« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

北海道方面:トピック的(5)

 そんなわけで、ようやく3日目。そろそろ日程が下の方に行ってしまっているんで、日程をコピペしておきます。なお、今日は路面電車まで行かないと思いますんで、路面電車の詳細の部分は省きます。

●9月21日
 【★苫小牧】7:53発-(普通)→【★北吉原】8:26着、8:46発-(普通)→【★青葉】9:22着、9:34発-(普通)→【★糸井】9:36着、9:53発-(普通)→【苫小牧】10:00着、10:07発-(普通)→【★美々】10:25着、10:44発-(普通)→【★植苗】10:49着、11:34発-(普通)→【南千歳】11:43着、11:48発-(特急スーパーおおぞら6号)→【札幌】12:14着…大通(西四丁目電停)まで徒歩。その後、札幌の路面電車(別掲)

●東室蘭-沼ノ端間の補足

 というわけで、青空の広がっていた前日に取材すればよかったんですが、時間もなかったため、この日に苫小牧駅を取材しまして、東室蘭方面の普通列車へ。

 この日は、とりあえず、この東室蘭-苫小牧間を「区間」としてアップできるようにする、つまり、前日の分などを含めて過半数の駅を取材済にする、っていうことを目標にしました。ほんと、サイト作りは関係ないといいつつ、意外とサイトっていうもんにひっぱられてはいるな、と思うんですが、まあ、旅本体とこのサイトは補完関係にある、っていうことで。

 それで、苫小牧・青葉・糸井の各駅は区間運転の列車もあり、運転本数が多いので、この日に取材するとして、あと一駅必要であり、また、時間的に考えて一駅だけ取材可能。

 それで、どの駅にするか・・・。社台駅以降、虎杖浜ぐらいまで、実はどの駅でもよかったんです。ただし、虎杖浜ぐらいになると取材時間が極端に短くなるんで、なるべくそうならないように、かといって社台駅だと、待ち時間が長くなる・・・。

 といいつつ、そんなに多くの選択肢があったわけでないんですが、こういう時ネットが使えたっていうのが便利なもんで。前の日にホテルで1泊千円で借りたPCでネットを見て、面白そうな駅を選んでいたんです。そんなわけで、北吉原駅。橋上駅として作ったのに、その役割を果たしていないという、なんというか、昔このサイトでやっていた「気になる駅」そのものの駅でして、なかなか面白い駅でした。

 そのあと、区間運転の列車を使って青葉・糸井。糸井駅は過去に訪問済の駅でして、この駅から歩いて結構行ったところに健康ランドがあるんですよね。だから「乗りつぶし」の時にその健康ランドに泊まったことがあるんです。確か、そのあと、日高本線に乗ったと思います。駅前へ行って見ると、何となく記憶通りの駅でした。

 さて、列車自体は糸井駅で折り返しなんですが、なんか、客を降ろした列車は、そのまま社台方面へ行ってしまいまして、実はこの駅、折り返し線がないのに、この駅折り返しの列車が多く設定されているという駅でした。

 反対側のホームで待っていると、回送された列車が入ってきて、乗客が乗り込むとすぐに発車してしまう、っていうことで、始発駅とは思えない感覚でした。こうやって、苫小牧駅に戻ります。

●千歳線
 そこから、札幌方面の普通列車に乗りまして、沼ノ端駅は取材済なんで降りず。ただし、橋上駅の駅舎ができていて、今「仮置き場」に掲載しているものと大きく違う駅になってしまっています。でも、まあ、そんなこと言っていると全国的にわけが分からなくなるんで、古いままで掲載するとして。

 そんなことで、植苗駅を通り過ぎて、まずは美々駅。いろいろ寂しい駅だとは言われているんですが、確かに、人気のない、民家が見えない駅なんですけど、よく見ると信号が見えたりしまして、完全に寂しい駅でもなかったみたいです。

 でも、そのあと、植苗駅に行ってみると、駅舎の形が美々駅とほぼ同じだけあって、何となく人のいるところに戻ってきたな、という気分になりました。

 そうして、南千歳駅で一旦降りまして、特急へ。周遊きっぷですからね・・・。ゴージャスに。というか、なるべく早く札幌に着こうとすると、こうなるわけです。ただし、早く着いて、実際は札幌駅を取材した時間だけ捻出できたという程度なんですが・・・。

 それで、「区間全駅」としては、「区間」の中に入れる予定は今のところないんですけど、せっかくなんで札幌駅を取材しておいて、そこから今回の旅のテーマの一つ、札幌の路面電車を取材すべく、大通まで歩きました。何となく工事中で歩きにくかったということと、本州の真夏仕様の服装なんで、9月の札幌だとなんか浮いていたっていうことぐらいかと。

 ということで、次回は札幌の路面電車から。

| | コメント (0)

2009年9月29日 (火)

北海道方面:トピック的(4)

 ということで、1日別のことを挟みましたが、旅行記を続けます。ちなみに、この前の日曜日に飛ばしてしまった更新の埋め合わせをする目途は立っておりません。それと、昨日の晩はよく眠れました。蚊が耳元で囁いているのは聞こえたんですが、眠い方が勝ってしまいました。

●普通列車モード
 そんなわけで、特急列車を乗り継いで伊達紋別まで来るという、「周遊きっぷ」だからできるゴージャスな「区間全駅取材」を行ったあとは普通列車にて。

 ほんとは特急で戻ったりしながら、「すずらん」の停車駅という手もあったんですが、それだと時間も余るんで、伊達紋別周辺の駅を普通列車にてまわることにしました。というよりも、伊達紋別に着く前に北舟岡駅に降りたいと思ってしまったことが、その日のこれからの動きを決定づけるものになったんですが・・・。

 そんなわけで、北舟岡駅。海が近いんですよね・・・。しかも駅前の風景も独特だし、本当は1時間ぐらいゆっくりしたいんですが、本数の限られた区間でもあるんで、実際の滞在時間は短かったです。ともかく、限られた時間の間にかなりの写真は撮りました。ほんと、天気がよくてよかった・・・。あと、前に書きましたけど、ほんと、今回の旅に来てよかった、と心から思った瞬間が、この駅でした。

 さて、そこから、伊達紋別駅を経て、有珠駅など。ここから、まわる駅は機械的に決まってしまいます。各駅での滞在時間も長く、天気もよかったのでとても気持ちのいい駅巡りでした。ただし、海に近い駅ではちょっと風が強かったかも。

 あと、ちょっと前に噴火した有珠山を、駅ごとにいろんな角度から見ることもできました。

 どうにか、2年半前にちょっと降りた洞爺駅を含め、洞爺から黄金までの各駅は繋がりました。ほんとはここから、崎守と本輪西も撮りたかったんですけど、どうも運転間隔からうまくいかないため、今回は諦めることにしました。

●すずらんの停車駅
 そうして東室蘭駅。取材駅することにしてもちょうどいいくらいの時間があったんですが、既に取材済なんで、ここでは取材せず。というか、既に「仮置き場」としてアップしてあるのが、旧駅舎も残りつつ、新駅舎を供用しているという珍しい時期のものなんで差し換えの対象にはしたくないんですよね。

 ここから普通列車で鷲別・幌別。幌別は普通列車の停車時間が7分ぐらいあるんで、無理すりゃその停車時間だけで取材できないわけでもないんですけど、橋上駅でもあり、両側の出入り口から出てみたりする必要もあり、無理せずに次の列車を待つことにしました。

 そこからやっぱり周遊きっぷを活用しまして、ゴージャスに、特急すずらんで白老へ。この駅も取材時間帯から考えて、結構きついかなと思ったんですが、晴れた日だったんでぎりぎり取材は可能でした。曇の日だったら、多分、諦めていたと思います。

 そうして、だんだん暗くなるホームで列車を待ち、普通列車で、今日のスタート駅でもあった苫小牧へ。

 この日の泊まる宿は駅のすぐ近く。ついでに食べるところも近くにあったり、実はチェックインしてから気づいたんですが、ホテルの中にも食べるところはあったりと。

 ちなみにここの宿は人工温泉(前日の泊まったところは天然温泉)。風呂も前日泊まったところとくらべて狭いんですけど、何となく落ち着ける範囲の風呂でした。あとは、もともと予約した部屋が、空きの関係で喫煙ルームになっていたのが自分の中でマイナスだったり。

 ただ、まあ、料金と、朝食が料金込みになっているかどうか、その他諸々を考えて、前日泊まったところと「補完の関係」にあるんかな、というところです。いろいろと求めるものを書き出して、どれを重視するかによって、どっちに泊まればいいかというところで、料金も含めたトータルの満足度は、前日泊まったところと同じぐらいかなと思いました。

 そんなわけで、旅の間書き込んだとおり、デジカメ画像のバックアップもしたかったんで、ここでは1泊1,000円のパソコンを借りました。

 そういうことで、今日は2日目が終わったところまでとします。というか、この「トピック的」って、2日かけて1日分を書くという流れになってきているかも・・・。

| | コメント (0)

2009年9月28日 (月)

寝れん・・・

 と、旅行記の流れをぶった切って、普通の日記をたまにも入れてみるんですけど、やっぱり、何かあったときは書いておかないと、その後、改めて書くこともないですもんね・・・。

 というわけで、昨晩、1時間ちょっとしか寝てません。普段はどちらかというと8時間睡眠型に近い体質なんですけどね・・・。さて?。

 まあ、日曜日だったんで、昼寝をしていないわけでもないんです。ちょっと午後から出かける用事もあったんで、午前中、朝食の時以外、昼寝してました。はい。だから、本当に1時間しか寝ていないわけでないんです。でも、連休の間出歩いていたし、その前はちょっと疲れていたし、その疲れを取るための昼寝であって、1時間しか眠れない原因を作る昼寝ではありません。

 それでまあ、珍しく、暗くなってからコーヒーを飲んだ、っていうのもあるんですが。えっとですね、意外とコーヒーで眠れなくなる体質なんですよね。あと、パラチノースっていう甘味料の入ったガムあるでしょ、あれで本当にお腹がゆるくなってしまうんです。

 なんか、「これを食べるとこうなる」っていうものを素直に影響を受けてしまう性格なんですよね、っていうか性格というか体質というか。だから風邪薬とか胃薬って結構効くんで、自分でも便利な体質だなと思ってます。

 それはそうと、まあ、コーヒーも原因なんでしょうけど、ただ、これだけだと、2時には眠れてしまうはずなんです。そしたら4時間半は眠れるわけで、1時間しか眠れない原因ではありません。

 はい、その、1時間しか眠れなかった原因。2匹の蚊です。

 ほんとね、ウトウトすると絶対に耳の隣にやってきて、あの独特な不快な音を出しやがる・・・。ほんと、どっかでウトウトし出すのを待っているんじゃなかろうか、というぐらいのタイミングなんですよね。

 それで、タオルケットの中に潜り込んだり、あるいは、隣の部屋に布団をもって移動してみたり。でも隣の部屋へ行っても、やっぱり蚊はついてくるわけです。もっとも、隣の部屋と普段の部屋の間に、プリンター用のUSBケーブルを通しているんで、蚊ぐらいなら楽に通れる隙間は空いているんで、蚊を避けて移動したところで全く一緒なんです。

 結局、隣の部屋でもうるさいんで、もとの部屋に戻ってみたり。

 あるいは明かりをつけて蚊を探してみるんですが、見つけてもたたきつぶすところまでは行かず、結局、いたちごっこは続きまして、4時過ぎまでは覚えているんですよね。そして目をさますと5時過ぎ。そこから眠いかなと思ったんですが、結局は6時半には布団から出て、頭がぼーっとなった状態でご飯を食べて、そこから以前に書いた通り1時間以上、時間があるんですが、今日ぐらいは寝てもいいかなと思いつつ、結局試験勉強をしてしまったんですが・・・。

 で、出がけに、蚊が1匹飛んでいたんで、今度はちゃんと捕まえまして、潰すと血が出てきました。この部屋、ワシしかいないんで、多分、自分の血だろうなと思うんです。

 前に書いたかどうか、多分、蚊には刺されているんですが、痒くなったりとか腫れたりっていうことはほとんどないんですよね。多分、抗体があるんです。というのは夏の間の話。秋になると、なんか、妙に蚊に刺された跡が出てくることがありまして、例えば、今現在、左手の肘から手のひらにかけて7箇所も跡があります。これ、夏の間はきれいなんですが、秋になるとなんかかの種類が変わるのか、全く抗体が効かなくなるんです。

 あと、本棚の、普段触らないところを触ると、蚊が1匹飛び出してきまして・・・。ああ、日中はこいつ、ここに寝とるんか・・・。逃げるところを追いかけてみたんですが、捕まえることはできませんでした。

 それで、今文章を書いていると、蚊が見えたんで、キンチョールを吹きかけておいたんですが、さて。

 まあ、今日は蚊がうるさかろうか、多分、ぐっすりと眠れるはずなんで心配はしていないんですが、念のため、キンチョールを他の部屋から持ってきてあるんで、多分、快適に眠れるはず・・・。

 それで、秋の蚊って、なんでこんなに不快なんだろうと、ちょっと検索してみると・・・。俳句の話がほとんどでした。

| | コメント (0)

2009年9月27日 (日)

北海道方面:トピック的(3)

 と、本当は今日は「更新しました」にするつもりでしたが、ちょっといろいろありまして(って、「いろいろ」っていうほどでもないが・・・)、今日中に用意できそうにない、っていうことで、今日のところは更新を延期します。

 また、明日以降、用意ができ次第更新とさせて頂きますが、月末でもありまして、平日もきつそうです。とりあえず、広く、どこかの段階で埋め合わせをするということにして、今日のところは延期という形にさせて下さい。

 ということで、旅行記を続けますが、これもまた短めに・・・。

●特急で
 この日。当日の書き込みにもありますとおり、明確なテーマを設けなかった日なんですよね。だからいったい、何をどこまでやるか、というのが、出たところ勝負になってしまうという日。さて、どの駅へ行きますか?
 
 ということで、今まで泊まった中で一番よいと思われたホテルを後にしまして、苫小牧駅へ。天気もいいんで本当はこの日に取材すればよかったんですが、列車の時間の関係でこの日苫小牧駅の取材をせずに、函館方面の列車に乗り込みます。

 それで、まずは、今回の目標の一つ、「特急列車の停車駅で今回のゾーン券の範囲は繋いでおく」ということを達成しようということで、ともかく、特急の停車駅を訪れることにしました。そんなわけで、「北斗」に乗ってしまったんで、「すずらん」しか停車しない、白老駅は通過しまして、まずは登別駅へ。

 いやほんと、天気いい・・・。ということで、「北斗」一列車間隔分をこの駅で過ごすことになるんで、意外と余裕もあるんで、近くの漁港へ行って見たりして、のんびりと過ごしました。

 そうして、次の「スーパー北斗」に乗りまして、またもや「すずらん」だけの停車駅、幌別・鷲別を通過し、東室蘭は前回撮っているんで降りずに、次の停車駅「伊達紋別」へ。その伊達紋別に着く前の一つ前の駅「北舟岡」を見ていると、無性にこの駅で降りたくなってきまして、それによってこの後の動きが決まったわけですが、ともかくまずは伊達紋別。

 そこから、その後の特急停車駅、洞爺・長万部は既に撮ってありまして、さらにその後の八雲は、かなり函館寄りになってしまうんで、これは帰りに任せることにして、一応、ここまで。

 さて、ここから本当は鷲別・幌別・白老を考えていたんですが、さっき、北舟岡で降りたくなったんで、北舟岡駅へ行かねば・・・。で、時刻表を見ていると、そんなに長く北舟岡駅に滞在できない、でもこの段階で別パターンが考えられなかったため、どうしても北舟岡駅を15分程度で切り上げねばならない、ということになりまして。でも次回来てもこの天気の良さは保証できないし、ともかく、降りたいと思ったときに降りたい駅へ行かねば後悔する、ということで、北舟岡駅へ行くことにしたわけです。

 ということで、今日はここまで。明日になるかどうか、次回は北舟岡駅のところから書くことにします。

| | コメント (0)

2009年9月26日 (土)

北海道方面:トピック的(2)

 忘れていたわけではないんですけど、ブログを書かずに風呂に行ってしまったため、こんな時間。っていうことで、今日は日付が変わる限界まで書いて終わります。

 なお、明日は「更新しました」になりますので、旅行記はお休みです。

●函館の路面電車
 というわけで、座れないまま函館に着きまして、そのまま駅前へ。だいたい勝手が分かっているんで、バスのきっぷ売り場で路面電車の1日乗車券を買いまして、路面電車の電停へ。

 そりゃね、ちょうど1年前にも同じところで同じ事をしていますもんね・・・。あの時はここから函館どつく前・谷地頭方面へ行ったんですが、今回は逆方向の湯の川方面へ行くことになります。函館駅前電停を境に、ちょうど1年の時を経て、全電停の取材をすることとなるわけです。

 ということで、電停を取材するときの、いつもの動き通り、一電停ずつ飛ばして降りては撮って、また乗って。一電停飛ばして、その次の電停で降りて・・・・、っていう方式。割と本数のある区間でもあるんで、降りたら次の電車に乗る、というわけでもなく、その次に乗れるものに乗る、ということになるわけですが、目の前で2本続けてきていた2本目の電車が行ってしまって、ホームでポツンと待っている、っていうことが結構多かったような気がします。

 途中、五稜郭公園前電停は、五稜郭公園に近いというよりも、なんか函館の繁華街というか、買い物の中心部的存在がここだったんですね・・・。観光客と地元の方、両方が多く乗り降りする電停でした。

 あと、競馬場前電停。何ならお馬さんでも見ようかと、半分、子供のような(いや、半分どころでないな・・・)気持ちで競馬場の中へ。なんか、競馬場の中にいる人々って、独特の客層なんですよね。何となくその中で、白いTシャツとハーフパンツ、リュックを背負っているという、かなり浮いた存在のまま、お手洗いをお借りしまして、さて、馬は?

 なんか、その、馬が走るところが工事中、というか、新しいものを建設中で、今は単なる場外馬券売り場になっているわけなんです。でも、ほんと、それだけなのにえらい多くの人々が集まっているな、というところなんですが。

 さて、そこからさらに一つずつ飛ばしつつ湯の川へ。温泉に入るも一つの手なんですけど、何となく暑いのと、日中でそんな気分でもないんで、一電停だけ歩いて戻り、湯の川温泉電停へ。ちょうどラーメン屋さんが見えたんで、そこでお昼ご飯。

 そのあと、さっき一電停ずつ飛ばしている穴を埋める形で、また一電停ずつ飛ばして、松風町電停で函館の路面電車の電停取材は終了。

●苫小牧へ。
 さて、ここから。JRの駅の取材ができるかな?と思ってみたんですが、意外と時間もなく、というか意外と路面電車って取材に時間がかかるんですよね。結局、そのまま特急列車に乗りまして、一気に苫小牧まで行ってしまうことにしました。

 夕食は苫小牧で食べてもよかったんですけど、やっぱり函館へ来たからには・・・。

 あんまり駅弁って食べないんですけど、函館は別。「みがき弁当」っていうのがありまして、ご飯の上ににしんと数の子、あとちょっと漬け物が載っているっていうやつなんですけど、函館へ来ると必ず買って食べるんです。これをスーパー北斗の車内で食べました。

 だんだん暗くなる中で東へ進んでいったんですが、森~長万部の間の普通列車が少ない区間。海を望む駅が多く、なんか、ほんと一駅ずつ降りてみたいな、という気持ちになる駅ばかりでした。

 そうして苫小牧へ。苫小牧2泊ですが、1泊目はちょっと駅から離れているところ。といっても7分とか10分ぐらい歩けば着くぐらいの距離で、これが健康ランドだったら「駅に近い健康ランド」っていう距離になるんですけど、あいにく、ビジネスホテルなんで、「駅からちょっと距離のあるビジネスホテル」ということになります。

 すでに書きましたが、部屋の余りの関係で、ダブルベッドの部屋になってしまったらしく、かなりゆったりと過ごさせて頂きました。風呂も天然温泉で(って書くとどこか分かる?)、ビジネスホテルにしては広く、かなり満足度の高いものでした。

 っていうことで、今日は1日分終わったことにしておきます。さて、59分なんでアップします。

| | コメント (0)

2009年9月25日 (金)

北海道方面:トピック的(1)

 今日は遅くなったんで、あまり長く書かないつもりです・・・、ってやると、ほんと、終わるのがいつになるのか分からないんですが、とりあえず始めましょう。だから、「普通の日記は当分休み」ってどこかに書いたと思うんですが、旅行記が始まってしまうと長いんですよね・・・。では。

●寝台から
 ということで、今回は、仕事を定時+もうちょっとで早々に切り上げ、一旦家に帰宅。そこから夕食食べて風呂入って、あと、荷物のチェックだけして、また通勤路を家と反対方向に自転車を漕いでいく、っていう流れになります。

 ほんと、なんか今回はちょっとマイナスの気持ちから始まった旅なんで、なんか半分気が進まないと思いつつ、結局は何となくワクワクもしつつ、駅へ行くわけで。

 それで、寝台列車の場合、遅れると寝台券も特急券も無駄になるんで、かなり余裕をもって、何なら途中で自転車がパンクしてもどうにかなるぐらい余裕をもって家を出ます。だから、駅のコンビニには十分に行く暇があるわけで、今回は朝食も買っておくことにしました。

 青森着が8時半頃。そういや最近、朝食は6時半頃食べるんで、何となくお腹が空くだろう、っていうことで。

 って、なんか、ここまで書いて思い出したんですけど、ちょうどこれって1週間前の話なんですよね・・・。ようやく旅行記が始まったのです。

 話は戻して、朝食を買いまして、金沢駅7番のりばへ。日本海に乗るためにホームへ行くと、寝台特急北陸が6番のりばに停まっているわけです。これは一旦、西金沢方面に引き上げるんですけど、こうやってみるとブルートレインが2つも走っているって、ある意味奇跡的な地域なんですよね。しかも「急行」も2本あるし・・・。

 そうやっていると列車が来まして、それに乗り込むわけですが、なんか、こうやって寝台車に乗ると、気持ちが一気に変わるもんです。日常生活から寝台車までの距離が短すぎるわけですが、それでもやっぱり寝台車に乗ると気分が変わるもんですね・・・。

 そうやって、金沢を出てからの放送が、夜間の最後の放送になるとか、あと、放送の内容も今まで通りで、特にいつもと変わらないようです。あと、やっぱりそんなに眠れないというのもいつもどおりで、目がさめて停まったところが羽後本荘、というのもいつもどおりだなと思いながら、青森方面へ。

 ただ、立席特急券の対象車両に乗ったのは、今回が初めてでして、向いの下段が空いているんですが、そこに座ることなく、通路に立っている人やら折りたたみの椅子に腰掛けている人やら・・・。なんか落ち着かない雰囲気のまま、通路の人だけ増えてきて、青森に到着。

●白鳥
 今回は朝食を車内で食べておいたので、うどんを食べる時間のロスはなかったんですが、「白鳥」のホームへ行ってみると、もう自由席は座れないぐらい。ということで、今回はドアのそばに立ってそのまま函館へ行く羽目になりました。

 確かに、指定席を取っておけばいいんですけど、「周遊きっぷのゾーン」っていうもんが絡んでいまして、単に指定券の分を足せばいい、っていうもんでなく、特急券ごと買わねばならないのです。

 帰りもあとから書きますけど、座ることができなかったんで、今回は青函間はどっちも座ることができなかったのでした。ずっと前に「そういや、青函トンネルの中って、必ずどっかで眠ってしまう」って言うことを書いたと思うんですが、今回はそんなわけにはいきませんでした。

 木古内から先は2年半前に「区間全駅」で回ったところ。一部に歩いた区間もあり、通過列車からその時のことを思い出しつつ、函館に着いたのでした。

 ということで、一応、今日は函館に着いたところまで、ということにしておきます。

| | コメント (0)

2009年9月24日 (木)

北海道方面:日程ときっぷ

 ということで、今日は日程を書きますが、やっぱり昨日の方が余裕があったかも・・・。省略した場合を除き、「★」が取材駅を示します。

●9月18日~19日
 【金沢】21:31発-(寝台特急日本海)→【青森】8:34着、8:57発-(特急白鳥45号)→【函館】10:49着・・・この間路面電車・別掲・・・【函館】16:43.発-(特急スーパー北斗17号)→【苫小牧】19:01着
 別掲:函館の路面電車(函館駅前電停以外は取材電停です。また、→は路面電車、…は徒歩を示します)
 函館駅前→新川町→昭和橋→千代台→五稜郭公園前→柏木町→競馬場前→市民会館前→湯の川…湯の川温泉→駒場車庫前→深堀町→杉並町→中央病院前→堀川町→千歳町→松風町→函館駅前

●9月20日
 【苫小牧】8:18発-(特急北斗4号)→【★登別】8:41着、9:40発-(特急スーパー北斗6号)→【★伊達紋別】10:06着、10:34発-(普通)→【★有珠】10:44着、11:28発-(普通)→【★北舟岡】11:42着、11:55発-(普通)→【★長和】12:12着、12:57発-(普通)→【★黄金】13:15着、14:00発-(普通)→【★稀府】14:05着、14:28発-(普通)→【東室蘭】14:48着、15:32発-(普通)→【★鷲別】15:35着、16:08発-(普通)→【★幌別】16:22着(これは発時刻。多分6分ほど停車だが、停車中取材は行わず)、17:03発-(特急すずらん7号)→【★白老】17:21着、17:43発-(普通)→【苫小牧】18:06着

●9月21日
 【★苫小牧】7:53発-(普通)→【★北吉原】8:26着、8:46発-(普通)→【★青葉】9:22着、9:34発-(普通)→【★糸井】9:36着、9:53発-(普通)→【苫小牧】10:00着、10:07発-(普通)→【★美々】10:25着、10:44発-(普通)→【★植苗】10:49着、11:34発-(普通)→【南千歳】11:43着、11:48発-(特急スーパーおおぞら6号)→【札幌】12:14着…大通(西四丁目電停)まで徒歩。その後、札幌の路面電車(別掲)

 別掲:札幌の路面電車(最後の「資生館小学校前」電停は、宿泊場所の近くだったので降りたもの。それ以外はすべて取材電停。また、…は徒歩、→は電車を示す)
 西四丁目→中央区役所前→西線6条→西線11条→西線16条→電車事業所前→石山通→幌南小学校前→静修学園前→中島公園通→東本願寺前…資生館小学校前→山鼻9条→行啓通→西線14条→西線9条旭山公園通→西15丁目→西8丁目→資生館小学校前

●9月22日
 …札幌駅まで徒歩…【札幌】7:30発-(特急北斗4号)→【★八雲】10:10着、10:57発-(普通)→(特急スーパー北斗6号)→【★森】11:15着、11:21発-(普通)→【★七飯】12:17着、13:06発-(普通)→【★桔梗】13:14着、13:29発-(普通)→【★大沼】14:00着、14:06発-(普通)→【★渡島大野】14:16着、14:52発-(普通)→【★仁山】15:00着、15:44発-(普通)→【函館】16:12着、16:51発-(特急白鳥32号)→【青森】18:40着

●9月23日
 【青森】6:04発-(特急いなほ8号)→【新潟】12:47着、13:02発-(特急北越6号)→【金沢】16:41着

●使用きっぷ
 周遊きっぷ 札幌・道南ゾーン及びゆき券(金沢→青森)・かえり券(青森→金沢)。なお、「日本海」と「いなほ・北越」だと微妙に(新潟付近)ルートが違うため、「ゆき券・かえり券」はそれに合わせてある。

 特急券・B寝台券(金沢→青森)
 自由席特急券(青森→新潟・新潟→金沢)

 函館の市内電車1日乗車券(600円)
 札幌の路面電車1日乗車券「どさんこパス」(300円)

 と、きっぷに関してはそんなに珍しいものを使っていないというか、「北海道ゾーン」と違って、青森からゾーンに入ってしまうため、特急券を買うのが楽なんですよね。
 「北海道ゾーン」だと、中小国からゾーンなんで、そこまでの特急券が必要だったりして、ちょっと面倒なんです。

 なお、周遊きっぷと、行きの青森(あるいは木古内)まで、帰りの青森からが、全く同じものを使っているのが1年半前のGWだったりしまして・・・(「区間全駅」が函館まで繋がった回のやつです)

ちなみに・・・(こういう時、ブログって便利ですね・・・)

2007年
【5月2日・3日…0日目・1日目】
 【金沢】21:32発-(日本海1号)→【青森】8:32着、8:57発-(白鳥45号)→【木古内】10:09着、10:23発-(函館バス)→【釜谷駅前・釜谷】

・・・中略・・・

5月5日
・・・(途中略)・・・
【後潟】16:07発-(普通)→【中沢】16:11着、16:46発-(普通)→【青森】17:14着

【5月6日…4日目】
 【青森】6:05発-(特急いなほ8号)→【新潟】12:59着、13:02発-(特急北越6号)→【金沢】16:40発

 まだ、当時「日本海1号」と名乗っていたのが、今は単なる「日本海」になったのが大きな違いかも知れません。

 ということで、明日からまた、何やら書いていくことにします。

| | コメント (0)

2009年9月23日 (水)

まとめ:北海道方面

 ということで、シルバーウイークをそのまま使ってしまった北海道方面。先ほど、帰ってきました。

 まあ、職種柄(業種柄ではない)と個別の事情により、平日は絶対に休めない仕事なんで、こういう連休じゃないと出歩けないという事情もありまして、世間の動きと同じ動きになってしまうわけです。

 となると、飛行機だとアホらしい値段になってしまうんで、やっぱり列車なんですよね・・・。

 という話はおいといて、ともかくカレンダーの赤い日と、休みになった青い日が連なっていたらどこかへ行ってしまうわけなのでした。それと、試験勉強の影響のない時期でもありますしね。

 それで、日程から始まるいつもの旅行記は明日以降ということで(結構エネルギー使う作業なんで、今はきつい)、ちょこちょこと何か書いておきます。

●なぜ北海道へ?
 という、今回の行き先の理由なんですけど、これ、既定だったんですよね。というのも、最初、GWに北海道へ行って、札幌と函館の路面電車を仕上げてきて、あとはちょこちょことJRの駅は挨拶程度。そして、9月の連休は、JRの駅をガッツリとやってくる、って考えていたんです。

 ところが、GWの1ヶ月前に「日本海」の寝台が取れなかったんで、もういいや、っていうことで、そのまま東北方面になったり、結局は飯田線になったり。これはこれで結構よかったんですが、そのGWに考えていた用事と、今回の分として考えていた用事を併合された形が今回の旅になってしまったわけで。だから、ちょっと捕らえどころのない旅になってしまいました。

 つまり、路面電車2都市完成+JRガッツリ=路面電車2都市完成とJRをそれなりに
 ということになってしまうわけです。と、JRの駅は、そんなに今回は期待していなかったんですけど、意外と善戦したなという感じでした。

●既定と期待
 とまあ、何となく今年の4月あたりから、この連休は北海道、っていうことはすでに決めていたわけで、となると、実は旅の始まりってそんなに楽しいもんじゃないんですよね。

 どっちかというと、直前まで行き先を悩んで、やっと決めたっていう方が楽しいみたいです。

 しかも北海道の場合、さっきも書いた通り、どうしても大型連休になってしまいまして、それがまた、どっちか片道はどうしても寝台になってしまうんで、となると1ヶ月前に既に指定は取ってしまうわけで、1ヶ月前には行き先が決まっている状態になってしまうわけです。(まあ、この段階で、別に北東北っていう選択肢も残るんですけどね)

 だから、実は今回、旅の直前ってそんなに楽しみじゃなかったんです。なんか仕事も忙しいし、土曜日に仕事に出たい気分にもなりつつ、金曜日も残りたい気分にもなりつつ、とても仕事を定時+もうちょっと後で切り上げて、その日の寝台車、っていう気分でもなかったわけで。

 しかも、結構こういう時、マイナス思考から始まるんで、旅の途中に死んでしまうかも知れない、って真面目に思ってしまうわけで、仕事が中途半端やけどいいんやろうか?とか考えてしまうんです。一応、休み明け、どうしてもやらないとダメなことだけは机の上にわかりやすくしてみたり。この前書いていた医療保険の解約の書類を(注:新たに同じ会社の医療保険に入ったんで、二重の状態になっているんで古いのを解約しないと、いざ入院したらその保険金の額と、毎月の保険料で恐ろしい話になる)送らずにいたぐらいで(笑)。

 あと、なんか、今回の旅にかかる費用と、結局は駅とか電停に行くだけ。そんなんにこれだけ金使うか?とか。(と言い出すと今までの自分を全否定してしまうんですけど、なんかそう考えてしまった)

 でも、なんか寝台車のベッドに座った瞬間、気分がある程度、変わってしまうもんなんですよね。この時点で旅モードにある程度切り替わりました。

 といいつつ、完全に気分が変わりきったわけでなく、そのまま函館の路面電車も片付けて苫小牧へ。

 1泊目の苫小牧のホテル。実はですね、結構よかったんです。多分、今まで泊まった数少ないビジネスホテルの中では一番よかったんじゃなかろうかと思えるぐらい。というか、多分、部屋が足りなくてダブルベッドの部屋を回してくれたみたいなんですけどね。

 そうして、翌日、登別駅。ちょっと時間があったんで近くの漁港に行ってみたり。伊達紋別駅から一駅戻って北舟岡駅へ行った瞬間・・・。はい。もう完璧に旅モード。ほんと、やっぱり来てよかった、と、心から思った瞬間でした。

 やっぱりね、駅って、言葉で言い表せない魅力がありますって。個人的には金と時間を使って、足をひっぱるものを振りのけて行く価値があるものだと改めて思いました。

 とまあ、こう書くと嫌々行った見たいな感じなんですけど、そうでもないわけですが、何となく心のどこかに、楽しくなりきれていない部分をもって出発していたわけです。でもどっかで気分が完全に切り替わってしまう、というのは毎度のことなんで、はい。

 特に仕事が忙しいまま寝台車で行って、その当日、っていうのは気分的に優れないままということはよくある話なんです。といいつつ、函館の路面電車も楽しかったんですが・・・。

 というか、ほんとに気分が優れないんだったら、寝台+4泊の日程なんて考えませんって。でも、心の底から楽しめるようになるにはちょっとだけ時間がかかるというわけです。今回、その足をひっぱるものが大きかったのと、完全に切り替わるまでの時間が長かったということです。1泊2日なら、もう帰る時間帯ですもんね・・・。

●今回の成果、おさらい。
 あくまで、駅で楽しむことを目的にしているのと、単に駅に行って写真に撮ってくるだけだとそのままになるんですが、それをその後、ある程度の期間にわたって自分で楽しんで、記憶の中に定着させるためにサイトというのは必要なもんなんです。旅の楽しさを増幅させるのに必要なツールとしてこのサイトがあるんじゃないかと思うわけです。

 だから、旅から帰ってきた段階では、まだ楽しさの半分しか味わっていないと思っていまして、これから時間をかけて、残り半分の今回の旅の楽しさを味わいたいと思います。

 なんで、サイト作成のために金と暇を使っているっていうわけでもなく、サイト作成のために旅をしているわけでもないんです。

 といいつつも、何となく目標っていうもんがあると、いい意味で楽しめるわけで、「今回の成果」という形にしておきます。

 てか、前置きが長すぎますね・・・。たまにこうやって改めて自分は金と暇を使って何しているんだ?っていうことを考えてみるのもいいかと思うんです。

 だから、余談なんですけど、日本の全駅を目指す、とは考えておらず、「行きたいところ」だけをこの「区間全駅」の対象にしているわけです。

 でー。ここからはサイトの掲載論になってくるわけですが・・・。

 一応完成したもの

  ・函館市交通局 函館駅前-湯の川間(対象は松風町~湯の川)
  ・札幌市交通局

 ということで、「仮置き場」に一部あった札幌の路面電車と、函館駅前を境に、完成していた部分と全く手をつけていなかった部分があった函館の路面電車について、まずは完成。

 そんなわけで、涼しくなってきたんで「路面電車の部」が復活するわけですが、二都市がこのように完成したわけで、あと、遠方でいうと熊本と鹿児島か・・・。この二都市が終わると、「純然たる路面電車」は終わりまして、あと、「多分路面電車」の都電と京福、「きっと路面電車」の京阪の滋賀県の部分、っていうのが残るわけですが、ともかく、熊本と鹿児島が「路面電車が完成」となるポイントとなる都市みたいです。てか、最近、親戚絡み以外で九州ってほとんど行っていないな・・・。

 話が飛びましたが、JRの部として・・・。

「区間全駅」の設定区間過半数が取材完了したもの。

 ・函館本線 函館-森間
  既に「仮置き場」に掲載済・・・函館・大中山・大沼公園・森
  他線区から移動・・・五稜郭(江差線→函館本線)
  今回取材・・・桔梗・七飯・渡島大野・仁山・大沼
  今回も未取材・・・赤井川・駒ヶ岳・東山・姫川

   取材・掲載済10駅/全体14駅→過半数達成。
 なお、森駅については、今「仮置き場」に掲載しているものが、進んでいく方向の雨で抑止中(停まっているところは雨ではなく曇)に撮ったものだったんで、「いつ発車するやら」という状態で撮っていたんで、駅全体を見渡して撮ったものでなかったんです。だから、この駅としては当然撮るべき風景が抜けているわけで(ほんとは海が見える駅なんですけどね)、今回、撮り直しました。でも6分しかなかったんで、実は今回もそんなに完全なものではありません。

 ・室蘭本線 長万部-東室蘭間
  仮置き場に掲載済・・・長万部・小幌・洞爺・東室蘭
  今回取材・・・有珠・長和・北舟岡・稀府・黄金
  今回も未取材・・・静狩・礼文・大岸・豊浦・崎守・本輪西
   掲載・取材済 9駅/全体15駅→過半数達成。

 とまあ、このまま行くと、全駅、列車で回れそうなんですが、難易度の高い駅を残していたりして・・・。

 ・室蘭本線 東室蘭-沼ノ端間(苫小牧で切ると、苫小牧-沼ノ端間がおかしくなるので、沼ノ端で切ることにしました。ただし、掲載対象は鷲別~苫小牧とし、沼ノ端はその次の区間に持って行きます。)
  既に「仮置き場」に掲載済・・・なし
  今回取材・・・鷲別・幌別・登別・北吉原・白老・糸井・青葉・苫小牧
  今回も未取材・・・富浦・虎杖浜・竹浦・萩野・社台・錦岡

   取材済8駅/全体14駅→過半数達成

  というか、これ、過半数の8駅になるように無理矢理調整したという噂もありつつ・・・。

 ・千歳線 沼ノ端-南千歳間(短いですが、南千歳より千歳方面は、取材すべきかどうか迷っているため、ここで切らせて下さい)
  既に「仮置き場」に掲載済・・・沼ノ端・南千歳
  今回取材・・・植苗・美々
  今回未取材・・・なし。  →完成。

 てなわけで、今回、なんか無理矢理という気もしますが、4区間を「区間」としてご紹介できることになりまして、せっかく作った「東へ向かう仮置き場 その1」なんですが、作ってから半年程度で、その対象が大幅に減ってしまうことになりました。
 そんなわけで、この中で残ってしまった、「函館本線 森-長万部間」なんですが、これは列車だけでの取材は多分無理だと思われる区間です。でも、特急列車から見ていたら、列車でゆっくりと回りたい駅が沢山あったんですよね・・・。

 あと、「仮置き場」の新たな対象として、八雲と札幌の各駅が追加されております。というか札幌って、何回も行っておきながら「仮置き場」の対象にすらしていなかったんですよね。

●今回の旅のお題

 いちおう、考えていたことが
  1.路面電車二都市分の完成→達成
  2.せめて特急停車駅だけでも、今回の周遊きっぷの対象区間は繋げておく→達成。

 この「2」なんですけど、「北斗・スーパー北斗」だけにするのか、「すずらん」も入れるのか・・・。「すずらん」を入れることによって、鷲別・幌別・白老が対象になってくるわけで。

 とは言っても、そんなに難しい話ではないんで、これらも対象にしまして、一応「特急停車駅」だけなら、「仮置き場」も含めて、新得まで繋がったことになります。

 というわけで、思いのほか、大沼公園まで繋がったため、長崎からの繋がりは大沼公園駅まで延長されたわけですが、それにしても、今日のこの書き込み、なんなら日程を書ける時間とエネルギーは使ってしまったんでないかと思われる内容でした。

 なお、ここに書いたことは、撮ったと思われる写真が無事、PCに取り込まれることを前提にしております。それが無理だった場合は、上記の限りではありません。

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

仁山駅

 ということで今回の旅の最終取材駅であります仁山駅です。
 といいつつ、帰りつくまで24時間以上あるんですが。
 この日程なら今日の日本海にも乗れたわけで。でも本当は最初、明日の日本海を取ろうとしていました。
 さて、今日の成果は、桔梗、七飯、渡島大野、仁山、大沼、(森)、八雲の各駅です。
 あとは帰るだけと書いておきながら、ちょこちょこと寄っています。
 で、一応2年半ぶりに長崎からの繋がりが延長されまして、大沼公園までつながったことになります。
 はい、特急停車駅1駅分だけです。
 で、この駅の取材で、だいたい撮りたい写真を撮ったかなというところで雨が降りだしまして、ただいまどしゃ降りの中、駅舎の中にいます。
 ぎりぎりのところでしたが、今回は天気にも恵まれました。
 てか、乗る側のホーム、屋根がないんですけど…
 ということで今から特に何もなければ、次の書き込みは、帰宅後となります。

| | コメント (0)

2009年9月21日 (月)

札幌市内

 ということで、所変わって札幌です。インターネットブースがある所なんですが、面倒なんで、今日は携帯から。
 今日の成果は、北吉原、糸井、青葉、苫小牧、植苗、美々、札幌。あとは札幌の路面電車で残っていた電停全部です。
 さて、あとは基本的に帰ることが中心なんですが、もう少し寄って行きます。
 ただ明日の天気が悪そうなんで、もしかしたら青森に早く着いて休んでいるかも知れません。

| | コメント (0)

2009年9月20日 (日)

苫小牧市内 2泊目

 と、携帯からたどたどしく・・・。

 じゃないんですよね。今日は。えっとですね、デジカメ画像がぶっ飛んだらすごく嫌なんで、保険、つまりバックアップを別のSDに取っておきたくて、パソコンを借りたんです。1泊千円。もしデーターがぶっ飛んだら千円どころの騒ぎでないんで、何泊かする場合は、その間でこういうことをしようかなということで、借りてみたんです。とりあえず、ここまでの700枚あまりの画像は、たぶん大丈夫だと思います。(カバンごとなくすとか、そんなことをしたら・・・以下略)

 だから、今日は、自分が泊まっている部屋からPCで書き込んでいるのでした。だから、たどたどしくはないはずなんですが、やっぱりIMEがいつもと違うんで、やっぱり勝手が違います。

 ということで、昨日に引き続き苫小牧市内に宿泊。今回はですね、ほんと、なんとなく泊まりたいなという条件に合う宿が、特に連休の1・2日目って苫小牧では結構空いていたけど、ほかではそんなにないという現象が起きていたんです。だから、昨日は函館で泊りたいのを苫小牧まで来てしまったりとか、ということだったのでした。

 ちなみに、泊まる宿については、いろいろ比較する意味で、それと泊まってみて後悔した場合のリスクヘッジの意味も兼ねまして、あえて違う宿に泊まっています。

 そんなわけで、今日の成果。今日はですね、特にゴールを設けない日、という位置づけでした。特にここまでやりなさいということを決めずに、まあ、暗くなるまで適度に、という感じで始めたんですが・・・。取材順は帰ってから「日程」を書き込むときに分かりますんで、今回は函館方面から書いていきますと・・・

 有珠・長和・伊達紋別・北舟岡・稀府・黄金・鷲別・幌別・登別・白老

 という感じになっておりまして、この長万部から苫小牧の間では

 長万部・小幌・洞爺・東室蘭

 という駅が「東へ向かう仮置き場」にアップしてありますので、何となく、ちょっとずつそろっている感じではあります。

 なお、今回は特にこの間での「区間の完成」は意図していませんので、特に揃わせるつもりもありません。(明るいうちの普通列車の運転本数から考えて、日程的に不可能)

 ただし、今回、「特急停車駅だけでも繋げられないか」と思っていまして、それで、特急停車駅だけはしっかりと拾ったつもりです。(苫小牧は明日の朝ね)あと、帰りに八雲駅を拾っていけば、函館から新得までの「特急停車駅」は揃う予定なんですが、さて。

| | コメント (0)

2009年9月19日 (土)

苫小牧市内

 とまあ、仕事が終わって家に帰ってから、寝台特急で青森。そこから座れずに函館。
 ということで今日の成果は、函館の路面電車のうち、去年やっていない部分、つまり、函館駅前−湯の川温泉間の全電停です。
 とりあえず今回のテーマの一つが終了。
 今回は、何となく北海道ということは書いておいたんですけど、どのへんで何をするかは書いていませんでした。
 ちなみに、今日の宿泊地は、単に函館で泊まろうかなというところがなかったためで、日高本線に乗ることを考えているわけではありません。
 手元のきっぷの範囲外です。
 ではまた、明日忘れていなかったらということで。

| | コメント (0)

2009年9月18日 (金)

更新しました(第639版)

 今回の追加駅・・・飯田線 宮木・北殿・田畑・伊那北の各駅。

 そういうことで、今回も4駅追加。先日の日曜日に更新をした後、そのまま(というか、一部、先日の更新と並行して)更新の用意をしてしまって、日曜日のうちにできてしまっていたのでした。

 それで、前回も書きましたが、5月に取材したものを先に出すということから、ちょっと掲載順序が変則的になっています。北殿・田畑・伊那北駅を追加しまして、これで5月取材分は終了。

 それで、ここから実はずーっと8月まで取材した駅がなかったわけです。6月に名古屋へは行っているんですけど、単に模擬試験と友人に会うためだけだったんで、駅の取材は伴っていませんでした。

 ということから、デジカメの中では飯田線の木ノ下駅(前回追加したもの)の次が、飯田線の羽場駅(これは次回追加予定)となってしまっていたわけで。

 そんなわけで、今回は5月に取材した駅を出し切ったということと、それだと1駅、枠が余るんで、あと1駅、8月取材分を入れた、という意味での変則的な追加方法になってしまったのです。

 一応、次回更新で、宮木駅から伊那北駅まで並ぶ予定です。

 ということで、ここで何度か騒いでいますように、本日の夜より北海道方面へ行ってきます。戻りが連休最終日となる予定です。その間、PC宛のメールとここへの書き込みにはお返事ができないと思います。また、携帯電話からちょこっと書き込むことになると思いますが、早くても土曜日の夜から開始ということと、往々にして忘れることがありますのでご了承下さい。

| | コメント (0)

2009年9月17日 (木)

旅の前

 普通の日記もこれでしばらくはお休み・・・。

 といいつつ、何か書きたいことがあれば、旅行記を中断させてでも書きます。というか、旅行すら中止になったりして。

 そういうわけで、明日は帰宅後、ゆっくり座っている時間もないため、旅の準備は今日のうちにやってしまうのです。

 というよりも、旅の準備って何がいるんやろ?。宿泊先は土日のうちに確保しておいたし、普段は予約だけして終わって、その予約画面のプリントアウトは直前にやるんですけど、今回はすでに土日のうちにプリントアウトしてしまったし。

 あと、路面電車の路線図もプリントアウトしてしまったし、まあ、着替えぐらい?。着替えもビジネスホテルだと、簡易な洗濯はできてしまうことに気づいたんで、そんなに日数分を計算して持たなくてもいいんですよね・・・。

 ということで、いずれここでも旅の持ち物リストなんて作ってみようかと思うんですが(実はかつて、サイトの中にそういうものを載せていたことがあるんですが、今はないです)、意外と忘れるものがあったりします。

 そういや、知らないうちにSDカードの容量、全体的に増えているんですよね。手元にあるのが512MBなんですけど、この前、携帯電話のマイクロSDを買ったら、知らないうちに2GBだったんで、どうせならと今日、SDカードも2GBのやつを買ってしまいました。

 今の512MBで、割と画質を落として写真を撮っているんで、2,000枚ぐらい撮れるんですけど、最近は一駅で撮る枚数も増えてきまして、2泊3日ぐらいだと1,000枚ぐらい撮ってしまうわけです。ってなると、今回、調子に乗って撮っていると、512MBの容量を使い果たしかねない、っていうことで、今回から2GBにしてみました。ただし、画質をアップさせないので、撮れる枚数が増えるだけです。

 それと、旅の間、部屋を乗っ取られることが判明。というか、一晩だけ、知り合いの方、というよりも珠洲に住んでいたとき、かなり親しくさせて頂いた方が泊まりに来られるっていうことで(ワシはいないんですが・・・)、その方が一晩、泊まるのにワシの部屋を使うようで。

 こういう時和室っていうのが、客間として使われてしまうんですよね。妹の友人が2人ぐらいで泊まりに来たときも、なんか、ワシは旅に行っていて、その間に3人でこの部屋を使って合宿状態だったらしいし・・・。

 8畳の和室で、実際、その4分の1ぐらいのところを普段使っていて、寝るときに布団をひいても(一応、寝るときと起きたときに布団を上げ下ろししています。偉いやろ・・・。ただし、日曜日は1日中引きっぱなしです。)全体の半分しか使わないんで、散らかる部分って限られているわけです。だから最悪、片付けなくてもテーブルを隅に寄せれば、普段の状態でも3人ぐらい寝ることはできるんです。

 とは言っても、やっぱり事前に分かっている以上は、ということで、さっきから部屋を掃除してみたりしています。本棚も寝ている試験勉強の教材をちゃんと立たせてみたりとか。

 そういうわけで、あとは電池の充電関係。でもこの前高崎で買った充電器も持って行くし、最悪1日分充電できていれば十分か。携帯電話は・・・。この前電池が3つから2個になったと書いたんですが、まだ2個なんですよね。2週間経つのに。っていうことで、一応、この段階で充電してしまうことにして、多分要らないとは思うんですが、ACアダプターも持って行きます。

 とりあえず、今年最大の宿泊数ではあるんで、ちょっと普段とは感覚が違うのと、仕事をしている日の寝台列車に乗ってしまうので、何となく仕事をしていてもずっと落ち着かない状態が続いているのでした。

 というか、何となくこれ、「普通の日記」というより、もう旅行記が始まっているような気がするんですが・・・。これで旅が中止になると笑い話です。

| | コメント (0)

2009年9月16日 (水)

1時間

 この近辺の話でいうと、普通の日記はあと2日しか書けないんです。って、旅行記を書いている間に別にちょこちょこと普通の日記を挟めばいいんですけど。

 ともかく、今日、明日と普通の日記を書いたら、明後日は「更新しました」の書き込みにします。というか、次の更新の用意はしてあるんで、PCが壊れたり、ネットに繋がらないということにならない限り(その可能性が大きいのですが)、金曜日に更新をします。

 とまあ、あと2日しか書けない割に、普通の日記のネタがない、というか、事情があって、ちょっとネタを制限しているため、書こうと思うことが書けないんですが、さて・・・。

 一応、一時期、試験勉強のことをいろいろ書いてはいたんですが、今はシーズンオフですからね・・・。

 とは言っても、何もやっていないわけでないんで、ちょこっと自分の記録がてら書きますけど、この前受けた科目は12月の発表まではほとんど何もしないことにしています。それで、新しい科目をやっているわけなんですが、「新しい」と言っても、何やかんや、この科目を初めて勉強してから10年ぐらいになるわけで、試験レベルに達していない、というか全範囲やっていないのに、試験会場へ行って受けたことは、何年か前に何度もあるという、消費税法です。

 まあ、これが無駄だったかというと、一応、前の会社では「一番消費税に詳しい人」だったんで、あながち、仕事には役に立たなかったわけでなく、むしろ、今の仕事にも繋がっている大事な知識ではあるんです。単に試験の結果には結びついていないだけで、仕事をしていく上では重要な分についてはすでに修得済・・・。

 とは言っても、仕事と試験というのは往々にして違うもので、今後は試験に受かる力をつけることを第一に考えねばなりません。

 ということで、消費税法の試験勉強。一応ですね、平日朝の7時半から8時半という時間帯だけはきっちりと続いております。多分、この時間帯がなかったら、今年も挫折していたと思います。

 今のところ、前にも書いたとおり、去年挫折して、形上、12月まで受講した教材は持っていて、講義音声もダウンロードしたやつをちゃんと合法的に保存してあるんで(1月からは別の科目に変更した)、8月の試験が終わってからすぐに昨年の9月に開始したものを始めまして、1ヶ月進んでいる状態・・・・、というのが1週間前の話。

 でですね、只今、この消費税法の勉強をする上で「2つめの山」と言われているところなんです。分かる人に書くと(いないと思いますが)、個別対応方式とか一括比例配分方式が出てきたあたりです。はい、これって10月中頃の内容です。ちゃんと進んでいるんです。

 それで、実はこれ、昨年の「挫折点」でもあるんですよね。昨年、実はここまで講義を聴いて問題は解いてあるんです。ここからが昨年、全くやらずに1年が経とうとしている部分。

 それなんですが・・・。えっと、なんかここへ来て進度が遅くなったような。一応、問題集の問題は3回ずつ解いてから次へ進んでいるんですが、なんかこの、この前聞いた講義の部分の問題を一通り解こうとすると2時間半かかってしまうんですよね・・・。っていうことは、1日1時間、土日は休みってやっていると、本来の進度である1週間に1回の講義には間に合わないわけで・・・。

 もちろん、12月までの一通りの範囲の講義が、昨年のものなんでちゃんと手元にあって、1ヶ月、自主的に進んでいる状態なんで、1週ぐらい遅れてもなんて言うことはないんですが。4週さえ遅れなければ、別に、早く進んでいる状態には変わりないわけで、そのままで行けば1月から上級コースの「今年の講義」に合流できるんですが・・・。

 まあ、昨年挫折した点でもあるんで、焦らずにちゃんと問題は解いておこうかと思います。で、連休の間、出かけるんで、そこでまた遅れるわけで、多分、朝の1時間を勉強に向けるという習慣がなくなってしまったら、今年も挫折することは保証できます。

 ほんと、朝の1時間って大事なんだなと改めて感じたんですが、この朝の習慣だけは死守せねばなりません。

| | コメント (0)

2009年9月15日 (火)

繋がらない・・・後日談

 この前、今まで8年半使っていた携帯電話に別れを告げて(と言っても、目の前にあるんですが・・・)新しい携帯にしたんですけど、なんかこの携帯、やっぱり噂通り電池の持ちがいいかも。

 実はですね、この前群馬に行く前に充電しまして、それから1週間経っても電池の表示が3つのまま。それで、ようやく今見たら2つになっていたと言う始末。ということは、金曜日の夜→その次のまた次の火曜日の夜、っていう期間を経て一つ減ったわけで。

 そりゃ、まあ、しょっちゅう話すわけでないし、ワンセグもほとんど見ないし(たしかこの期間、1回だけ試しに見たぐらい)、電池を減らす要素もないんですけど、前の携帯も確かに電池は持つ方だったんですが、でもこれぐらい使えば4日ぐらいで3つから2つになってました。御覧の通り、旅の間、携帯からここへの書き込みは3回ぐらいやってますし、しなの鉄道のフリーきっぷの値段を調べたりしていましたし・・・。

 ということで、電池の持ちに大満足な今日この頃。

 そんなわけで、気合いを入れていくつか書きたいなと思うことがあるんですが、まあ、それはそのうちということで、この前ちょっと騒いでいた「ネットが繋がらない」の記録を。

 たしか、群馬に行く前から何か繋がらない→Windowsの更新のせいだろうか→次の日に繋がった、みたいなことを書いていたと思うんですけど、ともかく、多分、回線のせいだろうなと思っていたんですよね。

 確かに、こういう時に「ケーブルモデム」の電源を切って、数分おいて、もう1回繋ぐ、って言うことをやるのが定番なんですが、それをやっても繋がらなかったし、回線そのものがおかしいのかな、そろそろケーブルテレビを辞めて光とかにしよっかな?とか思っていたわけです。

 確か、ケーブルテレビでのインターネットをやり始めたときって、選択肢がADSLじゃなくてISDNだったんですよね。その時と違って、今は選択肢も広がったし。

 それで、2回目に繋がらなくなって、ダイヤルアップで無理矢理繋いで、こういう時のためにNIFTYの契約を、一番安いものにしながら残しておいてよかったな、と思いつつ、でも、この遅さには耐えれん、と思いながら、ここへの書き込みだけやっていました。

 そんな感じで土曜日。時間もあるんで、何度か電源を切ったり、あるいは診断プログラムを動かしてみたり。そんなことをすると待たされる時間が結構あるんで、意外と読書の方は進んだり・・・。

 あとですよね、妹のPCでネットは繋がるわけです。っていうことは、回線の問題ではなく、やっぱりPCの問題なんかな・・・。あと、古いWindows95のPC(しかも95年に買ったやつ)が残っているんですが、それはネットに繋がりませんでした。というか普段繋ごうとしていないんですが(たまに母親が電源を入れて麻雀ゲームをしているだけ)実は繋がらなかったみたいです。

 まあ、電源を入れたついでにそのPCに入れてあった「ぷよぷよ」で遊んでみたり・・・。

 で、自分のPCに戻りまして。気づいたのが、TCP/IPの設定のところでIPアドレスを設定するところがありますよね。(分からん方は読み飛ばして下さい)そこは普段「IPアドレスを自動で割り当てる」設定にしていまして、何も数字は入れていないんです。

 それで、繋がらないくせに、IPアドレスは自動で割り当てられているんですよね。つまり、電源を入れた瞬間、どこかの段階ではネットに繋がっているということなんです。

 そこで、適当に(例えば職場のIPアドレス)入れて、当然それでは繋がらないんですが、その次に再度「自動で割り当てる」にしたら、その瞬間、15秒ぐらい繋がるわけです。

 なんかその、「外界に開かれた15秒」を有効に活用しよう、みたいな感じになってきまして。例えば、某2ちゃんねるの専用ブラウザで見ているなら、一つのスレッドの新規記事をその間にダウンロードできるわけです。

 とまあ、30秒の作業→15秒の接続、何ていうことを繰り返していてもしょうがないんで、でも繋がるっていうことですよね。はて?。

 ともかく、その貴重な15秒を使って、適度に検索をしてみたらLANポートがおかしいんじゃない?みたいなことが分かったわけで。

 うーん、それかな?。で、ノートPCなんで、もともとくっついているLANの差し込み口じゃなくて、昔懐かしいLANカードを挿してみればいいんか。でも、前使っていたやつは、差し込むところが壊れているし・・・、待てよ、何かLANカードの箱があった。

 ってことで、その箱、LANカードを使おうとして買ったんですが、何かの理由で使う機会がないまま封を切らずにおいてあったんです。それで、インストールして挿してみて・・・あーつながった。

 というわけで、一生懸命ソフトの設定を見ていたんですが、どうもハード的な問題だったらしく、新たにLANカードを挿すだけで繋がりました。

 いやほんと、ここにたどり着くまでにウイルス対策ソフトはアンインストールしてしまったし(その後再インストール)、当然、Windowsの自動更新はオフにしてしまったし・・・。

 で、ダイヤルアップにしたら繋がる、っていうことは、結局はネットへ繋がる入口を変えることだったんで、そりゃ、LANポートが壊れていても繋がるわな、ということで。

 そんなわけで、繋がってよかった・・・。それと、ヤケになってOSの再インストールをしなくてよかった・・・。

| | コメント (0)

2009年9月14日 (月)

宿泊

 そんなわけで、久しぶりに普通の日記・・・、となるところなんですが、途中で「繋がらなくなる」という出来事が起こってしまいまして、なんとなく、途中に普通の日記を挟んだような形になっていました。

 旅行記の方は、最後は何となく舌足らずになったんですが、特に富山駅から金沢駅前の間、あるいは家に帰り着くまでの間に変わったこともなかったし、これでいいんかなと思います。

 とりあえず、上越線はすべて終わりまして、あとは現在JRの信越本線も終わったということで。高崎まで繋がったんですが、まあ、そこからはそんなに苦労しなくても東京まで行き着いてしまいそうなんですけど、一応、ここで止めておきます。もしかしたら、中央東線を甲府・大月・八王子と伸ばしてきたら、それを八高線を介して繋げてみるとか、東北本線を大々的にやることになったら、両毛線を介してそれに繋げてみるとかっていうことは将来的にあるかも知れませんが、今のところは考えていません。

 って、「今のところは考えていない」と言いつつ、1年後、どうなっているか分からないんですけどね。まさか、飯田線をこれだけ大々的にやることになるとは1年前、全く考えていませんでしたもん。

 それと、「金沢駅を発着する昼間の列車」の範囲は全部ご紹介しているんですが、これに夜行列車を付け加えると、定期列車なら上野まで、臨時列車も加えると札幌まで、という話になるんで、意外と高崎線をやりだす可能性もあります。

 さて、何となくシルバーウイークの方の行き先も決まっておりまして、これは書いたかどうか忘れたんですが、しっかりと18日の「日本海」を取っていたりします。この日はバタバタするな・・・。

 あと、ちゃっかりとその後の宿泊先は全部予約済だったりしまして、そうして、周遊きっぷも発注しといたし、何やかんや言って準備はできていたりします。

 それにしても・・・。いつの間にやら、宿泊先は「健康ランド・カプセルホテル」というものから、普通にビジネスホテルに泊まる人間になってしまった・・・。何て言うんやろ、贅沢を覚えたんかな・・・。

 なんかね、人間って生活水準を上げると戻れなくなる、っていうことがありますけど、その方向に行ってしまったんかな・・・。20代の時は宿泊先は健康ランドかカプセルホテルでないとなりません、っていう感じで、駅から結構歩いて、しかも雑魚寝をしていたんですけど、そういう生活には戻れなくなったんかな・・・。

 というよりですね、なんかね、プライバシーが守られた空間が欲しいんですよね。そして、そこからなるべく出たくないというか。

 健康ランドの場合は全くそういう空間がなく、カプセルホテルの場合はカプセルのあの空間だけ。ビジネスホテルになるとちゃんと荷物を広げて、本を読んだり、あるいは試験勉強の用意を持って行っていたらそれもできるし、できることはカプセルホテルより多いんです。

 ということもあるんですが、駅前の、しかもどの都市にもある、っていうことになるとやっぱりビジネスホテルになってくるわけです。

 この前の高崎にしても、沼田と新前橋には、ある程度歩くとカプセルホテル兼健康ランドがあるわけですが(もしかしたらなくなったかも知れないので、行こうと思われる方は要確認)、結局は高崎駅前のビジネスホテルに泊。

 これね、次の日は高崎駅から始めると楽だし、しかもこれらの施設から駅までの徒歩30分ぐらいとかも結構もったいないんですよね。だから、「区間全駅」ということをやって、しかも朝の運転本数の多い時間帯を有効活用しようとするとどうしても駅に近いビジネスホテルっていうことになってくるんです。

 あと、カプセルホテルが素晴らしい都市というのもそんなに多いわけでなく、東北なんか、仙台にカプセルホテルはあるんですが、そこもなんか辞めといた方がよかった、って思ったぐらいで、満足度がほとんどないわけです。

 そうやって考えると、カプセルホテルの満足度が高い、広島・岡山・福岡・大阪。あとこの前からそれに名古屋が仲間入りしたんですが、これらの都市に限り、今後もカプセルホテルに泊まり、それ以外の都市はビジネスホテルになってくるんかな・・・・、と思っています。

 ということで、以前みたいに、主要駅の隣の駅から30分ぐらい田んぼの中を歩いて健康ランドに行き着いて、雑魚寝する、っていうことは今後、ほとんどなくなってくるんだろうなと思っているんですが、ひょっとしたらそれだけの目的で行ってしまうかも知れません。

 ちなみに、シルバーウイークの宿泊は、寝台車1泊、ビジネスホテル3泊、カプセルホテルのデラックスタイプ1泊となっています。しかも、寝台車1泊を除いて、すべて大浴場ありというところを選んでいるのでした。

 どうしてもビジネスホテルになると風呂の満足度が低くなるわけで、できれば健康ランドに併設されたビジネスホテル、っていうのが理想なんですが、「一番安いビジネスホテル」を避けて、多少高くても大浴場のあるビジネスホテルを選んでしまうのでした。

 一応、値段の基準はB寝台車。つまり6,300円より低め、できれば平均5,000円ぐらいにしています。もちろん、その都市で6,300円じゃ収まらなかったら仕方ないんですけど、なるべく6,300円までの範囲で、満足度が高そうなところを選んでいるのでした。

| | コメント (0)

2009年9月13日 (日)

更新しました(第638版)

 今回の追加駅・・・飯田線 時又・川路・天竜峡・木ノ下の各駅。

 そんなわけで、今週も4駅追加しました。そのうち、飯田-天竜峡間の取材済駅ということで前回から追加してきましたが、早くも今回で完結。時又・川路・天竜峡の各駅を追加しています。

 そして、残り一駅の枠があるわけですが、ここで辰野-駒ヶ根間を開始することにしました。そのうえで、ほんとは宮木駅から始めるべきなのですが、先に5月取材分を出し切ってしまうことにしましたので、木ノ下~伊那北の各駅を先に掲載してしまうことにします。そういうことで、今回はポツンと木ノ下駅を追加することにしました。

 さて・・・。来週は確実に土日に更新ができないのですが、いつ更新することになるでしょうか?。

| | コメント (0)

2009年9月12日 (土)

群馬方面:トピック的(3)

 何とか、難なく繋がるようになりました。ちなみに、原因は多分、PCのLANポートが壊れていたんだと思います。昔使おうとして、結局使っていなかったLANカードを差し込むことにより(もちろんドライバーも入れたり、その他諸々)繋がるようになりました。

 っていうか、ここに行き着くまでが結構、大変だったんですが、また後日気が向けば、ネタがないときに書きます。

 ということで、旅行記の続き。

●信越本線 下り
 そんなわけで、松井田駅から一旦高崎駅へ戻り、そこから始発(と言っても結構遅い)で横川方面へ。天気が何となく優れないなと思っていたら、松井田駅あたりで何となく雨が降った跡がありました。

 西松井田駅は何となく雨の跡が残る中、撮りまして、横川駅へ。直接、連絡バスに接続している列車の1本前で到着。これも、前日、松井田駅まで取材するかどうか迷った挙げ句の結果なんですが、その判断がよかったことが後から判明。

 ともかく、駅の取材をしまして、鉄道村の方は開いていなかったんで、何となく軽井沢方面の線路をちょっとだけ眺めて、バスへ。一番前は座れなかったけど何となく空いた状態だな・・・、と思っていて、その後列車が到着すると、何か多くの人がこっちへ向かってきます。

 結局、かなりの人が席に座れないまま、しかも「中の方、もう2歩下がって下さい」なんていわれていたりするぐらいで、多分、この直前の列車に乗ってきて、しかも取材なんかしようものなら確実に座れなかったな、と思いながら。

 と言うわけで、だいぶ後になりますが、松井田駅をアップしたときに「なんやこれ、だいぶ暗くなってからではないか」と思っても、この横軽のバスでの着席との引き替えだったと思ってください。

 さて、過去に一度は乗っているこのバス。座れたことだけは感謝しつつ、前回は結構空いていたのになと思いながら、山道を通り軽井沢へ。ほんと、峠を越える道と、軽井沢の町の中とはえらい違いです。

●しなの鉄道
 さて。本当は、しなの鉄道、今回は本格的に取材するつもりもなく、ただ、時間があったら乗り放題のきっぷも検討しようかな→結果高くつきそうだったので普通のきっぷにした、というぐらいで、できれば運転本数の多い上田~篠ノ井ぐらいで、数駅降りられればいいかなというぐらいの心づもりだったんです。

 でも、横軽のバスが、当初想定していたものより1本早くなってしまったことと、金沢着を遅くてもいいことに決めてしまったことで、結構しなの鉄道で時間を使えることが分かったわけです。

 となると、運転本数が多い区間で、なるべく駅数を稼ごうかなと思ったんですが、この、乗り放題きっぷが高いしなの鉄道。次回のことをちょっと考えないとダメなんですよね。

 例えば、次回も乗り放題きっぷを使わず、なおかつ、篠ノ井方面から入ってくるとなると、今回、すでに軽井沢にいるっていうことは、軽井沢から順に埋めていった方が、次回楽だし、きっぷも安くて済む。今回は線内、どこを集中的にやってもトータルの運賃は変わらないのだし(基本的に軽井沢→篠ノ井という動きはしなくてはならないのだし)、やっぱり軽井沢から順に埋めていこう、と思ったこと。あと、次回、「小布施・軽井沢パス」(だっけ?。今回買おうとして買うのを辞めた、しなの鉄道と長野電鉄乗り放題のきっぷ)ではなく、「北回廊パス」を使うとなると、これでの乗り放題区間は篠ノ井~上田なんで、となると今回はなるべく上田~軽井沢を埋めていった方が、やっぱり次回のためになる。

 なんていう判断の下、今回は軽井沢から順に埋めていくことにしました。うち、信濃追分・中軽井沢は、通常のきっぷだと運賃的に不利になるんですけど、順を入れ替えて(行きつ戻りつやって)、それ以降は行って戻ると例えば御代田駅で7分しかないなど、ちょっと面白くない部分もあるんで、一駅ずつ、運転間隔だけ待つことにして、小諸では接続する乗換でも結構時間があるんで、それを利用することにして、あとは金沢駅到着時刻を設定すると、今回は田中駅まで、ということになりました。

 そんなわけで、各駅の状況は、またいずれアップしたときとさせて頂きますが、このあたりまで来ると晴れていて、結構よかったです。

 ということで、御代田駅では時間がかなりあったんですが、観光する場所もなく、単に駅前のベンチと、ホームのベンチでぼーっとする時間が長かったこと。平原駅はパッと降りたところ、特に民家もなく(民家を駅前に建設中)、寂しいところにあるんですが、主要道路が割と近いので、そんなに寂しさがないこと。あと、反対方向の列車から、乗り間違えた、って言って、中年の女性が2人降りてきたこと(よりによってこの駅で反対方向の列車を待つんかい・・・)っていうぐらいは特に変わったことはなかったかと思います。

 ただ、平原駅以外はしっかりした駅ばかりで、これも飯田線とは大きく違うところかと思います。

●帰る
 というわけで、田中駅を最後に、あとは篠ノ井までのきっぷを買い、篠ノ井からは青春18きっぷを使い、長野へ。

 さて、ここから、3週間前と全く同じ行程になります。

 というのも、これ、前回と全く同じ事情になるんですけど、金沢駅着を1本早めると、長野発で1時間早くなるわけです。となると、今回は滋野と田中の各駅を諦めなくてはならなかったのです。

 しかし、金沢駅に着いてみると1本早いのと20分しか違わないんですよね・・・。ということは事実上、20分遅く着くだけで、しなの鉄道の駅を2駅多く取材できるということで。これ、前回の飯田線でも同じ事情だったわけです。

 そういうことで、3週間前も今回も同じ事情で、同じ列車だったわけですが、1本前だったら、長野~直江津が特急型車両(「妙高」)だったわけで。それでもよかったのかなと思いながら、途中までは立っていったわけです。

 さて、前回は直江津駅で駅弁を買って、それを夕食としたわけですが、今回は、コンビニで軽く何かを買って、あとは富山駅でうどんを食べる方式にしました。

 と、書いているうちにあと1分で今日が終わるんで早々にアップします。何か続きを書こうかなと思ったら、月曜日に何か書きます。

| | コメント (0)

2009年9月11日 (金)

群馬方面:トピック的(2)

 と、今日もダイヤルアップ接続なんですが、とりあえず、旅行記の方を放置していてもしょうがないんで、書くことにします。

●高崎から
 そんなわけで、まだ寝るには早いこの時間帯。ここから信越本線方面へ繋げてみることにしました。

 というか、井野駅の取材時間をちょっと短くしたのは、横川行きの列車に時間を合わせたためでして、あと、高崎駅も、ホームとそれ以外の場所で取材を分けたのも、横川行きの列車に時間を合わせたためでして。

 そういうことで、ちょっとタイミングがよく、「行きつ戻りつ」できる運転間隔だったんで、最初だけ、2駅進んで1駅戻り、あとは一駅ずつ。

 さて。普通の「駅訪問」なら、暗くなっても続けていけばいいんですけど、「区間全駅」の場合はそれなりの明るさで写真を撮るということが前提としてあるんで、暗くなったら「今日はおしまい」となるわけです。

 その暗くなる限界がいつも迷うんですよね・・・。いずれアップしますが、高崎から見て一駅ずつ暗くなっていくのがお分かり頂ける構成になると思います。(実際は横川→高崎という掲載方法になります。)

 で、結局、次の日の始発電車と、横川からのバス、並びに横川での時間を確保することを考えると(この言葉の意味は時刻表を見ると分かるかも・・・)、松井田駅まで取材した方がいい、と言う結論になりまして、松井田駅はかなり無理矢理の取材となっております。

 まあ、次の日の朝はちょっと雨も残っていたんで、夕方と大した変わらない明るさだったんですが・・・。

 とりあえず、信越本線内に入ってもしっかりした駅舎の駅は続き、この日は松井田まで。そこから折り返したのですが、折り返しの列車を待っている間にさらに暗くなってきて、やっぱりこの駅が限界だったんだろうなと思いました。

●電池を買いに・・・
 それで、使っているデジカメって、単三電池を入れるタイプなんですが(専用電池だと電池切れになると面倒なんで、あえて多少大きくなっても、汎用の電池を使うデジカメにした)、普通のアルカリ電池を使い捨てていてもしょうがないんで、充電式の電池を使っております。

 ちゃんと充電したつもりだったんですが、どうもうまくいっていなかったようで、なんか、妙に早く終わったんですよね。それで、予備のアルカリ電池も使い果たすという始末。

 2泊以上なら充電器も持ってくるんですが、1泊なんで大丈夫だろうと思って持ってこなかったんですよね・・・。

 コンビニか売店で電池を買わねば、と思いつつ、だましだまし、使い終わった電池に替えて松井田駅まで取材したんですが(意外と、多少休ませると、一駅ぐらいの取材はできるもんですよ)、なんかコンビニとかで買うのも割高かな?と思いつつ高崎駅へ。

 えっとですね、駅周辺をウロウロしていたら、すぐ駅前にヤマダ電機があるんですよね。さすが高崎市。ほんと、旅先で勝手が分かっている電機屋さんがあると重宝します。同じ駅までも「なんとかカメラ」とかだと勝手が分からないんで敬遠するんですけど、ヤマダとかコジマとかなら慣れているんですぐに入れます。

 こういう「なんとかカメラ」でなく「ヤマダ」があるのも、車社会であるということと同様、何となく親近感をおぼえます。

 しかも、ちゃんと財布にポイントカードが入っていたんで、ご来店ポイントを入れて、店内へ。

 でも、なんか店が大きすぎて、さて、電池は何階にあるんでしょうか?。金沢の場合は売り場が2階に別れているだけで、何となく感覚で買いたいものがある場所が分かるんですけど、5階ぐらいに別れてしまうとちょっとウロウロしてしまいます。

 で、ようやく見つけまして、結局、もう2本、同じ充電池と、あと充電器(急速タイプ)を買ってしまうことにしました。

 充電器もあるにはあるんですけど、つまり、サンヨーのエネループを使っているんですが、充電器はエネループが出る前の古い充電器だったんです。ここでエネループ専用の充電器を手に入れておくことにしました。電池を買うよりは高くついたんですが、結局、後々のことを考えると安くついたはず・・・。

 そのあと夕食。駅舎の中にある吉野屋。

 えっとですね、旅先に来てまで吉野屋かい・・・。

 ってなったと思うんですけど、実はですね、私の普段の行動範囲内に吉野屋ってないんですよね。金沢に吉野屋がないわけでないんですけど、普段行かないところにあるわけです。だから地元にいて吉野屋に行くことって皆無なんです。(別に土日とか、車をちょっと走らせれば行けるんですけどね)

 っていうことは、こういう時でないと吉野屋で牛丼を食べることができないんです。はい。

 思えば、吉野屋で牛丼を食べるって、ほとんどが旅先なんですよね・・・。

 そうして夕食を食べたあと宿泊先へ。今日の宿泊先はですね、アパです。はい。こう見えても「初アパ」です。アパデビューです。というのも、なんか天然温泉の大浴場があるとかで・・・。最近は健康ランドとかカプセルホテルに泊まる機会が少なくなった代わりに、宿泊先を選ぶ基準が大浴場なんですよね。

 そうやって、高崎駅構内の放送を聞きつつ風呂に入り(風呂からホームの音がよく聞こえます)、部屋に戻って割と早めに寝ました。

 ようやく1日目が終わったんですが、明日はネットが繋がるといいな・・・。でも繋がらなかったらそれはそれで有意義な時間を過ごせそうな気がするし、それでもいいかも。

| | コメント (0)

2009年9月10日 (木)

ダイヤルアップ

 あー、ちょっと遅くなりました。っていうことで、本当は旅行記を続けるつもりだったんですが、早く寝たいんで、今日はお休み。軽く普通の日記を書きます。

 というか、なんか、定期的にネットが繋がらないという日があるみたいで、どうも、PCに問題があるんじゃなかろうかと思われる次第。あー、ちなみに、ADSLとかじゃなくて、ケーブルテレビ(CATV)を使ってます。

 えっとですね、こうやってネットが繋がらないっていう日は、必ず「Windowsの更新」っていうもんが入ってくるんですよね。

 これが入ってくると、PCの動きが恐ろしいぐらい遅くなりまして、例えば文字を打つと、それが画面に出てくるまで5秒ほどかかったりとか、とんでもないことになるわけです。あと、PCを離れると、なんか恐ろしいぐらい反応が鈍くなっていて、クリックして1分後にようやく反応するとか・・・。

 てなわけで、「Windowsの更新」って、このPCにとっては迷惑以外の何ものでもない、ということなんですが、最近はこうやってネットにまで繋がらなくしてしまいましたか・・・。一応、只今、緊急避難として、自動更新をしない設定にしてみたりしているんですがさて?

 ちなみに、今日はさっきから再起動をする→ダウンロードしてあったWindowsの更新のインストールが始まる、みたいな感じで、ずっとPCの前に座りつつ、PCが使えない状態になっています。おかげで、結構、読書の方は進みました。

 こうやってネットに繋がらない日って、たどたどしくメールで打つとか、この前は一旦携帯のメモ機能と、ケーブルを駆使して、携帯のメモをPCで編集するなんていう技にでたりしていたんですが、今日はなんか、普通に打ってます。

 実はこの前、繋がらなくなったとき、ダイヤルアップでの接続の方法をNIFTYのサイトからチェックして、PDFの形で手元においといたんです。ってことで、ダイヤルアップで接続して、このブログ投稿画面まで持ってきて、そこから回線を切っているという状態。

 回線を切って、CATVの接続を復活させてみたらなんか動くんですが、やっぱり切れてしまうと言う始末。でも、今やってみたら、あー繋がった。メールをダウンロードして・・・、ありゃ停まった。ってことで、PCとネット、どっちに責任があるんやら。(ちなみに、Windowsの更新は止めてある状態)

 それで、話は戻しまして、ともかく、ダイヤルアップ接続を駆使して、ここの画面まで持ってきたんですが、なんか昔懐かしい・・・。

 うちの電話回線、ネットで使っていたときもずっとアナログ回線だったんですが、ISDN(これも懐かしいね)が出て、それでもアナログ回線。何かしようかなと思っているときに、家を建てることになって、それを機会に約10年前にケーブルテレビの回線にしてしまったんで、結局電話回線の方は未だにアナログ回線なんです。

 そのうちに、家中全員が携帯電話を持ってしまったんで、そんなに加入電話も使わないんで、アナログ回線で十分すぎる状態になったんですが、こうやって、久しぶりにダイヤルアップを使うと、結局はアナログ回線。10年前に戻ってしまうわけです。

 せっかくなんで、PCのボリュームを上げて見ました。カタカタ、っていう音とともに電話をかけて、ピーヒャラと音が聞こえてきて、IDとパスワードを認証しています、っていう表示が出て、いよいよ「繋がりましたよ」っていう表示。

 そこから、ともかく目的のことをやって、早急に回線を切る準備をせねばなりません。

 でも、なんか、画像なんて一つ一つ、ようやく表示されているような状態。この書き込みの画面でも、いろんなところに画像って使われていたんだなと改めて感じました。

 最近のブロードバンドに慣れてしまうと、ほんと、いろんな画面の表示が遅い。でも、昔のPCよりモデムの通信速度自体は早くなっているんですけどね。

 そんなわけで、意外なところから、10年前にタイムスリップしたみたいな状態になったわけですが、さて、ここからもう一度回線に接続して、ネット上にこの文章をアップせねばなりません。できるんでしょうか?。

| | コメント (0)

2009年9月 9日 (水)

更新しました(第637版)

 今回の追加駅・・・飯田線 向市場・飯田・毛賀・駄科の各駅。

 ということで、ちょっと今回の更新が遅くなってしまいましたが、4駅追加。「表面上の仮置き場」である、飯田線の天竜峡-中部天竜間に1駅追加。いちおう、この駅までの4駅はきれいに連なっています。

 あとは新規区間である飯田-天竜峡間を設定しまして、その中で3駅追加。この区間は10駅あるんですが、6駅取材済なんで、過半数達成ということで、正式な「区間」としております。

 何となく雨の中の様子が続きますが、やっぱり緑の乏しい時期の雨と違って、何となく見るに堪えないと言うほどでもないかなと思ってはいますが・・・。

| | コメント (0)

2009年9月 8日 (火)

群馬方面:トピック的(1)

 そんなわけで、更新の用意は一駅分だけやったんですが、そういや今回は新規区間をやるんだった、ということで、意外と時間がかかるんで、今日のアップは諦めております。明日に期待(他人事)。

 では、今日は旅行記を

●駅の取材開始まで
 えっとですね、気づかれた方いらっしゃるかどうか、前回の「伊那市・駒ヶ根方面」と、1日目の金沢→富山間と、2日目の長野→金沢間、全く同じ列車に乗っています。

 まあ、金沢5時30分って、結局は、東の方へ向かうときの定番なんですよね。それで、前回は糸魚川で降りる必要があったんで、富山で1本普通列車を見送って、その次の普通列車で泊まで、そこから北越に乗ったわけなのですが、今回は直江津まで行ってしまうんで、糸魚川を通過する「はくたか1号」に乗ることができるわけです。

 で・・・。前回(飯田線へ行ったときの旅行記)、この乗り継ぎ、今までの感覚では東へ向かうことができなくなった、っていうことをくどくどと書きましたが、魚津で「はくたか1号に乗り換える」っていうことは、富山から泊行きの普通列車に乗り継げば、今まで通りできてしまうわけなんです。

 そういうことで、1年に1回はやってしまう、この「魚津駅でのはくたか1号への乗換」。今年もやってしまいました。いやほんと、魚津始発のサンダーバードを横目に、普通列車を降り、しばらく待っていると「はくたか」が入ってくるというシチュエーション、これをやると「夏だな・・・」って思うわけです。ただし、実際はもう秋なんですが・・・。

 ちなみに、昨年8月の旅行記を見てみると・・・
 8月15日(金)
 【金沢】5:30発-(普通)→【富山】6:26着、6:32発-(普通)→【魚津】6:56着、7:00発-(特急はくたか1号)→【直江津】7:51着、8:10発-(普通)→【☆黒姫】9:19着(以下略)

一昨年8月の旅行記を見ると・・・
8月18日(土)
 【金沢】5:31発-(普通)→【富山】6:28着、6:31発-(普通)→【魚津】6:55着、7:00発-(特急はくたか1号)→【★越後湯沢】8:41着、8:56発-(普通)→【★塩沢】9:13着(以下略)

さらにその前の年の9月2日
【金沢】5:32発-(普通)→【富山】6:28着、6:31発-(普通)→【魚津】6:55着、7:00発-(特急はくたか1号)→【直江津】7:51着、8:15発-(普通)→【大池いこいの森】8:31着(以下略)

ほんと、毎年同じ事やってます。

 ちなみに、別に、金に糸目をつけないなら、6時5分に金沢駅を発車する「はくたか1号」に乗ってもいいんです。でも「青春18きっぷ」を使うなら、結構、この35分がかなり金銭的に違うことになるんです。

 あと、越後湯沢まで「はくたか1号」に乗ってもよかったんですけど、結局は1時間、越後湯沢で待たなくてはならなくなるし、その間に取材する駅もないんで、直江津から北越急行の普通列車に乗り換えています。どうせ、北越急行内の乗車券部分は買わなくてはならないんで、金銭的には大差はないんですけど、(でも確か1,300円ぐらい違うか・・・ビジネス書1冊買える)ほくほく線の普通列車にも久しぶりに乗っておきたかったし、そうしました。

 六日町での同時刻乗換。これ、別に越後湯沢で乗り換えれば結果は一緒だし、そうしようかなと思っていたんです。まあ、六日町で乗り換えておけば、越後湯沢からの座席は確保しやすいかなという程度。それと、2年前に取材した、この区間の駅を一駅ずつ見ることができるということ。(北越急行の普通列車で行くと、六日町から越後湯沢の間は快速運転になるんで、各駅を眺めることが難しい)

 それで、六日町に着いて、水上行きの普通列車が後ろから近づいていたんで、思い切って走ってみることにしました。(別にそれで乗り遅れても、さっきまで乗っていた列車はしばらく停まるんで、戻ることはできる)あとは、日程表の注釈に書いた通りの結果。一応は間に合いましたが、まねをしないで下さい。

 そのあとは、2年前に取材した各駅を見ながら水上へ。あと2駅「仮置き場」でご紹介している2駅も通り過ぎ、いよいよ上越線の「続き」になるわけです。

●高崎まで
 そうして、三駅進んで一駅戻る、という、1時間に1本走っている区間のセオリー通りの取材方法。詳しい駅の内容はいずれアップするんでその時ということで。

 ただ、今回の取材した駅は、しっかりした駅が多い、というか、なんか「二面三線」の駅がやたらとあるな、という印象。本線級の路線なんで、そういう駅が多くなるんですが、しっかりと跨線橋か地下道のある駅ばかりでした(しなの鉄道平原駅を除く)。これが、前回の飯田線だと、例えば羽場~七久保の取材した駅の中で、跨線橋があるのは伊那市駅だけだった(あとは全部構内踏切)ということとは好対照でした。

 そうして、話を戻して、渋川からは吾妻線の列車が入ってくるんで、本来は「行きつ戻りつ」は要らなくなるんですけど、ちょうどその時間帯、上越線の列車が1本抜けている時間帯だったんで、その隙間を吾妻線の列車で埋めたという感じです。

 新前橋からは両毛線も入ってくるんで、今度こそ「行きつ戻りつ」は不要。井野駅だけ、ちょっと取材時間が極端に短くなってしまったんですが、この駅は実は一度降りたことがある駅でして・・・でも妙に印象が違うな、と思ったら、その昔降りたときは、裏口だけしか行っていなかったみたいです。

 ほんと、上越線って、高崎に近づくにつれて他線区からどんどん列車が入ってくるところだなと改めて感じた次第です。

 それと、発車メロディーもやっぱり首都圏になりつつあるようで、JR西日本管内や、あるいはJR東日本新潟支社管内とは感覚が違うなと思いました。もっとも、今回は高崎駅も含めて、「ATOS」の放送を聞かずに済みましたが・・・。

 あと、首都圏に入ってはいるんですが、例えば高校生の送り迎えを親が自家用車でやっていたりと、やっぱり車社会であるということは、自分が住んでいる地域とそんなに変わりないんだなということ。「車を持たなくても暮らしていける」という地域には、今回は入っていかなかったようです。

 ということで、一応、高崎に着きまして、時間もあったんで、信越本線へ。

 

 と、例によって「1日目」は終わっていないんですが、そろそろ今日はこのへんで。明日は予定通り更新すれば、旅行記はお休みします。

| | コメント (0)

2009年9月 7日 (月)

群馬方面:日程

 そんなわけで、昨日までの旅行記の日程と、その他諸々。というか、帰ってきてから初の書き込みですね。あと、更新は水曜日ぐらいになると思っていて下さい。例によって取材駅は「★」で示します。

●9月5日(土)
 【金沢】5:30発-(普通)→【富山】6:26着、6:32発-(普通)→【魚津】6:55着、7:00発-(特急はくたか1号)→【直江津】7:51着、8:09発-(普通)→【六日町】9:22着、9:22発-(普通)→【水上】10:30着、10:34発-(普通)→【★岩本】10:56着、11:11発-(普通)→【★沼田】11:17着、11:58発-(普通)→【★敷島】12:12着、12:53発-(普通)→【★津久田】12:56着、13:14発-(普通)→【★八木原】13:29着、13:51発-(普通)→【★渋川】13:55着、14:14発-(普通)→【★群馬総社】14:23着、14:44発-(普通)→【★新前橋】14:50着、15:09発-(普通)→【★井野】15:12着、15:19発-(普通)→【★高崎問屋町】15:21着、15:37発-(普通)→【★(ホームのみ取材)高崎】15:41着、15:53発-(普通)→【★群馬八幡】16:01着、16:16発-(普通)→【★北高崎】16:20着、16:37発-(普通)→【★安中】16:45着、17:12発-(普通)→【★磯部】17:18着、17:36発-(普通)→【★松井田】17:41着、18:04発-(普通)→【高崎】18:28着

 ※注)六日町駅は同時刻乗換で、確かに走って間に合ったんですが、六日町駅構内としては最長距離(ホームが端から端)ということで、駆け込み乗車にはならないまでもそれに近いものがあったこと、階段で転ぶ可能性があったこと、荷物が重いと間に合わないこと、あるいは上越線の列車が入ってくるタイミングによっては間に合わないことから、事前に計画しておく乗換ではありません。なお、越後湯沢で乗り換えても同様の列車に乗り継げますので、越後湯沢で乗り換えることをおすすめします。この日は結果的に、越後湯沢乗換でも十分に座ることができました。

●9月6日(日)
 【★(ホーム以外の取材)高崎】6:57発-(普通)→【★西松井田】7:22着、7:56発-(普通)→【★横川】8:02着、8:45発-(JRバス関東)→【★軽井沢】9:19着、10:00発-(普通)→【★信濃追分】10:09着、10:35発-(普通)→【★中軽井沢】10:39着、11:05発-(普通)→【★御代田】11:15着、12:30発-(普通)→【★平原】12:35着、13:24発-(普通)→【★小諸】13:28着、13:52発-(普通)→【★滋野】13:59着、14:31発-(普通)→【★田中】14:35着、15:09発-(普通)→【長野】16:02着、16:11発-(普通)→【直江津】17:46着、17:57発-(普通)→【富山】19:59着、20:20発-(普通)→【金沢】21:18着

●使用きっぷ
 青春18きっぷ(4回目・5回目)2日分
 魚津-六日町の乗車券(2,570円)(なお、直江津-犀潟間は青春18きっぷと重複だが、事前に金沢駅できっぷを手に入れておきたくて)
 魚津-直江津の自由席特急券(1,150円)
 横川-軽井沢 バス運賃 500円
 しなの鉄道乗車券
  軽井沢-信濃追分(230円)
  信濃追分-中軽井沢(220円)
  中軽井沢-御代田(240円)
  御代田-平原(220円)
  平原-小諸(小諸駅で現金払い 220円)
  小諸-滋野(220円)
  滋野-田中(220円)
  田中-篠ノ井(720円)(篠ノ井以降は青春18きっぷの有効区間)
  ・・・多分これで抜けているものはないはず・・・。
  なお、しなの鉄道・長野電鉄共通の1日フリーきっぷがあるんですが、これだと多分モトが取れない(結果は本当にモトが取れなかった)ということで、一区間ずつ支払うことにしました。

  一応、成果としては
 上越線 水上-高崎間(なお、上牧・後閑は「仮置き場」としてご紹介済)
 信越本線 横川-軽井沢間
 以上が「区間」として揃った部分です。なお、JRの「信越本線」としては全駅が揃ったことになりますが、何となくしなの鉄道は信越本線という認識があるんで、「揃った」といいたくない部分もあります。

 また、しなの鉄道はすべてを一区間として扱おうと思っていますが(18駅)、すでに「仮置き場」としてご紹介している屋代高校前駅を含めてちょうど半分の9駅の取材となりました。「過半数」でないんで、「仮置き場」なんですけど、ちょっとこの基準を緩めてみようかな・・・。とにかく、一応今のところ、アップ開始までは時間があるんで、「仮置き場」となる予定にしておきます。

 そんなわけで、それぞれのお話は、また明日以降。

| | コメント (0)

2009年9月 6日 (日)

田中駅にて

と、今日も遅くなりそうなので、先に書き込んでおきます。
多分、この駅が今回最後の取材駅となります。
今まで、高崎、西松井田、横川、軽井沢〜田中の各駅が終わっています。
ちまちまときっぷを買いながらしなの鉄道を進んでいますが、今日はここまでです。

| | コメント (0)

2009年9月 5日 (土)

高崎市内にて

 ということで、5時30分金沢駅発などなどで上越線の各駅を。
 今日の成果は、上越線沼田から高崎問屋町までの各駅と、信越本線北高崎から松井田までの各駅です。
 なんか予定よりも少し早く進んでいます。
 多分、明日は更新ができないかなと思っております。
 詳しいことは、また後日です。

| | コメント (0)

2009年9月 4日 (金)

明日から・・・

 ということで、明日からちょこっと出かけてきます。そんなことで、1日だけですが、この間、ここへのコメントについては確認・お返事ができません。また、PC宛のメールについても確認、お返事ができません。

 と、いつものお断りはこのへんにしまして、やっと行ける・・・。というのはですね、この「群馬方面」、一昨年に越後湯沢-水上間の「区間全駅」をやりまして、そのとき、時間調整の意味で、上牧・後閑の各駅だけやってあるんですよね。

 そういうことで、その続きなんですけど、結局、例えば秋の「鉄道の日きっぷ」で行こうとしたり、あと1回ぐらい、なんか普通のきっぷで行こうとしたこともあったり。

 今月になってからも、2回ぐらい行こうとして、結局仕事が忙しく、土曜日出勤を振り替えたりしていて、先週なんかその前の週に「期日前投票」までやって準備を整えたのに、結局、仕事にしたため行かず終い。

 と、今週に伸びてしまっていたのですが、さらに今週も、週間天気予報の出始めは天気が悪く、どっちかというと西日本の方がよさそう。

 じゃあ、岡山にするかな?っていうことまで考えたぐらい。そうなると、ほんと群馬方面って、何度も行こうとして結局行けなかった「幻の区間」になってしまいかねない・・・。

 とやっているうちに、どうにか天気も良さそうなものに変わってきたので、昨日、ネットも繋がったことですし、宿泊先を予約して、行くことに決めました。もうキャンセル料がかかる時期に入っているんで、ここで行き先を変えることはないと思います。また、青春18きっぷが使える最後の週末でもあるんで、それを順延させることもないと思います。

 そんな感じで、ちょこっと行ってきますので、またしばらくは「普通の日記」はお休みとなります。

 なお、日曜日の更新の用意、本当は水曜日ぐらいにやってしまう予定でしたが、できませんでした。今のところ、追加すべき写真だけ選んであるという状態で、そんなに作業が進んでいるわけではありません。そのため、日曜日に更新をせずに、1~2日、延期する可能性がありますのでご了承頂ければと思います。

| | コメント (0)

2009年9月 3日 (木)

資格を目指す人(2)

 お陰様でネットは復活。多分、こっちの問題でなくて向こうの問題だと思うんですけど、ともかく今朝もほとんど繋がらなかったわけで。

 昨日は字数制限があって舌足らずになったんですけど、つまり、携帯電話のメモ機能がありますよね。そこに適当に文字を入れて、保存する→ケーブルを使ってPCに接続→携帯電話データ管理ソフトでそのメモを編集する(という形で昨日の文章を打つ)→再度PCから携帯電話にそのメモを上書き転送→そのメモをメール本文に貼り付ける→あるアドレスに送信するとここに書き込まれる、っていう流れで昨日はここに書き込みをしたわけです。

 まあね、PCを目の前において、携帯でちまちまと打つと、完全に発狂しそうになるわけで、SDカードとかを使おうかとも思ったんですが、うまくいかず(単にテキストファイルをSDカードに入れるとか、そんな生やさしいもんじゃなかったんですよね)、そういう形にしてみました。

 ていうか、携帯の機能をほとんど満足に使えないくせに、なんか、PCとの連携とかというと割と調べていろいろやってしまう人です。

 さて、一昨日、何か訳分からんことを書きましたが、これ、一気につづきを書いてしまわないと多分、(1)だけで終わってしまいそうな勢い。あるいは仮に書いたとしても繋がりがおかしくなるんで、今日のうちにそのつづきを書いてしまいます。

 ということで、難関資格(ここでは税理士に限定します)を目指している人が会社に就職しようとした場合に要注意という扱いにされる、という件についての反論でしたね。

 それで、前回は、資格を取ったら独立して辞めるんだろう、ということについて「まあ、受かる可能性は低いから、他にやめる理由と同程度に扱う程度でいいのでは」ということを書きました。

 次に、受かる受からないは別として、仕事をしながら勉強をしているということで、業務に支障があるんでないか?ということについて。多分、そっちの方が影響があると思いますが・・・。

 これも結論を先に書いてしまえば、個人個人によって、プラスにもマイナスにも転じるんで、一概に言えないと思うわけです。

 では、まずは、就職する先によってどう転ぶかを3つのパターンに分けます。

 まずは就職先が会計事務所だった場合。これはですね、世間でよくあるパターンで、会計事務所に勤めながら税理士試験の勉強をする(そしてほとんどの場合は資格が取れずに年を取っていく)ということは今も昔もよくあることです。

 受け入れる事務所も、なんか5科目揃いそうになったら、妙に仕事を多く与えて受かりにくくするところから、試験前に1ヶ月ぐらい休みを与える事務所まで、いろんな対応をしているわけです。(単に他者からの話などによる。過去の私の勤め先がどうとかと言うことではない)

 ただ、この場合、「試験勉強をしている人は云々」って、わざわざ、他の業界も対象にしている本に言われたくないわけで、この会計事務所業界の普通の流れなんで、あとはその事務所ごとの対応というわけです。

 言えるのは、税理士試験の勉強をしている人って、会計事務所業界の貴重な労働力なわけです。ある程度、事務所側でも研修の機会を用意しているところも多いのですが、もちろんそれだけでは無理で、「あの人詳しいな、安心できるな」という対応ができるのは、各個人が受かるかどうか分からない税理士試験の勉強をしている成果であることが多いのです。

 それを、事務所側はコストをかけずに、自分で勉強している人たちをどんどん雇うことができるのですから、お得なわけです。

 だから、「難関資格を取ろうとしている人は要注意」というのは、この業界では全く当てはまらないのです。

 次に、就職先が会計事務所ではなく、それ以外の業種の、ただし職種が経理担当者だった場合。

 多分、このパターンがここでの「要注意」という中での最も多い事例になってくるのではないかと思います。

 ただ、いずれ書こうと思うんですが、一口に「経理担当」と言っても、会社によって(職種や規模でもなく)やることは大きく異なるわけで、どの業務をやってもらいたいのかによって、その考えは大きく異なると思います。

 ここで、例えばかなり専門的なことをやってもらおうと思っている場合。その場合は、毎年変わる税法に対応できる能力があるかどうか、っていうことも必要になってくるわけで、そうなってくると、「昔の知識だけで何十年もやっていく」という人よりも、現役で勉強している人が間違いのない仕事をするはずなんですけどね・・・。

 少なくとも、難関資格の現役受験生は、最新の知識を身につけようとしない人とは違うものは持っているはずなんで、むしろそれをうまく利用することも考えられるわけです。

 それと、一般的に難関資格を勉強しているなら、早く帰りたがるので、全体の和を乱すということもないわけではありません。これは、「その資格を勉強している人一般」というよりも、個人個人の心がけのような気もしますが、こと税理士に関しては、本当に集中しなければならない時期というのは数ヶ月なんで、その時期と会社の繁忙期が重ならなければ、あとはお互いの歩み寄りだと思います。

 最後に、その試験と関係のない業種で、なおかつ関係のない職種。例えば、旅行会社の営業担当者として入りたいと言っているのに、税理士試験の試験勉強だけは続けると言っているパターン。

 さて。この場合も頭ごなしにおかしいと言うのではなく、志望動機やビジョン、あと業務の繁忙期と試験勉強の力を入れる時期との関係はちゃんと話し合っておかねばならないと思います。多分、その中で、プラスかマイナスかははっきり見えてくると思うんで、むしろ話のとっかかりが少ない人よりは、判断材料が一つ増えるのだと思います。

 いずれにせよ、公の機関と違って、民間企業の場合は、絶対に定年まで、その人がその会社に勤め続けることは保障されていないという宿命がありますので(これもいずれ書こうと思っているネタ)、本人の資質や本人の都合による場合は別として、会社として、絶対に定年までその人を雇い続けるという保障を与えることができない場合、何らかの形で、解雇後の再就職に向けた用意をする機会を与える必要があると思います。

 っていうことを書くと、違う資格の援助をするとか、再就職に向けた準備をさせるとかという意味に取られると思うんですが、そこまでの内容ではありません。

 つまり、個人個人に何らかの勉強をする意思があるとすれば、その機会を奪わないというだけの話です。例えば、朝7時から夜の12時まで働かせて、休日も出勤させ、家に帰るとシャワーを浴びて寝るだけ、勉強も何もできず、かといってその仕事は他の会社では応用できず(つぶしが利かず)、ある日会社が潰れて(あるいはリストラされて)、再就職するにも技術も何も身につけていなかった・・・、という状況はよくないということです。

 かといって、じゃあ、毎日20時に帰れる会社がよくて、21時にならないと帰れない会社はダメとか、そんな線引きをするつもりはないのですが、定年まで就業を保障できないのなら、最低限、何らかの勉強はできる権利は与えるべきじゃないかと思うわけです。(あー、念のため。今の会社はちゃんと勉強する時間は頂いておりますよ。単に一般論としての話なんで。)

 そうなると、(資格試験の)勉強をする権利は保障されるべきでないかと思うわけで、もちろん、資格試験の勉強をしていることが会社の業務に支障を与えるなら別ですが、話し合いの中で問題がなさそうであれば、難関資格を目指している人は「要注意」というわけでもないかと思うのです。

 なお、「勉強をする権利を保障する」というのは、その気がない人にまで勉強をさせるとか、あるいは勉強をする経済的援助をするという意味ではありません。それなりの意思がある人が、それなりの時間、会社を離れたところで、何らかの勉強をする機会(単に時間)を得るための労働時間に抑えると言う意味で(決して毎日定時というわけではないですが、ここではそれが何時間かは検討しません)、それをどう使うかは会社側には責任がありません。

 ただし、「資格試験の勉強をしてる人は要注意」ということが複数の本に書かれているということは、資格試験の勉強をしている人の中には、それだけ会社に迷惑をかけた人がいるんだろうな、と思うわけですが、資格試験の勉強をしていなくても多分、その人は別の形で迷惑をかけたかも知れないわけで、単に資格試験の勉強をする人を敵対視すべきではないと思うのです。

 先に書いた通り、何も勉強をしない人と比べてのメリットはあるわけで、あとは、個人の資質かと思います。

 面接をするときに、その人を判断するネタが一つ増えたという程度で見ればよいのかと思いますが、ただし、難関資格を諦めていないなら、それがその会社にとってプラスになるかマイナスになるかだけはしっかり見極める必要があるでしょう。

 ちなみに・・・、ワシは、なるべくプラスに作用するようには努力しているつもりなんですけどね・・・。多分、「過去の会計事務所での経験」だけで経理をしている人とは違ったことをやっている、つまり、試験勉強の成果は何らかの形で会社の経理には反映させているつもりなんですけど。

 あと。「やっぱり試験勉強に専念したいので辞めます」っていうパターン。こうなると「やっぱり試験勉強をしている人を雇うんじゃなかった」ということになるんですが、これ、他にやめる理由があって、それをあえて出さない場合の口実だったりすることもあるようなので、多分その人は、試験勉強をしていなかったら、他の理由で辞めたはずです。

 って、この文章、誰に向けて書いているんでしょうか?。本当に興味ある人に対して書いていないからこそ書ける内容っていうもんがあるんですよ。だから、何となく雑学程度で御覧になるか、読み流すかして下さい。

 なお、本文中に所々注釈は入れましたが、内容は一般論であって、特に自分の話として書いてあるところ以外は、過去と現在の自分の職場とは一切無関係な内容であることをお断りしておきます。

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

つながらない

 今日はですね・・・。ネットが繋がらないわけです。こういう時って結構頑張ってみたりするんですけど、今日はケーブルモデムを抜き差しするだけで終わり。ただし、何回かPCを再起動しているんで、その間は本を読んだりしています。でもダメなんで今日は諦めました。

ということで、携帯から書き込んでいるんですが、でもPCは生きている・・・。使わない手はない。

そんなわけで、携帯電話データ管理ソフトを使いまして、携帯電話内のメモをPCで編集する、という技に挑戦しているんですが・・・。そろそろ字数制限なんで今日はここまで。

| | コメント (0)

2009年9月 1日 (火)

資格を目指す人(1)

 昨日はちょこっと書いたんですけど、最近は試験勉強のことを書いていませんでした。もっとも、このサイトって、税理士試験なんか関係なく、サイト本体については「自己紹介」以外で一切触れていないんで(当たり前なんですが・・・)ここで騒いでもしょうがない内容なんです。

 でも、まあ、このブログって、世間一般で書いてはいけないことと、自分で書かないようにしていること以外は何でも書いてもいいんで(っていう文章、結構矛盾していたり・・・)、結局は自分の頭の中の多くを占めていることは、サイトの内容にかかわらず書いてしまうわけです。

 と書き出しましたが、そんなことを書くんではなくて、本屋で「人の採用の仕方」みたいな本を立ち読みしていまして、ふと目に止まるのが、「士業の資格の勉強をしている人は注意」みたいな内容なんですよね。

 あくまで立ち読みの内容なんで、そんなに詳しいことは覚えていないし、というか、立ち読みの内容でブログなんか書くな、っていうことですけど、まあ書きますが、これ、複数の本にそういうことが書いてあるんですよね。

 あー、一応書いておきますが、人を採用しようと思っているとか、採用する立場ではないんですけどね。一応、うちの会社が職安に人を募集するときは、担当者名のところにワシの名前が知らないうちに書いてあったりするんで、たまに職安の人とやりとりはするんですけど、それ以上は何もせずに、さっさと社長に引き渡すわけですが・・・。

 話は飛びましたが、要はですね、「士業」(例えば税理士とか)の資格を勉強したということが分かる場合は、ちゃんとそれを諦めたかどうかチェックしろ、っていうことなんですよね、つまり、難関資格を目指している人が会社に入ってきてもロクなことがないよ、っていうことを書いてあるわけで。

 ちなみにワシの場合は、前の会社にいて、今の会社に担当者として出入りしていたときに、税理士の資格を目指していること(ただしその時は今ほど熱心ではなく、単に年中行事として会場にいっていただけなんですが・・・)の話から、かくかくしかじか、数年の話があり、今の会社に来ることを誘われたわけで、大前提としては「税理士を目指している」っていうことがあるわけで。多分、訳分からんと思いますが、肝心なことは書いていないんで分からないはずです。

 ともかく、「税理士資格を目指しているんで来たらダメ」というのとは正反対の経緯だったわけなので、特に会計事務所ではない業界にいながら、表だって試験勉強ができるという恵まれた立場にいるわけなんですよね。ただし、ワシ以外は試験のこと自体を知っているわけではないんで、ちゃんと試験のことを知らない人にもどういう試験かは解説しないとダメだということにはなってきます。もっとも、それってこのブログでも同じような感じなんですけど。あと、旅行業という業界自体、資格が必要な業界でもあるんで、資格を目指して勉強すること自体はむしろ推奨されているということもあります。

 個人的に置かれている立場はいいとして、一般的は話をしなければなりません。しかも、基本的に反論するというスタンスで書こうとしているわけなんですが。

 えっとですね、その本の内容をきっちり覚えているわけではないんですが、なぜダメなのかというと

 ・その士業に未練があるんで、仕事に集中しない
 ・試験を理由に業務に支障をきたすことがある
 ・受かったらやめるつもりだろう

 多分、そんな内容だったと思うんですよね。たしかに、末永く働く人を探しているのに、やめること前提の人が入ってこられても困るわな・・・。

 それで、まずは、業務内容を問わずに、かつ、その「士業」を「税理士」として話をします。基本的にこれが「公認会計士」だと、仕事をしながら勉強をすることは不可能に近いんで、考慮しないし、もう少し簡単な資格だと、逆に受かっても独立しにくいということもあり、これまた辞める可能性も低くなるわけで。

 で、えっとですね、税理士を目指す人が入ってきた場合ですよね・・・。

 心配しなくてもいいです。まあ、受からないと思っていてください。

 あの・・・。税理士って、目指している立場でこれを書くのも何なんですが、一度目指したとして、最後の5科目揃うところまで行き着く人って、全体の2%なんですよね。はい。あと、5科目揃うまで、平均9年かかります。

 だから、1科目~2科目ぐらいなら、そこから仕事をしながら5科目揃う(税理士試験は科目別合格制度で、いろいろ要件はあるんですが、5科目揃うと合格。一度科目合格すると今のところは一生有効)って、可能性がかなり低いと見て大丈夫です。別の理由で辞める可能性の方がよっぽど高いと思って結構です。仮に4科目揃っていても、最後の1科目ってかなり足止めを喰らう可能性が高いんで、そこから独立するまでのことを考えると、十分に働いてくれるはずです。何なら、独立してからもちゃんと繋がりを持つようにすると、かなりメリットがあるはず。

 と言うことを言いたいんですけどね。というか、この文章、かなり自虐的な文章だと思っています。

 もっとも、科目の内訳は置いといて、3科目ぐらい揃って、そこから通信制の大学院なんか行ったりすると、突然、税理士資格を得られていることもあるんで、要注意なんですけどね・・・。(税理士試験は大学院の卒論の内容により、科目免除の制度あり)

 ともかく、難関資格を目指していて、そこから仕事をしながら独立に漕ぎ着けるなんて、そうそうある話でもないんで、単に「将来考え得る退職理由の一つ」として考慮しておくぐらいで、他の人よりもその考え得る退職理由が一つ多いかな、というぐらいでいいと思います。

 ただ、この就職先が会計事務所で、そこから独立して客を持って行ってしまう、って、一般論としてはよくある話らしいんで、警戒する人も多いみたいです。ただし身近なところでは一人も見たことがないんですけどね・・・。

 それで、雇われている人が、試験勉強を家に帰ってからやっている、それにより業務に支障が出る云々、っていう話ですが・・・。書き出すと異様に長くなるんで、今日はやめときます。また気が向いたら書きます。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »