« 伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(2) | トップページ | 伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(4) »

2009年8月20日 (木)

伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(3)

 はい、つづき。

(4)飯田線(宮木-伊那松島)
 そんなわけで、飯田線内に入りました。5月に伊那北駅近くのホテルで泊まり(というか、この日も泊まったんですが)、そこから、朝、「飯田線にしては」運転本数が多いときに一駅ずつ降りていったのが、伊那北から木ノ下まで。ほんとは伊那松島駅も降りることが出来たんですが、雨が強くなってきたので伊那松島駅は省略したんでした。

 ということは、辰野~木ノ下までの間にある駅を今回取材するわけですが、その区間に残ったのが偶数個でなく、奇数個なんですよね。

 この区間の運転本数的に、「二駅進んで一駅戻る」方式がいいんですけど、そうなるとこれ、偶数個でないとダメなんですよね。その途中に「絶対にこの駅で交換するんで戻ることができない」という駅があれば別なんですけど、でもやっぱり奇数個だと、一駅だけ運転間隔時間(ここでは1時間)ぼーっとするという話になるわけで・・・。

 ということで、時刻表と営業キロ、あと、プリントアウトしてきた地図を見比べて、羽場-伊那新町間を歩くことに決定。1駅で潰す時間を、2駅に分けてしまうという方式です。そうなると、偶数個の駅の感覚で、もう一駅追加することができるのです。

 飯田線って、駅間距離が短いんで、結構歩けそうな気がするんですが、線路に沿ってきっちりと道路があるというところは限られていまして、結局、線路では1キロちょっとなのに道路だと2キロ以上歩かねばならない区間が多いんです。

 例えば辰野~宮木なんて、距離が1キロちょっとなんですけど、歩くとなると・・・道が分からん。という感じになるんですけど、まあ、何とか羽場-伊那新町間はその中でも歩きやすい部類かな・・・。

 と思ったりするんですが、羽場駅で降りて、最初は線路と垂直方向にしばらく歩かねばならないとか、そのあと歩く道は、歩道がなくてでも交通量が多い、っていうことで、車の運転手が不注意だったら、こっちは命を落としかねない(って、そういっているとどこもそうなるんですけど)というわけで、そんなに「歩きやすい区間」でもないんですけどね。

 そうやって、奇数個の駅を処理しました。あとはこの間での特記事項は、昨日書いた通り、辰野方面へ向かう列車が異様に混んでいたということ。ほんと、その混む方向の列車は一駅区間だけしか乗らないようにしていて正解だったなと思った次第で。

(5)飯田線(下島-宮田)
 そうして、前回取材した木ノ下~伊那北を通り過ぎ、ついでに伊那市駅も通り過ぎて、下島へ。

 ここから列車の窓から「下見」をしないまま、沢渡駅へいくことになるわけですが、この区間は割と線路に沿って、安全な道があるので歩きやすかったです。沢渡の駅が近づくにつれて、商店街もあったりと、伊那市内なんですけど、一つのまとまった地区なんだなということを改めて知った次第です。

 それと、実際は列車に乗って沢→沢渡→下島ということもできたんですが、なんとなく諏訪湖に向かっていく列車に乗るのも、人の多さにうんざりしていた部分もあったんで、まあ、距離も短いし歩きやすいしいいや、っていうことで、このルートにしました。

 そこから赤木→宮田という徒歩にしようかなとも思ったんですが、まあ、とりあえず列車の窓から歩くコースを下見しつつ、一旦宮田まで行き、そこから赤木まで歩きました。

 この間も道路が線路に並行していて(ただし、線路は見えていない)、歩きやすかったです。途中で宮田村と伊那市の境界線があるのにもちょっと感動しつつ・・・。

 それで、基本的に晴れていた日なんですけど、下島駅を取材しているときから何となくどんよりした雲があるのが気になっていたわけですが、どうやらそれは雨を降らせる雲だったらしく、赤木から伊那市に向かっている途中に雨が降ったあとがありました。

 それで、伊那市駅に近づくにつれてさらに暗くなり、何となく雨も降り出したんで、ほんとは伊那市で降りようとしていたのを中止。そのまま伊那北まで行ってしまうことにしました。

(6)伊那北
 そういうわけで、3ヶ月ぶりの伊那北駅・・・。そういや、前の会社にこのへん出身の人がいたな・・・。

 この飯田線って、この伊那北駅の他に、大学の時の友人が生まれ育ったところ(伊那大島)とか、これまた前の会社の人が一時期住んでいたところ(新城)、前の会社の人が生まれ育ったとか、別の人が一時期住んでいたとか(豊橋)があったりして、結構いろんな人を思い出さなくてはならない路線で、結構忙しいんですよね・・・。

 というのはおいといて、前回は駅の近くの中華料理屋で食事したんだった、ってことで、今度は別のところへ行ってみよう、と思い、駅の裏の方へずっと進んでいったんですが・・・。結局適当なものが見あたらず、まあ、サークルKでいつも使うサークルKサンクスのEdyカードで、水と翌朝の朝食を買ったぐらいで、結局伊那北駅に戻り、前回と同じ中華料理屋で、今回はソースカツ丼を食べました。

 まあ、福井で食べ慣れている味なんで、かと言って福井のソースカツ丼と伊那のソースカツ丼はどう違うんだ、と言われると、答えができないまま食べ終わり、前回泊まった宿にチェックイン。前回同様、あまり広くないけど何かいい感じの大浴場に入り、部屋に戻り、明日の動きを考えまして。

 で、やっていると、途中で運転間隔が延びてしまう時間帯があり、駅をまわる順番によって、回ることができる駅の数が大きく変わってしまうことが判明。っていうことで、その翌日の動きは、すべてこの前日のうちに決めてしまっていたものだったのでした。何となく翌日、ちょっと奇妙な動きをしているのも、運転間隔に配慮した結果だったのでした。

 そうやっているうちに眠くなり、21時過ぎに早々に寝てしまいました。

 ということで、何となく1日目がきれいに終わったところで、翌日の話は明日へ。

|

« 伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(2) | トップページ | 伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(2) | トップページ | 伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(4) »