。平日の場合、夜はここに書くのではなく、夜、試験勉強をする時間を確保するという意味で、場合によっては帰宅後、PCに電源を入れなくても済むように朝書いていました。

 それで、何となく朝、早く起きるようになり、どっちかというと朝、必ず試験勉強をする時間を取ることができるようになってきまして、要は習慣になったということ。逆に、朝、ここに書き込んでいるがために、微妙に勉強時間が減っているわけなんですよね。

 これが、試験後、どうなるか分からないんですが、できればこの習慣を温存したいんで、8月中は次に受ける科目(消費税法)の勉強を、ちょろっとだけ、この朝の時間にやろうかなと思っております。(なんせ、去年、途中で挫折して12月までの教材は完璧に持っているんで、今年の講座が開講する前に、去年のを使って開始できてしまう。)

 そして、夜は逆に勉強をすることなく、PCを開いたりとか、本を読んだりとか、ってことをしたいなと思っておりまして、そういうことで、朝、PCに電源を入れないようにして、夜に電源を入れる形にしたいなと思っているわけです。

 逆に、秋になるとまたこの習慣を変えることにするかも知れませんので、また朝になったりとか、あと、一時期危惧された「夜に書き込むと感情的になってしまう」っていうこともあったりしまして、その影響が大きいようでしたら、また朝型ブログに戻します。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »