« 群馬方面:トピック的(2) | トップページ | 更新しました(第638版) »

2009年9月12日 (土)

群馬方面:トピック的(3)

 何とか、難なく繋がるようになりました。ちなみに、原因は多分、PCのLANポートが壊れていたんだと思います。昔使おうとして、結局使っていなかったLANカードを差し込むことにより(もちろんドライバーも入れたり、その他諸々)繋がるようになりました。

 っていうか、ここに行き着くまでが結構、大変だったんですが、また後日気が向けば、ネタがないときに書きます。

 ということで、旅行記の続き。

●信越本線 下り
 そんなわけで、松井田駅から一旦高崎駅へ戻り、そこから始発(と言っても結構遅い)で横川方面へ。天気が何となく優れないなと思っていたら、松井田駅あたりで何となく雨が降った跡がありました。

 西松井田駅は何となく雨の跡が残る中、撮りまして、横川駅へ。直接、連絡バスに接続している列車の1本前で到着。これも、前日、松井田駅まで取材するかどうか迷った挙げ句の結果なんですが、その判断がよかったことが後から判明。

 ともかく、駅の取材をしまして、鉄道村の方は開いていなかったんで、何となく軽井沢方面の線路をちょっとだけ眺めて、バスへ。一番前は座れなかったけど何となく空いた状態だな・・・、と思っていて、その後列車が到着すると、何か多くの人がこっちへ向かってきます。

 結局、かなりの人が席に座れないまま、しかも「中の方、もう2歩下がって下さい」なんていわれていたりするぐらいで、多分、この直前の列車に乗ってきて、しかも取材なんかしようものなら確実に座れなかったな、と思いながら。

 と言うわけで、だいぶ後になりますが、松井田駅をアップしたときに「なんやこれ、だいぶ暗くなってからではないか」と思っても、この横軽のバスでの着席との引き替えだったと思ってください。

 さて、過去に一度は乗っているこのバス。座れたことだけは感謝しつつ、前回は結構空いていたのになと思いながら、山道を通り軽井沢へ。ほんと、峠を越える道と、軽井沢の町の中とはえらい違いです。

●しなの鉄道
 さて。本当は、しなの鉄道、今回は本格的に取材するつもりもなく、ただ、時間があったら乗り放題のきっぷも検討しようかな→結果高くつきそうだったので普通のきっぷにした、というぐらいで、できれば運転本数の多い上田~篠ノ井ぐらいで、数駅降りられればいいかなというぐらいの心づもりだったんです。

 でも、横軽のバスが、当初想定していたものより1本早くなってしまったことと、金沢着を遅くてもいいことに決めてしまったことで、結構しなの鉄道で時間を使えることが分かったわけです。

 となると、運転本数が多い区間で、なるべく駅数を稼ごうかなと思ったんですが、この、乗り放題きっぷが高いしなの鉄道。次回のことをちょっと考えないとダメなんですよね。

 例えば、次回も乗り放題きっぷを使わず、なおかつ、篠ノ井方面から入ってくるとなると、今回、すでに軽井沢にいるっていうことは、軽井沢から順に埋めていった方が、次回楽だし、きっぷも安くて済む。今回は線内、どこを集中的にやってもトータルの運賃は変わらないのだし(基本的に軽井沢→篠ノ井という動きはしなくてはならないのだし)、やっぱり軽井沢から順に埋めていこう、と思ったこと。あと、次回、「小布施・軽井沢パス」(だっけ?。今回買おうとして買うのを辞めた、しなの鉄道と長野電鉄乗り放題のきっぷ)ではなく、「北回廊パス」を使うとなると、これでの乗り放題区間は篠ノ井~上田なんで、となると今回はなるべく上田~軽井沢を埋めていった方が、やっぱり次回のためになる。

 なんていう判断の下、今回は軽井沢から順に埋めていくことにしました。うち、信濃追分・中軽井沢は、通常のきっぷだと運賃的に不利になるんですけど、順を入れ替えて(行きつ戻りつやって)、それ以降は行って戻ると例えば御代田駅で7分しかないなど、ちょっと面白くない部分もあるんで、一駅ずつ、運転間隔だけ待つことにして、小諸では接続する乗換でも結構時間があるんで、それを利用することにして、あとは金沢駅到着時刻を設定すると、今回は田中駅まで、ということになりました。

 そんなわけで、各駅の状況は、またいずれアップしたときとさせて頂きますが、このあたりまで来ると晴れていて、結構よかったです。

 ということで、御代田駅では時間がかなりあったんですが、観光する場所もなく、単に駅前のベンチと、ホームのベンチでぼーっとする時間が長かったこと。平原駅はパッと降りたところ、特に民家もなく(民家を駅前に建設中)、寂しいところにあるんですが、主要道路が割と近いので、そんなに寂しさがないこと。あと、反対方向の列車から、乗り間違えた、って言って、中年の女性が2人降りてきたこと(よりによってこの駅で反対方向の列車を待つんかい・・・)っていうぐらいは特に変わったことはなかったかと思います。

 ただ、平原駅以外はしっかりした駅ばかりで、これも飯田線とは大きく違うところかと思います。

●帰る
 というわけで、田中駅を最後に、あとは篠ノ井までのきっぷを買い、篠ノ井からは青春18きっぷを使い、長野へ。

 さて、ここから、3週間前と全く同じ行程になります。

 というのも、これ、前回と全く同じ事情になるんですけど、金沢駅着を1本早めると、長野発で1時間早くなるわけです。となると、今回は滋野と田中の各駅を諦めなくてはならなかったのです。

 しかし、金沢駅に着いてみると1本早いのと20分しか違わないんですよね・・・。ということは事実上、20分遅く着くだけで、しなの鉄道の駅を2駅多く取材できるということで。これ、前回の飯田線でも同じ事情だったわけです。

 そういうことで、3週間前も今回も同じ事情で、同じ列車だったわけですが、1本前だったら、長野~直江津が特急型車両(「妙高」)だったわけで。それでもよかったのかなと思いながら、途中までは立っていったわけです。

 さて、前回は直江津駅で駅弁を買って、それを夕食としたわけですが、今回は、コンビニで軽く何かを買って、あとは富山駅でうどんを食べる方式にしました。

 と、書いているうちにあと1分で今日が終わるんで早々にアップします。何か続きを書こうかなと思ったら、月曜日に何か書きます。

|

« 群馬方面:トピック的(2) | トップページ | 更新しました(第638版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 群馬方面:トピック的(2) | トップページ | 更新しました(第638版) »