« 第四回飯田線:日程 | トップページ | 第四回飯田線:トピック的(1) »

2009年10月14日 (水)

更新しました(第642版)

 今回の追加駅・・・飯田線 宮田・大田切・駒ヶ根・小町屋の各駅。

 ということで、3連休の旅の前に更新の用意をしていかなかったために、ちょっと更新が遅れましたが、10日ぶりの更新。なお、次回更新は今のところ通常通り予定していますので、この前同様、次回更新までの日数が短くなります。

 それで。実は小町屋駅の扱いがちょっと微妙だったんですよね・・・。もちろん、3連休に飯田線に行ってくることによって、この「駒ヶ根-飯田間」という区間が完成してしまったんで、文句なく開始できるんですけど、これ、前回の更新で同じ事をやろうとすると、小町屋駅って、「仮置き場」じゃないとアップできなかったわけです。

 その続きを取材する日がだいたい決まっているのに、「仮置き場」を通すのも面倒な話で、例えばこの更新、3連休の旅の前にサッとアップをしてしまおう、ということにするなら、駒ヶ根までの3駅をアップした後、例えば北陸本線の差し替え用に取材した駅を出そうかなとか、そんなことを考えていたわけです。

 とりあえず、更新がこの時期になったのを幸いに、「駒ヶ根-飯田間」という区間を設定できたのでした。

 というのも、正式に「区間」としてアップする場合、全駅揃わなくてもいいんですが(一部未取材という形)、その場合「区間」を構成する駅の過半数が取材済であること、という要件を自分で勝手に決めていたため、そういうことになったのです。

 ただし、今は先に取材したものを先に出す(先入先出)という流れにしていますので、一応、8月取材分の七久保駅までを一旦アップした後は、別の区間(群馬やらしなの鉄道やら北海道やら)をアップした後、高遠原駅以降をアップする形にします。ですから、まあ、仮置き場みたいな感じになるわけですが・・・。

 それと、ちょこっとだけ関係ないところの注記を触りまして、しなの鉄道の取材済駅をアップするとき、「仮置き場」じゃなくて、本来の「区間」の、一部未取材という形でアップすることにしました。

 というのは「しなの鉄道」って、篠ノ井駅を含まず、屋代高校前駅から軽井沢駅まで、18駅あるんです。それで、屋代高校前駅と田中~軽井沢の計9駅を取材しているんで、「半数」が取材済であり「過半数」ではない、ということは、「区間の一部未取材」という形ではなく、「仮置き場」になってしまうところでした。

 それで、実は今回、飯田線の駅取材にあたり、天竜峡-中部天竜間について、為栗と鶯巣の各駅を取材できない予定だったんで、実はこうなるとこの区間も「過半数」ではなく「半数」になってしまうことになるところでした。(結果的には、過半数に達したのですが)

 そこで、考えていたのが
 1.駅数では過半数を満たさなくても、繋がっているキロ数が、当該区間の過半数だったらOK。

 2.「過半数」を「半数以上」に変更する。(偶数駅数の場合だけ変わってくる)

 3.「過半数」の判定に、両端や、中間駅で他の区間での掲載のものも含めて判定する(このしなの鉄道では篠ノ井駅が分母にも分子にも入るんで、18分の9から19分の10になって「過半数」となる)

 ということを考えていたんですが、まあ、きっちりと条文を作ってやっているわけではないんですが、解釈を変えるだけで適用可能な「3」を採用することにしました。

 っていうことで、「しなの鉄道」は、アップする場合、正式な「区間」とすることができるようになりました・・・。

 なんて書いていますが、まあ、傍から見たら「ごっこ遊び」をしているだけのくだらない話なんですけどね・・・。なんか、自分で決めたルールの中に当てはめて、場合によっては解釈を変えたり、例外規定をそれらしく設けるという遊びも面白いかも知れません。

 そんなわけで、「区間全駅について」のページやら、あと、「区間全駅」目次のページの最下部の未掲載駅のご紹介あたりをちょこっと変更してあります。

|

« 第四回飯田線:日程 | トップページ | 第四回飯田線:トピック的(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第四回飯田線:日程 | トップページ | 第四回飯田線:トピック的(1) »