« 更新しました(第635版) | トップページ | 森田・牛ノ谷他:経緯と日程 »

2009年8月24日 (月)

伊那市・駒ヶ根方面:トピック的(5)

 とまあ、1泊2日の旅行記を何日ひっぱっているんだ、っていう話ですが・・・。

(8)岡谷から
 そんなわけで、飯田線から出て、岡谷駅へ。同一ホームで、しかも長野行きに乗り継げます。

 それで、一応、現地からの書き込みにもありますように、接続の関係で帰りは長野経由にしています。ほんと、経路を気にしなくてもいい「青春18きっぷ」だからできることでありまして、普通のきっぷだとこんな器用に経由地を変えることができないんですよね。

 というのも、詳しいことを省略しますが、特に南小谷からの接続がちょっとひどくて、長野経由をした方が早かったんですよね。

 というか、本来、大糸線経由で帰ろうと思っていた時間帯があるんです。それで、そのあと、飯田線から出てくるのを1本遅らせる(たしか、2時間違うはず)と、大糸線経由をするととんでもないことになる、でも、長野経由をして、金沢に着いてみると、飯田線に2時間多くいたのに、30分弱しか違わない、っていうことになるんです。

 って、わかりにくいですが、つまりですね。

 当初考えていたのがこれでして・・・
 飯田線→【岡谷】11:55着、12:25発-(普通)→【松本】12:52着、13:07でもいいし14:09発-(普通)→【信濃大町】15:02着、15:07発-(普通)→【南小谷】16:01着、16:13発-(普通)→【糸魚川】17:11着、18:12発-(普通)→【富山】19:25着、19:55発-(普通)→【金沢】20:54着

 これ、大糸線の前後で結構待ち時間があるため、長野経由をしても結果は一緒なんですよね・・・。

 飯田線→【岡谷】11:55着、12:25発-(普通)→【長野】14:40着、15:16発-(普通・妙高)→【直江津】16:54着、17:33発-(普通)→【富山】19:25着、19:55発-(普通)→【金沢】20:54着

 ただしこれ、必ずしも大糸線経由と長野経由の結果が一緒というわけでなく、接続さえよければ大糸線経由の方が有利なんです。接続が悪いと長野経由の方が早い、というのが次の事例。

これが、実際に採ったルートなんですが・・・。
 飯田線→【岡谷】13:55着、13:57発-(普通)→【長野】15:40着、16:11発-(普通)→【直江津】17:46着、17:57発-(普通)→【富山】19:59着、20:20発-(普通)→【金沢】21:18着

これで大糸線経由にしようとした日には・・・
 飯田線→【岡谷】13:55着、13:57発-(普通)→【松本】14:24着、15:06では接続が悪いんで15:59発-(普通)→【信濃大町】16:57着、17:30発-(普通)→【南小谷】18:35着、18:46発-(普通)→【糸魚川】19:41着、19:46発-(普通)→【金沢】22:16着

 そんなわけで、飯田線に2時間多くいたのに、実際はそんなに金沢着が遅くならなかった、というパターンでした。ほんと、いろいろ試行錯誤してみるもんです。

 そんな感じで、特にそこからは変わったこともなく、まあ、松本~長野の間は1年前に「区間全駅」でお世話になったところではあるんですけど、結構眠かったため、ちょっと寝させて頂いて、姨捨駅では起きていたんですけど、「あの風景」は、反対側の窓だったりしまして・・・。

 そのあとも特に変わったこともなく、直江津でちょこっと駅弁を買った以外は普段とほとんど変わらない動きで、富山まで。そこからなぜか6両の普通列車で、金沢までたどり着いたという次第です。

 とまあ、最後は特に変わった路線でもなかったんで、特に変わったこともなく、また、この旅自体、そんなに変わったこともないんで、そのまま旅行記は終わるのでした。

 それと、「区間全駅」として飯田線はどんな感じなの?という話になるんですけど、一応、次回は2泊3日ぐらいで行ってきたいなと。今回入らなかった高遠原~飯田と、飯田~伊那八幡ぐらいを片付けるにはどうも1泊2日だと辛いみたいなんですよね・・・。

 ということで、次回はそれを片付けまして、あとは最難関の天竜峡~中部天竜。列車の本数が少ないからと言って車で行くとすんなり終わるわけでもなさそう、かといって駅間なんてほとんど歩けないところなんで、この区間は気長にやるしかないなというところです。

|

« 更新しました(第635版) | トップページ | 森田・牛ノ谷他:経緯と日程 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第635版) | トップページ | 森田・牛ノ谷他:経緯と日程 »